その他事件・事故(行方不明など)及び自殺

2018年8月17日 (金)

女が銭湯浴槽にシンナーか “袋に液体”注意受ける(17日)テレビ朝日

スーパー銭湯の浴槽にシンナーのような液体を入れた疑いです。
 高橋沙也香容疑者(27)は16日午後9時すぎ、名古屋市中川区のスーパー銭湯で女性用の浴槽にシンナーのような液体を入れた疑いが持たれています。警察によりますと、従業員が液体の入ったビニール袋を持ち歩く高橋容疑者を注意しましたが、その後、高橋容疑者は浴槽に液体を入れたということです。利用客から健康被害などの相談はありません。高橋容疑者は取り調べに対して容疑を否認していますが、警察は液体がシンナーとみて鑑定を進めるとともに動機などを調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000134295.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»神奈川・横須賀の前市長、サザエ密漁の疑いで書類送検(17日)TBS

 神奈川県横須賀市の前市長が、三浦市の海岸でサザエを密漁したとして、書類送検されました。
 漁業法違反などの疑いで書類送検されたのは、横須賀市の吉田雄人前市長(42)で、先月3日、三浦市の横堀海岸で知人の男性とサザエ43個を密漁したなどの疑いがもたれています。地元の漁業関係者が漁の様子を確認し、警察に通報したことから密漁が発覚しました。吉田前市長は、「家族で食べるためだった。軽率な行動で反省している」と容疑を認めているということです。
 横須賀海上保安部によりますと、三浦半島の沿岸では、サザエなどの密漁が相次いでいて、去年1年間に送致した件数は、全国で最も多い299件だったということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3449550.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックで入管侵入 容疑で27歳の男逮捕(17日)産経

茨城県警牛久署は16日、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)に侵入し、自動ドアのガラスを割ったとして、建造物侵入や器物損壊などの疑いで住所不定、無職、杉山友宏容疑者(27)を逮捕した。
 逮捕容疑は16日午前4時から同5時ごろ、トラックを運転して出入り口の金属製車止めポールを破壊して敷地内に侵入、持っていたバールを中央ホールの自動ドアに投げ付け、ガラスを割ったなどとしている。
 杉山容疑者が同5時半ごろ、牛久署に出頭した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180817/afr1808170002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»パンに縫い針混入2件、福岡市の同じスーパー(17日)TBS

 今月12日と15日、福岡市のスーパーで販売されたパンに縫い針が混入しているのが相次いで見つかりました。購入した男女2人は、針が入ったパンを食べましたが、けがはありませんでした。
 今月12日、福岡市中央区の「サニー赤坂店」で販売されたパンを食べた女性が、口の中に違和感を覚えパンの中を調べたところ、縫い針を発見しました。さらに15日、別の男性も同じ店で購入したパンを食べた際、口の中に違和感を覚え縫い針が混入していることに気づきました。パンを食べた2人は、いずれもけがはありませんでした。
 同じ店で針の混入が相次いでいることから、警察は何者かがわざと針を混入させたとみて、偽計業務妨害の疑いで捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3449410.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

車内から男女3遺体、集団練炭自殺か 埼玉・神川町の駐車場(16日)産経

16日午前5時10分ごろ、埼玉県神川町矢納の神泉ボート場駐車場に止まっていた乗用車から10~40代とみられる男女3人の遺体が見つかった。車内に練炭を燃やしているしちりんや遺書とみられるメモがあり、県警児玉署は集団自殺とみて身元の確認を進める。
 児玉署によると、3人は40代ぐらいの男性と30代ぐらいの男性、10~20代ぐらいの女性。それぞれ運転席と助手席、後部座席にいた。外傷や着衣の乱れはなかった。
 ボート場の男性管理者(53)から「他県ナンバーの車が目張りされている」と110番があった。http://www.sankei.com/affairs/news/180816/afr1808160025-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

子どもの自殺ピークは夏休み後半 直近10年「9月1日」から変化(15日)西日本

 子どもの自殺のピークは夏休み後半-。9月1日が自殺の多発日という内閣府のデータを基にして「夏休み明け自殺」への対策が各地で広がる中、自殺総合対策推進センター(東京)は「直近10年間の自殺者のピークは8月下旬にある」との調査結果を発表した。休み明けに特化せず、夏休み中からの対策強化を呼び掛けている。
 同センターは、1972年度~2015年度の小中高校生の自殺のデータを分析。06~15年度の自殺者が最も集中した時期は8月下旬で、9月上旬にピークがあった1986~05年度から変化が見られたという。同センターは「夏休みの短縮化も影響している可能性がある」と分析しつつ「新学期の開始に限らず、より幅広い期間での対策が必要だ」としている。
 「夏休み明け自殺」の認識が広がったのは、内閣府が自殺対策白書を発表した15年。72~13年の18歳以下の自殺者数について、多くの地域で9月1日前後が最多だったとし、「休み明け直後は大きなプレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と指摘した。
 これを受け、昨夏は全国各地でNPO法人などが9月1日の前後に無料電話相談を開設。長崎市では9月1日に支援団体などが登校したくない子どもの相談に応じる「駆け込み寺」を開設するなど、夏休み明けに合わせた子ども支援の取り組みが広がっている。
 同センターは「民間の活動の広がりは心強いが、児童生徒が適切にSOSを出せるようにしていく土台をつくっていく必要がある」としており、夏休み中の早い時期からの対策を促している。

=2018/08/15付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/441266/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

神奈川県警のパトカー蹴り上げる 器物損壊容疑で48歳会社員を逮捕(14日)産経

14日午前0時50分ごろ、川崎市多摩区菅馬場の路上で「男の人が泥酔状態で寝ている」と通行人から110番通報があった。神奈川県警多摩署員が駆けつけ、道の端で横になっている男を発見。声をかけると、男は「自分で帰れる」などと言って立ち上がったが、直後にパトカーの左フロントフェンダー部分を蹴り上げて破壊したため、器物損壊の容疑で現行犯逮捕した。
 逮捕されたのは、現場近くに住む会社員の武井宏治容疑者(48)。「覚えていない」などと容疑を否認している。
 同署によると、呼気からは相当量のアルコールが検出された。蹴られたパトカーには、こぶし大のへこみが残っており、同署が損害額を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180814/afr1808140020-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

あおり運転続け警察署へ… あげくに警察官に頭突き(13日)テレビ朝日

福岡県八女市で、警察署まであおり運転を続けた男が警察官に頭突きをして公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されました。
 筬島正和容疑者は12日午後9時半ごろ、八女警察署の駐車場で41歳の巡査部長の顔に頭突きをして職務の執行を妨害した疑いが持たれています。車を運転していた筬島容疑者は30代の男性が運転する車に数キロにわたって極端に近付くなどのあおり運転をしていて、男性が警察署に逃げ込みました。容疑者が警察署の駐車場で騒いでいたため、警察官5人が取り囲んだところ、1人に頭突きをしたということです。筬島容疑者からは基準値を超えるアルコールが検出されていて、警察は今後、余罪についても捜査を進める方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133950.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ブロック塀崩れ作業員が死亡 注意怠った疑いで同僚逮捕(13日)朝日

12日午前9時50分ごろ、大阪市住之江区北加賀屋5丁目の駐車場でブロック塀が崩れ、作業員に当たったと119番通報があった。近くで作業中の男性作業員が崩れたブロック塀に巻き込まれ、搬送先で死亡が確認された。大阪府警は、重機で解体作業をしていた同区西加賀屋2丁目の建設作業員、三島弘之容疑者(73)を業務上過失致死容疑で逮捕し、発表した。
 住之江署によると、三島容疑者は12日午前9時45分ごろ、駐車場のブロック塀(高さ約2・6メートル)の上段部分を重機で取り除く作業中、未然防止の注意義務を怠ったままブロックを転倒させ、同僚の谷口勇人さん(57)=同区=を死亡させた疑いがある。「気が動転して覚えていない」と供述しているという。
 ブロック1個の大きさは縦約20センチ、横約40センチ、厚さ約15センチ。上段部分3段が崩れ、谷口さんの頭上に落下した。三島容疑者は当初、谷口さんがブロック塀を挟んで反対側で作業していたなどと説明していたが、付近の防犯カメラに、谷口さんの近くで重機を操作する三島容疑者が映っていたという。
 6月の大阪北部地震では、建築基準法施行令の基準に合わない高さの小学校のブロック塀が倒れ、女児(9)が亡くなるなどし、各地でブロック塀の撤去や改修が進んでいる。
https://www.asahi.com/articles/ASL8D64FQL8DPTIL01S.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口、帰省中の2歳児が不明 周防大島、ため池など捜索(13日)共同

12日午前10時半ごろ、山口県周防大島町家房で、母親と帰省中だった同県防府市の藤本理稀ちゃん(2)が曽祖父(91)宅に歩いて戻る途中、行方不明になった。柳井署や柳井地区広域消防組合が付近のため池などを捜索している。
 曽祖父宅近くにはため池があり、消防隊員が潜って調べたが、手掛かりはつかめなかった。
 理稀ちゃんは白と赤のTシャツに緑色の海水パンツ、水色のサンダル姿で、13日が2歳の誕生日。家族が役場に通報し、役場が午前11時半ごろ、警察に通報した。
https://this.kiji.is/401360051010569313?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧