カテゴリー

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)

2021年2月28日 (日)

転落死偽装、殺害の麻夏さんが直前にメール 母親に「怖いよ」(28日)産経

東京都国立市のアパートで昨年11月、高張麻夏(たかはり・あさか)さん(41)が転落死を装って殺害されたとみられる事件。「怖いよ」。夫の高張潤容疑者に殺害された妻の麻夏さんは、事件直前に母親にこう訴えていたという。母親が28日、取材に応じた。
 母親によると、現場となったアパートに1歳の娘とともに転居し、新たな生活を始めたのは昨年秋ごろだった。ただ、普段から高張容疑者とはけんかが絶えなかったという。主な原因は高張容疑者の借金。麻夏さんの貯金を使い込むこともあったとされる。
 2人は事件直前にも言い争いをしていたとみられ、麻夏さんから「潤とけんかをして、もう離婚だ。潤が何かすると話している。怖いよ」という内容のメールが母親に届いた。それが麻夏さんからの最後の連絡となった。母親は「実家に帰ってくるよう伝えればよかった」と後悔をにじませた。
 小さな体で何事にも一生懸命取り組み、子育てに奮闘していた麻夏さん。同じアパートに住む住民は、敷地内で1歳の娘を幸せそうに抱いている麻夏さんの姿が印象的だったという。
 麻夏さんが亡くなった翌日、高張容疑者からは「麻夏は自殺だった」という趣旨のメールが母親に届いた。だが…。母親は「子育てを楽しんでいた娘が、絶対に自殺するはずがない」と疑念を抱き続けてきたという。
 警視庁捜査1課は、別れ話のもつれが事件の原因になった可能性もあるとみて、動機の解明を急いでいる。「娘が亡くなったことはまだ受け入れられない。とにかく娘を返してほしい」。母親は力を込めた。
https://www.sankei.com/affairs/news/210228/afr2102280025-n1.html

国立の転落偽装、殺人容疑で夫逮捕 離婚話のもつれか 警視庁(28日)産経

東京都国立市のアパートで昨年11月、女性(41)が転落死を装って殺害されたとみられる事件で、警視庁捜査1課は28日、殺人の疑いで、夫の高張潤容疑者(44)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。2人には離婚話が持ち上がっていたといい、捜査1課は、別れ話のもつれなどから殺害を図った可能性もあるとみて追及する方針。
 捜査関係者らによると、高張容疑者は妻の麻夏さんと幼い子供の3人で現場アパートで暮らしていたという。麻夏さんの遺体がアパート敷地内で見つかったのは昨年11月30日。司法解剖の結果、死因は「転落死」と判断されたが、麻夏さんの首には手や腕などで絞められたような、わずかな痕が見つかった。
 また、遺体はアパートの敷地内の建物のすぐそばで見つかったが、現場周辺からは自ら飛び降りたり、誤って転落したりしたような痕跡は、ほとんど確認できなかったという。
 こうした状況から、捜査1課は、麻夏さんが首を絞められるなどして仮死のような状態に陥った後、転落死を偽装してアパートの高所から突き落とされた殺人事件の可能性が高いとして捜査していた。
 当時、高張容疑者が「自分が子供の寝かしつけをしている間に、いつの間にか妻がいなくなった」などと110番通報。駆け付けた警察官が捜索したところ、敷地内で倒れていた麻夏さんを発見した。
 ただ、当時、室内には家族以外おらず、高張容疑者の説明には不自然な点もあることなどから、捜査1課は高張容疑者が関与した疑いがあると判断した。
 2人には離婚話が持ち上がっていたといい、高張容疑者は通報時に「前日には妻とけんかした」などとも話していたという。捜査1課は事件の背景に離婚話のもつれなどがあるとみて高張容疑者を追及する方針。
https://www.sankei.com/affairs/news/210228/afr2102280006-n1.html

2021年2月27日 (土)

家宅捜索で拳銃見つかる、59歳の男を現行犯逮捕(27日)TBS

26日、埼玉県吉川市の自宅倉庫で拳銃1丁を隠し持っていたとして、警察は会社役員の59歳の男を現行犯逮捕しました。
 銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、埼玉県吉川市の会社役員・矢島史雄容疑者(59)です。
 警察によりますと、匿名の情報提供があり、捜査を続けていたところ矢島容疑者が浮上し26日、警察が矢島容疑者の自宅などを捜索したところ、自宅敷地内の倉庫の中からリボルバー式の拳銃1丁が見つかったということです。拳銃は新聞紙などにくるまれた状態で見つかっていて、実弾などは現在まで発見されていないということです。
 警察は矢島容疑者の認否を明らかにしていませんが、入手ルートを含めて詳しく調べる方針です。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4209816.html

2021年2月26日 (金)

7年前の強盗殺人容疑で男を逮捕、宮城県警(26日)産経

平成25年10月、宮城県芸術協会職員の鈴木裕子さん=当時(43)=が仙台市太白区の自宅で他殺体で見つかった事件で、県警は25日、強盗殺人と住居侵入の疑いで同市泉区鶴が丘、無職、菅野裕太郎容疑者(37)を逮捕した。
 県警は認否を明らかにしていない。菅野容疑者は現在、別の窃盗事件で宮城刑務所に服役中で、県警は動機などを詳しく調べる。
 逮捕容疑は25年10月6日、鈴木さんの自宅に侵入。鈴木さんを窒息死させて殺害した上、貴金属など87点(時価計52万8700円相当)を奪ったとしている。 
 事件当時、鈴木さんは自宅で1人暮らしだったという。翌7日午前10時ごろ、2階寝室で死亡しているのを訪れた両親が見つけた。
 当時の同僚らによると、鈴木さんは発見2日前の5日午後7時ごろ、勤務先から1人で帰宅。その後、電話に出ず連絡が取れなくなっていた。
 鈴木さんは銀行での勤務を経て18年8月から協会に臨時雇用され、19年1月に職員として採用。経理を担当していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/210225/afr2102250045-n1.html

2021年2月24日 (水)

集合住宅で女性死亡 背中に切り傷、殺害か―兵庫県警(24日)時事

24日午前10時35分ごろ、兵庫県西宮市中前田町の集合住宅に住む男性から「女性がけがをしている」と119番があった。駆け付けた消防隊員が通報者の部屋にいた女性を発見して病院に搬送したが、死亡が確認された。女性の背中には切り傷があり、県警は殺害された可能性もあるとみて捜査している。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022401262&g=soc

中古車販売店の経営者殺害、犯人は拳銃持って逃走か…180人態勢で捜査本部(24日)読売

福島県須賀川市で22日夜、中古車販売店を経営する佐久間剛さん(37)(鏡石町旭町)が拳銃のようなもので頭を撃たれて殺害された事件で、県警は23日、須賀川署に180人態勢の捜査本部を設置した。現場周辺では、複数の住民が銃声のような音を聞いたと証言。犯人は拳銃を持って逃走しているとみられ、住民には不安が広がっている。
 22日午後7時10分頃、佐久間さんの妻から「夫が倒れたかもしれない」と須賀川署に通報があった。約10分後、同署員が同市陣場町の中古車販売店に駆けつけると、佐久間さんが頭から血を流して倒れ、約3時間後に死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は頭部銃創による脳損傷だった。
 近くの警備会社の男性は、同店から「『パン、パン』と音が聞こえた」と証言。現場近くに住む女性会社員(38)は「3秒ほどの間隔で『パン』と4回鳴った。2、4回目は『うわー』という男の人の野太い叫び声も聞こえた。子供もいるので安心できない」と話した。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0224/ym_210224_6772688231.html

2021年2月23日 (火)

中古車店経営者撃たれ死亡、殺人で捜査本部設置 福島県警(23日)産経

福島県須賀川市陣場町の中古車販売店で、経営者の佐久間剛さん(37)=鏡石町=が頭から血を流して死亡した事件で、福島県警は何者かが銃で撃った殺人事件とみて、23日に県警須賀川署に捜査本部を設置した。
 県警によると、22日午後7時ごろに佐久間さんの妻から同署に「電話で話している途中、夫が倒れたようだ」との趣旨の通報があり、直後に駆け付けた警察官が、ガレージで倒れている佐久間さんを発見した。
 現場に銃は残されておらず、県警は容疑者が銃を持ったまま逃走したとみている。佐久間さんの交友関係や中古車の取引などをめぐって何らかのトラブルがあった可能性もあるとみて調べる。
 23日午前、現場の中古車店では県警の捜査員が現場検証を行った。
https://www.sankei.com/affairs/news/210223/afr2102230005-n1.html

福島の中古車店で銃撃、男性死亡 殺人事件として捜査(23日)共同

22日夜、福島県須賀川市陣場町の中古車販売店で男性が頭から血を流して倒れているのを警察官が見つけた。県警などによると、銃で撃たれ、搬送先の病院で死亡。県警は殺人事件として捜査を始めた。
 死亡が確認されたのは、同県鏡石町旭町の中古車販売業佐久間剛さん(37)。妻が「電話で話している途中、夫が倒れたようだ」との趣旨の110番を午後7時すぎにし、佐久間さんがガレージで倒れているのを警察官が発見した。
 現場近くに住む主婦によると、午後6時半ごろ「パン」「ドン」という音がして、その後パトカーや救急車が駆け付けたという。「殺人事件と知り、びっくりした」と話した。
https://this.kiji.is/736597636845961216?c=39546741839462401

2021年2月20日 (土)

【from和歌山】犯罪被害者の「痛み」和らげる社会を(20日)産経

祭壇に飾られた写真の中で、少年は笑顔をみせていた。「納得のいく判決が出れば、納骨するつもりだった」。70代の父親は骨壺を見つめて語る。平成27年2月5日の発生から6年を迎えた和歌山県紀の川市の男児殺害事件。市立名手小5年、森田都史(とし)君=当時(11)=は生きていれば高校生だ。同年代の若者を見て父親は考える。「こんな風に成長していたのかな」。取材を通じ、改めて思った。犯罪被害者に対し、社会は正しく向き合っているのか。
 事件をめぐっては令和元年7月、近所に住んでいた中村桜洲(おうしゅう)受刑者(28)に対し、殺人罪などで懲役16年の2審大阪高裁判決が確定している。損害賠償を求めた民事訴訟では、和歌山地裁が平成30年8月、中村受刑者に約4400万円の支払いを命じたが、今も支払われていないという。
 現実と直面しつつ、父親は昨年から犯罪被害者支援団体の集会に参加して自身の経験を語り始めている。「少しでも、犯罪被害に遭われた方々が救われるような『いい方向』に、社会が変わってほしい」との思いからだ。
 一方、今月5日、父親は取材にこう話した。
 「私たちは事件当時から置いてきぼり。そんな感じで…」
 大切な人を犯罪で失った、傷つけられた-そうした被害を受けた人々が置き去りにされている。事件は過去の話ではない。歳月を重ねるごとに深く大きく増していく痛みを、被害者は背負ったままで生きている。
続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/210220/afr2102200001-n1.html

「殺して…」SNSで依頼の女性を刺した疑い 男を逮捕(20日)朝日

ツイッターに「殺してくれませんか」という趣旨の投稿をした女性(20)の依頼に応じ、刺殺しようとしたとして、愛知県警は20日、住所不定、無職秋山雄哉容疑者(31)を嘱託殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。
 捜査1課によると、秋山容疑者はツイッターを通じて自らの殺害を依頼してきた女性と知り合い、昨年11月21日深夜、名古屋市北区名城1丁目の公園で、女性の腹部に包丁を突き刺し、約1週間のけがを負わせた疑いがある。
 神奈川県座間市では2017年、SNSで自殺願望を示すなどした15~26歳の男女9人が殺害される事件が発生。強盗・強制性交殺人罪などで白石隆浩被告の死刑が確定している。
https://www.asahi.com/articles/ASP2N66QSP2NOIPE00G.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ