災害(地震など)・火災・遭難・天災

2018年10月15日 (月)

»横浜港大黒ふ頭付近で釣り船全焼、6人全員を救助(15日)TBS

15日午前、横浜港の大黒ふ頭付近で、釣り船が激しく黒煙をあげて燃える火事がありました。釣り船には6人が乗っていましたが、全員救助され、命に別状はないということです。
 15日午前11時すぎ、横浜市鶴見区の大黒ふ頭付近で、「船が燃えている」と近くで作業をしていた人から通報がありました。横浜海上保安部や警察などによりますと、全長およそ15メートルの釣り船から激しい黒煙があがっていて、火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、釣り船は全焼しました。
 当時、船には客と船長ら6人が乗っていて、全員、海に飛び込んで脱出し、近くの船に救助されましたが、4人がのどの痛みなどを訴え、病院に運ばれました。命に別状はないということです。
 現場は、首都高湾岸線の鶴見つばさ橋の近くですが、周辺の交通への影響はないということです。横浜海上保安部などが火事の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3498093.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

台風で消えた灯台、250m離れた海底で発見(15日)読売

台風24号の影響で消えていた鹿児島県奄美市の名瀬港防波堤の灯台が現場近くの海底で見つかった。奄美海上保安部が13日、確認した。灯台と基礎部分のコンクリートを固定するボルト全16本がさびており、引き揚げて原因を調べる。
 同保安部によると、西側の防波堤の先端から北西約250メートル、水深約13メートルの海底に沈んでいた。台風通過後の9月30日、同保安部の職員が消失に気付き、水中音波探知機を使い潜水調査を続けていた。
 灯台は高さ約11メートルの強化プラスチック製。名瀬港を航行する船舶に影響はなく、防波堤にはLEDライトが点灯する仮設の機器が設置されている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181014-OYT1T50104.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

キノコ採りで遭難死急増=険しい斜面、滑落の危険-警察「入山場所必ず家族に」(15日)時事

猛暑や降雨の影響で全国的にキノコが豊作となる中、キノコ採りによる遭難死亡事故が急増している。キノコを求めて斜面の険しい山奥に入る高齢者が多い上、足元を見ながら探し歩くことから、滑落の危険が高くなるためだ。警察は「急斜面には近づかず、入山場所や行動予定は必ず家族に伝えてほしい」と呼び掛けている。
 長野県警によると、同県では8月から今月15日にかけ20人が遭難し、13人が滑落などで死亡。遭難12人・死亡3人の昨年を既に大きく上回った。山梨県では昨年より3人多い4人が死亡し、岩手県でも3人が死亡。大半が60代以上の高齢者で、死者数は「例年を上回るハイペースで推移」(岩手県警)している。
 キノコ採りのシーズンは10月末まで続き、各県警などは注意喚起を行うが、事故にはキノコ採り特有の背景も指摘される。
 長野県警などによると、キノコが生える地面は一般的に、じめじめして滑りやすい特徴がある。麓に近い平たんな場所は採り尽くされ、山奥に向かう人が増えている。よく採れる場所は家族にも秘密にする人が多く、最初はグループで入山しても、途中から単独で行動し、連絡が取れなくなるケースも目立つという。
 同県警山岳安全対策課の担当者は「携帯電話や防寒具などを持参し、万が一、遭難しても迅速に捜索しやすいように家族には行動予定をきちんと伝えてほしい」と話している。(2018/10/15-05:13)https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101500099&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

»北海道・函館沖で竜巻とみられる現象が発生(15日)TBS

14日夕方、北海道の函館沖の海上で竜巻とみられる現象が発生しました。
 これは、14日午後5時ごろ、函館から津軽海峡の方向を撮影した映像です。空から竜巻のようなものが2本、海面まで伸びているのが分かります。気象台は、このあと北海道南部の渡島地方に一時、竜巻注意情報を発表しました。海上保安庁によりますと、船舶や建物などへの被害はありませんでした。気象台によりますと、竜巻とみられる現象が目撃された時間は上空を寒気が通過中で、大気の状態が不安定になっていたということです。15日の北海道付近は、低気圧からのびる前線が近づき、再び大気の状態が不安定となる見込みです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3497954.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

南海トラフ想定し防災訓練 和歌山で自衛隊と米軍(14日)共同

自衛隊と在日米軍は14日、南海トラフ巨大地震を想定し、和歌山県白浜町などで「日米共同統合防災訓練」を実施した。同訓練は5回目で、陸海空の自衛隊員計約2500人、米軍から陸軍と海兵隊の計約30人が参加し、それぞれのヘリコプターも使用された。
 13日午前8時に和歌山県沖でマグニチュード(M)9.1の地震が起き、津波が押し寄せたと想定。倒壊した建物からの救出や臨時の橋の架設、空自機が運んだ物資を米軍ヘリに移して輸送する訓練などが行われた。
 被災者や被災した病院の患者を一時的に収容する臨時の医療施設を、白浜町にある南紀白浜空港などに開設した。
https://this.kiji.is/424118386595775585?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

きのこ採りで遭難相次ぎ計13人死亡 警察が注意呼びかけ 長野(14日)NHK

今月11日、長野県栄村の新潟県との県境にある山林にきのこ採りに入り、行方がわからなくなっていた新潟県の男性2人が14日昼過ぎ、村内の沢で死亡しているのが見つかりました。長野県内ではきのこ採りの遭難が相次いでいて、警察は1人での入山や急な斜面を歩かないことなど注意を呼びかけています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

きのこ採り遭難相次ぐ 75歳男性も行方不明 長野(14日)NHK

長野県南部の大鹿村で、きのこ採りで山に入った75歳の男性の行方がわからなくなり、警察などが捜索しています。長野県では北部の栄村でも男性2人の行方がわからなくなるなど、きのこ採りでの遭難が相次いでいます。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»群馬・藤岡市で住宅全焼、焼け跡から1人の遺体(14日)TBS

 14日未明、群馬県藤岡市で住宅が全焼し、1人が死亡しました。
 午前2時すぎ、藤岡市鬼石で、「隣の家から火が出ている」と近くの住民から119番通報がありました。火は3時間ほどで消し止められましたが、木造2階建ての住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
 この家に住む84歳の女性と連絡がつかなくなっているということで、警察は、遺体はこの女性とみて身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3497525.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

71歳男性 クマと格闘追い払う(13日)NHK

13日午前、埼玉県秩父市で登山をしていた71歳の男性が突然、クマに襲われましたが、格闘の末、山の斜面に落として追い払いました。
男性は手に軽いけがをして病院で手当てを受けました。
  13日午前9時半前、埼玉県秩父市の雲取山に向かう登山道で、山小屋で働く71歳の男性が木の上にいる子グマを見かけたところ、突然、子グマの親と見られるクマに襲われました。
警察によりますと、男性は両手をひっかかれながらも、クマの背中のあたりをつかむなど、応戦しているうちにクマが山の斜面に落ちたということです。
このあと、クマは斜面を駆け上がって再び襲いかかってきましたが、男性は斜面に落として追い払ったということです。
男性は一緒に登山をしていたメンバーとその場を急いで離れたあと、自力で下山して病院で手当てを受け、けがの程度は軽いということです。
男性は警察に「とてもびっくりした。とっさのことでこのままでは危ないと思い、無我夢中で撃退した」と話しているということで、警察が詳しい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20181013/1100003834.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»岡山で3棟全半焼、夫婦とみられる遺体見つかる(13日)TBS

13日未明、岡山県吉備中央町で住宅など3棟を全半焼する火事があり、焼け跡から95歳と91歳の夫婦とみられる遺体が見つかりました。
 午前0時すぎ、岡山県吉備中央町円城の無職・沼本伊蔵さん(95)の住宅から火が出ました。
 火はおよそ2時間後に消し止められましたが、木造平屋の母屋と2階建ての離れを全焼、また、隣接する2階建ての土蔵を半焼し、庭から男女2人の遺体が見つかりました。
 「爆発音で気が付いた。煙と炎とね、状態があまりよく分からないですね。最後のほうは」(近くの人)
 沼本さんは91歳の妻、美代子さんと2人暮らしで、警察は沼本さん夫婦が逃げ遅れたとみて、遺体の身元の確認を急ぐとともに火事の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3496988.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧