国防関係 国際紛争 自衛隊

2019年2月20日 (水)

空自戦闘機、山口県沖に墜落 搭乗の2人救助 (20日)日経

20日午前9時18分ごろ、山口県沖の日本海で、訓練飛行をしていた航空自衛隊のF2戦闘機1機が洋上に墜落した。洋上で搭乗員2人を見つけて救助した。いずれも意識がある。空自は事故調査委員会を設置し、原因を調べている。F2戦闘機をはじめ全戦闘機の安全性の確認も始めた。

航空自衛隊のF2戦闘機(青森県三沢市)=共同

航空自衛隊のF2戦闘機(青森県三沢市)=共同

防衛省によると、F2は福岡県の築城基地所属。20日午前8時48分に同基地を離陸し、計3機で対戦闘機を想定した訓練中だった。同9時18分ごろ、F2の救難信号を確認。2分後にレーダーから機影が消えた。F2が訓練中に墜落するのは初めてという。
空自が捜索し、機影消失から約50分後に2人を発見し、収容した。1人は洋上で発煙筒をたいており、残る1人は手を振っていた。目立った外傷はないという。
 菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で「地元の皆様に大変ご不安を与えたことにおわびを申し上げる」と陳謝した。
 岩屋毅防衛相は同日の衆院予算委員会で「部外への影響は現時点で確認されていない」と説明。「今後、原因究明をした上で再発防止に努める」と述べた。
 レーダーから消えた場所は、築城基地の北東約130キロの海上。気象庁によると、山口県萩市では20日午前9時に風速2.6メートルを観測した。洋上では、20日夕方にかけて最大風速12メートルが予想され、強風に注意を呼び掛けていた。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41494850Q9A220C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

韓国、竹島海域で無断採泥…数年前 資源開発利用か (19日)読売

韓国当局が数年前、島根県・竹島の領海や接続水域で、日本の同意なく、採泥など海底での調査活動を行っていたことが明らかになった。ソウル国立大などが最近発表した論文から判明したもので、氷状の天然ガス、メタンハイドレートの探査などに利用する狙いがあるとみられる。
 調査は、竹島の沿岸から約22キロ・メートル以内の領海や、領海の外側約22キロ以内の接続水域にあたる対馬海盆の北東で行われた。韓国によるこの海域での無断調査の詳細は分かっていなかった。
 国連海洋法条約は、外国の領海、接続水域、排他的経済水域(EEZ)で海洋調査を行う場合、相手国から事前に同意を得るよう規定している。だが、竹島を不法占拠する韓国は自国の領海などとして調査しており、採泥の際も韓国から日本への同意申請はなかった。日本政府はこうした調査を「条約上の非同意(無断)調査にあたる」とみなしている。
 先月までに公表された韓国人研究者の複数の論文によると、韓国の公的機関などが約20年前から、沈殿する砂泥を捕集する装置などの設置場所として、竹島西方の接続水域の海底を継続的に使っていた。
 米国拠点の国際学会「陸水海洋科学協会」の学術誌(2018年3月号)に掲載されたソウル国立大などの論文によると、韓国海洋科学技術院の調査船イオドは12年7月、竹島から約30~40キロ・メートルの範囲の3地点で箱形の採泥器を投下して採泥した。13年9月に発表された別の論文には、時期は不明だが、竹島の北東と西の領海内で採泥が行われたことが明記されている。いずれの場合も、採泥した試料は、海盆内の窒素や炭素の分布など資源開発に関連した研究に用いられた。
続くdownwardleft
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190219-OYT1T50097/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

北朝鮮籍?の漂着木造船から2遺体…解体し発見(14日)読売

昨年11月に北海道木古内町の海岸に漂着した北朝鮮籍とみられる木造船の内部から、男性とみられる2人の遺体が見つかっていたことが、13日わかった。転覆状態で漂着したため、内部を詳細に確認できず、解体作業に入るまでの3か月間、発見できなかったという。
 函館海上保安部などによると、木造船は昨年11月9日に同町

札苅

さつかり

の海岸に漂着。全長約13メートル、幅約3メートルで、船体にはハングルが書かれており、北朝鮮の船の可能性が高いという。
 11日から町の委託業者が海岸で解体作業を行っていたところ、船尾付近から遺体を発見した。漂着時にも函館海保などが船首側に空いた穴から船内を確認したが、遺体は見つからなかった。撤去作業に入るまで、船はロープで固定したまま海岸に放置されていたという。遺体は腐敗が進んでおり、今後司法解剖して死因などを調べる。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190213-OYT1T50333/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

米軍艦が南シナ海航行、中国「主権侵害」と非難 「航行の自由」作戦か(12日)産経

中国外務省の華春瑩副報道局長は11日の記者会見で、中国が領有権を主張する南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で同日、「米軍艦が中国の許可を得ずに勝手に海域に進入した」と述べ「中国の主権を侵す行為だ」と非難した。
 華氏によると、米軍艦2隻が航行し、中国海軍は海域を離れるよう警告した。米国による「航行の自由」作戦の一環とみられる。華氏は「米国は南シナ海で挑発し、緊張をつくり出し、平和と安定を破壊しようとしている」と批判した。(共同)
https://www.sankei.com/world/news/190211/wor1902110019-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

傷害容疑で自衛官逮捕 静岡(10日)産経

静岡県警御殿場署は10日、コンビニの駐車場で居合わせた男性を殴り、けがをさせたとして、傷害の疑いで、同県小山町須走、陸上自衛隊富士駐屯地所属の自衛官、近藤真彦容疑者(37)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は10日午前4時15分ごろ、御殿場市新橋のコンビニ駐車場で、東京都の柔道整復師の男性(25)の顔を殴るなどし、けがを負わせたとしている。
 同署によると、近藤容疑者は10日は休みで、当時、酒に酔っていたという。男性とは面識がなかった。殴られた男性がその場で署に通報した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190210/afr1902100004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

漂流の木造船情報 スマホで提供(9日)NHK

北朝鮮から来たとみられる木造船が新潟県などで相次いで見つかる中、海上保安庁は、衝突事故などを防ぐため漂流している木造船の位置などをスマートフォンで確認できるサービスを提供しています。
 このサービスは、漁船や沿岸部の住民が木造船の情報を確認できるようにしようと、海上保安庁が去年11月から始めました。
木造船の情報は、危険情報を伝える「航行警報」の1つとして地図上に表示され、「漂流物等」と検索すると漂流している位置を閲覧できます。
去年、全国で確認された木造船の漂流や漂着は過去最高の225件に上り、このうち去年10月には、新潟市の沖合で木造船の船内から遺体の一部が見つかっています。
新潟市にある第9管区海上保安本部の吉田剛海洋情報部長は「衝突事故などを防ぐため、ホームページを通じた情報の提供を迅速に行っていきたい」としています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190209/0025281.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

防衛大いじめまん延 暴行訴訟で賠償命令 福岡地裁 元上級生らに95万円(6日)西日本

防衛大学校(神奈川県横須賀市)で「指導」と称して繰り返し暴行、いじめを受けたとして、福岡県内の元男子学生(24)が当時の上級生や同級生8人に慰謝料など計1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、福岡地裁であり、足立正佳裁判長は7人に計95万円の支払いを命じた。
 原告の元学生は1、2年生だった2013年6月から14年5月、上級生らから指導の名目で殴る、蹴るなどの暴行を受け、消毒用アルコールで体に火を付けられたこともあったと主張。様子の一部は撮影され、遺影のように加工した写真を無料通信アプリ「LINE(ライン)」に投稿されている。元学生は14年8月から休学。重度ストレス反応と診断されて15年3月に退校した。
 上級生らは指導の一環だったなどとして、請求棄却を求めていた。
 判決で足立裁判長は、上級生らによる暴行や嫌がらせを認定し「原告を精神的に追い詰め、指導としては適切な範囲を逸脱している」とした。一方、集団的ないじめが原因で体調を崩したとの原告側の主張については、「各被告の嫌がらせ行為に関連性は認められない」として退けた。
 ロッカーを揺らし声を荒らげて指導したとされる上級生1人については「指導の方法として不適切だが、損害賠償を基礎づける違法性は認められない」と述べた。
 原告の男性は、国に対して約2300万円の損害賠償を求めた訴訟を起こしており、年内に判決が言い渡される見通し。
   ◇    ◇
下級生への嫌がらせ、4年生57%「やった」……

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/484771/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

北朝鮮 漂着木造船の船員保護で日本に異例の謝意(5日)NHK

北朝鮮の朝鮮赤十字会は日本が日本海などで遭難した北朝鮮の船員たちを保護し、帰国させるなどの措置を取ったことについて人道的な支援を提供してくれたとして謝意を表明しました。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190204/k10011803551000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

朝鮮半島から日本の沿岸に漂流・漂着したとみられる木造船は去年、過去最多となっていて…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

北朝鮮、レーダー照射問題で韓国に対日共闘を呼び掛け(4日)産経

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の韓国向け宣伝サイト「わが民族同士」は4日、韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射をめぐって日韓が対立している問題を記事で取り上げ、「朝鮮半島の平和の雰囲気を壊してわが民族への再侵略野望を実現しようとする日本反動らの凶悪な計略が明るみに出た」と安倍晋三政権を非難した。
 日本を「民族の団結を阻む、がん的存在」だと指摘。「全同胞は日本反動らの対朝鮮敵視政策と再侵略野望を断固粉砕すべきだ」と韓国に向けて対日共闘を呼び掛けた。
韓国のいわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた最高裁判決に関しても、北朝鮮は賠償に応じない日本側を繰り返しメディアで批判しており、日韓対立に便乗し、日韓の離間をあおるのが狙いとみられる。
 記事は「古くから隣人に目を付けて破廉恥な挑発を事とし、侵略の魔の手を伸ばしてきたのが島国の夷狄らだ」と日本を非難した。また、韓国側が日本の哨戒機が逆に威嚇飛行をしたと主張していることに絡み、「日本反動らの体質化した領土膨張野望と故意の挑発策動の延長線上にある」と言い張った。
https://www.sankei.com/world/news/190204/wor1902040014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

»サンゴの密漁船か、立ち入り検査忌避容疑で中国漁船の船長逮捕(3日)TBS

 横浜海上保安部は、小笠原諸島周辺の日本の排他的経済水域で航行していた中国漁船の船長が、立ち入り検査に応じなかったとして逮捕しました。サンゴの密漁船の可能性があるということです。
 2日午前8時ごろ、小笠原諸島周辺の日本の排他的経済水域で中国漁船1隻が航行しているのを、横浜海上保安部の巡視船が見つけました。巡視船は立ち入り検査をするため停船命令を出しましたが、中国漁船が無視して逃走したため、およそ2時間にわたり追跡して停船させました。横浜海上保安部は、船長で中国籍の陳文挺容疑者(40)を、立ち入り検査に応じなかったとして現行犯逮捕しました。
 横浜海上保安部によりますと、現場周辺はサンゴの漁場で、中国漁船はサンゴの密漁船の可能性があるということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3589473.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 密輸・密売関係(外国人含む) | 密輸関係(外国も含む) | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯