宿泊するホテルで大麻を所持していたなどとして、神奈川県警薬物銃器対策課は1日、大麻取締法違反(所持)などの疑いで、アメリカ国籍で東京都港区内のホテルに宿泊する放送技術者、デイブ・コンロイ・レイノルズ容疑者(54)を逮捕したと発表した。「私のものではない」などと容疑を否認している。
逮捕容疑は8月31日、ホテル客室のクローゼットの中に乾燥大麻(約1・8グラム)を隠し持っていたなどとしている。
同課によると、同11日に横浜税関が同国からレイノルズ容疑者に宛てられた小包を検査したところ、大麻リキッド2本を押収。同31日、小包を受け取ったところを麻薬特例法違反の疑いで現行犯逮捕。同日、同課が客室内を家宅捜索した際、所持品の中から大麻1袋が発見されたという。レイノルズ容疑者は、今年4月中旬から東京五輪・パラリンピックの放送関係者として滞在していた。
https://www.sankei.com/article/20210901-7UNBYUSBVBJO7C36ELGMMDBNNI/