国防関係 国際紛争 自衛隊

2019年8月23日 (金)

“最悪カード”切った文在寅氏 日米韓の対北枠組み崩す GSOMIA破棄 (23日)産経

韓国の文在寅政権は22日、日本とのGSOMIAの破棄を決める“禁じ手”に出た。日韓対立にとどまらず、日米韓の安全保障協力は不協和音によって至る所でほころびを見せ、北朝鮮に付け入る隙を与えてきた。今回の決定は北朝鮮をさらに利するだけでなく、文大統領の対北外交の基盤を崩す可能性も高い。
 「(米韓の)敵対行為は対話の動力を弱め、物理的抑止力強化に関心を払うのが現実的ではないかと熟考せざるを得なくしている」
 北朝鮮外務省は22日、報道官談話でミサイル実験の継続を示唆し、20日までの合同軍事演習と前後してステルス戦闘機の韓国配備を進める米韓を牽制(けんせい)した。
 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は書簡で、トランプ米大統領に演習が終わり次第、実務協議を再開する意向を伝えながら、戦闘機配備を口実に、米側から安保問題に絡む譲歩を引き出そうとしていると考えられる。
 北朝鮮を増長させたのは、米韓演習や北朝鮮のミサイル発射を軽視するような発言を繰り返してきたトランプ氏自身だ。さらには、安保をめぐる相互不信に発展した日韓対立だ。
続きを読む

| コメント (0)

2019年8月22日 (木)

韓国、日韓軍事情報協定を破棄=輸出管理強化に対抗-安保協力後退へ(22日)時事

【ソウル時事】韓国政府は22日、日韓防衛当局間で軍事機密のやりとりを可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表した。24日の延長期限までに日本政府に通告する。繰り返される弾道ミサイル発射など北朝鮮の脅威に対抗する日米韓の安全保障連携は文在寅政権下で、後退を余儀なくされる。

軍事情報協定破棄、日本政府に衝撃=韓国との亀裂決定的

 国家安全保障会議(NSC)常任委員会後に記者会見した韓国大統領府の金有根国家安保室第1次長は日本政府が貿易管理上の優遇対象国から韓国を除外したことが「両国間の安保協力環境に重大な変化を招いた」と指摘。「敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を持続させるのは国益に合致しない」と破棄の理由を説明した。
 GSOMIAは朴槿恵前政権下の2016年11月に締結。北朝鮮が核・ミサイル開発を進める中、日韓両政府による安全保障上の連携の「象徴」とされ、北東アジアの安定に向けた協力の支えとなっていた。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082200984&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

2019年8月20日 (火)

陸自電子戦部隊、熊本に配備へ 中国の離島侵攻備え(20日)産経

 防衛省が、中国による南西方面の離島への侵攻に備え、陸上自衛隊に電磁波を使う電子戦の専門部隊を新設することが19日、分かった。来年度末に健軍(けんぐん)駐屯地(熊本県)に80人規模で発足させる方針で、今月末に取りまとめる来年度予算概算要求に関連経費を計上する。昨年3月に相浦(あいのうら)駐屯地(長崎県)に日本版海兵隊として新設した離島奪還部隊「水陸機動団」と連携して前線に緊急展開し、対処力の強化につなげる。
 電子戦は電波や赤外線といった電磁波を利用するレーダーなどのセンサーと情報通信の分野で、敵の電磁波利用を妨げ、自国の電磁波利用を防護する。陸自には電子戦部隊として第1電子隊が東千歳駐屯地(北海道)にあり、新設する部隊への統合を検討する。
 陸自は車載型のネットワーク電子戦システムと呼ばれる装備を更新する予定で、今年度中に更新した装備を通信学校(神奈川県)に初めて配備し、来年度以降も導入を続ける。収集できる電波の周波数の範囲が広がり、移動中でも電波収集や敵への妨害ができるよう能力を向上させた。
 電子戦専門部隊は有事の際、この装備を輸送機などで前線に展開。離島侵攻では上陸する敵の部隊や接近してくる艦艇が情報通信やレーダーで使用する電波の周波数を把握し、同じ周波数の電波をぶつけて混信を起こし機能を無力化することで作戦全体を有利に進められる状況をつくる。
 専門部隊が新設される健軍駐屯地は、九州と沖縄を管轄する陸自西部方面隊が総監部を置く中枢だが、専門部隊は全国の部隊を指揮する陸上総隊の傘下に置く見通し。離島防衛・奪還では水陸機動団が垂直離着陸輸送機オスプレイや水陸両用車で着上陸して敵を排除することを想定し、専門部隊との連携が重要になる。
 電子戦の能力強化は昨年末改定の「防衛計画の大綱」で宇宙・サイバーと並ぶ新たな領域の柱に据えられていた。

| コメント (0)

2019年8月17日 (土)

尖閣周辺に中国船 6日連続、1隻は機関砲搭載(17日)産経

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で17日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは6日連続。第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載しているという。
https://www.sankei.com/affairs/news/190817/afr1908170007-n1.html

| コメント (0)

北朝鮮 新兵器発射実験を実施と発表(7日)NHK

北朝鮮の国営メディアは17日朝、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと16日、新たな兵器の発射実験を再び実施したと発表しました。

発射実験に立ち会ったキム委員長は、「過去3年間、苦しい闘争を繰り広げ、核戦争を抑止する力をみずからの手に握ったその勢いで、国の防衛力をあらゆる方面に確保するための活動にまい進しなければならない」と述べたということです。
韓国軍は16日、北朝鮮が北朝鮮東部のカンウォン(江原)道から短距離弾道ミサイルとみられる飛しょう体を2発発射したと発表していて、北朝鮮のけさの発表はこの発射を指しているとみられます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190817/k10012038831000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

| コメント (0)

2019年8月16日 (金)

尖閣沖 中国海警局4隻が領海に侵入 海保が警告続ける(16日)NHK

16日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海に相次いで侵入し、第11管区海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続けています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190816/k10012037781000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

海上保安本部によりますと、尖閣諸島の魚釣島の沖合で、中国海警局の船4隻が16日午前10時ごろから相次いで日本の…

| コメント (0)

2019年8月14日 (水)

オスプレイ 住宅地へ銃口 昨夏から頻発 住民不安(14日)共同

米軍横田基地(東京都福生市など)に配備されている垂直離着陸輸送機CV22オスプレイが、離陸時や周辺の住宅地上空を飛行中、機体後部のデッキを開け、機関銃の銃口を下に向けているケースが頻繁に起きている。地元の市民団体が確認した。米軍側は弾薬を装備しておらず安全に問題はないと強調するが、基地周辺は住宅密集地で、住民からは不安の声が上がる。 (萩原誠) 横田基地を監視している市民団体「羽村平和委員会」によると、二〇一八年六月二十九日~今年七月十一日の計三十三日間、延べ四十機が基地周辺の住宅地の上空で、後部デッキから細長い機関銃の銃口を斜め下に向けて飛行していたという。銃口を出したままの飛行は、今月に入ってからも確認している。
 一日につき一機を確認したケースが多いが、二機確認したのが昨年十一月七日、今年六月五日、同月二十七日、七月八~十一日の七日間で、七月以降、増えているという。
 六月二十七日は、オスプレイ二機が夕方に二時間ほど横田基地で離着陸を繰り返したり、基地周辺を飛行したりした。二機とも後部デッキから機関銃の銃口が見えたという。
 米軍資料の分析を続け、オスプレイに詳しい地元の研究家小柴康男さん(73)は「間違いなく銃口」と指摘。オスプレイの後部デッキには機関銃一基が装備されており、銃口を出して基地から飛び立つのは、特殊部隊の通常訓練と指摘する。「敵地上空の飛行を想定している」とみている。
 市民団体「横田基地の撤去を求める西多摩の会」代表の高橋美枝子さん(77)=羽村市=は「住宅地に銃口を向けて、どこに狙いを定めているのか。とんでもないことが行われているのではないか」と憤る。
 横田基地の広報部は取材に対し、「安全に飛行を行う装備」と説明。「機材は機体に固定され、弾薬は入っていない」と答えた。さらに「実弾訓練区域外では、固定された機材の弾薬はすべて空(から)の状態で、安全で認められた位置にある。横田基地から飛行を行うすべての航空機は、日米政府間の合意に従って運用されている」とコメントした。
 この問題は五月二十日の参院決算委員会で野党議員が取り上げたが、岩屋毅防衛相は「CV22の飛行運用の詳細について把握していない」とし、「米国側に安全面への最大限の配慮を求めていきたい」と答弁していた。
◆対地攻撃想定の訓練
<軍事評論家の前田哲男さんの話> 特殊部隊を輸送するCV22は対地攻撃の能力を備えており、それを想定した訓練だろう。日本政府が異議も申し立てず、配備を認めたこと自体が問題。外務省と防衛省の責任は重大だ。(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019081490070612.html

| コメント (0)

2019年8月10日 (土)

北朝鮮の飛翔体は日本海に向け約400キロ飛行 韓国軍(10日)産経

 【ソウル=名村隆寛】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は10日午前5時34分ごろと50分ごろ、東部の咸興(ハムフン)付近から短距離弾道ミサイルと推定される2発の飛翔(ひしょう)体を日本海に向けて発射した。
 発射された飛翔体は約400キロ飛行し、高度は約48キロ。飛行速度はマッハ6・1以上という。北朝鮮は7月25日以降、新型短距離弾道ミサイルなどの飛翔体を発射しており、今回で5回目。
 米韓は今月5日から合同軍事演習を始めており、11日からはコンピューターシミュレーションによる指揮所演習を行う予定だ。北朝鮮は「侵略的性格」があり、米朝首脳や南北首脳間の合意に対する「公然たる違反だ」と非難している。
 発射を受け、韓国政府は10日、関係閣僚会合を開催。北朝鮮の発射目的が、指揮所演習に対する武力挑発であり、新型の短距離ミサイルの性能確認だと判断した。朝鮮半島の軍事的緊張を高める恐れがあり、北朝鮮に発射中止を求めた。
https://www.sankei.com/world/news/190810/wor1908100007-n1.html

| コメント (0)

北朝鮮 日本海に向け 飛しょう体2回発射(10日)NHK

韓国軍の合同参謀本部は10日朝早く、北朝鮮が東部のハムギョン(咸鏡)南道ハムン(咸興)付近から日本海に向けて飛しょう体を2回発射したと発表しました。韓国軍はアメリカ軍とともに詳しい情報の収集や分析を急いでいます。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190810/k10012030701000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

北朝鮮は、先月25日に東部のウォンサン(元山)付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイルとみられる飛しょう体2発を発射したのに続いて、先月31日、今月2日、6日にも発射…

| コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

北朝鮮 「6日 新型の戦術誘導ミサイルを発射」と発表(7日)NHK

北朝鮮は7日朝、国営メディアを通じてキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、6日に新型の戦術誘導ミサイルの発射を行ったと発表しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190807/k10012025451000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

国営メディアは、2発のミサイルが目標の島に精密に着弾し、実戦で使用する能力に疑いがないことが検証されたと…

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯