皇室関係

2018年4月30日 (月)

天皇陛下 残る1年も国民と触れ合い象徴の務め果たす(30日)NHK

天皇陛下が退位され、平成の時代が終わるまで、4月30日であと1年となりました。天皇陛下は、退位の日まで、皇后さまとともに各地で国民と触れ合い、象徴の務めを果たし続けられる見通しです。
続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

»即位の儀式で使用“高御座” 報道陣に公開(17日)TBS

天皇が即位の儀式の際に使う「高御座(たかみくら)」が、保管されている京都御所で報道陣に公開されました。この夏にも東京に移送される見通しです。
 歴代の天皇の即位の儀式で用いられてきた「高御座」。通常の一般公開では、建物の外からしか見学できませんが、17日午後、内部でのカメラ撮影が許可されました。高さおよそ6.5メートル、重さおよそ8トンある現在の高御座は大正天皇の「即位の礼」から使われているもので、今の天皇陛下も平成2年11月に皇居・宮殿でここに昇り、即位を国内外に宣言されました。「高御座」と皇后が昇る「御帳台(みちょうだい)」は、来年の即位を前に、この夏にも東京に移送される見通しです。
 30年前に京都から移送する際は、過激派の妨害が懸念されたため、陸上自衛隊のヘリコプターでの輸送となりましたが、今回は、民間業者による陸路での輸送が計画されています。その後、劣化が進んだ漆の塗装や金細工などの修復作業が、最長で半年かけて行われます。来年10月に、皇太子さまが新天皇として即位を宣言する儀式で、より美しくなった高御座に昇られます。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3344845.html                 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

両陛下がお忍びで散策 桜や新緑の景色楽しむ(2日)テレビ朝日

  • 天皇皇后両陛下が皇居の外をお忍びで散策し、桜や新緑を楽しまれました。

     両陛下は2日午前7時すぎ、北の丸公園側にある皇居の北桔橋門を出て、隣にある乾門まで約250メートルの距離を10分ほどかけて散策されました。両陛下は皇居の中での散策を日課としていますが、去年もこの時期には外に出て散策をされています。お二人はシダレザクラの花や新緑を見上げながらゆっくりと歩き、ジョギング中の人が通る際は、立ち止まって道を譲られる場面もありました。桜の時期に合わせて皇居で行われる春の乾通り一般公開は1日で終了し、9日間で39万人が訪れたということです。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000124185.html
  • | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年3月28日 (水)

    両陛下、与那国馬を見学…「やはり小さいね」(28日)読売

    沖縄県を訪問中の天皇、皇后両陛下は28日午前、那覇からの特別機で与那国島入りされた。
     両陛下の同島訪問は初めて。
     両陛下は到着後、島東部の牧場に向かい、放牧された在来種の与那国馬を見学された。側近によると、天皇陛下は幼い頃、同県宮古島の馬で乗馬を練習した思い出があり、同様に体高の低い与那国馬の見学を楽しみにされていたという。陛下は馬の頭をなで、「やはり小さいね」「おとなしいね」と話されていた。

     両陛下は昼食後、地元の小学校で伝統芸能「棒踊り」を観覧し、島民らと交流される。その後、日本最西端の碑がある西崎を訪ね、日帰りで那覇に戻られる。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180328-OYT1T50059.html?from=ycont_top_txt

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年3月10日 (土)

    両陛下、復興支援コンサートに(10日)時事

    天皇、皇后両陛下は10日午後、東京都新宿区の東京オペラシティコンサートホールを訪れ、「東日本大震災復興支援チャリティコンサート」を鑑賞された。
     歌手の錦織健さんと小林沙羅さんの二重唱のほか、ピアニストの横山幸雄さんの伴奏で、歌手の森麻季さんと福島県立磐城高校合唱部が歌った「花は咲く」などに耳を傾けた。最後に出演者全員と会場が「ふるさと」を歌う場面では、両陛下は一緒に口ずさむなどした。
     コンサート終了後、両陛下から「復興の方はどうですか」と声を掛けられたという同校2年で副部長の鈴木愛咲美さん(17)は、「皇后さまから『素晴らしかったです』との言葉も頂きました」。部長の同2年御代侑希さん(16)も「(両陛下の前で)緊張しましたが、貴重な体験ができたのではないかと思います」と話した。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031000498&g=soc

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年3月 5日 (月)

    両陛下 今月下旬に沖縄へ 初めて与那国島を訪問(5日)テレビ朝日

    宮内庁は天皇皇后両陛下が今月下旬、3日間の日程で沖縄県を訪問されると発表しました。陛下が在位中に沖縄県を訪問するのは最後となる見通しです。
     宮内庁によりますと、両陛下は27日に沖縄県に入り、まず沖縄県糸満市の国立沖縄戦没者墓苑で花を手向け、28日には与那国島を訪問されます。両陛下は皇太子時代から10回にわたって沖縄県を訪れ、激しい地上戦で亡くなった犠牲者を慰霊して沖縄の歴史や文化に関心を寄せてこられました。11回目となる今回は初めて与那国島を訪れ、日本最西端の碑なども視察される予定です。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000122178.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年2月23日 (金)

    【皇太子さま58歳】 誠実で謙虚、ユーモアや気さくさも(23日)産経

    「歯磨きの際、洗面所の水が出したままになっていたのを愛子さまに厳しく注意された、とのエピソードを披露して場を和まされたことがある」と尾田さん。講演で、映画化された人気マンガ「テルマエ・ロマエ」やヒット曲「トイレの神様」を取り上げられたこともあり「感性が若く、ご関心の幅はものすごく広い」と驚く。
     気さくなおふるまいも魅力の一つだ。
     ある学友は、ご結婚前の皇太子さまと電話で会話中、そばで子供が騒いで困っていると、皇太子さまから「ウルトラマンと話していると(子供に)言ってみたら?」と提案されたことがある。「皇太子さまは電話の向こうでウルトラマンになりきって、子供と話してくれました」
     昨年6月のデンマーク訪問の際には、運河沿いを散策中、市民の男性の求めに応じて、スマートフォンでの「自撮り」に応じられたこともあった。

    続きを読む "【皇太子さま58歳】 誠実で謙虚、ユーモアや気さくさも(23日)産経"

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年2月 6日 (火)

    眞子さまの結婚に向けた行事 宮内庁が延期を発表(6日)NHK

    宮内庁は、婚約が内定している秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまと、お相手の小室圭さんの結婚に向けた行事などを延期すると発表しました。来年は天皇陛下の退位や皇太子さまの即位に伴う重要な儀式があることから、お二人の結婚とそれに関わる行事は再来年になる見込みだということです。
     去年9月に婚約が内定した眞子さまと、大学時代に同じ学年だった小室圭さんの結婚式は、ことし11月4日に東京都内のホテルで行われ、これに先立つ来月4日に、一般の結納にあたる「納采の儀」が行われる予定でした。
     これについて、宮内庁の加地隆治宮務主管は6日、記者会見し、お二人の結婚に向けたすべての行事について、「後日に延期することとなった」と発表しました。
     そのうえで、「変更後の日程については改めて発表する」としたうえで、来年は天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う一連の重要な儀式などが執り行われるとして、お二人の結婚とそれに関わる行事は、「一連の重要な儀式が滞りなく終了した再来年になる見込みだ」と説明しています。
     宮内庁は延期の理由について、お二人が結婚までに行う行事や結婚後の生活について、十分な準備を行う時間的余裕がないと認識されていることを受けてのものだとしています。
     そのうえで、「お二人のご結婚についてのご意思はお変わりない」と説明し、「ご意向に沿って、ご結婚に向けて必要なお支えをしていく考えに変わりはない」としています。

    眞子さまと小室さんのコメント

    続くdownwardleft

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011317991000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年1月25日 (木)

    長崎・観音寺、仏像返還で要望書 外務省に、韓国政府へ働き掛け(25日)西日本

    長崎県対馬市の観音寺から2012年に盗まれ韓国に持ち込まれた仏像について、韓国・大田地裁が日本への返還を認めない判決を出してから26日で1年となるのに合わせ、観音寺は25日、早期返還が実現するように韓国政府への働き掛けなどを求める要望書を外務省などに郵送した。
     仏像は、県指定有形文化財の「観世音菩薩坐像」。韓国政府は大田地裁判決を不服として控訴し、二審で審理が続いている。
     観音寺の田中節竜住職(42)は要望書で、仏像が韓国からの略奪品であることを否定した上で「後世に禍根を残さぬような早期決着に向けて協力いただきたい」と訴えた。
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/389052

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年1月19日 (金)

    両陛下 皇位継承後の仮住まい先「高輪皇族邸」を視察(19日)NHK

    天皇皇后両陛下は、来年春の皇位継承後、皇太子ご一家とお住まいを入れ代わるまでの仮住まい先となる東京の高輪皇族邸を視察されました。
     両陛下は、19日午前10時すぎ、東京・港区の高輪皇族邸に到着し、沿道に集まった人たちに笑顔で手を振って応えられました。
     「高輪皇族邸」は、かつて、天皇陛下の叔父に当たる高松宮さまなどが暮らした邸宅で、来年の春、天皇陛下から皇太子さまに皇位が継承されたあと、皇居で暮らす両陛下が、赤坂御用地で暮らす皇太子ご一家と、お住まいを入れ代わられるまでの仮住まい先となります。
     両陛下は、宮内庁の幹部らの案内で1時間余りにわたって敷地内を視察されました。
     玄関ホールをはじめ、食堂や居間、それに寝室や書斎などの私室部分のほか、来客用の広間や敷地内の庭などもご覧になったということです。
     高輪皇族邸は、平成16年以降、お住まいとして使われておらず、宮内庁は、来年度中に空調設備の改修や壁紙の張り替えなどの工事を終える計画です。
     両陛下は、皇位継承後ほどなく高輪皇族邸に移られる見通しで、宮内庁は、両陛下の仮住まいの期間について、1年半以内にしたいとしています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180119/k10011294291000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧

    その他のカテゴリー

    PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯