皇室関係

2019年1月14日 (月)

政府、顔認証システム導入へ 2月の陛下ご在位30年式典で初実施(14日)産経

政府が2月24日に開催する天皇陛下ご在位30年記念式典で、会場の参列者と事前登録した顔写真を自動照合する顔認証システムを導入することが13日、分かった。政府主催の行事での導入は初めて。世界最高水準の日本の顔認証システムを活用することで、入場時の大幅な時間短縮だけではなく、参列者になりすました侵入者を防ぐテロ対策の柱にしたい考えだ。
 式典では、安倍晋三首相ら一部を除く参列者に対し、事前に2次元バーコード「QRコード」を記載した顔写真登録の手順書を配布する。参列者はスマートフォン(スマホ)などでコードを読み取って専用サイトにアクセスし、スマホのセルフィー(自撮り)機能などで撮影した顔写真を登録する。
 これにより対面でのチケット提示や本人確認が不要になり、当日は1人10秒程度で受け付けを完了することが可能になる。個人情報保護の観点から、式典終了後に登録データは消去する。
 導入にあたっては、人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」がチケット転売禁止を目的に数年前からコンサート会場で運用しているのを参考にした。政府関係者は「参列者の利便性向上だけではなく、セキュリティー面でも万全を期したい」と話す。
 記念式典は2月24日に東京都千代田区の国立劇場で天皇、皇后両陛下のご臨席の下で開かれる。首相が式典委員長を務め、閣僚や各界の代表者、外国要人など千人を超える参列者が見込まれている。政府は式典で運用上の課題を検証した上で、皇位継承に伴う一連の儀式などでも導入する考えだ。

続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

陛下、7日で即位30年 象徴の姿「平成流」次代へ(7日)共同

                     

 天皇陛下は7日、即位30年を迎えられた。現行憲法下で初めて即位した天皇として、象徴としてのあるべき姿を追い求めてきた。4月天皇陛下は7日、即位30年を迎えられた。現行憲法下で初めて即位した天皇として、象徴としてのあるべき姿を追い求めてきた。4月30日に天皇として約200年ぶりに退位するが、即位後の歩みは、皇后さまと共に国内外の各地を巡って平和を祈り、苦境に立つ人々に寄り添う日々だった。「活動してこそ天皇」という「平成流」は、次代に受け継がれていく。

 陛下は1989年1月7日、昭和天皇が亡くなったことに伴い天皇に即位。翌年10月に皇居で行われた即位の中心儀式「即位礼正殿の儀」で「日本国憲法を順守し、象徴としてのつとめを果たすことを誓う」と語った。

https://this.kiji.is/454543990642639969?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

両陛下の強い意向で「登場」を急遽追加 一般参賀に人波(3日)朝日

新年恒例の一般参賀が2日、皇居であった。4月末に退位する天皇陛下にとっては在位中最後の参賀。早朝から長い列ができ、平成最多の15万4800人が訪れた。宮殿のベランダへの登場は当初5回の予定だったが1回増やされ、それでも見られなかった人が大勢いたことから、天皇、皇后両陛下の強い意向で急遽(きゅうきょ)、もう1回追加された。陛下はマイクを通じ「本年が少しでも多くの人々にとり、良い年となるよう願っています。年頭にあたり、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と語った。(多田晃子)

 https://www.asahi.com/articles/ASM124HG8M12UTIL00S.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

»“平成最後”の一般参賀、15万5000人が皇居へ(2、3日)TBS

皇居では、平成最後となる新年の一般参賀が行われ、平成に入って最も多い、およそ15万5000人が訪れました。
 恒例の新年一般参賀。平成最後となった今回、皇居には朝早くから多くの人が訪れました。
 「朝4時に、ここに来ました。すごいですね。ありがたいです」(大阪から訪れた女性)
 開門を前に、列をつくった人は3万人を超えました。そして・・・。予定より15分早く門が開くと、大勢の人が一斉に宮殿前へ。両陛下や皇太子ご夫妻らが姿を現すと、集まった人たちから大きな歓声があがりました。
 「皆さんと共に新年を祝うことを誠にうれしく思います。年頭にあたり我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」
 両陛下が、天皇皇后として迎えられる一般参賀は今回が最後です。
 「(Q.きょう何時間くらい待った?)午前8時半に来て、4時間半くらい」(訪れた人)

 「今まで、ご苦労さまって言ったらおかしいですけど、国のためにありがとうございましたって。午後1時に早めていただけた。本当にありがたい、子連れには」(訪れた人)
 「この先、皇居内、参賀の皆さんで大変混雑しています」
 午後になっても皇居には続々と人が集まり、宮内庁は午後の一般参賀の開始を30分早めて対応。さらに、当初5回の予定だった一般参賀を急きょ7回に増やしました。
「午後4時ごろ、宮殿中央にお出ましの予定です」(7回目の開催を知らせる場内アナウンス)
 両陛下の強い希望によるサプライズの演出でした。宮内庁によりますと、一般参賀に訪れた人は15万5000人近くに上り、平成最多を記録しました。
 平成もあと4か月。政府は新天皇の即位に伴う新しい元号について、1か月前の4月1日に公表する方針です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

天皇陛下、200年ぶり退位へ 憲政史上初、歴史的1年に(1日)西日本

              

 新年を迎えられる天皇ご一家=皇居・御所(宮内庁提供)

新年を迎えられる天皇ご一家=皇居・御所(宮内庁提供)

写真を見る

 天皇ご一家は1日、平成最後の新年を迎えられた。天皇陛下は4月30日に退位し、皇太子さまが翌5月1日に新天皇に即位する。退位による天皇代替わりは江戸時代の光格天皇以来、約200年ぶりで、秋には即位関連の儀式が続く。退位は憲政史上初めてで皇室にとって歴史的な1年となる。陛下と皇后さまは4月10日、結婚60年を迎える。重責を退いた後の両陛下が、どのような生活を送るかも注目だ。
 皇太子さまが即位後、新皇后となる雅子さまと共に、宿泊を伴って最初に臨む地方訪問は、6月に植樹祭が催される愛知県となる見通しだ。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/476702/

 天皇ご一家は1日、平成最後の新年を迎えられた。天皇

| コメント (0) | トラックバック (0)

両陛下の和歌公表 被災地や沖縄に思い寄せ (1日)日経

天皇ご一家は1日、新年を迎えられた。宮内庁は天皇、皇后両陛下が2018年に詠まれた歌のうち、天皇陛下の5首と皇后さまの3首を公表した。両陛下は同年も北海道や沖縄の離島をはじめ全国各地に足を運び、人々と交流された。19年春に代替わりを控え、歌には行く先々での感想や印象が込められている。

新年を迎える天皇ご一家(皇居・御所)=宮内庁提供

新年を迎える天皇ご一家(皇居・御所)=宮内庁提供

〈第六十九回全国植樹祭〉
生ひ立ちて防災林に育てよとくろまつを植う福島の地に 天皇陛下
両陛下は18年6月、全国植樹祭出席のため福島県を訪問された。天皇陛下は東日本大震災で大きな被害を受けた南相馬市で海岸防災林を造るクロマツの苗木を植えた際の状況を詠まれた。
〈沖縄県訪問〉
あまたなる人ら集ひてちやうちんを共にふりあふ沖縄の夜 天皇陛下
〈与那国島〉
与那国の旅し恋ほしも果ての地に巨(おほ)きかじきも野馬(のうま)も見たる 皇后さま
両陛下は18年3月、沖縄県を訪問。陛下は初日の夜、地元の人々が提灯(ちょうちん)を振って歓迎を示した「提灯奉迎」の思い出を、皇后さまは日本最西端の与那国島を訪れた際の情景をそれぞれ歌にされた。
続くdownwardleft

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39591650R31C18A2CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

平成最後の一般参賀、最多8万2850人(24日)読売

天皇陛下の85歳の誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居で行われた。在位中最後となる天皇誕生日で、参賀者は平成最多だった昨年を約3万人上回る8万2850人に上った。今の皇居・宮殿で行われるようになった1969年以降でも最多の人出となった。
 小雨がぱらつく中、陛下は午前中に3回、皇后さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまとともに宮殿・長和殿のベランダに立ち、お言葉を述べられた。
 陛下は、今年も各地で自然災害が相次いだことに触れ、「家族や親しい人を失い、いまも不自由な生活を送っている人々のことを深く案じています」と気遣われた。最後に「来る年が皆さんにとり、明るい良い年となるよう願っています」と笑顔で手を振られた。
 午後には、宮殿で三権の長や閣僚らを招いた祝賀行事も開かれた。皇居前には朝から長い列ができ、午前中に皇居に入れず、記帳だけをして帰る人もいた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181223-OYT1T50023.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

天皇陛下「大勢の祝意うれしい」=85歳誕生日の一般参賀-平成最後・皇居(23日)時事

来年4月末に退位を控え、陛下の誕生日の一般参賀は今回が最後。宮内庁によると、午後にお祝いの記帳に訪れた人も含め、平成最多だった昨年を約3万人上回る8万2850人が皇居を訪れた。
 陛下はあいさつで、今年も各地で災害が起きたことに触れ、「今も不自由な生活を送っている人々のことを思い、深く案じています」と憂慮。「明けてくる年が皆さんにとり明るい良い年となるよう願っています。皆さんの健康と幸せを祈ります」と語り掛けた。
 陛下は午前中に計3回、皇后さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまと一緒に、宮殿・長和殿のベランダに姿を見せた。陛下は集まった人々に笑顔で手を振り、大きな歓声に応えていた。
 今回は遠くからでも両陛下や皇族方が見えるよう、会場の左右に大型のスクリーンが設置された。午後には宮殿で祝宴が開かれ、皇族方や安倍晋三首相らが出席。続いて外交団を招いての茶会なども行われた。陛下は祝宴の席で、「国の発展と国民の幸せを願い、併せて一同の健康を祈ります」とあいさつした。(2018/12/23-17:52)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122300243&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

「平成時代、戦争なく安堵」=天皇陛下、85歳-半生回顧、最後の記者会見(23日)時事


天皇陛下は23日、85歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、皇居・宮殿「石橋の間」で記者会見。来年4月30日の退位を控え、自身の半生を回顧して「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています」と述べた。
 宮内庁によると、陛下の記者会見は今回が最後。即位以来、象徴天皇の望ましい在り方を求めてきたと述べ、「譲位の日を迎えるまで、引き続きその在り方を求めながら、日々の務めを行っていきたい」と話した。

85歳の誕生日を迎えられた天皇陛下=10日、皇居・宮殿南庭(宮内庁提供)

 沖縄への思いや、サイパンやパラオなど戦後の節目の「慰霊の旅」、雲仙・普賢岳噴火(1991年)をはじめとした被災地訪問、障害者支援、国際親善など象徴としての務めを振り返り、「天皇としての旅を終えようとしている今、これまで、象徴としての私の立場を受け入れ、支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝する」と語った。
 来年4月10日に結婚60年を迎える。「自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労(ねぎら)いたく思います」と皇后さまに感謝の言葉を贈った。
 新天皇となる皇太子さまと、皇位継承順位1位の「皇嗣」となる秋篠宮さまについては「共に多くの経験を積み重ねてきており、皇室の伝統を引き継ぎながら、日々変わりゆく社会に応じつつ道を歩んでいくことと思います」と期待した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122300010&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0) | トラックバック (0)

平和思い涙ぐまれた21分間 陛下、万感の会見(23日)産経

85歳の誕生日にあたり、最後の記者会見に臨まれた天皇陛下。象徴の務めとして心尽くした戦没者慰霊、被災地見舞い、各地への旅に同伴された皇后さまに触れるたび、涙ぐまれた。譲位まで4カ月余り。「国民に伝えたいこと」を問われ、最後の伝言を21分間、万感の思いで紡がれた。
 能の「石橋(しゃっきょう)」をモチーフに描かれた絵が中央の壁に飾られた皇居・宮殿「石橋の間」。会見が始まって約9分。絵を背に着席し、背中を丸め、回答の文書を丁寧に読み上げられていた陛下の声色が変わった。

以下は会員登録が必要downwardleft

https://special.sankei.com/a/society/article/20181223/0001.html?_ga=2.40795553.2016952277.1527143667-668941363.1527143667

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 密輸・密売関係(外国人含む) | 密輸関係(外国も含む) | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯