皇室関係

2019年11月15日 (金)

大嘗宮の儀、未明に終了 陛下の秘事、見守る首相ら(15日)共同

皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」の中心儀式「大嘗宮の儀」が15日午前3時15分ごろ、終了した。皇居・東御苑に特設された大嘗宮で、天皇陛下が14日夜の前半の「悠紀殿供饌の儀」に続き、15日午前0時半すぎから始まった後半の「主基殿供饌の儀」に臨まれた。
 主基殿の儀は、主基殿と呼ばれる社殿が舞台で、悠紀殿の儀と同様に「秘事」とされ、内部は非公開。宮内庁などによると、祭服を着た陛下が神前に新穀や酒などを供え、御告文を読み、自らも食べて国と国民の安寧と五穀豊穣を祈った。
 安倍晋三首相ら三権の長や閣僚、全国の知事ら425人が参列した。
https://this.kiji.is/567798636534989921?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年11月14日 (木)

今夜から「大嘗宮の儀」 終了はあす午前3時 (14日)NHK

天皇陛下の即位に伴う一世に一度の伝統儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的な儀式「大嘗宮の儀(だいじょうきゅうのぎ)」が14日夜から15日未明にかけて皇居で行われ、天皇陛下が国と国民の安寧と五穀豊じょうなどを祈られます。
「大嘗宮の儀」は、皇居・東御苑に設営された「大嘗宮」で行われ、14日午後6時半、天皇陛下が主要な建物の1つ「悠紀殿(ゆきでん)」に入られて始まります。
天皇陛下はことし5月の儀式で「悠紀」地方に選ばれた栃木県の「斎田(さいでん)」で新たに収穫された米などを天照大神とすべての神々に供えられます。
そして、拝礼して日本古来のことばで記した「御告文」を読み上げたあと、お供えの米などをみずからも食べる「直会(なおらい)」が行われ、国と国民の安寧や五穀豊じょうなどを祈られます。
続いて天皇陛下は15日午前0時半、もう1つの主要な建物の「主基殿(すきでん)」に入られます。
ここでは「主基」地方に選ばれた京都府の「斎田」で収穫された米などを同じように神々に供えたうえでみずからも食べ、国と国民の安寧や五穀豊じょうなどを祈られます。
天皇陛下が「主基殿」から退出されて「大嘗宮の儀」が終わるのは、15日の午前3時ごろになる見通しです。
儀式には安倍総理大臣など三権の長や閣僚、それに都道府県の知事や各界の代表など500人余りが参列する見通しで「大嘗宮」の中の「幄舎(あくしゃ)」という建物で儀式の様子を見守ることになっています。
続きを読む

| コメント (0)

2019年11月13日 (水)

大嘗祭、14日夜から皇居で 皇位継承の重要祭祀(13日)共同

 皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」の中心儀式「大嘗宮の儀」が14日夜から15日未明にかけ、皇居・東御苑に特設された大嘗宮で、「皇室の公的行事」として催される。
 大嘗宮の儀は、14日夜の「悠紀殿供饌の儀」と15日未明の「主基殿供饌の儀」がある。いずれも秘儀とされ、核心部分は非公開となる。
 宮内庁などによると、天皇陛下は祭服を着て、悠紀殿と主基殿と呼ばれる社殿に入り、新穀などを供え、御告文を読み、自らも食べて五穀豊穣や国の安寧を祈られる。装束姿の皇后さまも別の社殿で拝礼する。
 宮内庁は、安倍晋三首相ら三権の長や閣僚、全国の知事、各界代表ら675人を招待。
https://this.kiji.is/567274496963363937?c=39546741839462401

| コメント (0)

宮内庁、完成した大嘗宮を公開 皇居・東御苑、あす本番(13日)共同

宮内庁は13日、皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」の中心儀式「大嘗宮の儀」が14、15日に行われるのを前に、皇居・東御苑に設営された「大嘗宮」を報道陣に公開した。工事は清水建設(東京)が担い、7月末からの約3カ月で完成した。
 大嘗宮は30余りの建物で構成。天皇陛下の儀式の場となる悠紀殿や主基殿には、皮付きの丸太を使う「黒木造り」の工法が用いられた。全国の特産品を供える庭積帳殿や、皇后さまが拝礼する帳殿などとともに、高さ約1メートルの柴垣で囲われている。柴垣の外には、儀式の神饌を調理する膳屋や、参列者用の大型天幕も並ぶ。
https://this.kiji.is/567176179660883041?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年11月10日 (日)

両陛下、笑顔で即位パレード 沿道で大勢の人々が祝福―オープンカーで4.6キロ(10日)時事

天皇陛下の即位に伴うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」が10日午後行われた。コースとなった皇居から赤坂御所までの沿道には大勢の人々が集まり、天皇、皇后両陛下はオープンカーに乗り、笑顔で手を振って応えられた。
「令和の幸福を祈念」 即位パレードで2度目の演奏―陸自の本間さんと矢部さん

 両陛下にとって1993年6月の結婚時以来のパレード。午後3時ごろ、皇居・宮殿の南車寄せでトヨタのセンチュリーを改造したオープンカーに乗り込み、宮内庁楽部指揮者の北原幸男さんが新たに作曲した行進曲「令和」の演奏と、宮内庁と皇宮警察の職員約600人に送られて出発した。陛下はえんび服姿に大勲位菊花章頸飾などの勲章を着用。皇后さまは白のロングドレスにティアラ、勲章を着けた。
車列は約50台で約400メートルに及び、時速約10キロで進んだ。両陛下の車は白バイやサイドカーを除くと安倍晋三首相らに続き7台目。後方には秋篠宮ご夫妻らが乗った車が続き、皇居正門、国会正門前、国立国会図書館前、赤坂見附、青山通りを通って青山一丁目を右折する約4.6キロのコースを走り、午後3時半ごろ赤坂御所に到着した。
 沿道では警視庁や自衛隊などの音楽隊が、両陛下の結婚を記念し團伊玖磨さんが作曲した「新・祝典行進曲」を演奏した。皇后さまが人々の祝福に涙を見せる場面もあった。
 警視庁は全国の警察から応援を得て、最大約2万6000人態勢で、数メートルおきに警察官を配置する厳重警備を敷いた。
 祝賀御列の儀は国事行為である即位の礼の儀式。天皇陛下が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」の後に広く国民に即位を披露し祝福を受ける目的で平成時から始まった。10月22日の予定を、政府が台風19号被害を受け延期した。日没時間が早まることを踏まえ、出発時刻は30分早まった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111000107&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

即位祝賀パレード 2万6000人態勢で警備 警視庁 (10日)NHK

警視庁は今回、全国の警察からの特別派遣部隊およそ3000人を受け入れ、合わせて2万6000人の態勢で警備にあたり、パレードの時間帯は警視総監をトップとする「最高警備本部」を立ち上げます。
特別派遣部隊は先月22日の「即位礼正殿(そくいれい せいでん)の儀」などに続いて招集され、台風19号の被災地や、今後G20外相会合など大規模な警備を控えているところを除き、大阪府警や神奈川県警、それに静岡県警など、全国各地から派遣されています。
皇居や赤坂御用地などの皇室関連施設の周辺には警察官が多数配置され、車両の検問も強化しています。
また車両で突入するテロに備え、パレードのルートにつながる道路では警察の大型車両や移動式の車止めなどを使って道路を塞ぐ措置を取ります。
さらに不審なドローンを妨害電波で阻止する「ジャミングガン」などの装置や地上からネットを飛ばして打ち落とす機材などを備えた専門部隊、「無人航空機対処部隊」をパレードのルート周辺に配置します。
このほかテロなどが起きた際に備えて、銃器で対応する「ERT」=緊急時初動対応部隊も置きます。
一方、東京駅など大勢の人たちが集まるターミナル駅ではパトロールを行って警戒を強化しています。
続きを読む

| コメント (0)

天皇・皇后両陛下、にこやかに 即位祝うパレード(10日)日経

 

祝賀パレードのため皇居を出発する天皇、皇后両陛下(10日、皇居)
天皇・皇后両陛下、にこやかに 即位祝うパレード

| コメント (0)

明治天皇が「大政奉還」勅許 「祝賀御列の儀」の11月10日(10日)時事

天皇陛下の即位を祝い、両陛下が皇居から赤坂御所までの約4.6キロをパレードする「祝賀御列の儀」が行われる11月10日は、江戸幕府による「大政奉還」を明治天皇が勅許した1867(慶応3)年10月15日を新暦に直した日に当たる。
【図解】天皇即位パレードの経路


 11月10日には、1915(大正4)年の大正天皇、28(昭和3)年の昭和天皇の「即位の礼」も行われている。
 皇室の歴史に詳しい京都産業大の所功名誉教授(日本法制文化史)は「大政奉還の勅許日は、日本の代表が将軍から天皇に戻った画期的な日。大正、昭和の『即位の礼』がこの日に行われたことは意義がある」と言及。上皇さまの「立太子の礼」も1952(昭和27)年の同月同日に行われたと指摘した。
 江戸幕府15代将軍徳川慶喜は1867年10月13日、京都・二条城に諸藩を集め、政権を返上する決意を表明。同月14日に明治天皇に奏上し、翌15日に勅許を受けた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110900361&g=soc

| コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

警察「最も長い30分間」へ総力戦 10日のご即位パレード(9日)産経

天皇陛下のご即位に伴うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」がある10日、警察当局は警視庁を中心に全国の警察官約2万6千人態勢でテロ警戒や雑踏警備に当たる。9日も皇居周辺での車両検問や主要駅付近の巡回を実施。パレードで天皇、皇后両陛下はオープンカーでゆっくりとコースを進まれるため、不審人物やドローン(小型無人機)の接近、危険物の投げ込みなどに目を光らせ、総力戦で不測の事態に備える。
 パレード当日の10日、警視庁は10月22日の「即位礼正殿の儀」に続き、警視総監を長とする「最高警備本部」を設置。同庁の約2万2千人に、全国の警察から招集した機動隊員ら約3千人と皇宮警察本部の約900人を加えた計約2万6千人の警備態勢を組む応援部隊はすでに都内に到着しており、東京駅周辺では9日、兵庫県警の警察官が不審物がないか植え込みを確認していた。パレードコースの青山通りでは埼玉県警による車両検問が実施された。
 平成2年11月に行われた前回のご即位パレードでは沿道に約11万7千人の観覧客が集まり、今回も相当の人出が見込まれる。機動隊員らは、パイプ柵で囲ったコース沿いの観覧客用ブースに向かって数メートル間隔で並び立ち、不審な行動や混雑による事故を警戒する。
 高所からの危険物の投げ込みなども懸念。同庁はコース周辺のマンション住民らに窓からのぞき込んだり、撮影したりすることを控えるよう求めた。主なビルの屋上などに警察官を配置し、地上の部隊と連絡を取り合いながら突発事態に備える。
 また、不審なドローンの警戒に当たる「無人航空機対処部隊」(IDT)を投入し、飛行を不能にするジャミング(妨害電波)装置を配備。銃器を装備して重武装テロを制圧する「緊急時初動対応部隊」(ERT)を周辺に待機させる。
パレードでは長さ約400メートルの車列が皇居・宮殿から赤坂御所までの約4・6キロを約30分かけて進む。道幅が狭く、両陛下のお車と観覧客が接近する地点もあり、「一瞬の緩みも許されない」(警察関係者)警備になる。
 パレードに先立つ警視庁の警備会議で、三浦正充警視総監は「極めて高い密度の警備が求められる。各部門が一致団結して完遂しなければならない」と訓示した。警察の「最も長い30分間」(同)が、間もなく訪れる。
https://www.sankei.com/affairs/news/191109/afr1911090015-n1.html

| コメント (0)

皇后さま、涙ぬぐう場面も 即位を祝う「国民祭典」(9日)朝日

天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」が9日、皇居前広場周辺で開かれた。経団連などでつくる「奉祝委員会」(会長・三村明夫日本商工会議所会頭)などの主催。天皇皇后両陛下も姿を見せ、皇居正門の石橋で祝意に応えた。

  天皇陛下はあいさつに立ち、「ここに集まられたみなさんからお祝いいただくことに感謝します」と話した。
 これに先立ち、2020年末に活動を休止する、人気アイドルグループ「嵐」やピアニストの辻井伸行さんらによって、即位を祝う三部構成の組曲も披露された。皇后さまが涙をぬぐう場面も見られた。
 天皇陛下のあいさつは次の…

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯