交通事故・渋滞・取締・統計・規制

2017年8月18日 (金)

観光バス横転40人搬送、北海道 清水町の国道(18日)共同

18日午後3時45分ごろ、北海道清水町清水第11線の国道274号で、観光バスが路外にはみ出して道路脇の草むらに数メートル落下、横転した。子供を含む乗客46人、乗員3人の計49人のうち、約40人が病院に搬送された。地元消防によると、けが人は30人程度のもよう。バスを運行する網走観光交通(北海道大空町)によると、関東方面のツアー客を乗せて道内を巡っていた。
 現場は道東自動車道の十勝清水インターチェンジ近くで、片側1車線の直線。周辺は牧草地帯となっている。乗客のけがの程度は不明だが、1人はドクターヘリで運ばれた。
https://this.kiji.is/271186424987860998?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

栃木・日光で崖下に車が転落・炎上、遺体は山形県の70代男性か(18日)TBS

18日朝、栃木県日光市で乗用車が道路からがけ下に転落し、車内から遺体が見つかりました。
 午前6時半前、日光市湯元の国道で「谷底で車が燃えている」と、通行人の男性から110番通報がありました。警察官らが駆けつけると、がけの下で乗用車が燃えているのが見つかり、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、運転席から遺体が見つかりました。
 警察によりますと、乗用車を所有している山形県の70代の男性と連絡がとれていないということで、警察は、死亡したのは、この男性とみて捜査しています。
 18日朝、現場一帯では霧がかかっていたほか、路面が濡れていたということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3133766.html

| トラックバック (0)

車が崖下40メートルに転落し炎上 1人死亡 栃木(18日)テレビ朝日

栃木県日光市の国道で、車が崖の下約40メートルに転落・炎上し、中から1人の遺体が見つかりました。
 18日午前6時20分ごろ、日光市の国道120号の金精トンネル付近を車で通行していた男性から「谷底で車が燃えている」と通報がありました。消防などが駆け付け、火は約1時間後に消し止められましたが、運転席から性別不明の1人の遺体が見つかりました。警察によりますと、現場は緩やかな右カーブで、当時は濃い霧のため、視界が悪かったということです。警察は、金精トンネルを出た車がカーブを曲がり切れずにガードレールを突き破り、約40メートル下に転落したとみて事故の原因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108010.html

| トラックバック (0)

北海道で観光バスが国道脇に転落 約30人負傷か(18日)テレビ朝日

18日午後4時ごろ、北海道清水町で40人乗りの観光バスが転落し、約30人がけがをしたということです。このバスは定員が50人で、40人くらいが乗車していて、負傷者が30人程度出ているということです。現状では、全員意識はあるという情報が入ってきています。国道274号の清水町から日勝峠を越えて、札幌方向へ向かっていたということです。目撃者が110番通報をして、この事故が分かりました。「このバスは国道の脇、約5メートル下に転落した」という第一報が入ってきました。news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108034.html

| トラックバック (0)

飲酒の女、事故後にそのまま居眠りで逮捕 神戸(18日)共同

兵庫県警生田署は17日、酒気帯び運転の疑いで神戸市灘区のスナック経営の女(65)を現行犯逮捕した。同署によると、女は自分の店で酒を飲んだ後、車を運転し、道路沿いの看板に接触する事故を起こしたが、車内でそのまま居眠り。通行人の女性が通報した。
 逮捕容疑は17日午前7時10分ごろ、同市中央区中山手通1の路上で、飲酒した状態で乗用車を運転した疑い。同署の調べに容疑を認めているという。
 同署によると、女は駐車場に止めていた車を、経営する飲食店前まで移動させようと運転したと説明。事故を目撃した女性が「車で看板にぶつかって、そのまま寝ている人がいる」と110番した。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201708/0010470992.shtml

| トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

飲酒の女、事故後にそのまま居眠りで逮捕 神戸(17日)共同

兵庫県警生田署は17日、酒気帯び運転の疑いで神戸市灘区のスナック経営の女(65)を現行犯逮捕した。同署によると、女は自分の店で酒を飲んだ後、車を運転し、道路沿いの看板に接触する事故を起こしたが、車内でそのまま居眠り。通行人の女性が通報した。
 逮捕容疑は17日午前7時10分ごろ、同市中央区中山手通1の路上で、飲酒した状態で乗用車を運転した疑い。同署の調べに容疑を認めているという。
 同署によると、女は駐車場に止めていた車を、経営する飲食店前まで移動させようと運転したと説明。事故を目撃した女性が「車で看板にぶつかって、そのまま寝ている人がいる」と110番した。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201708/0010470992.shtml

| トラックバック (0)

丁字路が十字路に変わった交差点、人身事故多発(17日)読売

青森県弘前市蒔苗の県道と市道が交わる交差点で交通事故が相次いでいることを受け、弘前署は16日、交差点を通る車にチラシを配り安全運転を呼び掛けた。
 この交差点では丁字路から十字路に変わった3月以降、死亡事故を含む人身事故が4件発生。市などがガイドポストの設置などの対策を進めてきたが、事故が続いたため実施した。 同署などによると、この交差点は丁字路だったが、3月30日に市道が新たに開通して十字路になった。信号機はなく、市道側に一時停止の標識がある。 
 その後、4月に軽傷事故が2件発生。5月には盛岡市の50歳代女性の車と弘前市内の80歳代男性の車が出合い頭に衝突し、計6人が重軽傷を負う事故が発生した。
 この事故後、市が赤色灯やガイドポストを設置するなどの対策がとられていたが、今月12日には軽トラック同士が出合い頭に衝突。運転していた市内の80歳代男性が死亡した。
 同署は運転手が早く止まれるように、地面に書かれた「止まれ」の文字の位置を今よりも手前に移動させることを検討しているという。
 16日は署員らが、通りかかる車に一時停止の徹底などを呼びかけた。同署の西村英人交通1課長は「標識に従って一時停止し、しっかり安全確認してほしい。標識がない方も安心せず周囲に注意が必要。暑い中でも緊張感を持って運転してもらいたい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170817-OYT1T50019.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

積み荷のセメント路上に流出 駅前でミキサー車横転(17日)テレビ朝日

東京・北区の王子駅前でミキサー車が横転しました。けが人はありませんでした。
 17日午後1時40分前、北区の王子駅前の路上でミキサー車が横転しました。積み荷のセメントが車の周りに流出しているほか、燃料タンクからも軽油が若干、漏れ出しているということです。警視庁によりますと、20トンのミキサー車が信号を右折したところ、横転したということです。運転していた30代の男性や通行人などにけがはありませんでした。ミキサー車は工事現場で使用するコンクリートを積んでいたということです。運転手の男性は「右折しようとしたら曲がり切れずに横転した」と話しているということです。現場はJR京浜東北線の王子駅の前の明治通り上で、ミキサー車が横転した現場のすぐ横には都電荒川線の線路がありますが、通常通り運行しています。現在、警察官などが路上に流れ出たセメントを回収するとともに、事故原因を詳しく調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107927.html

| トラックバック (0)

首都高速道路で事故 1人重体 5人軽いけが(17日)NHK

17日朝、埼玉県八潮市の首都高速道路の上りで、トラックどうしが追突するなど合わせて4台が絡む事故が起き、男性1人が意識不明の重体、子どもを含む男女5人が軽いけがをしました。
 17日午前8時前、埼玉県八潮市木曽根の首都高速道路6号線上りで、中型トラックが渋滞で止まっていた前方の乗用車に接触したあと、さらに前方の大型トラックに追突するなど、合わせて4台が絡む事故が起きました。
 警察によりますと、4台の車には合わせて7人が乗っていて、このうち追突した中型トラックを運転していた男性が腹などを強く打ち、意識不明の重体となっているほか、子どもを含む男女5人が軽いけがをしたということです。
 現場は八潮本線料金所から北東に1.5キロほどの場所で、この事故で首都高速道路上りは三郷ジャンクションと八潮南インターチェンジの間がおよそ1時間通行止めになりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170817/k10011102291000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

警察官の男性がはねられ死亡 事故後に高速を横断か(17日)テレビ朝日

16日夜、群馬県高崎市の関越自動車道で、男性が車にはねられて死亡しました。男性は事故を起こした後、高速道路を歩いて渡ろうとしていたものとみられています。
 午後9時前、高崎市の関越道を走行していた車から「事故が起きた」と通報がありました。警察によりますと、上り車線で群馬県警の警察官・清水司さん(29)が死亡していて、近くには中央分離帯に接触したとみられる清水さんの乗用車が止まっていました。警察は清水さんが事故を起こした後、歩いて道路を横断しようとしてはねられたとみて、近くに止まっていた車の69歳の女を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。関越道の上りは、高崎ジャンクションと藤岡ジャンクションの間で7時間以上にわたって通行止めになりました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107913.html

| トラックバック (0)

より以前の記事一覧