偽札・偽造・模造

2018年9月21日 (金)

会社名義の始末書偽造の疑い 古墳破壊で、元社員逮捕(21日)共同

太陽光発電の建設工事で兵庫県西脇市の古墳を壊し、必要になった会社名義の始末書などを偽造したとして、京都府警下京署は20日、有印私文書偽造・同行使の疑いで、住所不定の無職中村学容疑者(54)を逮捕した。
 下京署によると、中村容疑者は京都市内の不動産関連会社で営業課長として勤務していた。会社に無断で太陽光発電の建設工事を請け負い、西脇市で2016年2月ごろ、残土置き場の造成工事中に平見古墳を壊した。
 逮捕容疑は同年5月、社印を無断で持ち出し偽造した文化財発掘に関する文書や始末書など、会社名義の文書計3枚を西脇市に提出した疑い。
https://this.kiji.is/415505632121078881?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

偽1万円札、神奈川で被害相次ぐ…都内・埼玉も(25日)読売

 神奈川県内で今月に入り、偽の1万円札がコンビニなどで使われる被害が相次いでいることが24日、わかった。県警は通貨偽造・同行使の疑いで調べている。
 県警などによると、県内のコンビニなどで、透かしのない偽の1万円札で支払われる被害が約20件発生している。
 都内や埼玉県でも記番号が同じ偽の1万円札が見つかっているといい、関連を調べている。https://www.yomiuri.co.jp/national/20180825-OYT1T50042.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

メルカリで偽「響30年」販売=詐欺容疑、男ら逮捕-三重県警(21日)時事

サントリーのブランドウイスキー「響30年」の偽物をフリーマーケットアプリ「メルカリ」で販売したとして、三重県警は21日、詐欺と商標法違反の疑いで、いずれも古物店店員の根本武明(29)=東京都中野区丸山=、笹川裕(26)=渋谷区本町=両容疑者を逮捕した。2人は販売の事実を認めているが、「だます意思はなかった」などと容疑を一部否認している。

〔写真特集〕ニセモノ?ぞろぞろ

 逮捕容疑は昨年6~7月ごろ、仙台市の男性会社員(29)に、メルカリを通じて真正品ではない「サントリーウイスキー響30年」を4回に分けて計5本販売し、サントリーホールディングスの商標権を侵害するとともに、男性から代金計99万円をだまし取った疑い。
 県警四日市南署などによると、販売された偽物は箱と瓶は本物だが中身が詰め替えられており、同署は入手元を調べている。昨年7月ごろ、県内の男性から同署へ情報提供があったという。
 サントリーのサイトによると、響30年は年間数千本しか作れない数量限定商品で、希望小売価格は12万5000円。同署によると、国産ウイスキー人気で市場価格が高騰している。(2018/08/21-13:18)https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082100563&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽札3枚、休職中職場で印刷か…逮捕の元研究員(21日)読売

 偽造した1万円札を使って買い物をしたとして、奈良文化財研究所(奈文研)の元埋蔵文化財センター主任研究員・大河内隆之被告(50)(懲戒解雇)が偽造通貨行使容疑で逮捕・起訴された事件で、偽札を職場のプリンターを利用して作るなどした疑いが強まったとして、奈良県警が通貨偽造・同行使容疑で逮捕状を請求したことが捜査関係者への取材でわかった。21日にも再逮捕する。
 捜査関係者によると、大河内被告は6月中旬、パソコンに取り込んだ画像を基に職場のプリンターを使って、1万円札2枚、5000円札1枚を偽造。さらに奈良県生駒市の百貨店で買い物をした疑いが持たれている。
 大河内被告は「金がなくて仕方なく作った」などと容疑を認めているという。当時、休職中だったが、身分証を示して職場に入っていたとみられる。
 大河内被告は7月、研究に使用するために奈文研から貸与されていたカメラ1台を奈良市内の質店に7万円で売ったとして、業務上横領罪でも起訴されている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180821-OYT1T50022.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

»一万円札カラーコピーし使用した容疑、会社員逮捕(3日)TBS

 自宅のプリンターで一万円札をカラーコピーして偽札を作り、東京・立川市のコンビニエンスストアで使用したとして、会社員の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは神奈川県厚木市の会社員・津田将範容疑者(24)で、去年3月、自宅のプリンターで一万円札をカラーコピーして偽札2枚を作り、立川市のコンビニで使った疑いが持たれています。紙幣が色あせていたことから受け取った店員が不審に思って通報しました。取り調べに対し、津田容疑者は「当時は出費が多く持ち金もなかったので作りました」と容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3437787.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

「セコム」ステッカー自宅PCで偽造 ネットで競売か(2日)テレビ朝日

警備会社「セコム」のステッカーを偽造してネットオークションで販売したとして、25歳の男が逮捕されました。
 服部翔太容疑者は1月、セコムと契約していることを示す防犯用ステッカーを偽造し、インターネットのオークションサイトで違法に販売した疑いが持たれています。警視庁によりますと、服部容疑者は自宅のパソコンを使ってステッカーを偽造して1枚1200円で販売していて、今年1月から約50枚販売して6万円ほどを売り上げたということです。服部容疑者は「法律違反だと思わなかった」などと容疑を一部、否認しています。服部容疑者の自宅からは別の警備会社のステッカーも見つかっていて、警視庁は余罪を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133158.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

偽1万円札使用疑いで再逮捕 奈良文化財研究所の主任研究員(30日)共同

 奈良県警生駒署は30日、同県生駒市の百貨店で偽の1万円札を使用したとして偽造通貨行使容疑で、奈良文化財研究所(奈良市)の主任研究員大河内隆之容疑者(50)=兵庫県西宮市、業務上横領罪で起訴=を再逮捕した。
 再逮捕容疑は6月12日午後0時20分ごろ、生駒市の百貨店にある雑貨店の従業員に、約3千円分の衣類の代金として偽の1万円札を渡した疑い。
 大河内容疑者は同じ6月12日に、百貨店内の別の店舗で偽1万円札を使用したとして、偽造通貨行使の疑いで現行犯逮捕された。その後、研究所のカメラを奈良市内の質屋に7万円で売却したとして業務上横領容疑で逮捕、起訴されていた。

https://this.kiji.is/396570488539006049?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

ロゴ無断使用のTシャツ 「ブート品」販売で逮捕(5日)テレビ朝日

グッチ」など高級ブランドのロゴを無断で使った古着を販売したとして、男女2人が逮捕されました。古着は偽物を意味する「ブート品」と呼ばれ、店の目玉商品だったということです。
 東京の池袋や原宿で古着店を経営する滝沢智道容疑者(51)と多田昭美容疑者(40)は高級ブランドのロゴを無断で使ったTシャツなどを販売し、商標権を侵害した疑いが持たれています。警視庁によりますと、滝沢容疑者らはTシャツなどに「シャネル」やグッチなどのロゴをデザインとして描いたブート品と呼ばれる商品をアメリカで仕入れて販売していました。2人は容疑を認めています。ブート品はアメリカで1980年代に流行し、2、3年前から日本でも若者の間で人気があるということです。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131040.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

偽札? 一万円札 実は本物でした 群馬・渋川の日帰り温泉施設で発見、科捜研の鑑定結果は“シロ”(27日)産経

群馬県渋川市が所有する日帰り温泉施設「小野上温泉センター」(同市村上)で5月に見つかった不審な一万円札1枚について、市は27日までに、真札だったと明らかにした。市は当初、偽札の可能性もあるとみて、渋川署に届け出たが、県警科学捜査研究所(科捜研)が鑑定した結果、“シロ”と判明した。
 市によると、一万円札はセンターの5月8日の売上金の中に含まれていた汚れのない新札。北群馬信用金庫子持支店(同市北牧)の紙幣を数える機械で10回以上テストしても認識されなかった。
 北群馬信用金庫では4月に偽札の可能性がある一万円札1枚が見つかっており、市は同署に届け出るとともに、5月14日の定例会見で「偽札の可能性がある」と発表。偽札かどうか日銀が鑑定し、結果が出るのに数カ月かかる見通しと説明していた。
 しかし、蓋を開けると、日銀に鑑定依頼することもなく、科捜研の鑑定で真札とあっさり判明。センターの支配人が今月6日、同署で科捜研の鑑定書面で真札と確認し、一万円札を受け取ったという。
 なぜ機械に認識されなかったかは不明というが、一万円札1枚とはいえ、センターにとっては貴重な稼ぎ。「紙切れ」ではなかったのは、幸いだったといえそうだ。
http://www.sankei.com/affairs/news/180627/afr1806270015-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

獣医師免許を偽造、市の動物管理センターに勤務(9日)読売

仙台市は8日、獣医師の免許を偽造して提出し、同市の動物管理センター(宮城野区)で非常勤嘱託職員として3月から勤務していた男性(58)を同日付で解職処分にした。
 発表によると、男性は今年2月、獣医師免許の取得が条件の同職員に採用される際、免許を持っていないにもかかわらず、知人の免許を写真撮影して偽造し、コピーを市に提出したという。4月上旬にコピーを見た宮城県職員が偽造を疑い、市に連絡。市側が男性に原本の提出を求めて発覚した。
 男性は2016年度から、同免許を必要としない臨時職員として同センターに勤務。市の調査に対し男性は、17年3月に獣医師の試験で不合格となったが、「同僚に合格したとうそをついたまま採用話を受け、偽造してしまった」と話したという。
 市は、公文書偽造の疑いがあるとして5月中旬に仙台東署に相談した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180609-OYT1T50017.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯