カテゴリー

警察関係ニュース(行政も)

2022年5月19日 (木)

技術情報の流出を防げ…警察が大学で講義(19日)TBS

九州産業大学で18日開かれた講演会には、理事長など9人が参加し、福岡県警の警察官が講師を務めました。
この講演会は、経済安全保障推進法の成立に伴い、企業や研究機関が持つ技術情報の流出を防ぐため、警察がノウハウを提供する活動の一環です。
講師の警察官は、技術情報の海外流出を目的に研究者に接触したとみられる国内の事例を紹介したうえで、大学側に情報管理体制の構築などを呼びかけました。
九州産業大学は、「教職員や学生にも危機意識を広げていきたい」と話しています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/48991?display=1

県警、窓口受付時間を短縮 来月から本格運用開始(19日)共同

窓口業務の受付時間短縮を試験的に運用していた神奈川県警は十八日、六月一日から本格運用を始めると発表した。県警本部と県内各署の窓口受付時間を従来の午前八時半〜午後五時十五分から、午前九時〜午後四時に変更する。新型コロナウイルスの消毒作業や事務処理時間を確保し、職員の働き方改革につなげる狙い。
 対象となる手続きは、運転免許証の住所変更や道路使用許可の申請、拾得物の引き渡しなど。県警は昨年六月から試験運用を行ってきた。大きな混乱もなく、継続しても支障がないと判断した。
 事件や事故の相談、落とし物の届け出はこれまで通り二十四時間受け付ける。各業務の受付時間は、県警ホームページなどで公開している。(酒井翔平)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/178241?rct=kanagawa

2022年5月18日 (水)

荒川氾濫時は店舗を住人の緊急避難場所に 警視庁と信金が災害協定(18日)TBS

荒川の氾濫など大規模水害に備え、警視庁と都内の信用金庫が、荒川下流域の店舗を一時的に近隣住人の緊急避難場所とする協定を締結しました。
警視庁と東京東信用金庫は、荒川の氾濫など大規模水害が発生した際、店舗の建物を一時的に近隣住人の緊急避難場所とする災害協定を締結しました。
この信用金庫は、特に氾濫が起こりやすいと想定されている荒川下流域の墨田区・江東区・足立区・葛飾区・江戸川区にあわせて43の店舗があり、今回の協定により、災害時、職員が可能な範囲で近隣住人の避難誘導も行うということです。
警視庁は「災害発生時は地域に根ざした関係機関による支援が重要で、平素から連携していきたい」としています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/48936?display=1

2022年5月16日 (月)

皇室行事、海外要人来日などに備え総合訓練 皇宮警察(16日)産経

皇室の行事の再開や海外要人の来日に備え、16日、皇居にある皇宮警察本部の敷地内で、日頃の訓練の成果を本部長が確認する総合訓練査閲が行われた。
同本部によると、総合的な訓練査閲は初の試み。新型コロナウイルス禍で見合わせていた皇室の方々の地方ご訪問が、感染対策を講じて一部で始まっていることや、月内に日米豪印4カ国の協力枠組み「クアッド」の首脳会合で、バイデン米大統領らが来日することなどをふまえ実施した。
訓練には、4月に再編成された有事即応部隊「特別警備隊」や、皇室の方々の護衛に当たる側衛官ら約90人が参加。不審者対応や、地方ご訪問先での発砲を想定した訓練も行われ、皇宮護衛官らが機敏な動きを披露した。
松本裕之本部長は訓示で、コロナ禍でも行事の再開などに向けて技能維持に努めてきたとして、「いよいよその成果を発揮すべき時期が訪れた」と説明。「誇りと高い士気を持って、護衛警備に邁進(まいしん)していただきたい」と述べた。
https://www.sankei.com/article/20220516-IMIUL3F2IJKBBPMTSW7OLVAZ6A/

2022年5月15日 (日)

1万人の遺体を見つめた警察官が語ったこと(15日)NHK

「みんなが嫌がる仕事かもしれないけれど、私たちの後ろには誰もいないんです」

被害者が事件に巻き込まれた形跡を見つけ出すために、毎日、多くのご遺体と向き合ってきた警察の検視官がみずからの仕事について語ったことばです。

「犯人を有罪にすることで、亡くなった人の無念をはらしたい。それが、どのご遺体を視ても考えていることです」

事件を眠らせない。”人の死”と向き合い続ける「検視官」の仕事とは。(千葉放送局記者 福田和郎)

私の仕事はご遺体を視ること

「警察官」と一口でいっても、事件・事故の捜査、防犯、警備、パトロール、交番勤務・・・その仕事は様々です。その中でも、もっぱら「遺体を視る」ことを仕事とする検視官の仕事は特殊で、光のあたりにくいものだといえます。検視官はいったいどんな仕事をしているのでしょうか。
検視とは
「検視」は刑事訴訟法の規則に従って犯罪性があるかどうかを調べることで「遺体を視る」ことから検視という人が亡くなると、多くは病院や自宅で医師が死亡診断をします。しかし、発見場所や状況によっては犯罪に巻き込まれている可能性もあります。そんなとき、ご遺体の状況から事件性があるかどうかを判断する、それが検視官の仕事です。
検視官が異変を見落とせば、「病死」などとして扱われます。つまり捜査はされず、事件は“なかったこと”になるのです。
判断ミスが許されない重い責任の伴う検視。若手からベテランまで幅広い警察官が担当しますが、そのなかでもエキスパートといえる「検視官」という職名を持つのは全国で370人に限られます。

検視官の条件

・原則、刑事としての捜査経験が10年以上または捜査幹部として4年以上の強行犯(殺人・強盗など)捜査などを経験・さらに警察大学校で一定の教養を受けた「警視」(副署長や署長・本部の課長等と同じ階級)

検視官の世界とは

「どのような気持ちでご遺体と向き合っているのか」
「仕事をしていて精神的にきつくはないのか?」
「仕事のあと食事をとることはできるのか?」
「そして、検視という仕事の意義とは」

話を聞いたのは千葉県警の捜査一課検視官・濱田昌也警視(55)。去年、全国初の「広域技能指導官」に指定され、育成を託された“検視のプロ”です。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/special/jiken_kisha/kishanote/kishanote60/

2022年5月14日 (土)

「他に捜査ある」 勤務抜け車内で抱擁 男女巡査長を減給 青森県警(14日)産経

青森県警は13日、捜査のためと嘘をつき勤務中に公用車で共に外出した20代の男性と30代の女性の巡査長2人を、いずれも減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。2人は独身で交際関係にあり、津軽地方の警察署の同じ部署に勤務し、公用車内でキスや抱擁をしていたとしている。
県警によると、女性巡査長は3月17日昼ごろ、同僚に「(2人は)他に捜査用務がある」などと複数回、虚偽の電話をした。実際は捜査に従事せず、青森市内の駐車場に止めた公用車内で、約2時間にわたり2人で過ごしたという。帰りが遅いことを不審に思った上司が尋ね、発覚した。
女性巡査長は「間違いありません。すみませんでした」、男性は「今回の件をしっかり反省したい」と話しているという。
https://www.sankei.com/article/20220514-CMTVXINGYFKHRP4ABMS2XWYXS4/

2022年5月11日 (水)

「我の強い子?」パピヨンは警察犬に 心のリハビリ向き合った指導員(11日)朝日

家庭や民間の訓練所で育てられ、「鼻の捜査官」として捜査などを支える「嘱託警察犬」として、24頭が京都府警から嘱託された。来年3月末の任期まで、警察の要請に応じて出動する。
 嘱託警察犬は毎年、審査会で優秀な成績を収めた犬が選ばれている。今回の24頭は、大型犬のラブラドルレトリバーやシェパードから、胴長短足のウェルシュコーギーまで犬種はさまざま。うち9頭は初めて嘱託された。

 犯人や行方不明者を捜す「足跡追及」、遺留品から対象者の匂いを識別する「臭気選別」、お祭り会場などで爆発物を見つける「捜索」の3部門ごとに採用され、2部門で合格した犬もいた。
 府警によると、昨年の出動件数は行方不明者の捜索など16件。コロナ禍で大型イベントが減り、出動の機会も減少しているという。
 新倉秀也刑事部長は「嘱託警察犬は府民と警察の協力の象徴。日々の訓練を通じて、府民の安心安全の確保に協力していただきたい」と話した。

部屋の壁中にマーキング 出会った当初のトライ

 4月にあった嘱託警察犬の嘱託書交付式会場で、ひときわ目を引く小型犬のパピヨンがいた。体長50センチ、体重4キロ。名前はトライ。隣で大型犬が興奮しても、おとなしく座っていた。
 飼い主は、犬の指導員でもあ…
この記事は有料会員記事です。残り1355文字
https://www.asahi.com/articles/ASQ5B72S6Q4MPLZB00H.html

2022年5月 8日 (日)

ケロロ軍曹が交通安全に貢献、警察から感謝状 「地球の安全に協力」(8日)朝日

子どもたちの交通事故の防止に貢献したとして、千葉県警は、大手出版KADOKAWAの人気漫画キャラクター「ケロロ軍曹」に感謝状を贈った。県警が制作し、公式ユーチューブで配信した交通安全教育動画に無償で出演した。

 ケロロ軍曹は月刊少年エースに連載中の漫画の主人公。県警の啓発動画は、地球を侵略しにきたケロロ軍曹が県内で交通事故に遭いそうになったのをきっかけに、交通安全指導の助手として活動するというストーリー仕立て。2020年4月~今年3月に1話約2分の動画全57話を配信した。今年2月には交通安全啓発ポスターにも登場した。
 4月26日に県警本部を訪れたケロロ軍曹は、田中俊恵本部長から感謝状を受け取った。共に表彰されたKADOKAWAの社員で担当編集者の前田和遵さん(27)がケロロ軍曹の気持ちを代弁。「我が輩のものになっていく地球を、安全の星にするために協力できたことがよろこばしい」と話しているという。(竹中美貴)
https://www.asahi.com/articles/ASQ576X2MQ4VUDCB00F.html

2022年5月 7日 (土)

治安最前線・新任 (7)第2交通機動隊、遅咲きの白バイ隊員(7日)産経

タイヤの空気圧やエンジンオイル、サイレンや赤色灯の点検を一つ一つ丁寧かつ迅速にこなしていく。大田区や品川区で取り締まりなどを行う「第2方面交通機動隊」の隊員たちは、全長220センチ以上、総重量300キロ以上にもなる白バイに乗車。8の字走行練習などをした後、一斉に大森庁舎(大田区大森北)を出発し、交通違反の取り締まりに向かっていった。
同隊の白バイ隊員、一瀬直樹巡査長(33)には忘れられない出来事がある。2交機に配属されて2カ月がたった昨年12月、信号無視をした軽乗用車を停車させ違反について話した際、運転手の男性から罵声を浴びせられた。
「何で止めたんだよ」
「信号じゃなく俺の基準で通っている」
交通違反の取り締まりは日に数件ほどあるが、その際に「死ね」「人間として考えられない」などと暴言を吐かれることは少なくない。それでも「違反者と同じ目線にならず落ち着いて対応する」ことを心がけていたが、この日はつい言い返してしまった。
事態は現場に班長が駆け付けるにまで発展してしまった。班長の丁寧な説明により男性は納得の表情を見せた。じくじたる思いでいたが、班長はただ「いつでも呼んで」と優しくほほ笑んだ。一瀬さんは班長の姿勢に感銘を受け、「今度は自分が仲間を助ける側になっていきたい」と誓った。

33歳で交通機動隊配属

一瀬さんは父親が警視庁の警察官で、バイクに興味があったことから白バイ隊員を目指した。警察学校卒業後は亀有署、機動隊、池上署などを経験し、昨年10月に2交機に配属された。
通常27、28歳で配置されることが多い交通機動隊の中で、33歳になってからの配属は遅咲きといえる。分隊長と同世代になり、当初は気まずさも感じたが「いい人たちで気まずさも早々になくなった」と笑う。
続きを読む
https://www.sankei.com/article/20220507-S2HUZEUWBZI7LFMMLB4CNS3PEQ/

治安最前線・新任 (7)第2交通機動隊、遅咲きの白バイ隊員(7日)産経

タイヤの空気圧やエンジンオイル、サイレンや赤色灯の点検を一つ一つ丁寧かつ迅速にこなしていく。大田区や品川区で取り締まりなどを行う「第2方面交通機動隊」の隊員たちは、全長220センチ以上、総重量300キロ以上にもなる白バイに乗車。8の字走行練習などをした後、一斉に大森庁舎(大田区大森北)を出発し、交通違反の取り締まりに向かっていった。
同隊の白バイ隊員、一瀬直樹巡査長(33)には忘れられない出来事がある。2交機に配属されて2カ月がたった昨年12月、信号無視をした軽乗用車を停車させ違反について話した際、運転手の男性から罵声を浴びせられた。
「何で止めたんだよ」
「信号じゃなく俺の基準で通っている」
交通違反の取り締まりは日に数件ほどあるが、その際に「死ね」「人間として考えられない」などと暴言を吐かれることは少なくない。それでも「違反者と同じ目線にならず落ち着いて対応する」ことを心がけていたが、この日はつい言い返してしまった。
事態は現場に班長が駆け付けるにまで発展してしまった。班長の丁寧な説明により男性は納得の表情を見せた。じくじたる思いでいたが、班長はただ「いつでも呼んで」と優しくほほ笑んだ。一瀬さんは班長の姿勢に感銘を受け、「今度は自分が仲間を助ける側になっていきたい」と誓った。

33歳で交通機動隊配属

一瀬さんは父親が警視庁の警察官で、バイクに興味があったことから白バイ隊員を目指した。警察学校卒業後は亀有署、機動隊、池上署などを経験し、昨年10月に2交機に配属された。
通常27、28歳で配置されることが多い交通機動隊の中で、33歳になってからの配属は遅咲きといえる。分隊長と同世代になり、当初は気まずさも感じたが「いい人たちで気まずさも早々になくなった」と笑う。
続きを読む
https://www.sankei.com/article/20220507-S2HUZEUWBZI7LFMMLB4CNS3PEQ/

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ