航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース

2019年1月17日 (木)

5年間で飲酒の乗組員53隻で確認、海保の事故調査(17日)産経

海上保安庁の岩並秀一長官は16日の記者会見で、平成29年までの5年間で船舶事故を起こした1万592隻のうち、53隻の乗組員から飲酒したことが確認されたと明らかにした。海保は、船舶の事故が発生した際の調査で、聞き取りや機器を使った検査を実施し、乗組員の飲酒の有無を確認しているという。
 船舶乗組員の飲酒をめぐっては昨年12月、米領グアムで商船三井客船のクルーズ船「にっぽん丸」が衝突事故を起こし、日本人男性船長からアルコールが検出された。飲酒の疑いがあり、運輸安全委員会が調査を開始。横浜海上保安部も、船体の損傷状況を確認し、関係者から事情を聴くなど詳しく調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190116/afr1901160041-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

埼玉新都市交通でパンク 全線復旧めど立たず(16日)産経

16日午前11時5分ごろ、さいたま市と埼玉県伊奈町を結ぶ埼玉新都市交通(ニューシャトル、伊奈町)の加茂宮-鉄道博物館間を走行中の大宮駅方面に向かう上り電車(6両編成)で、運転士が異常音を検知、緊急停止した。最後尾の6両目のタイヤ2本がパンクしており、レールなどの一部にも破損が見つかった。全線で運休し、復旧のめどは立っていない。けが人はいなかった。
 同社によると、パンクしたタイヤ2本のうち、1本はタイヤ片が飛散、破裂したような状態だった。故障当時、運転士が大きな音に気づいたために緊急停止し、6両目の乗客も異常音を聞いたという。国土交通省によると、電車は脱線していたことが判明。運輸安全委員会は鉄道事故調査官3人を派遣、同日夕から現地調査を始めた。部品破損を含め何らかの原因でパンクしたとの見方がある。
 埼玉新都市交通によると、乗客約100人が軌道上を約500メートル歩いて鉄道博物館駅まで移動。この故障で1千人の乗客に影響が出た。
https://www.sankei.com/affairs/news/190116/afr1901160034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

「にっぽん丸」、安全委が調査 海保、飲酒疑いの船長聴取へ(15日)共同

米領グアムの港で昨年12月、商船三井客船(東京)が運航するクルーズ船「にっぽん丸」(2万2472トン)が埠頭に衝突し、操船した日本人男性船長からアルコールが検出された問題で、運輸安全委員会は14日、横浜港に入った船の損傷状況や航海情報記録装置のデータを調べた。横浜海上保安部も船体を調査した。安全委は8日、飲酒の疑いがあり、重大だとして、調査開始を決めていた。
 海上保安庁は、日本船舶の事故に関し、海外で起きた場合も捜査権限を持っており、横浜海保は今後船長らから事情聴取する。内容次第では、業務上過失往来危険容疑などで捜査を進めるとみられる。
https://this.kiji.is/457379305363391585?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

「にっぽん丸」、安全委が調査 海保、飲酒の船長聴取へ(14日)共同

米領グアムの港で昨年12月、商船三井客船(東京)が運航するクルーズ船「にっぽん丸」(2万2472トン)が埠頭に衝突し、操船した日本人男性船長からアルコールが検出された問題で、運輸安全委員会は14日、横浜港に入った船の損傷状況や航海情報記録装置のデータを調べた。横浜海上保安部も船体を調査した。
 海上保安庁は、日本船舶の事故に関し、海外で起きた場合も捜査権限を持っており、横浜海保は今後船長らから事情聴取し、当時の経緯を詳しく調べる。内容次第では、業務上過失往来危険容疑などで捜査を進めるとみられる。
https://this.kiji.is/457379305363391585?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

陸自輸送ヘリに緑色レーザー光…宮崎上空で昨秋(10日)読売

陸上自衛隊西部方面総監部(熊本市)は10日、昨年10月に宮崎県諸塚村上空を飛行していた陸自の輸送ヘリコプターにレーザー光が照射されたと発表した。陸自は重大事故につながりかねない危険行為として、宮崎県警に被害届を提出した。
 発表によると、昨年10月24日午後7時25分頃、訓練を終えて西部方面航空隊高遊原分屯地(熊本県益城町)に戻る途中だったヘリの副操縦士に向けて、進行方向の左下方向から約1分間にわたって、緑色のレーザー光が照射された。副操縦士は一時的に左目が見えにくくなったが、その後の視力検査では異常がなかった。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190110-OYT1T50090.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

»京王観光が団体客の数偽る、JRの発券端末悪用か(10日)TBS

東京の京王電鉄の子会社、「京王観光」が扱う団体旅行で、鉄道を利用するツアー客の数を偽り、JRに乗車料金を少なく支払う不正が繰り返し行われていたことがわかりました。
 京王観光などによりますと、各支店にはJRの乗車券を発券する端末がありますが、大阪の支店でこれを悪用し、団体旅行のツアー客について乗車券を実際の客の数より少なく発券し、不正乗車を繰り返していたということです。
 団体客が自動改札ではなく有人の改札などを通る仕組みを悪用したとみられ、客から受け取った料金とJRに支払う料金との差額は会社の利益として計上していた疑いがあるということです。
 去年6月の社内調査で発覚しましたが、関係者によりますと、不正は少なくとも10年は続き、「総額は億の単位になるとみられる」ということです。JR各社は損害賠償を請求する予定です。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3570244.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

日本航空 機長 アルコール検査を部下に代わりに受けさせる(9日)NHK

日本航空の国際線の機長がおととし、乗務前のアルコール検査を部下に代わりに受けさせて乗務していたことがわかりました。日本航空は先月、パイロットの飲酒をめぐる問題で国の事業改善命令を受けましたが、検査の不正は報告していませんでした。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190109/k10011772631000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

日本航空によりますと、検査の不正を行ったのは59歳の男性機長…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

LCC、成田使用料を数億円滞納か…来週で運休(8日)読売

格安航空会社(LCC)の「インドネシア・エアアジアX」(IDX)が、成田空港の空港使用料を滞納していることがわかった。滞納額は数億円に上るとみられる。成田国際空港会社が督促しているが、IDXは来週で日本路線の運休を決めており、支払いを受けられるかは不透明な状況だ。定期便を運航する航空会社が多額の使用料を滞納するのは異例。
IDXはマレーシアのLCC「エアアジア」の関連会社で、ビーチリゾートとして人気のバリ(インドネシア)を拠点に長距離路線を運航。日本では2017年以降、成田とバリ、ジャカルタそれぞれを結ぶ便を飛ばしており、現在は成田―バリ間を原則1日1往復している。
 関係者によると、IDXは数か月前から成田国際空港会社への月数千万円の使用料の支払いが滞るようになった。空港会社は再三納付を求めてきたが、IDXは今月14日の便を最後に休航を決めており、回収が困難になる恐れがある。
 ジャカルタにあるIDX本社は読売新聞の取材に「滞納の件は成田空港と協議している」とコメントしたが、金額や滞納理由などは答えなかった。エアアジアの広報担当者は「IDXはなるべく早く支払う意向だ」と説明。運休については「エアアジアグループ全体の中で決まったこと。休航する便の搭乗率は低くなく、未納が(運休の)理由ではない」としている。

(ここまで560文字 / 残り236文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190108-OYT1T50056.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転士”睡魔が…” 駅通過し非常ブレーキ JR中央・総武線(8日)NHK

8日午前、JR中央・総武線の各駅停車の列車が千葉県船橋市の駅で停車位置を30メートルほど行き過ぎ、非常ブレーキで止まりました。運転士は去年秋、「睡眠時無呼吸症候群」の疑いがあると診断されていたということで、JRは、健康管理に問題はなかったか詳しく調べています。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190108/k10011771521000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

8日午前9時半すぎ、JR中央・総武線の各駅停車…

| コメント (0) | トラックバック (0)

全日空系、規定時間過ぎても飲酒 酒気検知の機長(8日)西日本

全日空のグループ会社、ANAウイングスの機長に乗務前、アルコール反応が出た問題で、全日空は8日、機長が社内規定に反し、乗務の12時間前を過ぎても飲酒していたと発表した。飲酒の席には副操縦士もいたが、2人は当初、飲酒した時間や場所についてうその説明をしていた。機長は交代となり、5便に遅れが出た。
 全日空によると、機長と副操縦士は、3日午前7時10分の大阪発宮崎行きに乗務予定だったが、機長は大阪市内の飲食店で、2日午後9時半ごろまでビールやハイボールなど計4杯を飲んだ。副操縦士は午後7時ごろに飲酒をやめたが、同席し続けたという。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/477908/

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 密輸・密売関係(外国人含む) | 密輸関係(外国も含む) | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯