公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)

2017年4月26日 (水)

進まない“共謀罪”審議、法務省の本音は・・(26日)TBS

国会は今村復興大臣辞任の影響で、重要法案のテロ等準備罪の審議が進みませんでしたが、会期末を控えて法務省幹部からは「審議の空回り」を危惧する声があがっています。
 「テロ対策という看板に偽りがあるということをはっきり」(海渡雄一 弁護士)
 25日、日弁連が開いたテロ等準備罪の反対集会。日弁連は「監視社会が強まる」として廃案を求めていますが、国会では法案の中身ではなく“答弁者”をめぐって混乱する場面がありました。与党は「充実した審議のためには法務省の局長を呼ぶべき」として林刑事局長の招致を賛成多数で決定しました。野党が合意していない政府参考人の出席は異例で、野党側は「答弁に不安がある金田大臣を隠すためだ」と反発しています。
 「ちょっと私の頭脳が、ちょっと対応できなくて申し訳ありません」(金田勝年 法相)
 金田大臣は旧大蔵官僚。与党側は細かい法律論などを答えるには専門知識や事前の通告が必要だと主張しますが、野党側は大臣の答弁の力量そのものを問題視しています。
 「霞が関の各省が提案した法案であるならば、その実務に詳しい責任者が答弁を重ねるということが非常に重要なんであります」(金田勝年 法相)
 こうした事態に、法務省からはこんな本音も聞こえます。
 「野党の質問は重箱の隅をつつくような細かいことばかり。このままでは司法試験の合格者しか大臣になれなくなる」(法務省幹部A)
 「野党も野党だが与党も強引さが目立つ。実質的な法案の議論が進むか心配だ」(法務省幹部B)
 その法案審議、26日は今村復興大臣の辞任問題の影響で、行われませんでした。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3038837.html

| トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

【北朝鮮情勢】日本政府関係者「トランプ氏はいつもと違って緊迫した雰囲気だった」(25日)産経

北朝鮮が25日の朝鮮人民軍創建記念日にあわせて弾道ミサイル発射や核実験を強行する可能性が高まっている。日米、米中首脳は24日、相次いで電話会談。首相官邸も同日のメールマガジンで、国民に「身を守るためにとるべき行動」を確認するよう異例の発信を行った。国際社会の警戒網が強まる中、北朝鮮はレッドラインを越えるのか-。
 日本政府内の緊張が一気に高まったきっかけは、24日午前に安倍晋三首相が行ったトランプ米大統領との電話会談だった。
 「トランプ氏は今までと違って緊迫した雰囲気だった」
 電話会談に同席した政府関係者はこう語った。いつもなら家族やゴルフの話で会話を盛り上げるトランプ氏が、この種の話題を一切封印したからだ。ほかの関係者も電話会談の内容については固く口を閉ざした。
 外務省幹部は「ワイドショーのような状況ではない」と危機感をあおる報道に不快感をあらわにし、米軍による即座の北朝鮮攻撃に否定的な見方を示した。しかし、別の幹部からは、今後の朝鮮半島情勢次第では「極めて厳しい判断を迫られる」との声も挙がる。続きを読む

| トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

拉致家族会結成20年「年内に帰国を」 体調不良で集会欠席も(23日)日経

結成から20年を迎えた北朝鮮による拉致被害者家族会などが23日、被害者の早期救出を求める国民大集会を東京都内で開いた。与野党の国会議員や支援者らが参加。家族らは「もう待てない。年内に全員帰国を」と悲痛な胸の内を訴えた。我が子やきょうだいとの再会がかなわぬまま年を重ね、70~80代のメンバーも多い。
 「北朝鮮を巡る状況がどうなっても、被害者の帰国にどう直結させるかが重要だ」。田口八重子さん(失踪当時22)の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(78)は集会で訴えた。
 家族会は集会に先立って安倍晋三首相らと面談。安倍首相は「拉致は最重要課題。私が司令塔となり、国際社会と連携して早期に解決する」とあいさつしたが、メンバーの表情は険しい。
 政府が認定した拉致被害者17人のうち、帰国したのはわずか5人。未帰国の被害者の親で健在なのは横田めぐみさん(同13)と有本恵子さん(同23)の両親と、増元るみ子さん(同24)の母、信子さん(89)だけだ。
 「修一が帰ってくるんだよ。頑張って」。2014年8月、鹿児島県鹿屋市の特別養護老人ホーム。1978年に拉致された市川修一さん(同23)の兄、健一さん(72)は脈拍が弱くなっていく父・平さん(当時99)に声をかけ続けた。
 無口な性格だった平さん。普段は修一さんの話題を出すことは少なかったが、北朝鮮で修一さんの目撃情報があったと告げると「そうか。生きてたか」と笑ったという。
 母のトミさんも2008年に91歳で亡くなった。進展の見えない拉致問題に「もう生きてさえいればどこにいてもいい」とこぼすこともあったトミさん。健一さんは「両親には『再会させてあげられずごめん』という思い」と声を絞りだす。
 結成から20年、拉致から約40年となったメンバーの焦りと疲労の色は濃い。めぐみさんの父、滋さん(84)ら複数の家族が体調不良などを理由に集会を欠席。高齢などで東京での活動に参加できなくなった地方のメンバーもいる。
 めぐみさんの母、早紀江さん(81)は集会で「何もできなかった40年は国家の恥。これ以上、恥をさらさないで」と強調。飯塚代表は「私たちの家族は自由を奪われ、監禁されている。今この瞬間もじっと耐えているはずだ」と一日も早い救出を願った。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H08_T20C17A4CR8000/

| トラックバック (0)

【北朝鮮情勢】海自と米空母カール・ビンソンが共同訓練開始 対処能力向上、西太平洋で 北朝鮮の挑発けん制(23日)産経

米海軍は23日、朝鮮半島付近に向けて北上している米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」と海上自衛隊の共同訓練を西太平洋上で同日開始したと発表した。弾道ミサイル発射を繰り返し、6回目の核実験準備の動きも見せる北朝鮮に対し、日米で連携してけん制する考えだ。米海軍は「共同対処能力の向上が目的」と説明した。
 海自側は佐世保基地(長崎県)を出港した護衛艦「あしがら」「さみだれ」の2隻が参加。数日かけて、カール・ビンソンを中心とする空母打撃群とともに陣形を整える戦術運動の確認や、通信訓練などを行う。空母打撃群は訓練終了後、月内に朝鮮半島周辺に展開する見通しだ。
 25日の朝鮮人民軍創建85年といった節目に合わせて北朝鮮が挑発を強める恐れがあることから、日米間で訓練日程を調整していた。
 米海軍は8日、ハリス太平洋軍司令官がカール・ビンソンにシンガポールから北上するよう命じたと発表。トランプ大統領も「無敵艦隊を派遣した」と発言した。だが実際は直行せず、インド洋でオーストラリア軍と演習を行った後に北進した。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/170423/wor1704230022-n1.html

| トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

【テロ等準備罪】自公維、週明けにも修正協議入り 「捜査可視化」などで攻防 維新が5項目の修正案承認(22日)産経

日本維新の会は22日、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関する5項目の修正案骨子を承認した。大阪市の党本部で開いた戦略本部会議で確認した。馬場伸幸幹事長は記者団に、週明けにも与党と修正協議入りするとの見通しを示した。
 修正案は、テロ等準備罪を取り調べ可視化の対象にするなどの内容。与党内には、修正案の内容を付帯決議などにとどめようとする向きもあるが、維新側は条文や付則への盛り込みを求める構えで、今後は修正協議での攻防が焦点となる。決裂した場合、維新は独自の対案を参院に提出する。
 松井一郎代表(大阪府知事)は「(法案が)今のままでは反対だ。5項目を飲み込んでもらうことに全力を尽くす」と強調した。
 戦略本部会議には、党幹部や法律政策顧問の橋下徹前大阪市長らが出席した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170422/afr1704220022-n1.html

| トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

パリで男が発砲 警察官1人死亡 テロの疑いで捜査(21日)NHK

大統領選挙を目前に控えたフランスの首都パリ中心部のシャンゼリゼ通りで日本時間の21日未明、警察官3人が男から銃撃を受けて1人が死亡2人が重傷を負いました。男は警察側に撃たれて死亡し、オランド大統領はテロの疑いがあるという見方を示しました。
 パリ中心部のシャンゼリゼ通りで20日午後9時ごろ日本時間の21日午前4時ごろ、3人の警察官が男から銃撃を受けて1人が死亡2人が重傷を負いました。
 フランス内務省の報道官によりますと男は道路脇に停車していた警察車両の脇に止めた車から降りて発砲したあと、4人の警察官と銃撃戦になり警察側から撃たれて死亡したということです。
 事件を受けてオランド大統領は大統領府で声明を出しテロの疑いがあるという見方を示すとともに「大統領選挙の期間中さらに警戒を強めなければならない」と述べました。
 現場はパリ中心部の観光名所で当時、現場周辺には多くの観光客が訪れていましたがパリの日本大使館によりますとこれまでに日本人が事件に巻き込まれたという情報はないということです。
 事件を受けてシャンゼリゼ通りの周辺は武装した警察官が封鎖して厳重な警戒にあたっています。
 フランスでは今月23日に大統領選挙の1回目の投票が行われる予定で、これを前に18日には南部マルセーユでテロを計画した疑いで男2人が逮捕されるなどテロへの警戒が続いています。
 フランスではおととし11月のパリの同時テロ事件のあと非常事態宣言が出されたままで、投票日の当日には全土で警察官や兵士など5万人以上を動員してテロへの警戒を強化することにしています。
 現場近くで銃撃の様子を目撃していたという男性は「警察の車のすぐ後ろに別の車が止まり、運転していた男が自動小銃を持って外に出て、6発の銃声が聞こえた。それを見た瞬間建物の中に避難して、警察が男を撃つのを見た。路上で多くの人が撃たれると思ったが、男は警察を狙っていた」と、当時の様子を話していました。
また、男性は「避難した建物には外国人を中心に50人ほどの人がいて、みんな何が起きたのかわからない様子だった」と話していました。

ISとつながるメディア「戦士が攻撃実行」

この事件で、過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのあるメディア「アマーク通信」は、インターネット上に掲載した記事で「攻撃を実行したのはISの戦士だ」と主張しました。この記事では男の名前もあげています。フランスの警察はこれまでのところ男とISとのつながりについては何も明らかにしていません。

仏大統領選挙候補が選挙運動を中止

フランスのメディアは、今回の事件を受けて大統領選挙の主要候補のうち極右政党・国民戦線のルペン党首と中道右派の共和党のフィヨン元首相の2人が21日に予定していた選挙運動を中止すると伝えています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956171000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

バスジャック想定し訓練 警視庁、大型車両使うテロに備え(20日)日経

スウェーデンの首都ストックホルムでトラックが通行人に突っ込んで4人が死亡するなど、大型車両を使ったテロが海外で相次いでいることを踏まえ、警視庁公安部は20日、東京都内でバスジャックを想定したテロ対策訓練を行った。
 訓練は、大田区平和島にある観光バス運行会社「はとバス」本社の駐車場で行い、警察官や同社社員ら約50人が参加。乗客に紛れたテロリスト役にルート変更を要求された運転手やバスガイドが、非常通報ボタンを押して警察へ通報する手順などを確認する。
 訓練の様子は、テロ防止の協力を呼び掛ける公安部のポスターにモデルとして登場した女優の桜庭ななみさんも見学。
 警視庁は2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、人が集まる場所でありながら、警備が比較的緩やかな「ソフトターゲット」の警戒を強化するなどテロ対策を進めている。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H1C_Q7A420C1000000/

| トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

テロ等準備罪 法相「犯罪集団と無関係なら捜査対象外」(19日)NHK

後半国会の焦点となっている、共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案は、衆議院法務委員会で実質的な審議が始まりました。午後の審議で、民進党が「一般の人が捜査の対象にならないと言い切れるのか」とただしたのに対し、金田法務大臣は、組織的犯罪集団と関わりがなければ構成員であるという疑い自体が生じないとして、一般の人が捜査の対象になることはないと強調しました。
 「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案は、テロ組織や暴力団などの組織的犯罪集団が、重大な犯罪を計画し、メンバーのうちの誰かが犯罪の準備行為を行った場合などに、計画した全員が処罰の対象になるとしていて、19日の衆議院法務委員会で実質的な審議が始まりました。
 この中で、民進党の逢坂誠二氏が「捜査の段階では組織的犯罪集団として白か黒か分からず、その場合、一般の人が組織的犯罪集団という嫌疑がかけられている団体の一員になる可能性がある。一般の人が捜査の対象になる可能性は否定できないのではないか」とただしました。
 これに対し、金田法務大臣は「犯罪を計画したという嫌疑があったとしても、計画に組織的犯罪集団が関与している疑いが無ければ、テロ等準備罪の捜査が行われることはない。また、一般の人が組織的犯罪集団と関わりが無ければ、構成員であるという疑いは生じず、捜査の対象とはならない」と述べました。
 また金田大臣は、法案に処罰の対象団体の例として「テロリズム集団その他」と記されていることについて、「この言葉がある場合と無い場合とで犯罪の成立範囲が異なることはないが、一般の方々がテロ等準備罪の対象とはならないことを明確にするものだ」と説明しました。
 一方、金田大臣は「犯罪実行の準備行為が行われていない段階であっても、例えばテロが計画され実行される蓋然性があって必要性が認められる場合には、任意捜査を行うことが許されると考える」と述べました。
 午後の審議では、民進党が質疑を求めていた岸田外務大臣が出席しなかったため、民進党と共産党が抗議して、審議が中断することもありました。

続きを読む "テロ等準備罪 法相「犯罪集団と無関係なら捜査対象外」(19日)NHK"

| トラックバック (0)

【仏大統領選】選挙狙いテロ計画 男2人拘束、爆薬押収(19日)産経

23日にフランス大統領選の第1回投票が迫る中、フェクル内相は18日、南東部マルセイユで候補者らを標的にテロを計画したとして、フランス国籍の男2人を拘束したと発表した。地元メディアによると、家宅捜索で銃器、爆薬などとともに中道・右派候補フィヨン元首相らの写真が押収された。
 内相は記者会見で「確実で切迫したテロの兆候をつかんだ」と述べた。具体的なテロ計画については明らかにしなかったが、2容疑者は対テロ当局の監視対象だったと指摘。「民主選挙をテロの脅威から守る」と強調し、警戒態勢を一層強化する方針を示した。
 報道によると、容疑者は29歳と23歳の男。関係先から複数の銃器や爆薬「TATP(過酸化アセトン)」などが見つかった。(共同)
http://www.sankei.com/affairs/news/170419/afr1704190003-n1.html

| トラックバック (0)

「共謀罪」 19日に実質審議入り(19日)TBS

国会では、共謀罪の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する法案をめぐり、衆議院・法務委員会で実質的な審議が始まります。
 19日の衆議院・法務委員会には、冒頭、安倍総理も出席し、与野党の議員による質疑が行われます。野党側は「1億総監視社会につながりかねない法案だ」として徹底抗戦する構えで、民進党からは山尾衆院議員らが質問に立ち、どういった行為が「テロ等準備罪」に当てはまるのか、具体的な事例やその基準などについて政府側を追及する方針です。
 「テロ等準備罪」を新設する法案をめぐっては、日程が政府・与党が当初想定していたスケジュールより大幅に遅れていて、今後の審議次第では国会の会期を延長する必要があるなどといった声も与党内から出始めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3032151.html

| トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など) | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強姦、放火、わいせつ) | 家族関係に起因する事件簿 | 少年関連事件(被害も含) | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯