偽札・偽造・模造

2019年5月13日 (月)

»長崎・壱岐市のイベント会場で偽の5千円札が見つかる(13日)TBS

12日に長崎県壱岐市で開かれていたイベントで、偽の5千円札が見つかりました。 上が本物の5千円札、下が見つかったニセ札です。両面がカラーコピーされていて、一部インクがにじんでいました。
 12日午前10時前、郷ノ浦町で開かれていた「八日市」に出店していた焼き鳥店で見つかりました。中年の男が100円の焼き鳥2本を買う時に出されていたもので、男は店主が両替のために店を出た間に逃げていたということです。
 イベントを主催した壱岐市商工会青年部によりますと、偽の五千円札は、他にも3つの店で1枚ずつ、合わせて3枚見つかっているということです。警察が偽造通貨行使の疑いで捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3672367.html

| コメント (0)

2019年5月11日 (土)

偽造在留カード横行 「最短2日」拠点、国内にシフト(11日)日経

不法な滞在や就労に悪用される偽造在留カードの売買が横行している。短期間で入手したい客の要望を受け、近年は偽造の拠点が海外から国内に移ってきた。注文から「最短2日」で届ける業者もいる。本物に似せる技術はより精巧になっており、法務省などは雇用主らに確認の徹底を求めている。
「誠心誠意、作ります」「お手ごろ価格で最高品質」。中国人やベトナム人がよく使う交流サイト(SNS)には、偽造在留カードの宣伝をす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44660640Q9A510C1CN8000/

| コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

中学校売店で偽千円札 パン代金、生徒が偽造か(9日)産経

福岡県大野城市教育委員会は9日、市立中1校の売店で、カラーコピー機で偽造したとみられる千円札2枚が売上金から見つかったと明らかにした。パンを売店で購入する教職員が少ないこともあり、市教委は生徒が偽造した可能性が高いとみている。相談を受けた県警春日署は通貨偽造・同行使の疑いで調べている。
 市教委によると、偽札は4月末に大野東中で見つかった。2枚とも紙幣番号は同一だが、画像が不鮮明。はさみなどで切って形を整えたとみられる。売店の80代女性店員が同月分のパン代金を一括集計した際、紙幣を並べていて「色が本物と違う」と気付いた。
 同校では生徒が昼食のパンを買う場合、希望する商品と個数を注文書に記し、個別に配られている収納袋に代金を入れる。クラスで取りまとめた袋を担当教員が集め、職員室内のコンテナへ。収納袋と注文書を午前中に売店が回収し、パンを用意する。
https://www.sankei.com/affairs/news/190509/afr1905090020-n1.html

| コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

偽造カード製造拠点か 警察摘発(8日)NHK

大阪市内のコンビニエンスストアで偽造クレジットカードを使って商品をだまし取ったとして25歳のマレーシア人が逮捕され、居住先からおよそ1600枚の偽造カードなどが押収されました。
全国でマレーシア人による同様の事件が相次ぐ中、警察は偽造カードの製造拠点の1つだったとみて捜査しています。

逮捕されたのは、マレーシア人のエン・ピン・ジア容疑者(25)です。
警察によりますと、エン容疑者は先月11日、大阪・難波のコンビニで偽造クレジットカードを使って電子たばこをだまし取ったとして詐欺などの疑いが持たれています。
警察は先月、居住先の大阪・東成区にあるマンションの1室を捜索し、カードおよそ1600枚や偽造に必要なホログラム、それにプリンターなどを押収しました。
マレーシア人による偽造クレジットカードを使った詐欺事件は全国で相次いでいます。
逮捕されたエン容疑者は日本への短期滞在を繰り返し、今回、借りていた部屋には複数人の出入りが確認されているということで、警察は偽造カードの製造拠点の1つだったとみて捜査しています。
調べに対し詐欺などの容疑を認める一方、偽造行為には関わっていないと供述しているということです。

現場のマンションは、戸建てやアパートが建ち並ぶ住宅街の一角にあります。
近所の女性によりますと、居住者の多くが外国人のため、近所づきあいもないということです。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190507/0015237.html

| コメント (0)

2019年4月25日 (木)

マイタケを秋田産と偽装 群馬、静岡産が混入(25日)共同

秋田市の化学品メーカー、秋田十條化成は24日、2015年1月~18年10月に群馬や静岡県産などが入ったマイタケを秋田県産と偽り販売していたと発表した。数量は約2500キロで約500万円に上る。社内調査で発覚し県に報告、4月に県の立ち入り検査を受けた。
 同社は「秋田華まいたけ」のブランド名で県内外の飲食店などに販売。生産が受注に追い付かない時に他県産を交ぜ、産地を正確に説明していなかったという。
 広報担当者は「顧客の信頼を裏切り大変申し訳ない。再発防止を徹底する」と話している。
https://this.kiji.is/493768335469937761?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年4月23日 (火)

»「偽JCBギフトカード」使用で逮捕(23日)TBS

全国各地で出回っている偽物のJCBのギフトカードを使い、10万円相当の指輪をだまし取ろうとしたとして、41歳の男が警視庁に逮捕されました。 偽造有価証券行使などの疑いで逮捕されたのは、職業不詳の加藤誠容疑者(41)で、今月中旬、江東区の貴金属店で偽物のJCBのギフトカード20枚を使って10万円相当の指輪をだまし取ろうとした疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、加藤容疑者が使用したのは最初の番号が「6」の偽造ギフトカードで、今月に入って全国でおよそ600枚見つかり、JCBが注意を呼びかけていました。
 加藤容疑者は容疑を否認し、「人からもらったものだ」と供述しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3655190.html

| コメント (0)

2019年4月22日 (月)

偽造ギフトカード行使、容疑の男逮捕 JCBが注意喚起(22日)産経

偽造したJCBのギフトカードを使って貴金属店で指輪を購入しようとしたとして、偽造有価証券行使と詐欺未遂の疑いで、警視庁城東署は、東京都江東区北砂、職業不詳、加藤誠容疑者(41)を逮捕した。JCBは各地で同様の偽造券が出回っているとして注意を呼び掛けている。 JCBによると、5日時点で、実際には存在しない発行会社と券番号の組み合わせを記した偽造5千円券を約600枚確認。その後も見つかっているという。
 逮捕容疑は13日、江東区の貴金属店で偽造券を使って指輪2点(販売価格計約10万円)をだまし取ろうとしたとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190422/afr1904220033-n1.html

 

| コメント (0)

2019年4月10日 (水)

日本の偽札2億円分押収=「聖徳太子」、中国から密輸-台湾(10日)時事

 【台北時事】台湾の捜査当局は9日、台北郊外・新北市の民家から、聖徳太子の描かれた旧1万円札の偽札を2億2879万円分押収したと発表した。当局は、大量の偽札を中国から密輸し、多額の利益を上げたとして、民家に住む67歳の女を同日までに逮捕。台湾での日本円の偽札押収額としては、過去最大規模とされる。
政府、24年に紙幣デザイン刷新=1万円渋沢栄一・5千円津田梅子・千円北里柴三郎

 当局や地元メディアによると、女は2012年に5億円分の偽札を中国から密輸。アジア各国で偽1万円札を1枚8000~8500円で売りさばいていた。客から札の由来を聞かれると「日本軍が戦後、国民党に渡したものを手に入れた」などとうその説明をしていたという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040901278&g=int

| コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

「偽造防止のためデザイン変更」と菅長官 二千円札は「偽造防止の必要性低い」(9日)産経

菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、一万円、五千円、千円の紙幣(日本銀行券)を全面的に刷新することについて「これまでも偽造防止の観点から、おおむね20年ごとにデザイン変更を行ってきた。今回もそうした観点から変更することにした」と述べた。
 二千円の紙幣を刷新しないことについては「流通枚数が少なく、偽造防止の必要性が低い」と説明した。

| コメント (0)

2019年3月28日 (木)

»偽造在留カード売人を中国で直撃(28日)TBS

来月から外国人労働者の受け入れが拡大されますが、違法に日本に滞在しようとする外国人が使う偽造在留カードの摘発が急増し、去年、過去最多となったことがわかりました。JNNは、中国で偽造カードの売人を発見、直撃しました。 今年1月、東京入国管理局は、埼玉県川口市の在留カード偽造拠点を摘発しました。
 偽造在留カードの摘発は急増していて、警察庁は28日、去年の摘発件数が620件と過去最多を更新したと発表しました。捜査関係者は、偽造在留カードの入手が容易になってきていることが背景にあるとみています。
 このマンション一室では、千数百枚の在留カードが偽造されたとみられますが、材料は中国・福建省から送られてきていたことが、その後取材で明らかになりました。JNNが現地へ向かうと、当該する住所にあったのは雑居ビルでした。
 「うわ~、これすごい、何これ。全く電気がありませんね。鉄の扉が等間隔にあります。おそらく倉庫だと思われます」(記者)
聞き込みをすると、近くにある郵便局の前にいる売人の女性たちが偽造在留カードについて知っているという有力な情報が飛び込んできました。 
 「(日本の在留カードありますか?)在留カードあるよ。1枚500~600元だよ。1時間か2時間で作れるよ」
 サンプルの写真を見せてもらうと、本物と酷似したホログラムまで施されています。
 毎月始まる新たな在留資格の管理においても重要な役割を担う在留カード。偽造を見破るためのチェック体制の強化も課題です。
http://news.tbs.co.jphttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3633233.html/newseye/tbs_newseye3633233.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯