カテゴリー

来日外国人犯罪

2020年1月17日 (金)

偽造切手輸入容疑で男逮捕、大阪 中国から、3万4千枚押収(17日)共同

偽造された郵便切手を中国から輸入したとして、大阪府警は17日、郵便法違反容疑で、中国籍の住所不詳、自称添乗員劉達江容疑者(38)を逮捕した。捜査2課によると、関西空港の税関検査で計約3万4千枚(460万円相当)が押収された。全て偽造されたものとみて鑑定を急ぐ。
 逮捕容疑は14日、偽造された額面100円と140円の切手各900枚をスーツケースに隠して荷物として預け、中国の青島流亭国際空港から関空に輸入した疑い。
 切手シートの枠の部分に記載されている「国立印刷局製造」の文字が偽造品の一部になかった。精巧で、既に流通している可能性もあるとしている。
https://this.kiji.is/590865627907753057?c=39546741839462401

2020年1月16日 (木)

GPS空港接近でアラート 保釈中逃走対策 法務省検討へ(16日)産経(16日)産経

日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)ら保釈中の被告が逃走する事件が相次いでいることを受け、法務省が保釈中の被告にGPS(衛星利用測位システム)の発信機を装着させ、所在を把握する方法として、空港などに接近したことを知らせるアラートシステムの導入を検討していることが15日、関係者への取材で分かった。
 森雅子法相は有識者で構成する私的懇談会「GPS付き保釈等勉強会」(仮称)を16日に設置、2月の法制審議会(法相の諮問機関)までに具体的な制度づくりに着手する。裁判所は近年、保釈を積極的に認める傾向を強めているが、一方で保釈中の逃走や再犯も目立っており、法務省はGPSを柱とする抜本的な制度改正で歯止めをかけたい考えだ。
 関係者によると、保釈等勉強会は弁護士や元検事、元裁判官、大学教授らで構成。保釈中の被告について、海外逃亡の恐れが高い場合などは、GPSを使った行動監視を可能とする方向で検討する。監視主体を、保釈を許可する裁判所とするか、法執行機関である検察当局とするかなどについても議論する。
GPSで常時監視する場合は人権上の問題が懸念されるほか、各地に監視要員を確保しなければならない。そのため、裁判所が保釈条件で指定した住居から一定の距離を離れた場合や、空港など特定の場所に接近し、海外逃亡の恐れが生じた場合などにアラートを発する方式を導入する方向で検討を進めるという。
 保釈条件で海外渡航禁止とされていたゴーン被告は昨年12月29日、音楽コンサート設備用の箱に身を隠して関西空港のエックス線検査をすり抜け、プライベートジェットで不法出国したとみられている。このアラートシステムが導入されれば、ゴーン被告のような逃亡も防げる可能性が高い。
続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/200116/afr2001160009-n1.html

2020年1月14日 (火)

陸自身分証偽造容疑で逮捕 中国人留学生、警視庁(14日)共同

陸上自衛官の身分証明書を偽造したとして、警視庁公安部は14日、有印公文書偽造の疑いで、東京都台東区の中国籍の留学生王詩超容疑者(23)を逮捕した。公安部によると、王容疑者の顔写真が貼られていたが、「小笠原謙」「陸曹長」と記され、陸上幕僚長の公印を示すものや指紋、ICチップが偽造されていた。
 陸自によると、「小笠原謙」という氏名の隊員は実在しない。
 王容疑者は、会員制交流サイト(SNS)で知り合った中国人に約1800円相当で作製を依頼したという。
 逮捕容疑は氏名不詳者と共謀し、昨年8月、中国国内か周辺でうち1通の身分証を偽造した疑い。
https://this.kiji.is/589750276096525409?c=39546741839462401

2020年1月12日 (日)

特殊詐欺グループの女、空港で確保の一部始終(12日)TBS

特殊詐欺グループの中国籍の女が出国直前に空港で身柄を確保され、警視庁に逮捕されました。JNNのカメラが、その一部始終を捉えました。
 三連休の初日、混雑する羽田空港で捜査員に囲まれる女。中国籍の魏明坤容疑者(44)で、11日、日本から中国に出国しようとしたところを張り込んでいた捜査員に身柄を確保され、窃盗の疑いで逮捕されました。
 警視庁によりますと、魏容疑者は去年9月、江東区の80代の女性に財務局の職員を装い、「キャッシュカードが不正に利用される可能性がある」とうその電話をかけ、女性の自宅を訪れてカードを盗んだ疑いが持たれています。魏容疑者は、事件の1週間ほど前に日本に入国していて、同じ日に、これを含めて3件の特殊詐欺事件に関与したとみられています。
 取り調べに対して容疑を否認し、出国しようとしたことについては、「中国で春節を友達と一緒に過ごすため」と話しているということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3877420.html

2020年1月10日 (金)

0歳次男殺害疑い男再逮捕 無理心中かパキスタン国籍(10日)産経

長野県箕輪町のアパートで外国人母子3人が死亡した事件で、伊那署は10日、0歳の次男に対する殺人容疑で、父親でパキスタン国籍の住所不定、自営業、シャザダ・ホラム容疑者(49)を再逮捕した。署は無理心中を図ったとみている。
 再逮捕容疑は昨年11月23から25日の間に、箕輪町の自宅アパートの部屋で0歳の次男ムハンマド・レアンちゃんを殺害したとしている。殺害方法は不詳としている。署は認否を明らかにしていない。
 事件は昨年11月25日朝、一家4人が部屋で倒れているのが見つかり発覚。同容疑者は手首を切っており、病院で手当てを受け、同11月29日に妻(37)、同12月20日に長男(2)への殺人容疑で、いずれも逮捕された。
https://www.sankei.com/affairs/news/200110/afr2001100024-n1.html

偽商品券で人気ゲーム機詐取の疑い 中国人逮捕 中国へ転売か(10日)NHK

偽の商品券を使って人気の家庭用ゲーム「ニンテンドースイッチ」をだまし取ろうとしたとして、中国人の男女3人が逮捕されました。警視庁は中国で転売しようとしたとみて調べています。
 逮捕されたのは東京 新宿区の会社経営、韓彬彬容疑者(32)ら、いずれも中国人の男女3人です。
 警視庁によりますと3人は今月4日、東京 豊島区の家電量販店で、偽造された商品券30枚3万円分を使って人気の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」をだまし取ろうとした疑いが持たれています。
 商品券を確認した店員が偽物だと気付いて通報し、警視庁が韓容疑者の会社を捜索したところ、偽の商品券およそ300枚やゲーム機、およそ50台が見つかったということです。
 「ニンテンドースイッチ」は中国でも人気が高まっているということで、警視庁は中国で転売しようとしたとみて、偽の商品券の入手ルートなど詳しい経緯を調べています。
 警視庁によりますと調べに対して韓容疑者は容疑を否認し、「商品券はほかの中国人から購入したもので本物だと思っていた」と供述しているということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200110/k10012241051000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

東京・赤坂の路上強盗 比国籍の男を逮捕、現金横取り役トップか(10日)産経

東京都港区赤坂の路上で昨年1月、貴金属買い取り業者が現金約8千万円を強奪された事件で、警視庁捜査1課は強盗致傷容疑で、フィリピン国籍のスレタ・ジーアン・レイ容疑者(21)=住所・職業不詳=を逮捕した。
 スレタ容疑者は路上強盗の実行役から現金を横取りしたグループのトップとされ、調べに「覚えていない」と容疑を否認している。事件の首謀者が捜査の攪乱(かくらん)を狙い、スレタ容疑者らに実行犯を襲撃させたとみられている。一連の事件での逮捕者は19人目。
 逮捕容疑は、他の男らと共謀して昨年1月5日、路上強盗の実行役の元少年(20)を自動車に連れ込み、埼玉県内を走行中の車内などで殴ったり蹴ったりして、現金約8100万円を奪ったとしている。少年は鼻の骨を折るなど4週間のけがを負った。
 捜査1課によると、スレタ容疑者は元少年に暴行を加えた後、ひそかに現金を別のバッグに移し替えて1人で持ち去っていた。これまでに現金は発見されておらず、同課はスレタ容疑者からさらに別の人物に渡ったとみて調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200110/afr2001100011-n1.html

2020年1月 6日 (月)

外国人スリ団暗躍 見張り、声かけで「分業」巧妙(6日)日経

繁華街や電車の中で盗みを繰り返すスリ。東京都内で外国人グループによる犯行が目立ち始めた。単独犯が多い日本人スリに対して、細かな役割分担に基づいて行動する特徴があるという。東京五輪の開催に向けて国内外から都内を訪れる人は増加するとみられ、警視庁が警戒を強めている。
2019年8月深夜、JR品川駅から新宿・歌舞伎町に向かうタクシーを警視庁の捜査車両が追尾していた。タクシーの客は20~30代のウズベキ…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53872250X21C19A2SHJ000/

[有料会員限定]この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2019年12月30日 (月)

ベトナム人実習生を逮捕 同僚刺した疑い 岐阜県警(30日)産経

 ベトナム人技能実習生の同僚男性を刃物で刺して殺そうとしたとして、岐阜県警北方署は29日、殺人未遂の疑いで同県本巣市神海、ベトナム国籍の技能実習生、ドー・スァン・ロック容疑者(22)を現行犯逮捕した。地元消防によると、同僚は搬送時は意識があったという。
 北方署によると、同容疑者は「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しており、同署が経緯を調べている。
 逮捕容疑は29日午後5時55分ごろ、会社の社員寮で、男性(22)の額や腹、左太ももを刃渡り16センチの包丁で刺したとしている。
 隣の部屋にいた別の同僚が争うような物音に気付き、部屋を訪れたところ、包丁を持って立っている同容疑者を発見。この同僚から電話で連絡を受けた知人が119番通報したという。
 会社はガーデニング用の堆肥や土壌の改良剤などを製造しているという。
https://www.sankei.com/affairs/news/191229/afr1912290019-n1.html

2019年12月29日 (日)

東京入管前、「人権守れ」デモ 市民らが長期収容に抗議(29日)共同

強制退去を命じられた外国人が収容されている東京出入国在留管理局(東京都港区)前で29日、長期収容に抗議し、処遇の改善を求める抗議デモが行われた。市民ら約70人が参加し「拷問やめろ」「人権守れ」などと訴えた。施設の窓越しに手を振る収容者の姿も見られた。
 出入国在留管理庁によると6月末時点で入管施設の収容者は1253人で、うち679人は半年以上の長期収容。収容者の約7割は難民申請をしたことがある。
 今月19日には東日本入国管理センターの職員が男性収容者の腕を曲げて制圧する映像を、国が民事裁判の証拠として東京地裁に提出。男性の弁護団が口頭弁論終了後に公開した。
https://this.kiji.is/583947164112520289?c=39546741839462401

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ