詐欺(特殊詐欺)

2017年8月21日 (月)

森友学園 籠池前理事長と妻 詐欺の罪で起訴(21日)NHK

学校法人「森友学園」をめぐる事件で、大阪地検特捜部は籠池泰典前理事長と妻が大阪・豊中市で行っていた小学校の建設工事に関連して国の補助金をだまし取っていたとして詐欺の罪で起訴しました。特捜部は、2人が学園の運営する幼稚園でも大阪府の補助金をだまし取っていたとして21日再逮捕する方針です。
 起訴されたのは、森友学園の前の理事長の籠池泰典被告(64)と学園が運営する幼稚園の前の副園長で妻の諄子被告(60)です。
 捜査関係者によりますと、2人は大阪・豊中市で行っていた小学校の建設工事で、工事代金を水増しした契約書を提出し、国の補助金をだまし取ったとして詐欺の罪に問われています。 
関係者によりますと、2人とも調べに対し黙秘しているということです。
 特捜部は、森友学園が運営する幼稚園でも専従の教職員の数や障害がある子どもの数を水増しして大阪府の補助金をだまし取っていたとして、籠池前理事長と妻を21日再逮捕する方針です。
 また特捜部は、国の担当者が学園側に国有地を大幅に低く売却し国に損害を与えたとする背任容疑での告発も受理していて、一連の問題について解明を進めるものと見られます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170821/k10011106351000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

補助金詐欺疑いでNPO元副理事長再逮捕 地域振興で不正(20日)共同

福島市のNPO法人の補助金不正受給事件で、福島署は19日午後1時50分ごろ、詐欺の疑いで福島市、同法人元副理事長の建設会社役員、容疑者男(60)=同罪で起訴=を再逮捕した。同署によると容疑者は容疑を認めているという。再逮捕容疑は、地域振興に関する県の補助金を受けるために架空の領収書や事業報告書を提出し、2013(平成25)年4月に約140万円、翌年4月に約36万円の計約176万円を県からだまし取った疑い。
 同署は、スポーツ振興に関する補助金約70万円を県から不正受給したとして、7月に容疑者を逮捕。県は容疑者が総額約540万円を不正受給したとして告訴しており、同署がさらに調べを進めている。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170820-197213.php

| トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

宗教団体幹部かたり詐欺「不動産を売却する」と8000万円振り込ませる 容疑の男2人を再逮捕(17日)産経

宗教法人「天理教」の幹部をかたり架空の不動産取引を持ちかけて現金をだまし取った事件で、埼玉県警は16日、詐欺容疑で、元不動産会社社長、井上卓三容疑者(67)=京都市南区=ら男2人を再逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
 再逮捕容疑は平成25年11月、さいたま市岩槻区の建設会社社長の男性(54)に天理教の幹部をかたり「静岡県熱海市の不動産を購入して天理教に売却することになっている」などと嘘をつき、同月から12月にかけて、男性にさいたま市内の金融機関から指定口座に計8千万円を振り込ませたとしている。
 同課は、2人が他にも同じ男性から同様の手口で数千万円をだまし取ったとして捜査している。http://www.sankei.com/affairs/news/170817/afr1708170011-n1.html

| トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

東京五輪装い詐欺疑い インフラ整備出資持ち掛け 岐阜(16日)日経

 2020年東京五輪の関係者を装い、うそのもうけ話を持ち掛けて岐阜市の国家公務員の男性(27)から60万円をだまし取ったとして、岐阜県警は15日、詐欺容疑で岐阜市川端町の無職、永尾正雄容疑者(69)を逮捕した。
 逮捕容疑は1月20日ごろ、岐阜市の飲食店で、「オリンピック関係のインフラ整備事業に出資してもらえると色を付けて金を返すことができる」などとうそを言って男性から20万円を受け取るなど、同月中に3回にわたり計60万円をだまし取った疑い。
 永尾容疑者は市内で男性に声を掛けて知り合いになった後、飲食店に誘い、「私はオリンピック推進委員会に入っている」と言ったり、ジャケットの襟に付けた「TOKYO2020」の文字や五輪マークが入ったピンバッジを見せたりして信用させていたという。
 県警は、永尾容疑者の自宅から、男性以外からも金を預かったことを示す書類を押収。他にも被害があるとみて調べている。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD15H2Q_V10C17A8CN8000/

| トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

実在しない「百万ドル紙幣」投資持ち掛け高齢女性から600万円だましとる 愛知県警、自称・大阪の男を逮捕(15日)産経

実在しない100万ドル紙幣への投資を持ち掛け、高齢女性から600万円をだまし取ったとして、愛知県警北署は14日、詐欺の疑いで、自称大阪府豊中市、無職の男(82)を逮捕した。「全く理解できない」と否認している。
 逮捕容疑は平成23年8~10月ごろ、名古屋市北区の70代女性に「100万ドル紙幣を150万円で買えば、1年以内に1枚当たり4500万円が受け取れる」とうそを言い、4口分の代金として600万円をだまし取った疑い。紙幣と称する物のコピーを渡していたという。
 北署は27年、同様の手口でこの女性から750万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で知人の男ら2人を逮捕したが、いずれも「男に指示されてやった。100万ドル紙幣は本物だと思っていた。だましたつもりはない」などと供述し、処分保留で釈放されている。
http://www.sankei.com/west/news/170815/wst1708150025-n1.html

| トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

【追跡・街の110番】「恵まれない人に譲った私の水着なぜフリマに?」 ボランティア装って水着集めた男の正体(11日)産経

「恵まれない人へのボランティアのために水着を譲ってくれないか」。そんなうたい文句で女性(26)から水着をだまし取ろうとした男の正体は、水難救助の現場で働く現役消防士だった-。警視庁八王子署は7月末、詐欺未遂の疑いで、神奈川県平塚市消防本部海岸出張所の消防士長の男(30)を逮捕した。男は寄付活動を装って競泳用水着を入手し、インターネットの個人売買サイトで出品しようと画策。同様の手口で水着の詐取を繰り返していたとみられるが、犯行は被害に遭った別の女性の機転によって露呈するに至った。(社会部 安里洋輔)
 ■見知らぬ男からの突然のメッセージ
 「突然なんですけど、使っていない競泳水着ってありますか」
 「薄くなっていてもトライアスロンのでも、何でも大丈夫です。お金がなくて水着が買えない外国の水泳チームのために水着を集めていて、協力してもらったら助かります」続きを読む

| トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

特殊詐欺「深刻な情勢」 小此木国家公安委員長(10日)日経

 小此木八郎国家公安委員長は9日、日本経済新聞などのインタビューに応じ、認知件数が増加傾向の特殊詐欺が「いまだに大きな被害が生じ、深刻な情勢にある」と述べた。
 件数は昨年まで6年連続で増え、今年に入って自身の母親も息子を装った電話を受けたという。「人ごとではない」として高齢者の被害防止対策などをさらに進めるよう警察を指導する考えを示した。
 小此木委員長は2020年の東京五輪・パラリンピックを見据えた治安対策や、自動運転を実現するための制度面の検討を進めるなど「世界一安全な国づくりのためにしっかりと汗をかいていきたい」と述べた。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H4V_Z00C17A8CC1000/

| トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

特殊詐欺、現金受け取り型からカード預かり型に(9日)読売

今年上半期(1~6月)に警視庁が把握した特殊詐欺事件1513件のうち、キャッシュカードをだまし取る手口が407件に上り、前年同期(30件)の約13倍に増えたことが同庁のまとめでわかった。
 従来の「現金受け取り型」は493件で、前年同期比で約2割減った。同庁は、被害者が訪れた金融機関での犯行発覚を避けるため、詐欺グループが手口を変更したとみている。
 特殊詐欺事件は前年同期から648件増え、被害額も約34億5800万円と、前年同期(約25億3200万円)の約3割増だった。
 急増する「カード詐取型」の約9割(380件)は、親族などを装ったオレオレ詐欺で、約4億9700万円が引き出された。百貨店員を名乗った電話で、「カードが他人に利用されている」と偽り、再発行手続きに必要などと称して暗証番号を聞き出した後、カードを預かる手口が多いという。
 昨年の上半期は、金融機関の窓口で現金を引き出そうとした高齢者らに職員が声かけをし、特殊詐欺の被害を未然に防いだケースが541件あった。今年は、被害者が金融機関に出向かないカード詐取型が増えたことで、未然防止は約1割減の489件だった。
 同庁幹部は「百貨店、警察、銀行協会がカードを預かることはない。『怪しい』と感じたら警察に相談してほしい」と呼びかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170809-OYT1T50017.html

| トラックバック (0)

“グルメンピック詐欺”主催者の男ら4回目の逮捕(9日)テレビ朝日

日本最大級の「グルメイベント」を開催すると嘘を言い、飲食店経営者らから金をだまし取ったとして、警視庁は主催者の男ら5人を再逮捕しました。
 田辺智晃容疑者(42)ら5人は、去年12月上旬ごろから今年1月ごろにかけて、大分県、大阪市、名古屋市の飲食店経営者3人などから約170万円をだまし取った疑いで再逮捕されました。5人は全国の飲食店経営者らにグルメイベントへの出店を持ち掛け、「売り上げが少ない場合は出店料金を返金します」などと嘘を言い、金をだまし取った疑いで逮捕・起訴されています。田辺容疑者らの逮捕は今回で4回目となります。田辺容疑者らは約500店以上から1億円以上を集めたとみられていて、警視庁はだまし取った金の行方などを捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107320.html

| トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

詐欺容疑で物流社長ら逮捕=組員に携帯流れる-静岡県警(8日)時事

会社で使わない携帯電話を会社名義で契約したとして、静岡県警組織犯罪対策課などは8日、詐欺容疑で、愛商物流(東京都港区)の社長阿部観容疑者(46)=港区東麻布=ら5人を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。
 携帯電話は暴力団組員に流れており、同課が詳しく調べている。
 逮捕容疑は2014年7月下旬から11月の11回にわたり、KDDI(au)に対し、会社で使うと偽り、携帯電話96台(約285万円相当)などを契約して詐取した疑い。
 同課によると、96台のうち60台の携帯電話が指定暴力団山口組弘道会系の組員に流れていた。KDDI以外の会社名義の携帯電話は振り込め詐欺に使われていたという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080801145&g=soc

| トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強姦、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年関連事件(被害も含) | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯