殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)

2018年5月22日 (火)

世田谷一家殺害事件 遺留品から犯人像、ホームページで公表(22日)産経

平成12年12月、東京都世田谷区で会社員の宮沢みきおさん=当時(44)=ら一家4人が殺害された事件で、警視庁成城署捜査本部は22日、遺留品から推定される具体的な犯人像を公表する。現場で見つかった多数の遺留品のうち、犯人が長期間使用していた可能性があるマフラーとヒップバッグに着目。事件から17年以上を経て情報提供が減少する中、記憶の掘り起こしにつなげたい考えだ。
 マフラーはチェック柄で、長さ約130センチ。成人の男性用としては短く、製造・販売元は不明だが廉価で、繊維の状態などから少なくとも数年間使用したとみられる。犯人が子供用のものを長期間にわたり着用していた可能性がある。
 また、ヒップバッグは底が摩耗し、内部にマーカーペンに使われる蛍光塗料やインクが付着していた。文房具を使う学生などが一定期間使用していた可能性がある。これまでの捜査で、大阪の業者が2850個製造し、7~11年に販売されたものであることが判明しているが、購入者は1人も分かっていない。
 警視庁は22日午前9時にホームページを更新し、詳細な画像や動画を公開する。
http://www.sankei.com/affairs/news/180522/afr1805220001-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

雑居ビルの間に成人男性遺体 東京・千代田(21日)産経

21日午前10時55分ごろ、東京都千代田区三崎町で、男性から「ビルとビルの間に人が倒れている」と110番通報があった。警視庁神田署によると、倒れていたのは成人男性とみられ、その場で死亡を確認。遺体は若干腐敗が進んでいるという。同署で身元の確認を急ぐとともに、事件や事故、自殺の各面から詳しい死亡の経緯を調べる。
 現場はJR水道橋駅に隣接する雑居ビルの間で、ビル同士の間隔は50センチ程度だったという。http://www.sankei.com/affairs/news/180521/afr1805210018-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

»熊本の男性遺体、両足を粘着テープで巻かれる(20日)TBS

熊本県大津町にあるビジネスホテルの駐車場で、車の中から見つかった男性の遺体は、両足を粘着テープで巻かれていたことが分かりました。
 今月17日、熊本県大津町のビジネスホテルの駐車場で、止めてあった軽乗用車の中から福岡市の職業不詳・宮田道人さん(44)が遺体で見つかりました。遺体は一部が白骨化し、腐敗も進んでいました。
 司法解剖の結果、死後、数週間から数か月がたっていて、死因は特定できませんでした。
 捜査関係者によりますと、宮田さんに関しては、およそ1か月前に家族から家出人捜索願が出されていて、発見したときは両足を粘着テープで巻かれ、車の後部座席に横たわった状態だったということです。
 車は宮田さんが福岡県内で借りたレンタカーで、ドアはロックされていましたが、車内から鍵が見つかっていないなど不審な点があり、警察は事件の可能性も視野に捜査する方針です。 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3374065.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»タクシー運転手殺害から8年、平塚駅前で情報提供呼びかけ(20日)TBS

 神奈川県平塚市でタクシー運転手の男性が殺害され、売上金を奪われた事件から8年が経過し、警察が情報提供を呼びかけました。
 この事件は2010年5月、平塚市横内で新幹線の高架下に放置されたタクシーのトランクの中から運転手の荒井庄次郎さん(当時62)が首を切られ殺害されているのが見つかったもので、警察は、強盗殺人事件として捜査しています。
 事件発生から8年が経過し、JR平塚駅前では、警察官がチラシ500枚を配って情報提供を呼び掛けました。
 「事件発生以来8年、いまだ犯人の検挙に至っておりません。発生当時の記憶を掘り起こしていただいて、いま一度、おやっと思うことがあれば情報提供お願いします」(神奈川県警平塚署 村松康夫署長)
 また、遺体が発見された現場では捜査員らが花を手向け、事件の解決を誓いました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3373883.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷切りつけ 男性の所持金残し逃走 殺人未遂容疑で捜査(20日)産経

東京都渋谷区のNHK放送センター近くの路上で18日夜、男性が刃物で切りつけられて首を負傷した事件で、男性の所持金やバッグが現場に残されていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は現場から逃走した男が明確な殺意を持って男性を切りつけたと判断、容疑を傷害から殺人未遂に切り替えて調べている。
 捜査1課によると、男性は神奈川県に住む48歳で、同センターに出入りする映像制作関連の会社員。18日午後9時半ごろに同センターを出て、同区神山町の路上を渋谷駅方向に1人で歩いていたところ、後ろから来た男にいきなり刃物で切りつけられたという。
 男性は首の右側に深さ約5センチ、長さ約15センチの傷を負い、病院に搬送されたが、命に別条はないという。

http://www.sankei.com/affairs/news/180520/afr1805200002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷一家殺害犯人像「15~22歳細身の男」(20日)読売

東京都世田谷区で2000年12月に起きた宮沢みきおさん一家4人殺害事件で、警視庁が、現場に残されていたマフラーやヒップバッグなどから、犯人像を「事件当時15~22歳ぐらいの細身の男」に絞ったことが捜査関係者への取材でわかった。
 同庁は近く、ホームページ(HP)でこうした情報を公表し、情報提供を呼びかける方針。
 捜査関係者によると、宮沢さん宅の2階居間からは犯人が着用していたマフラーとヒップバッグ、長袖シャツや帽子、ハンカチなどが見つかった。
 マフラーはウール製で、緑地に赤とオレンジの格子模様。長さ約1メートル30で、大人が使うには短く、10歳代半ばの平均的な首回りの人物が使用するサイズだった。

(ここまで301文字 / 残り798文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180519-OYT1T50073.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

車内変死は福岡の40代男性 遺棄事件の可能性も、熊本(19日)共同

熊本県警大津署は19日、同県大津町のビジネスホテル駐車場に止まっていた車内で17日に見つかった遺体の身元が、福岡市の職業不詳、宮田道人さん(44)だったと発表した。車の鍵が見つかっていないことなどから、同署は殺人・死体遺棄事件の可能性もあるとみて慎重に調べている。
 県警によると、遺体は顔などが白骨化し傷みが激しかったため、司法解剖でも死因は分からなかった。死後数週間から数カ月がたっているとみられ、軽乗用車の中で服を着たまま横たわっていた。車は施錠してあり、内部はごみが散らかっていた。
 宮田さんは1人暮らし。約1カ月前に母親が福岡県警へ捜索願を出していた。
https://this.kiji.is/370518577188471905?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官にもナイフ振り回す、名古屋(19日)共同

名古屋市中区錦3丁目の漫画喫茶で愛知県尾張旭市の会社員大竹智之さん(35)が殺害された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された住所不詳、無職稲田府見洋容疑者(22)=福島県出身=は、110番から約10分後に駆け付けた中署員に対しても、凶器の果物ナイフを振り回して抵抗していたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。
 刺されてぐったりした大竹さんの近くで興奮して暴れる稲田容疑者を、中署員が取り押さえたという。司法解剖の結果、10カ所以上の刺し傷や切り傷があり、死因は出血性ショックだった。 事件は17日午後8時20分ごろ発生した。
https://this.kiji.is/370114416785556577?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

連れ去り手口や殺害現場を捜査(19日)NHK

新潟市の女の子が殺害され線路に遺棄された事件で、近所に住む男が逮捕されてから5日間の捜査では、下校途中の女の子を車で連れ去って殺害し、7時間にわたって車にのせて移動したあと、線路に遺棄したとみられることが分かってきました。
一方、どのように女の子を車に連れ込んだのかや、殺害現場は分かっておらず、警察が捜査しています。
  新潟市西区の会社員、小林遼容疑者(23)は、今月7日、自宅近くのJR越後線の線路内に近くに住む小学2年生、大桃珠生さん(7歳)の遺体を遺棄したなどとして逮捕されました。
逮捕から5日間のこれまでの捜査では、小林容疑者が下校途中の大桃さんを車で連れ去って殺害し、7時間にわたって車にのせて移動したあと、線路に遺棄したとみられることが分かってきました。
警察は現場付近を中心に防犯カメラやドライブレコーダーの映像を集めて分析してきました。
一方、解明されていない点もあります。
小林容疑者は連れ去った際の状況について「車で女の子にぶつかって、泣かれたのでパニックになり、車に乗せた」と供述していますが、女の子の体には車にぶつかったような明確な痕は見つかっておらず、どのように車に連れ込んだのか分かっていません。
車の中で殺害したという趣旨の供述もしていますが、どこで殺害したのかなど、詳しい状況は分かっておらず、警察は、さらに詳しく調べることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180519/0011943.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷一家殺害事件 遺留物から推測 犯人像公開へ(19日)テレビ朝日

18年前、東京・世田谷区で一家4人が殺害された事件で、警視庁は近く現場の遺留物から推測した犯人像を公開することが分かりました。
 2000年12月30日、宮沢みきおさんの一家4人が殺害された事件で、警視庁はこれまで現場に残された衣服の販売経路など捜査を進めていました。捜査関係者によりますと、現場に残されていた「マフラー」と「ヒップバッグ」から改めて犯人像を推測したということです。マフラーは長さ130センチほどで大人が使うには短く、毛玉もあって長い間、使われていたものだということです。また、ヒップバッグに付いていた塗料は鑑定で蛍光マーカーなどを入れていた跡だと分かりました。警視庁はこれらの情報から推測される犯人像を近く公開して情報の提供を呼び掛ける方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000127594.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧