カテゴリー

東京都関係ニュース

2021年4月23日 (金)

小池知事「夜8時以降 ネオンやイルミネーション消灯を」(23日)NHK

東京都の小池知事は記者会見で「午後8時以降、明るい看板やネオン、イルミネーションなどを消灯していただくようお願いしたい。夜は暗く、街灯のみがともることに結果としてなろうかと思う。街灯を除いて、すべての明かりも消すように徹底していきたい」と述べ、関係団体に協力を要請する考えを示しました。
理由について、小池知事は「オイルショックのとき、東日本大震災のときは電力の使用抑制ということで極力消灯に努めて東京の夜の街が相当暗くなったことを記憶していると思うが、今回は人の流れを抑制するための措置だ」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210423/1000063467.html

2021年4月22日 (木)

東京 2週間後の新規陽性者 2000人と推計 変異ウイルス流行で(22日)NHK

東京都の「モニタリング会議」が開かれ、専門家は、都内のほぼすべての感染が変異ウイルスに入れ代わると、2週間後に新規陽性者数は2000人を、入院患者数はこれまでにない6000人を超えるという推計を示したうえで、変異ウイルスに流行の主体が移りつつあり、爆発的な感染拡大への厳重な警戒が必要だと呼びかけました。 会議のなかで専門家は、都内の感染状況と医療提供体制をいずれも4段階のうち最も高い警戒レベルで維持しました。
感染状況は、新規陽性者数の7日間平均が、▼先週の4月14日時点はおよそ475人、
▼21日時点はおよそ644人で、増加比が先週の120%から135%となり、高い水準のまま上昇傾向が続いていると説明しました。
そして、増加比が135%で継続すると、1日あたりの新規陽性者が▼大型連休明けの2週間後には1.82倍のおよそ1170人に、▼4週間後には3.32倍のおよそ2140人になると分析しました。
また、感染力が強い「N501Y」の変異があるウイルスに感染した人の割合は、▼4月4日までの1週間は16.5%でしたが、▼4月11日までの1週間は28.5%となって上昇していると説明しました。
さらに、都内のほぼすべての感染が「N501Y」の変異があるウイルスに入れ代わったとして単純に試算=試みの計算をすると、2週間後に新規陽性者数は2000人を、入院患者数は6000人を超えるという推計を示しました。
入院患者数がこれまでで最も多かったのはことし1月12日時点の3427人で、6000人を超えるとした今回の推計はそれを大幅に上回ることになります。
専門家は、都内でも従来のウイルスから変異したウイルスに流行の主体が移りつつあり、爆発的な感染拡大への厳重な警戒が必要だと呼びかけました。
一方、医療提供体制について、専門家は「感染がこのまま拡大すると通常の医療への影響がより深刻となることが予測される。変異ウイルスの重症化率は従来のウイルスより高いとの報告もあり、新規陽性者の増加を止め、変異ウイルスによる重症患者の発生を防ぐ必要がある」と強調しました。
小池知事 「もはや一刻の猶予もない」
モニタリング会議のあと小池知事は「重点措置が始まってから10日間経過しているが、人流の十分な抑制には残念ながら至っていないのが現状だ。新規陽性者の増加スピードが上がっている。大型連休という特別な期間がこれからやってくるが、人流を抑制する重要な機会だ。より強い対策を今やっておくことが必要で、関西圏の状況を見てももはや一刻の猶予もない」と述べました。
 そのうえで、緊急事態宣言のもとで行う措置については「国と密に話をしながら、専門家の意見も聞きながら効果のある対策にしていきたい。変異ウイルスの猛威がより強いということで、これまで通りでは抑え込めないという認識のもとさまざまな協議をしている。どうやって人の流れや人と人との接触を減らしていくのかいま詰めているところだ」と述べました。

都の保育士試験 停電で約1300人受験できず 消火器まかれ停電か(22日)NHK

今月行われた東京都の保育士の資格試験で試験会場の一つで停電が起き、この会場の受験生およそ1300人が試験を受けられなかったことが分かりました。会場のビル内で何者かが消火器をまいたため停電が起きたとみられ、都が対応を検討しています。
東京都などによりますと、4月17日に保育士資格を得るための試験が行われましたが、このうち渋谷区の試験会場で開始前の午前9時半ごろに停電が起きたということです。
停電は夕方まで続いたためこの会場での試験は中止され、この会場の受験生およそ1300人が試験を受けられなくなりました。
会場のビルの管理会社によりますと、建物内で何者かが消火器をまいたため消火剤が電気設備に流れ込み停電したとみられ、管理会社は警視庁に被害を届け出たということです。
この日に行われたのは筆記試験で、合格者は7月に行われる実技試験に進む予定でした。
都は追加の会場の確保や試験問題の作り直しなど代わりの試験の実施について検討しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210422/k10012989331000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_013

東京都、緊急事態を要請 連休中心に2~3週間―大型商業施設の休業検討(22日)時事

 東京都は21日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言を国に要請した。大型商業施設や遊興施設などに対し休業要請する方向で協議している。宣言期間については、大型連休(今月29日~5月9日)を中心に2~3週間とする案が浮上。飲食店に対する営業時間の短縮要請は維持する方針だ。

営業継続を要望 百貨店・飲食「業績直撃」―休業要請へ強まる反発

 小池百合子知事は21日夜、記者団に「ゴールデンウイークを前にしたこのタイミングで緊急事態宣言をぴしっと出すことが必要だ」と話し、宣言要請を表明。対策について「できるだけ効果が高く、かつだらだらしないという方法がいいのではないか」と語った。
 都関係者によると、小池知事は宣言発令に伴う経済への影響を懸念。2度目の宣言が今年1月から2カ月半に及び、多くの業界が打撃を受けたことを踏まえ、今回は連休中の人の流れの抑制に重点を置く「短期集中」で臨みたい考えだ。
 具体的には、生活必需品の売り場を除いたデパートやショッピングモールなどに休業を求める方向で調整。ただ、業界団体などからは反発も強いことから、ぎりぎりまで国と協議を続けるとみられる。一方、飲食店は都内全域で午後8時までの時短営業を要請し、学校の休校は求めない。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042101057&g=soc

2021年4月19日 (月)

飲食店対策、小池都知事が視察 消毒液、アクリル板を確認(19日)共同

東京都の小池百合子知事は19日、飲食店の新型コロナウイルス対策を見回る都のチームに同行し、点検業務を視察した。都は都内の飲食店約12万店舗を最大240人態勢で巡回し、対策の徹底を通じて感染者の減少につなげたい考え。
 小池氏はチームと共に都庁近くの居酒屋を訪れ、消毒液やアクリル板の設置状況など20項目を確認。店舗責任者が「客が盛り上がっているときに大声を控えるようお願いするのは難しい」と説明したのに対し、小池氏は「おしぼりを渡すタイミングでマスク着用を促すカードを配布してはどうか」と提案した。
https://this.kiji.is/756839068455632896?c=39546741839462401

東京都 小池知事「緊急事態宣言の発出 政府に要請も視野」(19日)NHK

東京都の小池知事は、新型コロナウイルスの都内での感染確認が増加傾向で、人の流れを抑制するためにも緊急事態宣言の発出を政府に要請することも視野にスピード感をもって検討していく考えを示しました。
小池知事は18日夜、記者団に対し、都内での新規陽性者数の18日までの7日間平均が前の週の125%となり、増加傾向が続いていることについて、「右上がりの基調が変わっていない。きょうも若い人たちが繁華街にたくさんいるようだ。ひと事と思わないで、『自分が人の流れをつくっている』ということを共有していきたい」と述べました。
そのうえで、「今は、先手先手の対応が不可欠だ。危機管理はできるだけ早く対策を打つことによって、その効果をより有効に出せると考えている。人の流れの抑制の効果的な方法や医療提供体制の強化策などを実施するためにも、緊急事態宣言の発出を政府に要請することも視野に入れて、スピード感をもって検討するよう都の職員に指示した」と述べました。
また、記者団から宣言を要請する時期を問われたのに対し、小池知事は「感染確認は上昇基調で、スピード感を持って考えなければならない」と述べるにとどめました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210418/k10012982671000.html

2021年4月17日 (土)

「アースデイ東京2021」始まる(17日)NHK

地球の環境について考える国内最大規模のイベント「アースデイ東京2021」が17日から始まりました。
このイベントは20年前から開かれ、ことしは、都内の公園などを会場におよそ150の団体が参加します。
会場の1つ、東京・渋谷区の代々木公園では、企業やNPOなどがおよそ80のブースを設け、環境にやさしい技術などを紹介しています。
このうち、自動車メーカー・ポルシェの日本法人は、ガソリンを使わず電気だけで走行する最新のスポーツカーを展示し、訪れた人たちは車に試乗して乗り心地を楽しんでいました。
また、布製品を扱う都内の会社は、竹の繊維だけで作ったマスクやタオルなどを販売し、プラスチックを使わず環境への負荷が小さいほか、肌が弱い人も安心して使うことができると説明していました。
このほか、オンラインでも、気候変動の対策に取り組む企業や団体による活動の報告や対談などが行われます。
4歳の息子と一緒に訪れた40代の男性は「子どもの未来にも関わることだから、環境問題には関心を持っています。今まで知らなかった活動も知ることができるので、よいイベントだと思います」と話していました。
「アースデイ東京2021」は今月25日まで開かれ、このうち、代々木公園での催しは17日と18日の2日間行われます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210417/k10012980651000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

2021年4月15日 (木)

東京 保健所の医師 定数の3割余が欠員 入院調整など業務ひっ迫(15日)NHK

東京都内の保健所などで、新型コロナウイルスの感染経路の調査や入院調整などを担う医師に、多くの欠員が出ていて、十分に配置できない事態になっていることが分かりました。医師が足りず、入院調整が限られた医師に集中するなど、業務がひっ迫していて人材の確保が急務です。
保健所などで住民の健康づくりなどに当たる公務員の医師「公衆衛生医師」は、感染経路の調査や患者の入院調整など、新型コロナウイルス対策で重要な役割を担っています。
都が毎年、選考して、都内の保健所などに配置していますが、今月1日時点では116人で、定数の3割余りの58人が欠員となっています。
欠員は2003年度以降では最も多く、一部の保健所では十分に配置できず、都によりますと、必要な人数の半分しかいない保健所もあるということです。
このため、入院調整などが限られた医師に集中して業務がひっ迫しているほか、住民の健康相談に応じる部署に医師がいない保健所も出ているということです。
多くの欠員が出たのは、昨年度1年間で17人が退職した一方、新たに採用できたのが4人にとどまったのが原因です。
都は大量退職の背景には、多忙を極める新型コロナウイルスの対応もあるとみていて、人材の確保が急務です。

慢性的不足がコロナで拍車かかる

「公衆衛生医師」は、都内では、31の保健所と都庁に配置されています。
公務員の医師で、新型コロナウイルスをはじめとした感染症対策のほか、赤ちゃんと母親の支援や住民の健康づくり、さらに食中毒が起きた場合の調査などにも当たります。
続きを読む

東京 小池知事 経済団体に“人流抑制の対策” 協力求める(15日)NHK

東京都の小池知事は、都内の経済団体と新型コロナウイルス対策について意見交換し、テレワークの徹底や出張の自粛など人の流れの抑制に向けた対策への協力を求めました。小池知事は、東京都中小企業団体中央会と東京都商工会連合会の会長とオンラインで意見交換しました。
この中で小池知事は「変異株の感染確認が日々増えている。事業者とともに徹底した対策をとり、人の流れを抑制していきたい」と述べました。
そのうえで、オンライン会議やサテライトオフィスの活用を進めるなどしてテレワークを徹底し、出勤する人を3割に減らすことや、都外への出張を自粛することなどについて協力を求めました。 これに対し団体側は、変異株の拡大による都内経済への影響に強い危機感を示したうえで「事業者にこれまで以上の対策を改めて呼びかけたい」と応じました。
一方、団体側は営業時間短縮の長期化などで多くの事業者の経営が厳しさを増しているとして、個別の事情も踏まえた資金繰りの支援を強化するよう求めました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210415/k10012975701000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

2021年4月12日 (月)

東京都の見回り隊が始動 約12万店が対象 新型コロナ(12日)日経

東京都は12日、都内の飲食店による新型コロナウイルスの対策状況を見回って確認する活動を始めた。手指消毒や換気など20項目をチェックし、点検済みの店舗には証明書を交付する。
「徹底点検 TOKYOサポート」プロジェクトと題した「見回り隊」による活動は、まず「まん延防止等重点措置」の対象地域である23区と6市で実施。その後、都内全域に拡大し、約12万店舗に対する見回りを6月ごろまで進め...
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り185文字
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE1255W0S1A410C2000000/

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

留置所

無料ブログはココログ