警察関係ニュース(行政も)

2019年6月18日 (火)

拳銃強奪受け福井県警が対策指示 防刃チョッキ着用と複数人勤務(18日)共同

大阪府吹田市の拳銃強奪事件を受け福井県警は6月17日までに、交番、駐在所勤務の警察官に対し、耐刃防護衣(防刃チョッキ)の常時着用と複数人勤務の徹底を改めて指示した。 事件が発生した16日、福井県内全11警察署の幹部が交番、駐在所を巡回。近くの交番や駐在所同士で連携して2人以上で勤務するよう指示した。昨年に富山県富山市、宮城県仙台市で起きた交番襲撃事件直後にも同様の指示を出していた。
 福井県内には交番が43カ所、駐在所が93カ所あり、県警は2015年度以降、交番、駐在所の事務室を写すカメラを順次増やしている。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/876693

| コメント (0)

2019年6月16日 (日)

留置17日間「まるで介護」 76歳、車椅子の万引容疑者(16日)共同(西日本)

車椅子に乗った76歳のおじいちゃんを、体格のいい男が3人がかりで階段の上げ下げをする。脳梗塞を患い、足はほとんど動かすことができない。おむつを着け、トイレも入浴も男たちに“介助”をされていた。
 ここは介護施設ではなく、福岡市南区の福岡南署。おじいちゃんは5月5日、スーパーでの万引容疑で現行犯逮捕された。世話係は署留置管理課の警察官だ。
 当時、留置場にはほかに十数人の容疑者がいた。「臭いっ」。トイレへ移動させるのが間に合わず、何度も便を漏らし、苦情が出た。桜の香りのお香をたき、消臭剤と空気清浄器も置いた。
 刑法犯の5人に1人が65歳以上の時代。軽微な罪を繰り返す累犯も少なくない。逮捕した容疑者を一時置く留置場でも、10人に1人は高齢者。警察署はバリアフリーに程遠く、1974年開設の同署も例外ではない。介助が必要な高齢者や障害者を想定していなかった、という事情もある。
 刑務所出所後に自立支援のため福祉につないで再犯を防ぐ「出口支援」は進んだ。識者は施設の充実に加え、高齢者や障害者が軽微な罪を犯した場合、捜査段階で福祉と連携する「入り口支援」の必要性を訴える。
 昨年秋に刑務所を出所、さらに罪を重ね執行猶予中に万引をしたおじいちゃん。5月16日に起訴され、17日間留置場にいた。
 「まるで介護よ。やっと終わった」。署幹部はつぶやいた。

■要介護者の留置手探り 「福祉優先で再犯防止を」
 車椅子のおじいちゃん-。この男(76)はスーパーで電動車椅子に乗り、ちくわ2本とアイス1本を持ったまま店を出たとして現行犯逮捕された。2600円所持していたが、代金397円を支払わなかった。「金を使うのがもったいない」。こう供述したという。
 男は福岡市南区の木造アパートで長年1人暮らしをしていた。7年前に脳梗塞を患い、今年に入り車椅子生活になった。言語障害もあり、要介護1の認定を受けて生活保護も受給。アパートの取り壊しが決まり、次の住まいを探していた。近所の人は「お金がないわけではない。刑務所に戻りたかったのでは…」と推し量る。
 医師の「勾留に耐えられる」との判断もあり、裁判所は勾留を決定。福岡南署は介助が必要との理由で男を「特別に注意を要する者」に指定した。留置場の1人部屋で、プライバシーのための仕切り板を外し、目が届くようにした。
 規則上、留置場は警察官しか入ることができないため、17日間警察官だけで身の回りを世話した。「車椅子の容疑者は初めて。試行錯誤だった」(署幹部)
   ◇    ◇
 容疑者を起訴するかどうかの取り調べのために身柄を一時置く留置場は、拘置所や刑務所に比べて滞在期間は短い。刑務所では、バリアフリー棟などの設備も整いつつあるが、福岡県内の警察署にある留置場のトイレの洋式率は4割台。4月に開設した行橋署もバリアフリーではない。
 県警幹部は「身体障害がある容疑者の勾留はレアケース。そのために限られた予算を使うのは現実的ではない」。九州のほかの県警も同様で「個別の状況に応じた適正な処遇に努めている」と口をそろえる。
続く
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/519021/

| コメント (0)

2019年6月15日 (土)

»特殊詐欺を2度防いだスーパーの女性店員に感謝状、警視庁(15日)TBS

スーパーの店内で電話をしながらATMを操作する高齢者に気づき、特殊詐欺の被害を2度防いだ女性従業員に警視庁から感謝状が贈られました。 「ありがとうございました」(荏原警察署 五十嵐吉永署長)
 感謝状を贈られたのは、東京・品川区の「東急ストアフードステーション」のパート従業員・鏑木久美子さん(62)です。
 鏑木さんは先月、79歳の男性が携帯電話で話しながら店内に設置されたATMを操作している姿に気付いて声をかけ、詐欺の被害を未然に防ぎました。鏑木さんは今年2月にも同様に詐欺の被害を防いだということです。
 「お客様を自分の親に重ねて、他人事とは思えなくて。勇気というよりも、やらなくちゃいけないと」(感謝状をもらった鏑木久美子さん)
 品川区では今年に入り、区の職員などを装った詐欺の被害が急増していて、警視庁は注意を呼びかけています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3699994.html

| コメント (0)

2019年6月14日 (金)

G20交通管制の訓練重ねる 大阪府警、混乱回避へ全力(14日)共同

大阪市で28、29日に開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で大規模な交通規制を行う大阪府警が、各国首脳らの車列の円滑な通行や、規制に伴う渋滞の低減を目指して、交通管制センターで訓練を重ねている。3月から始めた訓練は、14日で9回目を迎え終盤に。幹部は「不測の事態にもしっかり対応できるようにしたい」と気を引き締めている。
 訓練では、首脳らが利用する大阪市中心部のホテルや空港、会場間の移動に加え、「会場周辺で故障車が出た」といった事態など多くのパターンを想定し、規制や指示の手順を確認してきた。
https://this.kiji.is/512228160272057441?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年6月13日 (木)

「レンタカーでテロ」を防げ 警視庁と事業者が対応訓練(13日)共同

警視庁万世橋署は13日、テロにレンタカーが悪用されるのを未然に防ぐため、レンタカー大手のニッポンレンタカーサービス(東京都千代田区)と協力して、同社の秋葉原営業所で対応訓練を行った。海外では、車両で人混みに突っ込むテロが起きており、警視庁は来年の東京五輪を見据えて事業者の協力を求めている。
 万世橋署の桑平豊定警備課長が「テロにレンタカーを利用させないため、官民の連携を進めたい」とあいさつ。訓練では、マスクをした不審者役の男性が顔を見せたがらなかったことから所長が警察に通報。レンタルしたトラック付近で職務質問中に暴れだした不審者を、警察官が取り押さえた。
https://this.kiji.is/511825467038876769?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年6月12日 (水)

出身の学生2人に感謝状 岐阜の駅で保護、家へ送る(12日)共同

 岐阜県内で行方不明となっていた高齢女性を保護したとして、岐阜県警北方署(葛飾孝彦署長)はこのほど、朝日大学に通う3年で経営学部の與那嶺俊太さん(21)=沖縄県那覇市出身=と保健医療学部の嘉陽伊緒さん(20)=沖縄県今帰仁村出身=に感謝状を贈った。女性の家族から行方不明届けが出された直後だった。2人は「当たり前のことをしただけ。無事でよかった」と話している。
 與那嶺さんと嘉陽さんは軟式野球部に所属する友人同士。嘉陽さんが瑞穂市内の與那嶺さんのアパートに遊びに来ていた5月23日午後11時半ごろ、外の駐車場から異様なエンジン音が聞こえ、様子を見に行くと「車が動かない」と戸惑い困り果てた女性がいた。
 人通りの少ない場所で、女性は帰省していた50代の息子を瑞穂駅へ迎えに行く途中だったが、道に迷っていた。2人が声を掛けると、かなり焦った様子で、1時間近く話しても会話はかみ合わなかったという。
 「とりあえず駅まで送ろう」と與那嶺さんの車に乗せたが、駅に息子の姿はなく、女性は自宅の場所も説明できない状態。免許証の住所を頼りに20分ほど掛けて隣町の自宅へ送り届けると、警察に行方不明届けを出したばかりの息子が心配そうに待っていたという。
 5月31日に感謝状を受けた與那嶺さんは「困っているから助けた。やることをやっただけ」と振り返り「また同じように困っている人がいれば助けたい」。嘉陽さんは「最近は高齢者の事故も多いし、夜中で危ないと思ったので無事に送ることができてよかった」と話した。
 同署は「田舎でそのまま放置されていたら大変なことになっていた。素晴らしい」とたたえた。
https://this.kiji.is/511304510236509281?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年6月10日 (月)

霧ヶ峰で嘱託警察犬の競技会(10日)NHK

ふだんは一般の家庭で飼われ、警察の要請に応じて犯罪の捜査や行方不明者の捜索にあたる嘱託警察犬の競技会が、9日、長野県にある霧ヶ峰高原で開かれました。
霧ヶ峰高原では、嘱託警察犬の訓練の成果を競う大会が毎年開かれていて、ことしの大会には、嘱託警察犬として活躍するシェパードなど23頭が参加しました。
このうち、においをかぎ分けて持ち主を捜し出す「臭気選別」の種目では、スタート地点でにおいをかいだ犬が、10メートルほど離れた場所に置かれた5枚の布の中から同じにおいの布を捜し出していました。
また、行方不明者などの足どりをたどる「足跡追及」の種目では、決められたコースをたどりながら持ち主と同じにおいのする遺留品を捜し出していました。
警察によりますと、去年、嘱託警察犬の出動を要請した件数は高齢者の捜索などを中心に86件あり、前の年より28件多かったということです。
安曇野市から参加した嘱託警察犬の飼い主の女性は「安定感のある動作で、みなさんのお役に立てるようにがんばっていきたい」と話していました。
長野県嘱託警察犬運営委員会の河西節郎会長代行は「最近は、犯罪の捜査よりも行方不明になった高齢者の捜索が増えてきました。成果をあげられるよう、努力していきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190610/0031040.html

| コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

»警視総監が東京ドームで始球式、パレードでテロ防止呼びかけ(9日)TBS

8日、東京・文京区の東京ドームで行われた巨人対ロッテ戦で、警視庁の警視総監が始球式を務めたほか、テロ防止を呼びかけるパレードが行われました。 8日午後、文京区の東京ドームで行われた、巨人対ロッテ戦の始球式を務めたのは、警視庁の三浦正充警視総監です。このほか、始球式の前には、警察官らによるテロの防止を呼びかけるパレードが行われました。
 最大収容人数が4万6000人の東京ドームは、テロの標的になりやすいソフトターゲットの一つです。警視庁は、来年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、「官民一体でテロ対策に取り組みたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3694600.html

| コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

小4、側溝に落ちる女性を目撃 通りすがりの男性と救助(5日)朝日

 側溝に落ちて頭をけがしたお年寄りを救助したとして、北九州市立折尾西小4年の入江悠遠(かなた)君(9)に福岡県警折尾署から感謝状が贈られた。
 入江君は5月13日の下校中、女性(88)が住宅の生け垣に腰掛けようとした際にバランスを崩し、頭から側溝に落ちるのを目撃。直後に通りかかった男性と協力し、うめく女性を引き起こして救急搬送につなげた。
 署などによると、女性は頭から血を流していたものの、命に別条はなかった。入江君は「(女性が元気だと知って)安心した。びっくりしたけど、これからも人に優しくしていきたい」と話した。(狩野浩平)
https://www.asahi.com/articles/ASM5042C6M50TIPE00C.html

| コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

容疑者DNA一致、最多の3千件 遺留物をデータベースと照会(4日)共同

 全国の警察が犯罪現場で採取した血液や汗などの遺留資料を、警察庁の容疑者DNA型データベース(DB)に照合する「遺留照会」で、2018年の一致件数が最多の3146件だったことが4日、警察庁のまとめで分かった。3千件を超えたのは初めて。13年からは指紋のDBの遺留照会で一致した件数を上回っており、DNA型鑑定が、事件発生直後の容疑者割り出しなど犯罪捜査の武器となっている実態が確認された。
 警察庁によると、05年以降、事件で容疑者となった人物の口腔内などから検出したDNA型情報をDBに登録。今年4月末の登録数は約120万8千件という。
https://this.kiji.is/508611891238454369?c=39546741839462401

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯