カテゴリー

振り込め対策編

2020年10月21日 (水)

「週刊少年ジャンプ」人気漫画家が特殊詐欺被害防止訴え(21日)TBS

「週刊少年ジャンプ」黄金期の人気漫画家3人が、警視庁小岩警察署で一日署長に就任しました。
 集まったのは、「銀牙 ―流れ星 銀―」などの作者・高橋よしひろさんと、「魁!!男塾」などの宮下あきらさん、「北斗の拳」などの原哲夫さんの3人です。
 「子どもを装って、まだうちの子、学生だったんでいきなり電話来てね。泣くんですよ、う~って」(「銀牙 ―流れ星 銀―」など 高橋よしひろさん)
 「電話はもう線抜いちゃってるんで、かかってこないです」(「北斗の拳」など 原哲夫さん)
 特殊詐欺被害の防止のために3人合作で作られたポスターも披露されました。ポスターは駅などに張り出されるということです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4106709.html

2020年9月21日 (月)

詐欺電話“無視”に“蒸しまんじゅう”(21日)TBS

岐阜市の和菓子店には敬老の日にあわせて、高齢者が詐欺の被害にあわないよう「詐欺電話無視(蒸し)まんじゅう」が登場しました。
 警察と和菓子店が一緒に考案したこのまんじゅうは、白みそ粒あんと黒糖こしあんの2種類で、1個130円で販売されています。
Q.なぜ無視(蒸し)まんじゅうを考案?
 「おじいちゃんやおばあちゃんが毎日、詐欺に遭ったと新聞で見ますので、何か協力できないかと思って(作りました)」(長良とらや 粥川秋廣さん)
 岐阜県内では電話による詐欺被害が去年より増加していて、警察は訪れた客にこのまんじゅうをPRするとともに、チラシを渡すなどして不審な電話への注意を呼びかけていました。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4083326.html

2020年8月29日 (土)

さいたま市・大宮の商店街で女子高校生が特殊詐欺被害防止を訴える放送(29日)TBS

さいたま市・大宮区の商店街で、警察と連携して女子高校生が特殊詐欺被害の防止を訴える放送を流す取り組みが始まりました。
 「大宮区、北区で警察官を名乗る特殊詐欺の不審電話が多発しています」
 さいたま市・大宮区の商店街では、警察と連携して特殊詐欺被害の防止を訴える放送が流されています。読み上げているのは、地元の高校に通う女子生徒です。
 放送の初日となった28日、商店街では放送が流れる中、警察に加えて放送を読み上げた女子生徒や商店街の人々が道行く人にチラシなどを配り、注意を促しました。
 「日々安全に暮らせるように、犯罪をしないように皆さんには気をつけて頂きたいなと思っています」(大宮開成高校 駒林美歩さん)
 警察は、「若い人にも関心を持って注意喚起をしてもらいたい」などとしています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4064980.html

2020年8月27日 (木)

特殊詐欺水際対策、コンビニに照準 埼玉県警(27日)産経

埼玉県警が、特殊詐欺事件防止の水際対策としてコンビニエンスストアでの警戒活動に力を注いでいる。犯行グループが、現金を振り込む場所としてコンビニの現金自動預払機(ATM)を指定したり、被害者を信用させるための身分証偽造に店舗内のコピー機を使ったりするケースがあり、事件の「舞台」になりがちだからだ。県内のコンビニ全店舗を訪ねるローラー作戦も展開し、被害防止への取り組みを強化している。
 県警によると、今年1~6月、現金振り込みの前に被害を防ぐなどした特殊詐欺の「水際防止件数」は計493件に達し、6年ぶりに認知件数(476件)を上回った。
 背景として多くの捜査関係者が指摘するのがコンビニ対策の強化だ。水際防止件数のうちコンビニで被害が食い止められたケースは120件を占め、前年同期を42・5%上回った。
 コンビニのATMは、被害者による現金の振り込みや、犯行グループによる現金引き出しの際に使われることが多い。架空請求詐欺の被害者が犯人側に送る電子マネーを購入するケースも増加している。今年1月には、埼玉県桶川市のコンビニのコピー機で「警視庁」などと記した偽物の職員証を印刷したとして、詐欺グループの「受け子」とみられる人物が有印公文書偽造の疑いで逮捕された。
 県警は3月以降、県内約3千のコンビニ全店舗への訪問を実施し、特殊詐欺への注意を促すボードを捜査員が配布して掲示を求めた。詐欺が疑われる「予兆電話」が確認された場合、その地域のコンビニ巡回に重点的に捜査員を投入する手法も取り入れている。
 県警生活安全総務課の担当者は「被害防止には店員による声掛けが重要。今後も連携して防止したい」と話している。(内田優作)
https://www.sankei.com/affairs/news/200827/afr2008270002-n1.html

特殊詐欺水際対策、コンビニに照準 埼玉県警(27日)産経

埼玉県警が、特殊詐欺事件防止の水際対策としてコンビニエンスストアでの警戒活動に力を注いでいる。犯行グループが、現金を振り込む場所としてコンビニの現金自動預払機(ATM)を指定したり、被害者を信用させるための身分証偽造に店舗内のコピー機を使ったりするケースがあり、事件の「舞台」になりがちだからだ。県内のコンビニ全店舗を訪ねるローラー作戦も展開し、被害防止への取り組みを強化している。 県警によると、今年1~6月、現金振り込みの前に被害を防ぐなどした特殊詐欺の「水際防止件数」は計493件に達し、6年ぶりに認知件数(476件)を上回った。
 背景として多くの捜査関係者が指摘するのがコンビニ対策の強化だ。水際防止件数のうちコンビニで被害が食い止められたケースは120件を占め、前年同期を42・5%上回った。
 コンビニのATMは、被害者による現金の振り込みや、犯行グループによる現金引き出しの際に使われることが多い。架空請求詐欺の被害者が犯人側に送る電子マネーを購入するケースも増加している。今年1月には、埼玉県桶川市のコンビニのコピー機で「警視庁」などと記した偽物の職員証を印刷したとして、詐欺グループの「受け子」とみられる人物が有印公文書偽造の疑いで逮捕された。
 県警は3月以降、県内約3千のコンビニ全店舗への訪問を実施し、特殊詐欺への注意を促すボードを捜査員が配布して掲示を求めた。詐欺が疑われる「予兆電話」が確認された場合、その地域のコンビニ巡回に重点的に捜査員を投入する手法も取り入れている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200827/afr2008270002-n1.html

 県警生活安全総務課の担当者は「被害防止には店員による声掛けが重要。今後も連携して防止したい」と話している。

(内田優作)

2020年8月19日 (水)

高齢者引き出し上限20万円 豊川信金、特殊詐欺で独自対策(19日)日経

キャッシュカードを狙った特殊詐欺の被害を最小限に抑えるため、豊川信用金庫(愛知県豊川市)は11日から、65歳以上の高齢者を対象にATMの引き出し限度額を20万円に引き下げた。県内では先駆けとなる取り組みで、県警は他の金融機関にも協力を呼びかける。
「銀行口座を狙った詐欺被害に注意してください」。豊川信金は11日、店舗のATMを訪れた客に防犯対策を呼びかけた。
同日、直近1年間でキャッシュカードか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62756930Y0A810C2CN8000/

2020年8月12日 (水)

特殊詐欺被害防止へ、「防犯機能付き電話」を貸し出し(12日)TBS

 相次ぐ特殊詐欺の被害を防止するために、埼玉県警では被害を未然に防止する機能が付いた「防犯機能付き電話機」の貸し出しを始めました。
 埼玉県警が11日から貸し出しを開始したのは、特殊詐欺被害を未然に防ぐ機能が付いた「防犯機能付き電話機」です。この電話機に電話をかけると「この通話は録音されます」などとメッセージが流れるだけでなく、呼び出し中には「迷惑電話にご注意ください」というメッセージが流れるなどの機能が付いているということです。
 「まずは電話に出ない、知らない電話は出ない。そのための防犯機能付き電話ですので」(警察官)
 警察は11日から特殊詐欺被害を受けた世帯などを中心に電話機の貸し出しを始めていくということで、「被害を未然に防いだり、通話を断念させたりする効果が期待できる」などとしています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4050761.html

2020年8月 3日 (月)

感染と特殊詐欺、マスクで撃退 大阪・松原、一石二鳥狙う(3日)共同

「STOP!オレオレ詐欺」と書かれたシールを貼ったマスクを町ぐるみで着用し、新型コロナウイルスの感染と特殊詐欺被害の防止につなげようと、大阪府警松原署はこのほど、特注のシールとマスク約1100セットを松原市のパチンコ店や銀行、スーパーなどに配布した。
 例年この時期に防犯イベントを実施している松原署が企画。今年は新型コロナの影響で開催できないが、一石二鳥を狙える代替策として協力を呼び掛けた。
 市内にある「近鉄自動車学校」では3日午前、職員がこのマスクを着けて高齢者講習を実施し、特殊詐欺被害の防止を呼び掛けた。市役所や郵便局などにも配られた。
https://www.47news.jp/national/5088413.html

2020年6月 6日 (土)

ATM引き出し限度額20万円に 80歳以上、岩手銀行が来月から(6日)共同

 岩手銀行(田口幸雄頭取)は7月から、80歳以上を対象に現金自動預払機(ATM)で現金を引き出す際の限度額を1日当たり20万円にする。高齢者からキャッシュカードをだまし取る特殊詐欺被害の増加を受け、対策を講じる。
 これまでの限度額は100万円だった。本人の申し出があれば限度額の制限を解除できるほか、生体認証取引の場合は対象外となる。
 県内では高齢者がカードと暗証番号を言葉巧みにだまし取られ、現金を奪われる「詐欺盗」が増加。県警や防犯団体が県内の19金融機関に制限を設けるよう求めていた。
https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/6/6/79225

「うちのオカンが…」ミルクボーイがコロナ詐欺啓発動画 大阪府警と協力(6日)産経

新型コロナウイルスに便乗した特殊詐欺への注意を呼びかけようと、大阪府警と吉本興業が、人気お笑いコンビ「ミルクボーイ」が漫才形式で手口を紹介する動画を制作した。
 「うちのオカンがこの前、身の回りでおかしなことが起こったらしい」「どんなことが起こったか教えてみてよ」という掛け合いから、さまざまな詐欺の手口を紹介。府警のホームページなどで対策を確認し、「おじいちゃんおばあちゃんがだまされないために、教えてあげてください」と呼びかけている。
 動画は5日から動画投稿サイト「ユーチューブ」の吉本興業チャンネルで公開している。
https://www.sankei.com/affairs/news/200605/afr2006050052-n1.html




より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

留置所

無料ブログはココログ