一般ニュース(季節、話題、政治)

2019年4月21日 (日)

食べ歩き抑制、条例制定も=「迷惑行為」と明記-神奈川・鎌倉(21日)時事

有名観光地を悩ませる「食べ歩き」。歩行中の飲食トラブルに業を煮やし、条例で「迷惑行為」と位置付けた自治体もある。
 神奈川県鎌倉市は4月、マナーの向上を呼び掛ける条例を施行した。罰則こそ見送ったが、混雑した場所での食べ歩きは、ほかの観光客らの衣類を汚す恐れがある「迷惑行為」と明記した。
 約360メートルにわたって飲食店や物販店などが立ち並び、1日5万~6万人が訪れる市内の観光名所「小町通り」。鎌倉小町商店会によると、5年ほど前から、ごみが散乱したり、食べ歩きで店頭の商品が汚れたりするトラブルが目立つようになった。「売り物のスカーフにクレープを落とされた」「すれ違いざまに服を汚された」との苦情も寄せられるという。
 商店会は、店側に「買ったらその場で食べ、ごみも捨てるように呼び掛けて」と要請。商店街に旗を掲げるなどしてマナー向上に力を入れる。
 商店会会長の高橋令和さん(76)は、楽しみ方の一つだけに「食べ歩きを禁止にはできない。住民と観光客が共に、良かったと思える場所にしたい」と話している。https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042000235&g=soc

| コメント (0)

食べ歩き「遠慮して」=外国人に人気、調和模索-京都・錦市場(21日)時事

外国人観光客が多く訪れる京都市中京区の錦市場で「食べ歩き」が問題となっている。ごみのポイ捨てなどが懸念される一方、外国人に人気が高い観光スタイルを禁止とはしにくいためだ。商店街は「遠慮して」との呼び掛けにとどめ、インバウンド需要に水を差さないよう調和を模索している。
 錦市場は「京の台所」として400年以上の歴史がある。約390メートル続く幅約3.5メートルの通路の両側に、京野菜や鮮魚、漬物などを扱う120以上の店舗が軒を連ねる。京都市の調査によると、2017年に同市を訪れた外国人観光客の約3割が足を運んだ人気スポットだ。
 京都錦市場商店街振興組合によると、数年前から外国人観光客の増加に伴い、食べ歩きしやすいよう串に刺した揚げ物や焼き物、総菜パックを売る店が増えた。一方で、ごみの散乱が目立つようになり、串が当たってけがをさせるとの懸念の声なども高まった。

 「歩きながらの飲食はご遠慮ください」。食べ歩き抑制に向け、組合は日、英、中、韓の4カ国語での案内板を作成。昨年10月ごろから各店舗での掲示を求めるようになった。食べ歩き向けの商品を扱う店への配慮と、市場を楽しんでほしいとの来場客への気配りから、禁止はせず「遠慮」を求める表現にした。
 カナダから旅行中のカレン・チョイさん(39)は市場の人混みに驚いた様子で、「ごみが散らかり、服が汚れる可能性もある」と組合の試みに理解を示す。一方、中国から来たミシェル・ワンさん(30)は「市場の雰囲気を楽しめると思う」と食べ歩きの魅力を語った。
 同組合理事長の宇津克美さん(81)は「インバウンドに対応しながらも、市場の伝統は守っていきたい。お客さんにはトラブルなく喜んで帰ってほしい」と話した。https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042000232&g=soc

| コメント (0)

2019年4月20日 (土)

薬店で痴漢抑止バッジ販売 企業後押し、9割効果実感(20日)西日本

全国でドラッグストアを展開するコクミン(大阪市)が4月から関東、関西、福岡の40店舗で「私たちは泣き寝入りしません」と書かれた痴漢抑止を目的とした缶バッジ(540円)の販売を開始した。これまでは一般社団法人「痴漢抑止活動センター」(大阪市)が南海電鉄や大阪メトロ、コンビニの協力を得て大阪府内を中心に駅構内で販売していた。 使用者の9割が効果を実感したことが販売化を後押し。企業が社会貢献として性犯罪の防止活動に参加するのは珍しく、同センターの松永弥生代表理事は「売り上げに結び付く商品ではないが、企業を巻き込んで、社会の空気を変えていきたい」と話している。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/504219/

| コメント (0)

かみつきザルに要注意! 京都の観光地、被害頻発(20日)共同

京都市内の人気観光地で2月中旬以降、野生のニホンザルのかみつき被害が30件以上相次いでいる。群れからはぐれた親子が観光客を襲ったとみられ、市や京都府警は「ここまで被害が連続するのは聞いたことがなく、異常事態だ」と警戒を強めている。
 市によると、京都市街東側に広がる山沿いで、外国人を含む約30人が被害に遭った。南禅寺や知恩院、伏見稲荷大社などでの出没が多く、今月上旬には花見客も襲われた。近づいてくる子ザルに気を取られ、直後に現れた親ザルにかみつかれるケースが多く、同じ親子ザルによる被害との見方が強い。
https://this.kiji.is/492075424059802721?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年4月19日 (金)

»いじめ防止法“試案不十分”、「学校に対策委」設置など求め 意見書(19日)TBS

いじめを受けた生徒の遺族らが「いじめ防止対策推進法」の改正を議論する超党派の国会議員らに意見書を提出しました。今の案では不十分として、各学校に「いじめ対策委員会」の設置を義務付けることなどを求めています。 2011年に滋賀県大津市でいじめを受け自殺した中学2年の男子生徒の遺族らは19日午後、「いじめ防止対策推進法」の改正に向けて議論する超党派の国会議員らに意見書を提出しました。意見書の中では、いじめの定義を明確にすることや各学校に「いじめ対策委員会」の設置を義務付けることなどを求めています。
 「子どもの命は後回しなのかと、子どもの命よりも大人の都合を優先するのかと」(いじめ被害者の遺族)
 遺族らは、「子供たちの目線で今回の法改正がどうあるべきか危機感をもって議論してほしい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3652612.html

| コメント (0)

国交省、スズキに立ち入り 検査不正、幹部に事情聴取(19日)産経

国土交通省は19日、道路運送車両法に基づき、ブレーキなどの検査不正が発覚したスズキの本社(浜松市)を立ち入り検査した。スズキが国に提出した報告書について、幹部に事情を聴くなどして内容が適切かどうかを確認する。 報告書によると、スズキはブレーキ検査で不合格とすべきものを合格としたり、資格を持たない従業員が検査印を使ったりしていた。不正は昭和56(1981)年6月ごろからあったと従業員が証言している。
 この日、午前9時半ごろ、国交省の担当者十数人が険しい表情でスズキ本社に続々と入っていった。通勤途中の男性従業員は「不正はないと思って仕事をしてきた。一従業員としてショックだ」と話した。
 スズキは18日に29車種、計約202万1590台のリコール(回収・無償修理)を国交省に届け出た。
https://www.sankei.com/affairs/news/190419/afr1904190007-n1.html

| コメント (0)

米大統領の国賓来日を正式発表(19日)共同

菅義偉官房長官は19日の記者会見で、トランプ米大統領とメラニア夫人が5月25~28日の日程で国賓として来日すると正式発表した。皇太子さまが5月1日に新天皇に即位された後、最初に会見する国賓となる。
 菅氏は会見で「新たな令和の時代における初めての国賓としてトランプ大統領夫妻をお迎えすることは、日米同盟の揺るぎない絆を象徴するものだ」と強調。「地域や世界の平和と繁栄に貢献する日米のグローバルなパートナーシップが、さらに強化されると期待したい」と述べた。
https://this.kiji.is/491783771898938465?c=39546741839462401

| コメント (0)

連合、組合員700万人超え 17年ぶり、非正規増加が要因(19日)共同

 連合は18日、2019年の組合員数が約701万4千人となり、17年ぶりに700万人の大台を回復したと発表した。前年比で約5万9千人増加した。パートなど非正規雇用の組合員の増加が要因。
 連合によると、傘下の産業別労働組合で最も多いのは、流通やサービスなどの業界でつくる「UAゼンセン」で約176万7千人。自治労と自動車総連はそれぞれ約78万5千人だった。
 連合は1千万人を目標にしており、18日に記者会見した神津里季生会長は「まだ不十分だが、体制強化を図った効果は一定程度ある」と話した。
 連合は1989年発足。当時の組合員数は約800万人だった。

| コメント (0)

2019年4月18日 (木)

犯罪被害者支援に地域差 佐賀全自治体が条例 福岡は県と2市のみ(18日)西日本

犯罪被害者や家族の生活支援を盛り込んだ条例制定を巡り、地域差が鮮明になっている。九州7県では佐賀、大分の全自治体が制定したのに対し、福岡と長崎、熊本は2~3自治体にとどまり、宮崎と鹿児島はゼロ。犯罪被害者の支援団体は「地域によって支援の違いがあるのはおかしい」と格差解消を訴えている。 2004年に成立した犯罪被害者等基本法は、見舞金の支給や住居の確保など、犯罪被害者を社会全体で支える施策の導入を自治体に求めた。根拠となる条例や基本計画の整備が望ましいとされ、基本法施行後に各地で条例制定が進んだ。
 犯罪に遭うと、被害者や家族は治療費負担などによる支出増、職を失うことによる収入減、周囲の言動による二次被害に苦しむ実態があり、条例には見舞金の支給、居住や就労の安定策、市民理解の促進が盛り込まれるケースが多い。
 警察庁によると、関連する条例を制定した自治体は18年4月時点で31都道府県(66%)と446市区町村(26%)。九州では19年4月1日時点で、佐賀が県と全20市町、大分も県と全18市町村で制定。福岡は県と北九州、宗像の2市、長崎は2市、熊本は2町1村で、宮崎と鹿児島は未整備だった。長崎県は19年度に制定する方針。
 佐賀、大分で条例制定が広がった背景には、市民団体や警察の積極的な取り組みがあった。
 17年9月に制定率100%になった佐賀県は、県警や「被害者支援ネットワーク佐賀VOISS(ボイス)」が空白地域をなくそうと連携。当時の県警本部長が市町に条例の意義を説明して回った。大分県では被害者遺族でつくる「ピアサポート大分絆の会」が自治体に働き掛け、18年4月の県条例施行から半年足らずで全市町村に浸透した。
 一方、制定が進んでいない福岡県の担当者は「各自治体が必要性を感じていないから広まっていないのだろう」。鹿児島県は「犯罪被害者支援の指針があるので、条例の必要性を感じない」と説明する。
 VOISSの田口香津子理事長は「条例はある程度広まってきたので、次の段階では自治体の支援の差がなくなるといい」と話している。=2019/04/18付 西日本新聞朝刊=https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/503500/

| コメント (0)

2019年4月17日 (水)

新5千円札の肖像、津田梅子の写真を反転? 財務省は…(17日)朝日

華々しく発表された5年後のお札、でも、本来の写真とは逆を向いている?――2024年度にデザインが変わる新5千円紙幣の顔となる津田梅子(津田塾大学創設者)の肖像が「元となった写真を左右反転して使っている」と、ネットで話題になっている。ただ、財務省は「問題ない」との立場だ。一体、どういうことだろうか。
紙幣一新、正式発表 新元号とは「たまたま重なった」

 9日に財務省が新5千円紙幣の見本として公表した画像では、紙幣の右側に津田梅子の肖像が描かれている。その顔の向きは、紙幣の中心に向かうように、正面から見てやや左側を向いている。従来のお札と同じ構図だ。
 一方、津田塾大が資料として財務省に提供した複数の写真のうち、「最も紙幣の肖像と近い」とみられる1枚は、正面から見て右側を向いている。紙幣とは逆だ。そのためネット上では、「画像を反転させただけの『裏焼き』(写真のネガを表裏逆に使うこと)に見える」「やり直すべきでは」といった声が上がった。
 これに対し、財務省の担当者は「紙幣の肖像は写真を参考にはしているが、印刷局の専門家が原版を彫ったもの」と説明する。
 同省によると、紙幣に使われる…
残り:613文字/全文:1068文字
https://www.asahi.com/articles/ASM4J739GM4JULFA03H.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯