殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)

2017年6月24日 (土)

横浜市のマンションに布団袋入り女性遺体 孫の住人男性は意識不明 死体遺棄容疑で捜査(24日)産経

22日午後9時55分ごろ、横浜市中区麦田町のマンションで「知人女性を訪ねてきたが、応答がない」などと高齢の男性から山手署に通報があった。同署員が室内で、布団の圧縮袋に入った状態の女性を発見。その場で死亡が確認された。近くの布団の上で男性が倒れており、病院に搬送されたが意識不明の重体。女性は死後7~10日が経過しているとみられ、同署が死体遺棄事件として捜査している。
 同署などによると、女性は同区大和町の無職、水野悠紀子さん(76)。意識不明の男性はこの部屋に住む職業不詳の30代で、水野さんの孫だという。
 男性は精神面などが不安定で、水野さんはたびたび男性宅を訪れていた。男性は同署員の到着時、大量の睡眠薬を飲んでいたとみられる。
 水野さんは胸の前で膝を抱えるような体勢で袋の中に入っていた。目立った外傷は確認されておらず、司法解剖して詳しい死因などを調べる。
 現場はJR山手駅から北東に約800メートルの住宅街。
http://www.sankei.com/affairs/news/170624/afr1706240008-n1.html

| トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

未解決事件、栃木県警が千葉で情報提供呼びかけ(23日)TBS

21年前に見つかり、今も身元が分かっていない男性の遺体について、栃木県警が情報提供を求めるチラシを配りました。
 この事件は1996年4月、栃木県市貝町で殺害された男性の遺体が布団袋に入った状態で見つかったもので、遺体の腐乱が激しかったことなどから、身元もわかっていません。一方、男性のズボンのタグには手書きの「トナリ山本」という文字があり、千葉市にあるクリーニング店が「うちで書いた」と当時、名乗り出ていました。
 栃木県警は男性が、かつて千葉県内に住んでいた可能性があるとみて、千葉市でチラシを配布し、情報提供を呼び掛けました。
 「必ず被疑者を逮捕して、事件を解決するという気持ちで、これからも臨んでまいります」(栃木県警本部 刑事部捜査第一課高野和則 課長補佐)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3086132.html

| トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

路上に腹部に刺し傷ある女性 静岡・沼津(22日)産経

22日午前5時ごろ、静岡県沼津市足高の路上で「女性が腹部から血を流して倒れている」と通行人から119番があった。地元消防によると、女性は20代で腹部に刺し傷があったという。意識はあり、病院に搬送された。
 県警沼津署が身元の確認を急ぐとともに、経緯を調べている。
 現場は、東名高速道路沼津インターチェンジから北西に約2キロの愛鷹運動公園付近。
http://www.sankei.com/affairs/news/170622/afr1706220023-n1.html

| トラックバック (0)

アパートで男性死亡 “殺人”か、栃木・宇都宮(22日)TBS

22日朝、宇都宮市のアパートで70代とみられる男性が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。警察は殺人事件の可能性もあるとみて捜査しています。
 午前7時すぎ、宇都宮市・ゆいの杜にあるアパートの一室から女性の声で「けさ、首をしめた」という趣旨の110番通報がありました。
 警察官が駆けつけたところ、70代とみられる男性が室内で意識不明の状態で倒れているのが見つかりました。男性は病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に死亡が確認されました。ただ、男性には目立った外傷がないということです。
 現場には男性の同居人だという60代とみられる女性もいて、警察は殺人事件の可能性もあるとみてこの女性から慎重に事情を聴いています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3085229.html

| トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

強い殺意で頭に傷8カ所 自転車通勤の女性に通り魔(21日)テレビ朝日

東京・品川区で20日に自転車で通勤中の女性が何者かに鈍器のようなもので頭を殴られた事件で、女性の頭には8カ所以上の傷があったことが分かりました。
  午前9時40分ごろ、品川区南大井で、通勤で自転車に乗っていた68歳の女性が後ろから突然、鈍器のようなもので頭を複数回、殴られました。女性は頭蓋骨骨折と脳挫傷で意識不明の重体でしたが、夜に意識が回復したということです。女性は事件の直後、「後ろから複数回、殴られた」などと話していましたが、その後の警視庁への取材で、女性の頭には少なくとも8カ所の傷があったことが分かりました。なかには頭蓋骨が陥没するほどの傷もありました。警視庁は強い殺意を持って執拗(しつよう)に女性を殴った通り魔事件とみて、犯人の行方を追っています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103650.html

| トラックバック (0)

品川通り魔事件 「やめて」と叫ぶも執ように殴る(21日)NHK

東京・品川区の路上で、自転車の68歳の女性が頭を鈍器のようなもので殴られて意識不明の重体になっている通り魔事件で、現場近くの住民が「やめて、やめて」と女性が叫ぶ声を聞いていたことが警視庁への取材でわかりました。警視庁は、犯人が抵抗する女性を執ように殴りつけていたと見てさらに調べを進めています。
 20日、東京・品川区南大井の路上で、近くに住む68歳の会社員の女性が自転車で通勤していたところ、突然、後ろから頭を複数回、鈍器のようなもので殴られました。
 女性は頭の骨を折って意識不明の重体になっていて、警視庁は現場の状況などから通り魔事件と見て殺人未遂の疑いで捜査しています。
 これまでの調べで、女性は住宅街を通る細い路地から比較的、大きな通りにさしかかる場所で襲われたと見られていますが、当時、現場近くに住む住民が「やめて、やめて」と女性が叫ぶ声を聞いていたことが警視庁への取材でわかりました。また、声を聞いて、この住民が駆けつけたときにはすでに犯人の姿は見当たらなかったということです。
 警視庁は、犯人が抵抗する女性を執ように殴りつけていたと見て、詳しい状況についてさらに調べを進めています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170621/k10011024481000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

路上に高齢女性の全裸遺体「男が引きずってきていた」(20日)朝日

20日午後2時ごろ、大阪府東大阪市渋川町2丁目の路上で、高齢の女性が倒れていると近所の男性から110番通報があった。女性は仰向けに倒れており、死亡していた。「男が引きずってきていた」との目撃情報があるといい、府警は死体遺棄事件として調べている。
 布施署によると、女性は70歳ぐらいで、着衣はなく、目立った外傷はなかったという。所持品もなく、府警は身元の特定を急ぐとともに、周辺の防犯カメラを確認するなどして男の行方を追っている。
http://www.asahi.com/articles/ASK6N5CM0K6NPTIL026.html

| トラックバック (0)

男性が火だるまに…全身やけど 逃げ去る女の姿も(20日)テレビ朝日

19日夕方、大阪府堺市の電器店に火だるまになった男性が現れ、助けを求めました。警察は男性が何者かに火を付けられた疑いもあるとみて捜査しています。
 午後5時半ごろ、堺市西区の電器店から「全身を火に包まれた男が店に入ってきた」と消防に通報がありました。
 目撃した人:「(店の)中が煙でいっぱいで、(男性が)『痛い、熱い、助けて』みたいな」
 男性は40代で、全身にやけどを負う重傷です。警察によりますと、現場から白色の車で逃げ去る女の姿が目撃されていて、警察は殺人未遂の疑いもあるとみて捜査を進めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103527.html

| トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

被告、実刑判決に不満か 仙台地裁切りつけ 警官5カ所に刺し傷(19日)産経

仙台地裁の法廷で16日、実刑判決を言い渡された被告の男が刃物を振り回し、警察官2人が刺された事件で、うち1人の警察官(44)の刺し傷は脇腹や太ももなど5カ所に及ぶことが18日、県警への取材で分かった。男は無罪を主張しており、判決に不満があったとみられる。
 県警によると、2人は傍聴席に乱入して暴れだした職業不詳、淀川聖司容疑者(30)=殺人未遂容疑で逮捕=を取り押さえようとして刺され、もう1人(42)は顔や太ももの2カ所を切りつけられた。
 淀川容疑者は、女性のスカートの中を携帯電話で盗撮した疑いで県迷惑行為防止条例違反の罪に問われていた。弁護人によると、盗撮をうかがわせる写真や動画が携帯電話に残っていないなどとして、淀川容疑者は無罪を主張していた。近く控訴する方針。
 県警は同日、淀川容疑者を送検した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170619/afr1706190010-n1.html

| トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

被告が警察官2人に切りつけ 命に別状なし 仙台地裁(16日)NHK

16日午前10時過ぎ、仙台市の仙台地方裁判所の法廷で、刑事裁判の被告の男が警察官2人に対して刃物のようなもので切りつけ警察は殺人未遂の疑いで男をその場で逮捕しました。切りつけられた警察官は、意識はあり、命に別状はないということです。
  16日午前10時過ぎ、仙台市青葉区の仙台地方裁判所の法廷で、刑事裁判の被告が警察官2人に対して刃物のようなもので切りつけたという110番通報が入りました。警察官2人は病院に運ばれて手当てを受けていますが、意識はあり、命に別状はないということです。切りつけたのは30代の男の被告で、殺人未遂の疑いでその場で逮捕されました。警察によりますと、法廷にはカッターナイフと果物ナイフが落ちていたということで、警察は詳しい状況を調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170616/k10011019891000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

より以前の記事一覧