検察、地検特捜部

2017年12月11日 (月)

リニア、別工事受注社も任意聴取 入札妨害、特捜部(11日)西日本

JR東海が発注したリニア中央新幹線関連工事の入札妨害事件で、東京地検特捜部が偽計業務妨害容疑で家宅捜索した大手ゼネコン大林組(東京)だけでなく、別工事を受注した他のゼネコンの担当者からも任意で事情聴取したことが11日、関係者への取材で分かった。特捜部は順次聴取の対象を広げ、入札の実態解明を進めるとみられる。
 特捜部は既に、大林組の土木部門トップの副社長(66)と名古屋支店の営業担当者から聴取。受注に至る経緯を確認したもようだ。
 リニア中央新幹線は総工費9兆円を超える巨大プロジェクト。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/379353

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

リニア非常口の入札で不正か 事故対策、名古屋に新設(10日)西日本

JR東海が発注したリニア中央新幹線関連工事の入札を巡り、大手ゼネコンの大林組(東京)などが偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部の家宅捜索を受けた事件で、入札に不正があった疑いが持たれているのは、運行中の事故や火災に備えるため名古屋市に新設される非常口の工事であることが9日、関係者の話で分かった。
 大林組は、この工事を含めて計4件の工事をJR東海から受注。特捜部は大林組幹部らから任意で事情を聴くなどして入札の経緯解明を急ぐ。JR東海の広報担当者は「大林組に事実関係の説明を求めていく」と話した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/379195

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

“夢の超特急”で不正か 今世紀最大の難工事、業界関係者「特に驚かない」 東京地検特捜部大林組家宅捜索(9日)産経

リニア中央新幹線は建設業界がオールジャパンで取り組む「今世紀最大の難工事」(ゼネコン関係者)。その“夢の超特急”のターミナルとなるJR品川駅などの工事を請け負った大手ゼネコン「大林組」に8日から9日未明にかけ、司直のメスが入った。総工費9兆円のメガプロジェクトをめぐり、入札不正が行われた疑いが強まったためだ。全容解明に向けた東京地検特捜部の追及が始まった。
 9日午前2時ごろ、大林組本社が入る東京・品川のビル駐車場から特捜部の銀色のワゴン車が滑り出た。約20分後には青いワゴン車も出てきた。いずれも中はうかがえなかったが、関係者によると、特捜部は大林組が請け負ったリニア工事関連の資料を押収した。
 「工期に影響するかどうか、まさに今、確認しているところだ。大変驚いていて、われわれも状況を把握しようと動いている」
 10年後の東京-名古屋間先行開業に向け建設を進めているJR東海の担当者は、工事受注企業への強制捜査に戸惑いを隠せない。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

大林組を東京地検特捜部が強制捜査 リニア中央新幹線関連工事の入札不正(9日)産経

平成39年の開業に向け工事が進められているリニア中央新幹線に関連する建設工事の入札に不正があったとして、東京地検特捜部が偽計業務妨害容疑でゼネコン大手の「大林組」(東京)の強制捜査に乗り出したことが9日、関係者への取材で分かった。特捜部は8日から9日未明にかけて本社など関係先を家宅捜索。特捜部は押収した資料を分析し、不正の実態解明を進める方針とみられる。
 リニア中央新幹線は最高時速約500キロで東京(品川)-大阪間を67分で結ぶ計画で、総建設費は約9兆円。JR東海は東京-名古屋間の39年の先行開業を目指して26年に着工した。
 関係者によると、大林組はリニア中央新幹線に関連する建設工事の入札をめぐり不正が行われた疑いが持たれているという。
 大林組をめぐっては、18年~19年、和歌山県発注の公共工事や名古屋市発注の地下鉄工事をめぐる談合事件に関与したとして関係者が相次いで起訴されており、名古屋市の談合事件では、副社長ら取締役3人が引責辞任した。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

睡眠導入剤混入事件、准看護師の女を起訴(8日)TBS

准看護師の女が同僚に睡眠導入剤入りの飲み物を飲ませ事故死させた事件で、千葉地検は鑑定留置の結果、刑事責任を問えると判断し、女を起訴しました。
 殺人などの罪で起訴されたのは、准看護師の波田野愛子被告(71)です。波田野被告は、千葉県印西市の老人ホームで、今年2月、同僚の山岡惠子さん(当時60)に睡眠導入剤入りの飲み物を飲ませ事故死させたなどの罪に問われています。
 千葉地検は波田野被告の精神状態などを詳しく調べるために、およそ3か月半にわたって鑑定留置しましたが、刑事責任を問えると判断しました。
 警察の調べに対し、波田野被告は睡眠導入剤の混入を認める一方で、殺意については否認していました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3234339.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京地検に園田氏の告発状郵送 NPO、規正法違反容疑(8日)西日本

自民党衆院議員の園田博之元官房副長官に200万円を渡したのに政治資金収支報告書に記載されていないとして、兵庫県西宮市のNPO法人が8日、政治資金規正法違反容疑での告発状を東京地検特捜部宛てに郵送した。NPO側が明らかにした。
 このNPOは「西宮障害者雇用支援センター協会」。寺下篤史理事長によると、かねて障害者政策について陳情をしていた園田氏から「困っているから助けてほしい」と頼まれ、2013年、協会の職員名義で園田氏の預金口座に200万円を振り込んだという。
 園田氏の事務所は「コメントは出さない」としている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/378984

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

「スパコン」ベンチャー企業幹部が助成金不正受け取りの疑い(5日)NHK

ことし世界トップクラスの省エネ性能を誇るスーパーコンピューターの開発に成功した東京のベンチャー企業の幹部が、経済産業省が所管する国立研究開発法人の助成金を不正に受け取っていた疑いがあることが関係者への取材でわかりました。東京地検特捜部は詐欺などの疑いで捜査を進めるものと見られます。
 関係者によりますと、助成金を不正に受け取った疑いがもたれているのは、東京・千代田区のベンチャー企業「PEZY Computing」の幹部です。
 「PEZY Computing」などはことし10月、計算速度が国内最速で世界トップクラスの省エネ性能を誇るスーパーコンピューター「Gyoukou(暁光)」の開発に成功したと発表し、ベンチャー企業が少ない人員で大手企業などを上回る性能のスーパーコンピューターを開発したとして注目を集めました。
 「PEZY Computing」などは、経済産業省が所管する国立研究開発法人「NEDO=新エネルギー・産業技術総合開発機構」から技術開発を支援する多額の助成金を受け取っていますが、関係者によりますとこの幹部は一部の助成金を不正に受け取っていた疑いがあるということです。
 東京地検特捜部は詐欺などの疑いで捜査を進めるものと見られます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171205/k10011246631000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

松橋事件、検察が特別抗告 “再審”判断に不服(5日)TBS

32年前に熊本県で起きた殺人事件、いわゆる松橋事件について、先週、熊本地裁に続き、福岡地裁も裁判のやり直しを認めましたが、この決定に対し福岡高等検察庁は、最高裁判所に不服を申し立てる「特別抗告」をしました。
 この「松橋事件」は、32年前に現在の熊本県宇城市で男性が殺害された事件で、宮田浩喜さんが懲役13年の判決を受け、服役したものです。
 宮田さんの弁護団は「犯行に使ったあとに焼却した」とされていた物証が見つかったことなどから、冤罪を主張し、裁判のやり直し=再審を求めていました。
 熊本地裁が去年6月に再審を認める決定をし、先週の水曜日には福岡高裁もそれを追認していました。
 これに対し福岡高等検察庁は、最高裁判所に不服を申し立てる「特別抗告」をしました。特別抗告とは、高裁の決定に憲法違反や判例違反がある場合に認められていて、福岡高検は「判例に照らして弁護団が提出した証拠は無罪を言い渡すべき『新たな証拠』とは言えない」としています。
 特別抗告を受け、弁護団が会見を開きました。
 「不服を申し立てるような理由はないと考えている。再審の道が延びたということに関しては、非常に不当であるし遺憾な事だ」(宮田さんの弁護団 三角恒 弁護士)
 松橋事件の再審は、最高裁で最終判断されることになります。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3230323.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

小田原の殺人未遂容疑で逮捕の女性、不起訴処分に(2日)TBS

神奈川・小田原市で今年8月、殺人未遂の疑いで逮捕された65歳の女性について、横浜地検小田原支部は、1日までに不起訴処分にしていたことが分かりました。
 この事件は、今年8月、小田原市の自宅の駐車場で、近くに住む男性に車で衝突したうえ、男性をボンネットに乗せたまま運転し殺害しようとしたとして、65歳の女性が殺人未遂の疑いで逮捕されたものです。
 この女性について、横浜地検小田原支部は、1日までに、不起訴処分にしました。不起訴処分の理由は明らかにしていません。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3228521.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

刃物で脅した“あおり運転”の男性 不起訴処分に(30日)テレビ朝日

埼玉県深谷市であおり運転を注意されそうになったことに腹を立ててトラック運転手を刃物で脅したとして逮捕された男性(42)について、検察は不起訴処分としました。
 深谷市の介護士の男性は、9月に深谷市の県道で、トラック運転手からあおり運転を注意されそうになり、「ぶっ殺すぞ」などと刃物で脅したとして逮捕されました。警察によりますと、男性は約700メートルにわたって前を走っていたトラックに対して車間距離を詰めたり、クラクションを鳴らすなど、あおり運転をしていたということです。男性は27日に処分保留で釈放されましたが、さいたま地検熊谷支部は29日、男性を不起訴処分としました。理由は明らかにされていません。男性は警察の調べに対して「殺すとは言っていない」と容疑を一部、否認していました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000115608.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯