詐欺(特殊詐欺)

2019年5月17日 (金)

»架空の接待費で会社の現金詐取か、48歳会社役員を逮捕(17日)TBS

架空の接待費を請求して会社の金をだまし取ったとして、48歳の会社役員の男が警視庁に逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京・台東区の会社役員、秋山孝行容疑者(48)です。秋山容疑者は2014年、当時、役員として勤務していた台東区のパチンコ関連会社に架空の接待費を数回にわたって請求し、およそ33万円をだまし取った疑いがもたれています。
 接待費が前年に比べて、倍近くになっていることを不審に思った会社が調査したところ、一部で接待の事実がなかったことが分かったということです。
 取り調べに対し、秋山容疑者は「社員同士の飲み会の費用を自分が立て替えた。その補填をするためにやった」「競馬や何かに使ったと思う」と供述する一方で、一部は接待の事実があったとして否認しています。
 警視庁は秋山容疑者が同様の手口で、少なくともおよそ460万円を会社からだまし取っていたとみて捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3676143.html

| コメント (0)

米企業社員装い6000万円詐取、容疑の男逮捕(17日)産経

米国企業の社員を装って福島県の製造業の会社から約6000万円をだまし取ったとして、福島県警郡山北署は16日、詐欺の疑いで東京都港区芝浦、コンサルタント会社役員、田島剛容疑者(50)を逮捕した。 逮捕容疑は平成26年4月、電気関係部品の設計や製造などを手掛ける実在の米国企業の社員を名乗って、架空の開発計画への参加を持ち掛け、情報漏洩(ろうえい)防止のための保証金名目で、約6000万円をだまし取ったとしている。
 郡山北署によると、田島容疑者はこの米国企業に勤務した経験があるという。同署は他にも同様の手口で被害企業から外国に送金させたとみて調べている。https://www.sankei.com/affairs/news/190516/afr1905160051-n1.html

| コメント (0)

2019年5月16日 (木)

»古い消火器を磨き“新品”と偽ったか、買い替え持ちかけた男逮捕(16日)TBS

高齢者ばかりを狙って消火器の買い替えを持ちかけ、きれいに磨いた古い消火器を新品と装って販売する手口で、20件の詐欺を繰り返していたとみられる男が警視庁に逮捕されました。 詐欺の疑いで逮捕されたのは千葉県成田市の無職、鈴子勇治容疑者(69)です。鈴子容疑者は今年3月、品川区の一人暮らしの85歳の男性宅を訪問し、「家にある消火器は使えない」などとウソを言い、使用期限が切れた1995年製の消火器を1万5500円で販売した疑いが持たれています。
 都内では、同様の被害が少なくとも20件、確認されていますが、警視庁は、鈴子容疑者が高齢者ばかりを狙って買い替えを持ちかけ消火器を回収、その消火器をきれいに磨いて、今度は別の高齢者に新品と装って販売する手口を繰り返していたとみています。
 「『行政でね、4月から取り扱うので義務づけられます」ということで(言われた)。おかしいなと思った。『おつり取ってくる』と言ってそのままいなくなったから」(同様の被害で警察に被害届を出した男性)
 取り調べに対し、鈴子容疑者は「身に覚えがありません」と容疑を否認していますが、警視庁は余罪の裏付けを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3674959.html

| コメント (0)

2019年5月12日 (日)

»詐欺未遂で国士舘大生逮捕、詐欺グループのリクルーター役も(12日)TBS

国士舘大学のラグビー部員が、詐欺グループのリクルーターとしてメンバーを勧誘し、高齢の女性からキャッシュカードをだまし取ろうとしたとして警視庁に逮捕されました。 詐欺未遂の疑いで逮捕されたのは、国士舘大学のラグビー部員・梅山幸彦容疑者(20)です。梅山容疑者は今年3月、東京・小平市に住む80代の女性に金融庁の職員などを装って「あなたのキャッシュカードが不正に使われている。カードを回収しに行きます」とうその電話をかけ、カードをだまし取ろうとした疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、梅山容疑者は詐欺グループのリクルーターで、既に逮捕・起訴されている友人の男子大学生(20代)を現金の引き出し役として勧誘していました。取り調べに対し、容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3671553.html

| コメント (0)

2019年5月11日 (土)

「必ず儲かる」借金し契約 マルチ商法、20代相談突出(11日)朝日

「必ずもうかる」という言葉につられ、逆にお金をだまし取られた――。そんなマルチ商法(連鎖販売取引)に関する20代の相談が突出している。2022年には成人年齢が18歳になり、借り入れ契約などを自由に結べる人が増える。被害の拡大を危ぶむ声もある。
 近年は大学内で勧誘されるケースも相次いでいる。埼玉県内の男子大学生は20歳になったばかりの17年夏、友人から「いいバイトがある」と言われ、30歳代の男を紹介された。
 バイトは中国の通販サイトの商品を国内で転売する内容。ノウハウ取得のため男の会社と50万円でコンサル契約を結ばなくてはならないが、会社に知人を紹介して新たなコンサル契約が結ばれれば10万円が支払われる、という内容だった。
 大学生は「50万円もの金はない」と断ったが、男は「500万円した」という腕時計を見せながら「必ずもうかる」と熱弁を振るった。結局、大学生は消費者金融でお金を借りて契約。しかし、その2日後、男とは連絡が取れなくなった。
 勧誘された人が新たな買い手を誘い込むことでマージンが稼げるマルチ商法。それに関する相談が国民生活センターに例年、全国で1万件前後ある。18年度は9759件で、年代別の最多は4割を占める20代だ。
 消費者問題に詳しい貞松宏輔弁護士(埼玉弁護士会)は「悪徳業者は成人になったばかりの人たちを積極的にターゲットにしている」と指摘する。社会経験や知識が乏しい一方、借り入れやローン契約で使えるお金が一気に増え、親の同意なしで契約ができるようになることが影響しているという。22年4月の改正民法施行で成人年齢が18歳になれば被害はさらに拡大するおそれがある。
 被害に遭った場合などは、消費者ホットラインの「188」や埼玉弁護士会の法律相談センター(048―710―5666)が相談に応じる。
 ただ「被害金を取り戻すのは簡単ではない」と貞松弁護士。裁判で勝訴しても相手側に支払い能力がないなど回収できないケースも多く「とにかく相手側にお金を支払う前によく考え、周囲の人に相談することが重要です」と話している。(釆沢嘉高)
https://www.asahi.com/articles/ASM4K53V5M4KUTNB009.html

| コメント (0)

2019年5月10日 (金)

年金隠し生活保護申請 無職女を詐欺未遂の疑いで逮捕 埼玉県警(10日)産経

年金による収入を得ていたにもかかわらず、生活保護費を受給しようとしたとして、埼玉県警狭山署は10日、詐欺未遂の疑いで、住居不定の無職、降籏慶子容疑者(53)を逮捕したと発表した。容疑を否認している。 逮捕容疑は4月23日~5月9日、複数回にわたり狭山市生活福祉課の職員に年金などの収入を隠し、生活保護費約15万円をだまし取ろうとしたとしている。同署によると、降籏容疑者は3月、市役所に「キャッシュカードを盗まれ、口座から出金できない」などと生活困窮を訴え、2カ月分の生活保護費を受給していた。
 今月8日に狭山署に不正受給の疑いがあるとの情報提供があり、同署員が市役所にいた降籏容疑者の所持品を調べると、カードを所持していた。同署は2カ月分の生活保護費についても不正受給の可能性があるとして詐欺容疑で調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190510/afr1905100028-n1.html

| コメント (0)

フェラーリ売買2億円超詐取疑い 世界500台の限定車、2人逮捕(10日)時事

 世界に500台しかないフェラーリの高級車「ラ・フェラーリ」を購入できると偽って現金計2億5千万円をだまし取ったとして、警視庁麻布署は10日までに、詐欺の疑いで、東京都台東区竜泉、職業不詳吉田栄一容疑者(57)を再逮捕し、新宿区富久町、職業不詳萩孝人容疑者(51)を逮捕した。
 逮捕容疑は2015年12月~16年1月、限定生産のフェラーリを入手できるとうそをつき、モナコ国籍の50代の男性社長から計4回にわたり現金をだまし取った疑い。
 ラ・フェラーリは中古での売買しかできず、取引価格は3億~4億円という。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/509007/

| コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

粉飾決算の書類、複数作成か 融資金詐欺事件(9日)共同

インテリア雑貨販売会社「ラポール」(東京、破産手続き中)の経営状態を偽り1億円の銀行融資を受けたとされる詐欺事件で、同社が粉飾した決算書を複数作成していたことが9日、同社関係者への取材で分かった。
 警視庁組織犯罪対策4課は、金融ブローカー黒木正博容疑者(53)らが粉飾した決算書を使うなどして複数の金融機関から20億円以上の融資金をだまし取った可能性があるとみて捜査している。
 破産管財人の資料によると、黒木容疑者らは2014年、ラポールの再建名目で7割近くの株式を取得。実質的経営者になっていたとみられる。
https://this.kiji.is/498950349701334113?c=39546741839462401

| コメント (0)

»融資金15億円以上を詐取か、5人を逮捕(9日)TBS

会社の決算書を改ざんして、複数の銀行から融資金あわせて15億円以上をだまし取ったとみられる男ら5人が、警視庁に逮捕されました。 詐欺の疑いで逮捕されたのは、破産したインテリア商品などの輸入販売会社「ラポール」の実質的オーナーだった黒木正博容疑者(53)と元社長の鈴木忍容疑者(44)ら5人です。黒木容疑者らは会社の決算書を改ざんして、経営が悪化していることを隠し、銀行から融資金1億円をだまし取った疑いが持たれています。
 改ざんは黒木容疑者が指示したとみられていますが、JNNの取材に、黒木容疑者は関与を否定していました。
 「(Q.決算書は黒木さんが指示したわけではない?) 全然、全然。名刺持って銀行に行って説明したことも、一度も無いわけよ。僕が銀行紹介したのは事実よ。(Q.改ざんしたのでは?)そういうのは鈴木(容疑者)しかできない。なぜならば結局、鈴木(容疑者)が、おおもとのデータを持っていて」(輸入販売会社「ラポール」実質的オーナー 黒木正博容疑者)
 関係者によりますと、黒木容疑者らは同様の手口で、複数の銀行からあわせて15億円以上をだまし取ったとみられています。融資金の一部は暴力団に流れた可能性があるとみられ、警視庁は余罪についても調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3668946.html

| コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

»東京で特殊詐欺防止イベント、被害女性が注意呼びかけ(6日)TBS

6日、東京・品川区で特殊詐欺の被害をなくすためのイベントが行われ、実際に被害にあった女性が実体験を語り注意を呼びかけました。 特殊詐欺の被害をなくすため、6日、品川区の警視庁荏原警察署で行われたイベントには、実際に被害に遭った高橋トシ子さん(84)が参加し、集まった地元住民らに実体験を語りました。
 「被害額は50万円でした。少なかったけれど、すごく悔しかったのを覚えています」(オレオレ詐欺の被害に遭った高橋トシ子さん)
 高橋さんは2年前、おいを装った男からのうその電話で現金50万円とキャッシュカードをだまし取られたということで、「自分だけは大丈夫と思わないでほしい」と注意を呼びかけました。
 詐欺の電話は10連休が明けた平日になると増えるとみられ、警視庁は「各家庭で自動通話録音機を設置してほしい」と呼びかけています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3666573.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯