一般ニュース(季節、話題、政治)

2019年8月23日 (金)

韓国からの旅行者数35%減 夏の成田、日韓関係影響か(23日)共同

東京出入国在留管理局成田空港支局は23日、夏の繁忙期に当たる9~18日に成田空港から短期滞在で入国した韓国人が前年同期比35%減の約1万2300人だったとの速報値を発表した。
 短期滞在の大半はビジネスではなく観光目的。元徴用工問題などを背景に韓国では日本への旅行自粛ムードが広がっており、同支局は「現在の日韓関係の影響があると感じている」と説明した。
 出国者全体の渡航先では韓国が4%増えており、日本人の韓国旅行は増えたとみられる。出国先別では、ハワイやグアムを含む米国がトップ。中国、韓国が続いた。https://this.kiji.is/537455064506287201?c=39546741839462401

| コメント (0)

韓国の高校、日本の姉妹校訪問を中止「生徒の安全不安」(23日)朝日

日韓関係が悪化する中、三重県立津商業高校(津市)と姉妹校提携を結ぶ韓国の高校が生徒を日本に派遣する交流訪問を取りやめたことが、津商業高校などへの取材で分かった。
 同校などによると、姉妹校は韓国中部の聖南(ソンナム)高校。2002年から互いに生徒を派遣し学校行事や授業に参加するなどして交流を深めてきた。今年度も10月中旬にホームステイで5日間の受け入れを行う予定だったが、聖南高校側から「生徒の身の安全について保護者から不安の声があるため、取りやめにしたい」と通知があった。津商業高校側は「生徒の安全は確保できる」と伝えたが、7月下旬に中止が決まった。
 津商業高校からは10月末から…

残り:194文字/全文:472文字
https://www.asahi.com/articles/ASM8Q4TBNM8QONFB00H.html

| コメント (0)

»横浜市役所が騒然、“カジノ誘致”に反発(23日)TBS

 横浜市がカジノなどを含むIR=統合型リゾートの誘致を正式に表明しました。しかし、「白紙」から一転、誘致表明に転じた市長に、市民が激しく反発し、市長の部屋の前に詰めかける事態となりました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3758287.html

| コメント (0)

2019年8月22日 (木)

関係悪化で韓国訪日客7・6%減 災害の昨年からさらに悪化(22日)産経

観光庁が21日発表した7月の訪日客数の推計調査によると、韓国人客は前年同月比7・6%減の56万1700人と昨年9月以来の低水準となった。昨年7月の韓国人客は西日本豪雨などの災害で落ち込んでいたが、今年は輸出管理強化など日韓関係の悪化の影響からさらに落ち込んだ。一方、中国人客が3カ月連続で大幅に増加したことから、訪日客全体は5・6%増の299万1200人と単月として過去最高だった。 同日、記者会見した田端浩観光庁長官は、韓国人客について、団体旅行のキャンセルが相次いでおり、今後も旅行予約の鈍化が見込まれるとの見通しを示した上で、「日韓関係にはさまざまな課題があり、その影響が出ている」と指摘した。一方で「人的交流は両国関係の基盤」と強調。日本政府観光局と韓国で訪日プロモーション活動を強化する方針を明らかにした。

 一方、中国人客は、1月に査証(ビザ)の要件が緩和されたことによる個人旅行者の増加傾向が続いており、単月として初めて100万人を突破。国・地域別で2位の韓国の約1・9倍となる105万500人(19・5%増)で6カ月連続で国・地域別で首位となった。
https://www.sankei.com/economy/news/190821/ecn1908210026-n1.html

| コメント (0)

2019年8月21日 (水)

飲食店の無断キャンセル「逃げ得」許さん 防衛策が続々(21日)産経

飲食店などで予約した客が連絡せずに来店しない「無断キャンセル」。見込んでいた売り上げを失ったり、準備した食材や人件費が無駄になったりするリスクがあり、業界では「No Show」(ノーショー=姿を現さない)と呼ばれ、強く警戒されている。そんな中、保証会社が損害分をカバーしたり、弁護士が回収業務を代行したりするサービスが相次ぎ登場。どんなシステムなのか。
■予約サイトとも連携
 「ネットの普及で予約や申し込みが簡単にできるほど、ノーショーのリスクが高まっている」と分析するのは保証事業会社「ガルディア」(東京)の小山裕社長だ。
 同社は平成29年から飲食店や美容院を対象に無断キャンセル被害の保証サービスを開始。加盟する飲食店などは、今年中に3万事業者に達する見込みという。
 無断キャンセルが発生すれば、予約されていたコースなどの代金をガルディアが店側に全額保証する仕組みだ。店側が同社に支払う保証料は、月額で1万円に満たない程度。無断キャンセルによる被害請求額は、1店舗あたり平均5万~10万円程度という。
 大手予約サイトとも連携。無断キャンセル歴がある人から新たに予約があった場合、ガルディアから店側にそうした情報を伝えることもできるといい、事前のリスク低減にも努めている。

続く
https://www.sankei.com/life/news/190821/lif1908210018-n1.html

| コメント (0)

上野厚労政務官に「口利き」疑惑=文春報道(21日)時事

 外国人労働者の在留資格取得をめぐり、週刊文春(電子版)は20日、厚生労働政務官(自民)の「口利き」疑惑を報じた。これによると、東京都内の人材派遣会社が在留資格を申請した外国人について、上野氏側が法務省に問い合わせるなどし、見返りに金銭を求めたとしている。
 上野氏は昨年10月に厚労政務官に就任。安倍政権が掲げる外国人労働者の受け入れ拡大に関し、外国人技能実習制度の運用弾力化に向けた検討会のトップを務めている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082001150&g=soc

| コメント (0)

あおり運転、されたらどうする?=「道譲る」「窓開けない」と専門家(21日)時事

 茨城県守谷市の常磐自動車道で車を止めさせ、運転手の男性を殴ったとして傷害容疑で会社役員宮崎文夫容疑者(43)=大阪市東住吉区桑津=が県警に逮捕された事件を受け、「あおり運転」が改めて問題視されている。許される行為ではないが、誰もが被害に遭う可能性があり、専門家は「道を譲るなど、できるだけ関わらないようにすることが大事」と呼び掛けている。

【関連ニュース】あおり・危険運転

 あおり運転が社会問題化したきっかけは2017年6月、神奈川県大井町の東名高速道路であおり運転を受けて停止した車にトラックが追突し、夫婦が死亡した事故だった。警察庁は18年1月、全国の警察に対し、あらゆる法令を駆使して捜査を徹底するよう指示。高速道路での一斉取り締まりなど対策を進めた結果、18年の道交法違反(車間距離保持義務違反)の取り締まり件数は1万3025件と前年の約1.8倍に増加した。ほかに暴行や傷害、殺人などが適用されたケースもあった。
 警察庁はあおり運転を受けた場合、相手を先に行かせる▽できる限り人目のある安全な場所に停車する▽安易に車外に出ず、ロックして110番通報する-などの対策を呼び掛けている。
 九州大大学院の志堂寺和則教授(交通心理学)は「まずは極力関わらないこと。もし相手が停車して下りてくるなどした場合にはドアをロックして、窓を開けてはいけない」とアドバイスする。
 その上で「停車時は安全のため路肩などに少し斜めに止め、ハザードランプで後続車に知らせるべきだ。ナンバープレートや相手が写ることがあるドライブレコーダーも役に立つ」と話している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082000793&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

»横浜“カジノ誘致”に市民は(21日)TBS

 カジノを含むIR=統合型リゾート施設の誘致レースについてです。これまで態度を明確にしてこなかった横浜市が、IRを誘致する方針を固めたことがわかりました。ただ、二転三転する市長の立場に、地元からは反発の声も出ています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3756117.html

| コメント (0)

2019年8月20日 (火)

大韓航空、日本路線を大幅運休へ=関係悪化で需要減(20日)時事

【ソウル時事】大韓航空は20日、日韓関係の悪化で需要が減少しているとして、日本路線を大幅に見直し、一部区間で運航を全面休止すると発表した。輸出管理厳格化の応酬で深まる日韓両政府の対立は、両国の人的交流にも影響を及ぼしつつある。
 運航を全面休止するのは、大阪と釜山のほか、大阪・成田と済州を結ぶ路線。大阪-釜山(週14便)は9月16日から、成田-済州(同3便)、大阪-済州(同4便)は11月1日から運航を休止する。同社は7月末、札幌-釜山の運航を9月3日から中断すると発表していた。
 大韓航空関係者は聯合ニュースに対し、「7月中旬以降の継続的な日本旅行の需要減少によって供給を調整した」と説明した。聯合によると、韓国の航空会社が縮小を決定した日本路線は60以上に上る。
 大韓航空によると、一時的な運休も9月29日以降、旭川や鹿児島、小松と仁川を結ぶ路線で実施。沖縄と仁川、成田・福岡と釜山を結ぶ路線は9月から11月までの間、減便する。

| コメント (0)

»暴行容疑の幸手市長が辞任へ、「事件は事実無根」で争う(20日)TBS

暴行の疑いで広島県警に逮捕され、その後、釈放されていた埼玉県幸手市の渡邊邦夫市長が、退職申出書を市議会に提出し、市議会が承認しました。 「8月21日をもって幸手市長の職を辞することとなりました」(渡邊邦夫 幸手市長)
 幸手市の渡邊邦夫市長は、今月7日「原爆の日」の平和式典に参列するため訪れていた広島で、飲食店の女性従業員(20)の顔を殴るなどした暴行の疑いで逮捕され、その後、釈放されました。渡邊市長は20日、退職申出書を幸手市議会に提出し、臨時の議会で市長の辞職が承認されました。
 渡邊市長は「私の軽率な行動により、多大なるご迷惑をおかけしましたことに心よりお詫び申し上げます」とする一方、「今回の事件につきましては事実無根であり、今後も争っていく」としています。
 「市役所の業務が数多くの電話などで支障をきたす状況を一刻も早く解消すべきと思い、職を辞することにした」としていて、21日付けで市長を辞職することとなります。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3755797.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯