カテゴリー

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)

2021年11月30日 (火)

着物を違法販売 呉服販売店の社長(48)ら逮捕 認知症の高齢者の客も(30日)TBS

 近畿一円に店を展開する大手呉服販売店の社長らが、客から複数回にわたり前払い金を受けとるなど違法な販売方法をとっていたとして逮捕されました。客の中には認知症の高齢者もいたということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4415751.html

2021年11月18日 (木)

希少ワニ骨格標本密輸疑い 通販会社代表の男逮捕(18日)産経

ワシントン条約で国際取引が規制されている希少なワニ「ミシシッピワニ」の骨格標本を密輸入したとして、警視庁生活環境課と中央署などは外為法違反と関税法違反の疑いで、骨格標本の販売などを手掛ける「コアボックス」代表取締役、柴垣幸弘容疑者(57)=名古屋市北区池花町=を逮捕し、法人としての同社を書類送検した。柴垣容疑者は「売り上げを上げたかった」などと容疑を認めている。
逮捕、書類送検容疑は昨年2月、経済産業相の承認を受けず、ミシシッピワニの骨格標本1体を「オモチャ、フィギア、動物パーツセット」と偽り密輸入したとしている。
生活環境課によると、ミシシッピワニは米国南東部の河川などに生息するワニで、体長は約3~4メートル。骨格標本も含め、海外への輸出は厳しく規制されている。柴垣容疑者は米国在住の知人に骨格標本を購入させ、別の箱に移し替えて輸入していた。輸入後は約100万円で客に販売したという。
他にも柴垣容疑者はこの知人を通じ、平成29年3月から今年6月にかけ、ワニの標本など100点以上、約300万円分を輸入していた。別事件の捜査中に密輸入が発覚したという。
https://www.sankei.com/article/20211118-2RNC6U6XPFKQJOOUZWRKETSQBE/

2021年11月11日 (木)

運用会社変え、勧誘継続 容疑者、配当停滞隠す狙いか―警視庁(11日)時事

 投資グループ「ジュビリー」による金融商品取引法違反事件で、警視庁に逮捕された会社役員玉井暁容疑者(53)らが出資を募る投資運用会社を次々と変え、勧誘を繰り返していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 同庁生活経済課は、出資者への配当の支払いに行き詰まると会社を変え、出資金の募集を続けようとしたとみて調べる。
 玉井容疑者らは、無登録で約1700万円相当の暗号資産(仮想通貨)の出資を募ったとして逮捕された。
 捜査関係者などによると、玉井容疑者らは2019年4月、人工知能(AI)を使った自動取引で月利20%を保証するなどと説明し、投資運用会社「ジュビリーエース」への出資の勧誘を開始。20年夏ごろには「第2のビジネス」「進化したAIを導入」などと宣伝し、さらに高い配当を出すとうたう「ジェンコ」でも資金を募り始めた。
 20年11月に出資者が両社からの配当を引き出せなくなったが、今年5月には、ビッグデータを使って利益を生むとして、「グローバリティクス・テック・リサーチ(GTR)」への投資を呼び掛けた。
 出資者には「投資運用会社はいずれも海外に所在する」と説明。出資額を10万円以上に設定し、高配当を保証するなどと説明していた。
 玉井容疑者らは全国の大学生らに暗号資産の出資を募り、約650億円相当を集めた疑いがあり、同庁が調べている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111001200&g=soc

2021年11月10日 (水)

スカウトグループ「社長」ら、職安法違反容疑 月3千万円超の収益か(10日)朝日

性風俗店に女性を紹介したとして、スカウトグループの実質的代表の男らが職業安定法違反(有害業務の紹介)容疑で逮捕された事件で、このグループが「性風俗班」や「キャバクラ班」などの複数の班で役割分担していたことが、愛知県警の調べでわかった。実質的代表は「社長」と呼ばれ、その下の幹部が班を統括し、組織的に活動していたという。
 県警は9日、実質的代表で自称探偵業大野武之(33)、グループ幹部の自称コンサルタント業鈴木一成(26)、職業不詳宮田莉邦(りく)(23)の3容疑者を同法違反の疑いで再逮捕し、新たに自称大学生大野賢(まさる)容疑者(23)を逮捕した。4人は容疑を否認または留保しているという。
 捜査4課によると、グループは約40人で東海地方最大。名古屋市中心部の錦三(きんさん)や栄地区で女性に声をかけるなどしていた。紹介先はキャバクラやクラブ、デリヘルなど100店舗以上という。鈴木容疑者が売り上げ管理などをし、各班を統括。宮田容疑者は「性風俗班」の「班長」、大野賢容疑者は同班のメンバーとみられる
 スカウトらは、店側から紹介料や、女性の売り上げの約15%を報酬として受け取るなどしていた。「ノルマ」も課されていたという。グループ全体の収益は多い月で3千万円を超えていたといい、県警は、一部が暴力団の資金源になっていたとみて調べる。
 再逮捕容疑は、4人は昨年7月17日ごろ、同市北区のファッションヘルスに、当時19歳の女性を働かせる目的で紹介したというもの。
https://www.asahi.com/articles/ASPC96GKJPC9OIPE01M.html

2021年10月31日 (日)

犯罪最前線 アダルト商品丸見え「まんだらけ」摘発の舞台裏(31日)産経

中古の漫画や映像ソフトなどを取り扱う古書店チェーン「まんだらけ」が今月22日、営業が禁止されている区域でアダルト商品専門店「禁書房」を営業していたとして、風営法違反の疑いで警視庁保安課に書類送検された。禁書房は以前から営業をめぐって周囲の店とトラブルになっており「取り締まられてよかった」との声が上がる一方、SNS上などでは「他のアダルトショップはなぜ摘発されないのか」という意見も出ている。背景には、アダルトショップなどの風俗店営業に課される規制の厳しさが存在している。

禁止区域で営業

警視庁保安課に書類送検されたのは、まんだらけの法務担当役員の男(60)と、法人としての同社。同社は8月28日、中野ブロードウェイ(東京都中野区)4階にアダルトDVDや写真集などを専門に扱う「まんだらけ中野店 禁書房」を開店させたが、同店は風営法などでアダルトショップの営業が禁じられている、病院から周囲200メートルの区域内に存在していた。
9月以降、中野署に匿名の苦情が相次ぎ、保安課がその後計4回、役員の男に営業改善の指導を行った。しかし禁書房は営業を続けたため、同課は14日に店へ立ち入りを行い、商品など計約2500点を押収。約1カ月の捜査の後、書類送検へ踏み切った。
役員の男は「安易に考えてしまった」などと容疑を認めている。
続きを読む
https://www.sankei.com/article/20211031-TR3P7BNCYRJYPOHB4ONQCUT3GU/

2021年10月19日 (火)

オークションで販売容疑 偽版画事件で元画商追送検―警視庁(19日)時事

有名画家の偽版画が大量に流通していた事件で、警視庁生活経済課は19日、偽作2枚をオークションで販売したとして、著作権法違反容疑で、元画商の加藤雄三被告(53)=同法違反の罪で起訴=を追送検した。

偽版画、元画商ら2人逮捕 東山魁夷作品を無断複製―著作権法違反容疑・警視庁

 送検容疑は2018年2月と20年7月、東京都中央区で開催された画商向けのオークションで、東山魁夷の偽版画2枚を出品。著作権者の許諾がないことを知りながら、画商の男性2人に「草青む」を33万円、「風吹く浜」を40万円で販売した疑い。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101900865&g=soc

2021年10月18日 (月)

AIで「無修正AV」作成  動画加工疑い男逮捕、京都(18日)共同

京都府警は18日、人工知能(AI)を使用してアダルトビデオ(AV)のモザイク部分を加工し、無修正のような動画を作ってインターネット上に公開したとして、著作権法違反とわいせつ電磁的記録陳列の疑いで、兵庫県高砂市に住む自営業の40代男を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、男は不鮮明な画像を補完して解像度を上げるAI技術「TecoGAN」を活用した動画編集ソフトを使った。自分のサイトなどを通じて注文を募り、モザイクなしに見えるよう加工した動画を投稿サイトなどで販売。昨年12月から今年8月ごろ、計約1100万円を売り上げたとみられる。
https://nordot.app/822671050602823680?c=39546741839462401

2021年10月11日 (月)

歌舞伎町のパチスロ賭博店摘発 大量のパチスロ機押収(11日)TBS

東京の新宿・歌舞伎町でパチスロ賭博店が摘発され、店長の男らが逮捕されました。

記者
 「違法賭博店から、次々とパチスロ機が運び出されてきました」
 常習賭博の疑いで摘発されたのは、新宿区歌舞伎町のパチスロ賭博店「バカボン」で、店長の荒木孝弘容疑者(51)ら2人が逮捕されました。
 荒木容疑者らは、店にパチスロ機47台を設置し、客を相手に賭博をした疑いが持たれていて、この店で賭博をしたとして、20代から30代の客の男女12人も逮捕されました。荒木容疑者らはいずれも容疑を認めていて、利用客は「コロナ禍でも夜通し遊べて最高だった」などと話しているということです。
 店は去年6月ごろから営業を始め、午後9時から翌日の昼まで店を開けて、およそ1億7000万円を売り上げていたとみられています。警視庁は、売上金が暴力団に流れていた可能性もあるとみて調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4379511.html

2021年10月 5日 (火)

「Snow Man」複製DVD販売、容疑で男逮捕(5日)産経

無断で複製されたアイドルグループ「Snow Man(スノーマン)」や「嵐」のDVDを販売したとして、奈良県警橿原署などは5日、著作権法違反の疑いで、大阪府吹田市のアルバイト従業員、醍醐直史容疑者(32)を逮捕した。同署によると、容疑を認め、「いろんな府県で売っていた」と供述しているという。
逮捕容疑は今年3月3日、奈良県橿原市内のリサイクルショップで、無断で複製されたSnow ManなどのライブDVD7点を計約5万6千円で買い取らせ、著作権を侵害したとしている。
同店から橿原署に「海賊版DVDを買い取らされたかもしれない」と相談があり、被害が発覚。同署が余罪を調べている。
https://www.sankei.com/article/20211005-4DNPQJ2X5JITLN557QGFYYYJ2M/

2021年10月 4日 (月)

緊急事態宣言中も…無許可キャバクラ営業容疑の2人逮捕 警視庁(4日)産経

無許可でキャバクラを営業したなどとして、警視庁生活安全特別捜査隊は風営法違反(無許可営業)の現行犯で、東京都新宿区歌舞伎町のキャバクラ「ひまわり」経営、山腰金(かな)容疑者(44)=豊島区上池袋=と、同法違反(客引き行為)容疑で、中国籍の同店従業員、任玉云(レン・ユウユン)容疑者(46)=品川区小山=を逮捕した。山腰容疑者は「コロナで客も来ないので面倒くさいと思って許可をとらなかった」と容疑を認め、任容疑者は容疑を否認している。
山腰容疑者の逮捕容疑は3日、歌舞伎町の店舗で、無許可でキャバクラを営んだとしている。任容疑者の逮捕容疑は5月15日、歌舞伎町の路上で「日本人の若い子いっぱいいる」などと通行客につきまとい、客引きしたとしている。
山腰容疑者は今年2月に店を開店。新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言中も酒類の提供を行い、午後9時~翌午前5時ごろまで営業していたという。

https://www.sankei.com/article/20211004-SZK5EIEZONO3PMKA7ZCC7KOHVY/

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ