家族関係に起因する事件簿

2019年3月26日 (火)

男女刺され1人死亡 福岡・小竹町 搬送の父、関与か(26日)西日本

25日午後6時45分ごろ、福岡県小竹町新多の民家で、女性から「包丁で刺された」と110番があった。県警直方署によると、50代の男女2人が刃物のようなもので刺され、男性は搬送先の病院で死亡が確認された。同居の女性も負傷しており、「男性の父親に刺された」と話しているという。 捜査関係者によると、2人と同じ敷地内に住む男性の80代の父親が事件に関与したとみられ、手首を負傷するなどして病院に搬送された。署は家庭内トラブルがあったとみて、殺人事件として捜査。父親の回復を待って事情を聴く方針。男性は民家の玄関先で倒れ、女性はその近くにいた。
 近くの住民(58)は「『助けて、お願い』という女性の叫び声が聞こえた。倒れている男性の腹部に包丁が刺さっていた。女性は錯乱していた」と話した。この住民によると、最近は親子で言い争う声が外まで聞こえていたという。
 別の近所の女性は「数カ月前から親子のけんかする声が聞こえていた。折り合いが悪かったようだが、こんなことになるなんて」と声を震わせた。
 現場はJR小竹駅から西に約1キロ離れた住宅街。
=2019/03/26付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/497083/

| コメント (0)

2019年3月25日 (月)

»名古屋夫婦殺害事件で長男逮捕、死体遺棄容疑(25日)TBS

名古屋市の住宅で60代の夫婦が殺害されているのが見つかった事件で、警察は連絡が取れなくなっていた30代の長男を愛知県内で発見し、死体遺棄容疑で逮捕しました。 この事件は今月22日、名古屋市港区福前の住宅で、米原達治さんと妻の孝子さんが、刃物で刺されたり、首を絞められたりして殺害されているのが見つかったものです。
 2人の遺体は死後1か月から2か月ほど経っていると見られ、警察は連絡が取れなくなっていた30代の長男の行方を捜していましたが、25日午後、愛知県内のホテルで長男を発見。任意同行を求め、死体遺棄容疑で逮捕しました。
 警察は今後、米原さん夫婦の殺害についても長男を追及する方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3630917.html

| コメント (0)

美瑛町で母子死亡 練炭自殺か(25日)NHK

24日午後、上川の美瑛町の住宅の敷地内に止めてあった車の中で、30歳の女性と女性の1歳の息子が心肺停止の状態で倒れているのが見つかり、その後、病院で死亡が確認されました。
車内には練炭を燃やした跡があり、警察は女性が次男と無理心中を図ったとみて詳しい状況を調べています。
24日午後2時すぎ、美瑛町の住宅の敷地内に止めてあった車の中で、町外に住む30歳の女性と女性の1歳の次男が倒れているのをこの家に住む女性の母親が見つけて、消防に通報しました。
2人は心肺停止の状態で、旭川市内の病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。
警察によりますと2人に目立った外傷はないものの車内には、七輪で練炭を燃やした跡があったということです。
女性は、30代の夫と6歳と1歳の2人の子どもとの4人家族で、警察によりますと、夫は「妻は育児に疲れている様子だった」と話しているということです。
警察は女性が車の中で練炭を燃やして次男と無理心中を図ったとみて、2人の死因など詳しい状況を調べています。

| コメント (0)

2019年3月24日 (日)

»山形 高齢夫婦死亡、母親殺害容疑で息子を再逮捕(24日)TBS

 山形県朝日町の民家で今月2日、高齢の夫婦が遺体で見つかった事件で、父親を殺害した疑いで逮捕された息子が母親も殺害したとして、23日、再逮捕されました。
 殺人容疑で再逮捕されたのは、山形県朝日町の無職・柴田広幸容疑者(45)です。柴田容疑者は先月27日から今月2日までの間に、同居する母親の幸子さん(当時68)を寝室で窒息死させた疑いが持たれています。
 柴田容疑者はすでに父親の節男さん(当時72)を殺害した疑いで逮捕されていました。柴田容疑者は「何も話すことはない」とあいまいな供述をしているということです。 
 警察では、親子の間でトラブルがあったとみて動機などについて調べを進めています。

| コメント (0)

2019年3月23日 (土)

母親とみられる遺体放置(23日)産経

大阪府警和泉署は23日、自宅で母親とみられる遺体を放置したとして死体遺棄の疑いで、無職の男(52)=同府和泉市和気町=を逮捕した。「声をかけても動かなくなった。どうしていいか分からなかった」と供述している。 逮捕容疑は、昨年8月下旬ごろ、死亡した母親=当時(76)=とみられる遺体を自宅の浴室に放置したとしている。
 和泉署によると、男は母親と2人暮らし。今月21日、母親の妹が市内の交番に「姉と連絡が取れない」と届け出た。署員が22日に母親の自宅を訪れ遺体を発見。腐敗が進んでおり、身元の確認を進める。
https://www.sankei.com/affairs/news/190323/afr1903230006-n1.html

| コメント (0)

母親、小4長女にアイロン投げる…頭に陥没骨折 (23日)読売

小学4年の長女(10)の頭にアイロンを投げてけがを負わせたとして、大分県警杵築日出きつきひじ署は22日、同県杵築市の看護助手の母親(30)を傷害容疑で逮捕した。
発表では、母親は2月17日頃、市内の自宅アパートで、長女にアイロンを投げつけて、左頭部に約2週間の陥没骨折などのけがを負わせた疑い。容疑を否認しているという。
 県や同署によると、長女は児童相談所に保護され、けがは回復している。長女は両親と3人暮らしで、両親が長女を病院に連れて行った。病院側が翌18日、県中央児童相談所に「虐待が疑われる」と通告し、児相職員が母親と長女に面会した。長女が「お母さんにアイロンを投げられた」と話したため、一時保護した。母親は「アイロンを投げたら、たまたま当たった」と説明したという。
 長女に日常的に虐待を受けていた痕はなく、警察や児相にも情報はなかったという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190323-OYT1T50161/

| コメント (0)

2019年3月18日 (月)

低調続く児相の臨検 児童の安全確保に二の足 保護者の反発も懸念(18日)産経

対応の遅れから幼い命が奪われる児童虐待事件が各地で相次ぐなか、児童相談所(児相)が裁判所の令状を受けて実施する、強制の立ち入り調査「臨検」の件数が平成20年度の導入以降10年間で、17件にとどまっていることが17日、分かった。臨検は児童の安全確保を最優先するための切り札とされるが、児相側は保護者の反発などのリスクを懸念して二の足を踏んでいるとみられ、与えられた権限が虐待児童の救出に活用されていないと言えそうだ。(村嶋和樹)
 警察庁によると、平成20~30年の間に、虐待事件の被害に遭って死亡した児童は計700人以上に上る。
 一方で、厚生労働省によると、臨検の実施は20年度1件▽21年度4件▽22年度2件▽23年度1件▽24年度1件▽25年度0件▽26年度1件▽27年度1件▽28年度1件▽29年度5件-の計17件。臨検は児童虐待防止法の改正で20年4月に導入されたが運用は伸び悩んでおり、これまでもルール変更が繰り返されてきた。
 22年に発覚した大阪市の2幼児遺棄事件では、虐待を疑う近隣住民の通報が4回もありながら、児相は臨検を見送っている。親子の住民登録がなく、当該者の氏名が分からなかったことが理由の1つとされた。
 この教訓を受け、厚労省は同年、臨検措置に至る過程の初期段階の保護者への出頭要請で「十分に調査していれば、氏名不詳のままで裁判所への許可請求が可能」と変更した。
 28年にもさらに手続きは簡素化され、立ち入り調査を拒否された後の措置である「再出頭要求」を経ずとも臨検ができるよう、児童虐待防止法が改正された。だが、それでも大幅な増加にはつながっておらず、慎重な運用が続いている。
 児相側には、児童のケアや保護者の更生といった息の長い取り組みに支障が生じる恐れへの懸念が強い。東京都児相OBで元児童福祉司の斎藤幸芳さん(68)は「臨検で職員が保護者と対立してしまうと、その後の継続的なフォローが難しくなる」と話す。

続きを読む
Prev1 2
https://www.sankei.com/affairs/news/190317/afr1903170015-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

強要疑い、父4回目逮捕へ 長時間立たせる、千葉県警(16日)産経

千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、千葉県警が心愛さんを長時間立たせるなどしたとして、強要の疑いで、父の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=を近く再逮捕する方針を固めたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。逮捕は4回目。
 捜査関係者によると、勇一郎被告は今年初めごろ、自宅で心愛さんに命令して長時間立たせるなどした疑いが持たれている。被告から押収したスマートフォンなどの記録から立件が可能と判断したとみられる。
https://www.sankei.com/affairs/news/190316/afr1903160010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

海自幹部自衛官 娘に暴力 傷害罪で略式命令(16日)NHK

海上自衛隊の40代の幹部自衛官がおととし、横浜市の自宅で娘の頭をベッドに打ちつけてけがをさせたとして、傷害の罪で罰金の略式命令を受けたことが捜査関係者への取材でわかりました。この幹部自衛官は子どもへの暴力などを理由に先月、停職の懲戒処分を受けています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190316/k10011850401000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

略式命令を受けたのは、横浜市金沢区に自宅があり、広島県…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

就寝中の兄、バットで殴る 殺人未遂容疑で高3弟逮捕(15日)産経

京都府亀岡市の自宅で就寝中だった兄(23)の頭を金属バットで殴り殺害しようとしたとして、亀岡署は14日、殺人未遂の疑いで、弟で高校3年の男子生徒(17)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。兄は頭や手に数週間のけが。
 亀岡署によると、男子生徒は「大学進学で1人暮らしをしたくて家を出ようとしたが、父と兄に反対され嫌だった」と話しているという。男子生徒は父と2人暮らしで、この日は大阪府門真市に住む兄が帰省していた。
 逮捕容疑は14日午前4時半ごろ、寝ていた兄の頭を金属バットで数回殴り殺害しようとした疑い。騒ぎ声を聞いた父に止められた。
https://www.sankei.com/west/news/190314/wst1903140049-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯