国防関係 国際紛争 自衛隊

2019年6月16日 (日)

尖閣諸島の警備強化へ 最大級の巡視船3隻 鹿児島港に配備へ(16日)NHK

中国当局の船による領海侵入が繰り返されている沖縄県の尖閣諸島周辺の警備を強化するため、海上保安庁は沖縄県に近い鹿児島港に、建造中の最大級の巡視船3隻を来年度末までに配備する方針を固めました。
尖閣諸島周辺の海域では、日本政府が島を国有化した平成24年9月以降、中国当局の船の領海侵入が相次いでいて、領海のすぐ外側にある接続水域には、ことしは今月14日時点で、国有化以降最長となる64日連続で航行が行われていました。
海上保安庁は警備の最前線となる石垣島に尖閣諸島の警備に専従する巡視船を12隻配備していますが、関係者によりますと、沖縄県に近い鹿児島港についても警備態勢をさらに強化するということです。
具体的には、現在建造が進められている、ヘリコプターを2機搭載できる6000トン級以上の巡視船3隻を来年度末までに追加で配備する方針です。
6000トン級以上の最大級の巡視船は前線本部の役割を果たすほか、悪天候にも強いため、海上保安庁がより安定した警備態勢を整えるねらいがあるものと見られます。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190616/k10011954151000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0)

2019年6月14日 (金)

»海保が北朝鮮の木造船に放水、イカ漁 能登沖で対応強化(14日)TBS

今年も日本の排他的経済水域にある「大和堆」周辺で北朝鮮の漁船が確認され、海上保安庁が漁船を取り締まる映像を公開しました。 北朝鮮の木造船に向かって放水する海上保安庁の巡視船。漁船の乗組員はロープのようなものを引き上げていましたが、あきらめたのかそれを切って退去していきます。この映像は、石川県の能登半島沖の日本の排他的経済水域内にある「大和堆」の周辺海域で、先月下旬に撮影されたものです。
 海上保安庁は、先月下旬から14日までに、漁をする北朝鮮の漁船のべ318隻に対して退去するよう警告し、うち50隻に放水を行いました。「大和堆」は日本有数の漁場で、今月からイカ漁のシーズンに入るため、海上保安庁は大型巡視船などを配備して対応を強化しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3699997.html

| コメント (0)

「大和堆」に今年も北朝鮮漁船 海保が取り締まり状況公表(14日)産経

日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の好漁場「大和堆(やまとたい)」周辺で違法操業する北朝鮮漁船に対応している海上保安庁は14日、5月下旬からの取り締まり状況を公表した。 海保によると14日現在、EEZに侵入するなどした延べ318隻に退去警告を実施。昨年同期は延べ330隻だった。また、EEZから退去させるため延べ50隻に放水。昨年同期は同99隻で、いずれも減少した。
 海保は「近年の厳格な取り締まりを理解し、早期に退去する傾向がある」と説明。14日までに、大和堆への侵入は許していない。 平成29年に始まり3年目の対応となる今年は、昨年に続き、本格的なスルメイカ漁期を前に5月末から複数の巡視船を派遣し、水産庁の漁業取締船とも連携して警戒を強化している。EEZに侵入した漁船には電光掲示板や音声などで警告。操業を続けようとする漁船は放水で退去させる。

 北朝鮮は外貨獲得や食料調達のため漁業を国策としてきたが今年、小型の木造船による遠洋操業を禁止したとの情報がある。ただ、海保によると、大和堆周辺で確認される漁船は多くがが木造船で、鋼船は数隻しか確認されていない。北朝鮮漁船は操業海域を大和堆と並ぶ好漁場「武蔵堆(むさしたい)」のある北方にも拡大しており、海保は警戒している。
https://www.sankei.com/affairs/news/190614/afr1906140013-n1.html

| コメント (0)

突然攻撃で出火、タンカー船員脱出 ホルムズ海峡付近 (14日)日経

中東のホルムズ海峡付近を航行していた日本のタンカーが13日、何者かに攻撃された。船のエンジンルームから火が上がり、度重なる攻撃を受ける緊迫の事態に、身の危険を感じた船員らは救命艇で次々と脱出した。「なぜ狙われたのか」。運航会社の社員らは海路の安全を脅かす行為に怒りの声を上げた。
【関連記事】ホルムズ海峡でタンカー2隻攻撃、原油価格急騰

タンカーを運航する海運会社「国華産業」の堅田豊社長は13日夕、東京都千代田区の本社で記者会見した。表情をこわばらせ、「なぜ我々の船がこのような攻撃を受けるのか。船員の生命と船舶の安全を脅かしたことに対する怒りがある」と憤った。
【関連記事】三菱ガス化学、グループ会社が襲撃受けたと明らかに 
会見は断続的に開かれ、担当者は現地の情報を確認するため事務所と会見場を頻繁に行き来した。堅田社長らは船の写真を使って説明したが、被害の詳細は「まだ分かっていない」と繰り返した。
続く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46081360T10C19A6CC1000/

| コメント (0)

2019年6月13日 (木)

日本タンカーに攻撃=ホルムズ海峡近く、魚雷情報も-爆発や火災、全員避難(13日)時事

 【カイロ時事】中東の原油輸送の大動脈であるホルムズ海峡近くのオマーン湾で13日、タンカー2隻が攻撃を受けた。報道などによると、魚雷か砲弾で攻撃されたもようで、船体が大きく損傷した。国土交通省は、このうち1隻は日本の海運会社「国華産業」(東京都千代田区)が運航するケミカルタンカー「KOKUKA Courageous」(パナマ船籍、総トン数1万9349トン)で、複数回の攻撃を受けたと発表した。

河野外相、ホルムズ封鎖の「対応検討」

 国交省や国華産業によると、同船はサウジアラビアからメタノール2万5000トンをシンガポールとタイに運ぶ途中だった。乗組員はいずれもフィリピン国籍で、全員避難し、けが人はいない。

 被害を受けたもう1隻はノルウェーの海運会社が運航するタンカーで、エタノールを積んで台湾に向かっていた。3回の爆発が起き火災となった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061300922&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

2019年6月10日 (月)

EEZで検査忌避疑い 中国の船長逮捕、横浜海保(10日)産経

横浜海上保安部は9日、日本の排他的経済水域(EEZ)で停船命令に従わず逃走したとして、漁業主権法違反(立ち入り検査忌避)の疑いで、中国漁船の船長の男(40)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は9日午後、小笠原諸島・聟島(むこじま)(東京)の西方沖約150キロのEEZで、巡視船の停船命令を拒否して逃げ続けたとしている。
 海保によると、漁船は中国人計7人が乗船。6日午前に小笠原村の漁師が発見し、海保が捜索していた。船内からは刺し網が見つかり、海保は違法な操業がなかったかも調べる。
https://www.sankei.com/affairs/news/190610/afr1906100001-n1.html

| コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

尖閣周辺に中国船 59日連続(9日)産経

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で9日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは59日連続で、平成24年9月の尖閣諸島国有化以降で過去最長の連続日数を更新した。 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。
https://www.sankei.com/world/news/190609/wor1906090008-n1.html

| コメント (0)

2019年5月31日 (金)

»中国当局の船、50日連続で尖閣周辺の接続水域内で航行(31日)TBS

沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内で、中国当局の船が50日連続で航行し、連続日数を更新し続けています。 31日午前、尖閣諸島周辺で中国海警局の船4隻が領海の外側にある接続水域内で航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認しました。尖閣周辺の接続水域内で中国当局の船が確認されるのは50日連続となっていて、2012年9月の尖閣諸島国有化以降で過去最長だった43日間の連続日数を更新し続けています。
 海上保安庁によりますと、うち1隻は機関砲のようなものを搭載しているということで、海上保安庁の巡視船が4隻に対して、領海に近づかないよう警告しています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3688054.html

| コメント (0)

2019年5月25日 (土)

尖閣の中国船、最長に 44日連続で更新(25日)産経

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で25日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは44日連続となり、記録が残る平成24年9月以降で連続日数を更新し、過去最長となった。
 第11管区海上保安本部(那覇)によると、4隻のうち1隻は機関砲のようなものを搭載、領海に近づかないよう巡視船が警告した。
 今回の接続水域での航行は、4月12日から続いている。今月25日までの44日間で船団は計3回入れ替わった。
 これまでの最長は26年9月20日に記録していた。同本部は「中国側の意図は不明だが、領土領海を守り抜く方針は変わらない。緊張がエスカレートしないよう適切に対応する」としている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190525/afr1905250006-n1.html

| コメント (0)

自衛隊の砲弾積んだ運送会社のトラックが海岸に転落(25日)NHK

25日午前、山形県鶴岡市の国道で、自衛隊の砲弾、9トン余りを積んだトラックが乗用車に追突し、国道沿いの海岸に転落しました。積み荷は散乱せず、爆発の危険性はないということで、警察が自衛隊に砲弾の回収を要請しています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190525/k10011928751000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

25日午前9時半ごろ、山形県鶴岡市小波渡の国道7号線で、自衛隊の砲弾、9.7トンを積んだ運送会社のトラックが、右折するために止まっていた乗用車に追突し…

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯