贈収賄事件・横領等知能犯

2019年6月29日 (土)

山形市職員らを贈収賄で逮捕 スキー大会開催委託業務めぐり(29日)産経

山形県警捜査2課と山形署は28日、平成30年1月に山形市で開かれた「FISスキージャンプワールドカップレディース2018蔵王大会」の協賛金とりまとめ業務を受注できるよう便宜を図った見返りに接待を受けたとして、収賄の疑いで、山形市馬見ケ崎の同市職員、二瓶裕治容疑者(39)を、贈賄の疑いで神奈川県鎌倉市梶原、会社役員、伊藤康晴容疑者(41)をそれぞれ逮捕した。
 同課は2人の認否を明らかにしていない。
 二瓶容疑者の逮捕容疑は、平成30年1月に山形市蔵王温泉で開催された「FISスキージャンプワールドカップレディース2018蔵王大会」の開催前後の29年7月ごろから30年2月ごろにかけ、同大会でスポンサーの協賛金とりまとめ受注業務で便宜を図った見返りに、伊藤容疑者から数回にわたり計20数万円相当の飲食の接待を受けたとしている。県警は、ほかに余罪があるとみて全容解明を急いでいる。
 県警によると、二瓶容疑者は24年度から山形市教育委員会スポーツ保健課に所属、スポーツ施設係主査として、同大会実行委員会事務局事務を担当。ジャンプ競技選手であり蔵王大会の運営業務に精通し、スポンサー協賛金のとりまとめ業務を実質的に取り仕切っていた。二瓶容疑者は県スキー連盟ジャンプ・コンバインド部の預金口座から現金を引き出し着服していたとして逮捕され、28日に業務上横領の罪で起訴されている。
 一方、伊藤容疑者は、大手広告代理店でスポーツ関連事業に携わり、29年4月からスキー板の販売を主業務とするスラットナー社に入社、30年10月からは社長を務めていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/190629/afr1906290002-n1.html

| コメント (0)

2019年6月27日 (木)

「三浦マラソン」元事務局長逮捕(27日)NHK

三浦市で開かれるマラソン大会の実行委員会の事務局長だった54歳の男が、業者に支払う予定の現金70万円以上を着服したとして、業務上横領の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは「三浦国際市民マラソン企画実行委員会」の元事務局長で、市の課長も兼務していた大澤克也容疑者(54)です。
警察によりますと、大澤容疑者は3年前、2回にわたって実行委員会から業者に支払う代金、あわせておよそ78万円を着服したとして業務上横領の疑いが持たれています。
平成21年から実行委員会の事務局長を務め、金銭を管理する立場にあったということで、着服した金は大会パンフレットの制作費などだったということです。
三浦市は去年7月に警察に告発したうえで、実行委員会のおよそ2900万円に上る使途不明金のうちの一部を大澤容疑者が使い込んでいたとして、懲戒免職にしました。
警察は認否を明らかにしていませんが、着服した金は遊興費や借金の返済などにあてていたとみられ、警察が詳しいいきさつを調べています。
三浦市の吉田英男市長は、「多大なご迷惑とご心配をおかけしたことについて改めて深くお詫び申し上げます。再発防止や信頼回復に向けて全力で取り組みます」というコメントを出しました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20190626/1050006669.html

| コメント (0)

2019年6月25日 (火)

»マンションの組合費2000万円着服か、経理担当理事76歳の女逮捕(25日)TBS

東京・江東区のマンション管理組合の経理担当理事だった76歳の女が、組合費およそ2000万円を着服したとして警視庁に逮捕されました。 業務上横領の疑いで逮捕されたのは、静岡県沼津市の無職・斎藤友子容疑者(76)です。斎藤容疑者は、経営する会社の事務所があった東京・江東区のマンション管理組合の経理担当理事でしたが、2013年から14年にかけて組合の口座から52回にわたって現金を引き出し、およそ2000万円を着服した疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、マンションの管理会社が修繕費を確認した際に発覚し、取り調べに対し、斎藤容疑者は容疑を認め、「会社の資金繰りが悪くなり運転資金にあてるためにやってしまった」と供述しているということです。警視庁は、斎藤容疑者があわせておよそ3600万円を着服したとみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3708987.html

| コメント (0)

2019年6月13日 (木)

電気工事会社の男、贈賄認める=大阪市官製談合事件-地裁(13日)時事

大阪市発注の電気工事をめぐる官製談合事件で、市職員から入札情報を得る見返りに賄賂を渡したとして贈賄などの罪に問われた電気工事会社「アエルテクノス」(同市)社員白木京介被告(48)の初公判が13日、大阪地裁(大寄淳裁判長)で開かれ、同被告は起訴内容を認めた。
 検察側は冒頭陳述で、白木被告が遅くとも2012年末ごろ以降、市職員から非公開の入札情報の提供を受け、自社で落札するほか、他の業者に落札させ下請けに入っていたと指摘した。
 起訴状によると、白木被告は14~18年に開札された電気工事計29件について、市建設局職員だった青木伸一被告(45)=懲戒免職、加重収賄罪などで起訴=から工事費などの情報を受け、謝礼として現金370万円のほか、自動車1台と旅行代金の計約460万円相当の賄賂を渡したとされる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061300220&g=soc

| コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

元墨田区議、書類送検 政務活動費横領疑い 警視庁(8日)産経

所属会派の政務活動費を着服したとして、警視庁が業務上横領容疑で、東京都の墨田区議会で自民党会派に所属していた松本久元区議(57)を書類送検したことが7日、捜査関係者への取材で分かった。同会派が平成29年、本所署に刑事告発。松本元区議は区議会の調査特別委員会に対し着服を認めていた。
 捜査関係者によると、松本元区議は28年5月から29年5月にかけて、同区議会自民党会派の政務活動費から1万~250万円ずつ37回にわたって計1840万円を引き出したとして刑事告発された。松本元区議は約400万円を埋め合わせており、警視庁は実質的な被害額約1400万円を送検容疑に認定したとみられる。
 告発状によると、松本元区議は着服した政務活動費を、父親が経営し、自身も取締役を務めていた会社の借金返済や遊興費に充てていたという。区議会の調査特別委員会に対し、「軽い気持ちで手を付け始めた」「正常な精神状態ではなかった」などと説明、29年7月に区議を辞職した。
 自民党会派などによると、松本元区議は28年度、区議会自民党会派で経理の責任者を1人で担当。会派に支出される政務活動費を管理するようになり、約2週間後から、同会派名義の口座から正当な支出に紛れ込ませる形で現金を引き出していたという。
 松本元区議は、通帳のコピーから数字を切り取って貼り合わせ、約1430万円の残高があるように装った会計資料を作成するなどの偽装工作をしていたが、後任の区議が残高を照会して発覚した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190608/afr1906080001-n1.html

| コメント (0)

2019年5月27日 (月)

京都の行方不明の郵便配達員を業務上横領の疑いで再逮捕(27日)NHK

今月配送物を載せたまま車ごと行方不明になり、その後見つかって車を横領したとして逮捕された京都市の郵便局の配達員について、警察は釣り銭として預かっていた現金5万円を着服したとして再逮捕しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190526/k10011930271000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

京都市の左京郵便局の配達員庄野一輝容疑者(27)は、今月9日、宅配便の「ゆうパック」を載せた車ごと行方が分からなくなり…

| コメント (0)

2019年5月15日 (水)

»加重収賄で登米市職員の男逮捕(15日)TBS

 宮城県登米市の児童館の建設を巡り、入札情報を教える見返りに現金50万円を受け取ったとして、市の職員の男が逮捕されました。
 加重収賄などの疑いで逮捕されたのは、宮城県登米市・石越総合支所、市民課長の小野寺友生容疑者(56)です。また、贈賄などの疑いで登米市の建築会社社長・鈴木久也容疑者(63)と仙台市の建築会社の法人営業部長・樋口一春容疑者(51)も逮捕されました。
 警察によりますと、小野寺容疑者は去年2月、市内の児童館の新築工事の入札を巡って鈴木容疑者に入札情報を漏らし、見返りとして現金50万円を受け取った疑いがもたれています。鈴木容疑者から入札情報を得た樋口容疑者の勤務する建築会社が最低制限価格と同じ、およそ2億7400万円で工事を落札しました。工事には鈴木容疑者の会社も関わっていて、警察が事件の詳しい経緯を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3673732.html

| コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

逮捕の町議、取材に現金授受を否定「後で分かることだ」(2日)朝日

4月の青森県議選をめぐり、候補者の陣営関係者から現金を受け取ったとして、同県三戸町議会議員3人が県警に公職選挙法違反(被買収)容疑で2日に逮捕された。関係者によると、候補者は三戸郡区で初当選した沢田恵(さとし)氏(61)。事件の背景には、地盤が地元町村で分かれがちな郡部の選挙に対する陣営の危機感がありそうだ。

 この日午前7時ごろ、逮捕された町議の1人の自宅には捜査員が出入りしていた。八戸署には青森ナンバーの捜査車両が集まっており、任意同行を求められた町議らの聴取が行われたとみられる。

 県警の発表によると、逮捕された町議は、中村喜正(67)、北向敦(61)、和田忠(63)の3容疑者。3人は2月ごろ、いずれも県議選候補者の陣営関係者で三戸町の無職小舘敏夫(69)、農業越後一雄(74)の両容疑者=同法違反(買収、事前運動)容疑で同日逮捕=から選挙運動の報酬として現金数万円を受け取った疑いがある。

 三戸郡区は、三戸、五戸、田子、南部、階上の5町と新郷村からなる。今回の県議選では定数3に対し地盤が三戸町の沢田氏、南部町の現職夏堀浩一氏(65)と新顔夏堀嘉一郎氏(44)、五戸町の新顔和田寛司氏(56)の計4人が立候補した。

 4人の地元3町の有権者数を比較すると、五戸が約1万5100人、南部が約1万5900人なのに対し、三戸は約8800人。有権者数が少ない三戸町出身の沢田氏が当選するためには、「最低限、三戸の票は固める必要があった」とある三戸町議は言う。
 沢田氏は07年と11年の県議選三戸郡区に現三戸町長の松尾和彦氏(55)とともに立候補したが、いずれも3位で当選した松尾氏に及ばず落選した。別の三戸町議は「今回の選挙、陣営には厳しい空気があった」と明かす。
 県議には県と地元とのパイプ役が期待されているが、松尾氏が任期途中の2016年に県議から町長に転身。そのため三戸町は約2年半にわたって「県議不在」の状態が続いており、沢田氏の当選は陣営側の悲願だった。
 結果として沢田氏はトップ当選の夏堀浩一氏に次ぐ7186票を獲得したが、落選した夏堀嘉一郎氏と約370票差の接戦だった。
 事件を受け、沢田氏は2日夕、取材に対して「(陣営側は)労務費として現金を支払ったと聞いている。選挙管理委員会にも確認し、問題ないと思っている。なぜ警察が逮捕したのか分からない」と話した。(板倉大地、仲川明里、横山蔵利)
 北向敦、和田忠の両容疑者は逮捕前、朝日新聞の取材に対し、いずれも現金の授受を否定していた。主な一問一答は次の通り。
――(沢田恵氏の陣営が)金銭を渡しに来たことはないか
 北向容疑者 うん。分か…
残り:210文字/全文:1308文字
https://www.asahi.com/articles/ASM523J6FM52UBNB001.html

| コメント (0)

2019年4月22日 (月)

イベントの事業費430万円横領、我孫子市職員免職(22日)産経

千葉県我孫子市教育委員会は22日、イベントの事業費430万円余りを横領したとして、生涯学習部付の田中喜之主査長(46)を懲戒免職とした。既に全額を返済。市の調査に「生活費や遊興費に使った。市民や職場に迷惑を掛け申し訳ない」と話したという。 市教委によると、文化・スポーツ課で市民文化祭の事務を担当していた平成22~29年、実行委員会から預かった銀行の通帳と印鑑を使い、事業費約434万8千円を引き出して着服。30年には約52万4千円を紛失した。
 穴埋めのため、事業の請負業者に嘘の請求書を作らせ、市に不要な支出をさせるなどして隠そうとした。今年2月、他の職員が伝票に不自然な点があることに気付いた。https://www.sankei.com/affairs/news/190422/afr1904220035-n1.html

| コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

官製談合事件 業者脱税疑い告発(8日)NHK

大阪市の職員と癒着した官製談合で公共工事を受注していた業者が1億2000万円余りの所得を隠し、脱税した疑いがあるとして大阪国税局から告発されました。

告発されたのは大阪・中央区の電気工事会社「アエルテクノス」です。
この会社は先月、大阪市建設局の職員に賄賂を渡すなどして公共工事を不正に受注していたとして実質的な経営者が逮捕・起訴されています。
関係者によりますと、この官製談合事件は大阪国税局の査察で市の職員との癒着を示す証拠が見つかったことがきっかけでしたが、国税局は脱税の疑いについて調査を進めていました。
その結果、架空の外注費などを計上する方法で、おととし7月までの3年間に1億2000万円余りの所得を隠し、法人税など5400万円余りを免れていたとして、会社と渡辺照治元社長(52)を法人税法違反などの疑いで検察庁に告発しました。
脱税で得た資金について渡辺元社長は「会社の交際費や個人の飲食に使っていた」と説明しているということです。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190408/0014319.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯