ストーカー事件・DV

2018年2月 7日 (水)

刃物で一家襲い放火か、長野 比国籍ストーカー男(7日)西日本

長野市風間の自営業北村昇一さん(57)方が全焼し、北村さんと妻でフィリピン国籍のフローラ・カボルナイさん(41)が死亡した事件で、フローラさんへのストーカー行為で警告を受けていた山梨県北杜市のフィリピン国籍の男(40)が、刃物で北村さん一家を襲い放火した疑いがあることが7日、捜査関係者への取材で分かった。
 長野県警は殺人と現住建造物等放火の疑いで捜査しており、現場で焼死した男を容疑者死亡のまま書類送検する方針。男が火災前、刃物を持って北村さん方に押し入ったとの話があり、焼け跡からは油を入れる携行缶のほか、包丁など複数の刃物が見つかった。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/392312

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野市の住宅火災、遺体の1人はストーカー男(7日)TBS

遺体の1人は、ストーカー行為をしていたフィリピン人の男とわかりました。
 長野市で4日、北村昇一さん(57)の住宅が全焼し、妻のフローラさん(41)が死亡した火事。警察のその後の調べで、焼け跡から見つかった2人の遺体は、1人は北村さん本人。もう1人はフローラさんにストーカー行為をしていた、山梨県北杜市のパスクア・ジュリアス・アンジェロ・ゴメスさん(40)とわかりました。北村さんは、包丁のようなもので刺された傷がありました。
 火事は、男が住宅に押し入った直後におきていますが、警察は、この男がゴメスさんだったとみて、殺人と放火などの疑いで調べを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3285506.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻へのDVで逮捕の経済評論家の男性 不起訴処分に(7日)テレビ朝日

妻の顔を殴るなどしてけがをさせた疑いで逮捕された経済評論家の男性について、東京地検は不起訴処分としました。
 経済評論家の三橋貴明こと中村貴司さん(48)は先月5日、自宅で10代の妻の顔を平手で殴ったり両腕にかみ付くなどして、全治1週間のけがをさせたとして逮捕されました。東京地検は6日、三橋さんについて不起訴処分としました。理由については明らかにしていません。三橋さんは、警視庁の取り調べに「何もやっていない」と容疑を否認していました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120404.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

ストーカーは比国籍の男 山梨在住、2人死亡火災(6日)日経

長野市風間の自営業、北村昇一さん(57)方が4日に全焼して2人が死亡し、北村さんのフィリピン国籍の妻(41)が重体となった火災で、北村さんの家族がストーカー被害を訴えていたのは山梨県に住む同国籍の男だったことが5日、捜査関係者への取材で分かった。
 現場付近で山梨ナンバーの車が目撃されていたことも付近住民への取材で判明。北村さん方からは火災直前「トラブルに巻き込まれた」と110番があり、長野県警はトラブル相手がこの男の可能性があるとみている。5日、遺体は北村さんとトラブル相手とみて身元確認を進め、現場を詳しく調べた。
 捜査関係者によると、妻の無職フローラ・カボルナイさんが男からのストーカー被害に遭っていると昨年12月、相談があった。県警は男に口頭で注意したほか、北村さん方にも緊急時の対応を指導していた。
 一方、現場付近に住む親戚らによると、北村さん方では火災発生前、何者かがインターホンを鳴らし、押し入って暴れる騒ぎがあり、気付いて駆け付けた近所の人が付近に山梨ナンバーの車が停止しているのを目撃したという。
 一連の騒ぎや火災の過程で、北村さんの母(85)も軽いけがをした。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26550320V00C18A2CN8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

長野2人死亡火災、男が家に入ったあとに出火(5日)TBS

長野市で4日、住宅が全焼し2人の遺体が見つかった火事で、この家の妻にストーカーをしていたとみられる男が家の中に入った後、火が出ていたことがわかりました。
 4日午前10時すぎ、長野市で北村昇一さん(57)の住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。
 北村さんはフィリピン国籍の妻(41)と母親(85)の3人で暮らしていましたが、この火事で妻が重体となり、母親も軽いけがをしました。遺体について警察では、1人は連絡が取れない北村さん、残る1人は家族以外とみています。
 一方、去年12月、妻は男からのストーカー被害を警察に相談していて、4日はこの男とみられる人物が家の中に入った後、火事が起きていたことがわかりました。
 火事の前には北村さんの家族からも「トラブルがあった」と通報があり、警察が遺体の身元や当時の状況を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3284104.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

交際迫りLINE300回 ストーカー容疑で男逮捕(4日)産経

無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使い、知人女性に交際を迫るメッセージを約2週間で計約300回送信したとして、仙台南署は4日、ストーカー規制法違反の疑いで、宮城県東松島市大曲堰の内南、会社員、三浦博之容疑者(38)を逮捕した。
 署によると、昼夜を問わず1日で約150回送信した日もあった。「交際していると思っていたが、否定されたので腹が立ってやった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は昨年12月末~今年1月中旬、仙台市の20代女性に「明日時間つくってもらえますか」「シカトしないでください」などとラインでメッセージを送ったとしている。
 女性から相談を受けた署員が12月下旬、三浦容疑者にやめるよう警告したが、その後も送信が続いたため逮捕した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180204/afr1802040014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅火災で2人の遺体 ストーカートラブルが関連か(4日)テレビ朝日

長野市で住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。さらに、2人が救急搬送されました。このうち、重体の妻はストーカー被害を警察に相談していました。

 (小山浩隆記者報告)
 火事があったのは長野市の北村昇一さん(57)の住宅で、4日午前10時すぎ、この家の住人から通報がありました。警察によりますと、住宅には昇一さんとフィリピン国籍の妻(41)、それから昇一さんの母(85)が3人で暮らしていました。2人はそれぞれ救急搬送されて妻は重体、母は軽傷だということです。これとは別に、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。性別などは分かっていませんが、昇一さんと連絡が取れていないということです。警察や近所の人によりますと、妻はストーカー被害に遭っていることを警察に相談していたということです。
 近所の住民:「母親がピンポンが鳴ったから出ていったら、おばあちゃんがたたかれて中に入っていった。たまに相手が来ていたという話は聞いたことがある」
 警察は、ストーカーのトラブルがこの火事と関連している可能性もあるとみて捜査しています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120203.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

DV事案で大阪府警、被害者の避難先情報伝える(31日)TBS

大阪府警の男性巡査長が、DV(ドメスティックバイオレンス)被害を受けた女性の避難先に関する情報を、誤って加害者の元夫に伝えたとして女性に謝罪し、転居費用などを支払いました。
 情報を漏らしたのは、DV被害に遭った女性の避難先を管轄する警察署に勤務していた20代の男性巡査長です。大阪府警によりますと、男性巡査長は去年、裁判所が女性の元夫に接近を禁じる保護命令を出したことを、女性だけでなく、誤って元夫にも警察署名を名乗って電話で伝えたということです。これにより、警察署名から女性の避難先の自治体が元夫に伝わりましたが、女性に被害はなかったということです。
 警察の内規では、DVの保護命令に関する連絡は、加害者と被害者にそれぞれ、管轄する警察署が行うことになっています。
 警察は女性に謝罪し、転居費用などおよそ120万円を支払ったということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3278087.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

ストーカー加害者に治療促すも…受診2割どまり(26日)日経

ストーカー事案の加害者に警察が精神科医による治療などを勧めた結果、受診したケースは2017年4~12月に2割強にとどまったことが25日、警察庁のまとめで分かった。取り組みを始めた16年の同期間の約25%を下回った。初めて行った追跡調査では治療を終えた加害者のつきまとい行為の再発はなく、同庁は医療関係者と連携して受診率向上を目指す。
 警察庁は25日、被害の再発防止に向け、各都道府県警の担当者や医療関係者を交えた会議を東京都内で開いた。受診率の向上へ加害者に効果的なアプローチを進めるため出席した医師、臨床心理士らに協力を呼び掛けた。
 治療やカウンセリングの対象はストーカー規制法に基づく禁止命令を受けたり、摘発されたりした加害者。全国の警察は16年度から地域の精神科医らに相談しながら、加害者に任意の自己負担による受診を働きかけている。
 17年4~12月は522人に受診を勧めたが、7割が拒否。同意した162人のうち受診に至ったのは108人で、全体の20.7%だった。同意後に拒否に転じたケースもあり、24.9%だった前年同期を下回った。
 16年度に受診を働きかけた405人を対象とした初の追跡調査では、治療を受けた93人のうち完了した33人は、つきまといなどの再発が17年9月までに確認されなかった。ただ治療中と治療が中断している間に計7人で再発があり、受診者の再発率は7.5%と未受診者の2.6%(312人中8人)を上回った。
 この点について、警察庁の担当者は「(追跡調査は)母数が少なく、結果の評価は難しい」とする。その上で「加害当時は通常の精神状態ではないことが多く、根本的な心理に目を向けることが対策として必要。どのような人に働きかけるべきなのかなど、より効果的な方法を探りたい」と話している。

「加害者の自覚なし」4人に1人

 つきまといをしていた当時は4人に1人が「ストーカー行為をしていると思っていない」――。静岡県警が16年6月~17年5月、加害者に被害者への気持ちを尋ねるアンケート調査(複数回答)をしたところ、加害者側には自覚のない状況が浮き彫りになった。
 回答で最も多かったのは「元の関係に戻りたい」で41.3%。「自分を理解してほしい」(30.8%)、「憎しみや怒りがある」(26.9%)が続いた。
 当時の自身の状況に関しては3人に1人が「寝付けない」「仕事(学業)に集中できない」「人間不信になった」などと回答。「自殺(自傷)を考えた」も2割いた。
 調査は無記名で行い、県警がストーカー規制法に基づく警告などを行った117人のうち、104人が回答。男性が9割、女性が1割で、年代別では40代と20代がそれぞれ4分の1前後と多かった。被害者との関係は「交際相手(元交際相手を含む)」が半数近くを占め、「近隣・面識なし」も2割近くあった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26146120V20C18A1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

ストーカー加害者、治療働きかけに8割近くが拒否(25日)TBS

昨年度、全国の警察が医療機関での治療を働きかけたストーカー加害者は405人にのぼり、このうち8割近くが受診を拒否していたことがわかりました。
 全国の警察では、ストーカー規制法に基づく警告などを行った加害者に対して、専門家の意見を踏まえ、必要に応じて医療機関での治療を働きかける取り組みを、昨年度から開始しています。
 しかし、警察庁によりますと、昨年度1年間で治療を働きかけたストーカー加害者は405人にのぼりましたが、実際に受診をしたのは93人にとどまり、8割近くが受診を拒否していたということです。
 一方、治療を完了した加害者の中で、つきまといなどが再発した人はおらず、治療を中断した人などで再発した人は7人いたということで、警察庁の担当者は「加害者への精神医学的アプローチなどが再発防止に一定の効果があるとみられ、取り組みを促進したい」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3273549.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯