少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係

2019年12月15日 (日)

いじめを訴える文章、そのまま教室に掲示 栃木の小学校(15日)朝日

栃木県内の市立小学校で昨年7月、6年生の男子児童がいじめの被害を文章で訴えたのに、担任の男性教諭(42)が対策をとらず、名前入りの文章をそのまま教室に張り出していたことが分かった。市教委は今年3月、対応が不適切だったと認め、教諭と当時の校長に口頭で厳重注意とした。

 児童の家族や学校によると、担任の教諭はクラス全員にいじめに関する新聞記事を読ませ、感想を書かせた。上級生や同級生から日常的にいじめを受けていた児童は家族と相談の上、「3年からいじめが続きました」「全身にどろをかけられ、プロレスといってぼうこうもされました」「今も続いているため対応してほしい」などと書いて提出した。

 しかし、担任は相談に乗ることなく、赤ペンで「その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる」「負の連鎖をどこかで断ちきろう」などと感想を書き込み、他の児童の文章と一緒に教室に張り出した。1週間ほど張り出され、ショックを受けた児童は家族にもすぐには打ち明けられなかったという。

 いじめはその後も続き、3学期に入って児童が休みがちになったため、家族は今年2月、学校を訪問。校長はこの時、初めていじめ被害や文章が張り出されていたことを知

った。担任は市教委に対し「(児童の気持ちに)思いが至らなかった」と話したという。市教委は教諭を今年度、クラス担任から外した。

 両親は「相談しても、まともに応じてくれなかった。助けを求める文章を張り出すなんて、人としてどうなのか」と語った。

 市教委側は「教員として絶対してはいけないことで弁解の余地はない。すべての学校でいじめに対して真摯(しんし)に対応するよう指導していく」と話している。

東京理科大学の中村豊教授(生徒指導)の話

 男児が助けてもらいたくて書いた文章を他の児童に読まれたくないことは、寄り添っていれば、くみ取れたはずだ。安易に掲示したことは不適切な行為といわざるを得ない。学校側も担任教諭が問題を抱え込まないよう情報共有を進め、教室の状況を把握できるような行動をとるべきだった。

https://www.asahi.com/articles/ASMD46V8RMD4UUHB01N.html?iref=comtop_8_02

| コメント (0)

2019年12月14日 (土)

所沢の中1男子死亡、第三者委がいじめ認定(14日)TBS

おととし、埼玉県所沢市で中学1年生の男子生徒が自殺したことについて、市の教育委員会は「同級生からのいじめがあった」との調査報告書を公表しました。
 おととし、埼玉県所沢市内で中学1年生の男子生徒(当時13)が踏切内に入り、電車にはねられて死亡しました。
 この男子生徒の自殺をめぐり、市の教育委員会は13日、第三者委員会の調査報告書を公表しました。報告書では、男子生徒が同級生から侮辱的なあだ名でからかわれていたことや、学用品を壊されたことなどが「いじめ」と認定されました。
 一方で、自殺は「勉強や部活動、友人や教師との関係といった複数の領域で自信を失い、追い詰められた結果」だとして、いじめが直接的な原因とは断定しませんでした。
 男子生徒の両親は、教育委員会を通じ、「いじめが蔓延した責任は、いじめを認識できない担任にある」「学校の問題点を多くの方に共有してほしい」などとするコメントを出しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3855784.html

| コメント (0)

2019年12月12日 (木)

警察署駐車場に生卵投げつけ 玉島署、容疑で18歳少年逮捕(12日)共同

玉島署は11日、威力業務妨害の疑いで、倉敷市、高所作業員の少年(18)を逮捕した。
 逮捕容疑は、11月7日午後11時25分ごろ、同署の駐車場に20個以上の生卵を敷地外から投げつけ、業務を妨害した疑い。
 同署によると、近所への聞き込みなどで割り出した。少年は容疑を認めている。「嫌がらせのために連れと一緒に生卵を投げた」と話しているといい、共犯者がいるとみて調べている。
https://www.sanyonews.jp/article/966871?rct=syuyo

(2019年12月12日 12時31分 更新)

| コメント (0)

神戸の高1飛び降り、「教員の不適切発言が主因」 第三者委が報告書(12日)時事

神戸市東灘区の市立六甲アイランド高校で2017年12月、1年の男子生徒=当時(16)=が教職員から指導を受けた後に校舎5階から飛び降り、一時重体となった問題で、市教育委員会が設置した第三者委員会が11日、「教員から不適切な発言があったことが主な要因となり、自殺未遂に至った」とする調査報告書を市教委に提出した。
高1転落で第三者委設置=指導後、一時重体に-神戸市
 報告書によると、生徒はツイッター上で起こしたトラブルで、生徒指導担当の教諭らに別の生徒へのいじめを疑われ、17年12月21~22日、教室とは別の部屋に隔離され、計16時間の指導を受けた。その際、教諭らは十分な事実確認をせずにいじめと決めつけ、退学処分があり得るとほのめかす発言を繰り返した。その結果、生徒が精神的に追い詰められたと指摘した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121101246&g=soc

| コメント (0)

2019年12月11日 (水)

「教諭のどう喝で不登校」と提訴 京都・八幡、中2生徒が市を(11日)共同

男性教諭からどう喝されて不登校になったとして、京都府八幡市の市立中2年の男子生徒(14)が、市に約275万円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こしたことが11日、分かった。
 訴状によると、男性教諭は7月4日、校内でのトラブルを巡って男子生徒を呼び出し叱責。謝罪せず帰宅したとして「ニュースで逃走犯出てるの知ってんのか、おまえ。一緒やで、やってること」と罵倒したり、男子生徒が座っていた椅子を投げたりしたとしている。男子生徒は不安抑うつ状態と診断され、登校できなくなった。
 八幡市教育委員会は「係争中のためコメントは差し控える」としている。
https://this.kiji.is/577328742186927201?c=39546741839462401

| コメント (0)

泣きだした女子生徒「この人に触られた」…痴漢容疑で会社役員逮捕 線路を逃走、電車遅らせた人物か/県警(11日)共同

JR武蔵野線の車両内で10代の女子生徒の体を触ったとして、埼玉県の浦和東署は9日、県迷惑防止条例違反の疑いでさいたま市南区別所、不動産会社役員男(34)を逮捕した。JR東浦和駅では同日朝、似たような男が線路内に逃走し電車に遅れが出ていた。
 浦和東署によると「女性に手が触れたので興奮してしまった」と供述している。制服姿の女子生徒が泣きだし、別の乗客に「この人に触られた」と訴えた。男は駅員に引き渡されようとしたところで、逃走したとみられる。同日午後、駅前の交番に出頭した。逮捕容疑は、9日午前7時55分ごろ、JR武蔵野線下り列車の南浦和―東浦和間で、女子生徒の体を触った疑い。
https://this.kiji.is/577256206629078113?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年12月10日 (火)

陸自高等工科学校生が大麻 5人を退校の懲戒処分(10日)共同

 陸上自衛隊高等工科学校(神奈川県横須賀市)は10日、大麻を使用したり譲渡したりしたとして、17~18歳の男子生徒5人を退校の懲戒処分にした。陸自の警務隊が大麻取締法違反の疑いで1人を逮捕し、別の1人を書類送検した。
 学校によると、今年9月、1人の生徒が会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合った男から大麻を購入し、9~10月に学校が所在する武山駐屯地内で他の生徒に譲渡。また、5人のうち4人は9月に東京都内や千葉県内で大麻を使用した。5人はいずれも「興味本位だった」と話しているという。
 全生徒への聞き取り調査では、他に関わった生徒はいなかった。
https://this.kiji.is/577055250793907297?c=39546741839462401

| コメント (0)

ウラン売買容疑で高校生を書類送検へ(10日)産経

インターネットオークションサイトで放射性物質のウランが売買されていた事件で、警視庁が10日にも原子炉等規制法違反の疑いで東京都内の高校2年の男子生徒を書類送検する方針を固めたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。生徒は高性能爆薬を製造したなどとして、4月に火薬類取締法違反容疑で警視庁に書類送検されていた。
 捜査関係者によると、生徒は、ヤフーのオークションサイトで出品されていた少量のウランを落札した疑いが持たれている。
 外部からの指摘を受けた原子力規制庁が平成29年11月に「ウラン99%」などと記載された出品を確認。通報を受けた警視庁が生徒らから任意で事情を聴くなど捜査を進めてきた。
 また、生徒は無許可で放射性物質「アメリシウム」を所持していた疑いが持たれており、警視庁は放射線障害防止法違反容疑での立件を検討している。https://www.sankei.com/affairs/news/191210/afr1912100002-n1.html

| コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

SNSを悪用し少女を狙う 児童買春、児童ポルノなど性犯罪摘発、増加傾向(9日 )琉球新報

県内で会員制交流サイト(SNS)をきっかけとした18歳未満の子どもに対する児童買春などの摘発件数が増加傾向であることが7日までに、県警少年課のまとめで分かった。2015年は52件だった摘発件数が17年は95件に増加。18年は87件で、成人男性がSNSで知り合った10代少女を性的暴行し強制性交等で摘発される事件も起きた。加害者の大半は成人男性で、18年の被害のうち85件は少女に対する性的犯罪が多くを占めた。県警少年課の島雅孝次席は「摘発件数は高止まりしている。被害者数も決して少なくない」と警鐘を鳴らしている。
 県警によると、被害に遭った子どもはツイッターやLINE、「ひま部」などのSNSを使っており、ツイッターは約35%と最も利用率が高かった。SNSを使用した理由は「交遊目的」「相談に乗ってくれた」「暇つぶし」などがあった。18年の摘発数のうち、約7割がSNS利用の制限などをするフィルタリングをかけていなかった。
 18年の統計によると、18歳未満とみだらな性行為をするなど県青少年保護育成条例違反の摘発数は50件で前年比10件減。児童に性行為などをさせる児童福祉法違反の摘発件数が1件で前年比6件減となった。一方、児童買春・児童ポルノ法違反は増加し、児童買春は16件で前年比3件増、児童ポルノは19件で前年比4件増となっている。
続きを読む
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1038917.html

| コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

大麻所持で19歳の男子高校生逮捕、長崎・佐世保(6日)TBS

長崎県佐世保市の路上で大麻を所持していたとして19歳の男子高校生が大麻取締法違反の疑いで先月、逮捕されていたことがわかりました。
 逮捕されたのは、佐世保市の19歳の男子高校生で先月16日、佐世保市の路上で大麻およそ1グラムを所持していた疑いがもたれています。
 赤信号を無視して横断歩道を歩く男子高校生を警察官が見つけ、職務質問をしたところ、ズボンのポケットから大麻が入ったビニール袋を発見。大麻取締法違反の疑いで、現行犯逮捕しました。
 警察のその後の捜査で、高校生の自宅からは大麻およそ3.6グラムが見つかったということです。警察の調べに対し、男子高校生は大麻所持を認めているということで、警察は今後、入手ルートなどを詳しく調べることにしています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3849220.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯