東京都関係ニュース

2019年12月15日 (日)

イノシシ 東京 国立駅前などに出没 警察が注意呼びかけ (15日)NHK

15日午後、東京 国立市のJR国立駅前や近くの住宅地にイノシシが出没しました。イノシシはその後、隣の立川市にも出没していて、警察は見つけても近づかないよう、注意を呼びかけています。
 警察によりますと、15日午後1時半ごろ、JR国立駅前や近くの住宅地でイノシシを目撃した人が相次ぎました。
 午前中には、国分寺市でもイノシシの目撃情報があったということです。イノシシは逃げ続けていて、午後2時すぎには立川市にも出没しています。
 15日は捕獲に至らなかったということで、警察は住民などに対し見つけても近づかないよう、注意を呼びかけています。

住宅街を猛進

15日午後2時前に国立駅近くの住宅街で撮影された映像では、1頭のイノシシがマンションの前などを勢いよく走り去る様子が撮影されています。
 数人の警察官が捕獲しようと待ち構えていましたが、イノシシはそれを振り切って逃げてしまいます。
そのまま横断歩道を横切りコンビニエンスストアの前を駆け抜けていきました。
 動画を撮影した50代の男性は「盾を持った警察官もいて、ものものしい雰囲気でした。JRの駅も近く、これまでイノシシが出たという話は聞いたことがありません。周囲に山も森も無いのでどこから来たのか不思議です」と話していました。

ドラレコにも姿が…

SNS上にはイノシシの出没に関する投稿が相次ぎました。
 このうち立川市栄町で撮影されたドライブレコーダーの映像では午後2時半前に車が住宅地の道路を走行していると、前から突然、1頭のイノシシが現れ、車の横を通り過ぎていく様子が写っています。
 目撃した男性は「イノシシは体長が1メートルほどあるように見えた。こんなに大きなイノシシが自宅のすぐそばに現れるとは思っていなかったのでとても驚きました」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191215/k10012215971000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0)

国立競技場で竣工式 一般向けのお披露目は21日(15日)朝日

2020年東京五輪パラリンピックの主会場となる国立競技場東京都新宿区)の竣工(しゅんこう)式が15日、行われた。安倍晋三首相東京都小池百合子知事、橋本聖子五輪相、設計に携わった建築家の隈研吾さんらが出席した。午後には初めて内部が報道陣に公開される。
 一般向けの初のお披露目は21日のこけら落としイベントで、陸上の男子短距離で五輪3大会で八つのメダルを獲得したウサイン・ボルトさんらによるリレーや、アイドルグループの嵐らが出演する予定。初のスポーツ大会は20年1月1日のサッカー天皇杯決勝となる。
 国立競技場は1964年の前回の東京大会で使われた競技場を解体し、デザインの白紙撤回を経て16年12月に着工。今年11月30日に完成した。地上5階地下2階、高さ約47メー

トル。延べ面積約19万2千平方メートルで、旧競技場の3・7倍だ。木をふんだんに使った「杜(もり)のスタジアム」というコンセプトを掲げ、スタジアムの外周部を360度囲む軒ひさしには、47都道府県の国産の木材を使う。自然の風が流れ込む工夫も施されている。

 競技場や周辺を含めた整備費は1569億円。来夏の大会時は約6万人を収容する。大会終了後には約6万8千席の収容規模となる。(前田大輔)
https://www.asahi.com/articles/ASMDF5V2TMDFUTQP02K.html

| コメント (0)

2019年12月10日 (火)

ヘリで救助中 女性落下し死亡、消防隊員2人を書類送検(10日)TBS

台風19号の救助にあたった消防ヘリコプターからの落下死亡事故で、2人を書類送検です。
 業務上過失致死の疑いで書類送検されたのは、東京消防庁の隊員2人です。2人は今年10月、福島県いわき市で台風19号のため自宅に取り残された当時77歳の女性をヘリコプターで救助しようとして、高さ40メートルの上空から誤って落下させ、死亡させたとされています。
 東京消防庁によりますと、落下の原因は女性を乗せた担架の葬儀に参列した東京都の小池知事は、「大変深く反省し、二度とこうしたことがないように誓った」と話しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3852579.html

| コメント (0)

路上生活者の避難 受け入れへ(10日)NHK

ことし10月の台風19号で、東京・台東区が避難所を訪れた路上生活者の受け入れを拒否した問題で、区は今後、台風などで水害が想定される場合には、区役所など2か所で受け入れることを決めました。
ことし10月に台風19号が接近した際、台東区が開設した自主避難所に路上生活者、いわゆるホームレスの男性3人が訪れましたが、「区内に住居がない」として受け入れを拒否されました。
この対応について民間の支援団体は改善するよう申し入れを行い、台東区も路上生活者が訪れることを想定した対策を進めるとしていました。
そして、今月開かれた区議会の特別委員会で、今後、台風が接近して水害が想定される場合には、区役所と区民会館の2か所で受け入れる方針を明らかにしました。
区は、台風の接近する前に支援団体と協力して路上生活者に避難先を周知するとともに、職員が巡回して避難の呼びかけを行うということです。
台東区の飯田辰徳危機・災害対策課長は「区が受け入れを決めても路上生活者が避難しにくい環境では意味がないので、巡回などでふだんから接している職員を受け入れ施設に配置するようにしたい」と話していました。https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20191210/1000041283.html

| コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

映像見ながら客引き注意、新宿 歌舞伎町、警視庁が新対策(7日)共同

「そこの黒い服の男性、客引きは違法です」。日本有数の歓楽街、東京・新宿の歌舞伎町。警視庁新宿署は9日から、防犯カメラによるモニター映像で客引きの状況を実際に見ながら、近くに設置されたスピーカーで、警察官が直接声を掛けて警告する取り組みを始める。
 来年の東京五輪・パラリンピックに向け、外国人観光客らの増加も見込まれており、悪質な客引き被害の軽減を狙う。
 風営法や都迷惑防止条例は、しつこく付きまとうなどして居酒屋やキャバクラへ誘う客引きを禁じており、新宿署は今年1~10月に計約20人を摘発した。
https://this.kiji.is/575786514796151905?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

消防総監が防火対策確認、渋谷駅前の大型商業施設を視察(6日)TBS

東京消防庁の消防総監が年末の繁忙期を前に、東京・渋谷駅前に先月オープンしたばかりの大型商業施設を視察し、防火対策を確認しました。
 6日、東京消防庁の安藤俊雄消防総監が視察したのは、渋谷駅前に11月1日にオープンした「渋谷スクランブルスクエア」です。
 年末の繁忙期を前に、安藤消防総監は売り場をまわってスプリンクラーなどの防火設備や避難経路を点検しました。また、施設の職員らが参加して消火器を使った初期消火の訓練も行われました。
 「いよいよ来年、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が行われます。皆様方もこれからも火災予防、災害への備えを進めていただきたいと思います」(東京消防庁 安藤俊雄 消防総監)
 東京消防庁は「多くの人が集まる年末、大きな火事が起きないよう特に警戒を強めてほしい」としています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3849253.html

| コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

ホームレス過去最少 平成14年以降で 都調査 (1日)NHK

東京都内の路上生活者、いわゆるホームレスの人はことし8月の時点で1037人で、東京都が今の方法で調査を始めた平成14年以降、最も少なかったことが分かりました。
 東京都は毎年、夏と冬の年2回、区市町村や河川敷を管理する国と共同で、路上や公園、河川敷や鉄道の駅などに路上生活者、いわゆるホームレスの人がどのくらいいるか目視で調査しています。
 ことし8月上旬の調査結果によりますと、都内のホームレスの人はことし1月の冬の調査に比べて89人減少して1037人となり、都が今の方法で調査を始めた平成14年8月以降、最も少なくなりました。
 減少の理由について、都は自立支援センターでの一時的な保護や就労支援の取り組みの効果などがあらわれたのではないかと分析しています。
 ただ、10月の台風19号では、多摩川の河川敷で生活していたホームレスとみられる男性が川に流されて死亡していて、都は「日頃の声かけや巡回相談を続けながら、本人が納得する形でアパートなどで暮らせるよう粘り強く支援していきたい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191201/k10012197821000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

| コメント (0)

2019年11月28日 (木)

五輪で夏の風物詩に大打撃? 屋形船、お台場航行できず(28日)共同

2020年東京五輪・パラリンピックの期間前後、トライアスロンの競技会場となる「お台場海浜公園」(東京都港区)周辺では、屋形船や水上バスが航行できなくなる。警備面と水質保全用の海中スクリーンを設置するためだが、人気スポットを外す航路変更を強いられる業者からは経営面での影響を危ぶむ声が上がっている。
 大会組織委員会によると、同公園ではトライアスロンと、10キロを泳ぐ水泳オープンウオーターを実施。「大腸菌を流入させずに水質を保つため、海底までスクリーンを設置する必要がある」(担当者)として、6月21日~9月20日の3カ月間は船は航行できなくなる
https://this.kiji.is/572532951347872865?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年11月16日 (土)

危険物検査、新宿でも実験 五輪テロ対策、都が参加へ(16日)共同

2020年東京五輪・パラリンピックに備えたテロ対策強化のため、東京都が都営地下鉄大江戸線新宿西口駅(東京都新宿区)で危険物の探知機器「ボディースキャナー」を使った実証実験を検討していることが15日、関係者への取材で分かった。政府が今年中にも実施する駅の危険物所持検査の第2弾に都交通局が参加する形だ。
 実験は東京駅でも計画されており、JR東日本とJR東海が民間警備会社、警察と連携し、新幹線の改札に爆発物探知犬数匹をそれぞれ配置する方針。東京都心の複数の主要駅で乗客を対象に実験し、五輪・パラ期間中の導入に向けた課題を探る。
https://this.kiji.is/568044249516442721?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

東京・江東区で外国人留学生支援イベント、防犯について学ぶ(3日)TBS

東京・江東区で外国人留学生を支援するためのイベントが開かれ、留学生たちが日本の交通ルールや防犯について学びました。
 2日午後、江東区青海で、警視庁などによる外国人留学生のためのイベントが開かれ、集まったおよそ120人の留学生が日本の交通ルールや防犯について学びました。
 イベントでは、日本の武道を体験するブースも設けられ、警視庁の署員が実際に剣道の防具をつけて演武を行ったほか、留学生も竹刀を振るなど剣道を体験し、参加者からは笑顔がこぼれました。
 警視庁は、「東京オリンピック・パラリンピックを来年に控え、外国人留学生には日本の法律や文化を紹介する窓口的役割を担ってもらいたい」としています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3820435.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯