千葉県警柏署は5日、勤務先のサービス付き高齢者向け住宅の一室で現金を盗んだとして、住居侵入と窃盗などの疑いで柏市あかね町、看護職員、寺田里美容疑者(72)を逮捕した。
逮捕容疑は7月10日午前11時20分ごろ、看護を担当する90代男性の部屋に侵入し、収納棚の引き出しから現金約4万5千円を盗んだとしている。6月14日午前11時半ごろにも、この男性の部屋の中を物色した疑いがある。
署によると、寺田容疑者は男性の部屋の鍵を管理する立場だった。家族が現金がなくなっているのに気付き、被害届を出していた。
https://www.sankei.com/article/20220805-MQEBFB76VFOKZDOJRHHLJ2ALIM/