薬物事犯(覚せい剤、大麻等)

2017年5月19日 (金)

「医師が大麻乱用」と匿名通報 “所持”で2人逮捕(19日)テレビ朝日

「複数の歯科医師が一緒に大麻を乱用している」という通報があり、発覚しました。
 歯科医師の高野陽介容疑者(35)と児玉宜正容疑者(38)は、それぞれの自宅で乾燥大麻20.95グラムと2.55グラムを隠し持っていた疑いが持たれています。3月に「高野容疑者ら複数の歯科医師が一緒に大麻を乱用している」と匿名の通報があり、警察が捜査していました。取り調べに対し、2人とも「使用するために持っていた」と容疑を認めています。他にも、高野容疑者や児玉容疑者と一緒に大麻を使用していた人物がいるとみて警察が捜査しています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000101162.html

| トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

大麻所持容疑で逮捕の男ら 3階建て建物全体で大麻栽培か(17日)NHK

大麻およそ1キロを販売目的で所持していたとして、横浜市の49歳の男ら2人が逮捕され、警察は、3階建ての建物全体を使って大麻草およそ500鉢を栽培していたと見て捜査しています。調べに対し、容疑を一部否認しているということです。
 逮捕されたのは、横浜市中区の無職、西村保容疑者(49)と、東京・江東区の自称、飲食店店員、鈴木康雄容疑者(60)です。
 警察の調べによりますと、2人は大麻およそ1キロ、末端の密売価格で600万円分を販売目的で所持していたとして、大麻取締法違反の疑いが持たれています。調べに対し、鈴木容疑者は容疑を認め、西村容疑者は「販売目的ではなかった」と容疑を一部否認しているということです。
 警察は16日夜、2人が大麻を栽培していたと見られる横浜市都筑区にある3階建ての建物を捜索し、大麻草およそ500鉢を押収しました。
 この建物では、大麻草の鉢植えを成長の度合いによってそれぞれの部屋に移して栽培していたと見られ、室内には発育用の照明があり、窓は光が外に漏れないように覆われていたということです。
 警察は、3階建ての建物全体を使って大麻を栽培していたと見て、捜査しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170517/k10010984281000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

覚醒剤で逮捕の知人逃そうと盗難車で捜査車両に衝突…大阪府警、容疑の男2人逮捕(26日)産経

逮捕された知人を逃がすため車を捜査車両に衝突させるなどしたとして、大阪府警捜査1課などは26日、公務執行妨害や器物損壊などの疑いで、堺市中区平井、職業不詳、橋本祐也(31)と住所不定、無職、小柳仁(26)の両容疑者を逮捕した。ともに容疑を否認している。
 逮捕容疑は、共謀し、2月10日未明、大阪府高石市東羽衣の路上で、覚せい剤取締法違反容疑で現行犯逮捕された知人の男(35)を奪還しようと、橋本容疑者が近くの駐車場で盗んだ乗用車を府警高石署地域課の男性巡査(24)に向けて急発進させたほか、捜査車両に衝突させたなどとしている。
 捜査1課によると、男性巡査は車を避けてけがはなかった。盗難車を運転していたのは橋本容疑者で、小柳容疑者は別の車に乗って現場近くにいたという。
http://www.sankei.com/west/news/170426/wst1704260050-n1.html

| トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

覚醒剤使用して50回以上運転 観光バス運転手を逮捕(25日)テレビ朝日

 覚醒剤を使用したとして、観光バスの運転手が逮捕されました。「これまで覚醒剤を使用して50回以上、運転した」と話しています。
 千葉県いすみ市にあるバス会社「三和交通」の運転手・藤間弘記容疑者(40)は今月12日夜、大阪府泉佐野市のホテルで覚醒剤を使用した疑いが持たれています。9日には千葉県で外国人観光客24人を乗せ、東京や京都などを巡る2泊3日のバスツアーの運転手を務めている間に滞在中のホテルで合わせて6回、覚醒剤を使用していたとみられます。警察に対し、「これまで覚醒剤を使用して50回以上、バスを運転した」と容疑を認め、「運転に集中できた」とも供述しています。藤間容疑者が勤務する三和交通はおととし、観光バスを整備不良の状態で社員に運転させた疑いなどで書類送検されています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000099324.html

| トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

「運転に集中できた」覚醒剤使用容疑でバス運転手逮捕(24日)TBS

覚醒剤を使用した疑いで千葉県のバス会社に勤める運転手の男が逮捕されました。男は「薬の効き目で運転に集中できた」などと供述しているということです。
 覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された千葉県の三和交通の運転手・藤間弘記容疑者(40)は今月12日、大阪府泉佐野市内のホテルで覚醒剤を使用した疑いが持たれています。
 藤間容疑者はその翌日、観光バスの出発時間に現れず、不審に思ったホテルの従業員が部屋に行くと、ろれつが回らない様子の藤間容疑者を発見、警察の鑑定で覚醒剤の陽性反応が出たということです。藤間容疑者は「覚醒剤の効き目で集中でき、安全に運転できている自信があった」と容疑を認めているということです。
 藤間容疑者は逮捕前日まで千葉から大阪までの3泊4日のツアーで観光客を乗せて運転していましたが、その間、訪問先の東京で覚醒剤を買い、山梨と愛知のホテルで2回ずつ使用していたということです。
 「これまで50回以上、覚醒剤を使用して運転した」とも話していて、警察は入手ルートについても調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3037234.html

| トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

芸能事務所代表を逮捕 覚醒剤など隠し持った疑い(13日)NHK

東京都内にある芸能事務所の代表が自宅に、覚醒剤と大麻樹脂を隠し持っていたなどとして、警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、都内にある芸能事務所の代表で東京・港区の佐々木現容疑者(31)で、警視庁の調べによりますと、覚醒剤およそ2グラムと大麻樹脂およそ20グラムを自宅に隠し持っていたなどの疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、逮捕のきっかけは羽田空港の国際線ターミナルビル内に覚醒剤の粉末が入った眼鏡ケースが見つかったことで、捜査を進めた結果佐々木容疑者の所持品だった疑いが浮上し、12日、自宅を捜索したところ、かばんから覚醒剤が、冷蔵庫から大麻樹脂が見つかったということです。
 関係者によりますと、佐々木容疑者は、現在の芸能事務所の前には韓国の人気アイドルグループの日本での活動の支援などを行う会社の代表を務めていたということです。
 調べに対し、佐々木容疑者は認否を留保しているということで、警視庁は入手ルートなどを調べる方針です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170413/k10010946611000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

放置の車に大量の注射器=薬物売買トラブルで殺害か-愛知県警(9日)時事

愛知県豊山町の廃業したホテルで男性の遺体が見つかった事件で、ホテルの駐車場に放置されていた乗用車から大量の注射器が見つかっていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。覚せい剤など薬物摂取に使用されるものとみられ、県警は薬物売買をめぐるトラブルが事件につながった疑いがあるとみて、捜査を進めている。
 男性は6日午後、廃業ホテルの客室の浴室で血を流して死んでいるのを発見された。
 司法解剖の結果、男性の死因は胸などを刃物で刺されたり切られたりした出血性ショックで、4~6日の間に死亡したとみられる。30~50代で外国人とみられ、身元はまだ分かっていない。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017040800674&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

「エス」と密接、一線越える 協力者の逃走助けた元麻薬取締官に有罪(7日)共同

覚醒剤事件で捜査協力者の逃走を助けたとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部の奥村憲博・元取締官(46)=懲戒免職=が三月下旬、東京地裁で執行猶予付きの有罪判決を受けた。スパイの頭文字から「エス」と呼ばれる協力者の情報に頼る手法が、捜査員としての一線を越える危うさをはらんでいた。 (藤川大樹、土門哲雄)

 「(密輸組織と無関係な)シロの人間は、エスにはなれない」。奥村元取締官は法廷で、密輸組織の内部情報を知る協力者を使った捜査の難しさを明かした。
 この事件は、麻薬取締部と同様に違法薬物の捜査を担当する警視庁組織犯罪対策五課が、元取締官の協力者を逮捕したことから発覚した。
 薬物犯罪は秘密裏に行われるため、協力者からの確度の高い情報は貴重。ある麻薬取締官は「警察は交通や地域の職務質問を端緒に摘発できるが、ウチは情報が頼みの綱。今回の事件で捜査が後退してはいけない」と危機感を強める。
 元取締官のキャリアは二十年以上。二〇〇九年ごろから、海外捜査機関と密輸事件を捜査する国際情報チームに加入。一三年から、横浜分室で捜査部門の責任者を務めていた。上司の瀬戸晴海・麻薬取締部長は法廷で「有能で類いまれなエス使いだった」としたうえで、自身の退職後は元取締官とともに「薬物犯罪防止の啓発に一緒に取り組みたい」と情状を訴えた。
 元取締官が協力者と知り合ったのは一三年冬ごろ。「ヤマモト」の偽名で接触を重ね、入手した情報から密輸組織の上部に迫ろうとした。協力者を組織の周辺者と思っていたが、実際は密輸に関わっており、警視庁捜査員に追跡された。「追ってきたのは捜査員か」と協力者から相談を受けた元取締官は、「警察じゃないか」と返答。元取締官は隠避について無罪を主張したが、判決では、こうした言動が「逃走を決意させた」と認定された。
続くdownwardleft
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017040702000244.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

危険ドラッグ「ラッシュ」密輸 映像会社社員を逮捕 中国などから国際郵便で(7日)産経

 指定薬物として規制対象となっている危険ドラッグ「ラッシュ」を密輸したとして、警視庁巣鴨署は、医薬品医療機器法違反(輸入)と関税法違反の疑いで、東京都中野区の会社員、桑野瞬輔容疑者(33)を逮捕した。調べに対し、「輸入したことに間違いありません」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、平成27年8月、指定薬物の「亜硝酸イソブチル」を含む液体状のラッシュの瓶6本(計約100グラム)をスウェーデンや中国から国際郵便で密輸したとしている。
 巣鴨署によると、桑野容疑者は、インターネットのサイトを通じて購入したラッシュを自宅や自宅近くの郵便局宛てに郵送。税関職員が郵便局で発見し、警視庁に通報していた。
 桑野容疑者は渋谷区内の映像制作会社に勤務し、テレビ番組の制作などに関わっていた。http://www.sankei.com/affairs/news/170407/afr1704070014-n1.html

| トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

覚醒剤など違法薬物を密輸した罪で楽天元社員を起訴(1日)TBS

台湾から覚醒剤など違法な薬物を密輸したとして、東京地検は、通販サイト大手・楽天の元社員を起訴しました。
 覚せい剤取締法違反などの罪で起訴されたのは、通販サイト大手・楽天の元社員・畑中邦夫被告(39)です。起訴状などによりますと、畑中被告は今年2月、台湾から覚醒剤や麻薬、危険ドラッグ合わせておよそ140グラムを密輸した罪などに問われています。畑中被告は、覚醒剤を袋に小分けにしてズボンの裾やリュックサックに隠し、羽田空港の手荷物検査場を通過しようとしたところ、税関の職員に発見されたということです。
 東京地検は、畑中被告の認否を明らかにしていませんが、逮捕直後警視庁の取り調べに対し、「私の荷物ではないしいつどうやって覚醒剤が入ったのかわからない」などと容疑を否認していました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3017800.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強姦、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年関連事件(被害も含) | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯