カテゴリー

詐欺(特殊詐欺)

2022年5月22日 (日)

被害総額4000万円以上か コロナ給付金詐欺の疑いで東京の男逮捕(22日)TBS

新型コロナで打撃を受けた個人事業者などに対する国の持続化給付金をだまし取ったとして、県警は東京都の58歳の男を逮捕しました。
詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京都の会社役員・山崎裕之容疑者(58)です。
警察によりますと、山崎容疑者はおととし7月に売り上げが減った個人事業者を装って国の持続化給付金100万円をだまし取った疑いがもたれています。
取り調べに対し、山崎容疑者は「全く身に覚えがない」と話し、容疑を否認しているということです。
山崎容疑者はコロナ給付金をめぐる詐欺の疑いで5回逮捕されている姶良市の渡辺大起被告と弟の悠人被告の指示役とみられています。
警察は山崎容疑者がこれまでに40数件、総額4000万円を超える申請に関わっ ていた可能性があるとみてさらに調べています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/51663?display=1

狙われるコロナ禍の病院 「借金半分棒引き」の甘い罠(22日)産経

新型コロナウイルス禍で資金繰りに悩む医療機関に近づいて返済不要な公(おおやけ)の融資枠があると偽り、高額な手数料をだまし取る詐欺行為が、全国で横行している。独立行政法人「福祉医療機構」(東京)が2年前、経営難の医療機関などに対し、無利子・無担保での貸し付けを始めたところ、不審な勧誘に関する情報が相次ぎ、数百万円を詐取されたとみられるケースもあった。公的医療保険に支えられ、絶えず収入がある病院から資金をかすめ取る新たな手口とみられ、機構は注意を呼び掛けている。

偽の身分証明書でなりすまし

機構が手がける融資は、コロナ禍で収益が悪化した医療機関や福祉施設が対象の「新型コロナウイルス対応支援資金」。機構が減収割合や運営形態に応じて上限額を設定し、原則として2億円を限度に無利子・無担保で貸し付ける。令和2年2月に始まり、今年9月末まで申し込みを受け付けている。
「融資額の1割を手数料として払ってくれれば融資の半額が返済不要になる」
機構によると、制度開始以降、医療機関の医師や事務担当者に対し、訪問や電話、交流サイト(SNS)を通じて、こうした持ちかけが相次いでいるという。
融資は、医療機関や福祉施設側からの申し出に基づき、機構が決定する。手数料は不要で、機構が自ら勧誘することはない。
「融資の半額が返済不要-」。いわゆる借金の棒引きをあらかじめ約束するなどは論外だ。
機構では、ホームページ上で、こうした勧誘への注意を呼びかけているが、制度開始以降、不審な勧誘や手数料の要求を受けたとの情報が約80件寄せられた。
続きを読む
https://www.sankei.com/article/20220522-O4L2GEQGXZN4XHR732FAFC6USE/

2022年5月20日 (金)

1日で900万円出金も 誤送金、男性を送検―山口(20日)時事

山口県阿武町が新型コロナウイルス対策関連の給付金4630万円を誤送金した問題で、誤りと知りながら400万円を別口座に振り替え不法な利益を得たとして逮捕された田口翔容疑者(24)が、1日で900万円を超える出金をしていたことが20日、代理人弁護士への取材で分かった。

全額回収方針「変わりなし」 住民の男逮捕で山口・阿武町長

 県警は同日、電子計算機使用詐欺容疑で田口容疑者を送検した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052000742&g=soc

2022年5月19日 (木)

かすれた声で電話…ガールズバー店員ら 病気の息子になりすまし高齢女性から200万円だまし取った疑いで逮捕(19日)TBS

息子になりすまし、高齢女性から200万円だまし取った疑いで、男2人を逮捕です。
逮捕されたのは、住居不定でガールズバー店員の内堀雄大容疑者(23)と、名古屋市天白区の無職、馬原佑太容疑者(28)です。
警察によりますと、2人は去年8月、岐阜県各務原市の、1人暮らしの84歳の女性に、病気にかかった息子になりすまして、「携帯と財布を落としてしまった」とわざとかすれた声で電話をかけるなどして、現金200万円をだまし取った詐欺の疑いがもたれています。

2人は、被害者から現金を受け取る“受け子”から現金を回収する役だったとみられ、認否は明らかにされていません。
警察は、2人が名古屋の錦三丁目で働いていたことなどから、繁華街の風俗店の従業員が共犯者として関わっていた可能性もあるとみて、捜査を進めています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/49888?display=1

2日連続、現金詐取狙う? 容疑で女子大生逮捕―警視庁(19日)時事

高齢女性の息子に成り済まし、現金をだまし取ろうとしたなどとして、警視庁王子署は19日までに、詐欺未遂容疑で、住所不詳、大学生中嶋紗香容疑者(24)を現行犯逮捕した。事件前日に同様の手口で現金をだまし取られた女性から通報を受け、警察官が待ち伏せをしていたという。
 逮捕容疑は18日、仲間と共謀し、東京都北区の70代女性の息子に成り済まし、「会社の同僚と悪さをして内部告発された。解決するために金が必要」などとうそを言って、女性宅近くで現金200万円を受け取ろうとした疑い。
 同署によると、17日に同じようなうその電話があり、女性はJR田端駅で、現金530万円を同容疑者とみられる女に渡した。その後、本当の息子から連絡があり、だまされたことに気付いた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051901180&g=soc

4630万円誤送金、24歳男逮捕 電子計算機詐欺容疑―「オンラインカジノで使った」・山口県警(19日)時事

山口県阿武町が新型コロナウイルス対策関連の給付金4630万円を誤送金した問題で、県警は18日、誤送金と知りながら一部を使ったとして、電子計算機使用詐欺容疑で、同町福田下、無職田口翔容疑者(24)を逮捕した。

出金34回、残高7万円弱 「少しずつでも返す」―誤送金問題で容疑者

 逮捕容疑は4月12日、町から自分の銀行口座に入金された4630万円が誤送金と知りながら、スマートフォンを操作してオンライン決済サービスを利用し、決済代行業者が東京都江戸川区の金融機関に開設した口座に400万円を振り替え、財産上不法の利益を得た疑い。
 県警捜査2課によると、田口容疑者は容疑を認め、「町から誤って振り込まれたお金と分かっていて、別の口座に移して使った」という趣旨の話をし、「オンラインカジノで使った」と供述しているという。
 誤送金された4630万円は、ほぼ全て別の口座に移っており、同課は逮捕容疑となった400万円以外についても捜査する。
 町が4月20日、県警に誤送金先について届け出た。これを受け、県警が捜査していた。
 町は4月15日、コロナで影響を受けた低所得世帯向けの10万円給付事業で、1世帯に誤って4630万円を振り込むミスがあり、同22日に回収が困難になっていると公表。町は今月12日、金の返還を求めて山口地裁萩支部に提訴するとともに、田口容疑者の実名を公表していた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051801289&g=soc

2022年5月18日 (水)

「ロマンス詐欺」で男を国際手配 被害総額4億円か―大阪府警(18日)時事

米国人女性らを装い、インターネット交流サイト(SNS)で知り合った男性から金をだまし取ったとして、大阪府警は18日、詐欺容疑で住所、職業不詳森川光容疑者(58)の逮捕状を取り、国際手配した。現在、ガーナに滞在しているとみられる。

「ロマンス詐欺」、コロナ禍で被害急増 恋心つけ込み投資話―国民生活センター

 府警国際捜査課によると、森川容疑者はガーナにいる人物と共謀し、米国人の女性ライターなどを名乗ってSNSで知り合った日本人男性2人に恋愛感情を抱かせ、計約150万円をだまし取った疑いが持たれている。こうした手口は「国際ロマンス詐欺」と呼ばれ、森川容疑者はガーナでリーダー格という。
 府警は同日、SNSを通じて米軍関係者に成り済まし、女性(33)から宝石を送る名目で34万円をだまし取ったとして、詐欺容疑などで、2月に死亡した職業不詳田中正明容疑者=当時(56)、東京都新宿区大久保=を被疑者死亡のまま、別の男(52)とともに書類送検した。
 同課によると、森川容疑者と田中容疑者らは同じグループで、2016年以降、男女65人から計約4億円を詐取したとみられる。だまし取った金の大半は森川容疑者に送金されていたという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051801150&g=soc

テレビ局から300万円詐取、容疑で「ザンギ」団体代表を逮捕(18日)産経

北海道名物の鶏の唐揚げ「ザンギ」のイベントを共催したテレビ局から現金をだまし取ったとして、札幌・中央署は17日、詐欺容疑で、一般社団法人「北海道ザンギ連盟」代表理事の金井英樹容疑者(53)=札幌市白石区北郷6条=を逮捕した。道警によると、「だましていない」と容疑を否認している。
逮捕容疑はイベント開催後の昨年2月ごろ、札幌市から補助金を受け取っていたにもかかわらず、共催したテレビ北海道に「補助金が下りない。立て替えてほしい」などと話し、現金300万円をだまし取ったとしている。
中央署はテレビ北海道からの告訴状を受理し、捜査していた。
https://www.sankei.com/article/20220517-CFAALSNCQRPYPNE3E35RF3R7TY/

7千万円詐取疑い、男4人を再逮捕 地面師グループか(18日)日経

東京都中野区の土地所有者に成り済まし、購入代金として不動産会社から7千万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は17日、無職、上野健二容疑者(58)や内装業、山崎一次容疑者(60)ら男4人を詐欺の疑いで再逮捕した。地面師グループとみられる。
再逮捕容疑は共謀して2017年4、5月、中野区沼袋2の土地の所有者に成り済まし、新宿区の不動産会社から7千万円を詐取した疑い。同課は4人の認否を明らかにしていない。
捜査2課によると、不動産会社は購入代金として1億2千万円を神奈川県内の別の業者に支払い、うち7千万円が上野容疑者らに渡ったという。
4人はこの土地の所有者を変更するため、偽造した登記関係の書類を法務局に提出したとして、4月に偽造有印公文書行使などの疑いで逮捕された。法務局の職員が偽造を見破り発覚した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE179BX0X10C22A5000000/

ホテルで2万円分の無銭宿泊をした男を逮捕したが…逮捕状請求書に番地を誤って記入 釈放して緊急逮捕し直す(18日)共同

沖縄県警那覇署は17日、詐欺の疑いで逮捕した容疑者の逮捕状請求書に数字の誤記載があったと発表した。容疑者をいったん釈放し、緊急逮捕し直した。
同署によると、16日、那覇市内のホテルで約2万円分の無銭宿泊をしたとして容疑者の男を詐欺の疑いで緊急逮捕した。緊急逮捕後に裁判所へ提出する逮捕状請求書で、逮捕場所の番地を誤って記載していた。
 17日に署員が誤記に気付いたという。同署の大濱洋一副署長は「職員の指導教養を徹底し、再発防止に努める」としている。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/960056

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ