カテゴリー

皇室関係

2021年9月16日 (木)

小室圭さん 近く帰国見通し 宮内庁 眞子さまとの結婚発表準備(16日)NHK

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまとの結婚の調整が進められている小室圭さんが、今月末には帰国が可能となるよう準備を進めていて、近く帰国する見通しとなったことが、関係者への取材でわかりました。
宮内庁は、来月の結婚も念頭に発表の準備を進めていて、眞子さまは、小室さんの帰国後、2人で記者会見などの機会を設け、結婚について報告される見通しです。
関係者によりますと、小室圭さん(29)は、ことし7月に受験したアメリカ・ニューヨーク州の司法試験の合格が見込まれるとして、州内の法律事務所から就職の内定を伝えられました。
小室さんの就職先は、日本人が弁護士として採用されるのは初めてとなる大手の法律事務所で、小室さんは、就労ビザの取得も終えて、現地での生活の基盤が整ったということです。
これを受けて小室さんは、眞子さまとの結婚のため、今月末には帰国が可能となるよう準備を進めていて、近く、3年ぶりに帰国する見通しとなったということです。
眞子さまは、小室さんの帰国後、新型コロナウイルス対策の待機期間が終わるのを待って小室さんと再会し、2人で記者会見などの機会を設けて結婚について報告されるものとみられます。
眞子さまは、30歳の誕生日を迎える来月23日までに結婚される可能性もあり、宮内庁は発表に向けた準備や調整を進めています。
眞子さまは、アメリカに渡って小室さんと2人での生活を始められる見通しで、小室さんは、新たな住まいの準備を急いでいるということです。
眞子さまと小室さんの結婚にあたっては、小室さんの母親の金銭トラブルに対する批判的な世論などを踏まえて、女性皇族の結婚に伴う儀式はすべて行われず、結婚式も開かれない見通しです。
また、結婚によって皇室を離れる際に支給される一時金についても、眞子さまは、受け取らない意向を示されているということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210916/k10013262061000.html

2021年9月14日 (火)

天皇ご一家、御所入り延期 20日ごろに―宮内庁(14日)時事

宮内庁は14日、天皇ご一家の皇居への引っ越しについて、作業終了が20日ごろになる見通しだと発表した。当初は15日から御所での新生活を始められる予定だったが、天皇、皇后両陛下の意向で、作業中の密を避けるなど新型コロナウイルス感染症対策を優先させたという。

天皇ご一家、御所に引っ越し 赤坂にお別れ、宮殿に一時滞在

 ご一家は長年暮らした赤坂御所(東京都港区)を6日に離れ、宮殿に一時滞在している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091400772&g=soc

2021年9月11日 (土)

秋篠宮妃 紀子さま 55歳の誕生日を迎えられる(11日)NHK

秋篠宮妃の紀子さまは11日、55歳の誕生日を迎えられました。
紀子さまは誕生日にあたって、記者の質問に文書で回答を寄せられました。
この中で紀子さまは、新型コロナウイルスの世界的な流行について「多くの人が困難を抱え、つらい思いで暮らしていることを案じつつ、この1年を過ごしてまいりました。医療関係者をはじめ、私たちの生活を支え、維持するために欠かせない仕事に就く多くの人々が、感染リスクと向き合いながら大事な役割を担ってくださっていることに、深く感謝しております」とつづられました。
そして「今後、少しでも早く感染症の流行がおさまって、人々が穏やかに過ごせる日が訪れることを、心から願っております」と述べられました。
また、去年11月の秋篠宮さまの「立皇嗣の礼」を振り返り「さらに重いお立場となられた宮様をお支えしつつ、一つひとつの務めをより一層大切に努めて参りたいと思います」と記されました。
一方、小室圭さんと年内にも結婚する方向で調整が進められている長女の眞子さまについては「親として娘の思いや考えを受け止められるよう、対話を重ねております。こうした中、共感できることもあれば、意見が違うこともありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合い、長女の気持ちをできるだけ尊重したいと思っております」と述べられました。
紀子さまは、また、次女の佳子さまの結婚や将来については「次女の意見をよく聞いて、家族の語らいを大事にしていきたいと思います」と語り、中学3年生の長男の悠仁さまの進学先については「長男としっかりと話し合い、本人の希望を大切にしていきたいと考えています」と記されました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210911/k10013253991000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

紀子さま「長女の気持ちを尊重」 55歳誕生日、文書回答(11日)共同

秋篠宮妃紀子さまは11日、55歳の誕生日を迎えられた。宮内記者会の質問に文書で回答。長女眞子さま(29)の結婚について「共感できることもあれば、意見が違うこともありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合い、長女の気持ちをできるだけ尊重したい」とつづった。昨年とほぼ同じ表現だった。
 「親として娘の思いや考えを受け止められるよう、対話を重ねております」としたが、結婚相手である小室圭さん(29)側の金銭トラブル対応についての受け止めや、結婚の見通し、眞子さまと話し合ったことへの具体的な言及は避けた。
https://nordot.app/809076343415029760?c=39546741839462401

2021年9月 9日 (木)

「申し上げることない」と長官 眞子さま結婚報道で宮内庁(9日)共同

宮内庁の西村泰彦長官は9日、定例会見で、秋篠宮家の長女眞子さまの年内結婚が報じられていることについて「何も申し上げることはございません」と述べた。
 眞子さまが結婚で国から支給される一時金を辞退する意向を持っていることや、結婚に関連する皇室行事が行われない方針への見解も問われたが、「仮定の質問にはお答えを差し控えます」と話すにとどめた。
 一方、東京五輪・パラリンピックが閉幕したことには、「天皇陛下はオリンピック、パラリンピックが滞りなく終了したことをうれしく思っておられると伺っている」と紹介した。
https://nordot.app/808587245666156544?c=39546741839462401

2021年9月 8日 (水)

眞子さま10月にも婚姻届  宮邸離れ、渡米の準備(8日)共同

秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)の年内結婚について、10月に婚姻届を出す方向で宮内庁が調整していることが8日、政府関係者への取材で分かった。眞子さまは婚姻届提出に伴って皇籍離脱することになり、東京・元赤坂の赤坂御用地にある住まいの宮邸を離れ、一時的に都内のマンションなどに滞在されるという。結婚後は小室さんが拠点とする米国へ移る意向で、この間に準備を進める。
 小室さんは米国の法律事務所へ就職する見通しだ。皇族はパスポートがなく、眞子さまが渡米するには新たに作る必要がある。
https://nordot.app/808293182549835776?c=39546741839462401

儀式行うシナリオ、感染拡大で断念 眞子さま結婚巡り(8日)日経

秋篠宮家の長女、眞子さまと小室圭さんが年内に結婚することで調整が進められていることが明らかになった。結婚に伴う諸儀式は行わず、皇室を離れる際に支給される一時金も眞子さまは辞退する意向だという。
しかし、秋篠宮家の側近部局の宮内庁皇嗣職では一時、結納にあたる「納采の儀」や天皇、皇后両陛下へのあいさつの「朝見の儀」などの儀式、一時金の支給などは慣例に従って行い、早ければ9月上旬に発表することも検討して...
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。残り1041文字
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGH068040W1A900C2000000/

2021年9月 6日 (月)

天皇ご一家が皇居での生活開始 上皇ご夫妻は改築後の赤坂御所へ(6日)朝日

天皇皇后両陛下と長女愛子さまは6日、長年住んでいた赤坂御所(東京・元赤坂)を離れ、皇居に移った。当面は宮殿に滞在し、引っ越し作業が終わった後、15日から新御所での新生活を始める。
 今後、赤坂御所はバリアフリー化の工事が行われ、完成後、上皇ご夫妻が仙洞仮御所(東京都港区)から移り住む。
 6日午後、ご一家は職員らに見送られて車で赤坂を出発した。転居は代替わりに伴うもので、上皇ご夫妻が昨年3月に仙洞仮御所へ移った後、御所の改修工事が進められてきた。当初は今春までに移る予定だったが、新型コロナの影響で工事が遅れた。
 宮内庁によると、天皇ご一家は引っ越し作業中、那須御用邸(栃木県)への滞在を検討していた。だが、天皇陛下はコロナ禍で国民に県境をまたいでの移動自粛を呼びかけていることや、職員や現地の人たちの感染リスクを考え、遠方への移動を懸念。陛下自ら宮殿活用の可能性を示し、異例の滞在が実現することになったという。宮殿には本来住居としての機能はないが、寝具などを持ち込むという。(杉浦達朗)
https://www.asahi.com/articles/ASP9651VXP96UTIL018.html

天皇ご一家と4宮家存続の構想 政府、女性皇族が継ぐ案を想(6日)共同

秋篠宮家の長女眞子さま(29)の年内結婚、皇籍離脱に絡み、皇族数確保策として天皇ご一家と現存の4宮家を存続させる構想が政府内にあることが分かった。女性皇族が結婚後も皇籍を維持するよう求めた有識者会議の案を基に、天皇陛下の長女愛子さま(19)が天皇ご一家に残り、秋篠宮家の次女佳子さま(26)が秋篠宮家を継ぐことを念頭に置く。女性皇族の結婚後の身分、役割に直結するため、本人の意向に最大限配慮する内容とすることを想定している。関係者が5日、明らかにした。
 皇室の「現体制」を保ち、秋篠宮家の長男悠仁さま(15)の即位後も皇室全体天皇ご一家と4宮家存続の構想 政府、女性皇族が継ぐ案を想定 | 共同通信 (nordot.app)
https://nordot.app/807355001386057728?c=39546741839462401

悠仁さま、15歳にコロナ禍でも学習に取り組む(6日)共同

秋篠宮家の長男悠仁さまは6日、15歳の誕生日を迎えた。お茶の水女子大付属中3年となり、新型コロナウイルス禍で学校行事にさまざまな影響が出る中、オンラインを交えながら学習に取り組んだ。来春には中学の卒業に伴い、女子高である同大付属高以外の進学先を探す見込み。
 修学旅行はコロナ禍で中止となり、代わりに3日間の校外学習に参加。社会問題に取り組む人々の話に耳を傾けた。花屋を訪れた際には店で働く障害者と交流。また、水上バスに乗って海上から東京五輪の関連施設なども見学した。
 体育大会や音楽発表会の開催に制限が加わる中、友人らと力を合わせてダンスや歌の練習に励んだ。
https://nordot.app/807264404882227200?c=39546741839462401

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ