カテゴリー

一般ニュース(季節、話題、政治)

2020年1月25日 (土)

新型コロナウイルス、日本国内で3人目の感染確認(25日)TBS

厚生労働省は中国で感染が広がっている新型コロナウイルスについて、日本国内で3人目の感染者が確認されたことを明らかにしました。
 「新型コロナウイルスの感染者の国内での発生は、これが3例目となります」(厚生労働省の会見・ 午後5時ごろ)
 この患者は、中国・武漢市在住で、日本に旅行していた30代の女性です。今月18日に来日し、21日夜から発熱と咳の症状が出て、23日に都内の医療機関を受診。東京都によりますと、その際、軽い肺炎の症状があったということです。女性の症状は比較的軽く、まだホテルにいますが、医療機関と相談して入院するかどうか決めるということです。
 女性は武漢市の海鮮市場には立ち寄っていないと話していて、中国での肺炎患者との明確な接触は確認できていないということです。また、女性は、日本国内を移動した際には、マスクを着用していたということです。
 成田空港には、春節の連休に入った中国各地から、25日一日で50便以上の飛行機が到着。25日も大勢の中国人が日本を訪れ、マスクをつけた人の姿も目立ちました。
中国人にも人気の観光地では・・・。
 「横浜中華街では、マスクの販売に関して、個数を限定している薬局もあります」(記者)
 国内で新たな新型コロナウイルスの感染者が確認され、感染が日本で拡大しないかどうか懸念されます。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3888657.html

春節迎えた横浜中華街 新型肺炎対策で衛生管理の徹底をPR (25日)NHK

中国で新型のコロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するなか、1年でもっともにぎわう「春節」を迎えた横浜市の中華街では地元の飲食店などで作る団体が「対策を徹底させているので、多くの方に訪れてもらいたい」と呼びかけています。
 横浜市中区の横浜中華街では、獅子舞が店を1軒1軒回るなど旧正月の「春節」を祝うさまざまな伝統行事が25日から始まりました。
 横浜中華街の振興に取り組む団体によりますと春節は、期間中に例年およそ100万人が訪れる1年で最もにぎわうシーズンだということで、中国での新型のコロナウイルスの感染拡大が客足に影響しないか懸念しています。
 このため改めて各店舗に手洗いやうがいなどの感染症対策を徹底するよう呼びかけたほか、23日には観光客向けに衛生管理を徹底していることなどの説明をホームページに掲載しました。
 千葉県船橋市から、観光に訪れた50代の男性は「毎年、春節に訪れて伝統行事を楽しんでいます。例年より少し人が少なく、新型肺炎の影響かなと思いました」と話していました。
 横浜中華街発展会協同組合の馬双喜常務理事は「各店舗に対策の徹底を呼びかけているので、多くの方に春節の雰囲気を味わってもらいたい」と話していました。
 春節を祝う横浜中華街の催しは、来月8日まで開かれます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200125/k10012259051000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

2020年1月18日 (土)

最低賃金法違反疑いで書類送検(18日)NHK

大和高田市の服の製造会社がベトナム人の技能実習生に本来支払うべき賃金を支払っていなかったとして、労働基準監督署は17日、この会社と社長を最低賃金法違反などの疑いで書類送検しました。
 書類送検されたのは、大和高田市の服の製造会社「ティー・ワイ・プロダクツ」と65歳の男性社長です。
 葛城労働基準監督署によりますと、この会社と社長は、おととし1月から10か月間、住み込みで働いていたベトナム人の技能実習生の女性3人に対し、県の最低賃金を下回る給料を支払っていたうえ、残業分の割増賃金も支払っていなかったとして、最低賃金法と労働基準法違反の疑いが持たれています。
 労働基準監督署が時給を計算した結果、3人の時給は610円程度で、残業の際には時給500円しか支払われておらず、不払いの賃金はあわせて215万円に上ってい たということです。
 社長は調べに対し、「経営が苦しかった」という趣旨の話をしているということです。https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20200117/2050003654.html

2020年1月17日 (金)

特定秘密569件に 政府(17日)時事

 政府は17日、特定秘密保護法に基づき指定された特定秘密の件数が昨年12月末現在で569件になったと発表した。昨年1年間に47件が追加され、29件が解除された。内訳は防衛省が318件と最多で、内閣官房が87件、警察庁が43件、外務省が39件、公安調査庁が24件と続いた。https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011701218&g=soc

保釈中の被告にGPS装着、森法相「非常に高い関心を持っている」 16日に私的勉強会設置(17日)産経

森雅子法相は17日の閣議後会見で、保釈中の被告にGPS(衛星利用測位システム)の発信機を装着させ、所在を把握する方法などを検討する法相の私的勉強会について「逃亡を防止する方策の一つとしてGPS発信機を装着させる仕組みは検討の対象になり得るもので、非常に高い関心を持っている」と述べた。
 16日に設置された勉強会は弁護士や元検事、元裁判官、大学教授らで構成。保釈中の被告について、海外逃亡の恐れが高い場合などはGPSを使った行動監視を可能とする方向で検討。監視主体を、保釈を許可する裁判所とするか、法執行機関である検察当局とするかなどについても議論する。森氏は「私的な勉強会だが、有識者の方々に幅広く声をかけて、16日も大臣室に2人来ていただいた」と明かした。
 2月の法制審議会(法相の諮問機関)までに具体的な検討を進める方針で、私的勉強会の設置理由について「法制審に諮問する私自身が勉強する必要があると思っているため」とした。
 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)ら保釈中の被告が逃走する事件が相次いでいることを踏まえ、森氏は「逃亡を防止し、確実に収容することは極めて重要だ」と強調した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200117/afr2001170022-n1.html

「痴漢から受験生守ろう」 センター試験に合わせ運動(17日)共同

痴漢の抑止につなげようと、被害状況や目撃情報を共有する無料アプリ「痴漢レーダー」を配信する「キュカ」(東京)は、18、19日に行われる大学入試センター試験に向けて受験生を痴漢から守る運動「#withyellow」を呼び掛けている。
 泣き寝入りが多いとされる痴漢被害。キュカによると、センター試験が近づくと例年、インターネット上には「試験に間に合わないと困るので、声を上げない可能性が高い」「痴漢のチャンス」といった悪質な投稿がみられたという。
https://this.kiji.is/590650583896425569?c=39546741839462401

2020年1月16日 (木)

中国 武漢の肺炎 国内で初確認 武漢に渡航した男性から 厚労省 (16日)NHK

中国の湖北省武漢で、新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎が相次いでいる問題で、武漢に渡航していた神奈川県に住む中国籍の男性が帰国後に肺炎の症状を訴え、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。国内で感染者が確認されたのは初めてです。
 厚生労働省などによりますと、新型のコロナウイルスが確認されたのは、神奈川県に住む30代の中国籍の男性で、中国の湖北省武漢に渡航していた今月3日に発熱し、6日に日本に帰国したあと医療機関を受診し肺炎の症状で入院しました。
 国立感染症研究所が検査した結果、武漢で相次いだ新型コロナウイルスへの感染が確認されたということです。
 国内でこのウイルスの感染者が確認されたのは初めてです。
 男性の症状は回復し、15日退院して現在は自宅で療養していて、今の時点では神奈川県にいる家族や医療関係者などへの感染は確認されていないということです。
 男性は今回の肺炎患者が相次いでいる武漢の海鮮市場には立ち寄っていないものの、武漢に滞在中、一緒に生活していた人の中に、肺炎の患者がいたと話しているということです。
 武漢では先月以降、原因不明の肺炎の患者が相次ぎ、これまでに41人の患者から新型のコロナウイルスが検出され、このうち61歳の男性1人が死亡しています。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012247361000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

内閣府、「桜」名簿加工で陳謝 人事課長らが判断(16日)時事

内閣府が昨年11月に国会に提出した首相主催「桜を見る会」推薦者名簿の一部で部局名を隠す加工をしていた問題をめぐり、内閣府の大塚幸寛官房長は16日の参院予算委員会の理事懇談会で「極めて不適切だった」と陳謝した。人事課長と課長級参事官の判断で加工したと明らかにした。
「桜」名簿廃棄、首相同意なし 菅官房長官、公文書法違反認める

 国会に提出された名簿では、本来は推薦した部局として「内閣官房内閣総務官室」と記載されていた部分が白塗りで消されていた。この理由について、大塚官房長は「推薦主体が違った」などと説明。立憲民主党の蓮舫・野党筆頭理事は記者団に「全く納得できない」と述べ、引き続き追及する考えを示した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011600835&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

大阪の化粧品業者に業務停止命令 電話勧誘販売、消費者庁(16日)共同

消費者庁は16日、化粧品や健康食品の定期購入の電話勧誘で、契約が解除できる期間や条件を告げなかったのは特定商取引法違反に当たるとして、大阪府茨木市の「Rarahira(ララヒラ)」に一部業務停止命令を出したと発表した。統括責任者の男性社員は一部業務禁止とした。いずれも6カ月間で、15日付。
 消費者庁によると、同社は健康食品「熟成自然派生酵素」と化粧品「BIHAKU」の定期購入の勧誘で、「期間内であればいつでも止められる」などと説明。しかし、解約できる期間の起算日を告げないなどした。
 ララヒラは「担当者が不在のため詳細は答えられない」としている。
https://this.kiji.is/590487383932863585?c=39546741839462401

中国 武漢の肺炎 国内で初確認 武漢に渡航した男性から 厚労省 (16日)NHK

中国の湖北省武漢で、新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎が相次いでいる問題で、武漢に渡航していた神奈川県の男性が帰国後に肺炎の症状を訴え、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。国内で感染者が確認されたのは初めてです。
 厚生労働省によりますと、新型のコロナウイルスが確認されたのは神奈川県に住む30代の男性で、中国の湖北省武漢に渡航していた今月3日に発熱し、6日に日本に帰国したあと医療機関を受診し肺炎の症状で入院しました。
 国立感染症研究所が検査した結果、武漢で相次いだ新型コロナウイルスへの感染が確認されたということです。国内でこのウイルスの感染者が確認されたのは初めてです。
 男性の症状は回復し、15日退院して現在は自宅で療養しているということです。
 男性は今回の肺炎患者が相次いでいる武漢の海鮮市場には立ち寄っていないものの、武漢に滞在中に肺炎の患者と接触したと話しているということです。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012247361000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ