薬物事犯(覚せい剤、大麻等)

2019年11月17日 (日)

沢尻エリカ容疑者所持のMDMA 多幸感得られる「パーティードラッグ」 覚醒剤などにエスカレートも(17日)産経

麻薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)が自宅に所持していたとされる合成麻薬「MDMA」は近年、摘発件数が増加傾向にある。摂取すると多幸感が得られるとされ、抵抗感を抱きにくい比較的安価な「パーティードラッグ」としてクラブでの集団乱用など若者への蔓延(まんえん)が懸念されている。
 警視庁組織犯罪対策5課によると、沢尻容疑者の部屋からは、白っぽい粉末状のMDMAが風邪薬のような白いカプセルに入った状態で発見された。「エクスタシー」「バツ」「タマ」などの俗称を持つMDMAは本来、白色の粉末で、着色され絵柄や文字が刻印された錠剤型の形状で密売されるケースもある。
 「錠剤は一見するとラムネ菓子のようで麻薬には見えず、口から飲み込むだけなので抵抗感を薄れさせる。密売価格も1錠数千円程度の場合が多いため入手しやすく、若い世代との親和性が高い」。厚生労働省の元麻薬
 取締官、小林潔氏はこう指摘する。乱用者は、より強い刺激を求めて覚醒剤などに手を出すことが多く、「ゲートウェイドラッグ(入門薬)」とも呼ばれている。
 MDMAは覚醒剤と似た化学構造で、興奮作用と幻覚作用を併せ持ち、一時的に幸福感や陶酔感を得られる効果がある。一方、乱用を続けると精神錯乱や記憶障害を引き起こすこともあり、場合によっては死に至るケースもあるという。
https://www.sankei.com/affairs/news/191117/afr1911170007-n1.html

| コメント (0)

プレッシャー?相次ぐ芸能界の薬物事件 沢尻容疑者逮捕(17日)産経

東京都目黒区の自宅マンションで合成麻薬MDMAを所持したとして、女優の沢尻エリカ容疑者(33)が16日、警視庁に麻薬取締法違反容疑で逮捕された。今年に入り、俳優ら有名人の薬物事件が相次いで発覚している。専門家は「薬物使用の一因に、芸能界などに特有のプレッシャーがあるのでは。依存症としてきちんと治療を」と指摘している。
 今年3月には、ミュージシャンで俳優のピエール瀧さんがコカインを摂取した疑いで逮捕された。個性派俳優として存在感を示していただけに衝撃が走った。今月6日には覚せい剤取締法違反の疑いで元タレントの田代まさし容疑者が逮捕されたばかりだった。
 精神科医の香山リカさんは有名人による薬物使用について「プレッシャーから逃避したい人もいるのかもしれない」と推測。「処罰して終わりではなく、依存症という病気として捉え、治療する環境を整える必要がある」と話した。

MDMAを自宅で所持容疑、沢尻エリカ容疑者逮捕 「私の物に間違いない」

NHK「衝撃はいだてん以上」 来年大河出演予定の沢尻容疑者逮捕

https://www.sankei.com/affairs/news/191116/afr1911160024-n1.html

| コメント (0)

沢尻エリカ容疑者「私の物に間違いない」麻薬所持の疑いで逮捕 (17日)NHK

女優の沢尻エリカ容疑者が、東京都内の自宅で合成麻薬のMDMAを所持していたとして、警視庁に逮捕されました。「私の物に間違いない」と容疑を認めているということです。
逮捕されたのは、女優の沢尻エリカ容疑者(33)です。
警視庁によりますと、16日午前、東京 目黒区の自宅マンションで合成麻薬のMDMAを含む粉末およそ0.09グラムを所持していた疑いが持たれています。
沢尻容疑者が違法な薬物を所持しているという情報をもとに、警視庁が16日午前8時すぎに自宅を捜索したところ、白い粉末が入ったカプセル2錠が見つかり、このうち1錠を鑑定したところ合成麻薬だと確認されたということです。
調べに対して「私の物に間違いない」と供述し、容疑を認めているということです。
沢尻容疑者を乗せた車は、警視庁本部を出て、午後7時15分ごろ東京湾岸警察署へ入りました。
警視庁は今後、入手ルートなどについて捜査を進める方針です。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191116/k10012179901000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 

逮捕の経緯は…

| コメント (0)

2019年11月16日 (土)

沢尻エリカ容疑者、MDMA所持認める 自宅で発見(16日)産経

合成麻薬MDMAを所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課に麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)は、同課の調べに対し、容疑を認めている。
 同課は16日、東京都内の沢尻容疑者の自宅を家宅捜索し、室内からMDMAとみられる薬物を発見したという。

違法薬物所持の疑い 女優の沢尻エリカ容疑者を逮捕 警視庁

警視庁本部で取り調べ 沢尻エリカ容疑者 来年大河出演予定

https://www.sankei.com/affairs/news/191116/afr1911160018-n1.html

| コメント (0)

NHK「衝撃はいだてん以上」 来年大河出演予定の沢尻容疑者逮捕(16日)産経

合成麻薬を所持したとして、麻薬取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)は、来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に出演予定だった。沢尻容疑者の逮捕を受け、NHKは16日、対応に追われた。現在放送中の「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」でも出演者のトラブルが続いており、関係者はショックを隠せない様子だった。
 「麒麟がくる」は、戦国武将の明智光秀を主役に、戦国時代の英傑たちを描く作品。沢尻容疑者は光秀の姻戚で、織田信長の正妻となる帰蝶(濃姫)役で出演が予定されている。3月に行われた出演者発表会見では、「自分が持っているものをすべてここにささげたいと思っている」と意欲を見せていた。
 大河ドラマをめぐっては、現在放送中の「いだてん」でトラブルが相次いでいた。
 作品に出演していたミュージシャンで俳優のピエール瀧さん(52)が3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、瀧さんが演じていた足袋職人の役は別の俳優に変更された。
 10月には、女子バレーボール日本代表の大松博文監督役を演じた「チュートリアル」の徳井義実さん(44)の個人会社が東京国税局から約1億2千万円の申告漏れを指摘されたことが発覚。すでに全編の収録が終了して撮り直しができないため、NHKは11月3日分の放送を再編集したが、徳井さんの出演シーンをカットしきれず、通常より1分短い42分の放送となった。
 沢尻容疑者の逮捕について、あるNHKの関係者は「(沢尻容疑者は)ドラマでは重要な役どころになるので、衝撃はいだてんと比べものにならない」と話した。
https://www.sankei.com/affairs/news/191116/afr1911160019-n1.html

MDMAはアクセサリー入れに カプセル入りで2錠 沢尻容疑者

| コメント (0)

MDMAを自宅で所持容疑、沢尻エリカ容疑者逮捕 「私の物に間違いない」(16日)産経

合成麻薬「MDMA」を自宅で所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は16日、麻薬取締法違反の疑いで、女優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区碑文谷=を逮捕した。「私の物に間違いない」と容疑を認めており、同課は使用した疑いもあるとみて調べるとともに、入手先を捜査する。
 逮捕容疑は16日午前8時45分ごろ、自宅で粉末状のMDMA0・09グラムを入れたカプセル1錠を所持したとしている。自室入り口付近の棚上部に置いてあったアクセサリーを収めた箱の中から、ポリ袋に入ったカプセル2錠が見つかり、うち1錠が鑑定でMDMAと判明した。同課は残り1錠も今後、鑑定する。
 同課は沢尻容疑者に関する情報提供を受けて内偵捜査を進め、この日午前8時過ぎ、沢尻容疑者が母親と暮らす自宅マンションを家宅捜索。家宅捜索時、箱は開いた状態でポリ袋は無造作に置かれていたという。同課は沢尻容疑者の尿検査を実施した。
 沢尻容疑者は昭和61年、東京都生まれ。平成17年の映画「パッチギ!」のヒロイン役で新人賞を総なめにし、テレビドラマ「1リットルの涙」も話題を集めた。24年の映画「ヘルタースケルター」では、日本アカデミー賞優秀主演女優賞に輝いた。来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」では、主役の戦国武将、明智光秀の姻戚で織田信長の正妻となる帰蝶(濃姫)役で出演が予定されていた。
 私生活では、21年に映像作家の高城剛氏と結婚したが、25年に離婚した。

違法薬物所持の疑い 女優の沢尻エリカ容疑者を逮捕 警視庁 
続きを読む

https://www.sankei.com/affairs/news/191116/afr1911160022-n1.html

| コメント (0)

大麻を営利目的で栽培、容疑で男を再逮捕 草加のアパート拠点に密売か「知人に売り渡すため」/県警(16日)共同

営利目的で大麻を栽培したとして、埼玉県警薬物銃器対策課と草加署の合同捜査班は15日までに、大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで、福島県いわき市小名浜下神白字塚田、土木作業員の男(42)=同法違反(営利目的所持)罪で起訴=を再逮捕し、さいたま地検に送検した。県警はこれまでに男が借りていた草加市のアパート1室などを摘発し、乾燥大麻約120グラム(末端価格約60万円相当)を押収。同所を拠点に大麻を密売していたとみて実態の解明を進める。
 再逮捕容疑は10月20日、自宅で大麻草4株約40グラム(末端価格約20万円相当)を営利目的で栽培した疑い。「間違いない。自分で吸うためや知人に売り渡すためだった」と容疑を認めているという。
 同課によると、昨年12月ごろ、草加市内のアパートを拠点に大麻を密売しているとの情報を得て捜査を開始した。今年10月19日、アパートの2室を家宅捜索し、1室から乾燥大麻約120グラムを発見。現場にいた男を同法違反(営利目的所持)容疑で現行犯逮捕し、余罪を調べていた。同室は男が約3年前から借りており、居住実態はなかったという。
https://this.kiji.is/568198158980531297?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年11月14日 (木)

覚せい剤158キロ押収 日本向け荷物に隠す―タイ(14日)時事

【バンコク時事】タイ警察は14日、日本に密輸されようとした疑いのある覚せい剤計158キロ(末端価格約95億円)をバンコクで押収したと発表した。
高純度コカイン1000キロ以上が漂着、浜辺を閉鎖 仏南西部

 警察は東京向けの不審な荷物があるという税関当局の通報を受けて捜査し、箱に収められたランニングマシンの下から中国茶の袋に入った覚せい剤を発見。発送者が利用していた倉庫を捜索し、新たに覚せい剤を隠した約10個のランニングマシンの箱を見つけた。
 警察はタイ人の輸出業者の男(44)を覚せい剤不法所持や密輸の容疑で逮捕した。男は関与を否定している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111401155&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

被告の潜伏先から植物押収、大麻か 地検はPTで収容のあり方検討へ(14日)産経

大阪府東大阪市で、大阪地検が収容した大植(おおうえ)良太郎被告(42)=大麻取締法違反罪などで公判中=が護送車から逃走し2日後に確保された事件で、被告が逃走中に一時潜伏した民家から、大麻とみられる約500株の植物が押収されていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。捜査当局が鑑定を進めるとともに、被告の詳しい足取りを調べる。
 捜査関係者によると植物は、被告の知人の荻野侯昇(こうしょう)容疑者(37)=犯人蔵匿容疑で逮捕=が借りる大阪市住吉区の民家で見つかった。9日午前4時ごろに逃走した被告は、同日正午までに民家を訪れた可能性がある。
 捜査当局は民家の捜索で、約20本の解錠用具とはさみ、切断された腰縄6本を押収。被告は逃走時、右手首に手錠がされ、腰縄が結び付けられた状態だった。当局はこうした用具を使い拘束具を外すなどしたとみている。当局は荻野容疑者のほか、複数の少年が逃走に関与したとみて任意で事情を聴いている。
 大阪地検は13日、事件を受けて、収容の在り方を検討するプロジェクトチームを立ち上げたと発表した。https://www.sankei.com/affairs/news/191113/afr1911130045-n1.html

 

| コメント (0)

2019年11月11日 (月)

金融トレーダーの男を逮捕 合成麻薬使用疑い 警視庁(11日)産経

合成麻薬「MDMA」を使用したとして、警視庁が麻薬取締法違反(使用)容疑で、「KAZMAX(カズマックス)」の通称で知られる金融トレーダー、吉沢和真容疑者(30)を逮捕していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。調べに容疑を否認し、「クラブで飲み物に混入された」という趣旨の説明をしている。
 捜査関係者によると、10日午前、渋谷署員が渋谷区内で吉沢容疑者を職務質問。任意で提出を受けた尿を鑑定をしたところ、MDMAの陽性反応が出たため緊急逮捕したという。
 逮捕容疑は10日ごろ、東京都近郊で、MDMAを使用したとしている。
 吉沢容疑者は金融商品を解説するなどして、テレビや雑誌などメディアでも活動していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/191111/afr1911110003-n1.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯