裁判

2017年12月15日 (金)

銃撃事件実行役 工藤会元幹部に懲役30年の判決(15日)NHK

北九州市の特定危険指定暴力団、工藤会が一般市民を狙ったとされる一連の事件のうち、元警察官の男性が銃撃された事件の実行役や、看護師の女性が刃物で刺された事件の犯人の送迎役などとして殺人未遂などの罪に問われている元幹部に、福岡地方裁判所は「社会に与えた不安を軽く見ることはできない」として、懲役30年の判決を言い渡しました。
 工藤会系暴力団の元幹部、中田好信被告(42)は、元警察官の男性が拳銃で撃たれた事件や歯科医師の男性が刃物で刺された事件では実行役として起訴され、トップの野村悟被告(71)が美容手術を受けたクリニックの看護師の女性が刃物で刺された事件の犯人の送迎役だったとして起訴され、野村被告とともに殺人未遂の罪などに問われています。
 15日の判決で、福岡地方裁判所の丸田顕裁判長は「社会に与えた不安を軽く見ることはできず、責任は極めて思い」と指摘しました。
 一方で、「立場は従属的で事件の解明に寄与する供述をした」として、検察の無期懲役の求刑に対し、懲役30年を言い渡しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171215/k10011260621000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁、外れ馬券の経費認める 国税通達に影響か(15日)共同

インターネットを通じ大量に競馬の馬券を買っていた男性が、所得税の申告で外れ馬券を経費と認めるよう求めた行政訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は15日、経費に算入できると判断し、算入できないとした国側の上告を棄却した。
 外れ馬券の経費算入を巡っては、最高裁が2015年、刑事裁判の判決で「営利目的で継続的に購入していた場合、算入できる」と初判断。国税庁は、判決後に通達を出し、算入を認める要件として馬券自動購入ソフトの使用を挙げていた。今回の原告はソフトを使っていなかった。https://this.kiji.is/314302672768386145?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

プール飛び込みで後遺症 1億9500万円賠償へ 香川 小豆島町(13日)NHK

6年前、香川県小豆島町で、中学校の水泳の授業中、プールに飛び込んだ生徒が大けがをして後遺症が残ったのは、安全管理などに問題があったためだとして、生徒と両親が町を訴えている裁判をめぐり、13日の町議会で、1億9500万円の損害賠償を支払うなどとする裁判所の和解案を受け入れる議案が、全会一致で可決されました。
 この裁判は、平成23年6月香川県小豆島町にある町営のプールで、町立内海中学校の当時2年生の男子生徒が、水泳の授業中、スタート台からプールに飛び込んだ際、首の骨を折るなどの大けがをし、手足がまひする後遺症が残ったのは、町の安全管理などに問題があったためだとして、生徒と両親が、1億2900万円余りの損害賠償を求めていたものです。
 町は、安全管理の問題を認めたうえで賠償額について争う姿勢を示していましたが、裁判所からの提案を受けて、将来の介護の費用などを加えた1億9500万円を支払うことで、和解することを決めました。
 そして町は13日、町議会に和解案を受け入れる議案を提案し、採決の結果、全会一致で可決されました。
 小豆島町の後藤巧教育長は「原告や家族には、申し訳なく思うと同時に二度と同じ事故を起こさないよう再発防止に努めている」と話していました。
 一方、原告側の弁護士によりますと、原告も和解案を受け入れる考えを示しているということで、早ければ今月25日にも和解が成立する見通しです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

ネコに熱湯やバーナーで虐待 動画投稿の元税理士に猶予判決 東京地裁(12日)産経

ネコに熱湯を掛けたりバーナーであぶるなどの虐待を加えて死なせたなどとして、動物愛護法違反罪に問われた元税理士、大矢誠被告(52)の判決公判が12日、東京地裁で開かれた。細谷泰暢裁判官は「残虐な犯行」として懲役1年10月、執行猶予4年(求刑懲役1年10月)を言い渡した。
 大矢被告は虐待の様子を動画で撮影し、インターネットで公開していた。11月の初公判では起訴内容を認め、「糞尿被害に遭って駆除しようと考えた」と話していた。
 細谷裁判官は「虐待行為自体に楽しみを覚え、ネットで公開することが目的化していた。犯行を正当化する余地はない」と指摘。一方、税理士を廃業するなどさまざまな制裁を受けたとして、執行猶予付き判決を言い渡した。
 判決によると、大矢被告は平成28年3月から29年4月までの間、埼玉県深谷市で、わなで捕獲するなどしたネコ13匹に熱湯をかけるなどして、うち9匹を殺し、4匹を傷つけた。
http://www.sankei.com/affairs/news/171212/afr1712120044-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東洋ゴム子会社に罰金1千万円 免震装置データ改ざん事件(12日)共同

東洋ゴム工業(兵庫県伊丹市)の免震装置ゴムのデータ改ざん事件で、不正競争防止法違反(虚偽表示)罪に問われた製造元の子会社「東洋ゴム化工品」(東京)に枚方簡裁は12日、求刑通り罰金1千万円の有罪判決を言い渡した。
 原司裁判官は、上層部が問題を認識した後も出荷停止などの措置を取らず偽装が続いたとして「個々の担当者の不正にとどまらない会社ぐるみの犯行だ」と指摘。「同業他社との公正な競争を害するだけでなく、一般社会の免震建造物への不信をまん延させた影響は大きい」と述べた。
https://this.kiji.is/313133725963650145?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

防衛省のPC窃盗 陸自学校職員の男に猶予判決 千葉地裁(12日)産経

 防衛省の備品のパソコンやテレビなどを盗んだとして、窃盗罪に問われた陸上自衛隊通信学校(神奈川県横須賀市)元職員、須田克敬被告(42)=千葉県大網白里市、懲戒免職=の判決公判が12日、千葉地裁で開かれ、岡部絵理子裁判官は懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。
 起訴状などによると、須田被告は今年4~7月の間、合計14回にわたり、東京都新宿区の防衛省の倉庫などから、備品のテレビやパソコンなど計41点(購入価格計約178万円)を盗み、リサイクルショップなどに売却した。
http://www.sankei.com/affairs/news/171212/afr1712120027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

復興補助金、詐取認める=会社役員ら福島県から2億円-東京地裁(6日)時事

福島県から復興補助金をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われた精密部品会社「CKU」(大阪府)代表取締役の谷川章太(36)、兄で同社役員の茂利(38)両被告の初公判が6日、東京地裁(吉田勝栄裁判長)であり、2人は「間違いございません」と起訴内容を認めた。
 検察側は冒頭陳述で、同社は2013年に同県白河市に工場を建設したが、2人は取引先に依頼して経費を約1億7600万円水増ししたと指摘。県の検査を受けた際には、従業員を雇ったように見せ掛けるため、タイムカードを偽造していたことも明らかにした。
 起訴状によると、2人は12~14年、工場建設に関する書類を偽造し、「ふくしま産業復興企業立地補助金」を申請。県から約2億5400万円を詐取したとされる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120600181&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

除染事業詐欺で「安藤ハザマ」社員ら起訴内容認める(5日)テレビ朝日

福島第一原発事故による除染事業を巡り、自治体から金をだまし取った罪に問われた準大手ゼネコン「安藤ハザマ」の社員2人の初公判が開かれ、2人は起訴内容を認めました。
 安藤ハザマ社員の茂呂吉司被告(50)と山下雄一被告(48)は、福島県田村市の除染事業を巡り、作業員の宿泊費を水増しした嘘の領収書を提出し、約7600万円をだまし取った罪に問われています。4日の初公判で茂呂被告らは、「間違いありません」と起訴内容を認めました。検察側は冒頭陳述で、2人が当時の上司から業務委託料を30億円以上とするよう指示を受けていたとし、「目標達成のため、宿泊費を過大請求することを決意した」と指摘しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000115938.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

女性殺害と傷害致死、二審も無期 九頭竜湖事件(4日)西日本

飲食店員の女性を殺害、福井県の九頭竜湖に遺棄したほか、別の交際相手の女性も窒息死させたとして、殺人と傷害致死などの罪に問われた林圭二被告(45)の控訴審判決で、名古屋高裁(山口裕之裁判長)は4日、無期懲役とした一審名古屋地裁の裁判員裁判判決を破棄、没収金に関する部分を変更した上で改めて無期懲役を言い渡した。
 控訴審で、弁護側は林被告が殺害を主導したとは断定できず、傷害致死の事実認定にも誤りがあるとして、一審判決の量刑は重すぎると主張していた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/377737

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

判決受け遺族ら追悼、沖縄 うるま市の女性殺害事件(3日)西日本

沖縄県うるま市の女性会社員=当時(20)=が昨年4月、ウオーキング中に襲われ、殺害された事件で、女性の遺族ら約10人は3日、事件現場を訪れた。元米海兵隊員で軍属だったケネス・シンザト被告(33)がこの2日前に無期懲役判決を受けており、遺族らは手を合わせたり、花を手向けたりして追悼した。
 女性の父親らは正午すぎ、遺体が遺棄された恩納村の雑木林を訪れ、多くの花束やジュース、折り鶴が供えられた献花台の前で約30分間、祈りをささげた。父親は最後に深く頭を下げ、静かに立ち去った。
 父親は判決後のコメントで「私たちは日々、苦しみや悲しみの中にいる」と明かしている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/377632

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯