カテゴリー

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺

2020年4月 5日 (日)

コンビニで「僕はSARSです」 業務妨害容疑で男逮捕(5日 )朝日

コンビニエンスストアを訪れて感染症にかかっていると告げ、店内を消毒させて業務を妨げたとして、京都府城陽市の男(59)が4日、偽計業務妨害の疑いで逮捕された。京都府警が発表した。

 城陽署によると、男は3月31日午後1時35分ごろ、城陽市のコンビニで女性店員に「僕はSARS(サーズ)(重症急性呼吸器症候群)ですので消毒してください」「うつりますから」と告げ、レジや陳列棚などを消毒させ、午後4時過ぎまでの約2時間半、業務を妨害した疑いがある。

 男は「SARSとは絶対に言っていない」と供述しているという。

https://www.asahi.com/articles/ASN450F77N44PLZB00Y.html

2020年4月 3日 (金)

家電量販店で「コロナだ」と発言 業務妨害容疑で男逮捕(3日)産経

宇都宮南署は2日、宇都宮市内の家電量販店で、「検査でコロナと言われた」と店員に発言して店の業務を妨害したとして、威力業務妨害容疑で宇都宮市茂原町1061の18、自称自営業、桑原健次容疑者(65)を逮捕した。同署によると、桑原容疑者は「事実と違う」と否認している。
 逮捕容疑は2日午後2時50分ごろ、宇都宮市インターパーク5丁目の「ケーズデンキインターパーク宇都宮店」で、店員にせき払いをしながら「病院で検査を受けコロナだって言われた」などと言い、店の営業をできなくした疑い。
 同署によると、桑原容疑者の発言を受け、客や従業員は店外に避難し、店は営業を終了した。桑原容疑者に新型コロナウイルスへの感染は確認されていないという。
 同署が詳しい状況や動機などを調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200403/afr2004030002-n1.html

2020年4月 2日 (木)

セーブデータ改ざん疑い ゲーム機器会社初摘発(2日)産経

ゲームソフトのセーブデータを改竄(かいざん)できるプログラムを販売したとして、神奈川、新潟など4県警の合同捜査本部は1日、不正競争防止法違反の疑いで、ゲーム周辺機器販売会社「サイバーガジェット」(東京都千代田区)と、同社代表取締役の男性(47)ら計3人を書類送検した。神奈川県警によると、平成30年の同法改正でゲームのデータが保護の対象になって以降、法人の摘発は全国初。
 問題のプログラムは、家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の「モンスターハンターワールド」などで、ゲーム内での所持金やアイテムを上限まで増やせる「CYBERセーブエディター(PS4用)」。同社は29年から家電量販店などで販売していた。書類送検容疑は30年12月から昨年5月、京都府綾部市の男性(28)ら購入者4人に、改ざんしたゲームソフトのセーブデータを提供するなどしたとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200401/afr2004010018-n1.html

2020年4月 1日 (水)

信用金庫で暴れ備品破壊した疑い 男を逮捕 神奈川県警(1日)産経

 1日午前11時20分ごろ、神奈川県藤沢市片瀬の金融機関「かながわ信用金庫片瀬支店」で、男が店舗カウンターに設置されていたアクリル板1枚を破壊。目撃した信金職員の男性が取り押さえ、同店からの110番通報で駆け付けた県警藤沢署員に引き渡した。
 器物損壊の疑いで逮捕されたのは、住所不詳、自称無職の石田英治容疑者(44)。同署によると、亡くなった母親が残した口座から現金を引き出す目的で来店したが、母親は生前、石田容疑者が口座の現金に手を付けないよう後見人に相談しており、信金職員が引き出せないと説明したところ、激高して暴れ始めたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200401/afr2004010015-n1.html

警官70メートル引きずる ミニバイクの男逮捕(1日)共同

多摩署は1日、公務執行妨害と傷害の疑いで、東京都府中市、会社員の男(25)を逮捕した。
 逮捕容疑は、2月22日午後3時55分ごろ、川崎市多摩区生田3丁目の路上で、同署の男性巡査(36)から停止を求められたにもかかわらずミニバイクの運転を続け、荷台をつかんだ巡査を70メートルほど引きずり右足に軽傷を負わせた、としている。「けがをしたのは警察官に問題がある」と供述、容疑を一部否認しているという。
 署によると、同容疑者は巡査に一時停止違反の疑いで停止を求められた。現場付近の防犯カメラ映像などから同容疑者が浮上した。https://www.kanaloco.jp/article/entry-317039.html

2020年3月30日 (月)

和牛交配巡り虚偽報告疑い 獣医師を書類送検、宮城(30日)産経

宮城県警は30日、県産和牛の人工交配に関する書類に虚偽記載したとして家畜改良増殖法違反の疑いで、同県石巻市の男性獣医師(65)を書類送検した。獣医師が人工交配した258頭のうち30頭について、DNAが血統登録書などに記載された父親と異なっていたことが昨年発覚していた。
 送検容疑は県知事から和牛の人工授精業務について報告を求められ、昨年10月3日に虚偽記載した書面を提出したとしている。
 県は問題発覚後、複数回にわたり獣医師に報告を要求。10月に提出された書類に明らかな虚偽があるとして、12月に刑事告発した。
 県警によると、虚偽記載があったのは精液の管理に関する項目など。獣医師は容疑を認め「求められた報告に対しずさんな対応をしてしまった」と供述している。
https://www.sankei.com/affairs/news/200330/afr2003300006-n1.html

事件前に牧場を複数回訪問 たてがみ切り取り疑いの女(30日)共同

 北海道日高町の牧場で昨年9月に有名馬「タイキシャトル」のたてがみが切り取られた事件で、北海道警が器物損壊の疑いで逮捕した埼玉県川口市、無職田中和世容疑者(55)が、事件前にこの牧場を複数回訪れていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。道警は下見が目的だった可能性があるとみて調べている。
 関係者によると、田中容疑者は昨年8月11日に同牧場を訪れるなど、事件前に複数回訪問。さらに事件後の今年2月下旬にも同牧場を再訪し、牧場宛てに「元気な馬たちをみて安心しました」とメールを送っていた。
https://www.47news.jp/national/4663366.html

家電量販店で「俺コロナ」 業務妨害容疑で42歳男逮捕(30日)共同

名古屋市内の家電量販店で店員らに対し「俺コロナだよ」と叫び、店の営業を妨害したなどとして、愛知県警中村署は29日、威力業務妨害の疑いで同市中村区の会社員岸野尚史容疑者(42)を逮捕した。同署によると、岸野容疑者に発熱などの症状はなく、「弁護士と相談してから話す」と認否を留保している。
 逮捕容疑は29日午前11時15分ごろ、中村区内の家電量販店で「俺コロナだよ。コロナだよ」と叫び、消毒作業をさせるなど店の営業を妨げた疑い。
 店側は「『コロナだ』と言っている人がいる」と中村署に通報し、営業を中断したという。同署が動機を調べている。
https://www.47news.jp/national/4661966.html

2020年3月28日 (土)

職質の警官にいきなり頭突き、目を突いた男逮捕(28日)読売

愛知県警港署は28日、住所、職業不詳の男(55)を公務執行妨害と傷害の容疑で現行犯逮捕し、名古屋地検に送検したと発表した。
 同署によると、男は26日午後11時45分頃、名古屋市港区高木町の駐車場で、同署地域課の男性巡査部長(43)の左目の辺りを割り箸のようなもので突くなどし、2か月の重傷を負わせるなどした疑い。巡査部長は、周辺で起きた器物損壊事件の捜査中で、駐車場にいた男に職務質問したところ、いきなり頭突きされたため、応援で駆けつけた別の警察官とともに取り押さえようとしたという。
 調べに対し、男は黙秘しているという。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0328/ym_200328_1935517301.html

住宅会社の社長失踪、代金払った夢のマイホームは未完成(28日)朝日

青森県弘前市の住宅会社「建築工房プラウド」の男性社長(56)が昨年、突然姿を消し、請け負っていた複数の注文住宅を未完成のまま放置していることが朝日新聞の取材でわかった。多額の建築費を払った施主らは「マイホームの夢が消え、借金だけ残った」「社長にだまされた」と深刻な被害を訴えており、泣き寝入りしたくないと県警に相談している人もいる。(佐藤孝之、吉備彩日)

 プラウド社はこの社長が2013年に創業。15年に株式会社になり、県内で住宅の新築やリフォームなどを手掛けていた。関係者によると、業務全般を仕切っていた社長が音信不通になったのは昨年9月下旬。社員が数人いたが、事務所も閉鎖された。社長の家族は

「どこにいるかまったく見当がつかない。連絡も一切ない」と話している。

 東京商工リサーチ青森支店によると、18年9月期決算の売上高は約2億9千万円で、1年間に15棟ほど新築住宅を建築。だが利益はほとんど出ておらず、「営業力はあったが自転車操業で、倒産の恐れもあるとみていた」と同支店。下請け業者への支払いも慢性的に遅延していたという。

 今回の被害は18~19年に契約した施主や下請け業者に及んでいるとみられる。全容は不明だが、弘前市の市民生活センターには昨年7~12月、同社に関する相談が9件あったという。

 「多額の建築費を払ったが、完成予定日になっても工事がほとんど進んでいない」といった内容が多く、「総額3400万円のうち2800万円支払ったのに基礎工事しか終わっていない」などのケースがある。「工事をやめたのに手付金を返してくれない」「家は完成したが、必要な修理をしてもらえない」といった相談もあるという。

続きを読む
https://www.asahi.com/articles/ASN3X3FXBN3SUBNB00Z.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ