カテゴリー

マスコミ関係

2021年1月18日 (月)

フジのクイズ番組に放送倫理違反 参加者不足 エキストラで補う(18日)NHK

100人の参加者がいることを売りにしていたフジテレビのクイズ番組で参加者の不足をエキストラで補っていた問題で、BPO=「放送倫理・番組向上機構」は、放送倫理違反があったと結論づけました。
フジテレビのクイズ番組「超逆境クイズバトル!!99人の壁」は、100人の参加者から選ばれた解答者1人が、残る99人を相手にクイズで競うことを売りにしていましたが、参加者が不足した際、エキストラを出演させて補い、クイズへの解答もさせていませんでした。
こうした対応は番組がレギュラー化される前の特番から始まり、平成30年7月から1年以上にわたって続けられていたということで、BPOの放送倫理検証委員会が審議していました。
そして、18日、BPOは意見を公表し、エキストラによる補充が常態化していたのに、広い視野から警鐘を鳴らすブレーキ役のスタッフがいなかったと指摘したうえで、「多くの視聴者との約束を裏切るものであった」として放送倫理違反があったと結論づけました。
フジテレビは「決定を真摯(しんし)に受け止め、今後の番組制作に生かしてまいります」とコメントしました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210118/k10012820761000.html

2021年1月15日 (金)

朝日放送社員らに課徴金勧告 インサイダー取引疑い(15日)共同

東証1部上場の朝日放送(大阪市、現・朝日放送グループホールディングス)と映像制作会社「ディー・エル・イー」(東京都千代田区)の株でインサイダー取引をしたとして、証券取引等監視委員会は15日、金融商品取引法違反の疑いで、朝日放送テレビ(同市)の50代男性社員と、知人の50代男性に課徴金計756万円を納付させるよう金融庁に勧告した。
 課徴金額は社員が451万円、知人が305万円。朝日放送グループホールディングスによると、社員はおおむね事実を認めている。同社は「再発防止に向け社員教育を徹底する」とコメントした。
https://this.kiji.is/722750015261065216?c=39546741839462401

共同通信記者が陽性 新型コロナ(15日)共同

共同通信社は15日、本社運動部の記者がPCR検査で新型コロナウイルスの陽性と診断されたと明らかにした。
 記者は14日朝に微熱があったため医療機関を受診。検査を受け、15日に陽性と確認された。今年に入ってからはスポーツ選手など外部との対面取材をしていない。
https://this.kiji.is/722775937108180992?c=39546741839462401

2021年1月 7日 (木)

時事通信記者がコロナ感染(7日)時事

時事通信社は6日、編集局運動部の男性記者が新型コロナウイルスの抗原検査で陽性と確認されたと発表した。同日午前に発熱症状があり、午後に医療機関を受診。検査後は、自宅で療養している。
 男性記者はアマチュアスポーツを担当。1月2日に東京・秩父宮ラグビー場で全国大学選手権(準決勝)を取材した際には、屋外の記者席を利用した。選手・監督への取材はリモートで、対面での会話はなかった。5日は日本スポーツ協会・日本オリンピック委員会の記者クラブで勤務した。両日ともマスクを常時着用し、他社記者との至近距離での会話はなかったという。
 昨年12月24日以降、現場取材、出勤は2日間だけで、残り12日間は在宅での勤務と休み。同社は保健所と連絡を取りながら、感染拡大防止に努めるとしている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021010601153&g=soc

2020年12月30日 (水)

報道関係者 世界で50人が死亡 8割以上が意図的に殺害か(30日)NHK

ことし、取材活動に関連して命を落とした報道関係者は世界で50人に上り、3分の2以上が紛争地以外での取材中に殺害されるなどしたことが分かりました。
これは、フランスのパリに本部がある国際的なジャーナリストの団体「国境なき記者団」が、29日に発表した報告書で明らかにしました。
それによりますと、ことし1月から今月15日までに取材活動に関連して死亡した報道関係者は世界で50人に上り、新型コロナウイルスの影響で現場取材の機会が少なくなったにもかかわらず、亡くなった人の数は去年の53人からわずかに減っただけでした。

政治家と麻薬組織の関連を取材記者 相次いで遺体で発見

このうち、紛争地以外で死亡した人が34人と3分の2以上を占め、最も多い8人が死亡したメキシコでは、政治家と麻薬組織の関連について取材していた記者が相次いで遺体で見つかったほか、4人が死亡したインドでは、当局者の汚職について批判した記者が自宅で火をつけられ、焼死したということです。

8割以上が意図的に殺害か

さらに、全体の84%にあたる42人が意図的に殺害されたとみられ、その割合は去年の63%に比べて大幅に増えたということです。
また、新型コロナウイルスの感染をめぐる報道で逮捕された14人を含む、387人の報道関係者が現在も拘束されているとしています。

「攻撃されているのは、誰もが持っている『知る権利』だ」

「国境なき記者団」のクリストフ・ドロワール事務局長は「繊細なテーマを調査・取材するジャーナリストが命をねらわれる危険性が高い。攻撃されているのは、誰もが持っている『知る権利』だ」と懸念を示しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201230/k10012790101000.html

2020年12月26日 (土)

編集局スタッフがコロナ感染 時事通信(26日)時事

時事通信社は26日、編集局の男性スタッフが新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と確認されたと発表した。発熱症状があったため、22日に医療機関を受診。PCR検査を受け、25日夜に感染が判明し、自宅で療養している。
 このスタッフは水産情報を担当し、東京都江東区の豊洲市場で取材。勤務中、マスクは常時着用していた。市場内の作業室を共用する他のスタッフは、26日から自宅待機とした。
 同社は今後の対応について、保健所と連絡を取りながら進め、感染拡大防止に努めるとしている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122600223&g=soc

2020年12月24日 (木)

産経新聞 掲載記事の写真 記者が新潟日報のサイトから盗用(24日)NHK

産経新聞社は今月、朝刊やウェブサイトに掲載した記事の写真について、30代の記者が新潟日報社のサイトから盗用したものだったとして、この記事を取り消すとともに新潟日報社などに謝罪しました。
産経新聞によりますと写真の盗用があったのは、新潟県でことし6月に閉局したラジオ局などに関する記事で、今月1日付けの朝刊の関西広域面やウェブサイトに掲載されました。
写真には「リスナー提供」という注釈がありましたが、新潟日報から「サイトに載せた写真と酷似している」という指摘があったということです。
調査に対して記事を書いた大阪本社文化部の30代の女性記者は「取材したリスナーから提供を受けた」と説明したということですが、写真のデータや記者のパソコンの記録を調べた結果、新潟日報の写真を盗用したと判断したということです。産経新聞は、新潟日報に謝罪するとともに記事を取り消し、24日の朝刊で経緯を説明しました。今後、この記者を処分する方針です。
産経新聞社の島田耕大阪本社編集局長は「新潟日報社と読者に心よりおわび申し上げるとともに、今後、記者教育を徹底し再発防止に努めます」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201224/k10012782731000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_010

2020年12月19日 (土)

テレ朝、安倍前首相を聴取と誤報 報道番組で謝罪(19日)共同

テレビ朝日は18日、安倍晋三前首相後援会が主催した「桜を見る会」前夜の夕食会の費用補填疑惑に関し「安倍前首相は東京地検特捜部の事情聴取に応じていた」と同日正午前のニュースで報じたことについて「誤りだった」と謝罪した。
 謝罪は、同局の夜のニュース番組「報道ステーション」内で行われた。キャスターが「事情聴取がこれまでに行われた事実はありませんでした。安倍前首相をはじめ関係者の皆さま、視聴者の皆さまにおわびして訂正します」と説明した。
 ニュースでは、複数の自民党幹部による情報として、17日までに安倍前首相が事情聴取に応じていたと報じていた。
https://www.47news.jp/national/5621622.html

2020年12月18日 (金)

TBS子会社が景表法違反 痩身宣伝も「根拠なし」(18日)共同

消費者庁は18日、テレビショッピングで筋肉に電気刺激を与える機器を「下腹部マイナス8.5センチ」と痩身効果をうたって販売したTBSホールディングスの子会社「TBSグロウディア」(東京都港区)に対し、宣伝内容に根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)として再発防止命令を出した。信用調査会社によると、2020年3月期の売上高は約263億円。
 同庁によると、18年12月と19年3月、BS番組で「TBCスレンダーパッド」と「トルネードRFローラー」を販売。機器を1日10~20分程度使うだけで痩身効果が得られるかのように紹介していた。
https://www.47news.jp/national/5621268.html

2020年12月13日 (日)

NHK記者がコロナ感染(13日)時事

NHKは13日、報道局所属の30代男性記者が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は国会などで政治取材を担当。取材対象者を含め濃厚接触者は確認されていないという。
 NHKによると、男性は9~11日に国会などで取材。12日午前0時ごろ発熱し、症状が続いたため同日医療機関を受診し、抗原検査で感染が判明した。現在は自宅などで療養している。
 NHKは「保健所と連絡を取りながら感染拡大防止に努める」とのコメントを出した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121300378&g=soc

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ