振り込め対策編

2017年5月23日 (火)

振り込め詐欺撲滅に向け警察と信金が覚書締結(23日)テレビ朝日

振り込め詐欺などの特殊詐欺の急増を受けて、東京・多摩地区の警察署が地元の信用金庫と詐欺撲滅に向けて覚書の締結式を行いました。
 警視庁によりますと、都内の今年1月から先月末までの振り込め詐欺など特殊詐欺の認知件数は907件で、被害額は約21億円に上っています。そのうち多摩地区では約100件が確認されています。これを受けて、多摩地区を管轄する9つの警察署は詐欺被害を減らすため、多摩地区に多くの支店があって高齢の預金客が多い青梅信用金庫と窓口での声掛けの徹底など詐欺撲滅に向けた覚書を取り交わしました。多摩地区では特に、「医療費などが戻る」と嘘を言ってATMを操作させて現金をだまし取る還付金詐欺が多く確認されていて、警視庁は引き続き金融機関に協力を呼び掛けていく方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000101358.html

| トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

東京・豊島区で架空請求詐欺の二次被害防止イベント(20日)TBS

東京・豊島区で、架空請求詐欺の二次被害に注意を呼びかけるイベントが開かれました。
 豊島区のJR池袋駅前では19日、架空請求詐欺の被害者とその解決をうたう探偵の会社との間でトラブルが増加していることを受け、警視庁の警察官と豊島区の大学生などおよそ50人が駅の利用者などに注意を呼びかけました。
 警視庁によりますと、アダルトサイトなどの架空請求の被害にあった人が、解決をうたった探偵の会社に高額な手数料をさらに請求され、二次被害に合うケースが増加しているということです。
 警視庁は「詐欺の被害にあったら、まずは警察か公的機関に相談してほしい」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3058062.html

| トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

特殊詐欺の被害防止を、東京・荒川区でイベント(18日)TBS

東京・荒川区で17日、特殊詐欺による被害の防止を訴えるイベントが行われました。
 荒川区の図書館では落語家の桂才賀さんが落語を披露し、集まった住人らに詐欺への注意を呼びかけました。また、このイベントでは警視庁の警察官が特殊詐欺に関する寸劇をしたり、クイズをしたりするなどして、詐欺の被害にあわないための知識を深めました。
 この図書館では、利用者が家族に向けて特殊詐欺に注意を呼びかけるメッセージを書き込むことの出来るハガキが置かれ、ハガキは、設置された投函ボックスに投函すると、家族へ送られるということです。
 警視庁は、「こういったイベントを通して、多様化する手口への知識を身につけてほしい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3055820.html

| トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

「お母さん、詐欺にご注意」 子から呼びかけメール 母の日合わせ愛知県警企画(13日)日経

お母さん、特殊詐欺に気をつけて――。14日の「母の日」に合わせ、愛知県警が子から母親に警戒を促してもらう取り組みを進めている。感謝の気持ちとともに注意点を伝えるメールを送ったり、プレゼントに啓発メッセージを添えたり。「家族の絆」で被害を防ごうという試みだ。
 県警生活安全総務課はカーネーションを持った自分の姿の画像とともに、母親に「オレオレ詐欺に注意して」といったメールを送るプロジェクトを企画した…
 [有料会員限定]
この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD12H3G_S7A510C1CN8000/

| トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

石原良純さん、特殊詐欺被害の防止イベントに参加(12日)TBS

12日、東京・港区で特殊詐欺などの被害防止を呼びかけるイベントが行われました。
 「特殊詐欺を根絶するぞ」(愛宕警察署の一日署長 石原良純さん)
 港区のJR新橋駅前広場で行われたイベントには、愛宕警察署の一日署長を務めたタレントの石原良純さんのほか、地元金融機関の職員など、およそ100人が参加しました。
 石原さんは妻の実家に詐欺の電話がかかってきたという実体験を披露しながら、特殊詐欺の被害に遭わないよう注意を呼びかけました。
 警視庁は「怪しい電話だと思ったら、気軽に相談して欲しい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3052002.html

| トラックバック (0)

「それは詐欺です」…タクシー運転手が被害防ぐ(12日)読売

大阪府東大阪市で3月、タクシー運転手の男性が乗客との会話から、乗客が詐欺グループに誘い出されているのではないかと気付き、説得して、被害を未然に防いでいたことがわかった。
 運転手は吉村安二さん(65)。枚岡署によると、3月23日、同市の近鉄・

瓢箪

ひょうたん

山駅前で、70歳代の女性を乗せた。女性は近くの東花園駅を指定したが、非常に慌てているように見えた。
 吉村さんが理由を尋ねると、女性は「還付金の手続きをしに行く」「駅前のATMで待ち合わせをしている」と説明。吉村さんが詳しく聞くと、「東大阪市の職員から電話があって指示された」と明かしたという。
 吉村さんは、還付金詐欺の手口だと直感。「それは詐欺です」と告げ、駅前に到着後も、「車から降ろしませんよ」と説得したうえ、同署に通報した。
 女性は、駆け付けた同署員から、改めて詐欺の可能性を指摘され、思いとどまったという。
 吉村さんは4月末、同署から感謝状を贈られ、「お客さんとの会話の中で、ピンときた。お客さんがお金をだまし取られずに済んで本当によかった」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170512-OYT1T50042.html

| トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

アニメキャラのチラシで振り込め詐欺防止呼びかけ(10日)TBS

警視庁の警察官らが人気アニメのキャラクターが印刷されたチラシなどを配って、振り込め詐欺などの被害にあわないよう呼びかけました。
 東京・墨田区の東武曳舟駅前では、警察官や地域の住民が人気アニメ「けものフレンズ」のキャラクターが描かれたチラシなどを駅の利用者に配って、振り込め詐欺への注意を訴えました。
 チラシには、登録していない番号からかかってきた電話の相手とは通話ができないようになっている電話機の購入を勧める内容が書かれています。警視庁は「犯人の電話に出ないようにすることで、特殊詐欺の未然防止をしてもらいたい」としています。
 警視庁管内では、今年1月から3月までの3か月間で、特殊詐欺による被害金額がおよそ15億9300万円にのぼっているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3049461.html

| トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

預金口座の不正利用疑い最少 16年度(3日)日経

金融庁が振り込め詐欺などで不正に利用された疑いがあるとして預金口座の情報を金融機関や警察当局に情報提供した件数は、2016年度で492件に上った。調査を始めた03年度以来で最少で、金融機関の本人確認の徹底で不正な口座開設が減ったという。一方で「おれおれ詐欺」など特殊詐欺は高止まりで、現金の手渡しや郵送など手口が巧妙化している。
 最も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC03H01_T00C17A5NN1000/

| トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

野村証券 特殊詐欺被害防止で新対策導入へ(30日)NHK

 証券最大手の野村証券は、特殊詐欺などの被害を防ぐため、4年以上使われていないキャッシュカードでATMから現金を引き出せなくする新しい対策を、ことし7月から始めます。 野村証券の新しい対策は、キャッシュカードを使った特殊詐欺などの被害が増えていることを受けて導入されます。
 4年以上使われていない自社のキャッシュカードでATMから現金を引き出そうとすると、画面に「利用限度額を超えております」と表示され、操作ができなくなります。入金や残高の照会などはこれまでどおりできるということです。
 新しい対策はことし7月11日から始まり、野村証券は、4年以上使っていないキャッシュカードを継続して使う場合は6月30日までに手続きをしてほしいと呼びかけています。
 キャッシュカードの不正な使用を防ぐこうした対策は、一部の地方銀行や信用金庫ですでに行われていますが、警察庁によりますと、証券会社での実施は聞いたことがないということです。
 野村証券は「今後も、お客様の大切な資産を守るため、犯罪防止の取り組みに努めます」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170430/k10010966861000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

都内で特殊詐欺の被害急増 警視庁が防止呼び掛け(28日)テレビ朝日

今年に入り、東京都内で還付金詐欺など特殊詐欺の被害が急増していることから、警視庁が詐欺防止を呼び掛けるイベントを開きました。
 イベントが行われた東京・文京区では、今年、特殊詐欺による被害額が約7000万円に上り、去年の同じ期間と比べて7倍に上っています。警視庁によりますと、都内全体でも今年、特殊詐欺の認知件数が去年の同じ期間の1.5倍で、16億円以上の被害が確認されています。特にATMの操作に不慣れな高齢者を狙い、年金や保険金の還付金を受け取れると嘘の電話を掛けたうえでATMを操作させる手口が目立っています。
 天野信彦富坂署長:「犯人グループは声を録音される留守番電話を嫌うので、留守電になると二度と掛けてこない。皆さんも留守電の活用を教えてあげてほしい」
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000099583.html

| トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強姦、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年関連事件(被害も含) | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯