カテゴリー

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)

2020年1月17日 (金)

大麻加工で自宅マンション火災…大麻草栽培が発覚、容疑の男再逮捕 県警が室内捜索、乾燥大麻など発見(17日)共同

自宅マンション一室で大麻を栽培したとして、埼玉県警薬物銃器対策課と浦和西署は16日までに、大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで、さいたま市中央区、会社役員の男(43)=同法違反(営利目的所持)罪で起訴=を再逮捕し、さいたま地検に送検した。事件は、男が自宅で大麻加工品を精製する際、火災を起こして負傷したことで発覚。県警は男が大麻を栽培し密売していたとみて実態の解明を進める。
 再逮捕容疑は、営利目的で昨年11月28日、自宅で大麻草4本を栽培した疑い。
 同課によると、同日午後7時6分ごろ、マンション1階のコンビニエンスストア店員が火災を知らせる警報に気付いて119番。救急隊が現場に駆け付け、室内でやけどを負った男を発見した。
 火災で顔や首、両手に全治約2カ月のやけどを負ったほか、室内のカーテンが燃えたという。
 その後に県警が室内を捜索したところ、クローゼットなどから栽培中の大麻草計64本や、計42袋に小分けされた乾燥大麻を発見。男は一時入院していたが、昨年12月17日、自宅で乾燥大麻約8.96グラムを所持したとして、同法違反(所持)容疑で逮捕された。
 男は大麻草の破片を集めて大麻ワックスを精製する際にカセットボンベを使用。湯を沸かすため台所のガスコンロに火を付けたところ、室内に充満したガスに引火して火災が起きた可能性があるという。
 男は「自分で使うために栽培した」と容疑を一部否認しているという。
https://this.kiji.is/590661586560107617?c=39546741839462401

2020年1月12日 (日)

大麻栽培器具の摘発強化  園芸用と称し販売、厚労省(12日)共同

厚生労働省の麻薬取締部が2016年から19年にかけ、大麻取締法違反(栽培)の疑いで立件した100人超の容疑者のほぼ全員が、大麻の水耕栽培キットや肥料、成長促進用の特殊ライトなどの器具を一般的な園芸用品と称して販売する業者から購入していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。麻薬取締部は、器具の販売が違法栽培を助長している可能性があるとみて、各地の警察と連携しながら取り締まりを強化している。
 10、20代を中心に広がり続ける大麻汚染を食い止めるためには違法栽培の根絶が急務。栽培器具の販売業者は全国で10前後あるとみられ、麻薬取締部が情報収集している。
https://this.kiji.is/588699336293860449?c=39546741839462401

2020年1月10日 (金)

スーツケースに隠し覚醒剤密輸 容疑のタイ人逮捕(10日)産経

覚醒剤約1キロ(末端価格約6400万円相当)をスーツケースに隠して関西国際空港に密輸したとして、大阪府警関西空港署と大阪税関関西空港税関支署は9日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで、タイ国籍の自称警備員、タンチャイワッタナサクン・ピヤポット容疑者(29)を逮捕したと発表した。関西空港署が昨年12月6日に逮捕し、大阪地検が同27日に起訴した。
 逮捕容疑は昨年12月6日、覚醒剤約1キロをスーツケースに隠し、タイ・バンコクの空港から関空に密輸したとしている。「知人の女から頼まれた。違法な物を運ばされているという認識はあった」と容疑を大筋で認めているという。
 府警と税関によると、税関職員がスーツケースの底部に不自然な厚みがあることを不審に思い、エックス線検査を実施し発覚。スーツケースは二重底になっており、ポリ袋に入った覚醒剤が隠されていたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200109/afr2001090045-n1.html 




2020年1月 9日 (木)

マンションで大麻草栽培 密売目的か 2人逮捕 埼玉 越谷 (9日)NHK

埼玉県越谷市のマンションの部屋で大麻草を栽培していたとして、無職の男2人が逮捕されました。警察は2人が3つの住宅を借りて、密売目的で大麻草を栽培していたとみて詳しく調べています。
 逮捕されたのは、いずれも越谷市の無職、沼澤隆志容疑者(37)と山口隼人容疑者(40)です。
 警察によりますと、2人は去年11月、越谷市のマンションの部屋で大麻草24株を栽培していたとして、大麻取締法違反の疑いが持たれています。
 警察が2人が借りたこの部屋を含む3か所の住宅を捜索したところ、大麻草74株のほか、末端価格にして合わせて、およそ800万円分の乾燥大麻と覚醒剤が見つかったということです。
 警察は、密売目的で大麻草を栽培していたとみて、詳しく調べています。
 警察は捜査に支障があるとして、2人の認否を明らかにしていません。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200109/k10012239741000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_013

2019年12月31日 (火)

覚醒剤密輸、手を組む暴力団 「発覚するのはごく一部」(31日)朝日

日本を覚醒剤の消費大国と見定めた海外の犯罪組織が国内の暴力団と組んで大量に運び込んでいる――。覚醒剤の密輸入に関与したことがあるという暴力団元幹部が、朝日新聞の取材に明かした。熊本県天草市の漁港で見つかった約600キロもその一例という。
 「天草は『瀬取り』で入手した覚醒剤の荷揚げ先として、以前から暴力団に重宝されていた」。元幹部が、複数の指定暴力団の名を挙げながら話す。

 「瀬取り」は、海外から船で運んできた覚醒剤を日本近海で受け渡しする密輸入方法の一つだ。訪日外国人や海外に渡った日本人を「運び屋」に仕立てて持ち込ませる手法もあるが、空港での取り締まり強化に伴う摘発増加で、最近は敬遠気味という。「運び屋に持たせる量とは桁違いの覚醒剤を一度に仕入れ可能な瀬取りを国内外の犯罪組織は狙う」(元幹部)

で、これまでに13人が逮捕された。うち4人が台湾人で、捜査当局は海外から運んできた覚醒剤を鹿児島県沖の東シナ海で瀬取りし、国内に持ち込もうとしたとみている。天草が本来の寄港地だったかは不明だが、元幹部は「捜査当局の監視が緩く、回収に使う漁船の調達が近辺で容易な港を選ぶ」と話す。天草もその条件を満たすという。
 元幹部は数年前、同じ理由で荷揚げ先とした沖縄県内の港で、覚醒剤の回収に関わったという。
■釣り人を装い船に近…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2019年12月30日 (月)

複数の暴力団が協力して覚醒剤密輸か 約590キロ押収(30日)朝日

熊本県天草市漁港に係留した船内から大量の覚醒剤が見つかった事件で、福岡県警などによる逮捕者の中に複数の指定暴力団の関係者がいることが、捜査関係者への取材でわかった。暴力団同士が協力していた可能性があるという。

 県警などは台湾人2人や広島県東広島市の無職少年(19)を覚醒剤取締法違反(営利目的所持)容疑で現行犯逮捕。別の10人も同法違反(営利目的輸入予備)容疑で逮捕した。13人は容疑をおおむね否認している。

 発表では、押収量は約590キロ(末端価格約354億円相当)で薬物乱用者の通常使用量約1967万回分。ポリ袋入りで1袋約2キロ。295袋が5袋ずつ59個の段ボール箱に入り麻袋に包まれ船倉に並んでいた。
 捜査関係者によると、宮崎市を出た船が東シナ海の公海で外国船籍らしき別の船から受け取り、熊本方面を目指した。洋上で受け渡す「瀬取り」とみられる。

 13人の中には、指定暴力団山口組兵庫県)の元組員や住吉会(東京都)の関係者がいるという。この規模の密輸では大量の資金を用意する必要があり、県警などは複数の組織が協力した可能性もあるとみて調べている。

 一方、少年は密輸に際して雇わ…

2019年12月26日 (木)

今月摘発“瀬取り”で密輸か、覚醒剤600キロ公開(26日)TBS

洋上で物資を受け取るいわゆる「瀬取り」の手口で密輸されたとみられる大量の覚醒剤が、熊本県の港にとまった漁船から見つかった事件です。警察は26日、押収した覚醒剤600キロを公開しました。
 「シート一面に並べられた覚醒剤、一袋ずつも非常に大量に詰め込まれています」(記者)
 警察署に並べられたのは、押収量としては過去3番目に多いおよそ600キロの覚醒剤です。末端価格にして360億円に相当します。これらは今月、熊本県天草市に停泊した漁船で見つかったもので、密輸を企てたなどとして、台湾の男ら13人が逮捕されています。
 捜査関係者によりますと、船は宮崎県を出発し、東シナ海で別の船から覚醒剤を受け取った後に燃料が切れ、当局に捕捉されました。容疑者の中には暴力団と近い人物もいて、警察は国際的な密輸組織が関係しているとみて捜査しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3866346.html

MDMA1万錠、仏から密輸容疑 米国籍の男を逮捕 福岡県警(26日)西日本

福岡県警は25日、合成麻薬「MDMA」約1万錠を密輸したとして、麻薬取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、米国籍で住居職業不詳の男(68)を逮捕したと発表した。財務省によると、1万錠は昨年に国内の密輸事件で押収したMDMAの約半分に相当するという。門司税関は同日、関税法違反(禁制品輸入未遂)容疑で福岡地検に告発した。
 逮捕容疑は11日午後、MDMA約1万錠(末端価格約4千万円相当)をスーツケースに入れ、フランスから韓国経由で福岡空港に密輸した疑い。「スーツケースは海外で人から日本に運ぶように言われ預かった。中身は知らなかった」と容疑を否認している。
 福岡空港で税関職員が渡航歴などを不審に思い、スーツケースをエックス線検査するなどして二重底部分に隠していたMDMAを発見した。 (古川大二)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/571393/

2019年12月20日 (金)

宅配便で覚醒剤を売買、男4人逮捕 容疑で福井県警、携帯で注文か(20日)共同

福井県警福井署と県警組織犯罪対策課は12月19日、宅配便で覚醒剤を売買したとして、覚せい剤取締法違反の疑いで福井市と大阪府の男4人を逮捕した、と発表した。
 所持、使用の疑いで逮捕されたのは、福井市、屋根修繕業の男(41)と同居の屋根修繕業の男(43)=ともに起訴済み。営利目的譲渡などの疑いで逮捕されたのは大阪府堺市、無職の男(42)=起訴済み=と養父の大阪市、会社員の男(56)。
 福井市の男2人の逮捕容疑は10月28日、41歳男宅で覚醒剤約0・8グラムを所持、10月下旬ごろに覚醒剤を使用した疑い。大阪府の男2人の逮捕容疑は同15日、営利目的で堺市内から福井市の41歳男宅へ覚醒剤若干量を宅配便で送った疑い。堺市の42歳男は同27日にも約0・8グラムを送り、さらに11月1日に自宅で若干量を所持した疑い。
 福井署などは10月28日、福井市の男2人を所持容疑で現行犯逮捕。その後、堺市の42歳男と大阪市の56歳の会社員男も逮捕した。
 福井県警組織犯罪対策課によると、福井市の41歳男宅から押収した宅配物に、ポリ袋に入った覚醒剤と10本近い使い捨て注射器が入っていた。携帯電話で注文し、後払いで代金を口座に振り込んでいたとみている。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/996383

2019年12月19日 (木)

島根の漁港にコカイン1キロ 海外から漂着か(19日)産経

島根県警大田署は19日、大田市仁摩町馬路の漁港に、コカイン約1キロ(末端価格約2000万円)が15日朝に漂着しているのが見つかったと発表した。同署は海外から流れ付いたとみて調べる。
 同署によると15日朝、大田市の男性漁師(69)が知り合いと海岸の清掃作業中に、海藻に紛れていた漂着物を発見。ビニールや養生テープなどで何重にも巻かれた白い内容物を確認し、110番した。梱包に文字などの印字はなかった。
https://www.sankei.com/affairs/news/191219/afr1912190027-n1.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ