公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)

2019年5月19日 (日)

拉致家族「要求下げず交渉を」(19日)NHK

北朝鮮に拉致された被害者の家族が東京で大規模な集会を開き、安倍総理大臣が前提条件を付けずに日朝首脳会談の実現を目指す考えを示していることを踏まえ「全ての被害者の一刻も早い帰国という北朝鮮への要求を下げることなく交渉に臨んでほしい」と求めました。

19日の集会には拉致被害者の家族や拉致された可能性が排除できない行方不明者の家族らが出席しましたが、家族会の代表で田口八重子さんの兄の飯塚繁雄さん(80)が体調不良のため欠席したほか、入院中の横田めぐみさんの父親の滋さん(86)も欠席しました。
家族会事務局長でめぐみさんの弟の拓也さんは「親世代にとって、残された時間がないことを痛感します。今後、日朝間で交渉や首脳会談があるかもしれませんが、どうか『全ての拉致被害者の一刻も早い帰国』という北朝鮮への要求を下げることなく、臨んでいただきたい」と政府に求めました。
このあと、家族1人1人が壇上で訴え、めぐみさんの母親の早紀江さん(83)は「年をとって時間が少なくなり、悲しいです。主人もめぐみちゃんの写真を見て『一目会うまで頑張る』と、言っています。なんとか一目でも会えるよう頑張ります」と話しました。
また、田口八重子さんの長男の飯塚耕一郎さんは「家族は全ての被害者の一刻も早い帰国が実現するなら、国交正常化を妨げる意志はなく、被害者から秘密は聞き出さないという考えを表明しています。キム委員長は勇気ある決断をすべきだと強く伝えたい」と訴えました。
集会では最後に、政府に対し全ての被害者の帰国を早急に実現させるとともに北朝鮮に被害者を帰国させる決断を求める大会決議を採択しました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190519/0029882.html

| コメント (0)

»日本の安全を水際で守る「爆発物探知犬」(19日)TBS

今週(5月25日)はアメリカのトランプ大統領、来月にはG20大阪サミットと、世界各国の首脳の来日が相次いで予定されています。テロへの警戒が高まる中、日本の安全を水際で守る「爆発物探知犬」と呼ばれる犬たちの訓練の様子を取材しました。 大阪税関に所属するシェパード犬の「アイゼン」3歳。日本に持ち込まれる荷物に爆発物が含まれていないかを調べる「爆発物探知犬」です。
 「爆発物探知犬」は、2002年の日韓ワールドカップの際に初めて日本で導入されました。日本にはおよそ130頭の麻薬探知犬がいますが、その一部が、麻薬とともに爆発物の臭いを感知するようトレーニングされています。
 アイゼンは爆発物探知犬となって1年。まず檻から出して軽い運動をさせた後、体重を量るなどして体調をチェックします。
 「目ヤニがいつもよりたくさん出ていないかとか、歯ぐきの色と、元気なやつなので足とかけがしていないか見ます」(ハンドラー 北村元樹さん)
 そしてやってきたのは、国際郵便物が届く検査場です。差出人や品目、荷物の形状などから検査員が検査の必要性を感じたものについてアイゼンが調べます。
 アイゼンが床に座り込めば「反応あり」。そうでなければ「反応なし」です。多いときで1日500個の荷物を検査します。複数のセキュリティー対策の効果もあってか、これまでに爆発物が見つかったことはありません。
 午後は訓練の時間です。見分けるのは爆発物の臭いを付着させた特殊な素材です。まず、カゴを並べて手前から三つ目に素材を入れておきました。カゴの前に座り込むアイゼン。見事、正解です。続いてスーツケースでも・・・またしても正解。麻薬だけでなく記憶する臭いの種類が多い爆発物探知犬は、トレーニングの量がより多く必要です。
 夕方5時、犬舎に戻りブラッシングをして一日が終わります。
 「訓練を通してどんどん犬が成長していくのを見るのがやりがいです。(G20に向けて)期待してくださっていると思うので、それにしっかり応えていけるよう、しっかりと検査と訓練に精進していきます」(北村元樹さん)
 G20サミットまで40日。日本の安全を守るため、爆発物探知犬はきょうも訓練を重ねています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3677492.html

| コメント (0)

2019年5月18日 (土)

原宿暴走男、イスラム関連書籍を購入=テロ情報も収集か-東京地検が起訴(18日)時事

東京・原宿の竹下通りで1月、暴走した車が歩行者をはねた事件で、逮捕された日下部和博容疑者(21)が事件前にイスラム教関連の書籍を購入していたことが17日、関係者への取材で分かった。東京地検は同日、鑑定留置の結果、刑事責任を問えると判断し、同容疑者を殺人未遂などの罪で起訴した。
 日下部容疑者が事件の約半年前、火炎放射器として使おうと現場に持参した高圧洗浄機とは別の大型洗浄機を購入していたことも判明。無差別殺傷事件を長期にわたり計画していた可能性があるという。
 関係者によると、大阪府内の同容疑者の住居にあったパソコンを解析した結果、イスラム教関連の書籍の購入履歴が見つかった。海外でのテロに関する情報を収集した形跡もあった。
 一方、特定の宗教や政治団体への所属は確認できなかった。複数の捜査関係者は、過激な思想を持った個人によるテロ行為を意味する「ローンウルフ(一匹おおかみ)」型だと指摘した。
 起訴状などによると、同容疑者は1月1日未明、軽自動車を運転して竹下通りに進入し、歩行者をはねたなどとされる。意識不明だった男子大学生は意識は回復したが重体のままで、他7人も重軽傷を負った。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051701202&g=soc

| コメント (0)

2019年5月17日 (金)

»救出願う署名 1341万筆超に(17日)TBS

横田早紀江さんら拉致被害者家族が19日に都内で開く「国民大集会」の会場に、97年から家族会が街頭活動で集めた拉致被害者救出を求める署名1341万筆あまりが展示されることになりました。 「同級生や市民がこんなにたくさん署名にご協力くださって・・・」(横田滋さん 97年4月)
 97年4月、横田さん夫妻が新潟市内で始めた拉致被害者の救出を訴える街頭署名活動。初めて署名したのは、当時の平山征夫新潟県知事でした。家族会と救う会や支援者がこの22年間に集めて政府に提出した署名は1341万筆あまり。段ボール412箱分にもなる署名簿で、19日に安倍総理も出席して開かれる国民大集会の会場に積み上げられ、展示されます。
 「(今の状況は)私たちにとって胃が痛くなるような、どうなっていくのかなという思い」(横田早紀江さん)
 横田早紀江さんは16日、都内の集会で不安な心境をのぞかせながらも、解決に向けて、今が最も大事な時期だと述べました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3675723.html

| コメント (0)

玄海原発のテロ対策工事を申請 九電、稼働停止回避目指す(17日)共同

九州電力は16日、定期検査中の玄海原発3号機(佐賀県玄海町)に新設するテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の工事計画の一部を原子力規制委員会に申請し、原発の稼働停止を避けるために設置期限の2022年8月までに完成を目指すと発表した。認可され次第、工事に着手する。
 規制委は今年4月、期限内に特重施設が完成しない場合、運転停止を命じる方針を表明。来年3月に設置期限を迎える川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)、来年5月の川内2号機はそれぞれ特重施設の完成が期限より1年程度遅れる見通し。稼働が停止する可能性があり、九電はこれら2基も完成を急ぐ考え。https://this.kiji.is/501711067593081953?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年5月16日 (木)

G20警備、ごみ箱など使用中止 6月24~29日、大阪全駅(16日)共同

 吉村洋文大阪府知事は16日の記者会見で、6月28、29日に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合の警備のため、同24~29日の6日間、府内の鉄道全駅と近畿圏の主要駅でごみ箱とコインロッカーの使用が中止されると明らかにした。
 テロ対策で危険物が放置されるのを防ぐ狙い。国土交通省近畿運輸局と大阪府警の要請を受け、関西の鉄道11事業者が実施する。大阪府サミット協力室によると、府外は、どの駅を対象とするか各事業者に委ねる。各社は今月下旬からポスターなどで詳細を周知する。中止期間を前倒しするケースもあるという。
https://this.kiji.is/501688516462675041?c=39546741839462401

| コメント (0)

拉致被害者居住の3市が連絡会 日朝首脳会談への意欲を支持(16日)共同

北朝鮮から帰国した拉致被害者が住む新潟県柏崎市と佐渡市、福井県小浜市は16日、「拉致被害者関係市連絡会」を富山県氷見市で開いた。安倍晋三首相が条件なしの日朝首脳会談に意欲を示したことを支持すると決めた。
 冒頭に連絡会代表の桜井雅浩・柏崎市長が「この機を逃さず新たなアクションにつなげていきたい」とあいさつ。会議後、「今後メッセージを出したい」と話した。
 菅義偉拉致問題担当相が「拉致問題は言うまでもなく、安倍内閣の最重要・最優先の課題。あらゆるチャンスを逃すことなく、果敢に行動する」と談話を寄せた。https://this.kiji.is/501628874657399905?c=39546741839462401

| コメント (0)

トランプ氏のシークレットサービスが国技館視察(16日)産経

令和初の国賓として25~28日に来日するトランプ米大統領夫妻の大相撲夏場所観戦をめぐり、大統領を警護するシークレットサービス(米大統領警護隊、SS)が15日、両国国技館(東京都墨田区)を視察したことが関係者への取材で分かった。日本の警察当局と協議して座席を決めるほか、トランプ氏が希望する土俵上での表彰の実現に向けて課題を洗い出し、警備態勢を構築するとみられる。 複数の関係者によると、視察には警護隊のほか外務省や警察庁などの担当者が参加。同日の取組が終了し、観客が会場を離れた後に、日本相撲協会側から説明を受けながら館内の構造や設備、トラブル発生時の避難経路などを確認した。
 トランプ氏は夏場所千秋楽の26日、終盤の取組を安倍晋三首相と観戦。取組終了後は土俵に上がって優勝力士を直接表彰したい意向を示している。座席位置は天覧相撲などに使用される2階の貴賓席か、土俵に近い1階のマス席などが挙がっており、マス席ではいすの設置も検討されている。
 警護隊と日本の警察当局は視察結果を踏まえ、週明けにも座席位置などを決定。横綱が敗れた際などに飛び交う座布団の扱いや、危険物となり得る瓶での酒類の提供についても協議される可能性がある。
 千秋楽当日は1、2階の座席に警備要員が点在配置される見通し。日本相撲協会などもトランプ氏の座席決定に合わせ、周辺の座席や土俵直近の溜(たまり)席の来場者らについて把握を進めるとみられる。
https://www.sankei.com/affairs/news/190515/afr1905150050-n1.html

| コメント (0)

2019年5月15日 (水)

対テロ作戦に日本人女性=イスラエル在住の清水軍曹(15日)時事

【ケラ(ゴラン高原)時事】イスラエル軍の対テロ作戦を担うギバティ旅団の戦闘部隊に、同国の市民権を持つ日本人女性、清水真優軍曹(21)が兵役で所属している。清水さんは14日、イスラエルの占領地ゴラン高原にあるケラ宿営地で取材に応じ、「軍に参加する以上、最前線に身を置いてベストを尽くしたい」と、対テロ戦を担う決意を強調した。
 清水さんは、最近まで過激派組織「イスラム国」(IS)が強い勢力を誇っていたシリアとの境界地帯などで特殊任務を遂行。「だいたい毎週、何らかの作戦に従事している」という。
 父親が日本人、母親はイスラエル人(ユダヤ人)。幼少期を東京で過ごした後、イスラエルで暮らす。兵役では医療隊員として訓練を受けた上、2018年1月に戦闘部隊に配属された。同世代の日本人の多くは学生などとして平和な生活を送っているが、「イスラエルで人々が平和に暮らすには軍が必要だ」と語り、危険な場所での任務に「ためらいはない」と断言した。
 戦闘部隊には通常、医療要員も含めて男性が配属される。しかし、精神力と身体能力を評価され、軍によると、同旅団の戦闘部隊に所属する初の女性となった。9日には、ごく一部の優秀な兵士のみに与えられる大統領表彰を受けた。
 兵役は今年11月に期間満了となるが、軍から任期延長を要請されている。将来は医学の道に進みたい考えだ。兵役後の日本旅行も楽しみにしており、「北海道の雪祭りに行きたい」と笑顔を見せた。
 清水さんが日本メディアの取材を受けたのは初めて。やりとりは軍関係者立ち会いの下、英語で行われた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051500203&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

2019年5月14日 (火)

W杯前に最寄り駅でテロ想定訓練(14日)NHK

ことし9月に開幕するラグビーワールドカップを前に、県内で試合会場になっている袋井市のエコパスタジアムの最寄り駅で、警察や関係機関がテロを想定した合同訓練を行いました。

訓練は袋井市のエコパスタジアムの最寄り駅、JR東海道線・愛野駅で行われ、警察や消防などの関係機関からおよそ180人が参加しました。
訓練は、改札口付近で不審物が爆発した想定で行われ、通報を受けて駆けつけた警察が現場を封鎖して利用客を誘導したり、消防とともに放射性物質や化学物質が放出されていないか確認したりしました。
また駅の外では、医療機関の災害派遣医療チームがけが人の状況に応じて治療の優先度を決めるトリアージなどの手順を確認しました。
警察では今後、ほかの駅でも訓練を行うなどして、テロ対策のための連携強化を図ることにしています。
県警察本部オリンピック・パラリンピック対策課の日置裕二課長補佐は「関係機関との連携がうまくとれた訓練ができました。ラグビーワールドカップに向けて、より関係機関との連携を深めていきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20190513/3030002804.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯