カテゴリー

東京都関係ニュース

2021年1月17日 (日)

東京の人出、渋谷は減少・新宿は増加傾向(17日)TBS

東京では緊急事態宣言が再び出されてから2度目の週末を迎えた16日、一部の繁華街で人出が増加している傾向が見られました。
 緊急事態宣言が再び発表されてから2度目の週末を迎えた東京。16日とその前の週の土曜日(9日)とを午後3時台の人出で比較すると、繁華街では渋谷センター街で24.6%の減少がみられたのに対し、新宿・歌舞伎町では20.5%増加していました。駅の周辺で比較すると、JR上野駅で6%減少した一方で、東京メトロ・表参道駅では20.3%、井の頭線・吉祥寺駅では8.8%増えています。
 また、16日の東京は晴れて4月中旬並みの暖かさとなったためか、お台場では57%もの人出の増加がみられました。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4176207.html

2021年1月15日 (金)

調布市の道路陥没で3つ目の空洞 東京外環道工事(15日)TBS

東京・調布市で陥没や空洞が相次いで見つかった問題で、14日、3つ目となる空洞が見つかりました。
 「こちらの公園で、3つ目の空洞が見つかりました。真下にはNEXCO東日本のトンネル工事が行われています」(記者)
 NEXCO東日本によりますと、東京外環道のトンネル工事が行われている東京・調布市で14日、地下およそ16メートルの場所に、長さおよそ10メートル、高さ4メートル、幅4メートルの空洞が新たに見つかりました。
 「新年早々って感じ、ちょっと不安」(近隣住民)
 この住宅街では、去年10月に道路が陥没したあと、地下の調査で2つの空洞が見つかっていました。NEXCO東日本はトンネル工事との因果関係を認め、住民との補償交渉を進めています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4174504.html

2021年1月11日 (月)

街の安全見守り オンラインで呼びかけ(11日)TBS

東京の安全な街づくりを目指すため、「地域の見守り活動」を呼びかけるオンラインイベントが開かれました。
 東京都が10日、開催したのは、地域の安全性を高めるための見守り活動を呼びかけるオンラインイベントで、「体操のお兄さん」で知られる小林よしひささんが登場しました。
 イベントでは、親子が室内でも楽しみながら学べる見守り体操などが紹介されたほか、トークショーが行われ、「街で不審物などを発見したら、ためらわずに警察に通報すること」などが呼びかけられました。
 東京都は「一人ひとりが街の様子を気にかけることで、東京大会に向けた安全な街づくりをしていきたい」としていて、今後も特設サイトで発信していくということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4170458.html

2021年1月 6日 (水)

東京消防庁が出初め式 大規模地震や対テロ訓練実施(6日)共同

新春恒例の東京消防庁の出初め式が6日、東京都江東区の東京臨海広域防災公園で開かれた。消防職員ら約1300人が参加、消防車など車両68台とヘリコプター3機も出動し、大規模地震やテロリストの攻撃に備えた訓練を披露した。
 同庁トップの安藤俊雄消防総監は冒頭、昨年7月に九州などで甚大な被害が出た豪雨災害に触れ「これからも職員が一丸となって、誰もが安全、安心に暮らせる社会の実現に取り組んでいく」とあいさつ。江戸時代の「火消し」文化を伝えるはしご乗りで、はんてん姿の参加者が華麗な技を見せた。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無観客で実施した。
https://this.kiji.is/719377976459427840?c=39546741839462401

2021年1月 5日 (火)

正月三が日 東京都内 餅をのどに詰まらせ14人搬送 うち3人死亡(5日)NHK

元日から3日までの正月三が日に、東京都内では餅をのどに詰まらせて高齢者14人が病院に搬送され、このうち3人が死亡しました。東京消防庁は餅を小さく切って食べるよう注意を呼びかけています。
東京消防庁によりますと、ことしの正月三が日に都内で餅をのどに詰まらせて病院に搬送された人は、70歳から93歳までの男女合わせて14人に上っています。
このうち、自宅で焼いた餅を食べていた西東京市の90歳の男性など3人が死亡しました。
東京消防庁は、引き続き餅を食べる機会が多いことから、特に高齢者は小さく切って食べやすい大きさにしたうえで、ゆっくりかんでから飲み込むよう注意を呼びかけています。
また、もし餅をのどに詰まらせた場合は周囲の人が胸かあごを支えてうつむかせ、背中の肩甲骨の間を強くたたいて餅をはき出させるなどの対応をとってほしいとしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210104/k10012796801000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_019

東京23区の成人式、相次ぎ中止 緊急事態宣言方針で―新型コロナ(5日)時事

政府が東京都など4都県に緊急事態宣言を再び発令する方針となったことを受け、4日時点で都内23区のうち少なくとも12区が、今月11日に予定されていた成人式を中止する方針であることが分かった。新型コロナウイルスの感染防止が目的で、代替策として動画配信や記念品の送付などを行う。

【詳報】菅義偉首相年頭記者会見 緊急事態宣言の再発令検討を表明

 このうち、世田谷区は昨年末に中止を決めていたが、台東区や港区など大半の自治体は政府の再発令の動きを踏まえて判断。例年約800人の新成人が式典に集まる台東区では、代替策として恩師からのビデオレターなどを閲覧できるウェブサイトを開設し、記念品も送付する。参加者が約2500人に上る葛飾区は、無観客で式典や記念コンサートを行い、録画映像を区ホームページで公開する。
 台東区の担当者は「苦渋の判断だが、式典前後に会食し、感染が広がるリスクがある」と指摘。式典を中止しても友人同士で会食する可能性はあるとして「会食を我慢するよう、改めてお願いするしかない」と話す。
 新成人にとっては晴れの舞台であることから、開催の可否を慎重に検討している区も。豊島区の担当者は「式典は感染対策に万全を期して準備を進めてきたが、他区の動向も見ながら決めたい」としている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021010401048&g=soc

2021年1月 1日 (金)

餅詰まらせ90代男性死亡 5人搬送、東京消防庁(1日)共同

東京消防庁は1日、餅を喉に詰まらせた70~90代の男性5人が救急搬送され、うち90代の1人が死亡したと明らかにした。「餅は小さく切り、ゆっくりかんでからのみ込んでほしい」と呼び掛けている。
 同庁によると、90代男性は1日午前に西東京市の自宅で餅を喉に詰まらせ、運ばれた病院で死亡した。残る4人も症状が重く、心肺停止状態の人もいるという。
https://this.kiji.is/717697728686424064?c=39546741839462401

渋谷 例年に比べ静かな年越し(1日)NHK

毎年、大勢の人が集まって新年を祝う東京・渋谷区ではカウントダウンイベントなどが中止され、例年に比べて静かな年越しとなりました。

東京の渋谷駅周辺では年越しのカウントダウンなどのイベントが開かれ、毎年10万人以上が集まっていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためすべて中止されました。
また、広告などが表示される大型ビジョンは午後11時に停止し、渋谷駅に乗り入れている鉄道各社は終夜運転を取りやめました。
例年、身動きがとりづらいほど大勢の人が集まるスクランブル交差点では、今回も警察官が交通整理にあたりました。
日付が変わる時間帯には一時的に人出が増え、写真撮影をするなどしていましたが、カウントダウンをする大きな声も上がらず、例年に比べて静かな年越しとなりました。
友人と飲食店に行くという24歳の男性は「終夜運転が中止されたので始発まで待たなければいけません。コロナがなければ渋谷はもっと盛り上がっていたと思うので寂しいです」と話していました。
仕事で渋谷に来たという22歳の男性は「テレビで見た去年の渋谷より少ないですが、それでも感染が拡大している今の状況を考えると、人が多いので心配になりました」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210101/1000058307.html

2020年12月31日 (木)

大みそか、にぎわう渋谷 若者「議員も飲んでるから」(31日)朝日

毎年、カウントダウンを楽しむ人でにぎわう東京・渋谷。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため鉄道各社が終夜の運転を取りやめ、区長が渋谷に集まらないよう呼びかけるなどしていたが、31日も若者を中心に多くの人の姿があった。
 あたりが暗くなってきた午後5時。この日、東京都では、1日あたりで確認された感染者数が1300人を超え、過去最多を更新したことが判明。ただ、渋谷駅前のハチ公前広場は、待ち合わせをする人たちでにぎわっていた。
 都内に住む会社員の男性(24)は、大学時代の友人と2人で居酒屋に向かうという。社会人になって初めて年末年始に休みがとれたが、東京で感染者が増えている状況をみて山形の実家への帰省はやめた。「何もしないのも寂しいから」と渋谷に来たという。「人の少ない店を選んだし、2人で気をつけて会食すれば大丈夫でしょ」
 渋谷区長谷部健区長は大みそかに先立ち、区の公式HPで「ステイホームで年越しをお迎え下さい」というメッセージを公表。区が主催者として名を連ねていたスクランブル交差点周辺での年末カウントダウンイベントも中止を決めた。交差点を囲む大型ビジョンを管理する会社に対し、31日午後11時に広告映像を停止するよう要請していた。
 神奈川県内の大学に通う女性(21)は「カウントダウンイベントがある居酒屋で朝まで過ごします」と話した。全国的な感染状況については、「怖くないことはないけど、議員さんだって大人数で飲んでるから。若者だけ制限される意味が分からない」と話す。
 会社員の男性(31)は「真っ…
この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。
残り:308文字/全文:955文字
https://www.asahi.com/articles/ASND072QHND0UTIL014.html?iref=comtop_7_02

東京都の医療体制 2週間待たずに破綻の可能性(31日)TBS

東京都では30日午後、専門家によるモニタリング会議が開かれ、医療提供体制について、2週間を待たずに破綻の危機に直面する可能性が示されました。
 午後1時から始まったモニタリング会議では、1週間の感染者数が5000人を超え、入院患者数が2000人を超える非常に高い水準が続いていることなどが報告されました。そのうえで、専門家からは、「今の入院率が変わらなければ、およそ2週間で確保した4000床を超える可能性がある」と強い危機感が示されました。
 「入院患者数は2000人を超える非常に高い水準で増加しており、医療提供体制がひっ迫した危機的状況に直面している。このままの状況では、(医療提供体制が)破綻の危機に瀕する可能性が非常に高い」(東京都医師会 猪口正孝副会長)
 また、感染拡大防止策の効果が出始めるには2、3週間かかるとして、「より強い対策をただちに実行する必要がある」と何度も強く呼びかけました。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4163251.htm

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ