広島県警尾道署は20日、隣に住む兄(62)を刃物のようなもので刺して殺害したとして、殺人の疑いで弟の無職平岡公一容疑者(52)=同県尾道市=を逮捕した。「気付いたら刺していた」と殺意を否認している。県警は2人の間にトラブルがあったとみて調べている。
 逮捕容疑は、20日午前8時50分ごろから午前9時15分ごろまでの間に、公一容疑者の自宅で兄の会社員平岡良和さんの胸などを数回刺し殺害した疑い。
 午前9時20分ごろ、良和さんが家の前で血を流し倒れているのを妻が見つけ、119番した。19日に良和さんの息子が公一容疑者から暴行を受けたとの被害届が出ていた。
https://this.kiji.is/757125366380003328?c=39546741839462401