カテゴリー

窃盗事件

2022年1月26日 (水)

カツオ横流し、長年の慣行か 波紋広がる漁協職員立件―焼津港(26日)時事

全国有数の水揚げ量を誇る静岡県の焼津港で、昨年発覚したカツオの窃盗事件が波紋を呼んでいる。水揚げされた魚を横流ししたとして、水産加工会社幹部らと共に市場を運営する漁協の職員も起訴されたからだ。27日からは窃盗被害に遭った水産会社が漁協などに損害賠償を求めた訴訟が始まる予定で、「慣行」として長年続いてきた不正の実態がどこまで明らかになるか注目される。

【特集】カツオ、今年はお手頃に 脂乗った上質魚が豊漁(2021年5月)

 焼津港は江戸時代からカツオ漁が盛んで、現在はマグロの遠洋漁業基地としても知られる。焼津漁協によると、2021年の水揚げ量は全国3位の約14万トンに上り、このうちカツオは約9万4000トンで全国1位だった。
 静岡県警は昨年10月、水揚げされたカツオを盗んだとして、窃盗容疑で水産加工会社元役員や運送会社社員、漁協職員の計7人を逮捕し、うち5人が起訴された。競り担当の漁協職員が運送会社の運転手らと共謀し、冷凍カツオの一部(約4.4トン)を計量せずに持ち出したとされる。
 提訴した会社は、19~21年に計約148トン分、約3000万円の損害を被ったと訴えている。漁協の内部調査では、既に退職した元係長も08年ごろから約3年間、親族側に横流ししていたことが判明。漁協に告発が寄せられたが、元係長らが関与を否定したため深く追及されなかったという。
 このほか「社員旅行での遊興費や年末年始の飲み会の費用の一部」に充てるため、魚を加工会社に渡して現金を受け取るケースがあった。こうした慣行的な「抜き取り」は、数十年前から行われていたとされ、問題の根深さが浮かび上がった。
 漁協関係者は不正が繰り返されてきた背景について、「荷さばき所などの施設は大型化しているが、漁協職員の人数は減っている。目が行き届かないことがあったかもしれない」と指摘する。
 漁協は事件後、計量方法の改善などの再発防止策を講じた。ただ、漁業関係者は「原因や責任の所在が明らかになっていない」と話し、信頼回復には時間がかかりそうだ。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022012600163&g=soc

2022年1月24日 (月)

化粧品転売、3億円売り上げか 他人クレカ悪用疑いで男逮捕―警視庁(24日)時事

不正入手した他人のクレジットカードで化粧品を買い、転売したなどとして、警視庁は24日までに、窃盗などの疑いで、古物商吉田一誠容疑者(32)=東京都港区虎ノ門=を逮捕した。2018年11月からの3年間で、約3億円を売り上げたとみて調べる。

元プロ野球投手を逮捕 量販店でシャンパン盗む

 サイバー犯罪対策課によると、吉田容疑者は他人のクレジットカードで商品を不正購入するグループのリーダー格。高額転売できるサプリメントや化粧品などのリストをグループに渡し、商品を購入させていた。
 自宅に届いた荷物を報酬を得て転送する「荷受け代行」を利用してグループから商品を受け取り、通販サイトで転売を繰り返していた。
 昨年までに16人が摘発されたグループへの捜査で吉田容疑者の関与が浮上。「クレジットカードを不正利用し購入していると気付いていた」と話し、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は昨年2月、不正入手した栃木県の20代女性のカードで約3万7000円のサプリメントを購入し、窃取するなどした疑い。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022012400567&g=soc

2022年1月21日 (金)

棟方志功など高額美術品狙う窃盗で男2人逮捕 初公判で起訴内容認める(21日)産経

兵庫県内の空き家で令和2年、世界的に有名な版画家、棟方志功の作品など71点が盗まれる事件があり、兵庫県警が窃盗などの容疑で同県三木市の会社役員、井上昌博被告(61)と同県丹波市の無職、高階(たかはし)伸明被告(40)を逮捕していたことが分かった。2人は窃盗罪などで起訴され、21日に神戸地裁で開かれた初公判で起訴内容を認めた。
起訴状などによると、両被告は共謀し、令和2年7~11月、4回にわたり同県内の空き家に忍び込み、掛け軸など71点(時価合計約4100万円相当)を盗んだとしている。被害品の中には、版画家で世界的な巨匠として知られる棟方志功の版画や掛け軸が複数点含まれていた。
公判で検察側は古物商の資格を持つ井上被告が「世界的に有名な版画家の作品が置かれている」との噂を聞き、高階被告を誘い犯行に及んだと指摘。盗んだ作品は井上被告の知人を介してオークションに出品され、高値で取引されていたという。井上被告は被告人質問で、知人と「あのレベルの作家の作品が手に入ればいいですね」などとやりとりしたことを明かし、計1500万円以上を受け取ったと述べた。
裁判は即日結審し、検察側は井上被告に懲役7年、高階被告に懲役5年を求刑した。判決は来月4日に言い渡される。
https://www.sankei.com/article/20220121-XTESC3YNLFPLLKYRFLFTZH54BU/

2022年1月20日 (木)

銅線窃盗容疑、男2人逮捕 被害930万円か 警視庁(20日)産経

マンション建設現場から銅線を盗んだとして、警視庁捜査3課は、窃盗容疑で、いずれも塗装工、小山克彦容疑者(30)=東京都杉並区高円寺南=と、崎村直喜容疑者(38)=埼玉県朝霞市根岸台=を逮捕した。2人とも容疑を否認している。
逮捕容疑は、共謀して、昨年11月13日午後10時ごろ、東京都品川区西五反田のマンション新築工事現場に侵入し、約2時間かけて、銅線など430キログラム(時価合計約12万円相当)を車に運び、盗んだとしている。
新型コロナウイルス感染拡大の影響などで銅の価格高騰が続いており、2人は盗んだ銅線を買い取り業者に持ち込んでいたという。
同課によると、都内では昨年7月以降に、同様の手口で計24件約930万円相当の銅線などが盗まれる事件が発生しており、同課は関連を調べている。
https://www.sankei.com/article/20220120-QXWAN65GTNNS5EI5EZ2UNDWLRQ/

【独自】建設現場から銅線盗む 塗装工の男2人逮捕 背景に銅の高騰か(20日)TBS

 マンションの建設現場から銅線を盗んだとして、塗装工の男2人が逮捕されました。男らは銅線を転売していて、コロナ禍による銅の価格高騰が犯行の背景にあるとみられています。
 窃盗の疑いで警視庁に逮捕されたのは、いずれも塗装工の小山克彦容疑者(30)と崎村直喜容疑者(38)です。小山容疑者らは去年11月、東京・品川区のマンションの建設現場から銅線およそ430キロ、12万円相当を盗んだ疑いが持たれています。小山容疑者らは取り調べに対し、容疑を否認しています。
 小山容疑者らは銅線を金属買い取り業者に転売していて、警視庁は余罪があわせて20件ほどあるとみています。新型コロナの影響による電子機器の需要の高まりなどで銅の価格が高騰していることが犯行の背景にあるとみられています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4452069.html

2022年1月16日 (日)

元プロ野球選手を逮捕 シャンパン盗んだ疑い(16日)産経

秋田県警は15日、量販店でシャンパンを盗んだとして、窃盗の疑いで元プロ野球選手で職業不詳の小野仁容疑者(45)=横浜市港北区新吉田東=を逮捕した。容疑を認めている。
逮捕容疑は昨年11月25日、秋田市の量販店でシャンパン2本(販売価格計約1万7500円)を盗んだとしている。県警は小野容疑者を横浜市港北区の店舗内で逮捕した。
日本野球機構(NPB)のホームページによると、小野容疑者は平成8年のドラフトで2位指名を受け巨人に入団。その後、大阪近鉄バファローズに移った。
https://www.sankei.com/article/20220115-SCLHTJ6BVFPKJJR2DWOKDW5KEY/

2022年1月13日 (木)

自動車盗容疑、男2人を5度目逮捕 神奈川県警(13)産経

自動車を盗んだとして、神奈川県警捜査3課は13日、窃盗の疑いで、住所不定の自称自営業、高野登容疑者(73)=別の窃盗容疑で逮捕、処分保留=と住所不定、無職の阿久沢大介被告(47)=別の窃盗罪で起訴=を再逮捕した。高野容疑者は容疑を否認し、阿久沢容疑者は認めている。
2人の再逮捕容疑は共謀のうえ、昨年10月21日午後4時ごろから翌22日午前4時10分ごろまでの間、東京都葛飾区立石の駐車場で、同区内に住む自営業の男性(59)が所有するカーナビなどが搭載されたワンボックスカー1台を盗んだとしている。
同課によると、同県や東京都、埼玉県などでは、昨年夏ごろから特定の車種のワンボックスカーがイグニッションスイッチに細工を加えるという同じ手口で約100台盗まれる事件が発生していた。防犯カメラの映像などから2人が浮上。同課は窃盗容疑で昨年10月23日に2人を逮捕し、余罪の捜査を進めていた。逮捕は今回で5度目。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4447152.html

訪問先で窃盗 介護士を書類送検 専門家は「氷山の一角」と指摘(13日)TBS

 重度の身体障害者の男性宅から食べ物や洗剤などを盗んだとして、介護士の女性が警視庁に書類送検されました。介護を必要とする人の弱みにつけこんだ犯行。専門家は「氷山の一角ではないか」と指摘しています。
 自分のバッグに、手早く何かを入れる女性介護士。これは、女性介護士が介護のために訪れた家で、洗剤を盗む様子をとらえた映像です。
 去年8月、訪問介護をしていた重度身体障害者の男性(57)の自宅で食べ物や洗剤あわせて10点以上、2000円相当を盗んだ疑いで50代の女性介護士が警視庁に書類送検されました。被害にあった男性は1人暮らし。脊髄損傷の障害があり、24時間態勢の介護を必要としています。顔以外の身体を動かすことができず、介護士の動きを確認することもできません。
男性の妹
 「ここに(洗剤を)ストックしてあるんですよ」
 週に一度ほど、男性の妹が日用品や食料を買って届けていますが、頻繁にものがなくなるのを不審に思い、防犯カメラを設置したところ、今回の犯行が発覚したといいます。しかし、犯行発覚後も介護士を交代させられない、家族ならではの“葛藤”があったと話します。
男性の妹
 「この人が怪しいと分かっていたが、今の兄の状態、24時間ヘルパーさんがいないと生活できない。『あの人ちょっと変です』といったときに、『じゃあうち撤退します』ってなったら次がみつからない」 専門家によりますと、こうした介護を必要とする人の弱みにつけこんだ犯行は増加傾向にあるといいます。
和泉短期大学 介護福祉に詳しい 鈴木敏彦教授
 「(訪問介護などは)密室化してしまうのが大変残念ですけども、支援者による犯罪の温床になっているというのは事実。今回、声を上げる人がいたから発覚したと思うんです。氷山の一角だと思う」
 一方で、介護士を取り巻く厳しい労働環境も、こうした犯罪が起きる一因ではないかと指摘します。
和泉短期大学 介護福祉に詳しい 鈴木敏彦教授
 「だからといって人のものに手を付けてもよいというのは絶対にありえないこと。一般的な全産業平均の賃金水準には全然足りていない。人手不足というのも非常に大きいと思います」
 誰もが介護サービスを必要とすることになる超高齢社会。介護をとりまく環境整備が求められています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4447152.html

【独自】身体障害者宅からヘルパーが食べ物盗む「弱みにつけこんだ犯行」妹の葛藤(13日)NHK

重度の身体障害者の男性宅から食べ物や洗剤など10点以上を盗んだとして、介護士の女性が警視庁に書類送検されました。防犯カメラには犯行の一部始終が記録されていました。
 介護士の女性が持っているのは介護先の家の洗剤です。次の瞬間、自分のバッグに詰め込みました。
 窃盗の疑いで書類送検されたのは50代の女性介護士です。女性介護士は去年8月、訪問介護をしていた重度身体障害者の男性(57)の自宅で食べ物や洗剤あわせて10点以上、2000円相当を盗んだ疑いがもたれています。男性は24時間体制の介護が必要な脊髄損傷の障害があるため顔以外の身体が動かせず、介護士の動きを確認できませんでした。
 男性の妹は犯行発覚後も担当を交代させられない“葛藤”を明かしました。
男性の妹
 「この人が怪しいと思っていたが、今の兄の状態、24時間ヘルパーさんがいないと生活できない。『あの人ちょっと変です』と言ったときに、『じゃあうち撤退します』ってなったときに次がみつからない」
 こうした障害者やその家族の弱みにつけこんだ犯行について、専門家からは介護事業所などのリスク管理を整備すべきという指摘も出ています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4446938.html

お年玉1万3千円、46歳女が抜き取る 路上で小3女児に「そのかばん、かわいいね」 窃盗容疑で逮捕(13日)共同

小学3年生の女児(9)から現金1万3千円をひったくったとして、兵庫県警高砂署と機動捜査隊は12日、窃盗の疑いで同県高砂市に住む無職の女(46)を逮捕した。同署によると、盗まれた現金はお年玉で、女児は弟(7)と一緒に、近くの店まで昼食を買いに行く途中だった。
 逮捕容疑は同日午後1時20分ごろ、高砂市阿弥陀町北池の路上で、自転車に乗っていた近くに住む女児が首から提げていたポーチを取り上げ、中に入っていた現金1万3千円を抜き取って盗んだ疑い。
女は「お金が欲しかった」と話し、容疑を認めている。同署によると、女は女児に「小学校の場所はどこ?」などと声を掛けて油断させていた。現金を抜いたポーチを女児の自転車の前かごに戻して徒歩で逃げたが、女児は帰宅すると、自ら「小学校の場所どこ、そのかばんかわいいねと言われて、お金を取られた」と110番。機動捜査隊員が近所で、女児に伝えられた人相によく似た女を見つけたという。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202201/0014981471.shtml

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ