海外ニュース(事件、政治、経済等)

2018年6月18日 (月)

»アメリカの芸術祭会場で銃乱射、容疑者は死亡(18日)TBS

 アメリカ東部・ニュージャージー州の芸術祭の会場で銃の乱射事件があり、これまでに22人が負傷しました。容疑者の男は死亡しています。
 ニュージャージー州の州都・トレントンで夜通し開かれていた芸術祭の会場で、現地17日未明、銃の乱射事件が起きました。
 地元の警察によりますと、これまでに22人が負傷、うち17人は銃弾を受けて病院に運ばれましたが、13歳の少年を含む4人が重体だということです。
 「銃声が10発くらい響いた。パン!パン!って」(目撃者)
 「『あれは銃声か、いや花火じゃないか』なんて話していた。『いや、やっぱり銃声だ』となって、みんな一斉に散り散りに逃げ出したんだ」(目撃者)
 警察は容疑者とみられる33歳の男が現場で死亡し、もう一人の男を拘束したと発表しましたが、当時の詳しい状況はまだ分かっていません。現場では複数の武器が発見されたということです。
 この芸術祭は地元のアーティストの作品などを紹介する催しで、事件当時は数百人が会場にいたとみられています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

【米朝首脳会談】トランプ氏会見での主な発言内容 「金正恩氏と強い絆築いた」(12日)産経

トランプ米大統領の米朝首脳会談後の記者会見での主な発言内容は以下の通り。(シンガポール支局)

 この24時間、素晴らしい時を過ごした。北朝鮮は可能性を秘めた国だ。
 会談実現には、韓国の文在寅大統領の尽力があった。友人の安倍晋三首相や中国の習近平国家主席にも感謝する。そして、金正恩朝鮮労働党委員長が大胆な一歩を踏み出したことに敬意を表したい。
 【非核化】
 共同声明で金委員長は朝鮮半島の完全非核化を約束した。私たちは、すみやかな合意履行も決めた。
 完全な非核化までは、技術的に長い時間が必要だ。ただ、そのプロセスを始めることができれば、非核化の作業はほとんど終わったのも同然だ。会談では非核化の検証方法も協議した。
 【対北経済制裁】
 当面は制裁を維持するが、北朝鮮の核の脅威がなくなれば解除する。金委員長は、すでに主要なミサイルエンジンの試験場を解体していると教えてくれた。これは合意文書に含まれていないが、私たちが合意したことだ。
 【朝鮮戦争と在韓米軍】
 朝鮮戦争は間もなく終結する。過去は未来を拘束はしない。
 在韓米軍を(将来的に)本国へ帰還させられればいい。だが、現時点では考慮のうちに入っていない。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

»サッカーW杯目前、モスクワで反政府デモ(11日)TBS

サッカー・ワールドカップロシア大会の開催を目前にして、首都モスクワでは反政府デモが行われました。
 14日に開幕するサッカーワールドカップのロシア大会を前に、ファンのためのイベントがモスクワで行われました。ロシア人の歌手らがステージ上で大会の雰囲気を盛り上げますが、その一方で、モスクワ市内では反政府勢力による抗議デモが起きました。
 「拘束された人々を釈放せよ」と、政治犯の写真を掲げた人々がプーチン政権の人権弾圧に対して抗議行動を行っています。
 「我々の団結は、弾圧よりも強い!」(参加者)
 プーチン政権の下で政治犯となった人たちを釈放するよう、モスクワ市内でおよそ1500人の市民が抗議デモを行いました。
 サッカーワールドカップで世界の目がロシアに集まる中、プーチン政権が反政府勢力の主張にどう向き合うかも問われています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

中国、邦人21人全員解放=先月拘束、布教活動理由か(5日)時事

 【北京時事】中国各地で5月に相次いで当局に拘束された日本人の男女21人が、1日までに全員解放され帰国したことが分かった。日中関係筋が4日明らかにした。21人はキリスト教系の宗教団体に属しており、中国では認められていない布教活動を行っていたことが拘束の理由とみられている。
 21人は5月5~15日に、河北省や重慶市など7省・直轄市・自治区で拘束され、このうち5人は25日までに解放され帰国。残る16人についてもその後、中国当局から個別に「帰国させる」「帰国した」との通報が日本側にあり、6月1日までに全員の帰国が確認された。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060401138&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

»インドでタクシー運転手が性的暴行、日本人が被害に(4日)TBS

インドで、日本人女性が性的暴行の被害に遭いました。
 ロイター通信によりますと、先月30日、北部にある観光地マナリで30歳の日本人女性がタクシーに乗車後、車内で運転手の男から性的暴行を受けたということです。女性はその後、警察に通報し、運転手の男は逮捕されました。
 インドでは性犯罪が後を絶たず、外国人旅行者が被害に遭うケースも相次いでいます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3386429.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

日本人女性が暴行被害=インド(3日)時事

 【ニューデリー時事】在インド日本大使館は2日、北部ヒマチャルプラデシュ州で日本人女性が暴行被害に遭ったことを明らかにした。命に別条はないという。
 地元警察などによると、女性は5月30日にヒマラヤ山脈沿いの人気観光地マナリでタクシーに乗車。近郊の人けのない場所に移動後、運転手に襲われたという。警察は性的暴行の疑いで男1人を拘束、捜査を進めている。(2018/06/03-04:07)https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060300082&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

»比で違法採掘か、「財宝探し」の日本人ら17人逮捕(2日)TBS

フィリピンで「財宝探し」のため違法に地中を掘り起こしたとして、現地の警察は先月31日、15歳の少年を含む日本人4人とフィリピン人のあわせて17人を逮捕しました。
 違法採掘などの疑いで逮捕されたのは40代から60代の日本人の男女3人と日本人の少年(15)、それにフィリピン人の、あわせて17人です。
 警察によりますと、このグループは海洋保護区に指定されているフィリピン北部サンバレス州のカポネス島で、5メートル四方の穴をおよそ5メートルの深さまで違法に掘った疑いが持たれています。警察は逮捕された17人は「財宝探し」のグループで、少年は通訳を担当していたとみています。
 フィリピンには「山下財宝」と呼ばれる旧日本軍の埋蔵金が眠っているという説があり、たびたび「財宝探し」をめぐるトラブルが起きています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3385092.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

»大韓航空会長の妻の逮捕状請求、「ナッツ姫」「水かけ姫」の母親(1日)TBS

韓国の警察は、大韓航空の会長の妻で、いわゆる「ナッツ姫」「水かけ姫」の母親、イ・ミョンヒ氏の逮捕状を請求しました。
 イ・ミョンヒ氏は、ホテルの工事現場で作業員を突き飛ばしたりする映像が内部告発で公開され、警察が暴行や業務妨害などの容疑で捜査を進めています。このほか、イ・ミョンヒ氏には、自宅の警備員や運転手に暴力をふるった疑いも持たれています。
 警察は、本人を呼んで長時間にわたって取り調べを行いましたが、「記憶にない」などと容疑を否認したため、証拠隠滅のおそれがあると判断し、逮捕状を請求しました。
 大韓航空の会長一家をめぐっては、ほかにも巨額の脱税や密輸、外国人の不法雇用など様々な疑惑が浮上。一部の社員が毎週、オーナー一家が経営から退くよう求める集会を開くなど、混乱が続いています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3384033.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

「黙れ、けだもの」 イランの女性警察官、髪露出の女性に暴力 動画拡散で波紋(29日)産経

厳格なイスラム体制下のイランで、国民の服装を街頭で監視する風紀警察が、髪などを覆う「ヘジャブ」の位置がずれていた女性に対し、頭や胸を執拗にたたくなどの暴行を加えていたことが4月に発覚した。インターネット上で拡散した現場の動画が猛批判を呼び、政府が真相究明を約束するなど波紋を広げている。
 イランではイスラム教に基づき、女性が人前で髪や肌を露出するのはタブー。法律でヘジャブの着用が義務付けられ、違反すれば罰金や拘束の恐れもある。
 現場は首都テヘランの公園。動画では「やめて」と叫ぶ若い女性が全身を黒い布で覆った女性警察官に「黙れ、けだもの」などと脅され、何度も暴力を受けている。最後は地面に倒れたまま動かなくなり、友人の呼び掛けにも応じなくなった。
 動画は少なくとも310万回再生。国民に怒りの声が広がり、女性・家族問題担当のエブテカール副大統領も「非人道的だ」と指弾した。警察は事実関係を大筋で認め、調査に乗り出した。(共同)http://www.sankei.com/affairs/news/180528/afr1805280031-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

「素晴らしい贈り物に感謝」=ザギトワ選手に秋田犬贈呈-ロシア(26日)時事

【モスクワ時事】平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(16)への秋田犬贈呈式が26日、モスクワで行われ、秋田犬保存会(秋田県大館市)から生後3カ月の雌の子犬が贈られた。ザギトワ選手は「素晴らしい贈り物に感謝したい」と満面の笑みを見せた。
 贈られた犬は雌だが、ザギトワ選手は勝利の意味を込め、マサルと名付けた。ザギトワ選手はあいさつで「この日を心待ちにしていた。大切にしたい」と語り、最後は日本語で「ありがとうございます」と締めくくった。その後、マサルを手渡されるといとおしそうに抱きしめた。
 保存会会長の遠藤敬衆院議員は「秋田犬が日ロ友好の証しとなって、より深い関係を構築することを期待している」と語った。贈呈式には安倍晋三首相も出席した。
 ザギトワ選手は新潟市で平昌五輪の事前合宿をした際、雑誌に載っていた秋田犬を気に入り、母親に「飼いたい」とおねだり。ザギトワ選手が秋田犬を欲しがっていると伝える報道を受け、秋田犬保存会が贈呈を決めた。(2018/05/26-20:51)

     

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052600368&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯