交通事故・渋滞・取締・統計・規制

2018年10月15日 (月)

»スーパーに高齢女性運転の車突っ込む、店長ら2人軽傷 千葉・館山(15日)TBS

15日午前、千葉県館山市にあるスーパーマーケットに74歳の女性が運転する乗用車が突っ込み、店長ら男女2人が軽傷を負いました。
 15日午前10時半前、館山市船形にあるスーパーマーケットに正面から乗用車が突っ込みました。警察と消防によりますと、店にいた57歳の男性店長と49歳の女性従業員の2人が病院へ運ばれ、軽傷です。乗用車を運転していた74歳の女性も肩の痛みを訴えて病院に運ばれ、軽傷だということです。
 警察に対し女性は、「ギアの操作を誤ったまま、アクセルを踏みこんでしまった」という趣旨の話をしているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3498330.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げ車「ラブライブ!」の絵…目撃され逮捕(15日)読売

人気アニメキャラクターを描いた車を運転中に歩行者の女性を転倒させ逃走したとして、静岡県警沼津署は13日、茨城県つくば市、会社員の男(23)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで緊急逮捕した。同署は男の認否を明らかにしていない。
 発表によると、男は同日午後5時頃、沼津市添地町の市道交差点を乗用車で右折した際、横断歩道を渡っていた市内の自営業女性(79)を転倒させ、右手首を骨折させて逃げた疑い。
 110番した60歳代夫婦の「車に女の子が描かれていた」という目撃情報などを手がかりに行方を追ったところ、数十分後に数百メートル離れた路上で男と車を発見した。
 車には沼津市が舞台のアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の人気キャラクターなどが描かれていた。https://www.yomiuri.co.jp/national/20181015-OYT1T50052.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

衝突で車横転、3歳女児が車外に投げ出され死亡(15日)読売

 14日午後5時15分頃、大阪府岸和田市稲葉町の交差点で、軽乗用車と乗用車が出合い頭に衝突し、乗用車が横転した。乗用車に乗っていた堺市中区、井上このみちゃん(3)が車外に投げ出されて全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。
 岸和田署は、軽乗用車を運転していた岸和田市内に住む会社員の少女(19)を、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕。容疑を同致死に切り替えて調べる。
 発表によると、現場は片側1車線の道路の交差点。乗用車にはほかに3人が乗っており、病院に運ばれたが命に別条はないという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181015-OYT1T50007.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

»自宅前で2歳長男死亡、父親運転の車にひかれる(14日)TBS

14日午前、兵庫県高砂市で35歳の父親が運転する乗用車に2歳の長男がひかれ、死亡しました。
 午前9時半ごろ、兵庫県高砂市で「2歳の男の子が車にひかれ、意識がなく呼吸もしていない」と母親から消防に通報がありました。
 警察によりますと、自宅前で35歳の父親が運転する乗用車に2歳の長男がひかれ、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。
 当時、父親は外出しようと自宅の駐車場から車を出そうとしていたところ、警察の調べに「何かを踏んだような違和感を感じて、外に出てみると長男が倒れていた」と話しているということです。
 警察は、父親が長男のいることに気づかず、誤ってひいた可能性があるとみて調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3497697.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»障害者施設利用者ら乗せた車が衝突事故、3人けが(14日)TBS

神奈川県清川村で、バーベキューに向かう障害者施設の利用者らを乗せた車がガードレールに衝突し、小学生2人を含む3人がけがをしました。
 13日正午ごろ、神奈川県清川村で障害者施設の利用者ら5人が乗った車がガードレールに衝突しました。この事故で、乗っていた小学5年生の男の子(10)と小学3年生の男の子(8)、さらに施設職員の女性(62)の3人が頭などにけがをしました。病院に運ばれましたが、いずれも命に別状はないということです。
 警察は、車を運転していた施設職員の青塚秀樹容疑者(53)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。
 警察によりますと、青塚容疑者は施設の利用者や他の職員らとバーベキューに行く途中で、取り調べに対し「不注意で事故を起こした」と容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3497303.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

60歳女性ひかれ死亡 駐車場から車バック、富山(13日)産経

13日午後0時50分ごろ、富山市東富山寿町の市道を歩いていた近くの職業不詳、菅原静子さん(60)が、市道脇にある飲食店の駐車場からバックしてきたワゴン車にひかれ、病院に搬送されたが体を強く打っており、外傷性ショックで死亡が確認された。
 富山県警富山北署によると、ワゴン車を運転していたのは富山県氷見市の男性会社員(49)で、同僚の男性(57)と飲食店で食事して富山市内の会社に戻るところだった。同署が詳しい状況を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/181013/afr1810130016-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

バーベキュー道中に事故 同乗の小学生3人負傷 運転の男逮捕 神奈川・清川村(13日)産経

13日午前11時50分ごろ、神奈川県清川村の路上で、8~10歳の男児3人を乗せた普通乗用車がガードレールに衝突した。車に乗っていた同県秦野市北矢名の小学5年、清田雅斗さん(10)が頭を強く打ち、病院に搬送されたが、命に別条はない。別の男児2人も病院に搬送されたが、快方に向かっている。
 県警厚木署は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の現行犯で、運転していた男を逮捕した。
 同署によると、逮捕されたのは秦野市内の障害者施設職員、青塚秀樹容疑者(53)。「不注意で事故を起こしたのは間違いない」などと容疑を認めている。
 現場は片側1車線のゆるやかなカーブ。青塚容疑者はバーべーキューをするために、施設の児童や同僚職員らと同村の宮ケ瀬ダムに向かっていた最中だったという。
 青塚容疑者は「遅い時間まで酒を飲んでいた」とも話しており、呼気からは道交法上の酒気帯びの基準値(呼気1リットルあたり0・15ミリグラム)未満のアルコールが検出された。
http://www.sankei.com/affairs/news/181013/afr1810130014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げで女性重傷 埼玉・川口(13日)産経

12日午後8時半ごろ、埼玉県川口市宮町の市道で、近くに住むパートの女性(56)が倒れているのを男性が発見し、「歩行者の女性がひかれている」と119番通報した。女性は頭蓋骨を骨折する重傷で、病院に搬送された。同県警川口署は道交法違反(ひき逃げ)の疑いがあるとして、逃走した車を捜査している。
 同署によると、逃走した車はワンボックスカーで、信号機のある交差点を右折する際、横断歩道を歩いていた女性に衝突し、そのまま逃走した。信号は青だった。
http://www.sankei.com/affairs/news/181013/afr1810130006-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»“抱っこひも”で自転車転倒 1歳児死亡、母親を不起訴(13日)TBS

 今年7月、横浜市で母親が1歳の子どもを抱っこひもで抱えながら乗っていた自転車が転倒し、子どもが死亡した事故で、横浜地検は、過失致死の疑いで書類送検されていた母親を12日付けで不起訴処分にしました。
 この事故は今年7月、横浜市都筑区の路上で、母親が、1歳の次男を抱っこひもで前に抱えながら電動自転車に乗っていたところ、バランスを崩して転倒し、次男が死亡したものです。
 母親が左手首にかけていた傘が、前輪付近に挟まったことが原因とみられ、警察は先月、母親を過失致死の疑いで書類送検していましたが、横浜地検は、12日付けで母親を不起訴処分にしました。横浜地検は、処分理由を明らかにしていません。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3496558.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

あおり運転関連、摘発倍増 上半期6千件、高速道路で 道交法違反、警察庁集計(12日)産経

高速道路で前方の車との車間距離を詰めすぎたなどとして、全国の警察が1~6月に道交法違反の車間距離不保持で摘発したのは6130件に上り、昨年同期の3057件から倍増したことが12日、警察庁への取材で分かった。社会問題化したあおり運転に対する取り締まりの強化が影響したとみられる。
 あおり運転をめぐっては、昨年6月に神奈川県大井町の東名高速道路で、無理やり追い越し車線に停止させられた静岡市の夫婦が死亡する事故が発生。その後も各地であおり運転絡みのトラブルが相次ぎ、警察庁は今年1月、悪質で危険な運転に対し、法令を駆使して徹底した捜査を行うよう各都道府県警に指示した。
 都道府県警別の摘発件数を見ると、最多は兵庫の915件。ほかは愛知が714件、静岡が654件など。http://www.sankei.com/affairs/news/181012/afr1810120001-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧