カテゴリー

ネット犯罪

2020年7月12日 (日)

やりとり消えるSNS 犯罪グループ悪用相次ぐ(12日)日経

ロシア発の無料通信アプリ「テレグラム」が犯罪に悪用される事例が相次いでいる。テレグラムの特徴は送信したメッセージの暗号化や自動消去機能など秘匿性の高さにある。犯罪グループが、この秘匿性を悪用し、連絡や薬物売買の交渉に使っているという。

「外部にばれにくいと思ってテレグラムを使った」。2020年1月に大阪市東淀川区の民家に押し入り、暴行を加えて現金40万円などを奪ったとして強盗致傷容疑などで逮捕さ…
[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61179340V00C20A7CE0000/

2020年7月11日 (土)

痕跡残さず個人情報盗む 新たな手口のサイバー攻撃に注意を(11日)NHK

インターネット通販などのウェブサイトを通じて、痕跡を残さずにクレジットカードなどの個人情報を盗み取る新たなサイバー攻撃の手口が相次いで確認されていることから、情報セキュリティー会社が注意を呼びかけています。 個人情報を盗み取るサイバー攻撃では、ネット通販などのウェブサイトを改ざんし、偽の画面に誘導してクレジットカード情報などを入力させる手口が知られています。

情報セキュリティー会社によりますと、最近になってウェブサイトを改ざんすることなく、情報を盗み取る新たな手口が相次いで確認されているということです。

新たな手口では、通販などのウェブサイトが広告の表示やアクセス解析などのために、外部の会社のサービスを利用していることを悪用し、この外部サービスのプログラムだけを改ざんすることで情報を盗み取る、偽の決済画面を表示させるということです。

本来のウェブサイト自体は、改ざんされていないためサイトの通信を監視する一般的な対策では防ぐのは難しいうえに、不正の痕跡を消してしまう高度な攻撃も見つかっているということです。 アカマイ・テクノロジーズの中西一博さんは「プロでも見抜くのが難しいほど攻撃が高度化している。新型コロナウイルスの影響で通販サイトを利用する人が多いと思うが、事業者は対策をするとともに利用者はカードの明細を毎月確かめてほしい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200711/k10012509511000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

2020年7月 2日 (木)

海保の通信機器でも流出 NTTコム、サイバー攻撃(2日)産経

NTTコミュニケーションズに対するサイバー攻撃で自衛隊の通信情報が流出した問題で、海上保安庁でも通信回線機器の工事情報が流出していたことが2日、海保への取材で分かった。
 海保によると、6月26日にNTTコム側から連絡があった。これまでに機密性の高い情報の流出は確認されていないが、同社が引き続き調査中という。
 NTTコムは5月28日、不正アクセスで621の企業や団体の工事情報などが流出した可能性があると発表した。防衛省はNTTコムから報告があったとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200702/afr2007020005-n1.html

2020年5月29日 (金)

NTTコムにサイバー攻撃 自衛隊の通信情報流出か(29日)共同

ネット接続サービス大手のNTTコミュニケーションズがサイバー攻撃を受け、自衛隊の通信ネットワークに関わる情報が流出した可能性があることが28日、関係者への取材で分かった。防衛省の基幹システムの運用に影響する恐れもあるとして、同省はNTTコムから経緯を聞き取り、漏えいが疑われるデータについて詳細を調査している。
 NTTコムは同日、不正アクセスにより業務を契約した621社の工事情報などが流出した可能性があると発表。個別の社名などは機密保持を理由に明かしていない。取材には「流出の可能性があるものに、防衛省関連の情報が含まれるかは回答を控える」とした。https://www.47news.jp/national/4857166.html

2020年5月14日 (木)

偽サイト多数、首相官邸も 公的機関や企業、千以上か(14日)産経

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は13日、日本の公的機関や企業などの偽サイトが多数確認されたとして、アクセスしないよう注意を呼び掛けた。NISCは企業名などを明らかにしていないが、首相官邸や国立国会図書館、神戸市、愛媛新聞社などの偽サイトが見つかり、被害は千件以上とみられる。コンピューターウイルスに感染したり個人情報が盗まれたりする被害の報告は確認されていない。
 神戸市は12日、偽サイトがあることを把握し、注意喚起をした。新型コロナウイルスの給付金関連のページも偽物だったという。市の担当者は、フィッシングにより情報が盗まれる恐れもあるとしている。愛媛新聞社も13日、同社ホームページの偽サイトを確認したと発表。記事や写真が無断で転載されていた。情報セキュリティー企業マクニカネットワークス(横浜市)の政本憲蔵さんによると、偽サイトは2月ごろから確認され、日本の組織だけでなく海外のサイトでも見つかった。ドメインの末尾が「.tk」「.ga」「.nl」など海外で使われるものが多かった。日本の正規サイトでは末尾が「.jp」の場合が多く、確認してから接続する必要があるとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200514/afr2005140001-n1.html

2020年5月12日 (火)

サイバー攻撃、中国に警告へ 「ワクチン研究窃取狙う」―米(12日)時事

【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、中国が新型コロナウイルスのワクチンや治療薬に関する研究データを盗もうとサイバー攻撃を仕掛けているとして、米政府が近く警告を発する準備を進めていると報じた。
 連邦捜査局(FBI)と国土安全保障省による警告の草案は「(中国政府が関与するハッキングチームは)違法な手段を通じ、ワクチンや治療、検査に関する価値ある知的財産やデータを得ようとしている」と批判している。サイバー攻撃に加え、研究者や学生といった「非伝統的な活動主体」も大学や民間の研究所からデータの窃取を図っていると警告する。
 こうした警告の発出は、中国の違法行為を抑止すると同時に、新型コロナ感染拡大の責任を中国に転嫁しようとするトランプ政権の戦略とみられる。トランプ大統領は11日、ホワイトハウスでの記者会見で「中国には不満を持っている。中国は(この世界的流行を)発生地で封じ込めるべきだった。(中国の動向を)注視している」と語った。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051200186&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

2020年2月25日 (火)

サイバー攻撃対策で企業を格付けへ IT業界団体 (25日)NHK

企業をねらったサイバー攻撃の脅威が増していることから、IT企業の業界団体が、企業の対策を格付けする新たな制度を年内にも設けることになりました。
 企業に対するサイバー攻撃は年々増え、最近も三菱電機やNECが大規模な攻撃を受けて多数のファイルが流出した可能性があることを明らかにしています。
 こうした中、日本IT団体連盟は、企業のサイバーセキュリティー対策を評価し、3段階に格付けする制度を年内にも設けることになりました。
 当面は団体に参加するおよそ5000社を対象にし、希望する企業に対して専門チームが、セキュリティー部門の人材の専門性、運用体制、経営者のセキュリティー対策への姿勢などを総合的に判断して格付けを決めるということです。
 外部からは見えにくい体制を比較できるようにすることで、企業の間で対策強化の意欲を高めてもらうねらいです。
 また、民間の保険会社と協力し、高い格付けを得るとサイバー攻撃の損害を補償する保険により安く加入できるようにすることも検討していくとしています。
 日本IT団体連盟で格付けの制度づくりを担う外村慶さんは「車などさまざまなものがデジタルのネットワークでつながるようになり、セキュリティー対策の重要性は増している。企業の対応力を示すことで、国内全体の対策の底上げにつなげたい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200225/k10012299611000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

2020年2月10日 (月)

防衛装備庁の情報流出か 三菱電機へのサイバー攻撃で(10日)朝日

三菱電機の社内ネットワークが大規模なサイバー攻撃を受けた問題で、防衛省は10日夜、流出した可能性のある情報の中に、防衛装備品に関する「機微な情報」が含まれていたと発表した。三菱電機側から新たに報告を受け、判明したという。

 問題が発覚した1月の段階では、同省は「機微情報の流出はなかったと(三菱電機から)報告を受けている」と説明。三菱電機もこれまで「防衛・電力・鉄道などの社会インフラに関する機微な情報、機密性の高い技術情報や取引先に関わる重要な情報は流出していないことを確認した」としていたが、こうした説明が覆される可能性が出てきた。

 同省によると、流出した恐れがあるのは、防衛装備庁が2018年10月に三菱電機側に貸し出した資料。装備品を試作するための研究開発の段階で要求する性能などの情報が含まれていた。

安全保障に直結するような防衛上の「秘密」には当たらないが、機微な情報に該当する「注意情報」だった。防衛省は貸し出す時点で三菱電機に対し、保全を徹底するよう求め、誓約書も提出させていたという。

 この情報は、装備品に関する研…
残り:245文字/全文:699文字https://www.asahi.com/articles/ASN2B6WMMN2BUTIL07T.html?iref=comtop_8_01

サイバー攻撃、19年は55%増 IoT機器向けが高水準(10日)共同

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は10日、2019年に主に日本で観測されたサイバー攻撃関連の通信が前年比55%増の約3279億件だったと発表した。あらゆる機器がインターネットにつながる「モノのインターネット(IoT)」の進展を背景にIoT機器向けの攻撃が引き続き高水準だった。
 NICTによると、18年の2121億件から大幅に増えた。海外の大学や研究機関などがセキュリティーに問題があるシステムを探すために行っているとみられる調査目的の通信が全体の53%に上った。これを除くと19年は1529億件で、18年(1368億件)より約12%増えた。
https://www.47news.jp/national/4507792.html

2020年1月30日 (木)

国連機関のサーバーに侵入(30日)西日本

 【ジュネーブ共同】スイス西部ジュネーブの国連欧州本部や、オーストリアのウィーンにある国連機関のサーバーが昨年夏、外部から侵入(ハッキング)され、職員名簿やメールアドレスなどのデータが抜き取られていたことが分かった。AP通信が29日、国連の内部文書に記されていた内容として報じた。
 侵入手口は高度に洗練されていたといい、国家が関与した疑いがあるという。国連の報道官はAPに対し、侵入は昨年7月に始まり、8月になって国連が覚知したと明かし「深刻な事態と捉えている」と述べた。既に対策は取られたという。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/579819/

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ