マスコミ関係

2019年5月25日 (土)

「あおり運転」容疑の静岡新聞カメラマンを釈放 (25日)朝日

 「あおり運転」をしたとして21日に暴行容疑で逮捕された静岡新聞社東部総局(静岡県沼津市)の男性カメラマン(27)について、静岡地裁沼津支部は23日付で静岡地検沼津支部の勾留請求を却下した。カメラマンは同日、釈放された。県警は任意で捜査を続ける。
 県警によると、カメラマンは3月3日に同市内で、前を走っていた軽乗用車との車間距離を著しく詰め、クラクションを鳴らすなどした疑いがあるとして逮捕された。捜査関係者によると「善意でクラクションを鳴らしたつもりだった」と容疑を否認しているという。
 カメラマンはこの直後、左折をしようとした際に速度を出しすぎて曲がりきれず、停車中の車3台に衝突して2人にけがをさせたとして、8日に自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)容疑で逮捕されたが、釈放され、県警が21日に暴行容疑で再逮捕していた。
https://www.asahi.com/articles/ASM5S44JBM5SUTPB00K.html

| コメント (0)

2019年5月23日 (木)

福井放送元社長をひき逃げ容疑で逮捕 軽自動車と衝突(23日)朝日

 福井県警福井署は23日、福井市三郎丸1丁目の福井放送役員、坪田清則容疑者(87)を道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。署は認否を明らかにしていない。
 署によると、坪田容疑者は22日午後3時55分ごろ、福井市大宮2丁目の国道416号交差点で乗用車を運転して帰宅途中、右から来た福井市の女性会社員(40)運転の軽自動車と衝突し、そのまま逃げた疑いがある。女性は頸椎(けいつい)捻挫の軽傷を負った。現場は信号のある十字路。
 福井放送によると、坪田容疑者は同放送の非常勤取締役。1952年に入社し、社長や代表取締役会長を歴任した。同放送は23日、「報道機関として誠に遺憾。事実関係が確認でき次第、厳正に対処する」との談話を出した。
https://www.asahi.com/articles/ASM5R248YM5RPGJB002.html

| コメント (0)

2019年5月22日 (水)

»新聞販売所に感謝状贈呈、地域の防犯意識向上に一役(22日)TBS

 特殊詐欺の被害防止などのチラシを新聞に折り込むなど地域の防犯意識を高めてきたとして、警視庁は墨田区内の新聞販売所に感謝状を贈呈しました。
 感謝状が贈呈されたのは墨田区内にある10の新聞販売所です。4年以上前から特殊詐欺の被害防止や交通安全を訴えるチラシを新聞に折り込むなど地域の防犯意識を高めることに貢献したとして、墨田区を管轄する警視庁向島署から感謝状が贈られました。
 「新聞折り込みや配達中、集金中における、何かおかしいなと思ったときの通報など、厚く御礼申し上げます。おかしいなと思ったら、ためらわない通報。これが犯罪を防止し、いろんな事案の早期発見、検挙につながっております」(警視庁向島署 田浦善之署長)
 墨田区内では振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害が去年に比べ減少傾向にあるということで、警視庁は「さまざまな形で地域と連携して街の安全を守っていきたい」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3679082.html

| コメント (0)

2019年5月21日 (火)

静岡新聞カメラマン再逮捕=あおり運転の疑い-静岡県警(21日)時事

前を走る車にあおり運転をしたとして、静岡県警は21日、暴行容疑で静岡新聞社東部総局編集部カメラマン水島重慶容疑者(27)=同県沼津市市場町=を再逮捕した。「あおったりはしていない」と容疑を否認しているという。

堺あおり運転死亡、男に懲役16年=「あえて衝突」殺人罪認める-大阪地裁支部

 再逮捕容疑は3月3日午後3時ごろ、沼津市内で普通乗用車を運転中、約700メートルにわたり、男性(54)が運転する軽乗用車に対し、車間距離を著しく詰めるなどした疑い。
 水島容疑者は、運転中に交差点を曲がり切れず、別の車に衝突して運転手にけがをさせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑で今月8日に逮捕され、9日釈放されていた。県警は、事故の直前に水島容疑者があおり運転をしていたとみて捜査していた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052100607&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

2019年5月15日 (水)

中日新聞社員を痴漢で逮捕 神奈川県警課(15日)産経

15日午前8時ごろ、JR上野東京ライン川崎駅-品川駅間を走行中の電車内で、川崎市幸区に住む契約社員の女性(24)が、男に下半身を触るなどされているのを神奈川県警鉄道警察隊員が発見。男を取り押さえて県警川崎署員に身柄を引き渡した。 東京都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕されたのは、中日新聞東京本社社員の立花良夫容疑者(57)=横浜市鶴見区駒岡=で「女性のお尻を触ったのは間違いない」などと容疑を認めている。
 同署によると、4月に女性から電車内で痴漢の被害に遭っていると相談があり、この日は同署から要請を受けた鉄道警察隊員が車内で警戒に当たっていた。
 中日新聞東京本社の林倫郎総務局次長は「本社社員が逮捕されたのは誠に遺憾です。事実関係を確認したうえ、容疑が事実なら厳正に対処します」とのコメントを発表した。https://www.sankei.com/affairs/news/190515/afr1905150038-n1.html

| コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

静岡新聞社カメラマン逮捕 危険運転致傷の疑い(8日)産経

静岡県警沼津署などは8日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、静岡新聞社東部総局編集部カメラマン、水島重慶容疑者(27)=同県沼津市=を逮捕した。 逮捕容疑は3月3日午後3時ごろ、沼津市内で乗用車を運転中、信号のある交差点を高速度で左折し、曲がりきれずに反対車線で停止していた軽乗用車など3台に衝突、うち2台を運転していた52歳と77歳の男性に軽傷を負わせた疑い。
 同署によると、水島容疑者が自ら110番した。当時は容疑者側が青信号で、信号待ちをしていた3台にぶつかったという。車の破損状況などから相当なスピードが出ていたとみられる。
 静岡新聞社の風間隆男総務局長は「報道機関に携わる社員がこのような容疑で逮捕された事実を重く受け止める。事実を確認した上、厳正に対処する」とのコメントを出した。https://www.sankei.com/affairs/news/190508/afr1905080018-n1.html

| コメント (0)

2019年4月28日 (日)

共同通信職員 器物損壊容疑逮捕(28日)NHK

共同通信社の職員の男が路上に駐車してあった乗用車のドアミラーをへし折って破損させたとして、器物損壊の疑いで警察に逮捕されました。
調べに対し容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、横浜市都築区に住む共同通信社の事務職員、諸節幸始容疑者(46)です。
警察によりますと、27日午後10時半ごろ、横浜市都筑区大熊町で近くに住む住民から「男の人が怒鳴りながら車のミラーを蹴っている」という内容の110番通報が複数ありました。
警察がかけつけたところ、右のドアミラーが折れた乗用車のそばに立っていた諸節職員を見つけ、警察は複数の住民の目撃情報などから、ドアミラーをへし折ったとして器物損壊の疑いで逮捕しました。
調べに対し容疑を否認したうえで、「酒に酔っていて覚えていない」などと供述しているということです。
共同通信社総務局は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾です。事実関係を調査のうえ、厳正に対処します」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20190428/1050005923.html

| コメント (0)

2019年4月25日 (木)

女性記者が長崎市を提訴=「取材中に性暴力」と賠償請求(25日)時事

長崎市の男性幹部から取材中に性暴力を受けたとして、報道機関の女性記者が25日、市を相手取り、約3500万円の損害賠償と謝罪を求める訴訟を長崎地裁に起こした。
女性記者本人のコメント=長崎市を提訴

 訴状によると、女性記者は長崎支局に勤務していた2007年7月下旬、市原爆被爆対策部長(当時)の男性から性暴力を受けた。市の内部調査開始後に男性は自殺。女性は今も同じ報道機関に勤務しているが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。また、女性記者に問題があるかのような一部の市幹部の発言により二次被害を受けたとしている。
 原告側代理人によると、女性記者による申し立てを受けた日弁連は14年2月、人権侵害を認定して市に謝罪と再発防止を勧告。しかし市が勧告を受け入れないため、提訴に踏み切ったという。
 女性記者は「長崎市の姿勢に今もなお苦しめられています。性暴力を受けた女性記者は私以外にもいると聞いています。日本で性暴力被害者の支援がもっと身近に受けられることを願っています」などとするコメントを発表した。
 長崎市の田上富久市長の話 訴状が届いていないため、コメントを差し控える。今後、訴状の内容を精査し対応する。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042501182&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

男児から肺移植「無断放送」TBSなどを提訴へ (5日)読売

脳死した男児(当時1歳)の肺の移植手術の様子を無断でテレビ番組で放送され精神的な苦痛を受けたとして、男児の両親が4月中旬に、番組を放送したTBSテレビと手術をした岡山大病院、あっせんをした日本臓器移植ネットワークなどに損害賠償を求める訴訟を広島地裁に起こすことを決めた。両親が5日、厚生労働省で記者会見を開き、明らかにした。
代理人弁護士によると、番組は2017年7月に全国放送された。両親には事前に連絡はなく、男児の肺の映像が加工なしでそのまま放送されたという。また、肺の提供を受けた子供の母親から男児の両親に宛てた手紙が、両親に届く前の段階で撮影され、その内容が放送されたという。
 男児の母親は会見で「息子の肺を夢に見るようになり、永久に続く責め苦のようだ。同じことが繰り返されないよう、訴訟を決意した」と話した。
 TBSテレビ広報部は「訴状を受け取り次第、内容を精査して対応を検討する」、岡山大病院企画広報課は「訴状が届いておらず、コメントできない」、同ネットワークは「具体的な内容が分からないためコメントは差し控える」とした。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190405-OYT1T50268/

| コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

日経新聞元社員を書類送検 社員の賃金情報漏えい疑い(2日)共同

営業秘密となる社員約3千人分の賃金データなどを持ち出したとして、警視庁は2日までに、不正競争防止法違反の疑いで、日本経済新聞社の元社員の男性(54)を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、書類送検容疑は、2012年10月、日経本社内で総務局員の業務用パソコンからハードディスクを抜き取り、社員の生年月日や基準内賃金のデータを私用パソコンに転送した疑い。容疑を認めている。
 日経新聞社によると、元社員はデータが入ったUSBメモリーを外部の団体に郵送。この団体運営のブログに一部が掲載され、流出が判明。元社員は昨年6月、懲戒解雇された。https://this.kiji.is/485670091077551201?c=39546741839462401

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯