カテゴリー

東京都関係ニュース

2021年11月24日 (水)

「東京湾フェリー」始発から欠航 強風や高波の影響で(24日)NHK

神奈川県横須賀市の久里浜と千葉県富津市の金谷を結ぶ「東京湾フェリー」は強風や高波の影響で、久里浜を午前6時20分に、また金谷を午前7時15分に、出発する始発の便から欠航することになりました。
運航の再開については、海上の状況を見ながら判断するとしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211124/k10013358991000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

2021年11月22日 (月)

木下都議が辞職 無免許運転「猛省」(22日)時事

車の無免許運転を計7回繰り返したとして、道交法違反で在宅起訴された木下富美子東京都議は22日、議長に辞表を提出し、許可された。これに先立ち、木下氏は都庁で記者会見を開き、「多くの方々から厳しい意見をいただいた。交通法規に対する順法精神が弛緩(しかん)していたことについては本当に申し訳なく、猛省している」と謝罪した。

木下都議を在宅起訴 無免許運転で、当て逃げは不起訴

 木下氏は7月の都議選期間中、無免許運転で事故を起こし、都議会はこれまで2度、全会一致で辞職勧告を決議した。木下氏は今月9日に登庁し、議長に辞職しない意向を表明。18日、議会運営委員会での質疑に呼び出されたが、体調悪化を理由に欠席した。
 木下氏は会見で、進退について支援者や「政治の師」と仰ぐ小池百合子知事に相談したと説明。小池氏から「いったん退いて、事故の解決に専念したらどうか。人生が終わるわけではなく、今回の不祥事を反省し、再出発するときには相談に乗る」と促されたのを受け、22日都庁内で小池氏に辞意を伝えたという。
 木下氏は事故をすぐ公表しておらず、会見で「選挙活動のことで頭がいっぱいになっていた。隠す意図は全くなかった」と釈明。欠席中の議員報酬約190万円は、女性や子どもの支援団体に寄付したという。
 他の都議が反発し、自身が所属する委員会が開かれなかった状況については「議員として十分に仕事をさせてもらえない、理不尽な現実に悩んだ」と不満も表明した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112200867&g=soc

2021年11月21日 (日)

小池都知事が木下都議に苦言「自らが出処進退を決することを確信」(21日)NHK

東京都の小池知事は、無免許運転を繰り返して在宅起訴された木下富美子都議に対し「都政の停滞が懸念される」と苦言を呈した上で、「自らが出処進退をただしてくことを確信している」と述べました。
 木下都議は今月9日に議員辞職をしないと表明した後、18日の議会への説明の場は体調を理由に欠席しています。過労で入院してからおよそ1か月ぶりに登庁した小池知事は、記者から問われ次のように述べました。
小池百合子知事
 「今の状況を理解できない人ではないというふうに私は考えておりますし、自らが出処進退をただしていくことを、このことについて彼女自身が決することを私は確信しているところでございます」
 小池知事は、木下都議に対し「日々苦情が都に寄せられている」「都政の停滞が懸念される」と苦言を呈しました。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4409970.htm

「体調は万全」重病報道を否定 小池百合子都知事 退院後初の登庁、通常公務に復帰 (21日)共同

東京都の小池百合子知事は21日午前、過度の疲労での入院を終えてから、初めて都庁に登庁した。黒い革ジャン姿で車を降りた小池氏は、記者団の呼び掛けに応じて「本当にご心配掛けました。体調も万全で、今日から通常公務に復帰致します」と話した。
小池氏は全国知事会の会議にオンライン出席した後、再び記者団の取材に応じ、「1週間の入院、その後自宅での静養をとの医師のアドバイスもあり、この間、体調の回復に努めてきた」と説明。静養している間も、テレワークで都の担当者とやりとりして、軽石漂着問題や新型コロナウイルス対策に関し連日指示していたと強調した。
 一部で重病の可能性について報道があったことを問われると「おかげさまで体調は万全でございます。これまでコロナ対策があり、オリパラ対策があり、常に全力で駆け抜けてきた。1400万人都市のコロナ対策はきわめて重要だった。いまコロナのほうも落ち着いていることから、この時間もとることができた。これも都民や医療従事者のご協力のおかげと思っている。どうぞご心配のないように」と否定した。
 小池氏は10月27日に入院し、11月2日に退院。その後は自宅療養を続け、公務はテレワークで行ってきた。6月にも過労を理由に9日間入院していた。

2021年11月18日 (木)

小池知事の資金管理団体 パーティー開催できず(18日)共同

 小池百合子知事の資金管理団体「百成会(ひゃくせいかい)」の報告書も公開された。政治資金パーティーがコロナ禍で一度も開けなかったため、収入は大幅に落ち込んだ。一九年のパーティー収入は四千五百五万円あったが、二〇年は前年開催のパーティーの未回収分として二十四万円の計上にとどまった。
 一九年は二月と十一月に新宿区のホテルで「昼食勉強会」と題したパーティーを開き、延べ九百九十人が参加していた。都医師政治連盟など一度に百万円を超えるパーティー券を購入した団体や法人もあった。
収入が落ち込む中、人件費などで千二百五十二万円の支出があり、前年からの繰越金を充てた。
 一方、小池知事を支援する政治団体「百乃会(ひゃくのかい)」は四千五百七十九万円の収入があった。このうち千七百七十万円が個人からの寄付。小池知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」は党費やパーティー券収入などで七千八十三万円の収入があった。知事選では小池知事に選挙事務所を提供する費用として十七万円を支出した。(加藤健太)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/143347?rct=t_news

2021年11月 2日 (火)

小池都知事が退院 今週は自宅静養(2日)TBS

 東京都は、過労を理由に先月緊急入院した小池知事が退院したと発表しました。今週は自宅で静養するということです。
 小池知事は先月27日、医師から「過度の疲労」によって1週間程度の静養が必要と判断され、東京都内の病院に入院していました。
 都によりますと、小池知事は2日、退院したものの、今後の公務については、医師の判断により今週中は自宅静養とし、その後2週間程度はテレワークで行うということです。
 小池知事は今年6月にも過度の疲労のため9日間入院していました。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4396328.html

 

2021年10月29日 (金)

都内コロナ感染者4千人計上漏れ 保健所ミス、第5波中心に(29日)共同

東京都は29日、新型コロナウイルスの感染者数に関する保健所からの報告漏れなどが4~10月分で多数判明し、感染者の累計が4065人分、死者が9人分それぞれ増加すると発表した。夏の第5波での感染者が大部分を占め、保健所の負担増加がミスの要因と説明。医療現場での患者対応に影響はなかったとしている。
 ミスに伴い、1日当たりの感染者数の過去最多は従来の5773人(8月13日)が5908人(同)となり、直近7日平均の最多も4774.4人(8月19日)から4923.4人(同)に変わった。都の担当者は「日々の数字を正確に伝えられず反省している」と謝罪した。

https://nordot.app/826804156306194432?c=39546741839462401

【速報】東京都の警戒レベル「1」に 最も低いレベルに引き下げ(29日)TBS

東京都は、新型コロナウイルスの感染状況についての警戒レベルを、最も低いレベルに引き下げました。去年7月に感染状況の分析を始めて以来、初めてのことです。
 東京都は都内の感染状況についての警戒レベルを、4段階のうち、最も低い「1段目のレベル」に引き下げたと発表しました。「感染者数が一定程度に収まっていると思われる」としています。
 去年7月に東京都のモニタリング会議が都内の感染状況の分析を始めた際は、上から2段階目のレベルとされていて、警戒レベルが最も低いレベルに引き下げられたのは、これが初めてです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4392855.html

2021年10月27日 (水)

東京都 小池知事が入院 “過度の疲労 1週間程度の静養必要”(28日)NHK

東京都は27日夜、小池知事が過度の疲労で入院したと発表しました。
都によりますと、小池知事は過度の疲労で27日、入院しました。
1週間程度の静養が必要だということで、その間は武市副知事が代理を務めるということです。
小池知事は26日、オリンピック・パラリンピックで活躍した東京ゆかりの選手を表彰する式典に出席していたほか、退庁の際には記者団の取材にも応じていました。ただ、27日は終日テレワークで登庁していませんでした。
小池知事はことし6月にも過度の疲労のため9日間、入院して静養しました。
都の関係者によりますと、今回の入院はこの時と同じような理由だということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211027/k10013324791000.html

2021年10月24日 (日)

東京都 飲食店への時短要請 あす解除 客足の戻りに期待する声(24日)NK

東京都内での飲食店への時短要請が、25日から解除されるのを前に、店舗の経営者などからは、客足が戻ってくることに期待する声が聞かれました。
新型コロナウイルスの感染状況の改善や入院患者の減少などを踏まえ、東京都は、対策を徹底していると認証した飲食店への時短営業や酒の提供時間を制限する要請を25日から全面解除します。
都の認証を受けている東京 北区のカラオケスナックでは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて営業時間を午後9時までに短縮し、カラオケの利用を停止せざるをえませんでした。
25日からは、閉店時間を夜中の午前0時にするほか、カラオケの利用も再開することを決め、24日は機器の電源が入るかどうかの確認を行うなど、準備を進めていました。
店では一時、休業を余儀なくされ、営業を再開してからも売り上げは感染拡大前の4分の1ほどに落ち込んだということですが、時短要請の解除によって客足が戻ってくることに期待を寄せたいとしています。
「スナック雪子」のオーナーの雪子さんは、「スナックは、みんなで歌って飲んで楽しく過ごすのが基本なので、カラオケができるようになるのはありがたい。完全にはお客さんが戻らないかもしれない、第6波が来るかもしれないという不安もありますが、感染対策を徹底しながら営業を続けていきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211024/k10013319771000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_012

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ