ストーカー事件・DV

2018年8月 7日 (火)

仕事で番号知り女性に電話50回 水戸市57歳職員、停職5カ月(7日)産経

水戸市は7日、仕事を通じて知った番号を使い、女性の携帯電話に50回近く一方的に電話をかけたとして、水道部料金課の男性職員(57)を停職5カ月の懲戒処分にした。市は女性の意向も踏まえ、刑事告発しない方針。
 市によると、男性職員は平成27年に検針業務に関する書類を入手し、女性の携帯電話の番号を把握していた。今年6月2日から9日までの間に50回近く連絡し、わいせつな言葉で話すなどした。女性が勤務先の上司に相談して発覚した。
 男性職員は電話を続けた理由について「落ち込んでいた時に(女性が)優しい言葉をかけてくれたことがあった」などと話したという。辞職の意向は示していない。
http://www.sankei.com/affairs/news/180807/afr1808070022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

DV被害相談の最多が「夫からの暴力」 年8万件中4割(30日)テレビ朝日

被害を訴える女性から最も多かった相談内容は、夫からの暴力でした。
 厚生労働省の2016年度の調査によりますと、ドメスティックバイオレンスの被害などを受けている女性から行政などへの相談件数は、1年間で約8万件に上ります。このうち4割が夫からの暴力でした。問題を抱えた女性は10代から高齢者まで幅広く、子どもを同伴するケースも多いということです。深刻な事情のもと、保護施設に入所した女性は850人に上っています。厚労省の専門家会議は、女性が保護施設を利用しやすい体制を整えたいとしています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000132929.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

元交際相手にストーカー 元自衛官の男を逮捕 女性宅で不審火も(20日)産経

元交際相手の女性に繰り返しメールを送るなどつきまとったとして、警視庁が今月、ストーカー規制法違反の容疑で、元自衛官の男を逮捕していたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。女性宅では6月末、玄関が焼ける火事があり、同庁が放火の可能性も視野に関連を調べている。
 捜査関係者によると、逮捕されたのは東京都品川区の宇田大志容疑者(30)。逮捕容疑は6月中旬~下旬、警察から口頭で警告を受けていたのに、女性にメールやSNS(会員制交流サイト)で二十数回、連絡をしたとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180720/afr1807200030-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

DV被害者の書類紛失 見つからず再転居、川崎市(14日)産経

川崎市は13日、ドメスティックバイオレンス(DV)被害に遭い、神奈川県内の施設に一時保護されていた女性の転居先などが記された書類を紛失したと発表した。見つかっておらず、女性は再び転居を余儀なくされた。
 市によると、女性は5月29日に施設から転居。その際に立ち会った女性職員が施設側から女性の氏名や生年月日、転居先が記された「退所通知書」を受け取ったが、帰宅後に紛失に気付いた。翌30日に上司に報告し、立ち寄り先などを捜したが見つからなかった。
 市は女性に謝罪し、警察に遺失物届を提出。女性は7月初旬に再転居し、かかった費用約30万円は市が負担した。
 退所通知書は本来、施設が市に郵送する決まりだったといい、市児童家庭支援・虐待対策室の堀田彰恵室長は「命に関わる問題として慎重に取り扱う必要があった。心からおわびし、再発防止を徹底する」と話した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180713/afr1807130039-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

菊池桃子さんストーカーで男を起訴 禁止命令後にインターフォン鳴らす 東京地検(13日)産経

東京地検は13日、女優の菊池桃子さんにつきまとい行為をしたとして、ストーカー規制法違反の罪で、東京都足立区の無職、飯塚博光容疑者(56)を起訴した。飯塚被告は4月、菊池さんへのストーカー行為で罰金の略式命令を受けている。
 起訴状によると、6月19、23の両日、禁止命令が出ているのに菊池さん宅に押しかけ、インターホンを鳴らしたとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180713/afr1807130032-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

DVで警察に相談の女性、首にひも巻かれ死亡(3日)読売

 2日午前10時35分頃、大阪府和泉市黒鳥町のアパートで、住人の女性(40)が倒れているのを別居する兄が発見し、110番。府警和泉署員が駆けつけたところ、首にひもが巻かれており、すでに死亡していた。府警は遺体を司法解剖し、事件と自殺の両面で調べる。
 発表では、女性は一人暮らし。1日から連絡が取れなくなり、兄が合鍵を使って部屋に入ったところ、布団の上であおむけで倒れていた。ドアは施錠されており、首以外に目立った外傷はなく、室内に荒らされた形跡もなかったという。
 同署によると、女性はDV(配偶者や恋人からの暴力)について同署に相談していたという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180703-OYT1T50000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

釈放後、菊池桃子さん宅へ 再びストーカー容疑で逮捕(24日)共同

女優の菊池桃子さんにつきまとい行為をしたとして、警視庁池袋署は24日、ストーカー規制法違反の疑いで、東京都足立区の無職飯塚博光容疑者(56)を逮捕した。3月にもストーカー行為で現行犯逮捕され、4月に罰金の略式命令を受けた。池袋署によると、釈放時につきまといの禁止命令が出され、飯塚容疑者は「二度と近づきません」と話していた。
 逮捕容疑は19日午後4時すぎ、禁止命令が出ているのに菊池さん宅に押しかけ、インターホンを鳴らした疑い。池袋署によると、「どうしても会いたくて行ってしまった」と話している。
 菊池さんは当時、不在だった。
https://this.kiji.is/383476836409263201?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

元AKBメンバーに“ストーカー行為” 42歳男を逮捕(19日)テレビ朝日

アイドルグループAKB48の元メンバーで女性に付きまとったとして、42歳の男が逮捕されました。
 大西秀宜容疑者は4月ごろ、アイドルグループAKB48の元メンバーで女優の岩田華怜さん(20)が出演する舞台に押し掛けたりしたなどの疑いが持たれています。警視庁によりますと、大西容疑者は岩田さんのデビュー当時からのファンでしたが、握手会でプロポーズしたことなどから、事務所から出入り禁止となっていました。その後、岩田さんの親族への殺害予告などを行ったため、警視庁が再三、警告しましたが付きまとい行為を繰り返したため、逮捕したということです。取り調べに対し、大西容疑者は「事実もあるし事実でないこともある」などと供述しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000129954.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

20年間ストーカーか 46歳男「彼女見ることで安心」(19日)テレビ朝日

30代の女性にストーカー行為をしたとして46歳の男が逮捕されました。男は女性が高校生の時から約20年間、ストーカー行為を続けていたとみられています。
 五代儀大容疑者は今月、都内に住む女性の自宅前を車で複数回、うろついた疑いが持たれています。警視庁によりますと、五代儀容疑者は約20年前、都内のガソリンスタンドでアルバイトをしていた当時、高校生の女性に一目ぼれをしたということです。アルバイトが終わった女性の後をつけて家を特定し、ごみをあさって名前などを調べていたとみられています。五代儀容疑者はその後、約20年間にわたって家ののぞきや無言電話を繰り返していたとみられ、「彼女を見ることで安心できた」と容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000129892.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

虚偽DV訴訟、親権のための法的テクニック 社会問題化「制度見直すべきだ」(9日)産経

「より良い制度に向けた検討が期待される」。今回の判決で、福田千恵子裁判長はそう踏み込んだ。この提言は(1)DV(家庭内暴力)被害者の支援制度が、子供と相手親を引き離す手段として悪用されている(2)加害者とされる側の権利を守る手続きがなく、虚偽DVの温床となっている-などの問題意識を反映したものだ。この判決は今後、制度の在り方をめぐる議論につながる可能性もある。
 子供をめぐる夫婦間トラブルで多い類型は、一方の親が相手親に無断で子供を連れ去り、その理由として「DVを受けていた」と主張する-というものだ。
 従来は、たとえ連れ去りの結果であっても、現在の子供の成育環境の維持を考慮する考え方(継続性の原則)などが重視され、連れ去られた側が不利となる事例が多かった。さらに相手からDVを主張された場合、子供との交流の頻度や方法を決める際にも不利に扱われやすいとされる。
 DV主張は覆すのが困難で、実務上、証拠が乏しくてもDVが認定されることが多い。実際、裁判記録などによると、DV認定を抗議した夫に警察官は「女性がDVを訴えたら認定する」と発言。法廷でも「支援申請を却下したことは一度もない」と証言した。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯