警察関係ニュース(行政も)

2018年12月11日 (火)

DVやストーカー相談増…女性警官募集、最多に(11日)読売

 DV(家庭内暴力)やストーカーといった女性が被害者となることが多い犯罪の発生件数が高止まりしていることを受け、「同性ならではのきめ細やかな対応が必要」と、和歌山県警が女性警察官の大幅な採用増に乗り出した。すでに試験を実施した2019年度採用者の募集枠は31人で、1991年度に女性警察官の採用を始めて以来、最多となる。
 「怖かったな。もう大丈夫やからね」

 今年秋のある夜、「スーパーで体を触られた」と和歌山北署を訪れた10歳代の少女に、生活安全刑事課の黒田

侑奈

ゆきな

巡査長(24)が優しく語りかけた。
 勤務を終えてすでに帰宅していたが、この日は翌朝までの夜間勤務を行う「当直班」に女性警察官がおらず、呼び出された。少女は当初ひどく落ち込んだ様子だったが、ファッションの話題などを持ち出すと、次第に笑顔も見せた。黒田巡査長は「被害の様子を詳しく聞き出す必要があるけれど、嫌な思いを繰り返させないため、何度も同じことは聞かない」と細かい配慮を欠かさない。
 女性警察官の“守備範囲”は、近年大きく広がっている。県警によると、DVとストーカーを合わせた相談件数は、ここ5年間、年約1000件に上る。多くが女性からの相談で、県警ではできるだけ女性警察官が対応するよう努めているという。
 女性警察官の募集枠を大幅に拡大したのは、そうしたニーズの増加を受けたもの。31人は、18年度の採用者(20人)の約1・5倍にあたり、19年度の募集人数全体(90人)の3分の1を占めるまでとなった。
 ただ、課題もある。全体の採用人数を変えずに女性を増やすことで、男性警察官の採用数は減る。警務課は「警察官の拳銃が奪われる事件なども全国では起きており、女性警察官は常に複数人での勤務が必要となる。人員配置の調整などが必要になるだろう」とする。
 また、警察学校の女子寮の拡大など、ハード面の対応も求められることから、県警は「これからも女性警察官を増やしていけるよう、環境整備を進めていきたい」としている。(坂戸奎太)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181209-OYT1T50052.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»警視庁 署長ら集め会議、警視総監が来年に向けた治安対策指示(11日)TBS

警視庁は、警察署長らを集めた会議を行い、三浦警視総監が来年に向けた治安対策を指示しました。
 「大きな行事が相次いで予定されており、警視庁にとっても鼎の軽重が問われる大切な1年。警視庁重点目標を達成すべく、首都・東京の治安確保に万全を期されたいのであります」(三浦正充 警視総監)
 三浦正充警視総監は、都内102の警察署長らを集めた会議でこのように述べ、皇位継承の行事が行われる来年に向けた治安対策を指示しました。
 テロ対策の強化や東京オリンピック・パラリンピックに向けた交通対策を進めることなど8つの重点目標が掲げられ、今年、被害件数が過去最悪ペースとなっている特殊詐欺の取り締まりを強化することも求めました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3545730.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

あおり運転 摘発強化で検挙倍増(10日)NHK

神奈川県の東名高速道路であおり運転で停車させられたワゴン車がトラックに追突され家族4人が死傷した事故。この痛ましい事故をきっかけに、「あおり運転」を始めとする悪質で危険な運転への社会的な批判が高まりました。こうした運転に対し、警察庁はことし1月、あらゆる法令を駆使して捜査を徹底するよう全国の警察に指示しました。
続きを読む
https://www3.nhk.ordownwardleft.jp/news/html/20181210/k10011742091000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

全国一斉の取締まりも実施され、ヘリコプターを使った上空からのパトロール…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

»警視庁、都内で飲酒運転一斉取締り(8日)TBS

忘年会シーズンに向けて、警視庁は7日夜から8日朝にかけ、都内各地で飲酒運転の一斉取り締まりを行いました。
 取り締まりは7日午後8時から8日午前5時まで、都内の繁華街など114か所で行われました。1000人以上の警察官による飲酒検問で酒気帯び運転が17件確認され、ドライバーの男2人が逮捕されたということです。
 都内では飲酒運転による死亡事故が増加していて、警視庁は「12月は特に人が増え、車が増え、飲み会が増える時期。飲んだら乗らないということを徹底して欲しい」と呼びかけています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3544109.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

元劇団四季の警察官、詐欺被害防止の啓発ソング(7日)読売

 特殊詐欺などの被害を防ごうと、千葉県警柏署は、劇団四季の劇団員だった交通課の喜多原拓人巡査(35)が自作し、歌った啓発ソングを約2分の動画にまとめ、「ユーチューブ」で公開した。同署は「1件でも被害を減らせれば」と期待している。
 作詞、作曲、歌の3役を務めた喜多原巡査は同県船橋市出身で、大学時代に芸能の世界に興味を持ち、劇団四季のオーディションに合格した。1年間在籍し、大学に復学した後、テーマパークのショーなども経験した。
 卒業後も様々な舞台に立ったが、「ショーに来る人たちだけでなく、みんなが笑顔になれる社会にしたい」との思いから警察官を志望。6年前に警察官採用試験に合格し、今年3月から同署に勤務する。
(ここまで305文字 / 残り405文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181207-OYT1T50056.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

客の飲酒運転を止めたアルバイト女子大学生 警察感謝状(7日)朝日

 アルバイト先のファミリーレストランの駐車場で、飲酒運転をしようとした女性を制止したとして、近畿大産業理工学部3年の渡部万葉(まよ)さん(22)=福岡県飯塚市=に5日、直方署の大坪弘章署長から感謝状が贈られた。
 渡部さんは宮若市のジョイフル福岡宮若店に勤務。11月15日に1人で生ビール3杯を飲んだ50代の女性が店を出た後、車を運転しようとしたため急いで駆け寄り、動き出す直前の車からカギを抜き取って、110番通報した。
 渡部さんはビールの注文を受けた際、車で来店していないかどうか、代わりの運転手がいるかどうかなどを女性に質問。「後で運転者が来る」などと聞いたうえでビールを提供したが、その後も女性の行動を注視していた。
 日頃から1人の客が酒を注文するときには必ず声かけをしていたという渡部さん。取材に対して、当時の状況を「体が勝手に動きました」と振り返り、「事故を起こして誰かを巻き込んでしまうかもしれない飲酒運転は絶対にいけません」と呼びかけた。(小田健司)

https://www.asahi.com/articles/ASLD53HYYLD5TGPB003.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

バスタ新宿でテロ対策訓練 東京五輪向け警視庁(6日)共同

2020年東京五輪・パラリンピックに向け、警視庁原宿署は6日、JR新宿駅に直結する国内最大級のバスターミナル「バスタ新宿」で、爆発物によるテロ事件を想定した対策訓練を行った。
 原宿署の酒林利男署長は「バスタは1日に3万人の利用があり、テロ対象となることも予想される。日常の小さな変化を官民で情報共有することが重要だ」と話した。
 国土交通省なども参加し、大会期間中に人出の増加が予想される交通の要所での連携を確認するのが狙い。
 訓練では、不審なバッグを置いていった男を警察官が制圧し、爆発物処理班が不審物を撤去した。https://this.kiji.is/443247935850726497?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

富士山で厳冬期の遭難救助訓練(5日)NHK

冬の富士山での遭難事故に備え、山梨と静岡の両県の警察による初めての合同救助訓練が行われました。

訓練は富士山5合目付近の山梨県側の登山道で行われ、山梨・静岡両県の警察官合わせて27人が参加しました。
午前中の訓練は登山者が低体温症で動けなくなったという想定で、警察官たちは「大丈夫ですか」と声をかけながら、遭難者役の人の体を湯たんぽや寝袋で温めたあと、シートを巻き付けて固定し搬送する手順を確認しました。
午後は、より標高の高い7合目付近で、ピッケルなど冬山登山用の装備を使って雪の上を歩いたり、滑落を防いだりする訓練を行うことにしています。
山梨県と静岡県にまたがる富士山では、県境の遭難事故に両県の警察が合同で対応するケースが多く、ことし4月にも山頂付近で遭難した男性を合同で救助したということです。
山梨県警山岳警備安全対策隊の志村一隊長は「厳冬期の富士山は雪や氷に覆われ、滑りやすくなっている。冬山はスペシャリストのみに許された世界なので、安易な気持ちで山に入るのは控えてほしい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20181205/1040005001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

»AKB48・武藤十夢さんら、羽田空港で交通安全呼びかけ(2日)TBS

 人気アイドルグループ・AKB48の武藤十夢さんらが、羽田空港の国際線ターミナルで交通安全を呼びかけました。
 「交通ルールを守り、歩行者をまもる優しい気持ちで交通事故を防止し、みんなで世界一の交通安全都市TOKYOをつくりましょう」
 12月1日から始まった東京都の交通安全キャンペーンに合わせて行われたイベントで、AKB48の武藤十夢さんらグループのメンバー3人が、交通ルールの順守などを呼びかけました。イベントでは、3人が、集まった羽田空港の利用者らと一緒に、クイズを通して、自転車の正しい乗り方について学んだほか、空港内の保育園に通う子どもたちによる合唱も行われました。
 警視庁は、「年末年始に向けて交通ルールの徹底を図っていきたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3538572.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

阪神・糸原選手が一日警察署長 兵庫、交通安全呼び掛け(1日)共同

プロ野球阪神の糸原健斗選手(26)が1日、兵庫県警甲子園署の一日署長を務め、交通安全や飲酒運転撲滅を呼び掛けた。交通事故防止など年末特別警戒活動の一環。
 同県西宮市の阪神甲子園球場前で開かれた出動式に、警察官の制服に身を包んで登場。署員を激励した後、〇×形式で事故防止法を紹介する子ども向けのイベントに参加した。「後ろを確かめて車から降りました」と糸原選手が話すと、子どもたちが一斉に〇を示す右手を挙げた。
 糸原選手はその後、近くのショッピングセンターでもあいさつ。「けがをすると阪神の応援ができなくなります」と呼び掛け、会場の笑いを誘った。
https://this.kiji.is/441478146535998561?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 密輸・密売関係(外国人含む) | 密輸関係(外国も含む) | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯