裁判

2019年11月12日 (火)

大型公共事業巡り組員から利権要求 元組合長の長男証言 工藤会トップ裁判(12日)西日本

特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関与したとされる市民襲撃4事件で、殺人などの罪に問われた同会トップで総裁の野村悟被告(73)とナンバー2で会長の田上不美夫被告(63)の第5回公判が11日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。1998年2月に射殺された元漁協組合長の長男が検察側証人として出廷。同市の大型公共事業に絡み、事件の約1年前から少なくとも3回、同会組員から利権を求める働き掛けがあったが、全て拒否したと証言した。
 元組合長は港湾事業に関する漁協補償金の分配や業者選定に影響力があったとみられ、長男と一緒に港湾土木会社を経営していた。市が96年3月、若松区の港湾事業(総事業費約1千億円)を発表すると、97年1月、組員から「大きな仕事が始まる。おまえと元組合長らがターゲットだ、分かっているな」と言われたという。長男は「うまくやっていけよという意味だと思った」と語った。
 5月には別の組員が同社を訪れ「砂を買ってほしい」と要求、9月にも別の組員が来社し「若松は俺の縄張りだ。おまえたち、大概にしとけよ」と大声で迫られた。ほかにも組員が会社に電話をかけてきたという。
 事件後の98年5月ごろには、知人からの電話に田上被告が出て「(元組合長の弟と)よく話し合い、連絡して。警察や他の誰にも言ったらいけんよ」と言われたとも述べた。
 長男は父の死について「本当に無念」とした上で「トカゲの尻尾切りで終わらず、しっかりと事件を解明してほしい」と訴えた。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/558769/

| コメント (0)

2019年11月11日 (月)

組トップへの賠償請求棄却 特殊詐欺の使用者責任で東京地裁(11日)共同

指定暴力団稲川会傘下組織の組員による特殊詐欺事件の被害に遭った関東地方の70代女性が、稲川会の辛炳圭(通称清田次郎)会長(79)に使用者責任があるとして2150万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(小川理津子裁判長)は11日、請求を棄却した。
 特殊詐欺事件を巡り組トップの使用者責任を追及した訴訟の判決は4件目で、これまでは原告側の勝訴が2件、敗訴が1件。
 原告側は、組員が稲川会の組織力を背景に詐欺グループを組織し、だまし取った金が暴力団の資金源になっているとして、実行犯ではない会長にも責任があると主張していた。
https://this.kiji.is/566481955803808865?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

孫揺さぶり死、無罪確定 69歳祖母、検察が上告断念(9日)共同

生後2カ月だった孫の女児を揺さぶって暴行し死亡させたとして、傷害致死罪に問われた祖母の山内泰子さん(69)を逆転無罪とした大阪高裁判決について、大阪高検は上告期限の8日、上告を断念することを明らかにした。無罪が確定した。
 2017年10月の一審判決は、孫に急性硬膜下血腫など「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」の兆候がみられたことから虐待と判断し、懲役5年6月を言い渡した。
 だが先月25日の高裁判決は「SBSの理論を単純に適用すると極めて機械的で画一的な事実認定を招く」と一審の判断を批判した。
https://this.kiji.is/565531820966790241?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

新潟女児殺害「最も重い刑に」 遺族がコメント(7日)産経

新潟市西区で昨年5月、下校中の小学2年の女児=当時(7)=が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた小林遼被告(25)の裁判員裁判が8日から新潟地裁で始まるのを前に、女児の遺族は6日、「娘の命と私たちの幸せを奪った被告人は許せるはずがなく、法律で定められた最も重い刑にしていただきたい」とするコメントを出した。
 起訴状によると、小林被告は平成30年5月7日、新潟市西区の路上で軽乗用車を女児にぶつけて車に乗せ、車内でわいせつな行為をした上で、首を絞めて殺害し、JR越後線の線路に遺体を放置して列車にひかせて損壊するなどしたとしている。
 裁判では、小林被告に殺意があったかどうかなどが争点になる見込み。論告求刑公判は22日、判決は12月4日に指定された。
 遺族の裁判に関する主なコメントは次の通り。

 娘が亡くなってから1年半が経過しました。あの日から私たち家族の時間は止まったままです。判決がどのような結果になったとしても、娘が戻ってくることはなく、私たちの悲しみは裁判の前も裁判の後も何も変わることはありません。
 娘の命と私たちの幸せを奪った被告人に対しては許せるはずがなく、法律で定められた最も重い刑にしていただきたいです。裁判官、裁判員には今回の裁判で何が本当のことかをよく見極めていただき、適切な判断をしていただきたいと考えております。

  裁判の報道に当たっては、私たちが平穏な生活を送れるように特段の配慮を強くお願いしたいです。

https://www.sankei.com/affairs/news/191107/afr1911070002-n1.html

 

 裁判官、裁判員には今回の裁判で何が本当のことかをよく見極めていただき、適切な判断をしていただきたいと考えております。  裁判の報道に当たっては、私たちが平穏な生活を送れるように特段の配慮を強くお願いしたいです。

| コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

あおり衝突の男に実刑判決 津地裁(5日)産経

三重県亀山市で6月、大型トラックであおり運転をして乗用車に衝突、運転手の男性にけがを負わせ逃走したとして、傷害と道交法違反の罪に問われたトラック運転手、重田栄一被告(59)=京都市伏見区=に、津地裁(浜口紗織裁判官)は5日、懲役1年8月(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。
 検察側は論告で「幅寄せなど嫌がらせや妨害行為を繰り返した犯行は極めて悪質」と指摘。弁護側は「反省し、二度と運転しないと明言している」として、情状酌量を求めた。
 起訴状によると、重田被告は6月18日、亀山市の名阪国道で乗用車に幅寄せをした上、トラック右前方を乗用車左側面にぶつけ、運転手の男性に頸椎捻挫などのけがを負わせ逃げたとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/191105/afr1911050008-n1.html

| コメント (0)

母子3人殺害で無罪主張 元警察官「身に覚えない」 福岡地裁(5日)産経

福岡県小郡市の住宅で平成29年6月、母子3人が殺害された事件で、殺人罪に問われた元県警警察官、中田充被告(41)は5日、福岡地裁で開かれた裁判員裁判初公判で「一切身に覚えはなく、事実無根だ」と無罪を主張した。
 起訴状によると、被告は通信指令課の巡査部長だった29年6月5日深夜~6日未明、自宅で小4の長男涼介君=当時(9)、小1の長女実優さん=同(6)=の首をひものようなもので絞め、妻由紀子さん=同(38)=の首を圧迫し、いずれも窒息死させたとしている。
 県警によると、由紀子さんの爪から被告の遺留物が検出された。由紀子さんが見つかった台所には練炭のようなものがあり、県警は無理心中を偽装したとみている。
 一家は4人暮らし。被告が29年6月6日早朝に出勤後、家を訪れた由紀子さんの姉が3人の遺体を発見した。県警は由紀子さん殺害罪で起訴後の17年7月、被告を懲戒免職処分にした。
https://www.sankei.com/affairs/news/191105/afr1911050011-n1.html

| コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

動機どこまで明らかに=新潟小2殺害、8日に初公判(4日)時事

新潟市西区で昨年5月、小学2年の女児=当時(7)=が殺害され、線路上に遺棄された事件で、殺人などの罪に問われた小林遼被告(25)の裁判員裁判の初公判が8日、新潟地裁で開かれる。動機がわいせつ目的だったかなど、事件に至る詳しい経緯がどこまで明らかになるか注目される。判決は12月4日に言い渡される予定。
 起訴状によると、小林被告は昨年5月7日、新潟市西区の路上で女児に車を衝突させて連れ去り、同区内の駐車場に止めた車の中でわいせつな行為をし、首を手で圧迫し殺害。その後、遺体を線路上に放置し、列車にひかせたとされる。
 小林被告は逮捕後、女児の首を絞めたという趣旨の供述をする一方、殺意を否認。「車で女児にぶつかってしまい、泣かれてパニックになり車に乗せた」などと話していた。これに対し、検察側はわいせつ目的で連れ去ったとしている。
 女児は同日午後3時すぎ、一緒に下校した友人らと別れ1人で自宅に向かう途中、行方が分からなくなり、同10時半ごろ自宅から百数十メートル離れた線路で遺体で見つかった。司法解剖の結果、女児は列車にはねられる前に死亡し、死因は窒息だったと判明した。
 公判前整理手続きは、昨年9月に始まり、これまでに15回実施されたが、小林被告が出席したのは1回だけだった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110300285&g=soc

| コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

過失運転致傷の女性に無罪  地裁下関判決 警察の違法捜査認定 (1日)共同

 走行中の対向車2台に衝突してドライバーと同乗者計3人にけがをさせたとして自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の罪に問われた下関市の無職女性(78)の判決で、地裁下関支部(辛島靖崇裁判官)が「犯罪の証明がない」として無罪(求刑禁錮1年)を言い渡していたことが分かった。判決では、ドライバーの供述から警察官が虚偽を含む調書を違法に作成していたと認定した。判決は7月23日。
 判決などによると、事故は2016年7月21日に発生。女性が乗用車で同市内の国道191号を走行し対向車2台に衝突。対向車の20代男性と後続車を運転していた60代男性のほか、女性の車に同乗していた友人の70代女性に重軽傷を負わせた。運転していた女性自身も重傷を負った。女性が中央線を越えて対向車線へ進入したか否かを巡り、男性2人の供述の信用性が争点となっていた。
 辛島裁判官は、60代男性は本人の供述などから事故後の実況見分には立ち会っていないとした上で、「男性が立ち会って事故状況を説明したかのような虚偽内容を含む実況見分調書を警察官が作成した」と指摘。「違法・不当な捜査による暗示・誘導の介在」があったと認定した。
 さらに、20代男性が供述する停車位置とタイヤ痕の鑑定結果との矛盾点を挙げ、「供述の信用性について疑いを入れる余地がある」と判断。20代男性の車が中央線を越えて事故が起こった可能性もあるとした。
 検察側は8月5日に控訴し、広島高裁での初公判は12月3日を予定している。女性の代理人弁護士は「こちらが疑問に思っていたところをしっかり裁判官が確認してくれたように思う」、県警交通指導課の加藤工次長は「裁判が継続中なのでコメントする立場にない」と話した。(古家健太郎)https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/e-yama/articles/1971

| コメント (0)

2019年10月31日 (木)

盗み常習性認定し、一審破棄 万引の女に高松高裁(31日)共同

万引を繰り返したとして常習累犯窃盗罪に問われた高知市の無職の女(33)の控訴審で、高松高裁は31日、盗みをやめられない窃盗症の影響を認めて窃盗罪を適用し懲役1年2月とした一審高知地裁判決を破棄、常習性を認定して懲役2年の判決を言い渡した。
 被告側は窃盗症などの精神障害が影響したと主張。杉山慎治裁判長は「行動制御能力は著しく低下していなかった」と刑事責任能力を認め「精神障害の影響を受けつつも、窃盗は被告本来の人格によるもの」と指摘した。
 高知地裁は1月、常習性を要件とする常習累犯窃盗罪の成立を認めず、懲役4年の求刑に対し懲役1年2月の判決を言い渡した。
https://this.kiji.is/562606039847568481?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年10月30日 (水)

「執行猶予は誤り」東京高裁が1審破棄、大麻所持で実刑(30日)産経

大麻取締法違反(所持、栽培)の罪に問われた男の控訴審判決で、東京高裁は30日、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年とした1審判決を破棄し、懲役1年6月の実刑を言い渡した。男は別の罪で執行猶予中だった。
 刑法は執行猶予中に再び罪を犯した被告に、1年以下の懲役または禁錮を言い渡す場合に限り、執行猶予を付けられると規定。高裁の若園敦雄裁判長は「一審判決の法令適用に誤りがあった」と指摘した。
 男は今年2月、別の罪で懲役3月、執行猶予2年の判決を受けた後、執行猶予中に大麻取締法違反の罪で起訴された。今年7月の1審長野地裁判決は懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年を言い渡し、検察側が「1審判決には法令違反がある」と控訴していた。
 男は無職、堀内雄介被告(31)。判決によると今年4月、大麻約194グラムを所持し、自宅アパートで大麻19本を栽培した。
https://www.sankei.com/affairs/news/191030/afr1910300018-n1.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯