カテゴリー

振り込め対策編

2022年10月 1日 (土)

村田諒太さん、一日署長に 特殊詐欺被害防止へ啓発(1日)産経

記事を読む
https://www.sankei.com/article/20221001-X5SVL7S5LRPOZJA4L5MZK2FOHY/

2015年10月23日 (金)

”詐欺に注意を” 滋賀県警が全高齢世帯訪問へ(23日)NHK

振り込め詐欺などの被害が過去最悪のペースで増えているとして、滋賀県警察本部は、高齢者だけで暮らす滋賀県内のおよそ2万世帯すべてに警察官を派遣し、直接、注意を呼びかけることになりました。県内の高齢者の世帯すべてを対象にこうした呼びかけをするのは、全国で初めてだということです。
滋賀県内で、ことしに入ってから先月までに確認された振り込め詐欺などの被害は71件で、被害額は3億6300万円と去年の同じ時期をおよそ30%上回り、過去最悪のペースで増えています。65歳以上の高齢者1人当たりの被害額は765万円に上っています。
こうした事態を受けて、滋賀県警察本部は来月、1人暮らしや夫婦など、高齢者だけで暮らす県内の1万9355世帯すべてに交番や駐在所の警察官を派遣し、直接、注意を呼びかけることになりました。計画では県内全域で1日におよそ1000世帯のペースで、高齢者の世帯を訪問するということです。
滋賀県警察本部によりますと、県内の高齢者の世帯すべてを対象にこうした呼びかけをするのは全国で初めてだということで、詐欺の被害の防止に役立てたいとしています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151023/k10010279451000.html

2015年10月16日 (金)

オレオレ詐欺を防止、東京・北区で防犯パトロール (16日)TBS

オレオレ詐欺の被害を防ごうと、東京・北区で防犯パトロールが行われました。
 北区で行われた防犯の啓発イベントには、地元の住民などおよそ280人が集まり、警視庁王子警察署の署員が、オレオレ詐欺を題材にした劇を演じ、その後、商店街などをパトロールしました。
 今年6月までの、オレオレ詐欺など特殊詐欺の被害額は全国でおよそ236億円に上っていて、今月に入ってからは、マイナンバー制度をかたる不審な電話も相次いでいます。警視庁は地域全体で防犯意識を高めるよう呼びかけています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2613684.html

2015年10月 5日 (月)

東京でマイナンバー関連の不審電話 注意を(5日)NHK

マイナンバー法が5日施行されましたが、都内で今月に入ってマイナンバーに関連した不審な電話の通報が2件あり、警視庁が注意を呼びかけています。
警視庁犯罪抑止対策本部によりますと、今月2日、東京・大田区の60代の女性の自宅に、男から「マイナンバーのセキュリティに70万円かかる」と現金を要求する不審な電話があったということです。女性が税理士に相談すると告げると、電話は突然切れたということです。
同じ2日に、町田市の60代の女性の自宅には、市役所の職員を装った男から「マイナンバーの調査をしていてアンケートに答えてほしい」と個人情報を聞き出そうとする電話があったということです。いずれも、被害はありませんでした。
警視庁では、マイナンバーを巡って、現金を要求したり個人情報を聞き出したりすることはないとして、不審な電話に十分注意するよう呼びかけています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151005/k10010259171000.html

News_pic1_4

2015年9月30日 (水)

特殊詐欺食い止め、新潟県警の「特捜隊」が成果(30日)読売

特殊詐欺の被害を食い止めようと、新潟県警が9月に創設した新組織「特別捜査隊」が、28日までに発表されただけで詐欺や詐欺未遂の容疑者8人を逮捕するなど、成果を挙げている。
 捜査隊の中核を担う県警特殊詐欺特別捜査室の村越則幸室長は、「本県は東京から通いやすいせいか特殊詐欺で狙われやすい。犯人を多く捕まえて犯罪グループを近づけさせないようにしたい」としている。
 10日、新潟市北区の80歳代女性宅に、白のワイシャツに黒いズボンの男が現れた。男は、詐欺事件の「受け子」。警察があらかじめ用意した偽物の札束を受け取ったところで声をかけられ、逮捕された。警察が被害者と協力し、金を受け取りに来た犯人を捕まえる「だまされたふり作戦」の一例だ。
 県警は特殊詐欺の取り締まりに向けて、本部に65人態勢の特別捜査隊を創設。刑事部だけでなく生活安全部などにも担当者を置いて情報を集めている。隊の中にある「だまされたふり作戦」を実行する「現場設定班」は、被害者にだまされたふりのアドバイスをしたり、家の周辺を警戒したりする役目を担っている。
 県警によると、昨年、特殊詐欺に関わったとして詐欺や詐欺未遂の疑いで逮捕された容疑者の数は26人。一昨年は25人だった。今年は1~8月で10人にとどまっていたが、9月に入ってから6人を逮捕。特殊詐欺ではない詐欺事件を含めると8人を逮捕した。いずれも「だまされたふり作戦」で検挙している。
 一方で、犯罪グループが警察をかたって「だまされたふり作戦をやりましょう」と持ちかけて金をだましとろうとするケースもあった。捜査2課は、「特殊詐欺の手口は進化している。ちょっとでもおかしいと思ったら、相談専用ダイヤル『#9110』にかけてほしい」と呼びかけている。
 県警によると、特殊詐欺の被害額は2013年、統計を取り始めた04年以降で最悪となる9億4132万円を記録。14年は7億608万円にとどまったが、被害件数は58件増の222件に上った。今年は1~8月で193件4億9277万円の被害があったという。

2015年09月30日 11時11分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

2015年9月11日 (金)

「犯行の温床」犯人の携帯電話に転送 県内の詐欺被害者ら業者を提訴(11日)共同

金融商品取引などを装う特殊詐欺事件で、電話転送サービス事業者が犯行の温床になっているとして、県内の被害者23人が10日、東京都内の事業者「アジルネットワークス」を相手取り、損害金などの一部約2億7千万円の損害賠償を求める訴えをさいたま地裁に起こした。
 訴状などによると、原告は特殊詐欺被害にあった県内に住む60歳代以上の男女。いずれも、犯人の連絡先が「アジル社」を通じて転送されていた。原告は同社が詐欺をほう助したと責任を追及している。被害額は最高で約1億1380万円に上るとされる。
 架空の社債や株式の購入を装い出資金をだまし取るなどの特殊詐欺事件。電話を転送する手口が横行している。犯行グループの事務所として利用される固定電話の番号は、複数の転送を経て犯人の携帯電話に着信する仕組みだ。
 こうした犯行を可能にしているのが電話転送サービス。弁護団によると、事業社は契約時、転送先の身分証明を確認することなどが求められるが、「アジル」社はそうした確認を徹底していなかったという。昨年初頭、詐欺事件の捜査で、警察が同社に月200件を超える照会を行っているという。
 原告を支援する弁護団弁護士は同社が詐欺事件に利用されることを認識しながらサービスを提供していると指摘。「サービス契約時に適切な本人確認を行うべき」と話した。
 「アジル社」は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/09/11/07.html

2015年9月 9日 (水)

空き部屋の悪用防止、「配送厳禁」シール配布へ(9日)読売

特殊詐欺などの犯罪グループが、アパートやマンションの空き部屋を利用して金品を受け取るケースが相次いでいることから、埼玉県警が対策に乗り出した
 空き部屋を明示して誤配を防ぐ「配送厳禁」の特製シールを作成し、不動産業者に配布して貼ってもらう。
 県警によると、詐欺グループによる空き部屋の悪用が県内で初めて確認されたのは2013年3月。今月2日までの2年半に、他人のクレジットカードで買った品物を空き部屋に送らせて受け取ろうとする詐欺未遂事件が計13件あった。現金の送付先を空き部屋にした特殊詐欺事件も今年2月以降に3件確認された。
 犯罪グループは、部屋を借りるふりをして不動産業者に下見を申し込み、社員が物件の鍵を取り出すのを見て保管場所を知るなどして、侵入する手口が多いという。

2015年09月09日 16時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

2015年8月30日 (日)

詐欺防ぐ川柳作って美濃焼ゲット 岐阜でコンクール(30日)朝日

振り込め詐欺などの被害を防ごうと、岐阜県の東濃西部地区防犯協会は28日、「騙(だま)されま川柳コンクール」を開くと発表した。地元の美濃陶芸協会が協賛。全国のお年寄りから作品を募り、大賞には25万円相当の美濃焼の花器を贈る。
 全国部門の大賞には、土岐市無形文化財に指定されている林恭助さん(52)の「黄瀬戸花入(きぜとはないれ)」を、多治見、土岐、瑞浪の地元3市在住者を対象にした部門の大賞には、日展の特選を2度受賞した安藤工さん(45)が穴窯で焼いた「志野花生(しのはないけ)」を贈る。優秀賞や入選にも美濃焼が贈られる。
 会見した多治見署の糸井川晃署長は「お年寄りになじみやすい川柳で防犯意識を高めてもらうのが狙い。美濃焼も全国の人から注目してもらえるとありがたい」と話す。
 応募できるのは、4月1日時点で65歳以上のお年寄り。締め切りは10月20日必着。官製はがきに応募部門、作品、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を記し、〒507・0054 岐阜県多治見市宝町6の65 多治見署内東濃西部地区防犯協会へ。はがき1枚に付き1句で未発表作品に限る。問い合わせは同防犯協会(0572・22・0110)。(連勝一郎)

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASH8X5GBHH8XOHGB00P.html

2015年8月28日 (金)

「だまされ作戦」で特殊詐欺の摘発増 愛知県警、前年の3倍 (28日)日経

振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害を食い止めるため、愛知県警が「だまされたふり作戦」を本格展開してから半年。愛知県警は27日、7月の特殊詐欺事件の摘発は22件、10人と発表した。この結果、1~7月に摘発した特殊詐欺事件は125件に達し、前年同時期の3倍超と急増した。県警の「作戦」が成果を上げつつあるといえ、県警は引き続き、対策を強化していく。
 県警によると、1~7月の摘発は125件(前年同時期34件)、91人(同34人)。うち45件、49人は「だまされたふり作戦」による摘発だったという。
 「作戦」は、まず現金を求める電話を受けた被害者が警察に通報。だまされたよう装って現金のやり取りの約束してもらった上で、捜査員が受け渡し場所に現れた「受け子」と呼ばれる容疑者を取り押さえる。
 県警によると、特殊詐欺は組織的に行われるケースが多い。役割としては指示側と、実際に現金を受け取る「受け子」などに分かれているという。県警幹部は「今後も様々な取り組みを打ち出し、被害防止に努めたい」としている。http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD27H0E_X20C15A8CN8000/

2015年8月14日 (金)

年金詐欺への注意呼び掛け 情報流出後2回目の支給日(14日)産経

日本年金機構の個人情報流出問題が発覚してから2回目となる年金支給が14日にあった。支給は6、7月の2カ月分。機構や厚生労働省は受給者に対し、問題に便乗した詐欺への注意をあらためて呼び掛けた。
 年金が振り込まれていないなどのトラブルは確認されていないという。
 厚労省は6月末から郵便局やスーパー、金融機関などに約1千万枚のチラシを配布。(1)機構の職員を名乗り口座番号を聞き出す(2)「流出した個人情報を削除してあげる」と持ち掛けて金銭などを要求する-といった詐欺への注意を促している。
 疑問があったり、不審な電話やメールを受けたりした場合は、機構の専用電話窓口や近くの年金事務所に相談するよう求めている。専用電話はフリーダイヤル(0120)818211。受付は午前8時半~午後9時。http://www.sankei.com/affairs/news/150814/afr1508140018-n1.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ