来日外国人犯罪

2019年12月11日 (水)

セブンペイ不正利用容疑 中国人少女を再逮捕 札幌南署など(11日)共同

セブン&アイ・ホールディングスのスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」を不正利用した詐欺事件で、札幌南署などは11日、詐欺の疑いで東京都墨田区、中国籍の留学生の少女(18)=別の詐欺容疑で逮捕済み=を再逮捕した。
 逮捕容疑は7月3日、東京都墨田区内のセブン―イレブン2店舗で、不正に入手した札幌市南区の会社員男性(50)と函館市の事務員男性(51)ら男女6人のIDやパスワードを使ってセブンペイで決済し、加熱式たばこのカートリッジ計134カートンなど(計約67万円相当)をだまし取った疑い。少女は「友達に頼まれた」と犯意を否認しているという。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/373724/

残り:62文字/全文:337文字

| コメント (0)

「アニメイト」脅迫 韓国籍の女逮捕(11日)TBS

大手アニメグッズ販売会社「アニメイト」に対し、「皆殺しにしてやる」などと脅迫メールを送ったとして、名古屋市に住む女が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、韓国籍で名古屋市に住む崔由理絵(チェ・ユイファ)容疑者(34)で、今年8月、大手アニメグッズ販売会社「アニメイト」に対し、「必ず皆殺しにしてやるからな」などと13回にわたってメールを送信し、業務を妨害した疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、脅迫メールのなかには「京アニの従業員じゃなくて、お前らが皆殺しになれば良かったのに」という内容や、3852回にわたって「殺す」と繰り返されたものもありました。
 崔容疑者は、オンラインショップで注文したグッズのキャンセルを繰り返したことで、去年9月から利用停止になっていて、取り調べに対し、「アニメイトの対応に納得がいかなくて腹が立ったのでやった」と容疑を認めているということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3852750.html

| コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

公園でイラン国籍の女性死亡 殺人容疑で元夫逮捕 さいたま (5日)NHK

3日夜、さいたま市岩槻区の公園でイラン国籍の50歳の女性が首から血を流して死亡しているのが見つかり、警察はイラン国籍の51歳の元夫が首を刃物で刺すなどして殺害したとして殺人の疑いで逮捕しました。調べに対し、「殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。
3日午後8時すぎ、さいたま市岩槻区にある「岩槻諏訪公園」で、「男女がけんかしている」という通報が寄せられたため、警察が調べたところ、女性が首から血を流して死亡しているのが見つかりました。
警察によりますと、死亡したのはイラン国籍で埼玉県蓮田市に住むシャヒーン・プール・ホセイン・タヘレさん(50)で、以前、元夫に暴力を振るわれたという相談を受けていたことから、元夫が何らかの事情を知っていると見て行方を捜していました。
その結果、元夫でイラン国籍のナセリ・ビジャン容疑者(51)を都内で見つけて事情を聴いたところ、刃物で切りつけたことを認めたため、殺人の疑いで逮捕しました。
調べに対し「刃物で切りつけたが殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。警察は事件の動機などをさらに詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191204/k10012202361000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_011

| コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

「独身証明書」発行で駐日領事に贈賄疑い、ベトナム人の34歳女逮捕(2日)産経

短期滞在中のベトナム人向けに独身であることを示す「独身証明書」などを発行してもらう見返りに、在福岡ベトナム総領事館の男性領事(38)に現金15万円を渡したとして、兵庫県警捜査2課と組織犯罪対策課は2日、不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)の疑いで、ベトナム国籍のズオン・ティ・テー容疑者(34)=神戸市長田区=を逮捕した。容疑を認めている。外国公務員に対する贈賄容疑での摘発は全国で2件目という。
 県警によると、男性領事の銀行口座には平成28年5月以降、ズオン容疑者から約200回に分けて現金計約400万円が振り込まれていた。県警は数年にわたり不正が続いたとみて捜査している。
 逮捕容疑は平成29年5月~31年1月ごろ、同総領事館に勤務していたベトナム国籍の男性領事に対し、短期滞在の資格で来日したベトナム人5人が独身であることを示す婚姻要件具備証明書などを不正に発行してもらう見返りに、5回に分けて現金計15万円を渡したとしている。
県警によると、外国人が自治体に婚姻届を提出するには同証明書などが必要で、観光目的など短期滞在のベトナム人が国内で発行を受けることはできない。ズオン容疑者は28年2月ごろからベトナム人の在留許可申請に関する手続きを代行しており、自身のフェイスブック上で「証明書類出せます」などと宣伝していた。
顧客から依頼を受けたズオン容疑者が男性領事に連絡し同証明書を発行。1件あたりの手数料約6万円のうち3万円が男性領事側に渡っていたとみられる。
 外国人公務員を罰する法律上の規定はなく、男性領事は今年7月に出国。同総領事館は取材に対し「お答えすることはできない」としている。https://www.sankei.com/affairs/news/191202/afr1912020048-n1.html

 

 

| コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

コンビニ強盗で中国人の男逮捕(1日)NHK

ことし10月、菊川市のコンビニエンスストアで、従業員に刃物を突きつけて現金およそ9万円を奪った事件で、中国人技能実習生の25歳の男が強盗の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、菊川市柳に住む中国人の技能実習生、王雲飛容疑者(25)です。
警察によりますと、王容疑者は10月23日の未明、「セブンーイレブン菊川本所店」で、女性従業員に刃物を突きつけて「カネ、カネ」と脅し、従業員が開けたレジの中から現金およそ9万円を奪ったとして11月30日、強盗の疑いで逮捕されました。
従業員にけがはありませんでした。
警察が、防犯カメラの解析や聞き込みなどの捜査を進めた結果、王容疑者が関わった疑いが強まったということです。
警察は王容疑者の認否を明らかにしていません。
この店では、11月12日にも何者かが従業員に刃物のようなものを突きつけて金を脅し取ろうとする事件が起きていて、警察は手口や体型の特徴が似ていることから、関連がないか慎重に調べることにしています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20191201/3030005024.html

| コメント (0)

覚醒剤所持容疑でイラン人4人逮捕 製造し密売か(1日)産経

愛知県警は30日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、名古屋市中村区稲西町、自称自動車販売業、ホセイニ・セイエド・モルテザ容疑者(33)ら男2人を逮捕、別の男2人を現行犯逮捕した。4人はいずれもイラン国籍を持ち、県警は覚醒剤を製造していた疑いもあるとしており、密売組織とみて調べる。
 県警によると、ホセイニ容疑者以外の3人が住む同市港区のアパートを30日午前に家宅捜索し、底に白い結晶が付着した鍋をクローゼットから発見。簡易鑑定で覚醒剤の反応が出たため、その場にいた2人を現行犯逮捕し、関与した疑いが強いとして同容疑者ら2人を逮捕した。
 県警はアパートから携帯電話16台も押収しており、製造拠点だった可能性があるとみている。逮捕容疑は共謀の上、30日午前10時20分ごろ、若干量の覚醒剤を所持したとしている。県警は4人の認否を明らかにしていない。https://www.sankei.com/affairs/news/191130/afr1911300014-n1.html

| コメント (0)

2019年11月28日 (木)

ベトナム人僧侶の男ら逮捕、兵庫 偽装結婚疑い、寺院捜索(28日)共同

偽装結婚で在留資格を更新したとして、兵庫県警組織犯罪対策課が入管難民法違反(虚偽申請)の疑いで、同県姫路市にあるベトナム系仏教寺院の僧侶グエン・バン・ナム容疑者(42)らベトナム人男女2人を逮捕していたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。2人は「本当の夫婦で申請にうそはない」と容疑を否認している。
 同課は28日までに姫路市や埼玉県越谷市などの寺院3カ所を家宅捜索した。ベトナム系の寺院は在日の同胞が集まる交流拠点でもあり、2人がコミュニティーの中で知り合ったとみて捜査。他にも関わった人物がいるとみている。
https://this.kiji.is/572626317417235553?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年11月27日 (水)

酒気帯びで追突、中国籍の女を逮捕 「自宅で飲んだ」(27日)共同

浦賀署は27日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、中国籍で横須賀市森崎2丁目、無職の女(41)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午前4時50分ごろ、同市根岸町1丁目の国道134号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した、としている。
 署によると、同容疑者は容疑を認め、自宅で酒を飲んだとの趣旨の供述をしている。男性会社員(65)のトラックに追突する事故を起こし発覚した。男性にけがはなかった。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-211513.html

| コメント (0)

アップルペイで不正購入、詐欺の疑いで女を逮捕(27日)TBS

他人名義のクレジットカード情報を不正に入手し、電子たばこ5万円相当を購入したとして、中国籍の女が警視庁に逮捕されました。
 詐欺などの疑いで逮捕されたのは中国籍の会社員、王ゲツ聡容疑者(29)です。王容疑者は今年3月、東京・新宿区のコンビニエンスストアで、不正に入手した他人名義のクレジットカード情報をスマートフォンの決済機能「アップルペイ」に登録し、電子たばこ5万円相当を購入した疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、王容疑者らの詐欺グループはイオンのクレジットカード利用者にうそのメールを送信し、カード情報を入手していて、被害総額は4500万円相当にのぼるとみられています。
 王容疑者はグループの指示で商品を購入する「買い子」とみられ、取り調べに対し、「友人に頼まれてやっただけだ」と容疑を否認しています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3841522.html

| コメント (0)

2019年11月24日 (日)

在留資格偽り不正に住宅融資か(24日)NHK

在留カードのコピーを偽造して、外国人12人に資格を「永住者」と偽らせ、不正に住宅ローンを契約させていたとして、神奈川県にある建設会社の56歳の元役員が、入管難民法違反の疑いで書類送検されました。
書類送検されたのは、厚木市にある建設会社の56歳の元役員の男性です。
捜査関係者によりますと元役員は、おととし12月までの1年半ほどの間に、住宅の購入を検討していた日本に住むブラジル国籍やペルー国籍などの外国人12人に、在留資格を「永住者」と偽らせ住宅ローンの「フラット35」の契約を結ばせた、入管難民法違反の疑いが持たれています。
「フラット35」を外国人が契約する場合、在留資格が「永住者」であることが必要なため、元役員は条件に該当しない12人から在留カードのコピーを受け取り、資格の欄を偽造して申し込ませていたとみられるということです。
警察は、東京出入国在留管理局からの告発を受けて捜査をすすめ、22日書類送検しました。
東京入管によりますと、12人は合わせておよそ1億9000万円に上る不正な融資を受け、元役員の会社が仲介した住宅を購入していて、元役員は建設会社から金を受け取っていたということです。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20191122/1050008272.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯