裁判

2018年9月22日 (土)

GPS「見張り」に当たらず ストーカー法で福岡高裁(22日)日経

 女性の車に全地球測位システム(GPS)を付け、位置情報を収集したとして、ストーカー規制法違反の罪に問われた男性被告(51)の控訴審判決で、福岡高裁(野島秀夫裁判長)は21日、同法の処罰対象となる「見張り」には当たらないと判断した。懲役6月とした一審・佐賀地裁判決を破棄し、審理を地裁へ差し戻した。
 判決で野島裁判長は同法が規定する見張り行為について「視覚を用いて動静を把握すること」との解釈を示した。
 その上で、被告はGPSによる情報をパソコンなどの電子機器を通じて取得し、女性が立ち寄った場所を把握していたと指摘。「視覚で見たとは言えず、見張りには当たらない」と述べた。
 一方で、こうした行為の中で、女性を実際に見て行動を把握していないかどうか調べるため、審理を尽くす必要がある、とした。
 GPSによる情報収集を巡っては、福岡高裁の別の裁判長が20日の判決で同様に「見張りに該当しない」と判断した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35652870R20C18A9ACYZ00/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

»高1男子自殺、「いじめ対応が不適切」 母親が都を提訴(21日)TBS

3年前、東京都立高校の1年生の男子生徒が自殺した問題について、生徒の母親が「学校がいじめを把握していたのに適切な対応をとってこなかった」として、都を相手取り、損害賠償を求める訴えを起こしました。
 「息子を2015年9月27日に突然失って、もうすぐ3年です。一歩も前に進んでいなくてがく然とします」(男子生徒の母親)
 訴えを起こしたのは、2015年に自殺した都立高校1年の男子生徒(当時16)の母親です。訴状などによりますと、男子生徒は日常的にいじめを受けていて、学校が行ったアンケート調査を通して悩みを伝えていたということです。
 男子生徒の母親は「学校が、いじめを把握していたのに適切な対応を取らなかった」として、東京都に対しおよそ9300万円の賠償を求めました。
 「(息子は)学校での心身の苦痛をツイッターやLINEに残していました。学校でなかったことにされている息子の人権と名誉の回復をしてもらうには、もう裁判しか方法がないのです」(男子生徒の母親)
 東京都は去年9月、自殺の原因を「究明不可能」とする報告書をまとめましたが、今年7月に再び調査を行う決定をしています。提訴を受けて東京都は「訴状が届いていていないのでコメントできない」としています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

高校生自殺で母親が東京都を提訴「いじめに適切に対応せず」(20日)NHK

3年前、都立高校1年生の男子生徒が山梨県内のJRの駅で自殺した問題で、生徒の母親が「学校はいじめを把握していたのに、適切に対応しなかった」として東京都に9300万円余りの賠償を求める訴えを起こしました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»オウム元死刑囚と弁護士面会時の立ち会い、国に賠償命令(20日)TBS

オウム真理教の林泰男元死刑囚と弁護士が拘置所で面会する際に職員が立ち会ったのは違法だと訴えた裁判で、東京地裁は国に25万円の支払いを命じました。
 今年7月に死刑が執行されたオウム真理教の林泰男元死刑囚と弁護士は東京拘置所で面会した際に職員が立ち会ったのは「秘密交通権」の侵害だとして、国におよそ1300万円の損害賠償を求めていました。
 19日の判決で東京地裁は、拘置所の所長が行政訴訟法の規定を把握せず、確認を怠ったとして、「極めて重大な過失があった」と指摘し、国に慰謝料として25万円を支払うよう命じました。
 東京拘置所を管轄する法務省は、「判決内容を精査して、適切に対応してまいりたい」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3476963.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

丸刈りにされブログ掲載か “パワハラ”で会社訴え(14日)テレビ朝日

 会社からパワハラを受けたと訴えていました。男性は勤務先で頭を丸刈りにされるなどし、その様子をブログに掲載されていました。
 原告側が提供した写真には、男性が頭を丸刈りにされ、たわしでこすられている様子が写っています。さらに、裸の状態で洗車用の高圧洗浄機で水を掛けられています。これらの写真が会社のブログに掲載されていたといいます。男性はパワハラを受けたとして、2012年から2年間、勤務していた運送会社などを訴えていました。14日の判決で福岡地裁は、これらの行為が会社のオーナーの指示によるものだったと認定し、残業代の未払い分も合わせて会社側に約1500万円の支払いを命じました。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136265.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

MX子会社元社員に有罪=西部さん自殺ほう助-東京地裁(14日)時事

評論家の西部邁さん=当時(78)=の自殺を手助けしたとして、自殺ほう助罪に問われた東京MX子会社の元社員、窪田哲学被告(45)=懲戒解雇=の判決で、東京地裁は14日、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。弁護側は無罪を主張していた。
 守下実裁判官は判決で、窪田被告は、西部さんの依頼で現場を下見し、自殺用のロープを購入するなど、「ほう助の意思は強固で計画性もあった」と指摘。一方、西部さん本人の自殺の意思は固かったとし、刑の執行を猶予した。
 判決によると、窪田被告は、西部さんと師弟関係にあった男(54)=懲役2年、執行猶予3年が確定=と共謀し、1月21日未明、東京都大田区の多摩川で、西部さんの体に重りを付けるなど入水自殺を手伝った。https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091400158&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

【リニア入札談合】大林組に罰金2億円求刑 判決は10月22日(13日)産経

リニア中央新幹線建設工事をめぐる談合事件で、独占禁止法違反(不当な取引制限)罪に問われた法人としての大林組の論告求刑公判が13日、東京地裁(鈴木巧裁判長)で開かれ、検察側が罰金2億円を求刑し結審した。判決は10月22日。
 法人として起訴されたゼネコン大手4社のうち、大林組と清水建設は、独禁法の課徴金減免制度に基づき公正取引委員会に談合を自主申告。この両社の元幹部らは起訴猶予処分となった。公判でも大林組と清水は起訴内容を認めていた。
 一方、大成建設と鹿島建設と、両社の幹部らは公判前整理手続き中。関係者によると、両社側は起訴内容を全面的に否認している。
 起訴状によると4社は26年4月から27年8月、JR東海が発注するリニアの品川、名古屋両駅の新設工事の入札で、事前に受注予定業者を決めるなどして競争を制限したとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/180913/afr1809130019-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察の情報あれば防げた…遺族が提訴 熊谷6人殺害(13日)テレビ朝日

 埼玉県熊谷市で2015年に男女6人が殺害された事件で、妻と娘2人を殺害された男性が警察の情報提供があれば事件を防げたとして、県を相手取って訴えを起こすことが分かりました。
 ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロンジョナタン被告(33)は2015年、熊谷市で加藤美和子さん(当時41歳)や加藤さんの娘2人(10歳、7歳)ら6人を殺害した強盗殺人などの罪に問われています。ナカダ被告は一審で死刑判決を受け、控訴しています。ナカダ被告は事件前に住宅に侵入した疑いで熊谷警察署に任意同行されましたが、逃走して6人はその後の3日間で殺害されました。この事件を巡り、加藤さんの夫(45)がナカダ被告が逃走したことを警察が住民に伝えていれば家族3人は殺害されていなかった可能性が高いとして、県に対して約6400万円の損害賠償を求め、14日にも提訴することが分かりました。加藤さんの夫は「警察に落ち度があったことを認めて謝罪してほしい」とコメントしています。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136178.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

闇サイトで知り合った男と80歳女性殺害 被告は起訴内容認める(12日)NHK

去年2月、インターネットのいわゆる「闇サイト」で知り合った男と神奈川県平塚市の80歳の女性を殺害し、バッグを奪ったとして強盗殺人などの罪に問われている24歳の男に対する裁判員裁判の初公判が開かれ、男は起訴された内容を認めました。  

続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»マタハラ裁判、出産後の雇い止めは無効(12日)TBS

正社員の女性が出産後、契約社員にさせられた上、雇い止めとなったのは「マタニティーハラスメント」だなどと訴えた裁判で、東京地裁は雇い止めは無効とする判決を言い渡しました。
 都内に住む37歳の女性は人材コンサルティング会社「ジャパンビジネスラボ」で英語の講師の正社員として勤務していましたが、出産後、契約社員にさせられた上、雇い止めになったとして地位確認を求める裁判を3年前、東京地裁に起こしました。
 11日の判決で東京地裁は「正社員を解約するとした契約書は両者の合意の上、成立している」などとして、正社員の地位は認めませんでしたが、雇い止めについては「無効」とする判決を言い渡しました。
 また会社側の対応について、「育児休業終了後の女性の働き方の多様性を甘受するかのような姿勢を標榜しつつ、原告を批判し糾弾する姿勢に終始していて、原告の不利益の程度は著しい」などとして、100万円の慰謝料の支払いを命じました。
 「会社にだまされるような形で失った正社員の地位は非常に大きく、その点についてはとても残念です」(女性)
 「ジャパンビジネスラボ」の代理人は「復職時の契約社員への身分変更が有効であり、法的にマタハラに該当しないと判断した点は妥当であると評価する」とした上で、「雇い止め無効は極めて不当で控訴を検討する」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3470458.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯