国防関係 国際紛争 自衛隊

2017年9月19日 (火)

空自 米軍の爆撃機や戦闘機と共同訓練(19日)NHK

航空自衛隊は18日、韓国に向かうアメリカ軍の爆撃機や戦闘機と九州周辺の上空で共同訓練を行ったと発表しました。今月15日の北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けた対応と見られます。
 航空自衛隊によりますと、18日、F2戦闘機4機が、グアムの基地から韓国に向かうアメリカ軍のB1爆撃機2機と、アメリカ軍岩国基地から飛び立ったステルス戦闘機のF35、4機と九州周辺の上空で合流し、共同訓練を行ったということです。
 航空自衛隊が公開した写真では、先頭を飛行するB1爆撃機2機の脇をF2戦闘機4機とF35戦闘機4機が隊列を組んで飛んでいるのが確認できます。
訓練は日本の防空識別圏の境界の手前で終わり、その後、B1爆撃機とF35戦闘機は韓国軍機と合流したということです。
 こうした共同訓練はこれまでにも北朝鮮が弾道ミサイルを発射したあとに行われ、今回も今月15日の発射を受けた対応と見られます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170918/k10011146681000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

Jアラート、なぜこれだけ広範囲? 政府内にも疑問の声(16日)朝日

 15日早朝、ミサイルが上空通過した北海道のみならず、本州の青森県から長野県まで広範囲にわたってJアラート全国瞬時警報システム)が鳴り響いた。ミサイルの通過地域から遠く離れた自治体では、戸惑いの声も漏れた。なぜこれだけJアラートの対象範囲が広いのか。

 「列島越え」する北朝鮮ミサイル発射が今後も続く可能性がある中、日本政府は冷静で効果的な国民への情報提供のあり方が問われている。その中心的な手段が、Jアラートだ。  Jアラートは、周辺国から弾道ミサイルが発射された場合、政府が自治体などを通じて国民に避難を促す仕組み。今回は北朝鮮による8月末の発射に続き、東日本12道県に配信された。
 ただ、ミサイルの軌道から遠く離れた自治体からは、戸惑いの声も漏れる。
 埼玉、山梨との県境にある長野県川上村。15日早朝、政府のJアラートが配信され、職員たちが対応に追われた。総務課の男性職員は「隣はJアラートの対象地域になっていないのに、なぜうちで対応しなければいけないのだろう、と不思議に思う」と話した。
 長野県は前回同様、Jアラート

 

残り:739文字/全文:1190文字
http://www.asahi.com/articles/ASK9H6J7NK9HUTFK02G.html

| トラックバック (0)

「万が一に備え」広がる…シェルターなど品薄に(16日)読売

北朝鮮の弾道ミサイル発射や核実験で緊張が高まる中、核ミサイルの衝撃にも耐えられるシェルターや、放射性物質などを排除する空気浄化装置への関心が高まっている。
 取扱業者には注文が相次ぎ、一部では品薄状態になっている。
 地下核シェルターを作っている織部精機製作所(神戸市)では、3月以降、企業や個人からの問い合わせが殺到。厚さ30センチを超えるコンクリート製の壁や鋼鉄の扉で囲まれたシェルターは一定程度の核攻撃の衝撃にも耐えられるとされ、2000万円以上もするが、現在、全国10か所以上で建設が進められている。完成まで約4か月かかるため、約180万円する空気浄化装置を先に購入するケースも目立つ。
 同様の空気浄化装置をイスラエルから輸入、販売するシェルタープランニング(大阪市)では、昨年2件だった販売件数が、今年は既に35件に上り、入荷待ちの状態だ。新井宣房社長は、「需要は韓国や中国でも高く、取り合いになっている。日本で公共のシェルターが整備されない中、自衛手段として注目されている」と話す。

(ここまで446文字 / 残り187文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170916-OYT1T50007.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

政府「日本の領域への被害報告なし」(15日)NHK

政府は、北朝鮮が15日朝、弾道ミサイル1発を発射し、ミサイルは、7時4分ごろから6分ごろに北海道上空を通過して、7時16分ごろ、襟裳岬の東、およそ2000キロの太平洋上に落下したものと推定されると発表しました。
 現在のところ、日本の領域への落下物は確認されておらず、付近を航行する航空機や船舶の被害などの情報は無いということです。これは菅官房長官が先ほど、記者会見して発表しました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011139981000.html?utm_int=all_contents_just-in_001&nnw_opt=just-in_b

| トラックバック (0)

JR東日本、新幹線一時運行見合わせ 東北・上越など(15日)日経

北朝鮮がミサイルを発射した影響で、JR東日本は15日午前7時1分、東北、上越新幹線など全国瞬時警報システム(Jアラート)対象地域で新幹線に運行停止の指令を出した。7時10分に安全が確認されたため、指令を解除したという。在来線についても、同様の措置をとった。JR北海道も北海道新幹線の運行を一時見合わせた。
 日航全日空によると、国内線、国際線ともに運航への影響は確認されていないという。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H0O_V10C17A9000000/

| トラックバック (0)

北朝鮮がミサイル発射 襟裳岬の東2000キロに着水(15日)産経

全国瞬時警報システム(Jアラート)などによると、15日朝、北朝鮮からミサイルが発射され、北海道地方を通過し襟裳岬の東約2000キロに着水した。
 菅義偉官房長官は同日7時半ごろから記者会見を行い、同日午前6時57分、北朝鮮西岸から発射されミサイルは同7時4分から6分にかけて北海道上空を通過し、7時16分ごろ、襟裳岬の東2000キロの太平洋上に落下したとした。ミサイルの種類は不明。菅官房長官は「断じて容認できない。もっとも強い言葉で断固非難する」と述べた。
 安倍晋三首相からは、情報の収集・分析に全力を挙げて国民に迅速・的確な情報を伝え、不測の事態に備えるよう指示があった。政府はこの後、国家安全保障会議を早急に開催し、情報の収集・分析、対応を協議する。
 ミサイルの破壊措置は実施されなかった。これまでのところ、日本領域への落下物は確認されていない。付近を航行する航空機や船舶への被害も報告はないという。
http://www.sankei.com/world/news/170915/wor1709150006-n1.html

| トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

北朝鮮ミサイル発射備え 空自、PAC3訓練 青森(7日)日経

航空自衛隊は7日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を展開する訓練を青森県三沢市の米軍三沢基地で行った。日米一体となった迎撃態勢を示し、発射を繰り返す北朝鮮をけん制するのが狙いだ。
 訓練では空自車力分屯基地(同県つがる市)のPAC3部隊約30人が三沢基地内に発射機を設置し、電源車に接続する手順を確認した。
 米軍基地での同様の訓練は、北朝鮮のミサイルが北海道上空を通過した8月29日に横田基地(東京都)と岩国基地(山口県)で実施したのに続き3カ所目。在日米軍基地が標的となる可能性も指摘されており、部隊長の川広佳親2等空佐は「さまざまな環境で訓練することで、有事に対応できる能力を維持向上できる」と話した。
 防衛省・自衛隊は北朝鮮が米領グアム沖へのミサイル発射計画を明らかにしたのを受け、上空通過が予想される島根、広島、愛媛、高知の4県の陸上自衛隊駐屯地にPAC3部隊を配備している。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H1K_X00C17A9CC0000/

| トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

全国初 離島でミサイル落下想定の訓練 島根 隠岐の島町(6日)NHK

北朝鮮による相次ぐミサイルの発射を受けて、島根県隠岐の島町では、ミサイルの落下を想定した訓練が行われました。北朝鮮のミサイル落下を想定した訓練が離島で行われるのは、全国で初めてだということです。
 訓練は、中国地方に向けてミサイルが発射され隠岐諸島の近くに落下するという想定で行われ、隠岐の島町の学校関係者を中心におよそ2000人が参加しました。このうち中条小学校では、午前10時20分ごろ、防災無線でミサイル発射を知らせる音声が流れたのを合図に訓練が始まりました。
 ミサイルによってガラスが割れるおそれがあることから、子どもたちは教室の中央に集まって体をかがめて頭を守り、先生は声をかけて安全を確認していました。
 参加した小学6年生の女の子は、「不安だったが、落ち着いて行動できた。ミサイルが来ることはあまり想像できないが、もしもの時はきょうの経験を生かしたい」と話していました。
 中条小学校の佐々木隆校長は、「子どもたちは冷静に行動してくれた。発射の連絡を受けてからわずかな時間しかないので、命を守るための最善の方法を今後も検証していきたい」と話していました。
島根県によりますと、北朝鮮のミサイルを想定した訓練が離島で行われるのは、全国で初めてだということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170906/k10011129001000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

北朝鮮核実験 防衛省「核開発進んでいる可能性」(3日)NHK

北朝鮮が、3日行った6回目の核実験について、防衛省は、揺れの規模がかなり大きくなっていることなどから核開発が相当進んでいる可能性が高いとして、水爆の実験だったかどうかを含め分析を急ぐことにしています。
 北朝鮮が、3日行った6回目の核実験では、揺れの規模が気象庁の観測でマグニチュード6.1と推定されこれまでの実験に比べ、少なくとも10倍程度は大きくなっているという分析が示されています。
 北朝鮮は、3日午後国営の朝鮮中央テレビを通じて、「ICBM=大陸間弾道ミサイルに搭載するための水爆の爆発実験を行い、成功した」と発表しました。防衛省は情報収集を続けていますが、揺れの規模が、これまでの核実験に比べかなり大きくなっていることなどから、実験は成功したと見ています。
 一方、北朝鮮の発表内容について詳細は確認されていませんが、防衛省は、北朝鮮の弾道ミサイルの開発が急速に進んでいることも踏まえ、核開発が相当進んでいる可能性が高いとして、水爆の実験だったかどうかを含め分析を急ぐことにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170903/k10011125221000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

北朝鮮核実験 長野 松代地震観測所でも揺れ観測(3日)NHK

気象庁によりますと、高感度の地震計を設置している長野市の松代地震観測所では3日の北朝鮮の核実験による揺れを観測しました。
 この観測所では昭和23年からおよそ70年にわたり世界中の地震を観測してきましたが、業務の集約に伴い、去年4月から職員が常駐しない無人の観測所となっています。
 気象庁によりますと、松代地震観測所では3日の北朝鮮の核実験による揺れを観測したということですが、揺れの規模が大きかったため、ほかの観測所でも揺れを観測したということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170903/k10011125061000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年関連事件(被害も含) | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯