カテゴリー

災害(地震など)・火災・遭難・天災

2021年1月21日 (木)

埼玉で団地火災、焼け跡から遺体(21日)産経

21日午前1時45分ごろ、埼玉県幸手市栄のUR幸手団地の2階の一室から出火、この部屋が全焼し、焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。
 幸手署によると、部屋の住人の職業不詳、土屋佳文さん(79)と連絡が取れていない。
https://www.sankei.com/affairs/news/210121/afr2101210015-n1.html

住宅火災で1人の遺体見つかる 2人と連絡取れず 秋田 大館(21日)NHK

20日夜遅く、秋田県大館市で住宅など3棟が焼ける火事があり、火元の住宅の焼け跡から1人が遺体で見つかりました。火事のあと、この住宅に住む高齢の男女2人と連絡が取れなくなっていて、警察が安否の確認を進めています。
警察によりますと、20日午後11時半すぎ、大館市大茂内のアルバイト、美濃谷博さん(77)の住宅から火が出ていると、近所の人から消防に通報がありました。
火はおよそ5時間後に消し止められましたが、この火事で、美濃谷さんの木造一部2階建ての住宅と小屋が全焼したほか、隣接する住宅の壁が焼け、美濃谷さんの自宅の焼け跡から1人が遺体で見つかりました。
火事のあと、美濃谷さんと同居する65歳の女性の2人と連絡が取れなくなっていて、警察が安否の確認を進めています。
現場は、JR大館駅から東に4キロほど離れた山あいの集落にあります。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210121/k10012825371000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

2021年1月20日 (水)

住宅火災で3人の遺体 80代の夫婦と息子か―青森(20日)時事

19日午後10時50分ごろ、青森県平内町東田沢の畑井秋則さん(88)方が燃えていると、近隣住民から119番があった。火は20日午前7時45分ごろに消し止められたが、木造一部2階建ての住宅が全焼し、焼け跡から3人の遺体が発見された。
 県警青森署によると、畑井さんは妻(81)と次男(58)の計3人で暮らしていたが、いずれも連絡が取れなくなっている。同署は亡くなったのはこの3人とみて、身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012000535&g=soc

住宅火災、3人と連絡取れず 青森・平内町(20日)共同

19日午後10時50分ごろ、青森県平内町にある住宅から出火し、隣接する家に燃え移った。地元消防によると、このうち1棟に住んでいる3人と連絡が取れていないといい、確認を進めている。
 青森署などによると、もう1棟の住人は全員避難し、けがはなかった。近くに住む女性が「付近の家が燃えている」と119番した。
https://this.kiji.is/724390083666722816?c=39546741839462401

2021年1月18日 (月)

報道陣ら犠牲「定点」災害遺構に 安中地区連絡協 3月完工へ 雲仙・普賢岳大火砕流30年(18日)共同

消防団員や住民ら43人の死者・行方不明者が出た1991年6月3日の雲仙・普賢岳大火砕流惨事から30年を迎えるのを機に、長崎県島原市の安中地区町内会連絡協議会は17日、報道陣らが犠牲となった同市北上木場町の撮影拠点「定点」周辺で、野ざらしのままの報道機関の車などを災害遺構として整備する取り組みに着手した。
 定点には現在、三角すいの白い木製標柱だけが目印として立つ。実施主体の同協議会などによると、噴火災害を後世に伝え追悼の場を設けようとの報道関係者らの提案もあり、節目に合わせた整備が実現。事業費は約400万円で新聞・放送各社が主に協力。3月20日完工予定で整備面積は千平方メートル程度の見込み。
草むらに埋もれ、放置されている報道各社の車とタクシー計3台を掘り出す計画で、すでに地元放送局が自社で保存整備している取材車両1台のそばに並べて屋外展示する。現在の標柱は新たに整備する場所に移すほか、当時の状況を説明する案内板も設ける。
 この日は周辺約3千平方メートルの除草を実施。安中地区の住民のほか、報道機関の関係者ら計約70人が参加。約1時間半をかけて生い茂った雑草を鎌や機械で刈った。同協議会の阿南達也会長(82)は「この地を後世に伝え継ぐ義務がある。住民や報道関係者、火山学者が噴火災害を考える場所にできれば」と話した。
https://this.kiji.is/723548805688328192?c=39546741839462401

2021年1月17日 (日)

住宅全焼し2人死亡 愛知・春日井、高齢親子か(17日)産経

17日午前2時45分ごろ、愛知県春日井市上田楽町の住宅で「火が出ている」と近所の住民から119番があった。木造2階建て住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。
 春日井署によると、この家には80代の女性と60代の息子が住んでいるとの情報があり、いずれも連絡が取れていない。署は、遺体はこの親子の可能性があるとみて身元の確認を進めるとともに、出火原因を調査する。
 現場は住宅街で、隣接する建物1棟も焼けた。
https://www.sankei.com/affairs/news/210117/afr2101170005-n1.html

地震発生の切迫度 31の活断層 阪神・淡路大震災直前と同等以上(17日)NHK

26年前の阪神・淡路大震災を教訓に、国は、内陸で過去繰り返し地震を引き起こしてきた活断層のリスクを評価してきました。現在、地震の起きる切迫度が、阪神・淡路大震災の直前と同じか、それを上回る活断層は全国で31あり、住宅の耐震化や家具の固定などの対策を進める必要があります。
阪神・淡路大震災をもたらしたのは、兵庫県南部を震源とするマグニチュード7.3の大地震で、大阪府北西部から兵庫県の淡路島にかけて位置する活断層の一部がずれ動きました。
活断層による地震への防災対策を促すため、国は地震調査研究推進本部を設置し、全国の活断層のうち、長さがおおむね20キロを超え、地震が起きると社会的に大きな影響が出る活断層を重点的に調べ、今後30年以内に地震が発生する確率を計算するなど、リスクを評価してきました。地震発生の切迫度は4つのランクに分けられ、確率が3%以上の活断層は、最も高い「Sランク」とされています。
阪神・淡路大震災が起きる直前の発生確率は0.02%から8%で、現在の「Sランク」に当てはまります。
全国114の主要な活断層のうち、ことし1月1日の時点で「Sランク」とされているのは31の活断層で、このうち「糸魚川ー静岡構造線断層帯」と「中央構造線断層帯」のそれぞれ一部区間、「三浦半島断層群」など合わせて8つの活断層帯では確率が8%を超え、阪神・淡路大震災の発生前より切迫度が高くなっています。
また、次いで危険度が高い「Aランク」の活断層は全国に35あります。
5年前の平成28年に熊本地震を引き起こした「布田川断層帯」は、地震直前の評価で「Aランク」でしたことし1月1日の時点で、「Sランク」に分類されている活断層は全国に31ありますが、このうち確率が、阪神・淡路大震災が発生する直前の8%を超え、特に切迫度が高いとされているのは、次の8つの活断層帯です。
切迫度が高い順に、
▽「糸魚川ー静岡構造線断層帯」のうち長野県の区間
▽静岡県にある「富士川河口断層帯」
▽熊本県の「日奈久断層帯」の一部
▽長野県の「境峠・神谷断層帯」
▽「中央構造線断層帯」のうち愛媛県の区間
▽岐阜県と長野県にある「阿寺断層帯」
▽神奈川県にある「三浦半島断層群」
▽広島県と山口県の沖合の「安芸灘断層帯」となっています。
活断層が引き起こす地震は、南海トラフや日本海溝などで起きるプレート境界型の地震と異なり、発生間隔が数千年程度と長いのが特徴で、今後30年以内の発生確率を計算すると、その値は小さくなってしまいます。
ただ、確率が低く見えても、決して地震が起きないわけではなく、突然、大きな揺れが襲ってくることもあります。
日頃からの備えを進めることが大切です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210117/k10012818691000.html

2021年1月15日 (金)

雪に埋もれ72歳男性死亡 山形(15日)産経

14日午後4時40分ごろ、山形県尾花沢市中島の無職、片倉護さん(72)が見当たらないことを不審に思った近所の人が119番した。消防隊員が自宅敷地内の小屋の近くで雪に埋もれている片倉さんを発見したが、病院で死亡が確認された。
 尾花沢署は、小屋付近を除雪中に屋根からの落雪に巻き込まれた可能性があるとみている。
https://www.sankei.com/affairs/news/210115/afr2101150002-n1.html

2021年1月14日 (木)

土砂崩れで2人死亡、栃木 那須塩原市、耐震補強工事中(14日)共同

14日午後3時ごろ、栃木県那須塩原市中内の工事現場で土砂が崩れ、いずれも20代の男性作業員2人が巻き込まれたと119番があった。栃木県警によると、2人は病院に搬送されたが、いずれも死亡が確認された。
 工事を担当していたNEXCO東日本などによると、東北自動車道に架かる橋の耐震補強工事中だった。橋脚のコンクリート部分に鉄筋を打ち込むための準備作業が行われていたという。橋脚周辺の路面を深さ数メートル掘削していたが、穴の側面に設置していた鉄板ごと土砂が崩れ、中にいた2人が巻き込まれたとみられる。
https://this.kiji.is/722383601130962944?c=39546741839462401

2021年1月13日 (水)

立ち往生の北陸道で積み荷のお菓子配る 菓子製造販売シャトレーゼのトラック(13日)産経

大雪の影響で車が立ち往生した福井県の北陸自動車道で、菓子製造販売のシャトレーゼ(甲府市)の配送トラックが積み荷のお菓子を周囲の車に配り、会員制交流サイト(SNS)で感謝の声が上がっている。
 ツイッターには「シャトレーゼの運送会社の運転手さんありがとうございます! 何キロも歩いて配ってた。24時間何も食べてなかったので助かります。イチゴ大福しびれるほどうまい」の投稿とともに、同社のイチゴ大福やロールケーキ、磯辺もちの写真がアップされている。
 シャトレーゼによると、トラックは8日に山梨県を出発。中央道を経由して石川県に配送した後、9日昼ごろに北陸道で福井県に向かったが、女形谷(おながたに)パーキングエリア(坂井市)の約3キロ手前で立ち往生した。
 ドライバーは「配送は困難。周囲では食料が足りない」と本社に連絡。10日夜、古屋勇治社長の指示で積み荷を配った。広報担当者は「少しばかりだが、役に立ててよかった」と話している。
 シャトレーゼは山梨県が孤立した平成26年の記録的大雪の際も大月市内の中央道で同様の対応を取り、ネット上で話題になった。
https://www.sankei.com/affairs/news/210113/afr2101130003-n1.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ