海外ニュース(事件、政治、経済等)

2019年8月19日 (月)

日本からの象牙、中国で押収増 国際郵便など利用(19日)日経

【ジュネーブ=共同】ワシントン条約で国際取引が禁止されている象牙が日本から違法に輸出され、中国で押収されたケースが今年1~6月に少なくとも23件あったことが米国の環境団体「環境調査エージェンシー(EIA)」のまとめで18日、分かった。既に昨年1年間の4件を上回ったとしている。
EIAは、日本では象牙や加工品が大量に流通するが規制が弱く、国内象牙市場が閉鎖された中国で新たな供給源となっている可能性があると指摘。「違法取引を撲滅する国際的な努力を妨げている」と批判した。
ジュネーブで開催中のワシントン条約締約国会議では、日本を念頭に全ての国に国内象牙市場の閉鎖を求める決議案が出されており、議論に影響を与えそうだ。
EIAによると、今年1月に中国・広州で日本の郵便小包13個から計18キロの象牙製品が見つかるなど、国際郵便を利用した手口が目立つ。5月には空港で日本から戻った中国人による象牙製品80個の持ち込みが発覚した。販売目的とみられる。
象牙の国内市場を巡っては前回2016年の締約国会議で、密猟や象牙の違法取引に関与している場合、各国政府が閉鎖すべきだとの決議を採択した。だが日本は国内取引は厳格な管理下にあるとして、国内売買の容認を継続。中国のほか米国やフランス、シンガポールは閉鎖にかじを切っている。
一方、開幕まで1年を切った東京五輪・パラリンピックで来日した観光客や選手らが、国外に違法に持ち出す恐れが指摘されている。EIAが18年日本で実施した覆面調査では、象牙の印鑑などを扱う約300店のうち半数以上が海外に持ち出す意図を知りながら販売に応じる意思を示した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48701590Z10C19A8CR0000/

| コメント (0)

2019年8月16日 (金)

ワシントンの日本大使館前で慰安婦像公開 韓国系団体(16日)産経

【ワシントン=住井亨介】米首都近郊に慰安婦像を設置しようとしている韓国系住民の団体が15日、ワシントンの日本大使館前などで像を公開し、抗議行動を行った。団体によると、大使館前での像公開は初めてという。団体は今年中にワシントン近郊で設置場所を見つけたいとしているが、主張の政治性から選定が難航している。 「ワシントンDC・希望の蝶」(旧「ワシントン平和の像建立委員会」)と「ワシントン慰安婦問題連合」の2団体が、日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」に合わせて実施し、ソウルにある日本大使館前にあるものの複製像を、トラックの荷台に載せてワシントンの大使館前まで運んだ。
 参加者は約20人で、韓国国旗やプラカードなどを掲示。「慰安婦に正義を」などとシュプレヒコールを約1時間繰り返し、「日本が戦争犯罪を認めない限り解放は実現しない。日本は公式に慰安婦に謝罪し、被害者に償うべきだ」などとする声明を読み上げた。
 連合のジュンシル・リー代表は「日本は自らの犯罪や過ちについてどう対応するのか国際社会に示すべきだ」と述べ、日本政府に謝罪を求めた。当初はワシントン市内で設置場所を探していたが困難なため、近郊の私有地に設置することを模索しているという。
https://www.sankei.com/world/news/190816/wor1908160008-n1.html

| コメント (0)

2019年8月14日 (水)

»ロシア軍事施設の爆発事故、通常の16倍の放射線量(14日)TBS

ロシアの軍事施設で8日発生した爆発事故で、事故後、現場では通常時と比べ最大16倍の放射線量が記録されていたことがわかりました。 ロシアの気象当局は事故現場の周辺地域における放射線量の観測結果を公表しました。それによりますと、爆発事故が起きた8日、通常時に比べ最大で16倍相当、1.78マイクロシーベルトの放射線量が一時的に記録されたということです。2時間後には線量は正常値に戻り、ロシアの複数メディアは、専門家の話として「人体に大きな被害を及ぼすことはない」としていますが、治療にあたった医療関係者は被爆検査を受けているとも報じています。
 これまでロシア国防省は「放射性物質など有害物質の放出はなかった」と発表していましたが、これを覆す内容となり原子力関連事故での隠ぺい体質が浮き彫りとなっています。
 事故についてアメリカのトランプ大統領は原子力を推進力とするミサイルの実験失敗だとした一方で、ロシア国営の原子力企業の関係者は、小型原子炉の開発中の事故だったと説明しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3751021.html

| コメント (0)

2019年8月12日 (月)

児童虐待、米国は「介入から予防へ」 家庭訪問で5割減(12日)朝日

子どもの虐待対策を強化するための改正法が6月に成立した。適切な保護などが柱だが、日本より約30年早く虐待防止法ができた米国では、様々な家庭訪問プログラムで虐待を未然に防ぐ取り組みなどにも力を入れている。現場を訪ねた。
 イリノイ州シカゴの公民館。生後17週の次女を抱いたキナ・ブラウンさん(20)に、NPO法人「HFA」の支援員パーシャ・ペイジさん(39)が、液体洗剤とアップルジュースの絵を見せて伝えた。「赤ちゃんは、区別できない。洗剤は、子どもの手の届く場所には置かないでね」
 ブラウンさんは、実家を追い出されて恋人と暮らしていた15歳の時に長女(5)を妊娠。途方に暮れ、未受診のままだった。おなかが目立ち始めた頃、道で声をかけたのがペイジさんだ。
 「大丈夫? 相談できる人いる?」。出産も育児も教わる人はおらず、パートナーも知識不足で頼れない。迷った末、HFAが5歳まで無料で実施している、家庭訪問プログラムの利用を申し込んだ。
 以来、次女の子育てに至るまで、子どもの発達や安全の知識、泣きやまない時の対処法などを、ペイジさんから手取り足取り教わってきた。1時間の家庭訪問を最初は週1回、育児に慣れてきたら月2回。自宅だけではなく、公民館やファストフード店など、気兼ねなく会いやすい場所に来てもらうことも可能だ。
 自身も10代で出産経験があるペイジさんは「『指導』では、心に届かない。母になった我が子に助言するように伝えている」。ブラウンさんは「こういう人間関係がなければ、虐待になるようなこともしていたかもしれない」と話す。
 米国では1974年に、一時保…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。
https://www.asahi.com/articles/ASM593HX0M59UTFL002.html

| コメント (0)

ロシア警察、違法取材と罰金要求 国後島の墓参同行記者に(12日)共同

元島民らによる北方領土の空路墓参で、ロシアの現地警察は11日、国後島での墓参に同行していた共同通信記者やテレビ朝日記者ら3人に対し、違法に取材をしたとして罰金の支払いを求めた。こうした事実はなく、日本外務省が抗議したところ、引き下がった。
 現地警察は11日朝、記者らの宿泊先を訪れた。元島民らが墓参した際の写真を見せながら、「ロシア人に取材したことはロシアの法律に違反する」と告げた上で罰金の支払いを求めた。
 記者らは現地でロシア人に取材しておらず、写真にもその様子を写したものはなかった。日本外務省職員が「受け入れられない」とはねつけると、宿泊先から去った。https://this.kiji.is/533254659469706337?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年8月10日 (土)

銃乱射事件 逮捕の男「メキシコ人ねらった」 米メディア(10日)NHK

アメリカ南部テキサス州で、男が銃を乱射してメキシコ人を含む22人が死亡し、捜査当局が「国内テロ」と位置づけて捜査している事件で、アメリカのメディアは、男が「メキシコ人をねらった」と供述していると伝えました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190810/k10012030781000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

アメリカ南部、テキサス州エルパソの大型小売店で、今月3日に起きた銃の乱射事件では、メキシコ人8人を含む22人が死亡し、警察は、テキサス州東部に住む白人のパトリック・クルシウス容疑者(21)を殺人の疑いで逮捕…

| コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

タイで少女にわいせつ行為の疑い 日本人の男を逮捕(8日)NHK

タイで69歳の日本人の男が10代の少女らにわいせつな行為をした疑いで逮捕され、地元の警察は、少女たちを仲介したタイ人の男らも逮捕して詳しいいきさつについて調べています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190808/k10012028221000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

タイ警察によりますと、6日、逮捕されたのは、パスポート情報から本籍が岩手県の大久保和夫容疑者(69)で、去年からことし5月にかけて、東北部のコンケン県で10代のタイ人の少女2人に複数回にわたってわいせつな行為をした疑いが持たれ…

| コメント (0)

自転車で世界一周挑戦の日本人男性 交通事故で死亡 ペルー(8日)NHK

世界各国の様子を子どもたちに伝えたいと、小学校の教師を辞めて自転車による世界一周旅行に挑戦していた、31歳の日本人の男性が、南米ペルー北部の町でトラックにはねられ死亡しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190808/k10012027141000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

地元の警察などによりますと、死亡したのは佐藤文彦さん(31)です…

| コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

»香港デモ 逮捕者500人以上に(6日)TBS

香港で5日、逃亡犯条例の改正案の抗議デモに参加していた人たちに棒を持った十数人の男が襲いかかり、デモ隊と衝突する事態となりました。 香港では5日、逃亡犯条例の改正案に抗議する集会が7か所で行われ、その後、デモ行進が行われました。
 「通りを行進していたデモ隊が、脇道から出てきた30人くらいの男たちに襲われました。蛍光灯でしょうか、ガラスの破片が残されています」(記者)
 香港島東側の繁華街、ノースポイントで日本時間午後9時ごろ、棒などを持った男ら十数人がデモの参加者に襲いかかり、棒などを投げあう事態となりました。その後も付近の住民とデモ隊がもみ合いになり、緊迫した状況が続きました。
 「お前がやったのなら、仕返ししてやる!」
 6月のデモ開始から5日までに暴動や違法な集会、警察への攻撃を行った疑いなどで500人以上が逮捕されていて、混乱が収束する見通しは立っていません。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3744350.html

| コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

韓国渡航者に注意喚起 外務省、抗議デモ発生で(5日)産経

 外務省は4日、安全保障上の輸出管理で優遇する「ホワイト国」からの韓国除外を閣議決定したことを受け、韓国で大規模な抗議デモが発生しているとして、韓国への邦人旅行者らに安全確保を求める「スポット情報」を出した。

 トラブルに巻き込まれるのを防ぐため、デモなどに近づかないよう促したほか、日本関連施設を訪れる際に周囲の状況に注意を払うよう呼び掛けた。
「韓国へ輸出管理」の記事をもっと読む

https://www.sankei.com/politics/news/190804/plt1908040008-n1.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯