生活関連事件(生安部の事件 風営法等)

2018年9月14日 (金)

名古屋の無許可風俗店摘発 従業員の男が店内で全裸に(14日)西日本

愛知県警中署などは13日、公然わいせつと風営法違反(無許可営業)の疑いで、名古屋市中区錦3丁目にある風俗店「GOEMON(ごえもん)」を摘発、経営者の大城健太容疑者(34)=同市東区=ら2人を逮捕し、従業員阿多哲平容疑者(25)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は13日午前、無許可の店舗で風俗営業をした上、阿多容疑者が不特定多数の前で全裸になり、公然とわいせつな行為をした疑い。中署によると、3人は容疑を認めているという。
 キャバクラとホストクラブ両方のサービスを提供、名古屋で唯一のダンスショーが見られる店と宣伝していたという。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/449393/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

私服捜査員を風俗店に客引き 容疑で45歳男逮捕 埼玉・越谷(13日)産経

路上で客引き行為をしたとして、埼玉県警越谷署は12日、同県迷惑行為防止条例違反の疑いで、越谷市蒲生南町の無職、沖田義明容疑者(45)を現行犯逮捕したと発表した。逮捕は11日。「声をかけたのは間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は11日午後10時45分ごろ、JR武蔵野線南越谷駅(越谷市)近くの路上で、通行人に「キャバクラ、どう?」などと声をかけ、客引き行為をしたとしている。通行人は警戒中の私服捜査員だった。
http://www.sankei.com/affairs/news/180912/afr1809120017-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

雑居ビルで売春か 「60分1万円」路上で勧誘(20日)テレビ朝日

従業員に売春行為をさせるために個室を提供したとして、東京・豊島区の個室マッサージ店の経営者の男が逮捕されました。
 大内一明容疑者(52)は先月、豊島区の雑居ビルで中国人の女性従業員に売春させるため、店の個室を提供した疑いが持たれています。警視庁によりますと、店に看板などはなく、路上で「60分1万円です」などと男性客を勧誘していたということです。店は去年6月から営業していて、30代から50代の中国人女性6人が働いていましたが、そのうち3人の在留資格は失効していました。取り調べに対し、大内容疑者は黙秘しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000134419.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

客引き仲間の罰金負担 熊本ぼったくり “互助会”設け摘発対策(4日)西日本

 熊本地震発生以降、熊本市内の繁華街の飲食店でぼったくり被害が急増している問題で、熊本県外から進出してきた客引きグループのメンバーが金を出し合ってプールし、警察に摘発された仲間の罰金の一部を肩代わりしていることが分かった。仲間内では「保険制度」と呼ばれ、摘発された後の現場復帰を支えているといい、捜査関係者は「罰金を科す意味がなくなる」と警戒している。
 県警などによると、客引き行為への規制の緩さと復興マネーに目を付け、福岡や大阪から熊本市に進出してきた客引きグループは少なくとも三つあり、各30人前後で構成。人通りの多い「下通アーケード」などにスーツ姿の男やショートパンツ姿の女ら複数の客引きを配置し、酔っぱらった男性を言葉巧みにガールズバーへ連れ込み、1人数万~30万円を請求している。
 現在の熊本県条例では単純な客引き行為は取り締まれないが、つきまとったり、腕を引っ張ったりするなど悪質な場合は県迷惑行為防止条例で摘発でき、50万円以下の罰金が科される。「保険制度」では客引きから1人数万円を集めてプール。罰金刑を科されたメンバーの離脱を防ぐ狙いがあるという。
 ぼったくりではない個人の客引きは「復興関連工事で熊本に来てくれた人が多くいる。街の評判が下がって迷惑だ」と県外グループを批判。一部の地元グループは、悪質な客引き行為を目撃したら県警に通報するよう申し合わせており、7月末時点での今年の通報件数は721件。既に昨年1年間の約5倍に上る。
 県警によると、ぼったくりグループは多い時で1店舗当たり月約500万円を稼いでいる。県警や熊本市は、悪質な行為がなくても客引きを取り締まれる条例の制定を目指しており、熊本中央署生活安全課の馬場泰臣課長は「条例制定前に稼いでおこうと、請求金額を50万円に上げるなどエスカレートしている」と話す。
続く downwardleft

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/438530/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

横浜でカジノ賭博店経営、容疑の57歳男を逮捕 昨年9月から5億4000万円荒稼ぎ(23日)産経

賭博場を開いて客に賭博をさせたとして、神奈川県警生活保安課は23日、賭博開帳図利容疑で、カジノ賭博店経営の老松秀範容疑者(57)=横浜市中区不老町=を逮捕した。「経営者であることに間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は今月2日午前6時5分ごろ、同市中区相生町の雑居ビル地下1階にあるカジノ賭博店「Gets(ゲッツ)」で、共謀してアルバイト男性(35)にトランプを使った「バカラ」と呼ばれる賭博をさせ、コミッション料名目で金銭を徴収したとしている。
 同課は同日、店長と従業員の計4人を賭博開帳図利容疑で現行犯逮捕し、11日には現金の運搬役の男を同容疑で逮捕していた。ほかにも共犯者がいるとみて捜査していたところ、店の公共料金の契約者名義などから老松容疑者が浮上したという。同店は昨年9月ごろに開店し、約5億4千万円を売り上げていたとみられている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180723/afr1807230024-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

女性警察官チーム、避難所巡回 悩みに耳傾ける(15日)日経

西日本豪雨で甚大な被害が出た広島県で、女性警察官を中心とした県警の特別生活安全部隊「メイプル隊」が避難所を巡回している。他県警からの応援も含め30人体制で10組を編成。防犯活動に加えて避難者の要望や悩みを聞き取っており、「男女問わず様々な方から安心して相談できると好評」(県警)という。
 15日、避難所となっている同県坂町の交流施設で、隊の女性警察官が「体の具合はどうですか」と声をか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33024010V10C18A7CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

法定金利の29倍で…ヤミ金業者の元経営者ら2人逮捕(13日)テレビ朝日

無許可のうえ、法定の最大29倍の利息で金を貸し付けていたとしてヤミ金業者の元経営者ら2人が逮捕されました。
 「エルテック」の元経営者・細渕雄樹容疑者(42)ら2人は去年、無登録で貸金業を営み、埼玉県の会社役員の男性(当時65)ら2人に法定金利の最大29倍で金を貸し付けて約140万円の利息を受け取った疑いが持たれてます。
 警視庁によりますと、細渕容疑者らは会社の経営者など14万人分の名簿をもとに電話で勧誘していました。おととし以降、客50人ほどから約1650万円の利息を受け取っていたということです。2人は容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131647.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

歌舞伎町の違法パチスロ 1年で1億円超の売り上げか(7日)テレビ朝日

東京・新宿区歌舞伎町の違法パチスロ賭博店が摘発され、店の責任者ら4人が逮捕されました。店は1年間で1億2000万円以上を売り上げていたとみられます。
 パチスロ賭博店「MAX」の責任者・宮崎正人容疑者(44)と従業員3人は4日、歌舞伎町のビルの地下1階でパチスロ機48台を設置して客を相手に常習的に違法な賭博をしていた疑いが持たれています。警視庁によりますと、宮崎容疑者らの店は去年7月以降、約1億2500万円を売り上げていたとみられます。店の入り口には看板などはなく、会員からの紹介や路上で客引きをしていたということです。宮崎容疑者らは容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131172.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

»東京・六本木でキャバクラ無許可営業か、経営者の男を逮捕(6日)TBS

東京・六本木の飲食店で無許可で女性従業員に接客をさせたとして、店の経営者の男が警視庁に現行犯逮捕されました。
 逮捕されたのは、六本木の飲食店「ニャゴ」の経営者・長谷憲太容疑者(39)で、4日、無許可で20代と30代の女性従業員2人に接客させた疑いがもたれています。
 長谷容疑者は摘発を逃れるため、女性従業員を客の横ではなく、足元の絨毯に座らせて接客させていたということです。店には女性従業員がおよそ20人在籍し、売り上げは年間1億円に上るということです。
 取り調べに対し長谷容疑者は「風営法の許可を取ると深夜1時までしか営業できない。警察にバレないと思っていた」と容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3415230.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

横浜でカジノ店開き客に賭博させる 容疑の店長ら逮捕(2日)産経

賭博場を開いて客に賭博をさせたとして、神奈川県警生活保安課は2日、賭博開帳図利容疑で、カジノ賭博店店長、岡本高浩容疑者(34)=横浜市南区中村町=と従業員3人を現行犯逮捕した。いずれも容疑を認めている。
 逮捕容疑は、同日午前6時5分ごろ、同市中区相生町の雑居ビル地下1階にあるカジノ賭博店「Gets(ゲッツ)」で、共謀して同市西区のアルバイト男性(34)にトランプを使った「バカラ」と呼ばれる賭博をさせ、コミッション料名目で金銭を徴収したとしている。
 同課によると、同店は少なくとも昨年9月には開店していたとみられ、これまでに約5億4千万円を売り上げていたとみられている。店内からはバカラ台4台やスロット機5台などの他、現金約450万円が見つかった。店には出入り口を含め、合計20台の監視カメラが設置されていたという。同課は他にも共犯者がいるとみて捜査を進めている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180702/afr1807020024-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯