カテゴリー

不祥事案

2021年4月23日 (金)

京都の税務職員が個人情報閲覧 年賀状送付に利用、停職処分(23日)共同

大阪国税局は23日、内部システムで同級生ら少なくとも158人分の個人情報を不正に閲覧したなどとして、京都府内の税務署の30代男性職員を停職1カ月の懲戒処分とした。同日付で依願退職した。入手した住所から知人女性に年賀状を送っており、この女性が国税局に相談し発覚した。
 国税局によると、男性は国税調査官として法人税事務に従事していた昨年1月~今年1月、知人らの氏名や住所、生年月日を閲覧した。「組織に多大な迷惑を掛けた」と話している。
 納税者が提出した書類の写しなどの行政文書を無許可で自宅に持ち出したことも判明。国税局は、外部流出は認められなかったとしている。
https://this.kiji.is/758278019525312512?c=39546741839462401

2021年4月22日 (木)

警部、女性部下の胸元のぞき込む…叱責の際は大声でどなる(22日)読売

 飲食の場で部下の女性職員の体を触ったほか、別の女性職員にもセクハラ行為をしたなどとして、静岡県警が3月、男性警部を減給の懲戒処分にしていたことがわかった。県警はこの処分を発表していない。警察の不祥事を巡っては、県警が3月、部下にセクハラをしたなどとして、県内の警察署に勤務していた50歳代の男性警視を懲戒処分にした後、発表していた。
 関係者への取材によると、警部は昨年9月、職場の部下の女性職員と飲食店で食事をしていた際、体を無理やり触った。また、同じ9月に、別の女性部下らと飲食をした際に、この女性の胸元をのぞき込むなどしたという。いずれのケースもグループで飲食していたとされ、警部は酒を飲んでいたとみられる。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0422/ym_210422_1402132282.html

2021年4月21日 (水)

児童の着替え盗撮の疑い 三鷹市の小学校教諭を逮捕(21日)NHK

東京・三鷹市の小学校で児童が着替える様子をスマートフォンで盗撮したなどとして、31歳の教諭が逮捕されました。
教諭のスマートフォンには児童の動画など数千点が保存されていたということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

逮捕されたのは、東京・三鷹市の公立小学校の教諭、木村康一郎容疑者(31)です。
警視庁によりますと、木村教諭は3年前の2018年から先月にかけて、勤務先の小学校や調布市のスポーツ施設で、女子児童が着替える様子をスマートフォンで盗撮したなどとして、児童ポルノ禁止法違反などの疑いが持たれています。
今月上旬、調布市の別のスポーツ施設の近くで「不審な男が女の子の後をつけている」と110番通報があり、駆けつけた警察官が現場にいた教諭に事情を聴いたところ、スマートフォンに児童のわいせつな画像が保存されているのが見つかったということです。
調べに対し容疑を認め、「小さな子どもに性的な興味があった。これまでに100回以上は盗撮した」と供述しているということです。
教諭のスマートフォンには児童の動画や画像、あわせて数千点が保存されていたということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

教諭が逮捕されたことについて、三鷹市教育委員会の貝ノ瀬滋教育長は「学校教育に対する信頼を著しく失墜させ、児童生徒や保護者のみなさま、また、地域のみなさまの心を深く傷つけることとなり、心よりお詫び申し上げます。今回の事態を受け、教員の綱紀粛正に努めるとともに、再発防止と信頼の回復に取り組んで参ります」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210421/1000063314.html

喫煙少年を注意、つかみ合いになり殴る 巡査部長を書類送検(21日)共同

喫煙していた少年(15)を殴ってけがを負わせたとして、滋賀県警が2日に県内の警察署の50代の男性巡査部長を、傷害容疑で書類送検していたことが20日、県警への取材で分かった。巡査部長は2日付で所属長訓戒処分を受け、依願退職した。
 県警監察官室によると、元巡査部長は休日だった3月15日午前9時ごろ、大津市内でたばこを吸っていた少年を発見。未成年とみられたため、喫煙をやめるよう注意したところ、つかみ合いになり、先に少年の額を手で1回殴り、全治4日間の軽傷を負わせた。少年は元巡査部長の顔を殴り返し、鼻骨骨折の重傷を負わせたという。
https://this.kiji.is/757348130164867072?c=39546741839462401

2021年4月19日 (月)

酒気帯び運転容疑で警部補逮捕 福島県警(19日)時事

酒気帯び状態で車を運転したとして、福島県警は18日、道交法違反容疑で郡山署地域課係長の警部補、栗田勉容疑者(58)=同県郡山市安積町荒井=を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は18日午後1時15分ごろ、郡山市内の市道上で飲酒運転した疑い。
 県警監察課によると、栗田容疑者は自宅近くの商業施設の駐車場で車を運転中に、止まっていた車に衝突し、隣接する市道上の路肩に停車。事故の通報を受けて駆け付けた警察官が呼気検査をしたところ、基準値を超えるアルコールが検知された。同容疑者は非番で、「自宅で1人で飲酒した」と話しているという。
 国井祐典・県警首席監察官の話 交通事故抑止に取り組む中で現職警察官が逮捕されたことは誠に遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041800418&g=soc

2021年4月18日 (日)

剣道部総監督解雇、部員から現金 愛媛強豪校の帝京第五高(18日)共同

剣道強豪校の愛媛県大洲市の帝京第五高で、剣道部の男性総監督(61)が自分の誕生日に合わせて部員から現金を受け取っていた問題で、運営法人が18日、総監督を解雇したと正式に発表した。16日付。「受け取った金額が社会的儀礼の範囲を超えており、教育上ゆゆしき問題だ」とし、教員の適格性に欠けると判断した。
 法人によると、男性は剣道部のキャプテンが部員全員から集めた14万5千円を受領していた。少なくとも2009~14年度はこうした集金が習慣化し、強制性があったと認定した。現役部員の保護者会など剣道部を支援する諸団体の不明瞭な会計処理も判明している。
https://this.kiji.is/756419218585681920?c=39546741839462401

無免許運転と誤認し逮捕 登録の名前と読み仮名一致せず(18日)朝日

福岡県警行橋署は17日、北九州市内の60代女性を道交法違反(無免許運転)容疑で誤認逮捕し、釈放したと発表した。女性の免許は登録されていたが、女性から聞いた氏名の読み仮名と、運転免許のデータベースに登録されている読み仮名が一致せず、無免許と誤認したという。
 発表によると、女性は17日未明に福岡県苅田町若久町の国道10号をワゴン車で走行中、材木を車体後部からはみ出させ運転していた。巡回中の北九州市警機動警察隊の隊員2人が女性に停止を求め、運転免許の提示を求めた。女性は車内を探したが見つからず、隊員が女性に聞いたり、身分証で確認したりした氏名の読み仮名で免許が登録されているかを照会した。
 その読み仮名での登録はなく、車外で事情を聴いていた女性が車内に戻ろうとするなどしたため、午前2時7分に無免許運転容疑で現行犯逮捕したという。
 行橋署で事情を聴いていたところ、所持品から運転免許更新通知のはがきが見つかった。そこに記載された免許番号で照会すると、別の読み仮名で免許が登録されていると分かり、午前4時23分に女性の拘束を解いた。女性に逮捕歴はつかないという。行橋署の松尾俊治副署長は「誠に遺憾で関係者に謝罪申し上げると共に、再発防止に努めたい」とコメントした。(吉田啓)
https://www.asahi.com/articles/ASP4K72XXP4KTIPE001.html

2021年4月17日 (土)

山陽道で反則切符紛失、3時間速度制限し捜索 山口県警(17日)朝日

山口県警高速隊の50代男性警察官が3月、周南市徳山の山陽自動車道で交通指導取り締まり中に、交通反則切符などが入ったカバンを一時紛失し、回収のため一般車の通行を3時間、速度制限していたことが分かった。反則切符などの一部は見つかっていないが悪用は確認されていないという。
 同隊によると、警察官は3月27日午後7時半ごろ、上り線の金剛山トンネル付近までパトカーで移動し取り締まりをした後、交通反則切符と交通切符、点数切符計45枚が入ったカバンを車外に置き忘れた。
 約30分後に気づき探したところ、トンネル内にカバンと反則切符などが落ちていたが一部は見つからず、午後11時10分~翌28日午前2時半ごろの間、徳山西―徳山東インターチェンジ間で速度制限をして探した。
 監察官室は警察官に指導したといい「再発防止に努めます」とコメントした。(寺島笑花)
https://www.asahi.com/articles/ASP4K31D4P4JTZNB002.html

2021年4月16日 (金)

茨城・神栖署の巡査部長が宣言中の会食後に飲酒運転 電柱に衝突(16日)TBS

今年2月、茨城県で警察官が深夜まで会食をし、その後、飲酒運転で事故を起こしていたことが分かりました。
 警察によりますと、飲酒事故を起こしていたのは、神栖警察署の男性巡査部長(25)です。巡査部長は、茨城県に独自の緊急事態宣言が出されていた今年2月、水戸市内の飲食店で深夜2時まで友人4人と酒を飲んだ後、車を運転し、電柱に衝突する事故を起こしていました。
 警察は、この巡査部長について16日、酒気帯び運転などの疑いで書類送検し、停職6か月の処分を発表しました。巡査部長は16日付で辞職しています。
 事故は地元紙の報道によって、先月末に発覚していました。茨城県警は、警察官の不祥事を事故から2か月余り経ってから発表したことについて、巡査部長が捜査書類や証拠品などを不正に保管していたことも判明し、調査に時間がかかったためとしています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4247767.html

捜査書類29年間持ち帰り、千葉 証拠品も、巡査部長を停職(16日)共同

約29年間にわたり捜査書類や証拠品などを無断で自宅に持ち帰り放置し続けたとして、千葉県警は16日、我孫子署の男性巡査部長(49)を停職3カ月の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で依願退職した。県警によると、持ち帰った資料や書類は計約6千点に上り、巡査部長は「整理整頓が苦手で、ため込んで自宅に持ち帰り放置してしまった」と説明している。
 県警によると、うち51点は未解決事件に関するもので、県警は捜査に支障が生じたとして被害者らに謝罪。16日、公文書毀棄と証拠隠滅の容疑で巡査部長を書類送検した。
https://this.kiji.is/755745237773959168?c=39546741839462401

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

留置所

無料ブログはココログ