マスコミ関係

2019年8月 3日 (土)

テレビ長崎取締役を現行犯逮捕 他人の車傷つけた疑い(3日)朝日

他人の車を傷つけたとして、福岡県警は3日、長崎市金屋町、テレビ長崎(KTN)取締役報道制作局長の西村隆幸容疑者(60)を器物損壊の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「酒に酔って覚えていません」と容疑を否認しているという。
 南署によると、西村容疑者は2日午後11時55分ごろ、福岡市南区長丘5丁目の駐車場で、同市西区の自営業男性(53)が所有する乗用車の運転席のドアを拳で殴ったり、蹴ったりして傷をつけた疑いがある。男性は駐車場近くの職場で仕事中で、大きな物音がしたため外に出たところ、西村容疑者が車を傷つけていた。西村容疑者は仕事で福岡に来ており、福岡市内の自宅に帰る途中だったという。
 テレビ長崎は「誠に遺憾。会社として詳細を調査しているが、被害者の方に深くお詫び申し上げる」とのコメントを出した。
https://www.asahi.com/articles/ASM833129M83TIPE002.html

| コメント (0)

2019年7月28日 (日)

【新聞に喝!】「正邪逆転」した新聞 作家・ジャーナリスト・門田隆将(28日)産経

いまだに新聞を社会の公器、あるいは木鐸(ぼくたく)であると信じている読者はさすがに少ないと思うが、それでもそんな幻想を抱(いだ)き続けているオールドファンもいるだろう。
 だが最近の新聞には、自分たちの主義主張を前面に出すあまり善悪の判断が完全に狂ってしまったものが多い。
 今回の参院選で、札幌で安倍晋三首相の応援演説にヤジを連呼した人間が警察に排除されたことに新聞が反発した例などその典型だ。

 15日の演説中に「安倍辞めろ」を連呼した男性、また「増税反対」を叫んだ女性が警察官によって現場から引き離されたのだ。これを新聞が〈刑法の特別公務員職権乱用罪にあたる可能性がある〉(朝日)〈警察官はどんな根拠があって、力ずくで排除したのだろうか〉(毎日)と訴えた。ブロック紙の西日本新聞に至っては、日本が言論弾圧の国になっているとして〈日本が中国化、ロシア化している〉とまで主張した。

 常識ある大人なら「そんなバカな」と思うだろう。公選法で演説の妨害は禁じられているからだ。有権者の一票はいうまでもなく民主主義社会の根幹。貴重な一票をどう行使するか、有権者はそのために演説を聞きにいく。そこで演説の中身に寸鉄人を刺すようなヤジを飛ばすのも日本の伝統の選挙風景だった。
 だが最近は違う。「安倍辞めろ!」「嘘言うな!」などと連呼し演説を聞こうとする人の邪魔をする。私自身もそんな場に何度も遭遇したが、連呼で集中力が遮(さえぎ)られ、演説が聞けなくなった。妨害以外のなにものでもなく、完全な公選法225条違反だ。

続きを読む

| コメント (0)

2019年7月24日 (水)

テレビ西日本の社員逮捕 路上で傷害疑い、北九州(24日)産経

福岡県警八幡東署は24日、同じバスに乗っていた男性を殴ったとして傷害の疑いで北九州市小倉北区古船場町、テレビ西日本社員、藤本照昌容疑者(50)を逮捕した。署によると、「バス待ちの列に割り込まれ、納得がいかなかった」と話している。
 互いに面識はなく、藤本容疑者はバスを降りた男性を追い掛け、路上で暴行したという。テレビ西日本によると、容疑者は営業局の北九州支局長を務めている。
 逮捕容疑は、3日午後7時45分ごろ、北九州市八幡東区祝町2丁目の歩道で、契約社員の男性(35)を後ろから突き飛ばして転倒させ、拳で男性の顔を数回殴り、5日間のけがをさせたとしている。
 テレビ西日本は「おわび申し上げる。詳細が明らかになり次第、厳正に対処する」とのコメントを出した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190724/afr1907240020-n1.html

| コメント (0)

2019年6月17日 (月)

»NHKチーフPの男逮捕、強制わいせつの疑い(17日)TBS

NHKのチーフプロデューサーが強制わいせつの疑いで逮捕されました。 逮捕されたのはNHKの放送総局・大型企画開発センターのチーフプロデューサー阿部博史容疑者(41)です。
 警視庁によりますと阿部容疑者は今年2月23日の未明、東京・練馬区の路上で40代の女性の肩をつかんで押し倒し、わいせつな行為をした疑いがもたれています。取り調べに対し阿部容疑者は「記憶がないのでわかりません」と容疑を否認しています。
 阿部容疑者はNHKで、東日本大震災の際に人がどのように行動したのかをビッグデータで読み解く特集番組の制作などを担当していました。NHKは「職員が逮捕されたことは遺憾です」などとコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3701989.html

| コメント (0)

2019年5月25日 (土)

「あおり運転」容疑の静岡新聞カメラマンを釈放 (25日)朝日

 「あおり運転」をしたとして21日に暴行容疑で逮捕された静岡新聞社東部総局(静岡県沼津市)の男性カメラマン(27)について、静岡地裁沼津支部は23日付で静岡地検沼津支部の勾留請求を却下した。カメラマンは同日、釈放された。県警は任意で捜査を続ける。
 県警によると、カメラマンは3月3日に同市内で、前を走っていた軽乗用車との車間距離を著しく詰め、クラクションを鳴らすなどした疑いがあるとして逮捕された。捜査関係者によると「善意でクラクションを鳴らしたつもりだった」と容疑を否認しているという。
 カメラマンはこの直後、左折をしようとした際に速度を出しすぎて曲がりきれず、停車中の車3台に衝突して2人にけがをさせたとして、8日に自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)容疑で逮捕されたが、釈放され、県警が21日に暴行容疑で再逮捕していた。
https://www.asahi.com/articles/ASM5S44JBM5SUTPB00K.html

| コメント (0)

2019年5月23日 (木)

福井放送元社長をひき逃げ容疑で逮捕 軽自動車と衝突(23日)朝日

 福井県警福井署は23日、福井市三郎丸1丁目の福井放送役員、坪田清則容疑者(87)を道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。署は認否を明らかにしていない。
 署によると、坪田容疑者は22日午後3時55分ごろ、福井市大宮2丁目の国道416号交差点で乗用車を運転して帰宅途中、右から来た福井市の女性会社員(40)運転の軽自動車と衝突し、そのまま逃げた疑いがある。女性は頸椎(けいつい)捻挫の軽傷を負った。現場は信号のある十字路。
 福井放送によると、坪田容疑者は同放送の非常勤取締役。1952年に入社し、社長や代表取締役会長を歴任した。同放送は23日、「報道機関として誠に遺憾。事実関係が確認でき次第、厳正に対処する」との談話を出した。
https://www.asahi.com/articles/ASM5R248YM5RPGJB002.html

| コメント (0)

2019年5月22日 (水)

»新聞販売所に感謝状贈呈、地域の防犯意識向上に一役(22日)TBS

 特殊詐欺の被害防止などのチラシを新聞に折り込むなど地域の防犯意識を高めてきたとして、警視庁は墨田区内の新聞販売所に感謝状を贈呈しました。
 感謝状が贈呈されたのは墨田区内にある10の新聞販売所です。4年以上前から特殊詐欺の被害防止や交通安全を訴えるチラシを新聞に折り込むなど地域の防犯意識を高めることに貢献したとして、墨田区を管轄する警視庁向島署から感謝状が贈られました。
 「新聞折り込みや配達中、集金中における、何かおかしいなと思ったときの通報など、厚く御礼申し上げます。おかしいなと思ったら、ためらわない通報。これが犯罪を防止し、いろんな事案の早期発見、検挙につながっております」(警視庁向島署 田浦善之署長)
 墨田区内では振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害が去年に比べ減少傾向にあるということで、警視庁は「さまざまな形で地域と連携して街の安全を守っていきたい」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3679082.html

| コメント (0)

2019年5月21日 (火)

静岡新聞カメラマン再逮捕=あおり運転の疑い-静岡県警(21日)時事

前を走る車にあおり運転をしたとして、静岡県警は21日、暴行容疑で静岡新聞社東部総局編集部カメラマン水島重慶容疑者(27)=同県沼津市市場町=を再逮捕した。「あおったりはしていない」と容疑を否認しているという。

堺あおり運転死亡、男に懲役16年=「あえて衝突」殺人罪認める-大阪地裁支部

 再逮捕容疑は3月3日午後3時ごろ、沼津市内で普通乗用車を運転中、約700メートルにわたり、男性(54)が運転する軽乗用車に対し、車間距離を著しく詰めるなどした疑い。
 水島容疑者は、運転中に交差点を曲がり切れず、別の車に衝突して運転手にけがをさせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑で今月8日に逮捕され、9日釈放されていた。県警は、事故の直前に水島容疑者があおり運転をしていたとみて捜査していた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052100607&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

2019年5月15日 (水)

中日新聞社員を痴漢で逮捕 神奈川県警課(15日)産経

15日午前8時ごろ、JR上野東京ライン川崎駅-品川駅間を走行中の電車内で、川崎市幸区に住む契約社員の女性(24)が、男に下半身を触るなどされているのを神奈川県警鉄道警察隊員が発見。男を取り押さえて県警川崎署員に身柄を引き渡した。 東京都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕されたのは、中日新聞東京本社社員の立花良夫容疑者(57)=横浜市鶴見区駒岡=で「女性のお尻を触ったのは間違いない」などと容疑を認めている。
 同署によると、4月に女性から電車内で痴漢の被害に遭っていると相談があり、この日は同署から要請を受けた鉄道警察隊員が車内で警戒に当たっていた。
 中日新聞東京本社の林倫郎総務局次長は「本社社員が逮捕されたのは誠に遺憾です。事実関係を確認したうえ、容疑が事実なら厳正に対処します」とのコメントを発表した。https://www.sankei.com/affairs/news/190515/afr1905150038-n1.html

| コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

静岡新聞社カメラマン逮捕 危険運転致傷の疑い(8日)産経

静岡県警沼津署などは8日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、静岡新聞社東部総局編集部カメラマン、水島重慶容疑者(27)=同県沼津市=を逮捕した。 逮捕容疑は3月3日午後3時ごろ、沼津市内で乗用車を運転中、信号のある交差点を高速度で左折し、曲がりきれずに反対車線で停止していた軽乗用車など3台に衝突、うち2台を運転していた52歳と77歳の男性に軽傷を負わせた疑い。
 同署によると、水島容疑者が自ら110番した。当時は容疑者側が青信号で、信号待ちをしていた3台にぶつかったという。車の破損状況などから相当なスピードが出ていたとみられる。
 静岡新聞社の風間隆男総務局長は「報道機関に携わる社員がこのような容疑で逮捕された事実を重く受け止める。事実を確認した上、厳正に対処する」とのコメントを出した。https://www.sankei.com/affairs/news/190508/afr1905080018-n1.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯