その他事件・事故(行方不明など)及び自殺

2019年2月20日 (水)

中央アフリカ、著名人切手を無断発行 皇室の肖像も(20日)日経

アフリカの一部の国で、世界の著名人の切手が無断で作成されている。切手愛好家に販売し、外貨を獲得するのが目的だという。日本人のスポーツ選手や芸能人らをモチーフにした切手もある。中央アフリカ共和国では皇室の切手が無断で発行されており、宮内庁は事実と異なる表現が含まれているなどとして外務省を通じて同国に抗議した。
アフリカでは、米大リーグで活躍するイチロー選手や元サッカー女子日本代表の澤穂希さん、ビー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41495850Q9A220C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

»教員向け指導書を不正コピー、逮捕の男 保護者に販売か(20日)TBS

教科書会社が発行する高校教員向け指導書を不正にコピーした著作権法違反の疑いで、警察が函館の塾経営者の男ら5人を逮捕しました。
 逮捕されたのは、函館や東京など塾経営者の男ら5人です。5人は去年4月、共謀して、都内の教科書会社が教育関係者向けに販売しているCD-ROM37枚を金を出しあって購入し、不正にコピーした著作権法違反の疑いが持たれています。
 コピーしたCD-ROMには、教員が生徒を指導する指導書のほか、テストの問題案なども入っていて、5人はそれぞれの塾で無断使用していました。中でも函館の男は、内容を印刷して生徒の保護者に高額で販売し、数百万円の利益を得ていたということです。
 5人は任意の事情聴取に対し、容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3603991.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

偽在留カード所持容疑で逮捕の男宅 国内「偽造工場」か(19日)朝日

偽造在留カードを所持していたとして、愛知県警が18日、大阪市内に住む中国人の男を出入国管理法違反の疑いで現行犯逮捕したことが、捜査関係者への取材で分かった。男の自宅からは、偽造前の白無地のカードが大量にみつかり、県警は背後に組織的な密売ネットワークがあったとみて全容解明を進める。
 在留カードは2012年、外国人登録証明書に代わって導入された。3カ月を超えて国内に滞在する外国人の在留資格在留期間を証明するもので、就労の可否も記されている。法務省は外国人を雇用する際、不法就労でないかを在留カードで確認するよう求めている。
 捜査関係者によると、男は2月18日、大阪市内で偽造の在留カードを数十枚所持した疑いがある。
 県警が男の自宅を捜索したところ、白無地のカードのほか、カードを作るためとみられるプリンターなどもみつかった。自宅が在留カードの偽造拠点だったとみている。昨夏以降、県警が偽造在留カードを売買するブローカーのベトナム人の男らを逮捕して入手先などを調べる中で、中国人の男の存在が浮上した。
 偽造カードの拠点は従来、中国…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

法務省庁舎に卵投げ付け 防犯カメラに映像、警視庁が捜査(18日)共同

東京都千代田区の法務省が入る庁舎などに、生卵が投げ付けられていたことが18日、警視庁丸の内署への取材で分かった。今月12日以降、計7カ所で確認されており、同署は業務妨害などの容疑を視野に捜査している。
 丸の内署によると、12~17日にかけて、千代田区の日比谷公園そばにある法務省の庁舎や東京家裁が入る建物で、出入り口付近や壁に同様の痕跡が見つかった。付近の防犯カメラには、上下黒色の服を着た人物が歩きながら卵を投げる様子が写っており、同署が詳しく調べている。
https://this.kiji.is/470097607101367393?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2階から女児転落し重体 遊びの最中、山梨の住宅(18日)産経

17日午前9時35分ごろ、山梨県上野原市コモアしおつの2階建て住宅で、父親と一緒に遊びに来ていた東京都あきる野市の小学3年生の女児(9)が2階の窓から転落し、ドクターヘリで病院に搬送された。県警上野原署によると、女児は頭部外傷などで意識不明の重体。子供同士で、2階で遊んでいたという。
 署によると、この住宅は父親の知人家族が居住。この日は何組かの家族が集まっていた。女児は2階の部屋で、集まっていた家族のうちの子供1人と一緒に、ベッドの上などで遊んでいた。何らかのはずみで、ベッド脇の腰高窓から約4メートル下の玄関先に転落したとみられる。玄関先はタイル張りだった。
https://www.sankei.com/affairs/news/190217/afr1902170022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

硬貨で高級車に傷 器物損壊容疑で41歳男逮捕 BMW、ジャガーも被害(17日)産経

 自動車の車体に傷を付けたとして、警視庁池上署は器物損壊の疑いで、住居不詳、職業不詳の田村豊(とよ)大(ひろ)容疑者(41)を逮捕した。調べに「1、2台に10円玉でガリガリとやった」などと容疑を認めているといい、同署は動機などを調べている。
 同署によると、事件当日、半径100メートル内にある駐車場でBMWやジャガーを含む計18台が同様の被害を受けた。被害総額は数百万円規模になるとみられ、同署は関連を捜査する。
逮捕容疑は1月6日午前3時55分ごろ、東京都大田区南馬込の駐車場で、近くの男性会社員が所有するセルシオの側面に約2メートルにわたって1本線の傷をつけたとしている。
 田村容疑者はタイに居住し、会社役員をしているとみられ、当時は現場近くの実家に滞在していたという。同署は防犯カメラの画像などから田村容疑者を特定した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190217/afr1902170018-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

線路に飛び込む姿、運転士・客目撃…70歳死亡(17日)読売

16日午前8時45分頃、埼玉県飯能市仲町の西武池袋線飯能駅で、同市に住む無職男性(70)が、池袋発飯能行き下り準急電車(10両編成)にはねられた。男性は病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。
 飯能署によると、運転士や駅利用客が線路に飛び込む男性の姿を目撃しており、同署は自殺の可能性が高いとみて調べている。
 西武鉄道によると、この事故で上下線計29本が運休や区間運休し、最大40分の遅れが出て約1000人に影響した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190217-OYT1T50139/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

無許可で花火打ち上げ 容疑の男性会社員書類送検(16日)産経

必要な許可を受けず、名古屋市の住宅地で花火を打ち上げたとして、愛知県警天白署は15日、火薬類取締法違反の疑いで同県豊田市の男性会社員(27)を書類送検した。
 同署によると、男性は「食事に行った店が営業最終日と知り、盛り上げようと思った」と供述。花火は最大のものが2・5号玉(直径6~9センチ)で、高さ約130メートルまで上がり、直径約80メートルまで広がる威力があった。打ち上げる場合、市の許可が必要だった。
 書類送検容疑は昨年10月20日夜、名古屋市天白区の飲食店敷地で、花火58個を打ち上げたとしている。火災の発生やけが人はなかった。
 男性は河川敷で使うために花火を購入、車に積んでいた。近隣住民から110番通報があったが、天白署員が現場に駆け付けた際、男性は既に帰宅、翌日自ら同署に連絡して名乗り出たという。
https://www.sankei.com/affairs/news/190215/afr1902150051-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

消防署員が自殺、パワハラ示唆する遺書見つかる 山口(16日)朝日

山口県宇部市の宇部中央消防署に勤務していた20代の男性署員が1月に自殺し、職場でのパワハラを示唆する内容の遺書が見つかっていたことが分かった。管轄する宇部・山陽小野田消防局は、2月中にも弁護士らでつくる調査委員会を設け、パワハラの有無や自殺との因果関係を調べる。
 同消防局によると、男性署員は1月23日に自宅で自殺した。男性署員の部屋からは、職場でパワハラを受けたという趣旨の内容が書かれた遺書が見つかったという。職場の上司や同僚らへの聞き取り調査はすでに行ったが、内容については「調査委員会に委ねているので言えない」としている。
 同消防局の山本晃消防長は「公正で客観的な調査を行う準備をしており、結果については家族に十分な説明を行うとともに、公表を含めて対応したい」とコメントした。(二宮俊彦)
https://www.asahi.com/articles/ASM2J355FM2JTZNB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

無許可で花火打ち上げ 容疑の男性会社員書類送検(16日)産経

必要な許可を受けず、名古屋市の住宅地で花火を打ち上げたとして、愛知県警天白署は15日、火薬類取締法違反の疑いで同県豊田市の男性会社員(27)を書類送検した。
 同署によると、男性は「食事に行った店が営業最終日と知り、盛り上げようと思った」と供述。花火は最大のものが2・5号玉(直径6~9センチ)で、高さ約130メートルまで上がり、直径約80メートルまで広がる威力があった。打ち上げる場合、市の許可が必要だった。
 書類送検容疑は昨年10月20日夜、名古屋市天白区の飲食店敷地で、花火58個を打ち上げたとしている。火災の発生やけが人はなかった。
 男性は河川敷で使うために花火を購入、車に積んでいた。近隣住民から110番通報があったが、天白署員が現場に駆け付けた際、男性は既に帰宅、翌日自ら同署に連絡して名乗り出たという。https://www.sankei.com/affairs/news/190215/afr1902150051-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧