裁判

2019年5月17日 (金)

母親の供述調書 経緯明らかに(17日)NHK

16日の初公判では、検察官がなぎさ被告の供述調書を読み上げました。
この中で、次女の出産後、沖縄で暮らしていたなぎさ被告が、おととし9月、勇一郎被告と心愛さんらが暮らす千葉県野田市に引っ越し、心愛さんが虐待を受けて亡くなるまでの経緯などが明らかになりました。

おととしの9月23日、なぎさ被告は先に野田市に転居していた心愛さんと再会しました。
このとき、心愛さんはどこか元気がない様子で、なぎさ被告が「元気?」と尋ねると「うん」とうなずくだけだったということです。
検察によりますと、遅くともこの2か月前のおととし7月には勇一郎被告による心愛さんへの虐待が始まっていたということです。
勇一郎被告が自宅のアパートにいない時になぎさ被告が尋ねると、心愛さんは「毎日が地獄だった」「夜中にずっと立たされたり、夜中に起こされたり、次女の世話をさせられたりした」などと打ち明けたということです。
それでも、なぎさ被告は、勇一郎被告に虐待があったかどうか確認しなかったということです。
おととし11月、心愛さんが小学校のアンケートで勇一郎被告から暴力を受けていることを訴えたことで児童相談所に一時保護されましたが、心愛さんはその直前に勇一郎被告からの暴力やそれをアンケートで訴えたことについてなぎさ被告に打ち明けたということです。
しかし、その後、勇一郎被告となぎさ被告は心愛さんの同意を取ったとする書類を示して野田市の教育委員会からアンケートのコピーを受け取ったり、「お父さんに叩かれたのはうそです」などという内容の文書を心愛さんに書かせたりして、児童相談所に示していました。
これについてなぎさ被告は「娘の気持ちを確認しないままだった。申し訳なく、娘の気持ちを踏みにじるものだった。アンケートは夫が見るべきではなかった」などと供述していたということです。
そして、去年の年末からことしの年始にかけての勇一郎被告の虐待について、なぎさ被告は「去年の年末の夜、リビングにいたところ、風呂場で『ドン』という音がして見に行ってみたら、これまででいちばんひどいあざができていた。まぶたがはれたり、ほおが切れていたりしていた。大みそかに年越しそばを食べていたところ、『もっとおいしそうに食えないのか』と夫が言って、娘がはしを止めてしまった。それがきっかけで、罰で風呂場に立たされるようになった」と供述していたということです。
そして、「1月1日にスクワットをさせて娘が倒れ込んだ。そのとき死んじゃうんじゃないかと思い『虐待だよ』と夫に言ったら、逆ギレされてDVを受けた」と供述していたということです。 続く
https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20190516/1080005790.html

| コメント (0)

2019年5月16日 (木)

心愛さん「毎日地獄だった」、母に懲役2年求刑 小4女児虐待死初公判 (16日)日経

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(当時10)が自宅浴室で死亡した虐待事件で、父の勇一郎被告(41)=傷害致死罪で起訴=の暴行を制止しなかったとして傷害ほう助罪に問われた母のなぎさ被告(32)は16日、千葉地裁(小池健治裁判長)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役2年を求刑し、即日結審した。判決は6月26日。
なぎさ被告は被告人質問で、勇一郎被告による年末年始の虐待を止めようと「これ以上やめて。通報する」と言ったが、胸ぐらをつかんで床に押しつけられ、暴行を受けたと自身へのドメスティックバイオレンス(DV)を説明した。
弁護側は起訴内容を争わないとし「なぎさ被告は他者に希望を伝えることが苦手で、勇一郎被告がなぎさ被告を支配する関係にあった」と述べ、虐待の意思はなかったと主張した。
検察側は論告で「心愛さんを守ろうとする態度がみられず、虐待を放置した。母としての責任を放棄した悪質な犯行」と言及。冒頭陳述では、勇一郎被告が県柏児童相談所による心愛さんの一時保護が解除された後、遅くとも2018年7月ごろには、再び心愛さんにけがを負わせるほどの暴行を加えるようになったとし、なぎさ被告は「警察に通報するなどしなかった」と非難した。
さらに、沖縄県糸満市から野田市に転居した17年、一時的になぎさ被告と離れて暮らしていた心愛さんが当時の状況を「毎日地獄だった。(勇一郎被告から)夜中にずっと立たされたり、妹の世話をさせられたりしていた」と打ち明けていたとのなぎさ被告の供述調書を読み上げた。
起訴状によると、今年1月22~24日、勇一郎被告は肌着だけの心愛さんに冷水シャワーを掛けるなどの暴行を加え、十分な食事や睡眠を与えず飢餓と強いストレスで衰弱させ、死なせたとしている。なぎさ被告は勇一郎被告の指示で食事を与えず、暴行を制止せずに手助けしたとしている。
勇一郎被告は元日ごろ、なぎさ被告の顔を殴ったなどとして暴行罪でも起訴されているが、裁判員裁判の期日は未定。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44874420W9A510C1000000/

| コメント (0)

2019年5月15日 (水)

裁判員辞退が6割、量刑幅広がる 制度開始10年、9万人が経験(15日)西日本

2009年の裁判員制度開始から10年となるのを前に最高裁は15日、成果と課題をまとめた総括報告書を公表した。裁判員候補者に選ばれたものの仕事などを理由に辞退した人の割合は増加傾向が続き、昨年末までの全期間で62・5%。選任手続きへの出席率も低下傾向で、最高裁は背景に審理の長期化や国民の関心低下があると分析した。ただ、現状は運用に影響しないレベルだとしている。 審理数は1万1千件を超え、裁判員や補充裁判員として参加した市民は計約8万9千人。量刑面では性犯罪で厳罰化が進んだ一方、放火や殺人で執行猶予が付く割合が高まるなど軽重両方向に幅が広がった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/510276/

| コメント (0)

2019年5月14日 (火)

スルガ銀などに賠償請求へ 融資受けた女性、東京地裁(14日)産経

外食事業会社「コーポレートプランニング」(東京)の幹部から高配当を約束され、元手としてスルガ銀行(静岡県沼津市)から借り入れた現金を詐取されたとして、東京都の20代女性が14日、同社やスルガ銀を相手に損害賠償など計220万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こす。 原告側によると、融資を担当したスルガ銀の行員は、女性の年収を4倍以上に水増しして審査するなどの不法行為があり、コーポレート社の幹部らと通じていたと主張。スルガ銀が使用者責任を負うとしている。
 訴状によると、女性は平成30年、インターネットの婚活アプリで知り合ったコーポレート社を経営する男性に好意を寄せ、男性から紹介された同社幹部から「お金を預けてくれたら投資で増やし、毎月高配当を行う」と持ち掛けられた。女性はスルガ銀から借りた200万円をコーポレート社名義の口座に振り込んだが、配当は一度もなく、運用された形跡もないという。
https://www.sankei.com/affairs/news/190514/afr1905140003-n1.html

| コメント (0)

2019年5月13日 (月)

盗品金貨、質店に返還命令 元造幣局職員の窃盗で東京地裁(13日)共同

独立行政法人造幣局が、窃盗罪で有罪が確定した元職員の男(57)=懲戒免職=が盗んで質入れした金貨や記念メダルの返還を求めた訴訟の判決で、東京地裁は13日、東京都内の質店に返還を命じた。
 民法は盗難や遺失から2年以内なら、元の所有者は占有者に返還を求めることができると規定。質店側は、事件は詐欺か業務上横領に当たり返還請求の対象ではないと主張したが、三木素子裁判長は盗品と認定した。
 元職員は、造幣局から金塊やメダルなど計約1億5千万円相当を盗んだとして窃盗罪で起訴され、2017年4月にさいたま地裁で懲役5年の判決を受け、確定した。https://this.kiji.is/500622241156547681?c=39546741839462401

| コメント (0)

2019年5月11日 (土)

復興補助金詐取罪で懲役7年 福島地裁、被害額11億円(11日)産経

東京電力福島第1原発事故からの復興を目的とした補助金や助成金計約11億円を福島県などからだまし取ったとして、詐欺罪に問われたプリンター製造販売会社の元代表取締役、古谷庄悟被告(53)=東京都大田区=に、福島地裁は10日、「震災復興の適正な進行を大きく妨げた」として、懲役7年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。 判決理由で柴田雅司裁判長は古谷被告らが計約11億2000万円をだまし取ったと認定、「公金に甚大な被害を与え、正当に交付を受けられたはずの企業への助成も阻害された」と述べた。弁護側は共謀者が中心的役割と主張したが、「だまし取ることについて意思を通じていた」として退けた。https://www.sankei.com/affairs/news/190510/afr1905100036-n1.html

| コメント (0)

2019年5月10日 (金)

合議なのに単独で判決? 「手続き違法」差し戻し 東京地裁(10日)産経

 東京地裁の民事訴訟をめぐる控訴審判決で、東京高裁の阿部潤裁判長は9日、1審は裁判官3人による「合議体」での審理を決定したのに、記録上は裁判官1人で判決が言い渡された形となっており「手続きが違法だ」として、1審判決を取り消し、審理を地裁に差し戻した。
 判決などによると、この訴訟は、千葉県の男性が昨年5月、警視庁による交通違反の取り締まりが違法だとして、東京都に損害賠償を求めて提訴した。地裁は7月、合議体で審理すると決定。12月の判決で、男性の請求を棄却した。
 だが、法廷に立ち会った書記官が作成した「口頭弁論調書」には、判決言い渡し日の手続きに関与した裁判官名が1人しか書かれておらず、調書の認め印欄は、別の裁判官の印影があった。高裁は「調書では裁判官が単独で言い渡したと記載され、3人が列席したことを証明できない」と指摘。認め印欄の裁判官とも名前が一致せず「調書は無効だ」と判断した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190509/afr1905090023-n1.html

| コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

»地面師事件、“旅館の女将”になりすました女は起訴内容認める(8日)TBS

大手住宅メーカー「積水ハウス」から土地の購入代金をだまし取るなどした罪に問われた「地面師グループ」の女ら3人の初公判が行われ、3人はいずれも起訴内容を認めました。 「地面師」グループのメンバー・羽毛田正美被告ら3人はおととし、東京・品川区の旅館跡地の地主になりすまして、積水ハウスから購入代金をだまし取った詐欺などの罪に問われています。羽毛田被告はグループ主犯格のカミンスカス操被告とともに商談に参加し、“旅館の女将”になりすましていました。
 8日の初公判で、羽毛田被告ら3人は、いずれも起訴内容を認めました。続いて行われた冒頭陳述で、検察側は、「羽毛田被告が旅館の女将名義の偽造パスポートなどを提示し、積水ハウスの担当者は女将本人であると誤信させられた」と指摘しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3668576.html

| コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

»20歳年下夫“殺害” 妻の交際相手「首絞めたのは自分じゃない」(7日)TBS

 三重県鈴鹿市で20歳年下の夫を殺害した罪などで、妻とその交際相手が逮捕・起訴された事件です。7日、交際相手の男の裁判が始まりましたが、早くも2人の主張に食い違いが出てきました。
 「(Q.犯人に思うことは)殺したい、憎い」(逮捕前の横山富士子被告、去年6月)
 JNNの直撃に、こう話した被害者の妻・横山富士子被告(46)。しかしその後、その夫を自分の交際相手とともに殺害した疑いで逮捕されました。
 その交際相手・上山真生被告(30)の7日の初公判。富士子被告の夫・横山麗輝さん(当時25)を殺害したなどの罪について・・・
 「事実ですが、(首を)絞めたのは自分ではない」(上山被告)
 横山さんの首を絞めて殺害したのは富士子被告だと主張しました。これに対し、検察側は、首を絞めたのは上山被告だと反論。横山さんとの離婚に失敗したため殺害に至ったもので、横山さんが2人の関係を知っていて、慰謝料を払いたくなかったことも動機だと述べました。
 8日は富士子被告も証人として出廷。上山被告が首を絞めたと、交際相手同士で対立すると見られています。

| コメント (0)

»「国際ロマンス詐欺」初公判、ナイジェリア国籍の男 無罪主張(7日)TBS

 恋愛感情を利用する「国際ロマンス詐欺」の手口で、多額の現金をだまし取ったとされるナイジェリア国籍の男が無罪主張です。
 ナイジェリア国籍のインディグウェ・ジョンソン・オドグ被告(43)は、40代と70代の男性2人から210万円あまりをだまし取った詐欺の罪に問われています。
 福岡地裁で開かれた7日の初公判で、検察側は、退役軍人の女性になりすまして、「来日する際に関税を払う必要がある」などとうそをついていたと手口を説明。「自分の長女の銀行口座に振り込まれた金を引き出す役割だった」と述べました。
 一方、オドグ被告は「だまし取っていません」と起訴内容を否認し、無罪を主張しています。
 この事件をめぐっては、ほかにナイジェリアやカメルーン国籍の男ら4人が逮捕されています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3667403.html

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯