航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース

2017年5月20日 (土)

線路の間に横たわった大学生の上を電車が通過、大津市の瀬田駅(20日)産経

19日午後1時ごろ、大津市大萱のJR東海道線の瀬田駅構内で、長浜発姫路行き下り新快速電車の運転士が線路内に横たわっていた男性を発見、非常ブレーキをかけたが間に合わず、男性の上を通過した。大津署などによると、男性は2本のレールの間に体を収めていたため車輪にはひかれず、頭などに軽傷。乗客にけがはなかった。
 同署によると、男性は京都市西京区の大学生(22)。大学生は「将来を悲観していた。前々から自殺を考えていた」と話しているという。瀬田駅通過の際に、運転士がホームから線路内に飛び込む男子大学生を100メートル手前で発見し、非常ブレーキをかけたという。
 この影響で東海道線は上下線で12本が部分運休したほか、計14本が最大48分遅れ、約9500人に影響した。
http://www.sankei.com/west/news/170520/wst1705200031-n1.html

| トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

線路逃走の男逮捕「痴漢に間違われたと思い逃げた」(19日)TBS

18日夜、埼玉県川口市のJR京浜東北線・川口駅でホームから線路に飛び降りた乗客の男が、鉄道営業法違反の疑いで逮捕されました。
 画面の左側から線路の脇を走る男。列車の警笛のような音も聞こえます。その後、男はフェンスを乗り越え、線路の外へ逃走しました。男はまもなく身柄を確保され、鉄道営業法違反の疑いで現行犯逮捕されました。
 「結構速かった。すごい勢いで走って行った。後ろを気にしながら走って行った」(目撃者)
 逮捕されたのは自称さいたま市の無職・大塚聡容疑者(35)です。警察によりますと、18日夜、川口市内を走行中のJR京浜東北線下りの車内で、大塚容疑者が持っていた飲み物が隣に座っていた女性にかかるトラブルがあったということです。大塚容疑者は「痴漢に間違われたと思い、パニックになって逃げた」と容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3056906.html

| トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

電車にはねられ女性死亡、誤って線路立ち入りか(18日)読売

 18日午前0時15分頃、東京都西東京市泉町の西武池袋線の線路で、走行中の池袋駅発飯能駅行き特急電車が女性をはねた。
 女性は病院に搬送されたが、約4時間半後に死亡した。女性は近くに住む70歳代とみられ、警視庁田無署が身元確認を進めている。
 同署幹部によると、女性ははねられた直後、駆けつけた署員に「間違って線路に入ってしまった」と話していたという。線路脇には柵があり、同署で、女性が線路に立ち入った経緯を調べている。
 現場は西武池袋線保谷駅の西約900メートルの住宅街。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170518-OYT1T50051.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

音声記録なお不明 陸自機事故(18日)共同

【北斗】陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌丘珠駐屯地)所属のLR2連絡偵察機の残骸が北斗市内の山中で見つかり、乗員4人が死亡した事故で、陸自航空事故調査委は、17日の現場での遺留品捜索と調査で、急斜面に飛散した機体の破片の場所を特定する作業を進めた。陸自北部方面総監部広報は飛散範囲について「とりまとめ中」と述べるにとどめた。
 防衛省陸上幕僚監部によると、道警と共同で4時間にわたって行ったこの日の捜索では、コックピット内などの音声を記録するボイスレコーダーは見つからなかった。調査委は18日以降も調査を続行し、事故原因の解明を進める。
全文閲覧は電子版会員限定です。ログインまたはお申し込みの上、ご利用ください。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0400717.html

| トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

東海道新幹線 線路立ち入りで一時運転見合わせ(17日)NHK

7日夕方、滋賀県の東海道新幹線米原駅で、線路内に人が立ち入りました。この影響で、東海道新幹線は午後6時前からおよそ30分、岐阜羽島と米原の間の上下線で運転を見合わせました。
 JR東海によりますと、17日午後5時50分ごろ、新大阪発東京行きの東海道新幹線「ひかり530号」が米原駅に到着した直後、線路内に人が立ち入ったのを乗務員が見つけました。 この影響で、JRは岐阜羽島と米原の間を走行していた新幹線をすべて停車させ、運転を見合わせました。
 その後、線路内に入った人は確保され、JRはホームと線路内の安全を確認し、およそ30分後に運転を再開しました。
 JR東海は当時の状況について確認を急いでいます。
 NHKが午後6時半ごろに米原駅周辺を上空から撮影した映像では、見えるだけでも5本ほどの列車が間隔を開けて数珠つなぎに停車している様子が確認できました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170517/k10010985241000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

停電原因は作業ミス=清掃器具が架線切断-京急(16日)時事

横浜市鶴見区の京急線生麦駅で12日夕に起きた停電トラブルについて、京急電鉄は16日、作業ミスが原因だったと発表した。作業員が誤って清掃器具を架線に触れさせて切断。さらに切断面が線路に接触したことで、電気を供給する変電所のブレーカーが落ちたという。

京急生麦駅で架線が断線=一時運転見合わせ、8万5000人に影響

 京急によると、子会社の作業員が12日午後6時半ごろ、架線の約130センチ上にある配水管を清掃していた。先端が直系16ミリのステンレス製器具を管内に入れてごみを除いていたが、詰まっていたため強く押したところ管が破損。勢いで器具が架線に触れた。(2017/05/16-19:03)http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051601081&g=soc

| トラックバック (0)

不明の自衛隊機か 山中で機体の一部と見られるもの発見(16日)NHK

15日、陸上自衛隊の連絡偵察機が北海道の函館空港の西を飛行中に行方がわからなくなり、自衛隊や警察などが捜索していましたが、警察によりますと、16日午前、北斗市の山中で機体の一部と見られるものを見つけたということです。警察は、機体が墜落した現場と見て、この付近で集中的に捜索を行っています。
 15日昼前、札幌市の丘珠空港を飛び立った陸上自衛隊のLR2連絡偵察機が、函館空港の西、およそ30キロにある山の上空を飛行中にレーダーから機影が消え、行方がわからなくなりました。
 機影が消えた付近の北斗市戸田の沢周辺の山では、自衛隊や警察がおよそ1700人の態勢で捜索を続けていましたが、16日午前10時40分ごろ、警察と消防が北斗市戸田川の上流付近の山中で機体の一部と見られるものを見つけたということです。
 警察によりますと、付近では広い範囲で木がなぎ倒されているということで、自衛隊や警察などは機体が墜落した現場と見て、この付近で集中的に捜索を行っています。

空自ヘリも発見

防衛省によりますと、15日午前11時6分ごろ、航空自衛隊のヘリコプターが、北海道北斗市の袴腰山から、東におよそ3キロの地点で、機体のようなものを発見したということです。
 自衛隊は、15日から行方がわからなくなっている陸上自衛隊の連絡偵察機と見て、ヘリコプターから救難員を現場に降ろすなどして、確認を急いでいます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170516/k10010983261000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

痴漢容疑で取り押さえられ、逃走の男性 電車にひかれ死亡(16日)TBS

横浜市の東急田園都市線で、痴漢をしたとして一旦、取り押さえられた男性が線路内に降りて逃走しましたが、電車にひかれ死亡しました。
 15日午後8時半前、横浜市青葉区にある東急田園都市線・青葉台駅で「男性が電車とぶつかった」と119番通報がありました。
 警察によりますと、男性は電車の下にはさまれた状態になり、およそ50分後に救助されましたが、全身を強く打っていて死亡が確認されました。男性は年齢が30代で、青葉台駅のホームで女性に痴漢をしたとして乗客らに一時、取り押さえられましたが、その後、線路内に降りて逃走し入ってきた電車にひかれたということです。
 「女の人のキャーという声が後ろの方から聞こえて、見てみたら女の人が男の人の袖をつかんでいて、その人を男性2人がかりで取り押さえているような感じだった。急に男性が暴れだして逃げ出すような感じで線路に落ちた」(目撃者)
 東急田園都市線は一部区間が2時間近くにわたって運転を見合わせ、およそ2万3000人に影響が出ました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3054124.html

| トラックバック (0)

不明の陸自機 手がかりなし、函館へ向かう途中消息絶つ(16日)TBS

救急患者を迎えに行くために札幌から函館へ向かったまま消息を絶った自衛隊機の捜索は徹夜で続けられていますが、今も手がかりは見つかっていません。
 行方がわからないのは陸上自衛隊のLR-2連絡偵察機です。
 高宮城効機長(53)ら隊員4人が乗って、札幌の丘珠空港から函館空港へ向かっていましたが、着陸直前の15日昼前、北斗市の中心部から北西に8キロ付近の山の中でレーダーから消えました。このため、北斗市と山を挟んで隣の厚沢部町を中心に夜通し捜索が行われていますが、今のところ手がかりは見つかっていません。
 当時、函館空港周辺では上空200メートルに雲があり、弱い雨が降っていました。自衛隊機は函館の病院に入院中の患者を緊急搬送するため迎えに行く途中でした。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3054233.html

| トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

県警ヘリ救助中に落石? 男性死亡 山梨、横浜の40代か(15日)日経

 14日午後1時50分ごろ、山梨県丹波山村にある小室川の斜面で、県警ヘリが遭難した男性を救助活動中、男性が死亡する事故があった。落石か樹木が当たったとみられ、男性のそばにいた救助隊員2人もけがをした。
 県警は業務上過失致死容疑も視野に、ヘリの運航状況と落石などの因果関係を調べている。
 県警によると、地上から捜索していた上野原署員が、同日午後0時半ごろ男性を発見。急斜面だったためヘリの出動を要請した。ヘリは救助隊員1人を降下させた後、いったん現場を離れ、戻ってきてホバリング中に落石が起きたという。
 男性は横浜市の40代とみられる。左足首のけがで歩くのが困難だったという。
 男性は13日に出勤せず、行方を捜していた知人が「(現場近くの林道で)男性の車を見つけた」として同日午後3時20分ごろ110番。県警は14日午前9時ごろから捜索していた。
 県警の鶴田孝一生活安全部長は「救助活動中に遭難者が亡くなったことは誠に残念。原因を早急に解明し、安全を確保する」とのコメントを出した。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H5M_U7A510C1CN8000/

| トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強姦、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年関連事件(被害も含) | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯