殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)

2018年9月22日 (土)

<仙台・警官刺殺>背後左脇下の傷 致命傷か 防護衣着ても防げず(22日)共同

仙台市宮城野区の仙台東署東仙台交番で19日未明、清野裕彰警部補(33)=巡査長から2階級特進=が刺殺された事件で、東北学院大3年相沢悠太容疑者(21)=仙台市宮城野区新田2丁目=が背後から複数回、突き刺した可能性が高いことが21日、捜査関係者への取材で分かった。一部が左脇下から心臓に至り、致命傷になったとみられる。
 警部補の遺体には肩の後部や腕にも複数の刺し傷があった。警部補は当時、耐刃防護衣を着用していなかったが、致命傷とみられるものも含めたこれらの傷は、ベスト型が一般的な耐刃防護衣を着ていても防げない部位だった。
 捜査関係者によると、容疑者は犯行当時、利き手の左手に刃物、右手にエアガンを持っていた。警部補と向かい合った場合、左脇下から心臓に達するまで複数回にわたり強く突き刺すことは困難で、宮城県警は警部補が背中側から刺された際に生じた傷が、致命傷になった可能性が高いとみている。
 これまでの捜査で、凶器は刃渡り約20センチの剣鉈(なた)状の刃物で、容疑者が工具のドライバーやはさみ、カッターナイフなどが入ったウエストポーチを二つ所持していたことが判明。機関銃型のエアガンでBB弾と呼ばれるプラスチック製の弾を多数発射して警部補を威嚇したともみられることから、県警は拳銃奪取など何らかの強い目的で交番に来た疑いがあるとみている。
 容疑者は交番にいた別の警察官に銃撃されて死亡したが、捜査関係者によると氏名が記された所持品が交番内から見つかった。報道で事件を知った両親も19日早朝、「息子かもしれない」と東署を訪問。歯型などの鑑定で容疑者と特定した。
 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180922_13018.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官殺害事件 大学生の自宅でエアガン5丁以上見つかる(22日)NHK

仙台市の交番で、警察官が大学生に刃物で刺されて殺害された事件で、大学生の自宅には5丁以上のエアガンがあったことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、一部を押収してどの程度の威力があるのか鑑定するとともに、拳銃を奪う目的があったかどうかなど動機についても調べています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»高齢者住宅 女性殺害は就寝中か(22日)TBS

 21日、東京・町田市の高齢者住宅で入居していた69歳の女性が殺害された事件で、女性が寝ているところを襲われた可能性があることが分かりました。
 この事件は21日、町田市鶴川の高齢者住宅で入居していた関初枝さん(69)が頭から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡したものです。関さんはパジャマ姿で見つかりましたが、その後の警視庁への取材で関さんには身を守る際にできる傷がなく、寝ているところを襲われた可能性があることが分かりました。
 また、関さんが20日午後9時に施設の隣の部屋に入居する夫と会話して以降、21日午前6時まで部屋のドアからの出入りがなかったことが防犯カメラの解析で分かりました。中庭に面したベランダ側の窓の鍵は開いていたということで、警視庁は、殺人事件として捜査を進めています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

ドアから出入りなし、女性殺害 窓から侵入か、東京の高齢者施設(21日)共同

東京都町田市鶴川の高齢者施設「ココファンまちだ鶴川」に入居していた関初枝さん(69)が殺害された事件で、事件が起きたとみられる20日夜から21日朝にかけ、関さんの部屋の入り口ドアからは人の出入りがなかったことが21日、警視庁への取材で分かった。
 警視庁は同日、町田署に捜査本部を設置。無施錠だった中庭に続く窓から犯人が出入りした可能性があるとみて、詳しい状況を調べている。
 捜査本部によると、防犯カメラの画像では、隣室に住む関さんの夫(70)が、20日午後9時ごろに関さんの部屋を出て、再び訪れる21日午前6時ごろまでの間、ドアから出入りした人はいなかった。https://this.kiji.is/415843568911549537?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人事件の現場から貴金属窃盗か、男女3人逮捕(21日)読売

茨城県警つくば中央署と同県警捜査1課は20日、つくば市の住宅から貴金属を盗んだとして、40歳代の男女3人を窃盗と邸宅侵入の容疑で逮捕したと発表した。この住宅は、今年1月に小林孝一さん(当時77歳)と妻の揚子さん(当時67歳)が他殺体で見つかった現場で、空き家となり、警察の規制線が張られていた。
 発表によると、逮捕されたのは、いずれも土浦市の無職の男(47)と女(43)、住居不定の自称塗装業の男(46)の3容疑者。3人は4月28日午後4時半頃~30日午前9時半頃の間、つくば市東平塚の空き家に侵入し、指輪やネックレスなど52点(時価計約820万円相当)を盗んだ疑い。3人は容疑を否認している。
 4月30日に現場付近で殺人事件に関する情報提供を呼びかけていたつくば中央署員が空き家の窓ガラスが割れているのを発見。内部を確認し、盗品捜査を進める中で、3人の容疑が浮上した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180921-OYT1T50051.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

»東京・町田の高齢者介護施設で入居女性死亡、殺人事件の可能性も(21日)TBS

21日朝早く、東京・町田市の高齢者介護施設で入居している女性が頭から血を流して死亡し、警視庁は、殺人事件の可能性もあるとみて捜査を始めました。
 「老人施設で刃傷沙汰があったかなと思いました。パトカーが何回もウーウーいってたから」(近所の住民)
 21日午前6時すぎ、町田市鶴川の高齢者介護施設で、入居者の69歳の女性が部屋のベッドの上で頭から血を流しているのが見つかり、その後、死亡しました。女性の頭には鈍器で殴られたような痕があり、部屋の中は衣類が散乱するなど荒らされ、窓の鍵が開いていたということです。隣の部屋に入居していた女性の夫が散歩に来ないのを不審に思って部屋を訪れたということです。
 警視庁は、女性の身元の確認を急ぐとともに、殺人事件の可能性もあるとみて、捜査を始めました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3478662.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

仙台警察官殺害事件 容疑者はエアガン発射か 自宅からも(21日)NHK

仙台市の交番で、警察官が大学生に刃物で刺されて殺害された事件で、現場からは小さなプラスチック製の弾が多数見つかり、大学生が、エアガンを発射したと見られることがわかりました。大学生の自宅からは別のエアガンのようなものが見つかっていたこともわかり、警察は交番を襲撃した動機との関連を調べることにしています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»警察官刺殺“強い殺意”か、容疑者宅を捜索し動機解明へ(21日)TBS

 19日、仙台市内の交番で男性警察官が大学生の男に刺殺された事件で、刺し傷が心臓まで達していたことがわかり、警察は男が強い殺意を持って交番を襲撃したとみて男の自宅を捜索し、犯行の動機などを調べています。
 宮城県警は20日、仙台市宮城野区の容疑者の自宅に入り、ダンボール5個分ほどの男の私物を押収しました。
 この事件は、19日、宮城野区の東仙台交番を訪れた近くに住む大学生の相澤悠太容疑者(21)が、交番で勤務していた清野裕彰巡査長(33)を包丁で刺して殺害した疑いが持たれているものです。相澤容疑者は、別の警察官に拳銃で撃たれ死亡しました。
 これまでの捜査関係者への取材で、清野巡査長は事件当時、刃物を通さないための「防刃ベスト」を着ておらず、刺し傷は心臓まで達していたことがわかりました。警察は、相澤容疑者が強い殺意を持って交番を襲撃したとみています。
 一方、相澤容疑者に向けられた3発の銃弾のうち、1発は肺の近くで見つかり、残る2発は左右の腕を貫通していたということです。警察は、当時の詳しい状況や犯行動機などを調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3478650.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

仙台の警察官刺殺の大学生、モデルガンも発射か 巡査長の顔に皮下出血(20)産経特ダネ

仙台市宮城野区の宮城県警仙台東署東仙台交番で、同交番勤務の清野裕彰巡査長(33)=警部補へ2階級特進=が刺殺された事件で、清野巡査長の顔に小さな皮下出血がみられることが20日、捜査関係者への取材で分かった。モデルガンの弾も現場で発見されており、別の警察官に拳銃で撃たれて死亡した東北学院大3年、相沢悠太容疑者(21)が清野巡査長に向けて発射したとみて調べている。
 県警は同日、交番の現場検証を開始し、午後には殺人容疑で相沢容疑者の自宅を家宅捜索した。
 また、2人の死因はいずれも失血死だったとする司法解剖の結果を発表。清野巡査長の頭頂部、肩などに複数の刺し傷、腕部に防御創のような傷がみられ、左脇下部の傷が心臓に達していた。巡査部長(47)が相沢容疑者に撃った拳銃3発の弾はいずれも命中。左肺付近に1発が見つかり、この弾が致命傷となったとみている。
 相沢容疑者は19日未明、拾得物を届けに来たとして千円札1枚を持って交番を訪問。不審な様子はなく、巡査部長は別室に移動。その数分後、怒号が聞こえたため戻ると、倒れた2人を発見した。この間に相沢容疑者がモデルガンを清野巡査長に向けて撃ち、威嚇した可能性も視野に捜査している。
 捜査関係者によると、はさみやカッターナイフを入れて持っていたウエストポーチ以外に、バッグが1つ見つかったといい、この中に凶器の包丁とモデルガンを隠し持っていた可能性もある。
 半袖シャツにジーパン、マスクを着用していたほかに、手袋をはめていたことも判明。犯行が発覚しないよう、周到な準備のもと、計画的に犯行に及んだとみて調べを進めている。

http://www.sankei.com/affairs/news/180920/afr1809200043-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

交番刺殺、巡査長拳銃取り出せず 容疑者が不意に襲撃か(20日)共同

仙台市宮城野区の仙台東署東仙台交番で清野裕彰巡査長(33)=警部補に2階級特進=が刺殺された事件で、巡査長の拳銃は腰に着けたケースから取り出された形跡がないことが20日、宮城県警への取材で分かった。
 県警は、東北学院大生相沢悠太容疑者(21)=現場で撃たれ死亡=に不意に襲われ、使用できなかったとみて捜査している。20日午後、殺人の疑いで相沢容疑者の自宅を家宅捜索した。
 県警によると、当時、相沢容疑者は手袋を着けていたことも判明。司法解剖の結果、清野巡査長には致命傷となった心臓に達する刺し傷があり、抵抗した際にできたとみられる外傷が腕や手などに複数あった。
https://this.kiji.is/415414534136743009?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧