家族関係に起因する事件簿

2018年11月20日 (火)

広島で男児2人が刺され死亡(20日)共同

広島県警東広島署は19日、自宅で5歳と3歳の息子を刃物で刺し殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで母親の職業不詳岩永良子容疑者(31)=東広島市=を現行犯逮捕した。2人は病院に運ばれたが、間もなく死亡した。
 逮捕容疑は、19日午後5時ごろ、自宅で長男隼人ちゃん(5)と次男颯太ちゃん(3)の背中などを複数回刺して殺害しようとした疑い。
 同署によると、岩永容疑者は「子ども2人を殺しました」と自ら110番してきた。子どもの将来を悲観して刺したとの趣旨の供述をしており、容疑を認めている。
 岩永容疑者は夫と子ども2人の4人暮らしで事件当時、夫は外出中だった。
https://this.kiji.is/437254061307495521?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

»74歳夫を浴槽に沈め殺害した容疑、妻を逮捕(17日)TBS

16日夜、岡山県井原市で74歳の夫を自宅の風呂場の浴槽に沈めて殺したとして、71歳の妻が逮捕されました。
 殺人の疑いで逮捕されたのは、井原市井原町の無職・森典子容疑者(71)です。
 警察によりますと、森容疑者は15日午後9時ごろ、夫の岑生さん(74)を自宅の浴槽に押さえつけ水没させ殺害した疑いが持たれています。
 16日、岑生さんが利用しているデイサービスの職員が、浴槽の中で死亡している岑生さんを発見し通報しました。
 「ご主人はデイサービスに通っていた。奥さんは付き添いで行っていたけど・・・」(近くの人)
 「いい奥さんでした。ご主人もよかった。おとなしい人です、2人とも」(近くの人)
 森容疑者は岑生さんと2人暮らしで、警察の調べに対して「私が殺したことに間違いない」などと容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3526873.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

返り血?着衣洗濯か 殺人容疑で逮捕の元妻 山形(16日)産経

山形県白鷹町で平成26年6月、アルバイト、新野重雄さん=当時(63)=が自宅で殺害された事件で、殺人の疑いで逮捕された元妻の新野莉紗容疑者(49)が、通報前に着衣を洗濯していた可能性が高いことが16日、捜査関係者への取材で分かった。返り血を洗い流し、証拠隠滅を図ったとみて調べる。県警は16日午前、莉紗容疑者を送検した。
 捜査関係者によると、新野さんは頭部を複数回殴られており、倒れていた布団の上や床に大量の血が付いていた。現場の状況から、容疑者も返り血を浴びたとみられる。
莉紗容疑者は、26年6月21日午前7時45分ごろ、県警に発見者として通報している。県警が到着したときには既に死後硬直が始まっていたことから、21日未明の犯行と考えられるという。https://www.sankei.com/affairs/news/181116/afr1811160026-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

虐待死事件 都の対応に疑問呈す(15日)NHK

東京・目黒区で5歳の女の子が両親から虐待を受けて死亡した事件を検証してきた東京都の検証部会が14日夜、報告書を公表しました。
部会長は記者会見の中で、この家族が香川県から転居した際に都の児童相談所が、緊急性が高い虐待のケースと判断しなかったことについて疑問を呈しました。

今回の事件を検証してきた東京都の検証部会は14日夜、記者会見で検証結果の報告書を公表しました。
報告書では、死亡した女の子が以前住んでいた香川県の児童相談所が児童福祉法に基づく継続指導が必要だと考えていたものの、都の児童相談所には緊急性が高いケースとして伝わらず、双方の認識がずれていたことを問題点として指摘しました。
また、都の児童相談所は香川県側からの連絡を受けて、虐待にあたるケースとして受理したにもかかわらず、緊急性が高いと認識しなかったため、女の子の安全確認を速やかに行わなかったことも問題点だとしました。
検証部会の部会長で、立正大学の大竹智教授は記者会見で、「児童相談所が虐待と判断したのだから、それなりの行動をしなければならなかった」と述べ、積極的な対応を行わなかった都の児童相談所に対し、疑問を呈しました。
これについて、都の担当者は「香川県側からの引き継ぎで緊急性が高くないと考えたが、結果として判断が甘かった」としていて、再発防止に向けた都の対応が問われることになります。https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181115/0021337.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»4年前の男性殺害、元妻を殺人容疑で逮捕(15日)TBS

 2014年に山形県白鷹町の民家で男性が頭を殴られ殺害された事件で、山形県警は14日、男性の元妻を逮捕しました。
 殺人容疑で逮捕されたのは、山形県白鷹町の無職・新野莉紗容疑者(49)です。事件は2014年6月、白鷹町広野の民家で、この家に住む新野重雄さん(63)が居間に敷かれた布団の上で頭から血を流し、殺害されているのが見つかったものです。第一発見者は当時同居していた元妻の莉紗容疑者でした。
 警察では、莉紗容疑者が鈍器のようなもので新野さんの頭を数回殴り、頭蓋内損傷を負わせ殺害したと断定、14日、逮捕しました。莉紗容疑者は容疑を否認しています。
 逮捕前、莉紗容疑者はJNNの取材に答えていました。
 「見つかった時は頭から血出た。右の頭の部分から血出ている。早く見つけて、犯人見つけて」(新野莉紗容疑者)
 警察では、これまでの状況証拠の積み上げで逮捕したとしていますが、犯行に用いられた凶器については明らかにしていません。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3524969.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

»母親 起訴内容認める、乳児をトイレ放置(14日)TBS

 今年1月、埼玉・草加市で生後8か月の長女が自宅のトイレに放置されるなどの虐待を受けた事件の初公判が開かれ、母親は起訴内容を認めました。
 草加市の上久保明日香被告(25)は今年1月、当時、生後8か月の長女をおよそ20時間にわたって自宅のトイレに放置し、両足に重い凍傷を負わせたほか殴るなどして重傷を負わせた罪に問われています。
 14日の初公判で、上久保被告は「間違いないです」と起訴内容を認めました。被告人質問では涙を流しながら、「長女が泣き出すだけで気持ち悪くなり、当時は限界だった」などと述べました。
 証人として出廷した元夫は、再婚する意思を示したうえで「夫として指導していきたい」などと述べました。
 また、検察側は「長女の泣き方や児童相談所の訪問をストレスに感じていた」などと指摘し、懲役3年を求刑しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3524213.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

12年前の乳児虐待死 法医学の蓄積が逮捕の決め手に (12日)日経

約12年前に乳児に暴行を加えて死亡させた疑いで、当時義理の父親だった男(42)が警視庁に逮捕された。男は事故だったと主張して見極めは難航したが、虐待への対応を重ねることで蓄積されてきた法医学の知見が逮捕の決め手となった。
 生後11カ月だった女児は2006年12月30日に意識不明で病院に搬送され、約2カ月後に硬膜下血腫に基づく気管支肺炎で死亡した。母親は外出中で、当時同居していた男が119番した。
 司法解剖で頭蓋骨の骨折などが判明したが、男は警視庁に「(女児は)コタツから落ちた」と説明。12年に事情を聴いた際も同じ主張を繰り返し、同庁は事件性を判断できないままでいた。
 18年3月、未解決事件(コールドケース)を扱う捜査1課の「特命捜査対策室」が3度目の捜査に着手。複数の法医学者から、女児の頭部の外傷は「コタツから落ちるよりも強い衝撃がなければ起きない」との見解を得た。
 さらに女児の解剖資料には「胸腺」が萎縮していたと書かれていた。胸腺は免疫機能に関わる臓器で、栄養不足やストレスを受けると萎縮する。
 虐待死した子供の半数近くで胸腺が萎縮していたというのは、法医学で最近分かってきた知見だ。18年3月に両親から虐待を受けて死亡した東京都目黒区の女児(当時5)も、胸腺が同年代の平均の5分の1ほどに縮んでいた。
 児童虐待に詳しい杏林大の佐藤喜宣名誉教授(法医学)は、虐待事件が増えるなかで解剖データの蓄積が進み、外傷や臓器の異変について「日常生活で起こりえるものと、虐待が考えられるものを見分けるボーダーラインができつつある」と話している。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37616150Q8A111C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

ひとり親家庭向け無料電話相談(11日)NHK

仕事と育児で忙しくふだん、悩みを相談する時間がとれない、ひとり親家庭からの相談にあたろうと、児童虐待の防止に取り組む団体が11日深夜11時まで無料の電話相談を実施します。

相談を行うのは、東京・世田谷区にある「子どもの虐待防止センター」です。
センターでは平日の日中に電話相談を実施していますが、仕事と育児で忙しく悩みを相談する時間がとれないひとり親家庭の人も相談しやすいようにと、11日は午前11時から午後11時まで、時間を延長して相談を受け付けます。
対応するのはセンターの認定を受けた相談員で、電話代以外は無料で相談にあたります。
相談は匿名で受け付け、子育てについての悩みや、不安な気持ちについてできるだけじっくりと話を聞くことにしているということです。
子どもの虐待防止センターにはふだん「言うことを聞かないので手をあげてしまった」とか「子どもをかわいいと思えないことがある」といった相談が寄せられていて、片倉昭子理事は「しっかり話を聞くことが何より虐待を防ぐことにつながると感じています。人に話していいのか迷うようなことも遠慮せずに相談してほしい」と話しています。
子どもの虐待防止センターの電話相談は11日午前11時から午後11時までで、電話番号は全国共通で03−5300−2990となっています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181111/0021177.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

「虐待疑い」通告も認定されず(9日)NHK

12年前、東京・新宿区で生後11か月の女の子に暴行を加えて死亡させたとして義理の父親が逮捕された事件で、当時、女の子が搬送された病院が「虐待の疑いがある」と都の児童相談センターに通告していたことが分かりました。
しかし虐待かどうかの調査中に女の子が死亡し、支援の必要がなくなったため、虐待と認定せず調査を終了したということです。
  平成18年12月、東京・新宿区のマンションで生後11か月の櫻井亜衣ちゃんに暴行を加え、その後死亡させたとして、警視庁は義理の父親で、神奈川県相模原市の堀田伸輔容疑者(42)を傷害致死の疑いで逮捕しました。
当時、亜衣ちゃんは病院に搬送されましたが、その際病院がけがの状況などから、「虐待の疑いがある」と都の児童相談センターに通告していたことが分かりました。
このため児童相談センターは病院や母親から聞き取りを行いましたが、2か月あまりして女の子が死亡し、支援の必要がなくなったことや当時、警察が立件しなかったことから、虐待とは認定せずに調査を終了し、その後の検証も行わなかったということです。
現在は、死亡した事例などについても再発防止につなげるため、自治体が検証することになっています。
児童相談センターは「当時の対応は適切だったと考えている」としていますが、詳しい経緯を調べることにしています。続く downwardleft
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181109/0021121.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者、女児泣くと手上げ虐待か (9日)共同

約12年前に東京都内で、生後11カ月の女児が暴行されてその後死亡し、傷害致死容疑で義父の堀田伸輔容疑者(42)が警視庁捜査1課に逮捕された事件で、当時の妻が堀田容疑者について「子どもが泣くと手を上げていた」との趣旨の説明していることが9日、捜査関係者への取材で分かった。同課は9日午前、堀田容疑者を送検した。
 捜査1課によると、死亡した桜井亜衣ちゃんは「胸腺」という免疫に関する臓器が萎縮するなど、虐待を受けた子どもに見られる所見があった。同課は亜衣ちゃんが日常的に虐待されていた可能性があるとみて調べている。
https://this.kiji.is/433426470066766945?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 密輸・密売関係(外国人含む) | 密輸関係(外国も含む) | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯