検察、地検特捜部

2019年1月16日 (水)

避難区域に廃棄物捨て罰金、福島 当時作業員に30万~50万円(16日)西日本

いわき区検(福島県)は16日までに、東京電力福島第1原発事故で避難区域となっている同県大熊町で、被災家屋の解体工事で出た廃棄物を不法に捨てたとして、放射性物質汚染対処特別措置法違反の罪で、同県田村市の男(47)ら当時の作業員3人を略式起訴した。
 いわき簡裁は同日までに、田村市の男に罰金50万円、ともに略式起訴されたいわき市の男2人にそれぞれ罰金30万円の略式命令を出した。
 起訴状によると、2017年9月と18年2月、大熊町の家屋などの解体工事で出た廃プラスチックやコンクリートなど計約283キロを、山林や宅地に投棄したとしている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/479766/

| コメント (0) | トラックバック (0)

1億円脱税容疑で逮捕 ホステスの源泉徴収納付せず 東京地検特捜部(16日)産経

東京地検特捜部は16日、約1億円を脱税したとして所得税法違反などの容疑で、クラブなどの実質経営者で会社役員の安倍秀彦容疑者(49)=東京都新宿区=を逮捕した。特捜部は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は平成27年9月~29年11月の間、都内のクラブで雇っていたホステスの給与から源泉徴収した約6400万円の所得税を納付しなかったほか、28年3月~29年2月の間にクラブの売上金を除外するなどして消費税と地方消費税計約3500万円を免れたとしている。https://www.sankei.com/affairs/news/190116/afr1901160019-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

»ゴーン被告 保釈認めない決定、東京地裁(15日)TBS

 特別背任の罪で追起訴され保釈の請求が出ていたカルロス・ゴーン被告について、東京地裁は15日午後、保釈を認めない決定をしました。
 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(64)は、個人的な損失の保証に協力した知人でサウジアラビアの実業家の会社におよそ13億円を不正に支出させたなどとして、特別背任の罪で今月11日に追起訴されました。ゴーン被告の弁護士は裁判所に保釈を請求していましたが、東京地裁がこの請求を認めない決定をしました。
 ゴーン被告の弁護士は、この決定を不服として準抗告するとみられます。弁護士が準抗告した場合、東京地裁が再び保釈の可否について判断しますが、弁護側の申し立てを再び退けた場合はゴーン被告の勾留が続くことになります。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3573896.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

»ゴーン容疑者きょう追起訴へ、東京地検 中東数か国に捜査協力要請(11日)TBS

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者は特別背任などの罪で11日、追起訴される見通しですが、不正な資金の流れの舞台となった日産の子会社が拠点を置く、アラブ首長国連邦など中東の数か国に東京地検が捜査への協力を求めていたことが分かりました。
 カルロス・ゴーン容疑者(64)は、個人的な損失の保証に協力したサウジアラビアの実業家、ハリド・ジュファリ氏の会社に日産の子会社「中東日産」の「機密費」からおよそ16億円を不正に支出させるなどした特別背任の疑いで再逮捕されました。また、別の知人が経営するオマーンの会社にはおよそ35億円、さらに別の知人のレバノンの会社にもおよそ17億円が支出され、その後、オマーンの会社側からはゴーン容疑者側におよそ16億円が支払われていました。
 その後の関係者への取材で、東京地検特捜部が「中東日産」があるアラブ首長国連邦など中東数か国の捜査当局に対し、捜査への協力を要請していたことが新たに分かりました。特捜部は各国の協力を得て、ゴーン容疑者をめぐる不正な資金の流れを詳しく調べる方針で、勾留期限の11日、特別背任などの罪で追起訴するものとみられます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3570766.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

ゴーン容疑者側の準抗告を棄却 東京地裁(10日)産経

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとされる特別背任事件で、東京地裁は10日、ゴーン容疑者の勾留取り消し請求を却下した地裁決定に対する弁護人の準抗告を棄却した。
 ゴーン容疑者は、8日に地裁で行われた勾留理由開示手続きに出廷し「日産に一切損害を与えていない」と主張。弁護人は同日、勾留取り消しを地裁に請求し、9日に却下されたため準抗告していた。https://www.sankei.com/affairs/news/190110/afr1901100021-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーン元会長が発熱 「安静必要」との診断 (10日)日経

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の特別背任事件で、弁護人は10日、ゴーン元会長が9日夜から高熱を出していることを明らかにした。医師は「安静が必要で取り調べや接見はできない」と診断し、弁護人との10日午前の接見も中止になったという。
勾留期限の11日に東京地検特捜部がゴーン元会長を会社法違反(特別背任)の罪で起訴し、4度目の逮捕がなかった場合、弁護人は即日、東京地裁に保釈を請求する意向を示している。
ゴーン元会長は8日に同地裁で開かれた勾留理由開示に出廷し、「私は無実です」「不当に勾留されている」などと意見陳述した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39841230Q9A110C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

NGT山口さんが暴行被害 男らに顔つかまれる (9日)日経

新潟県が拠点のアイドルグループ「NGT48」のメンバー山口真帆さん(23)が2018年12月、新潟市の自宅マンションの玄関先に押しかけた男2人から顔をつかまれるなどの被害に遭ったとして、県警が暴行容疑で2人を逮捕していたことが9日、分かった。山口さんは被害に遭ったと自身のツイッターで明らかにした。
捜査関係者によると、事件は18年12月8日午後9時ごろ発生。山口さんは自宅の玄関先に押し掛けたいずれも20代の無職の男と大学生の男から顔をつかんで押されるなどの被害に遭い、けがはなかった。
県警は翌9日に2人を逮捕。ファンとみられ、「好意を持っていた。話をしたかった」などと話したという。新潟地検は既に2人を不起訴処分とした。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39824510Z00C19A1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

»ゴーン容疑者の勾留取り消し認めず、東京地裁(9日)TBS

特別背任の疑いで再逮捕された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の勾留取り消しを求める請求について、東京地裁は請求を退けました。
 カルロス・ゴーン容疑者(64)は、2008年のリーマンショックで個人的な為替取引で多額の評価損が発生し、およそ18億5000万円の評価損を含む契約を日産側に一時的に付け替えたうえ、この契約を自身に戻す際の保証に協力した知人でサウジアラビア有数の実業家、ハリド・ジュファリ氏の会社におよそ16億円を支出させ、日産側に損害を与えた疑いが持たれています。
 ゴーン容疑者の弁護士は8日、ゴーン容疑者の勾留取り消しを東京地裁に請求していましたが、東京地裁は請求を退けました。
 ゴーン容疑者は8日、東京地裁で勾留の理由を明らかにする手続きに出廷し、「根拠のない容疑をかけられ不当に勾留されている」と述べ、「逃亡や証拠隠滅のおそれはない」と主張していました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3569238.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

ゴーン容疑者出廷詳報 弁護人「検察官はジュファリ氏の取り調べを行っていない」(16:00更新)(8日)産経

《日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとされる特別背任事件で、裁判所が公開の法廷で勾留理由を説明する手続きが8日、東京地裁(多田裕一裁判官)で始まった。世界的なカリスマ経営者が逮捕され、世界に衝撃を与えた「ゴーン・ショック」から1カ月半余り。ゴーン容疑者が初めて公の場に立つことになり、その発に注目が集まっている。 
《勾留理由の開示手続きは、裁判所が容疑者や被告の勾留を認めた理由を公開の法廷で説明する手続き。ゴーン容疑者の弁護人を務める元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士(63)によると、ゴーン容疑者が損失を日産に付け替えた際、「会社に損失を与えない」と記載された取締役会の議事録の存在が明らかになったとし、「犯罪が成立しないことが判明したため勾留理由の開示を請求した」と説明する》
 《勾留理由の開示手続きが注目されるのも異例だが、勾留理由開示の法廷で傍聴券の抽選が行われるのも極めて異例だ。わずか14の一般傍聴席を求めて1122人の希望者が列を作り、倍率は約80倍にも達した。傍聴席の抽選は通常、開廷のおよそ30分前に整理券の交付が締め切られるケースが多いが、この日は混雑回避などのため開廷1時間40分前の午前8時50分に締め切られた》
続くdownwardleft

https://www.sankei.com/affairs/news/190108/afr1901080012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーン容疑者無罪主張 逮捕後初めて公の場に(8日)産経

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとされる特別背任事件で、ゴーン容疑者の勾留理由開示手続きが8日午前、東京地裁(多田裕一裁判官)で行われた。ゴーン容疑者は英語で「日産に損害を与えていない」と述べ、無罪を主張した。ゴーン容疑者が公の場に姿を現すのは、昨年11月19日の最初の逮捕以来、50日ぶり。
 ダークスーツ姿で出廷したゴーン容疑者は冒頭、「容疑は、いわれのないものであることを明らかにしたい」と発言。損失の付け替えについて「日産に損害を与えていない」と述べ、特別背任罪には該当しないとの認識を示した。
  また「日産に対し、心からの親愛と感謝の気持ちを持っている。日産のために全力を尽くして、公明正大かつ合法的に社内の所管部署から必要な承認を得た上で、合法的に業務を進めてきた。もっとも尊敬される企業の地位を回復させるため、ひたすら目指してきた」と述べた。
 勾留理由開示は裁判所が勾留を認めた理由を公開の法廷で説明する手続き。容疑者や弁護人が出廷し、意見を述べることができる。弁護側は手続き終了後、地裁に勾留の取り消しを請求する方針。
 ゴーン容疑者は平成20年10月、自身の資産管理会社と新生銀行との間で契約した通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引で生じた約18億5千万円の評価損を日産に付け替えたとして昨年12月21日に再逮捕された。
 さらに契約を戻す際、信用保証に協力したサウジアラビアの実業家、ハリド・ジュファリ氏の会社に21~24年、日産子会社から計1470万ドル(現在のレートで約16億円)を入金させた疑いがある。

 ゴーン容疑者は側近で前代表取締役のグレゴリー・ケリー被告(62)=金融商品取引法違反罪で起訴=と共謀し、22~26年度のゴーン容疑者の報酬を約48億円過少に有価証券報告書に記載したとして金商法違反容疑で昨年11月19日に逮捕され、12月10日には直近3年分で約42億円を過少に記載したとして再逮捕された。
https://www.sankei.com/affairs/news/190108/afr1901080010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 密輸・密売関係(外国人含む) | 密輸関係(外国も含む) | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯