海外ニュース(事件、政治、経済等)

2017年5月22日 (月)

中国で邦人男性6人拘束、スパイ行為を疑われた可能性、3月に山東・海南両省で(22日)産経

【上海=河崎真澄】中国で今年3月、日本人の男性6人が山東省と海南省でそれぞれ3人ずつ、計6人が当局に拘束されていたことが22日、日本政府関係者の話で分かった。
 中国当局から日本側に3月、身柄拘束の通知があったという。
 詳細な容疑などは不明だが、「国家安全危害容疑」が浮上。年齢は20~50代とみられる。青島港のある山東省や南シナ海を管轄する海南省は軍事拠点が多く、スパイ行為を疑われた懸念がある。
 拘束はなお続いており、在青島(山東省)、広州(広東省)の日本総領事館が対応を進めている。続きを読む

| トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

狙撃兵に閉じ込められる=イエメン内戦-帰国の邦人女性看護師語る(15日)時事

「狙撃が怖くて街を出られない」。内戦が続くアラビア半島のイエメンに派遣されていた国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」の看護師、白川優子さん(43)が帰国し「病院に来ることさえできない患者がたくさんいた」と現地の窮状を振り返った。MSF日本事務所(東京都新宿区)で時事通信の取材に語った。
 派遣期間は昨年11月~今年3月。滞在していたのは中部イッブ州。州境を越えた所に中部の要衝タイズがあり、イスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」が包囲していた。フーシ派に対し、サウジアラビア主導の連合軍が空爆を繰り返す。フーシ派のタイズ包囲を支えるのがスナイパー(狙撃兵)だ。出入りする者は民間人でも容赦なく撃っている。
 約束の日になっても来院しない治療中の患者を白川さんたちは何日も待っていた。「ほとんど手遅れ」の状態になってようやくやって来た患者は「タイズから出られなかった」と話した。「助かるはずのけがや病気」で命を失う患者が多い。
 「麻酔から目を覚まして初めて自分にはもう腕や脚がないと知る子供を何人も見てきた」と語る白川さん。意識のない患者に代わって「同意書」に署名してくれる家族や知人を探し「切断だけはしないで」と懇願する父親を説得しなければならない。手術室の外で泣き続ける父親を見守るしかなかった。
 2012年以来、数カ月ずつのイエメン派遣を繰り返してきた白川さんのイエメン入りは今回で4回目。戦乱に伴う市民の食料事情悪化が進み「栄養失調の患者が増えた」と感じた。栄養失調では「手術をしてもなかなか回復が難しい」ため窮状はさらに深まる。貧困が進んでいるのは病院職員や保健省の役人も同じで、昨年から給料の支払いが止まっている。
 イエメンでは病院への攻撃も続いている。MSFの施設も、昨年1月にミサイル攻撃を受けた北部サアダ州のシアラ病院では6人、8月に空爆された北部ハッジャ州のアブス病院では19人が死亡した。「市場や学校が空爆され恐怖の中で暮らしている。せめて医療だけでも安全に受けさせてあげてほしい」と白川さんは訴えた。 
 今回のイエメン行きの直前まで、白川さんはイラク北部モスル近郊で、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討戦から逃れてきた避難民を治療する臨時病院の設営に携わっていた。次の行き先も中東にすると決めている。
 ◇白川優子さん
 白川 優子さん(しらかわ・ゆうこ)06年豪州のオーストラリアン・カソリック大で看護学修士課程修了。10年から「国境なき医師団」に参加。スリランカ、パキスタン、イエメン、シリア、南スーダン、フィリピン、ネパール、パレスチナ自治区ガザ、イラクに派遣されてきた。43歳。

◇イエメン内戦の流れ
1990年 サレハ大統領の下、南北イエメン統合            
2011年 「アラブの春」に伴うデモでサレハ大統領退陣        
  12年 ハディ大統領就任                     
  14年 イスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」、反政府活動活発化
  15年 フーシ派、首都サヌア占拠(1月)             
   同  ハディ大統領の要請を受けサウジアラビアなど軍事介入(3月)
(時事)http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051500152&g=soc

| トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

報道ビザ持たず先住民族撮影…邦人6人国外退去(12日)読売

【ジャカルタ=一言剛之】インドネシアの東部パプア州で報道用のビザを持たずに先住民族の撮影をしたとして、日本人6人が11日に国外退去処分とされたことが分かった。
 パプア州では独立運動が盛んで、インドネシア政府が海外の報道に神経をとがらせている。
 インドネシアの入国管理局などによると、6人は5月上旬から、奥地に住む先住民の暮らしを撮影するため、パプア州に滞在していた。6人は当局の取り調べを受けた後、退去処分となった。全員、日本の制作会社に所属しているという。
 同州では、3月にも取材ビザを持たずに活動したとして、フランス人のジャーナリスト2人が国外退去処分を受けている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170512-OYT1T50112.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

ボートに乗っていた男性2人行方不明 北海道(8日)テレビ朝日

北海道の支笏湖で、ゴムボートに乗っていた男性2人が「強風で岸に戻れない」と通報し、その後、行方が分からなくなっています。
 7日午後1時半前、北海道千歳市の支笏湖で、手漕ぎのゴムボートに乗っていた男性2人から「風が強くて岸に戻れない」と携帯電話で通報がありました。約2時間後、捜索に向かった警察のヘリコプターが無人のゴムボートを発見しました。2人は会社の同僚の藤谷英昭さん(46)と米谷隼人さん(31)で、「釣りをしにいく」と話していたということです。当時、2人はライフジャケットを着用していました。また、北海道小樽市ではアパートの屋根が剥がれるなど強風による被害が相次ぎました。小樽市は6日午後3時ごろ、最大瞬間風速26.6メートルを観測していました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000100206.html

| トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

日本人修道女、子どもへの“性的暴行”手助けか(5日)テレビ朝日

南米アルゼンチンで神父による子どもたちへの性的暴行事件が発覚し、修道女だった日本人の女が逮捕された事件で、女が容疑の一部を否認していることが分かりました。
 アルゼンチン西部の都市メンドーサにある聴覚障害者施設で、神父らによる子どもへの性的暴行事件が発覚し、修道女だった日本人のコサカ・クミコ容疑者が逮捕されました。現地メディアによりますと、コサカ容疑者は4日、首都ブエノスアイレスからメンドーサに移送され、警察などで取り調べを受けました。コサカ容疑者は、暴行を手助けした疑いなど3つの容疑が持たれていますが、容疑の一部を否認しているということです。神父らによる暴行の被害は、4歳から17歳の少年少女、少なくとも27人に上るとみられていて、コサカ容疑者は3つの容疑がすべて有罪となった場合、最高で懲役50年以上の刑に処される可能性があるとされています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000100086.html

| トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

ドイツで邦人2人逮捕、闇サイトでコカインやMDMA密売容疑 邦人女1人の行方追う(30日)産経

ドイツの捜査当局は29日までに、インターネットの闇サイトで230万ユーロ(約2億8千万円)相当の麻薬を密売した容疑で、日本人の男(43)と日本人の女(40)、米国人の男(39)を逮捕した。さらに日本人の女(38)が逃走しており、当局が行方を追っている。ドイツのメディアが伝えた。
 逮捕された男女3人と、逃走中の女の詳しい身元は明らかになっていない。調べでは、4人は闇サイトで約2万回にわたってコカインや合成麻薬MDMAを密売した疑いが持たれている。日本人の男が麻薬を入手して米国人の男が会計を担当、日本人の女2人が包装や発送作業をしていた。
 当局はベルリンで関係先を捜索し、大麻やコカインを押収した。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/170430/wor1704300006-n1.html

| トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

中国ハッカー集団、韓国を攻撃 THAAD関連機関に数週間 米紙報道(22日)産経

【ワシントン=加納宏幸】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は21日、中国政府とつながりのあるとみられる2つのハッカー集団が最近の数週間、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に関係する政府機関や企業へのサイバー攻撃を仕掛けていると報じた。韓国の政府機関と取引のあるサイバーセキュリティー会社の話としている。
 それによると、サイバー攻撃を実施しているのは、中国・瀋陽で活動し、人民解放軍と関係があるとみられる「トント・チーム」、軍や情報機関と関係があるとみられる「APT10」の2つのハッカー集団。韓国の政府機関、防衛産業、大財閥に対し、ウイルスを添付したメールを送りつけるなどの手段がとられているという。
 韓国が昨年、配備受け入れを表明して以降、攻撃が活発化。他にも、系列ゴルフ場をTHAAD配備地に提供した韓国ロッテグループの名前を冠したハッカー集団も存在するという。ロッテが配備先に関して韓国の国防省と契約した2月28日、同社の中国向けホームページがダウン。3月にはロッテ免税店のサイトが一時利用できなくなった。
http://www.sankei.com/world/news/170422/wor1704220044-n1.html

| トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

元台北市議が出頭=日本人技師像の頭部切断-台湾(18日)時事

 【台北時事】台湾南部、台南市の烏山頭ダムで日本人土木技師、八田與一(1886~1942年)の銅像の頭部が切断された事件で、元台北市議会議員の男が17日、警察に出頭した。

日本人技師像の頭部切断=ダム建設、友好の象徴-台湾

 男は自身のフェイスブックに「私がやった」と記し、台北市内の警察署に出向いた。中央通信によると、元市議とは別に女も取り調べを受けており、2人で14日に犯行に及んだとみられる。2人の身柄は台南に移された。
 男は94~98年に台北市議を務めた。中台統一を目指す団体に所属し、過激な行動でこれまでに複数のトラブルを起こしている。昨年7月には台湾独立派団体の建物に放火して逮捕された。
 銅像の頭部切断は、16日朝にダム関係者が発見し、警察に通報した。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041700999&g=soc

| トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

朴槿恵前大統領を収賄で起訴 韓国検察 贈賄側でロッテ会長も在宅起訴 (17日)産経

【ソウル=桜井紀雄】韓国検察は17日、財閥のサムスングループとロッテグループから巨額の賄賂を受け取ったとして、収賄などの罪で、前大統領の朴槿恵(パク・クネ)容疑者(65)を起訴した。昨年10月に発覚し、初の大統領罷免につながった友人の崔順実(チェ・スンシル)被告をめぐる一連の事件は、今回の起訴で大きな節目を迎えた。
 大統領経験者の起訴は、1995年の盧泰愚(ノ・テウ)、全斗煥(チョン・ドゥファン)両氏に次いで3人目。
 検察は、朴被告への贈賄側として、韓国ロッテの重光昭夫(韓国名・辛東彬=シン・ドンビン)会長(62)を在宅起訴。一連の疑惑を黙認したなどとして、大統領府の禹柄宇(ウ・ビョンウ)元民情首席秘書官(50)も職権乱用罪などで在宅起訴した。
 検察は3月31日に朴被告を逮捕し、拘置所内で取り調べを重ねてきたが、18件に上る起訴事実を全面的に否認しているもようだ。続きを読む

| トラックバック (0)

元台北市議の男が出頭 日本人技師像の頭部破壊で(17日)朝日

台湾南部の烏山頭ダムに設置されている、日本統治期の土木技師・八田与一の銅像が壊された事件で、元台北市議会議員の男が犯行を認め、17日に警察当局に出頭した。

 地元メディアによると、男は台湾と中国の統一を目指す政治団体で活動。フェイスブックに17日、「皆が不満に思っていることをやった」と記し、日本統治期に抵抗した義賊に自身をなぞらえていた。
 台湾では最近、戦後の台湾を統治した蔣介石・元総統の銅像の首が切られたり、ペンキで汚されたりする事件が続いている。地元メディアは、そうした動きへの反発として、日本統治期を象徴する銅像が狙われたとの見方を報じている。(台北=西本秀
http://www.asahi.com/articles/ASK4K6GZKK4KUHBI057.html

| トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強姦、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年関連事件(被害も含) | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯