贈収賄事件・横領等知能犯

2019年9月10日 (火)

収賄容疑で海上自衛官逮捕 食料納入巡り、便宜か(10日)共同

 海上自衛隊への食品納入を巡り、便宜を図った見返りに接待を受けたとして、神奈川県警は9日、収賄の疑いで海上自衛隊横須賀造修補給所の2等海曹今井伸幸容疑者(47)=神奈川県横須賀市汐入町=を、贈賄の疑いで食品製造会社「明食」の社長吉田公一容疑者(52)=横浜市神奈川区白幡東町=を逮捕した。
 今井容疑者の逮捕容疑は2016年12月ごろから18年5月ごろの間、契約と異なる食品の受け入れを黙認するなどの便宜を図った見返りに、吉田容疑者から横浜市の高級クラブで20回以上にわたり計約110万円相当の接待を受けた疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。
https://this.kiji.is/543736083474711649?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年8月30日 (金)

»東武鉄道子会社の元経理部長 逮捕、8年で6000万円着服か(30日)TBS

 東武鉄道子会社の元経理部長の男が2年間にわたっておよそ1200万円を着服したとして、警視庁に逮捕されました。
 業務上横領の疑いで逮捕されたのは、東武鉄道の子会社「東武ホテルマネジメント」の元取締役経理部長・杵渕勇容疑者(61)です。杵渕容疑者は2013年から翌年にかけ、24回にわたって経理を担当していたグループ会社の口座から自分の口座に送金し、あわせておよそ1200万円を着服した疑いがもたれています。警視庁によりますと、杵渕容疑者は2009年からの8年間で、同じ手口で6000万円あまりを着服したとみられています。
 取り調べに対し、容疑を認め、「給料だけでは遊ぶ金が足りなかった」と供述しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3764398.html

| コメント (0)

2019年8月17日 (土)

大阪観光大の法人が被害届を検討 21億円の所在不明で(17日)共同

大阪観光大(大阪府熊取町)などを運営する学校法人明浄学院は17日、大阪市で記者会見し、法人が土地売却で得た21億円が所在不明になった問題を巡り、前理事長の女性に背任の疑いがあるとして被害届を捜査機関に出すことを検討していると明らかにした。
 法人によると、法人は明浄学院高(大阪市阿倍野区)の土地の一部を売却し、その資金で老朽化した校舎の建て替えを計画。2017年7月、不動産会社と売却契約を結び、手付金として21億円を受け取った。
 だが前理事長は理事会に諮らず、別の不動産会社(大阪府吹田市)に21億円を預けた。預け金が残っているかどうか確認できていない。
https://this.kiji.is/535423854741128289?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年8月16日 (金)

指定ごみ袋売上1000万着服 山梨・山中湖村職員を免職(16日)産経

 山梨県山中湖村は16日、村指定のごみ袋の売上金を着服していたとして、建設水道課の男性職員(55)を懲戒免職処分にしたと明らかにした。処分は13日付。刑事告訴も検討する。
 村によると、着服は今年6月に発覚。職員は当初、「着服額は200万円以上」と説明していたが、村側の調査で1000万円に上ることが判明し、職員も認めた。
 職員は平成24年4月からコンビニなどの事業者向けにごみ袋を販売する窓口業務を担当。着服した金は生活費などに充てたという。
 村は歴代の上司も処分したほか、村長も減給とする方針。
https://www.sankei.com/affairs/news/190816/afr1908160017-n1.html

| コメント (0)

2019年7月24日 (水)

JA元職員3500万横領 共済無断解約、熊本・天草(24日)産経

JA本渡五和(熊本県天草市)は24日、男性元職員が平成22~28年にかけて顧客の共済を無断で解約するなどし、計3500万円を横領していたと発表した。28年の発覚後、元職員は懲戒免職となった。 JA本渡五和によると、元職員は当時37歳。共済を扱う部署に在籍していた際、端末を不正に操作し、親族や友人の契約を解約したり減額したりしていた。借金返済や遊興費に充てた。被害者の意向もあり刑事告発はせず、これまで公表もしていなかった。

 JA本渡五和は「組合員や契約者におわびする。再発防止策に取り組んでいる」とコメントした。
https://www.sankei.com/affairs/news/190724/afr1907240011-n1.html

| コメント (0)

2019年6月29日 (土)

山形市職員らを贈収賄で逮捕 スキー大会開催委託業務めぐり(29日)産経

山形県警捜査2課と山形署は28日、平成30年1月に山形市で開かれた「FISスキージャンプワールドカップレディース2018蔵王大会」の協賛金とりまとめ業務を受注できるよう便宜を図った見返りに接待を受けたとして、収賄の疑いで、山形市馬見ケ崎の同市職員、二瓶裕治容疑者(39)を、贈賄の疑いで神奈川県鎌倉市梶原、会社役員、伊藤康晴容疑者(41)をそれぞれ逮捕した。
 同課は2人の認否を明らかにしていない。
 二瓶容疑者の逮捕容疑は、平成30年1月に山形市蔵王温泉で開催された「FISスキージャンプワールドカップレディース2018蔵王大会」の開催前後の29年7月ごろから30年2月ごろにかけ、同大会でスポンサーの協賛金とりまとめ受注業務で便宜を図った見返りに、伊藤容疑者から数回にわたり計20数万円相当の飲食の接待を受けたとしている。県警は、ほかに余罪があるとみて全容解明を急いでいる。
 県警によると、二瓶容疑者は24年度から山形市教育委員会スポーツ保健課に所属、スポーツ施設係主査として、同大会実行委員会事務局事務を担当。ジャンプ競技選手であり蔵王大会の運営業務に精通し、スポンサー協賛金のとりまとめ業務を実質的に取り仕切っていた。二瓶容疑者は県スキー連盟ジャンプ・コンバインド部の預金口座から現金を引き出し着服していたとして逮捕され、28日に業務上横領の罪で起訴されている。
 一方、伊藤容疑者は、大手広告代理店でスポーツ関連事業に携わり、29年4月からスキー板の販売を主業務とするスラットナー社に入社、30年10月からは社長を務めていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/190629/afr1906290002-n1.html

| コメント (0)

2019年6月27日 (木)

「三浦マラソン」元事務局長逮捕(27日)NHK

三浦市で開かれるマラソン大会の実行委員会の事務局長だった54歳の男が、業者に支払う予定の現金70万円以上を着服したとして、業務上横領の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは「三浦国際市民マラソン企画実行委員会」の元事務局長で、市の課長も兼務していた大澤克也容疑者(54)です。
警察によりますと、大澤容疑者は3年前、2回にわたって実行委員会から業者に支払う代金、あわせておよそ78万円を着服したとして業務上横領の疑いが持たれています。
平成21年から実行委員会の事務局長を務め、金銭を管理する立場にあったということで、着服した金は大会パンフレットの制作費などだったということです。
三浦市は去年7月に警察に告発したうえで、実行委員会のおよそ2900万円に上る使途不明金のうちの一部を大澤容疑者が使い込んでいたとして、懲戒免職にしました。
警察は認否を明らかにしていませんが、着服した金は遊興費や借金の返済などにあてていたとみられ、警察が詳しいいきさつを調べています。
三浦市の吉田英男市長は、「多大なご迷惑とご心配をおかけしたことについて改めて深くお詫び申し上げます。再発防止や信頼回復に向けて全力で取り組みます」というコメントを出しました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20190626/1050006669.html

| コメント (0)

2019年6月25日 (火)

»マンションの組合費2000万円着服か、経理担当理事76歳の女逮捕(25日)TBS

東京・江東区のマンション管理組合の経理担当理事だった76歳の女が、組合費およそ2000万円を着服したとして警視庁に逮捕されました。 業務上横領の疑いで逮捕されたのは、静岡県沼津市の無職・斎藤友子容疑者(76)です。斎藤容疑者は、経営する会社の事務所があった東京・江東区のマンション管理組合の経理担当理事でしたが、2013年から14年にかけて組合の口座から52回にわたって現金を引き出し、およそ2000万円を着服した疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、マンションの管理会社が修繕費を確認した際に発覚し、取り調べに対し、斎藤容疑者は容疑を認め、「会社の資金繰りが悪くなり運転資金にあてるためにやってしまった」と供述しているということです。警視庁は、斎藤容疑者があわせておよそ3600万円を着服したとみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3708987.html

| コメント (0)

2019年6月13日 (木)

電気工事会社の男、贈賄認める=大阪市官製談合事件-地裁(13日)時事

大阪市発注の電気工事をめぐる官製談合事件で、市職員から入札情報を得る見返りに賄賂を渡したとして贈賄などの罪に問われた電気工事会社「アエルテクノス」(同市)社員白木京介被告(48)の初公判が13日、大阪地裁(大寄淳裁判長)で開かれ、同被告は起訴内容を認めた。
 検察側は冒頭陳述で、白木被告が遅くとも2012年末ごろ以降、市職員から非公開の入札情報の提供を受け、自社で落札するほか、他の業者に落札させ下請けに入っていたと指摘した。
 起訴状によると、白木被告は14~18年に開札された電気工事計29件について、市建設局職員だった青木伸一被告(45)=懲戒免職、加重収賄罪などで起訴=から工事費などの情報を受け、謝礼として現金370万円のほか、自動車1台と旅行代金の計約460万円相当の賄賂を渡したとされる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061300220&g=soc

| コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

元墨田区議、書類送検 政務活動費横領疑い 警視庁(8日)産経

所属会派の政務活動費を着服したとして、警視庁が業務上横領容疑で、東京都の墨田区議会で自民党会派に所属していた松本久元区議(57)を書類送検したことが7日、捜査関係者への取材で分かった。同会派が平成29年、本所署に刑事告発。松本元区議は区議会の調査特別委員会に対し着服を認めていた。
 捜査関係者によると、松本元区議は28年5月から29年5月にかけて、同区議会自民党会派の政務活動費から1万~250万円ずつ37回にわたって計1840万円を引き出したとして刑事告発された。松本元区議は約400万円を埋め合わせており、警視庁は実質的な被害額約1400万円を送検容疑に認定したとみられる。
 告発状によると、松本元区議は着服した政務活動費を、父親が経営し、自身も取締役を務めていた会社の借金返済や遊興費に充てていたという。区議会の調査特別委員会に対し、「軽い気持ちで手を付け始めた」「正常な精神状態ではなかった」などと説明、29年7月に区議を辞職した。
 自民党会派などによると、松本元区議は28年度、区議会自民党会派で経理の責任者を1人で担当。会派に支出される政務活動費を管理するようになり、約2週間後から、同会派名義の口座から正当な支出に紛れ込ませる形で現金を引き出していたという。
 松本元区議は、通帳のコピーから数字を切り取って貼り合わせ、約1430万円の残高があるように装った会計資料を作成するなどの偽装工作をしていたが、後任の区議が残高を照会して発覚した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190608/afr1906080001-n1.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯