少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係

2018年2月21日 (水)

18歳少女、2歳長男の首を絞め殺害容疑で逮捕(21日)読売

2歳の長男を殺害したとして、青森県警むつ署などは21日、青森県むつ市の無職の少女(18)を殺人容疑で緊急逮捕した。
 発表によると、少女は20日午後3時50分頃、自宅2階の寝室で長男の首を手で絞めるなどし、殺害した疑い。
 少女が同日夜、同署に「息子を死なせてしまった」と電話で伝え、救急隊員が駆けつけたところ、寝室の布団の上であおむけになっている長男を発見した。首には絞められたような痕があった。
 少女は、70歳代の祖母と長男の3人暮らし。昨年10月頃、関東から長男と一緒に祖母の家に引っ越してきたという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180221-OYT1T50037.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

「注意するの面倒」担任がいじめ放置 小2が2年不登校(20日)NHK

神奈川県茅ヶ崎市で小学2年生だった男子児童が日常的にいじめを受け、2年にわたり不登校になっていることが、教育委員会の第三者委員会の調査などでわかりました。当時の担任は「殴る蹴るが繰り返されていたが注意するのが面倒になった」などとして、いじめを放置していたということです。
 茅ヶ崎市教育委員会によりますと、おととし3月、市内の公立小学校の当時2年生の男子児童の両親が、同級生からいじめを受けていると学校に訴え、教育委員会が第三者委員会を設置して調査を行いました。
 第三者委員会は、男子児童が複数の同級生から馬乗りになって殴られたりズボンを脱がされたりと、1年近く日常的にいじめを受けていたとする報告書をまとめ、今月、教育委員会に答申しました。
 男子児童はいじめが原因でPTSD=心的外傷後ストレス障害を発症し、2年にわたり不登校になっているということです。
 担任だった30代の女性教諭は当初はいじめに気づかなかったと説明したものの、調査の過程で学校が再度聞いたところ「同級生が一方的に殴る蹴るの暴力を繰り返していたが、注意することが面倒になった」「見て見ぬふりをした」などと話し、いじめを放置していたということです。
 茅ヶ崎市教育委員会は「大変申し訳ないことで、いじめの早期発見や再発防止に取り組んでいきたい」としています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180220/k10011336401000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| コメント (0) | トラックバック (0)

「継続的ないじめ」で女子中学生自殺(20日)フジテレビ

福島・南相馬市の女子中学生が自殺した問題で、市の第3者委員会は、「継続的ないじめが大きな要因となった」と結論づけた。
この問題は2017年2月、南相馬市の中学校に通う、当時2年生の女子生徒が自宅で自殺したもので、市の第3者委員会が、いじめとの因果関係などを調査していた。
その結果、自殺した女子生徒は、1年生の時から複数の男子生徒にばい菌扱いされ、筆入れを汚いかのように投げあったりされるなどのいじめを受けていたと認定した。
そのうえで、報告書では、「継続的ないじめが、自殺の大きな要因となった」と結論づけた。
また、いじめの情報が、一部の教員で抱え込まれ、バックアップ体制が不十分だったとして、学校側の対応を問題視した。
いじめ問題対策委員会の若杉裕二委員長は、「一個人の教師が頑張ればいいという問題ではない。学校として、適切な対応をとるための指針を、当委員会ではお示しさせていただいております」と話した。 (福島テレビ)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00385289.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

福島の中2女子自殺、いじめ主因 第三者委が結論(19日)共同

福島県南相馬市で昨年2月、いじめを受けた市立中2年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、市の第三者委員会は19日、「いじめが継続的に行われたことが自殺の主たる要因」と結論付けた。
 市教育委員会などによると、女子生徒は2016年7月、学校が実施したアンケートで「いじめを受けたことがある」と回答し、17年1月にも複数の男子生徒から嫌がらせを受けたと訴えた。同2月11日夜に自宅で自殺しているのが見つかった。
 第三者委は同3月に調査を始め、生徒や教職員、遺族の聴き取りなどを行っていた。
https://this.kiji.is/338277125805737057?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

同じ家から2度盗み、強盗も準備した疑い 少年ら逮捕(15日)朝日

長野県松本市の同じ民家から昨年6月末、現金1930万円などを盗み、翌月も現金71万円などを盗んで、さらに4日後に強盗に入ろうとしたとして、長野県警は14日までに、17~19歳の少年6人を含む埼玉県内の9人を窃盗や強盗予備などの容疑で逮捕したと発表した。認否は明らかにしていない。
 松本署によると、春日部市新宿新田の会社役員土田勲成(いっせい、23)、同市道口蛭田の建設作業員渡部竜一(23)、松伏町松伏の会社員渡辺巧(21)の3容疑者と、越谷市の建設作業員の17歳の少年2人は共謀し、昨年6月30日、松本市の民家に侵入。現金1930万円と、指輪10個など時価計約390万円相当のものを盗んだ疑いがある。
 この2少年と越谷市の18、19歳の2少年の計4人は翌7月13日、同じ家に侵入し、現金71万円と預金通帳2通を盗んだ疑いが持たれている。
 さらに、この17歳の2少年と、別の越谷市の19歳の2少年の計4人は同17日、特殊警棒や粘着テープなどを持って同じ家に強盗に入ろうとした疑いがある。
 被害届を受けて警戒していた機動捜査隊員が、この日、家の近くで4少年を見つけ、職務質問したところ逃走したため、行方を追って逮捕したという。(鶴信吾)
https://www.asahi.com/articles/ASL2G5RH2L2GUOOB01S.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

仲間内のトラブルで発覚 特殊詐欺で少年2人逮捕(15日)テレビ朝日

息子を装って高齢者から現金300万円をだまし取ったとして、専門学校生2人が逮捕されました。事件はだまし取った金を巡る仲間内のトラブルで、1人が警察に相談したことから発覚しました。
 専門学校生の19歳の少年2人は18歳の少年に指示し、神奈川県に住む女性(72)に「会社の女性に手を出し、現金が必要」などと息子を装って電話を掛け、現金300万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、18歳の少年が現金の一部を持ち逃げしたため、少年らの間でトラブルになり、1人が警察に相談したことから事件が発覚し、18歳の少年も逮捕されました。取り調べに対し、19歳の少年2人のうち1人は容疑を認め、もう1人は「弁護士が来てから決める」などと容疑を否認しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120963.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

中2自殺で第三者委設置へ、尼崎 生徒間トラブルの情報(14日)西日本

兵庫県尼崎市で昨年12月に自殺した市立中2年の女子生徒=当時(13)=を巡り、同市教育委員会は14日、学校による生徒への聞き取りやアンケートの結果、生徒間のトラブルが起きていたとの情報があったとして、第三者委員会を設置し調査する方針を明らかにした。いじめがあったかどうかや自殺を巡る経緯を調べる。
 市教委や生徒の母親(46)によると、生徒は昨年12月20日、自宅で自殺した。「学校がしんどいです。もう無理です」などとのメモを残していた。
 市教委はこれまでの調査で浮上したトラブルの詳細を明らかにしていないが、長期間の暴行や金銭の要求などはないという。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/394239

| コメント (0) | トラックバック (0)

「逃げたぞ」「きゃー」歩道に車突っ込む 沖縄・国際通り 1人病院搬送(14日)共同

那覇署は13日、沖縄県警のパトカーの追跡から普通乗用車で逃走した自称建設業の少年(19)=那覇市=を道交法違反(無免許運転)の疑いで現行犯逮捕した。調べに「間違いありません」と容疑を認めているという。アルコールは検出されていない。午後8時40分ごろ、少年の車は那覇市牧志の国際通りの歩道に乗り上げて止まった。歩行中の女性が病院に搬送されるなど、周辺は一時騒然とした。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/209377

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

刃物使い仲間監禁の疑い 旅先でささいなトラブル(13日)テレビ朝日

 旅行に来ていた少年同士が写真を巡ってトラブルになり、仲間の少年を監禁したとして逮捕されました。
 12日午後10時すぎ、大阪府泉佐野市の関西空港近くのホテルの部屋で、中国籍の少年(14)が同じツアーに参加していた少年(14)やツアーを引率していた女性(26)に、刃渡り7センチの折りたたみナイフを突き付けたうえ、数十分にわたり監禁したということです。警察の調べに対し、「自分をスマホで撮影し、消去してと頼んだのに消去していなかったので腹が立った」と容疑を認めています。少年らは中国から小学生から高校生までの30人ほどのグループで日本を訪れていました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120858.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

女子中学生の遺書は「くたばれ」 第5景・教育(8)

福井県外のある高校3年生男子は、クラス全員から「体臭が強い。近寄るな」と言われた。廊下を歩くと、他の生徒は端に寄り、かに歩きのようにしてすれ違った。担任に相談すると「朝シャン(朝の洗髪)して来い」と逆に注意された。生徒は毎日“朝シャン”をしていた。いじめられていることを父親に話すと「男のくせに、何だ」と怒鳴られた。どこにも逃げ場はなかった。
 2013年11月、身を投げるために坂井市の東尋坊にやって来た。雨が降る中、東屋で休んでいるところを、自殺防止活動をするNPO法人「心に響く文集・編集局」のスタッフに保護された。
 2学期が始まったばかりの昨年8月31日午後6時半ごろ、高校2年生の女子生徒は東尋坊の岩場の先端に座り込んでいた。「宿題が提出できず恥ずかしい思いをした」。県外の進学校に通っていた。勉強についていけないと両親に言っても「退学なんて恥ずかしい」の一点張り。暗くなったら、海に飛び込もうと考えていたところ、同NPOの茂幸雄代表(73)に声を掛けられた。
 連絡を受けた学校は「今年も勉強についていけない生徒20人が退学した。彼女の親にも退学を勧めた」。現場に駆け付けた父親は娘を見て「やっぱり」と言った。茂さんは、娘が追い詰められていたことを分かっていた父親の言葉に怒りを感じた。「なぜ娘の味方になってやれなかったのか」。娘には漫画家になる夢があった。
   ■  ■  ■
 2004年に立ち上がった同NPOが、これまでに救った609人(1月22日現在)のうち、未成年者は22人。その中には自転車で来た県内の高校生も含まれている。
 スタッフは、とにかく声を掛け、嫌がって逃げる人でも捕まえて、事務所に連れて行く。すると、ぽつりぽつりと話し始めるという。「飛び込む寸前になっても、本当に死にたいと思っている人はいない」。茂さんがたどりついた結論だ。断崖に立ってなお、救いを待っていた。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/293176

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯