不祥事案

2019年2月19日 (火)

公立小講師を逮捕 女性下着泥棒未遂、物色と供述(19日)産経

岐阜県警恵那署は18日、民家の敷地内に侵入し、女性用下着を盗もうとしたとして、住居侵入と窃盗未遂の疑いで同県恵那市長島町中野、公立小学校講師の田口慎吾容疑者(31)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年5月25日午前9時45分ごろ、同市三郷町、会社員の男性(39)方の敷地内に侵入、下着を盗もうとした疑い。
 恵那署によると、田口容疑者は「敷地に入ったが、下着を盗むつもりではなかった」と供述。同容疑者が下着を物色する姿を近くに住む男性の父親が目撃していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/190219/afr1902190003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

市道で時速145キロ容疑「歯医者の予約が」 巡査処分(18日)朝日

千葉県警の20代の男性巡査が、一般道でスポーツカーを時速145キロで走らせたとして、道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検されていたことが18日、県警や関係者への取材でわかった。巡査は容疑を認めており、「歯医者の予約があり、早く寮に帰りたくてスピードを出した」などと供述しているという。
 県警や関係者によると、巡査は千葉中央署地域課の勤務。1月10日午後、千葉市稲毛区の市道を法定速度(時速60キロ)を大幅に上回る145キロで走行した疑いがある。自動速度違反取り締まり装置(オービス)で検知され、県警から任意で調べを受けた。巡査は勤務中ではなかったという。
 県警は14日付で巡査を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とし、書類送検した。
 県警は「誠に遺憾で、県民に対して深くおわび申し上げます。指導、教養を再徹底し、信頼回復に努めて参ります」としている。
https://www.asahi.com/articles/ASM2L540HM2LUTIL01B.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

海自40代幹部、子3人に暴行 停職6カ月、広島(18日)西日本

海上自衛隊呉地方総監部(広島県呉市)は18日、自分の子ども3人に約10年前から暴行を加えていたとして、潜水艦教育訓練隊の40代の男性幹部を停職6カ月の懲戒処分にした。昨年5月に妻からの通報を受け、総監部が調査していた。
 総監部によると、男性幹部は2009年から17年7月にかけて、3人の子どもを足で蹴ったり頭部をたたいたりし、しつけ名目で子どもの頭髪をつかみ引きずり倒し、顔面をベッドの柵に打ちつけ3週間の傷害を負わせた。
 男性幹部は神奈川県に住んでいた際、家族が児童相談所に相談したこともあった。
 聴取に男性幹部は「部隊に多大な迷惑をかけた」と話している。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/487853/

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニで他の客から186万円盗む 容疑の消防士逮捕(18日)産経

仙台市宮城野区のコンビニエンスストア内で、会社役員の男性(22)の現金約186万円を盗んだとして宮城県警仙台東署は18日、窃盗の疑いで名取市消防本部閖上(ゆりあげ)出張所に勤務する消防士、高橋利明容疑者(41)=同市青葉区=を逮捕した。調べに対し容疑を認めている。
 逮捕容疑は1月18日午後1時15分ごろ、同店に現金を振り込みに来店していた男性から約186万円を盗んだとしている。
 同署によると、男性は封筒に現金を入れて持参し、レジ近くの棚に封筒を置き忘れ、これを見つけた高橋容疑者が盗んだ。男性が現金を置き忘れたことに気づき、同店を再び訪れたが、現金がなくなっており、被害届を提出していた。同署が店内の防犯カメラなどを捜査し、高橋容疑者を特定、逮捕した。
 名取市消防本部によると高橋容疑者は事件当時、当直勤務を終え非番だった。
 同部の消防長は「市民の生命と財産を守ることを本務とする消防職員がこのような不祥事を起こし、市民のみなさまから寄せられた信頼を大きく損なうことになり、まことに遺憾。心から深くおわび申し上げる」とのコメントを発表した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190218/afr1902180037-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都府警木津署長が自殺か(18日)産経

 京都府警は18日、木津署の男性署長(60)が京都市内の雑木林で死亡しているのが見つかったと明らかにした。遺書のようなものが残されており、府警は自殺の可能性があるとみて調べている。署長をめぐっては14日発売の週刊新潮が、息子の金銭問題を報じていた。
 府警監察官室によると、18日午後2時20分ごろ、同市北区大宮釈迦谷の雑木林で、署長が死亡しているのを京都府警北署員が発見。近くに停車していた署長の車の中から遺書のようなものが見つかった。署長はこの日、休暇を取っていたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/190218/afr1902180038-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高校生を買春疑い 熊本県職員逮捕(18日)産経

熊本県警八代署は18日、女子高校生に対する児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、熊本市北区、県職員、松岡貴浩容疑者(52)を逮捕した。署によると「やっていない」と容疑を否認している。
 県によると、松岡容疑者は県北広域本部の水産課に所属。平成27年2月にもJR熊本駅で別の女子高校生の体を触ったとして県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕され、罰金20万円の略式命令を受けた。このとき県は停職5カ月の懲戒処分にした。
 今回の逮捕容疑は昨年2月中旬ごろ、熊本市北区の店舗の駐車場に止めた乗用車内で、当時16歳の女子高校生を買春した疑い。署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合ったとみられる。https://www.sankei.com/affairs/news/190218/afr1902180012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

警察が小学生の遺品紛失 元警部補が証拠品リストを破棄か(17日)NHK

10年前、埼玉県熊谷市で起きたひき逃げ事件で死亡した小学生が着けていた腕時計を警察が紛失した問題で、当時捜査を担当した元警部補が押収された証拠品などのリストを遺族から回収し破棄していたことが捜査関係者への取材でわかりました。破棄されたリストには腕時計の記載があったということで、警察はこの元警部補を公文書毀棄の疑いで書類送検する方針です。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190217/k10011817951000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

平成21年に熊谷市で起きた死亡ひき逃げ事件をめぐっては…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

交際女性のスマホを盗み見、顔たたいて唇切る(16日)読売

 熊本県は15日、女性をたたいてけがを負わせたとして商工観光労働部の係長級の男性職員(42)を減給10分の1(3か月)の懲戒処分にした。
 県によると、職員は昨年9月上旬、当時交際していた女性(県職員)と飲食店に行った際、酔って寝た女性の指をスマートフォンにあててロックを解除し、無断で閲覧。他の男性とのメッセージを見て腹を立て、女性の顔をたたいて唇を切るけがを負わせ、スマホを壊したという。同11月、人事課に情報提供があり、発覚した。
 職員は「深く反省し、後悔している」と話しているという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190215-OYT1T50284/

| コメント (0) | トラックバック (0)

国交省職員を盗撮容疑で逮捕 「足を見てムラムラした」(16日)朝日

電車内で女子高校生のスカートの中を盗撮したとして、埼玉県警は16日、同県越谷市国土交通省職員の坂田正博容疑者(43)を県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕し、発表した。坂田容疑者は「ミニスカートの足を見てムラムラした」と容疑を認めているという。
 春日部署によると、15日午後10時5分ごろ、東武伊勢崎線の車内で座っていた女子高生にスマートフォンのカメラを向けているところを別の乗客が見つけ、取り押さえた。スマホ内に盗撮したとみられる動画が残っていたという。
https://www.asahi.com/articles/ASM2J3RGHM2JUTNB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

保育士8人、虐待や暴言 計13件、福岡市が改善勧告 東区の保育所(16日)西日本

福岡市は15日、認可保育所「あかつき保育園」(同市東区)で、保育士が園児に「ブタ」「ばか」などと暴言を浴びせたり、押し入れに閉じ込めたりする虐待などが13件あったとして、児童福祉法などに基づき園を運営する社会福祉法人「北斗会」に改善勧告を出した。再発防止策の早急な実施や保護者への説明を求めている。
 市によると2016~18年、園児をトイレに連れて行かずに、尿を漏らすと叱る▽長時間正座させる▽壁をたたいて驚かせて笑う▽口から出した給食を押し込む▽食べる早さが遅いと給食を減らす-など、13件の行為を不適切と認定した。
 少なくとも女性保育士8人(20~40代)が関与し、ベテラン保育士によるものが多かった。8人は市の聴取に対し「先輩がやっているから普通の行為だと勘違いしてしまう空気があった」「厳しいしつけを求める園長の圧力があった」などと答えたという。
 この園を巡っては17年12月、市に情報提供があり、保育士4人が17年度に園児の口にセロハンテープを貼ったり、怖い仮面を使って叱ったりするなど4件の不適切行為が発覚。市は再発防止を指導したが、その後も再び「行為が続いている」との情報が寄せられた。市は今年1月11日から園に特別指導監査を行い、保育士ら約50人に聞き取り調査をするなどしていた。
 保育士は停職1カ月などの処分が決まった。同園は園児254人に対し保育士29人(1月末現在)で国の配置基準ぎりぎりという。新しく就任した石橋理恵園長は「保育士の負担がストレスとなり、こうした事態を招いた。管理体制を強化したい」と話した。=2019/02/16付 西日本新聞朝刊=https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/487247/

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧