カテゴリー

偽札・偽造・模造

2020年11月13日 (金)

偽造クーポン使用の容疑者「コロナで生活苦しく」 宮城(13日)朝日

偽造クーポン券を使ったとして偽造有価証券行使の疑いで宮城県警に逮捕されたサービス業千葉良一容疑者(32)=多賀城市明月1丁目=が、調べに「新型コロナの影響で給料が激減し、生活が苦しかった」と話していることがわかった。

 塩釜署が明かした。署によると、使われたのはコロナ禍対策で地元商工会が発行した「生活応援クーポン券」の写し。千葉容疑者は6月9日、市内のコンビニで1枚(1千円分)を使った疑いがもたれている。
https://www.asahi.com/articles/ASNCF3D09NCDUNHB00S.html

2020年11月 9日 (月)

偽1万円札でタクシー運賃支払い 容疑で22歳男を逮捕 警視庁(9日)産経

タクシー運賃の支払いで偽造した1万円札を使ったとして、警視庁捜査2課は偽造通貨行使容疑で、東京都足立区柳原の無職、千葉風海(かざみ)容疑者(22)を逮捕した。「偽札は自分で作った。作れたので使ってみた」などと容疑を認めている。同課は動機など詳しい経緯を調べる。
 逮捕容疑は今年3月中旬の深夜、足立区内で、近くの北千住駅から乗車したタクシーの運賃を支払う際、偽造した1万円札を使ったとしている。
 同課によると、運賃は約1000円で、千葉容疑者はお釣りとして9000円程度を得ていた。偽札は精巧な作りではなかったものの、運転手の男性は受け取り時には気づかず、売り上げの清算段階で認識し、同庁へ届け出たという。
 千葉容疑者の住居などから同種の偽札などは見つかっていない。また、当時、タクシーに同乗していた知人の男性がおり、同課が事情を聴いている。
https://www.sankei.com/affairs/news/201109/afr2011090007-n1.html

2020年11月 5日 (木)

不法滞在者向け偽車検ステッカー横行 車を犯罪に悪用(5日)日経

車を手に入れたい不法滞在者向けの違法なビジネスを、愛知県警が相次いで摘発した。捜査の過程で偽の検査標章(ステッカー)が横行し、名義が日本人のままの中古車がベトナム人らに広く販売されている実態が判明した。別の犯罪に使われた車もあり、県警は「外国人犯罪の温床になりかねない」と警戒する。
「これまでに偽のステッカーを1200枚ほど売った」。10月、道路運送車両法違反などの疑いで逮捕された茨城県のベトナム人の男(31)は調べにこう供述した。愛知県警によると、フェイスブックを見た客と取引し、2年半で約360万円の売り上げがあった。
主な客は不法滞在になったベトナム人らだ。有効な身分証を持たないため、車を持っていても車検を通らない。偽のステッカーはカラーコピーした紙を貼り合わせ、テープで巻く簡素な構造だが、捜査幹部は「有効期間を示す数字にしか目が行かず、偽物と見抜くのは難しい」と語る。
9月には不法滞在者らに車を売っていた日本人の業者が摘発された。岐阜県安八町の30代の中古車販売業の男は、自身の名義のまま中古車を15万~20万円ほどで繰り返し販売したとみられている。自身が車検や自賠責保険の支払いを免れるため、車検登録の窓口に「ナンバープレートを紛失した」と偽り、登録を抹消した疑いがある。
2018年12月以降、この男の名義のまま80台の中古車が売られ、延べ64台が24府県で当て逃げ事件や無免許運転などを起こした。富山県警が摘発した窃盗事件では車を使っていたベトナム人が「盗んだ物の運搬に車が必要だった」と話したという。移動手段として車が欠かせない地方を中心にこうした手口が横行している恐れがあり、捜査幹部は「今回のケースは氷山の一角の可能性がある」とみている。(植田寛之)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65845850U0A101C2CN8000/

あつ森の偽カード販売疑い 横浜の女逮捕、新潟県警(5日)産経

任天堂の人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」のキャラクターが利用できるようになる偽カードをインターネット上で販売したとして、新潟県警は5日、商標法違反などの疑いで、横浜市港北区日吉本町、会社員、好川(よしかわ)葵容疑者(32)を逮捕した。
 逮捕容疑は6月下旬にフリーマーケットアプリ「ラクマ」で、「あつまれ どうぶつの森」のキャラクター情報が入った偽カード3枚を新潟県の男性と長野県の男性に計5900円で販売した他、自宅で偽カード969枚を所持していたとしている。
 好川容疑者が違法にデータをダウンロードして偽カードを作成したとみられる。県警は5月から、フリマアプリなどで800枚以上を出品し、約160万円を売り上げたとみて裏付けを進める。
 県警が6月中旬、サイバーパトロールで見つけ、捜査を進めていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/201105/afr2011050003-n1.html

2020年10月30日 (金)

「おおいた和牛」産地偽装 ふるさと納税の返礼品(30日)

大分県は30日、大分市の食肉販売会社「肉のヨシモリ」が県外産の和牛肉約230キロを大分県産のブランド牛「おおいた和牛」などと原産地を偽って表示し、販売していたと発表した。産地を偽装した牛肉は、同県佐伯市のふるさと納税の返礼品として既に寄付者に全て発送済みとみられ、県や佐伯市が今後の対応を検討している。
 県の調査に対し、同社の吉森千利代表取締役は「返礼品の受注が急増し、仕入れが間に合わなかった」と話し、偽装表示を認めているという。
 市は返礼品が全て寄付者に発送されたとみており、回収は困難という。
https://www.47news.jp/national/5439362.html

2020年10月27日 (火)

「鬼滅の刃」海賊版を販売した疑い 男逮捕、犯意を否認(27日)朝日

人気アニメ「鬼滅の刃」の海賊版DVDを販売したとして、茨城県警は27日、会社員服部弘太郎容疑者(40)=福岡県那珂川市松原=を著作権法違反の疑いで逮捕し、発表した。「DVDを売ったのは間違いない」と話す一方、「海外で扱われている正規品だと思った」などと、犯意を否認しているという。
 県警によると、服部容疑者は3月ごろ、違法に複製された同作全26話のDVD3枚組み(税込み9700円)をインターネット上の大手ショッピングサイトで茨城県内の女性2人に販売し、アニメ配給会社「アニプレックス」(東京)の著作権を侵害した疑いがある。今年春ごろ、県警に配給会社から情報提供があったことなどから捜査を進めていた。

 県警が服部容疑者の輸入状況を税関に照会したところ、9月下旬に同作を含むDVD約600枚が輸入されていることが分かり、大阪税関を通じて押収した。
 服部容疑者の口座には2019年5月~今年4月、海賊版の販売で売り上げたとみられる1150万円が入金されていたという。服部容疑者は「マレーシアから輸入して販売していた」と供述しているといい、県警は余罪があるとみて、入手経路などを詳しく調べている。
https://www.asahi.com/articles/ASNBW5TH9NBWUJHB00W.html

2020年10月22日 (木)

在留カード偽造組織を摘発 所持容疑で女2人逮捕(22日)共同

偽造した在留カードを所持したとして兵庫、埼玉両県警が入管難民法違反の疑いで、いずれも中国籍の埼玉県上尾市、34歳無職の女と東京都足立区、28歳会社員の女を逮捕していたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。両県警は中国人犯罪組織による大量のカード偽造拠点を摘発しており、2人が組織の一員とみて調べる。
 捜査関係者によると、会員制交流サイト(SNS)上のやりとりを調べた結果、中国人犯罪組織の関与が浮かんだ。逮捕した2人はブローカーとしてSNS上で顧客を募り、不法滞在者や技能実習生、留学生を対象に偽造カードを販売していたとみられる。
https://www.47news.jp/national/5402259.html

2020年10月21日 (水)

“公式そっくり” 偽の通販サイト 消費者庁が注意呼びかけ(21日)NHK

人気の家電や家具などの公式の通販サイトとそっくりな偽サイトが作られていました。この偽サイトを通じて注文した人たちから、商品が届かないなどの相談が相次いでいることから、消費者庁が注意を呼びかけています。
見つかったのは掃除機などで知られる電機メーカー「ダイソン」や家具の通販サイト「LOWYA」などの公式の通販サイトに見た目がそっくりな偽のサイトです。
偽サイトは、商品の画像や文章は公式サイトと同じで、デザインもそっくりに作られていて、見た目だけでは偽サイトと見分けることが難しいということですが、販売価格は、公式のサイトよりも大幅に割り引きされた価格が表示されていました。
全国の消費生活センターなどには、これらの偽サイトに関する相談がことし8月の1か月間で、合わせて370件、寄せられているということで、代金を支払ったのに商品が届かないケースや全く違う商品が送られてきたケースなどがあったということです。
 消費者庁の調査では、偽サイトで振込先とされていた銀行口座の中には、不正に転売された口座も含まれていたということです。
このため、消費者庁は購入する際には通販サイトのURLや内容に不審な点が無いかをよく確認することや、直接、会社に問い合わせるなどして正しいサイトかどうかを確認するなど注意を呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201021/k10012674261000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

2020年10月 9日 (金)

車検で偽造書類提出、男2人逮捕 盗難車を不正転売か(9日)産経

偽造した自動車通関証明書を用いて盗難車の車検を不正に通したなどとして、警視庁交通捜査課などは偽造有印公文書行使などの疑いで、東京都葛飾区東立石、職業不詳、幸家直樹容疑者(37)と渋谷区恵比寿、職業不詳、田村航容疑者(32)を逮捕した。2人は容疑を否認しているという。
 交通捜査課によると、盗難車の車体に刻まれている車台番号を別の車の車台番号に打刻し直し、偽造された自動車通関証明書を用い輸入車と偽って盗難車の車検を不正に通し、転売しようとしていた。
 交通捜査課は組織的犯行とみており、盗難の経緯や偽造された自動車通関証明書の入手経路などを調べている。これまでに20台以上の余罪があるとみている。
 逮捕容疑は令和元年11月25日、東京都足立区の足立自動車検査登録事務所に偽造した自動車通関証明書を提出し盗難車の車検を不正に通したなどとしている。
 事務所の職員が自動車通関証明書を不審に思い、警視庁竹の塚署に通報したことで発覚した。車はいずれも大阪で盗まれたものだったという。
https://www.sankei.com/affairs/news/201009/afr2010090015-n1.html

2020年10月 7日 (水)

人気ブランドの偽物アイフォンケース販売で男逮捕(7日)TBS

人気ブランド「アニエスベー」の偽物のアイフォンケースを販売したとして、無職の男が逮捕されました。
 商標法違反の疑いで逮捕されたのは、静岡県の無職・竹下裕太容疑者(27)です。竹下容疑者は今年6月、2回にわたって群馬県内の女性(26)に対し、人気ブランド「アニエスベー」の偽物のアイフォンケース18個を販売した疑いが持たれています。
 警察によりますと、先月、この女性が「アニエスベー」の偽物のアイフォンケースを販売した疑いで書類送検された事件を捜査する中で、竹下容疑者が浮上したということです。調べに対して、竹下容疑者は容疑を認め、「生活費のためにやった」などと供述しているということです。
 竹下容疑者は2年ほど前からインターネットのオークションサイトで偽物のアイフォンケースを販売していたということで、警察は余罪を調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4095805.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

留置所

無料ブログはココログ