カテゴリー

不祥事案

2020年4月 2日 (木)

山形県小国町職員を逮捕 児童買春疑い、新潟(2日)産経

新潟県警は2日、18歳未満の少女2人に現金を渡してみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、山形県小国町職員、松林清範容疑者(53)=同町=を逮捕した。「年齢は分からなかった」と一部否認している。
 逮捕容疑は昨年11月下旬、会員制交流サイト(SNS)で知り合った、当時中学3年だった女子生徒2人=いずれも新潟市=に現金計2万円を渡し、新潟県内でみだらな行為をしたとしている。
 町は「事実関係を調べ、処分を検討する」と話した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200402/afr2004020010-n1.html

2020年3月31日 (火)

東京消防庁の消防士が自殺、前署長を戒告の懲戒処分(31日)TBS

東京消防庁は、部下の職員との意思疎通が不十分な状態で指示を繰り返したとして、前の牛込消防署長を懲戒処分としました。牛込消防署では去年12月、男性職員が自殺しましたが、パワハラについては確認できなかったとしています。
 去年12月、東京・新宿区にある東京消防庁・牛込消防署に勤務していた47歳の消防司令の男性職員が自殺しました。その後、「男性は上司からパワハラを受けていた」との情報が寄せられ、東京消防庁は内部調査を進めていましたが、31日、中村真一前牛込消防署長(56)を戒告の懲戒処分としました。
 東京消防庁は、中村前署長が意思疎通が不十分な状態で指示を繰り返していたとする一方で、暴言や暴行を伴わず、パワハラに該当する過大な要求は確認できなかったとしています。
 「何もないんだったら、なんで私の主人は自殺しなければならなかったんですかね。逆にこっちが東京消防庁に聞いてみたい。処分が軽い、重いとかの前に、人の命の重さというのがあるので」(自殺した男性の妻)
 中村前署長は「ご遺族に対して大変申し訳なく思っている」と話していて、31日付で依願退職したということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3944579.html

2020年3月29日 (日)

ひき逃げ疑いで自称弁護士逮捕 「弁護士と話できるまで…」と黙秘 神奈川県警(29日)産経

車で自転車と衝突し、乗っていた人にけがを負わせて逃走したとして、神奈川県警金沢署は29日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同県横須賀市湘南鷹取の自称弁護士、小柳茂秀容疑者(55)を逮捕した。「弁護士と話ができるまで、話したくない」などと黙秘している。
 逮捕容疑は28日午後5時55分ごろ、横浜市金沢区寺前の、信号機が設置されている市道丁字路交差点を右折する際、横断歩道を自転車で渡っていた大学生の男性(28)=同区=と衝突し、右ひざの打撲などの軽傷を負わせたが、そのまま逃走したとしている。
 同署によると、小柳容疑者は衝突後に車から降り、男性に「大丈夫か」などと声をかけたが、男性が「大丈夫じゃない。警察に連絡する」などと返答すると、再び車に乗って逃走したため、男性が110番通報。現場から約3キロ離れた路上で、警戒中のパトカーが逃走中の小柳容疑者の車を発見し、停車させたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200329/afr2003290005-n1.html

2020年3月27日 (金)

捜査書類を29年間放置 東京地検事務官、減給処分(27日)産経

東京地検は27日、捜査書類759点を最長29年間にわたり、自宅に持ち帰るなどして放置したとして、50代の男性検察事務官を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。事務官は地検の調査に対し、「業務が多忙で自宅で整理しようとしたが、そのまま放置してしまった」と説明したといい、同日付で辞職した。
 地検によると、事務官は平成2年9月ごろから令和元年10月までの間、捜査書類計759点を地検内で適正に保管せず、自宅に持ち帰るなどして放置した。捜査書類の外部流出や紛失はなかった。昨年10月、裁判所から事件記録に関する照会があって発覚した。
 斎藤隆博次席検事は「書類を適正に管理しなかったのは遺憾。再発防止の徹底に努めたい」とし、地検内に不祥事への対策委員会を設置したと明らかにした。https://www.sankei.com/affairs/news/200327/afr2003270018-n1.html

東大 准教授2人を懲戒処分 女子大学院生に差別的発言繰り返す (27日)NHK

東京大学は指導する女子大学院生に、性別に関わる差別的な発言を繰り返したとして、准教授2人を懲戒処分にしました。懲戒処分を受けたのは、東京大学大学院のいずれも40代の男性准教授と、女性准教授です。
大学によりますと、男性准教授は指導する女子大学院生2人に、ほかの学生の前で「女性研究者の結婚出産や子育ては研究活動と両立しない」などと繰り返し発言したり、侮辱したりしたということです。
また女性准教授は女子大学院生に対して「結婚して、プライベートが充実すれば研究をやめられる」という趣旨の発言をしたということです。
大学は調査の結果、男性准教授を停職6か月、女性准教授を戒告のいずれも懲戒処分にしました。
東京大学は「あるまじき行為であり、決して許されない。再発防止に努めたい」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200327/k10012354231000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

後輩女性隊員の首絞め、胸触る 陸自隊員2人懲戒免職(27日)共同

 陸上自衛隊は27日、後輩の女性隊員に暴行やわいせつな行為を繰り返したとして、座間駐屯地第4施設群の23歳と21歳の男性陸士長2人を懲戒免職処分にした、と発表した。
 同駐屯地司令業務室によると、2人は昨年10月から11月までの間、相模原市南区のキャンプ座間の駐屯地で、首を絞めたり、頭部を平手打ちしたりしたほか、胸を触るなどのわいせつな行為を繰り返した。2人は行為を認め、「悪ふざけのつもりだった」などと説明している。https://www.kanaloco.jp/article/entry-312158.html

交通事故の捜査資料偽造 容疑で警部補を書類送検―警視庁(27日)時事

交通事故の捜査結果を検察庁に送致したように見せ掛けるため、捜査資料を偽造したとして、警視庁は27日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで大崎署交通課の男性警部補(60)を書類送検した。容疑を認め、「捜査が進んでいないことが発覚するのを恐れた」と話しているという。同庁は停職1カ月の懲戒処分とし、警部補は同日付で辞職した。
 送検容疑は、2018年12月に東京都品川区内で発生した交通人身事故について、19年6月、捜査書類に虚偽の内容を記載して、同署の交通課長に提出した疑い。
 警視庁によると、警部補は虚偽の送致日、送致番号、検察側受理番号を捜査書類に記載し、交通課長に提出したという。17年5月と18年10月に起きた交通事故についても書類を偽造した疑いがあり、同庁は後日、書類送検する方針。
 宮島広成・警務部参事官の話 交通事故捜査の信用を失墜させる行為で誠に遺憾。業務管理を徹底し、再発防止に努める。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032700660&g=soc

買春疑いで外務省主査逮捕 女子高校生にわいせつ行為(27日)産経

会員制交流サイト(SNS)で知り合った東京都内の女子高校生(17)にわいせつな行為をしたとして、警視庁麻布署は27日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で外務省中東アフリカ局の主査、丹沢裕容疑者(45)を逮捕した。
 逮捕容疑は2019年4月13日、女子高校生が18歳未満と知りながら、現金2万5千円を渡すと約束して東京都豊島区池袋のホテルでわいせつな行為をした疑い。容疑を認めている。
 麻布署によると、署員がサイバーパトロールで女子高校生を補導し、事件が発覚した。実際に2万円を渡していたという。
 外務省人事課は「職員が逮捕されたことは遺憾で、捜査の結果を踏まえ厳格に対処する」としている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200327/afr2003270004-n1.html

かんぽ不正契約に9653人関与 追加報告書 全郵便局の14.5%で(27日)西日本

 日本郵政グループかんぽ生命保険日本郵便の保険不正販売について、外部弁護士でつくる特別調査委員会は26日、追加報告書を発表した。顧客が不利益を被った「不正の疑いがある契約」には9653人が関与し、全国に約2万局ある郵便局の14・5%に当たる2921局が受け付けたと認定。営業現場のモラル低下を改めて印象づけた。
【関連】かんぽ、不正見過ごし対策逃げ腰 「郵政村の常識は世間の非常識」
 不正販売が相次いだのは「その時々の経営陣が、郵便局員による不正販売の実態をよく把握できず、根絶するための対策が取れなかったから」と指摘。
 徹底的な調査を怠ったため、問題の重要性の認識が遅れたと結論づけた。
 伊藤鉄男委員長は東京都内での記者会見で、経営陣の責任について「契約実態を知るには相当な調査をしなくてはならない。当時の認識で調査できたかどうか。法的な責任があると私には思えなかった」と述べ、責任は問えないとの認識を示した。1月にグループ3社長が辞任したことにも触れ「自らの経営責任は十分理解していた」と述べた。
 報告書は、日本郵政がかんぽ生命株を売り出した昨年4月時点で不正販売の実態を把握していたのではないかとの疑惑について「投資家の判断に影響を及ぼす状況が生じていると認識していたとは認めがたい」との見解を示した。
 また、顧客の被害回復なしに販売再開することは「考えられない」とくぎを刺した。かんぽ生命と日本郵便は25日、4月以降も積極的な営業を自粛する方針を示している。 (飯田崇雄)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/595398/

2020年3月26日 (木)

車庫のシャッター開いてないことに腹を立て… 女性消防士を蹴った司令補懲戒処分 (26日)産経

千葉県松戸市消防局は26日、採用1年目の女性消防士(23)を蹴って全治1週間のけがを負わせた五香消防署主査の男性消防司令補(53)を停職1カ月の懲戒処分にした。
 同消防局によると、2月16日夜、消防車を運転して現場から戻った消防司令補が、車庫のシャッターが開いていないことに腹を立て、署にいた女性消防士の右大腿部(みぎだいたいぶ)をいきなり蹴った。消防車が署に帰る際にシャッターを開けておくといった規定はないという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200326/afr2003260023-n1.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ