マスコミ関係

2018年10月 5日 (金)

ラジオ局の次長逮捕、電車で女性を傘で殴打疑い(5日)読売

電車内で乗客の女性を傘で殴打し負傷させたとして、京都府警東山署は5日、大阪放送(ラジオ大阪)ニュース情報部次長の大石徹容疑者(56)(京都府宇治市)を傷害容疑で現行犯逮捕したと発表した。「けがはさせたが、わざとではない」と容疑を否認しているという。
 発表では、大石容疑者は4日午後10時45分頃、京阪電車の車内で、大阪府枚方市の女性(23)の顔を傘でたたき、左目打撲などの軽傷を負わせた疑い。他の乗客が通報し、次の停車駅で東山署員に逮捕された。
 当時、大石容疑者は飲酒した帰りで、祇園四条駅(京都市)から知人と特急電車に乗った直後に、座席のスペースを巡って女性とトラブルになったという。
 大阪放送は「社員が逮捕されたことは誠に遺憾。被害者の方におわび申し上げるとともに、今後、厳正に対処する」とコメントした。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181005-OYT1T50108.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

福島テレビ支社部長を逮捕 警視庁、児童買春の疑い(4日)共同

 警視庁綾瀬署は4日までに、少女(17)に4万円を渡してわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで東京都文京区湯島、福島テレビ東京支社業務部長の中村貴典容疑者(50)を逮捕した。逮捕は3日。「年齢については、よく確認していなかった」と否認している。
 綾瀬署によると、中村容疑者は昨年末、東京・秋葉原のメイド喫茶で、店員だった少女と知り合った。その後、会員制交流サイト(SNS)を通じて連絡を取り合うようになったという。
 福島テレビは「社員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、深くおわびいたします」とのコメントを出した。https://this.kiji.is/420526441137718369?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

強要容疑で逮捕の本紙記者、不起訴処分 山形地検(1日)産経

 山形地検は1日、強要容疑で逮捕、送検された産経新聞東北総局、伊藤寿行記者(55)=仙台市青葉区=を不起訴処分(起訴猶予)とした。
 伊藤記者はかつて交際していた女性の携帯電話に、復縁に応じなければ危害が及ぶという趣旨のメッセージや画像を送信して脅迫。これに応じる内容の返信をさせたとして、9月11日に同容疑で山形県警に逮捕されていた。
 調べに対し、伊藤記者は容疑を認めており、産経新聞社は今後、厳正に処分する方針。
 産経新聞社広報部の話「被害に遭われた方、関係者の皆さまに深くおわびします。今後、当社規定にのっとり、厳正に処分します」
http://www.sankei.com/affairs/news/181001/afr1810010031-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

NHK制作局部長がセクハラ停職 紅白歌合戦の責任者(28日)西日本

 NHK制作局エンターテインメント番組部の部長だった男性職員が、NHK内部の女性にセクハラ行為をしたとして今年8月、停職3カ月の懲戒処分を受けていたことが28日、分かった。男性職員は2016年と17年に紅白歌合戦の責任者を務めていた。
 関係者によると、男性職員から17年春ごろに被害を受けたと、女性から訴えがあり、内部調査を進めた結果、セクハラ行為があったと認定したという。男性職員は今年6月、制作局とは別の局に異動となった。
 NHK広報局は「セクハラに該当する行為があれば、内規に従って厳正に対処しています」とコメントしている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/453300/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

「新潮45」休刊、社長ら減俸=LGBT特集で「深い反省」-新潮社(26日)時事

新潮社は25日、LGBT(性的少数者)に関する論文掲載をめぐり批判を集めていた月刊誌「新潮45」を既刊の10月号までで休刊すると発表した。数年来の発行部数低迷を受け、「編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになった」ことを背景に挙げている。
 杉田氏不処分「若いから」=安倍首相

 同社の伊藤幸人取締役は25日夜、報道各社の取材に応じ、「十分な編集体制を整えられず、こうした事態を招いた経営的な責任はある」とし、佐藤社長と編集担当役員を、3カ月の10%減俸処分とすることを明らかにした。「新潮45」編集長らの処分はないが、「休刊というのは大変な苦渋の決断。その重みをお分かりいただきたい」とした。
 同誌は8月号の特集で、杉田水脈衆院議員の論文を掲載。LGBTの人々には「生産性がない」などとした点が批判を浴びながら、10月号で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と杉田氏を擁護する特集を改めて掲載。一層の批判を集め、21日には「常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられた」とする佐藤隆信社長名の声明を出した。
 同社は25日発表した文書で「このような事態を招いたことについておわびする」と正式に謝罪。休刊について「会社として十分な編集体制を整備しないまま、刊行を続けてきたことに対して深い反省の思いを込めて決断した」と説明している。(2018/09/25-22:52)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018092501000&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

新潮社看板に落書き「ヘイト本」 月刊誌「新潮45」を批判か(24日)共同

性的少数者(LGBT)への表現で批判を受けている月刊誌「新潮45」を出版する新潮社(東京都新宿区)近くの看板に、「ヘイト本」などと同社を非難するような落書きが記されたことが24日、分かった。同日夜現在、看板にはブルーシートがかけられた状態だが、警視庁牛込署は「把握していない」としている。
 目撃者によると、看板は同社に隣接する商業施設の植え込みにあり、「新潮文庫 Yonda?」との広告の前に「あのヘイト本、」との表現が付け足されていた。どのように付け足したかは不明で、商業施設は取材に「新潮社の看板なので、うちではブルーシートをかけていない」と話した。
https://this.kiji.is/416917058724463713?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

日テレ系5局で放送中断(24日)時事

日本テレビ系列の宮城テレビ(仙台市)など5局で23日、読売テレビ(大阪市)などが制作するバラエティー番組「上沼・高田のクギズケ!」が放送が始まった午前11時40分以降、一時、映像と音声が流れないトラブルがあった。読売テレビによると通信会社の回線の不具合が原因だという。
 読売テレビの送信で8局が同じ時間に放送を始めたが、そのうち宮城テレビ、日本海テレビ(鳥取市)、広島テレビ(広島市)、長崎国際テレビ(長崎市)、熊本県民テレビ(熊本市)でトラブルが発生。連絡を受けた読売テレビが11時55分に予備の衛星回線に切り替えたという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018092300483&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

災害時、ドローンで新聞配達 北海道で実証実験(21日)共同

 北海道新聞の販売所若手経営者らによる「札幌地方道新青年会」は21日、旭川市の河川敷でドローンを使った新聞配達の実証実験を実施した。地震など災害時でも、配達手段を確保するのが狙い。
 大地震で橋が壊れ、道路が寸断されたとの想定。実験でドローンはゆっくりと地面から上昇し、安定した様子で飛行して、約1分で新聞10部を約200メートル先の対岸の目的地に運んだ。
 6日の地震による全域停電(ブラックアウト)でテレビがつかず、スマートフォンも電池切れで情報を得られない人が続出した。同会は将来的な災害時の輸送手段確保のほか、新聞配達の自動化の可能性も検討したいとしている。
https://this.kiji.is/415704100098901089?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

ディレクターが投票操作 ラジオNIKKEIの音楽番組で(12日)産経

ラジオNIKKEI(東京)は12日、聴取者からのインターネット投票で放送する曲を決める音楽番組「Click DE On-Air(クリック・デ・オンエア)」(月~金曜)で、担当ディレクターの1人が投票結果を意図的に操作していたと発表した。同局は「信頼を裏切る行為」と謝罪し、7日の放送を最後に番組を打ち切った。
 同局によると、番組はあらかじめウェブサイトに計30曲を掲載し、聴取者の投票が多かった12~13曲を優先的に放送する。月、金曜日を担当する40代の男性ディレクターが約1年半に渡り、2回に1回程度の割合で多数の投票ができる「連打アプリ」を使って、一部の楽曲への投票を水増ししていたという。
 8月24日の放送で、ディレクターが使用するパソコンが動かなくなり、技術担当者がパソコンを調べたところ投票操作が発覚した。ディレクターは「一部のリスナーが連打アプリで投票して結果が決まっているように感じたので、それを是正したかった」と説明しているという。
 ラジオNIKKEIは「番組に関わる全ての者にメディアに関わる一員としての自覚を求めるとともに、一段とコンプライアンスを強化し、研修や教育を徹底します。各番組におけるチェック体制も強化します。申し訳ありませんでした」としている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180912/afr1809120010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

強要容疑で本紙記者逮捕(11日)産経

 山形県警山形署は11日、強要の疑いで、仙台市青葉区梅田町、産経新聞東北総局記者、伊藤寿行(としゆき)容疑者(55)を逮捕した。
 逮捕容疑は5月18日から19日までの間、山形県内の20代女性の携帯電話にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用し、「あなたを道連れにして地獄に落ちます」などと復縁を迫り、応じなければ危害が及ぶという趣旨のメッセージや画像を送信して脅迫。女性に「復縁を約束します」などの内容のメッセージを送信させたとしている。同署によると、「やったことは間違いない」と容疑を認めている。

産経新聞社広報部の話 「当社の記者が逮捕されたことを重く受け止めています。事実関係を確認した上で厳正に対処します」

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯