カテゴリー

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)

2020年6月28日 (日)

街中で妊婦の暴行事件も マタニティーマーク「不安」3割超(28日)産経

札幌市の路上で、妊娠中の女性が男に腹を蹴られる事件が起きた。男は「腹が出ていて蹴りやすいので蹴った」と供述、妊婦と分かった上での犯行だった。この事件以外にも妊娠中の女性に体当たりしたり、子供を抱いた母親の抱っこひもを外したりする行為なども報告されている。妊婦や子供連れの母親などに危害を加える行為が後を絶たない。
 事件は今年4月、札幌市中央区の路上で発生。子供2人と手をつないで歩いていた当時妊娠7カ月の20代の女性の後ろから歩いてきた男が「邪魔だ。どけ」と言い、女性の腹を右足で1回蹴ったとしている。
 北海道警は、市内の無職の男(51)を暴行容疑で逮捕。女性は妊娠中であることを伝えたが、男は犯行を止めなかった。女性にけがはなく、胎児にも影響はなかった。道警は男を釈放して、任意で捜査を続けている。

「駅ホームで体当たりされた」

 《マタニティーマーク凝視して、すれ違い様に暴言的なもの言われて唾吐かれた》《妊娠中に駅のホームで電車を待っていたら、思いっきり体当たりされた》
 SNS上にはこの事件と同様に、妊娠中に見知らぬ人から危害を加えられたことを訴える投稿が相次いでいる。妊婦や子供を連れた母親への危険な行為は決して少なくないとみられる。
 昨年には、子供を抱っこする「抱っこひも」の背中側のバックルを外されるという被害や目撃情報がSNS上で相次いだ。ある女性がバスに乗車しようとしたところ、《知らない女性に抱っこひものバックルを無言で勝手にはずされていた》という。幸い、子供は無事だったが、極めて危険な行為だ。
続きを読む

https://www.sankei.com/affairs/news/200627/afr2006270022-n1.html

2020年6月27日 (土)

街中での妊婦への暴行相次ぐ マタニティーマークにためらいも(27日)産経

札幌市の路上で、妊娠中の女性が男に腹を蹴られる事件が起きた。男は「腹が出ていて蹴りやすいので蹴った」と供述、妊婦と分かった上での犯行だった。この事件以外にも妊娠中の女性に体当たりしたり、子供を抱いた母親の抱っこひもを外したりする行為なども報告されている。妊婦や子供連れの母親などに危害を加える行為が後を絶たない。
 事件は今年4月、札幌市中央区の路上で発生。子供2人と手をつないで歩いていた当時妊娠7カ月の20代の女性の後ろから歩いてきた男が「邪魔だ。どけ」と言い、女性の腹を右足で1回蹴ったとしている。
 北海道警は、市内の無職の男(51)を暴行容疑で逮捕。女性は妊娠中であることを伝えたが、男は犯行を止めなかった。女性にけがはなく、胎児にも影響はなかった。道警は男を釈放して、任意で捜査を続けている。

「駅ホームで体当たりされた」

 《マタニティーマーク凝視して、すれ違い様に暴言的なもの言われて唾吐かれた》《妊娠中に駅のホームで電車を待っていたら、思いっきり体当たりされた》
 SNS上にはこの事件と同様に、妊娠中に見知らぬ人から危害を加えられたことを訴える投稿が相次いでいる。妊婦や子供を連れた母親への危険な行為は決して少なくないとみられる。
 昨年には、子供を抱っこする「抱っこひも」の背中側のバックルを外されるという被害や目撃情報がSNS上で相次いだ。ある女性がバスに乗車しようとしたところ、《知らない女性に抱っこひものバックルを無言で勝手にはずされていた》という。幸い、子供は無事だったが、極めて危険な行為だ。
 本来、守られるべき妊婦や子供連れに対しなぜこうした行動に出るのか。NPO法人「マタハラNet」創設者で会社経営の小酒部さやかさんは、日本人は「迷惑」という言葉に敏感だと指摘。「『子供は迷惑』という意識が日本社会の根底にあるのではないか。幸せそうな人に対する嫉妬心や『世の中に迷惑をかけている』と思う人を成敗して優越感を抱くということもある。暴力や暴言をストレスのはけ口にしている」と分析する。続きを読む

https://www.sankei.com/affairs/news/200627/afr2006270022-n1.html

2020年6月25日 (木)

株主総会も「バーチャル」へ 警察当局、業績悪化予想しトラブル警戒(25日)産経

 新型コロナウイルスの影響で株主総会の形が様変わりしている。企業側は感染を招く「3密」を防ぐため来場人数を絞り、ビデオ会議アプリなどを活用した「バーチャル株主総会」も採用。大企業が集まる東京都内でも例年、警視庁がトラブル対応に当たるが、今年は最低限の人員で臨む。ただ、コロナ禍で業績が落ち込む企業は多く、紛糾する恐れもあるため、同庁は開催がピークを迎える26日を前に警戒を強めている。(千葉元)

役員は遠隔参加

 ヤフーを傘下に持つZホールディングス(千代田区)。社内に設けた会場に、ビデオモニターやカメラが並ぶ。飛沫(ひまつ)感染を防ぐ透明のついたてに囲まれたステージに登壇した川辺健太郎社長は、レンズに向けて語りだした。
 「世界をリードするAIテックカンパニーを目指す」。23日、同社が初めて開催したバーチャル株主総会の一幕だ。
 会社法の規定で、実際の会場を完全になくすことはできず、事前応募があった株主約20人が来場。一方、同社サイトからオンラインで約90人が参加した。
 総会は時間を短縮し、オンラインの株主にも質問や議案への投票が認められる「出席型」で実施。川辺社長は、10月に控えるLINE(ライン)との経営統合などについて説明した。モニターに「海外展開をどうするのか」などと文章で質問が寄せられ、川辺社長は読み上げた上で回答した。経営陣も議長の川辺社長以外は自宅などから遠隔参加。参加者は株主らが実際に一堂に会する「リアル株主総会」形式だった昨年(1751人)と比べて少数だった。機材のトラブルもなく、同社は「当日の質問に全て答えることができたのは大きな成果。今後も株主にネットを通じて出席していただけるよう検討していきたい」とした。

警察官も場外

 新型コロナ対策を背景に今月実施の株主総会でバーチャル形式を採用した企業は、昨年の数倍にのぼるとの分析もある。総会中のトラブル防止を担う警察当局も、対策を変えた。
 警視庁組織犯罪対策3課は5月中旬、株主総会特別警戒本部を設置。これまでは警察官が会場内で状況を見守ったが、今年は3密回避のため入り口付近をはじめとする場外に待機、状況はモニターなどを通じて確認する。配置人員も絞る。
 警察庁によると、6月中に株主総会を開催するのは全国で約2千社。このうち集中日の26日には約640社の実施が見込まれる。1850社から要請を受け、約3600人態勢で警察官が警戒に当たる。
続きを読む

https://www.sankei.com/affairs/news/200625/afr2006250026-n1.html

2020年6月24日 (水)

妊婦蹴った疑いで男逮捕「邪魔、生意気」 札幌(24日)産経

 札幌・南署は24日までに、中央区の路上で20代の妊娠中の女性の腹を蹴ったとして暴行の疑いで、同区南10条西の無職、金子芳幸容疑者(51)を逮捕した。女性にけがはなく、胎児に影響はなかった。
 逮捕容疑は4月13日午前7時半ごろ、同区の路上で長女(7)と長男(5)と手をつないで歩いていた女性の腹を右足で1回蹴ったとしている。
 署によると、女性の後ろから歩いてきた金子容疑者は「邪魔だ。どけ」と暴行に及んだという。女性は妊娠中であることを伝えていた。金子容疑者は「生意気なことを言ったので蹴飛ばした」と容疑を認めているという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200624/afr2006240007-n1.html

2020年6月23日 (火)

コロナで訓練できず…内閣府が「演習」 大規模水害対策(23日)産経

内閣府は23日、首都圏で水害が発生したとの想定で「大規模水害対処演習」を各省庁と連携して行った。各機関では新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、職員が密集状態となる訓練を行うことができない状態が続いており、政府は代替措置を取った。
 演習は首都圏で大雨が降り、東京と埼玉の都県境などを流れる荒川が決壊し、最大270万人が浸水域に取り残されたと想定。住民が他の自治体に避難する「広域避難」を視野に各機関が対応を検討した。
 防災担当の平将明内閣府副大臣はあいさつで「状況が変わった中で、国も自治体も対応を強化していかなければならない」と述べた。
 図上訓練では通常、各機関の担当者が集まり、災害発生から手順を一つ一つ確認していくが、今回は具体的対応を各省庁や自治体がそれぞれ事前に検討し、23日にはテレビ会議で互いの課題を検証した。
 政府と自治体は年間を通じて、訓練や研修などを行っているが、今年4月以降は感染拡大防止のために中止が相次いでいる。
https://www.sankei.com/affairs/news/200623/afr2006230020-n1.html

2020年6月22日 (月)

「交通トラブル」通報の男性が重体 新宿で車の男が逃走(22日)朝日

22日午後3時15分ごろ、東京都新宿区西落合2丁目で交通トラブルがあってもめている、と110番通報があった。警視庁によると、通報した40~50代の男性が路上で頭から血を流して倒れており、病院に搬送されたが、意識不明の重体という。現場から男が運転する車が逃走したといい、同庁は行方を追うとともに、傷害事件として詳しい経緯を調べている。

 戸塚署によると、歩行者の男性が車の助手席側に手を掛けていたところ、男が急発進させた。男性は車に捕まった状態で数メートル先の道路脇の電柱に頭から衝突したという。
https://www.asahi.com/articles/ASN6Q6HC0N6QUTIL03H.html

2020年6月19日 (金)

「マスク着けて」依頼のパチンコ店員を殴った疑い 小倉(19日)朝日

パチンコ店でマスクの着用を求めた店員を殴ったとして、福岡県警小倉北署は18日、北九州小倉北区の会社員の男(40)を暴行の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「酒を飲んでいたこともあって、ついかっとなって殴ってしまった」と容疑を認めている。

 発表によると、男は18日午後6時ごろ、同区京町2丁目のパチンコ店で、男性店員(27)の顔を1回殴った疑いがある。男がマスクを着けていなかったことから、店員が店で常備するマスクを持って「着けていただけませんか」と声をかけたところ、殴られたという。

 その場から立ち去ろうとした男を店員2人が取り押さえた。この店ではマスクをしていない客に常備している使い捨てマスクを渡すようにしているという。(板倉大地)
https://www.asahi.com/articles/ASN6M3HGJN6MTIPE00C.html

2020年6月11日 (木)

元従業員の小指切断疑い 飲食店経営の男ら逮捕(11日)産経

元従業員の男性(48)の右手小指を切断したとして、仙台東署は10日、傷害容疑で仙台市宮城野区苦竹、飲食店経営、斎藤秀文容疑者(58)と、仙台市青葉区国分町、ラーメン店経営、小崎浩信容疑者(50)を逮捕した。斎藤容疑者は容疑を否認、小崎容疑者は認めている。
 2人の逮捕容疑は共謀し、昨年10月22日午前6時45分ごろ、宮城野区の小崎容疑者のラーメン店でたがねとハンマーを使い、男性の小指を切断したとしている。
 同署によると斎藤容疑者は、飲食店勤務時の男性の遅刻や、借金の滞納を不満に思っていた。斎藤容疑者は男性と一緒に客としてラーメン店を訪れた際、腹を立てて男性の足を蹴った上、小崎容疑者に切断するよう指示を出したという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200610/afr2006100032-n1.html

2020年6月 3日 (水)

「バイク音うるさい」襲撃容疑の男2人逮捕 大阪(3日)産経

バイクで走行中の男性の頭を棒で殴打したとして、大阪府警捜査1課は2日、傷害の疑いで、大阪市西成区千本南、自営業の男(38)と、同居する配達業の男(26)を逮捕した。自営業の男は容疑を否認しているが、配達業の男は「マフラー音がうるさいバイクに乗った人を襲った」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は共謀し5月20日午後9時50分ごろ、同区玉出中の路上で、バイクで走行中の男性会社員(19)の頭を木製の棒(長さ約1メートル)で殴り、軽傷を負わせたとしている。
 同課によると、5月2日には近くの路上で、2人乗りのバイクが男に棒で襲撃され、男性2人がけがをした事件があり、関連を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200602/afr2006020017-n1.html

2020年6月 2日 (火)

「バイク音うるさい」襲撃容疑の男2人逮捕 大阪(2日)産経

バイクで走行中の男性の頭を棒で殴打したとして、大阪府警捜査1課は2日、傷害の疑いで、大阪市西成区千本南、自営業の男(38)と、同居する配達業の男(26)を逮捕した。自営業の男は容疑を否認しているが、配達業の男は「マフラー音がうるさいバイクに乗った人を襲った」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は共謀し5月20日午後9時50分ごろ、同区玉出中の路上で、バイクで走行中の男性会社員(19)の頭を木製の棒(長さ約1メートル)で殴り、軽傷を負わせたとしている。
 同課によると、5月2日には近くの路上で、2人乗りのバイクが男に棒で襲撃され、男性2人がけがをした事件があり、関連を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200602/afr2006020017-n1.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ