凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)

2018年12月 8日 (土)

»神奈川・海老名市で山林に放火、海自隊員の男逮捕(8日)TBS

海上自衛官の男が、神奈川県海老名市の山林に放火したとして逮捕されました。
 逮捕されたのは、海老名市に住む海上自衛隊中央システム通信隊所属の3等海曹、金井啓祐容疑者(29)で、今年10月、海老名市柏ヶ谷の山林にライターで火をつけ、およそ8平方メートルを焼いた疑いが持たれています。付近の防犯カメラの映像から、金井容疑者の関与が浮上しました。
 取り調べに対し、「山林に入って火をつけました」と、容疑を認めているということです。
 金井容疑者は、同じ時期に近くの住宅の車庫などが焼けた4件の不審火についても関与をほのめかしているということで、警察は金井容疑者に余罪があるとみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3544108.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

»中国へ出国直前に男を逮捕、景品交換所 強盗傷害(7日)TBS

 先月、東京・町田市のパチンコ景品交換所で店員の女性が刃物で切りつけられ事務所の鍵を奪われた事件で、警視庁は、48歳の男を、中国に出国する直前に逮捕しました。
 逮捕されたのは神奈川県厚木市の鈴木真一容疑者(48)で、先月25日、町田市のパチンコ景品交換所で店員の女性(76)を刃物で切りつけて全治3週間のけがをさせ、事務所の鍵を奪った疑いが持たれています。
 6日、成田空港から中国に出国しようとしたところで身柄を確保され、容疑を認めているということです。
 鈴木容疑者は6日、川崎市のパチンコ景品交換所で現金1000万円が奪われた事件についても関与を認めているということで、警視庁は余罪についても調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3543429.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

変わる現場、めぐる思い 府中3億円事件50年(7日)東京

 東京都府中市で白バイ警官を装った男が、大量の現金を輸送車ごと奪い去った「3億円事件」から、10日で50年となる。被害額は現在の価値で20億円に相当するともいわれ、犯罪史に残る未解決事件として知られる。時代は流れ、現場の風景は様変わりしたが、事件は多くの人の記憶に残り続けている。 (松村裕子、服部展和)
 「あの辺だ」。府中刑務所北側の通りで、当時はガソリンスタンドを経営していた松村昭彦(てるひこ)さん(86)が現場を指さした。事件の二カ月前に「これからは車が増える」と見込み、通り沿いに店を開いたばかりだった。雨の朝に事件が起きた。
 一九六八年十二月十日午前九時二十分ごろ、日本信託(現・三菱UFJ信託)銀行国分寺支店の現金輸送車を、白バイ警官を装った男が止めた。「爆弾が仕掛けられている」と偽って車の下に潜り、発炎筒をたき、銀行員ら四人を遠ざけると、輸送車を運転して逃走した。東京芝浦電気(現・東芝)府中工場の従業員四千五百二十五人分のボーナス約三億円が奪われた。
 被害に遭った銀行員が松村さんの店に飛び込み、電話を借りて銀行に一報を入れた。それからは連日、捜査員が店を訪れ、従業員に「犯人に結び付くような知人がいないか」と尋ね、顧客にも「事件を目撃したか」と聞き込んだ。店は数カ月にわたり、捜査員の待機場所のようになった。
 近くで青果店を営む工藤竹治(たけじ)さん(81)は当日、仕入れから戻り、しばらく後で被害額を聞いて「すごい」と驚いた。寒い中、何度も店に聞き込みに来た捜査員に、温かいお茶を出したことを覚えている。
 警視庁は府中署に捜査本部を設置。延べ十七万人余りの捜査員を投入したが、七五年に刑事上の時効が成立。八八年に民事上の時効も成立した。
 事件後、松村さんの予想通り、車社会が到来して店は繁盛したが、競争相手が増え、見切りを付けた。今は跡地にマンションが立つ。工藤さんは今も家族で店を営むが、畑や空き地ばかりだった周辺は宅地となり、風景は大きく変わった。現場の歩道は広がり、刑務所の塀も造り替えられた。改めて現場を歩いた松村さんが、つぶやいた。
 「犯人は今ごろ、何をしているのかね」
◆「想像を刺激」 モチーフ作品数々

 大胆な手口、警察官姿のモンタージュ写真-。多くの人の記憶に残る三億円事件は、数々の小説や映画、テレビドラマのモチーフになってきた。
 事件から三十五年後を描いた映画「ロストクライム-閃光(せんこう)」(二〇一〇年)は、三億円事件の捜査にかかわった定年間近の刑事と若手刑事が、事件に絡む殺人事件を捜査するストーリー。監督を務めた伊藤俊也さん(81)は事件に創作意欲をかき立てられた一人だ。事件当時は東映大泉撮影所(練馬区)で働いていた。発炎筒を使った手口から、映画の小道具を作るような者が関わっていないかと、捜査員が撮影所を調べに来た。そのため「事件があったことはよく覚えている」という。事件が創作家らを引きつけるのは、未解明の部分が多く、さまざまな解釈が可能だからという。「想像を刺激する、尽きない泉のように、全く違う視点で描ける」と説明した。
続くdownwardleft

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018120790135457.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕の男 6日の強盗にも関与か(7日)NHK

先月、東京・町田市のパチンコ店の景品交換所で従業員を刃物で切りつけ鍵を奪ったとして、48歳の男が強盗傷害の疑いで警視庁に逮捕されました。
男は6日、川崎市のパチンコ店で現金1000万円が奪われた事件についても関与を認めているということで、関連を調べています。
  逮捕されたのは、神奈川県厚木市中依知の鈴木真一容疑者(48)です。
警視庁によりますと、先月25日、東京・町田市のパチンコ店の景品交換所で76歳の女性従業員に刃物を突きつけて手にけがをさせた上、鍵の束を奪ったとして、強盗傷害の疑いがもたれています。
6日成田空港から中国に出国しようとするのを捜査員が見つけ、職務質問したところ容疑を認めたことから、逮捕しました。
捜査関係者によりますと、鈴木容疑者は6日、川崎市多摩区のパチンコ店の景品交換所で女性従業員が顔にスプレーを吹きかけられ、現金およそ1000万円が奪われた事件についても関与を認めているということです。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181207/0022299.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

半径3キロ圏内コンビニ強盗多発…手慣れた犯行(6日)読売

 名古屋市緑区と天白区でコンビニ店を狙った強盗事件が相次いでいる。防犯カメラに映った容疑者の男はいずれも特徴が似ており、愛知県警は同一犯とみて行方を追う一方、コンビニ店と合同で防犯訓練を行うなど、歳末に向けて警戒を強めている。
 緑署などによると、今年9~11月の間、市営地下鉄桜通線・野並駅―相生山駅の周辺に位置するコンビニ店4店舗が次々に襲われた。被害は半径3キロ圏内の狭い範囲に集中。同じ店が2か月後に再び襲われることもあった。
 犯行時間帯はいずれも午前2~3時台で、勤務する店員は1人しかいなかった。男は入店すると、足早にカウンター内の事務室に入るなどして、店員に刃物を突きつけ、「金を出せ」と脅迫。レジを開けさせると、売上金を強奪して逃走した。わずかな時間の手慣れた犯行で、抵抗してもみ合いになり、犯人のカッターナイフで額や手のひらを切られた店員もいた。
 犯人とみられる男は身長1メートル70前後。黒か灰色のパーカにキャップ帽、手袋を着用し、マスクなどで顔を隠していた。県警は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の「愛知県警察公式チャンネル」で防犯カメラに映った男の映像や音声を公開し、情報を募っている。
     ◇
 県警によると、県内で今年1月~11月末に起きたコンビニ強盗事件(未遂含む)は29件に上り、昨年1年間の21件をすでに上回っている。
 コンビニ店を狙った強盗事件の多発を受け、県警は5日、名古屋市内のコンビニ店2店舗に市内の店長らを集め、強盗被害を想定した訓練を実施した。犯人に脅されたら非常通報ボタンを押し、抵抗せずに犯人がいなくなってから110番するなどの手順を説明。警察官は「犯人の特徴を記憶して、後で詳細に説明できるようにしてほしい」と呼びかけていた。
 県警生活安全総務課は「店員は犯人を捕まえようとせず、まずは自分の身を守ってほしい。また、経営者は利用客が少ない夜間でも、複数の店員を配置するなど、店員や客の安全を図ってほしい」としている。(池田寛樹、萬屋直)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181206-OYT1T50011.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

景品交換所に強盗=1000万円奪われる-川崎(6日)時事

 6日午後0時50分ごろ、川崎市多摩区菅のパチンコ店の景品交換所に男が押し入り、女性店員(48)の顔にスプレーを掛け、現金約1千万円を奪って逃走した。女性は顔に軽傷を負い、神奈川県警多摩署が強盗致傷事件として捜査している。
 同署によると、女性が所用で交換所から出ようとしてドアを開けたところ、立っていた男にいきなりスプレーを掛けられた。男はそのまま交換所内に押し入り、「金庫はどこだ」などと脅した。男は30代ぐらいで、黒っぽい上着に黒い帽子をかぶり、マスク姿だったという。(2018/12/06-20:18) https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120600828&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

密室 抵抗しづらく被害多発 わいせつ整体師逮捕 (6日)産経

準強制わいせつ容疑で逮捕された整体師の藤岡猛容疑者は、周囲に人がいない状況で女性患者の胸を触ったり、自身の陰部を押しつけたりするなどのわいせつな行為を繰り返した疑いが持たれている。最近は女性にも整体や個室マッサージの人気が高まっているが、施術と思い込ませることで抵抗しづらくし、わいせつな行為に及ぶケースが後を絶たず、整体師らが逮捕される事件も相次いでいる。
 準強制わいせつ罪は、相手を抵抗困難な状態にした上でのわいせつな行為に適用される。酒や薬物を使用する手口が多いが、今回の事件では施術を装って診療台に女性を横たえ、抵抗しづらい状況を作っていた。
後の捜査では「声が出なかった」「びっくりして動けなかった」などと証言する被害者もいたが、被害にあった当時は施術と思い込まされていることから、すぐに被害申告をしなかった例も多い。
 触り方を不審に思い、施術を拒否した女性もおり、こうした場合には藤岡容疑者はわいせつな行為をやめていたという。ある捜査関係者は「声を上げられない女性を狙っており、卑劣だ」と指摘する。
 整体やマッサージでは密室で体を触ることが多く、女性が抵抗できないのに乗じ、わいせつな行為をする事件はこれまでにも起きている。
 警視庁は5月、準強制わいせつ容疑で柔道整復師の30代の男を逮捕。男はホームページで「女性専用」「プライベートサロン」などとうたい、1人で整体院を経営していた。
 同月に奈良県警が準強制わいせつ容疑で逮捕した40代の男は、施術と称して女性患者の下半身を触るなどしていたほか、着替えを盗撮。奈良地裁で懲役3年執行猶予5年の有罪判決を受けた。
https://www.sankei.com/affairs/news/181206/afr1812060014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ナンパ指導」塾長また逮捕=女性乱暴容疑で公務員も-警視庁(6日)時事

 女性を酔わせ乱暴したとして、警視庁新宿署は6日までに、準強制性交容疑で、会社役員渡部泰介容疑者(42)を再逮捕、東京都世田谷区職員の根津天亮容疑者(24)=同区桜上水=ら2人を逮捕した。3人とも容疑を否認しているという。
「ナンパ指導」塾長の男逮捕=女性酔わせ、乱暴容疑-警視庁

 同署によると、渡部容疑者は女性の誘い方を教える「リアルナンパアカデミー」の塾長で、9月と10月にそれぞれ別の女性を酒に酔わせ乱暴したとして逮捕、起訴されている。根津容疑者ら2人は塾生だった。
 逮捕容疑は3月10日未明から午後にかけ、新宿区のマンションの部屋で20代女性に多量の酒を飲ませて抵抗不能にさせ、わいせつな行為をした疑い。(2018/12/06-12:19)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120600360&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

強盗2人に縛られ、車燃やし殴り返す…3人逮捕(4日)読売

 長野中央署は2日、長野市の無職の男(80)と、自営業の男(70)を住居侵入と強盗容疑で、同市の会社員(58)を傷害と器物損壊容疑でそれぞれ逮捕した。
 発表によると、無職の男と自営業の男は1日午前3時頃、会社員の自宅に押し入り、就寝中の会社員をひもで縛って金品を要求し、衣類や布団などを奪った疑い。
 一方、会社員は同日午前3時25分頃から同3時35分頃にかけて、自営業の男の軽乗用車にガソリンをかけて火を付けたほか、自営業の男と無職の男の頭などを棒で殴るなどして、軽傷を負わせた疑い。
 同署は金銭トラブルがあったとみて調べている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181204-OYT1T50120.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

»アロママッサージ装い客の胸など触る、マッサージ師を逮捕(4日)TBS

アロママッサージの施術を装い、客の20代の女性の胸などを触ったとしてマッサージ師の男が警視庁に逮捕されました。
 準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、マッサージ師の城道清宏容疑者(33)で、今年10月、東京・豊島区のマンションでアロママッサージの施術を装い、客の20代の女性の胸や下半身を2時間にわたって触った疑いが持たれています。
 城道容疑者は2年ほど前から「諸星ふみや」の名前で女性向けのマッサージ店を営業していて、被害者の女性に「疲れているので胸が張っている」などと話しかけながら、わいせつな行為をしていました。取り調べに対し容疑を認め、「自分の触りたい気持ちが行き過ぎてしまった」と供述しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3540356.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧