カテゴリー

検察、地検特捜部

2021年9月26日 (日)

約2億円流出の疑い 日大理事 送金先の変更を指示か(26日)NHK

日本大学の付属病院の建て替え工事をめぐって、大学の理事がおよそ2億円を外部に流出させた疑いが持たれている事件で、この理事が、業務を受注した設計事務所に対し、大阪の医療法人が関係する都内の会社におよそ2億円を送金するよう指示していた疑いがあることが関係者への取材で分かりました。
当初は大学の子会社にコンサルタント料などとして支払われる方向で調整が進められていたということで、東京地検特捜部は理事が主導して送金先が変更されたとみて、経緯の解明を進めているものとみられます。
日本大学医学部附属板橋病院の建て替え工事をめぐっては、大学の子会社「日本大学事業部」の役員も務める理事が、大学側からおよそ2億円を不正に流出させた背任の疑いがあるとして、東京地検特捜部は今月8日、大学の本部や田中英壽理事長(74)の自宅などを関係先として捜索しました。
関係者によりますと、大学側は去年、工事の設計業務などを都内の設計事務所に24億円余りで発注し、このうちおよそ7億円が前払い金として支払われました。
一方、設計事務所は当初、この工事に関連したコンサルタント料などとして「日本大学事業部」に2億円を支払う契約を結ぶ方向で、窓口を務めていた理事と調整を進めていたということです。
しかし、その後、理事が、契約先を大阪の医療法人が関係する都内の会社に変更するよう設計事務所に指示していた疑いがあることが新たに分かりました。
設計事務所は、この会社と契約を交わし、およそ2億円を送金しましたが、支払いに見合うコンサルタント業務は行われていないということです。
特捜部は、理事が主導して送金先が変更されたとみて、詳しい経緯の解明を進めているものとみられます。
続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210926/k10013277851000.html

2021年9月23日 (木)

小田急刺傷事件 容疑者の鑑定留置を開始(23日)産経

東京都世田谷区の小田急線車内で乗客10人が切りつけられるなどして重軽傷を負った事件で、東京地検は22日、殺人未遂容疑で3度逮捕された川崎市多摩区西生田、無職、対馬悠介容疑者(36)の犯行時の精神状態や刑事責任能力の程度を調べるため、鑑定留置を始めた。期間は22日から12月17日まで。

https://www.sankei.com/article/20210922-3G7BBK6BSZNARPNIVZLZDITD64/

2021年9月22日 (水)

河井案里氏への1億5000万円“買収に使われず”自民 報告受ける(22日)NHK

おととしの参議院選挙で、自民党本部から河井案里 元議員側に1億5000万円が振り込まれたことをめぐり、自民党は、検察に押収されていた資料を河井氏側が調べた結果、買収には使われていないことが確認されたと報告を受けたことを明らかにしました。

“ほとんどが機関紙や政策チラシの作成などに”

おととしの参議院選挙で、公職選挙法違反の買収の罪で有罪判決が確定した河井案里元議員側に、自民党本部から1億5000万円が振り込まれたことをめぐっては、野党などが原資や使途を明らかにするよう求めています。
これについて、自民党の柴山幹事長代理は22日午後、記者会見し、検察が押収していた資料が返還されたことを受けて、河井氏側が使途などを調べた結果の報告を受けたとして、その内容を発表しました。
それによりますと、党本部からの1億5000万円のうち、1億2000万円が政党交付金によるもので、ほとんどが機関紙や政策チラシの作成などに使われる一方、買収には使われていないことが確認できたとしています。
また、残りの3000万円についても、法令に従って監査が行われ、買収には使われていないとして、河井氏側は、この調査結果に基づいて政党支部のおととし分の収支報告書などを訂正したということです。
柴山氏は「1億5000万円からは買収資金を出していないという報告だった。客観的な資料によるもので、真摯(しんし)に受け止めたい」と述べ、今回の記者会見で、今の執行部としては説明を尽くしたという認識を示しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210922/k10013272511000.html

2021年9月18日 (土)

暴行で逮捕のNHK職員を不起訴 東京地検(18日)TBS

東京・渋谷駅のホームで口論になった男性にペットボトルのお茶をかけたなどとして暴行の疑いで逮捕されたNHK職員について、東京地検は17日、不起訴としました。
 この事件は今年7月、NHK放送技術局の男性職員(32)が、地下鉄渋谷駅のホームで、電車から降りてきた男性と口論になり、ペットボトルのお茶をかけたなどとして、暴行の疑いで警視庁に逮捕されたものです。
 東京地検は17日、この男性を不起訴としました。不起訴の理由は明らかにしていません。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4362637.html

2021年9月15日 (水)

東京地検特捜部 日大の田中理事長を聴取 附属病院めぐる背任(15日)TBS

日本大学附属病院の建て替え工事をめぐる背任事件で、東京地検特捜部が、田中英寿理事長から任意で事情を聴いていたことがわかりました。
 この事件は、大学側が20数億円で発注した附属板橋病院の建て替え工事をめぐって、大学の理事がおよそ2億円を不正に流出させた背任の疑いがあるとして、特捜部が今月、関係先として大学の本部や大学の関連会社、田中英寿理事長の自宅などを家宅捜索したものです。
 その後の関係者への取材で、特捜部が田中理事長本人から任意で事情を聴いていたことがわかりました。特捜部はこれまで、工事を受注した設計業者や大学関係者らからも事情を聴いていて、資金流出の実態解明を進めているものとみられます。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4360602.html

〈独自〉日大理事長を聴取 東京地検 資金流出、関与を否定(15日)産経

日本大学の付属病院の建設工事をめぐる背任事件で、東京地検特捜部が日大の田中英寿(ひでとし)理事長(74)を任意で事情聴取していたことが14日、関係者への取材で分かった。特捜部は田中氏と近い日大理事について、2億円超の資金を外部に流出させ日大側に損害を与えた背任容疑で捜査。大学トップである田中氏と一連の資金移動の関わりや、日大内での意思決定過程などについて慎重に調べを進めている。
関係者によると、特捜部は田中氏をこれまでに複数回、参考人として任意聴取。田中氏は、特捜部の調べに対し「流出は知らないし、(流出したとされる)金も受け取っていない」などと、資金流出への関与を否定しているという。
特捜部は8日以降、背任容疑の関係先として、日大本部のほか、東京都内にある田中氏の自宅や、日大の理事長室などを捜索した。押収資料を分析し、国内最大規模の大学の不透明な資金の流れについて解明を進めている。
関係者によると、日大医学部付属板橋病院(東京都板橋区)は老朽化のため、日大創立130周年事業として建て替え工事が持ち上がり、昨年、20億円超で都内の設計会社が設計業務を請け負った。
この際、日大の関連会社「日本大学事業部」(世田谷区)の取締役を務める日大理事が主導し、設計会社を通じて、大阪市の医療法人グループの関係先に2億円超の資金を移動させた疑いが持たれている。
田中氏は長年、この日大理事を学内で重用してきたことで知られる。
日大事業部は、学内の物品の共同調達や関連施設の管理・運営などを手がけ、田中氏が理事長に就任後の平成22年に日大の100%出資で設立。日大理事は立ち上げ時から日大事業部に携わり、その後も中核的な立場を担ってきた。
続きを見る
https://www.sankei.com/article/20210915-JDOOQRHVMFNIBG7SJ2SE6UZL5E/

2021年9月14日 (火)

傷害致死罪で刑事告訴 川崎の障害児支援施設事故(14日)産経

川崎市の障害児支援施設で平成28年、短期入所中の清水正和君=当時(9)=が死亡した事故で遺族らが13日、川崎市で記者会見し、新たな鑑定書から「虐待だった可能性がある」として、傷害致死罪で横浜地検川崎支部に告訴状を提出したと明らかにした。
事故は28年12月、川崎市中央療育センター(中原区)で重度の知的障害があった正和君に、職員が添い寝をしている時に発生。医師が新たに作成した鑑定書によると、正和君の尻にあざがあり、殴打された可能性があるという。
神奈川県警は令和元年11月、口や鼻をふさいだ状態にし、窒息死させた疑いがあるとして業務上過失致死容疑で書類送検したが、横浜地検川崎支部は昨年6月に不起訴とした。両親らは検察審査会に審査を申し立て、横浜第3検察審査会は今年7月に不起訴相当と議決した。
https://www.sankei.com/article/20210913-XFQPRIR3QBLUHBS4IO2M2IDVXU/

2021年9月13日 (月)

ソープランド運営会社を告発 6900万円脱税容疑―東京国税局(13日)時事

ソープランドの売り上げの一部を除外し、法人税計約6900万円を脱税したとして、東京国税局査察部が法人税法違反容疑で、運営会社「オフイスL」と「Dホールディングス」(いずれも川崎市)、2社の実質経営者国本哲樹氏(49)=港区六本木=を横浜地検に告発したことが13日、関係者への取材で分かった。

〔写真特集〕脱税摘発~地中、床下、ポットの中にも~

 関係者によると、2社は川崎市内の歓楽街で、それぞれソープランドを経営していたが、2店舗の売り上げの一部を除外。2020年までの約4年間で計約2億9100万円の所得を隠し、法人税計約6900万円を脱税した疑いが持たれている。
 国本氏が経理担当者を通じて店長に指示し、売り上げを少なく見せ掛ける虚偽の業務報告書を作らせていたとみられる。隠した金で高級車を10回以上買い替えていたほか、自身が経営する別会社の事業資金などにも充てていたという。
 国本氏は代理人弁護士を通じ、「国税局からの指摘を真摯(しんし)に受け止め、既に修正申告を行い、納付も済ませている」とコメントした。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091300446&g=soc

2021年9月10日 (金)

東北道多重事故で不起訴 宮城、運転の5人(10日)共同

宮城県大崎市の東北自動車道下り線で今年1月にホワイトアウト状態で起きた多重事故で、事故に関係した車を運転していた5人が自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで書類送検され、不起訴(起訴猶予)となっていたことが10日、県警などへの取材で分かった。
 事故は1月19日正午ごろ発生した。断続的な事故や立ち往生で約140台に影響し、うち約60台が事故に巻き込まれた。約20人が救急搬送され、うち乗用車を運転していた岩手県一関市の無職須藤美洋さん=当時(65)=が外傷性大動脈損傷などで死亡した。
 仙台地検によると、5人は5月、書類送検され不起訴処分となった。
https://nordot.app/808898045469392896?c=39546741839462401

2021年9月 9日 (木)

日大理事、2億円不正流出か 設計会社代表は関与否定―病院工事めぐり・東京地検(9日)時事

日本大付属病院の建設工事をめぐり、同大本部などが東京地検特捜部から家宅捜索を受けた事件で、同大の理事が工事に関する契約で大学側から約2億円を流出させた疑いがあることが9日、関係者への取材で分かった。
 契約相手だった東京都内の設計会社代表は時事通信の取材に対し、不正への関与を否定。特捜部は理事に背任の疑いがあるとみて、押収した資料などを分析し、実態解明を進めている。
 理事は同大が全額出資して設立し、物品の調達や施設の管理・運営を担う「日本大学事業部」の役員も兼任。関係者によると、同大は昨年、医学部付属板橋病院(東京都板橋区)の建て替え工事の設計監理を都内の設計会社に二十数億円で発注したが、理事はこの契約をめぐり約2億円を不正に流出させた疑いがあるという。
 設計会社代表は取材に対し、担当者が特捜部から任意の事情聴取を受けたことを明らかにした上で、「設計はコンペで選ばれた。不正には関わっていない」と話した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090901124&g=soc

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ