カテゴリー

検察、地検特捜部

2020年7月11日 (土)

河井前法相夫妻選挙違反事件 亀井静香氏の秘書に300万円提供か(11日)NHK

河井克行前法務大臣と妻の案里参議院議員が起訴された選挙違反事件で、現金の提供先とされる100人の中に亀井静香元建設大臣の秘書が含まれていることが関係者への取材で新たに分かりました。検察が認定した提供額は100人の中で最も多い300万円に上るということです。

前の法務大臣の河井克行被告(57)は、妻の案里被告(46)が初当選した去年の参議院選挙をめぐり、地元議員や後援会幹部など合わせて100人に2900万円余りを配ったとして今月8日、公職選挙法違反の買収の罪で起訴され、案里議員もこのうち地元議員5人に170万円を配った罪に問われています。

この事件で現金の提供先とされる100人の中に、衆議院広島6区が選挙区だった亀井静香元建設大臣の秘書が含まれ、検察が認定した提供額は最も多い300万円だったことが関係者への取材で新たに分かりました。

東京地検特捜部は現金の提供先を逮捕容疑より6人増やして起訴しましたが、亀井氏の秘書はこの中に含まれているということです。

河井夫妻の裁判は、起訴から百日以内の判決を目指して迅速に審理される「百日裁判」で行われることにことになっていて、今後の裁判が注目されます。

この秘書はNHKの取材に対して「何も話すことはない」としています。

関係者によりますと、河井前大臣と案里議員はいずれも起訴された内容を否認しているということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200711/k10012509491000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

元議員秘書に300万円 河井前法相の起訴詳細判明(11日)共同

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、前法相の衆院議員河井克行被告(57)と妻の参院議員案里被告(46)に対する公選法違反罪での起訴内容の詳細が10日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、6人に対する計325万円の配布を逮捕容疑に加えて起訴。6人のうち1人は亀井静香元金融担当相の秘書を務めていた男性で、2回にわたって計300万円を渡したと認定していた。

 克行前法相は昨年3~8月、地元議員ら100人に計2900万円余りを配ったとして起訴された。案里議員は、うち5人に対する170万円の配布について共謀したとされる。
https://www.47news.jp/national/5001059.html

2020年7月10日 (金)

コロナ影響で出張尋問も 河井夫妻の百日裁判、多数の証人見込まれ(10日)産経

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反罪に問われた前法相の衆院議員、河井克行被告(57)と妻の参院議員、案里被告(46)を審理する「百日裁判」について、東京地裁が広島県在住の多数の証人に対応するため、広島地裁などでの「出張尋問」を検討していることが9日、関係者への取材で分かった。
 被買収者が100人に及ぶ今回の事件では、証人尋問の対象者も多数となる可能性が高い。加えて、東京都内で新型コロナウイルス感染者が再び増加しており、証人を東京まで呼び出した場合は感染リスクも懸念される。百日裁判は100日以内に判決が出るよう努めることになっており、裁判官や検事、弁護人が出張すれば迅速な審理につながることが期待できる。
 通常の公判では、遠方に住む証人も出廷を命じられることが多いが、関係者によると、コロナ禍が続く中で多数の証人を東京地裁へ出廷させることに懸念の声が上がった。広島との間を音声や映像で結ぶ「ビデオリンク方式」の手法もあるが、今回の百日裁判では広島地裁の法廷を借りるなどし、裁判官や検事らが出張して証人尋問を実施する可能性の方が高いという。
 別の関係者によると、克行被告らは百日裁判で、多くの現金提供を認めた上で趣旨を争うとみられる。ただ、被買収者だけで100人に及び、100日以内に判決を出すのは難しいとの見方もある。検察幹部は「夫妻の主張次第では証人尋問の対象も多数になる可能性が高く、公判日程も相当数が指定されるだろう」とした。
https://www.sankei.com/affairs/news/200709/afr2007090024-n1.html

2020年7月 9日 (木)

河井前法相、首相向けに資料作成 案里氏陣営の予算も記す(9日)共同

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、前法相の衆院議員河井克行被告(57)が昨年5月、安倍晋三首相との面会資料として、妻の参院議員案里被告(46)の陣営内の予算や、案里議員を支援するために広島入りした首相秘書団の活動を報告する文書を作成していたことが9日、関係者への取材で分かった。
 改選2議席の広島選挙区で、自民党は現職だった溝手顕正・元国家公安委員長に続き、党本部が主導し昨年3月、案里議員を公認。党本部は昨年4~6月、河井夫妻側に破格の計1億5千万円を入金していた。全面支援を受ける中、首相との情報共有を意識していたとみられる。
https://www.47news.jp/national/4995858.html

河井前法相が保釈請求 公選法違反罪で起訴(9日)産経

昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪で起訴された前法相の衆院議員、河井克行被告(57)の弁護人が9日、東京地裁に保釈を請求した。
 克行被告は昨年3~8月、地元議員ら100人に計約2900万円を配ったとして8日に起訴された。妻の参院議員、河井案里被告(46)は既に保釈を請求し、東京地裁が可否を検討している。
https://www.sankei.com/affairs/news/200709/afr2007090016-n1.html

強盗計画で逮捕の男性を不起訴、東京地検(9日)TBS

特殊詐欺の被害を受けた高齢女性宅に強盗目的で侵入したとして逮捕された男性について、東京地検は不起訴処分としました。
 東京・台東区に住む風俗店従業員の男性(48)は今年4月、練馬区にある80代の女性宅の敷地内にカッターナイフなどを持って侵入したとして、強盗予備と住宅侵入の疑いで警視庁に逮捕されていました。
 東京地検は、この男性を不起訴としました。東京地検は不起訴の理由を明らかにしていません。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4023739.html

ぼったくり容疑で逮捕の男性ホストを不起訴、東京地検(9日)TBS

マッチングアプリで知り合った女性を自分が働くホストクラブに連れて行き、100万円を超える料金を支払わせたとして逮捕された男性について、東京地検は不起訴としました。
 新宿・歌舞伎町のホストの男性(22)は、マッチングアプリで知り合った20代の女性を自分が働いていたホストクラブに連れて行き、現金120万円を支払わせたとして、ぼったくり防止条例違反の疑いで警視庁に逮捕されていました。
 東京地検は、この男性を不起訴としました。東京地検は処分の理由を明らかにしていません。男性は逮捕当時の取り調べに、容疑を否認していました。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4023740.html

被買収者は大半不起訴か 検察、強引な配布考慮 河井夫妻起訴(9日)産経

昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件は、公選法違反罪で前法相で衆院議員、河井克行被告(57)と、妻で参院議員、案里被告(46)が起訴されたことで区切りを迎えた。検察当局は総額約2900万円を受け取った被買収者100人全員の処分を保留したが、関係者によると、大半は不起訴(起訴猶予)処分になる見通しという。過去の類似事件では、被買収者側も罪を問われたケースはあるが、検察当局は克行被告が無理やり現金を渡そうとしたことなどを考慮し、事件をまとめたもようだ。
 昨年4月上旬、広島県議の後援会事務所を訪れた克行被告は突如、封筒を県議に差し出し事務所を去った。封筒の中身は現金30万円。「お返しします」。県議はしばらくして克行被告の事務所を訪れ返金した。
 参院選の投開票日を目前に控えた昨年7月中旬には、同県呉市議が、案里被告の選挙事務所で克行被告から現金30万円の入った封筒を「押し付けられた」という。押し問答の末に受け取ったが、「投票を控えたどうしようもない時期で、『まずいこと』だとは分かっていた」と振り返る。
 東京地検特捜部など検察当局は、当選7回と地元政界で影響力を持つ克行被告の強引な行為を断るのが困難だと判断したことや、すでに返金したことを念頭に、2人とも起訴猶予処分にするとみられる。
 対照的に、過去の類似事件では被買収者も立件されたケースはある。昨年4月投開票の青森県議選をめぐり、当時の地元町議らに票の取りまとめを依頼し現金を渡すなどしたとして県議が起訴された事件では、青森区検が計5万円を受け取った当時の町議8人を略式起訴。青森簡裁が追徴金5万円と罰金30万~40万円の略式命令を出した。
 ある検察幹部は「『津軽選挙』とも呼ばれる買収が根付く地域では、被買収者も積極的に関与したケースが多いが、今回は克行被告らの強引な配布が目につく」と指摘する。
続きを読む

https://www.sankei.com/affairs/news/200708/afr2007080040-n1.html

河井夫妻起訴、官邸中枢に打撃 補選なら逆風必至(9日)時事

昨年7月の参院選をめぐり河井克行前法相(衆院広島3区、自民党離党)と妻の案里参院議員(広島選挙区、同)が公職選挙法違反(買収)の罪で起訴された。安倍晋三首相が前法相を重用してきた経緯があり、首相に近い党幹部は「ダメージだ」と深刻に受け止めている。夫妻の辞職や失職で補欠選挙となれば、逆風の選挙戦を強いられるのは必至。党本部が夫妻側に振り込んだ計1億5000万円の資金も焦点で、野党の追及にさらされそうだ。
安倍首相、法相任命の責任痛感 1.5億円「党が説明」―河井夫妻起訴

 自民党幹部は8日、夫妻起訴について「イメージは良くない」と嘆き、「ああいう人を(政権中枢に)近づけたのは失敗だった」と厳しく批判。公明党の斉藤鉄夫幹事長は記者団に対し「政権運営への打撃は非常に大きなものがある」と述べ、「政治不信を招いた責任は重大だ。議員辞職に値する」と断じた。自民党には資金提供に関し「しっかり国民に説明責任を果たしていただきたい」と求めた。
 前法相は首相補佐官や党総裁外交特別補佐を歴任し、首相の「右腕」として活動。菅義偉官房長官を囲む議員グループ「向日葵(ひまわり)会」も主宰し、政権中枢との近さを誇示してきた。案里容疑者も参院選で菅氏らの全面支援を受け、党を離れた今も二階派特別会員にとどまる。起訴によって政権への風当たりはさらに強まりそうだ。

続きを読む

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070800946&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

2020年7月 8日 (水)

河井夫妻を公選法違反罪で起訴 参院選めぐる買収事件、東京地検特捜部(8日)産経

昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、東京地検特捜部は8日、公選法違反の罪で、前法相で衆院議員、河井克行容疑者(57)=広島3区=と妻で参院議員、案里容疑者(46)=広島選挙区=を起訴した。法相経験者が逮捕、起訴されるのは戦後初とみられる。
 夫妻は昨年3月下旬~8月上旬、参院選で案里被告を当選させるため、票の取りまとめを依頼する趣旨などで、地元議員ら計94人に総額約2570万円を渡したとして、先月18日に特捜部に逮捕されていた。
 克行被告は平成8年の衆院選で初当選し、現在7期目。自民党総裁外交特別補佐などを歴任し、昨年9月に法相に就任したが、翌10月に車上運動員への違法報酬疑惑が週刊誌に報じられ辞任した。案里被告は15年から広島県議を4期務め、昨年7月の参院選で初当選した。夫妻とも通常国会が閉幕した先月17日に離党していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200708/afr2007080028-n1.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ