パソコン・インターネット

2017年4月25日 (火)

ぴあチケットサイトへ不正アクセス、15万5千件個人情報流出か(25日)TBS

チケット販売大手の「ぴあ」はチケットサイトへの不正アクセスにより、最大でおよそ15万5000件の個人情報が流出した恐れがあると発表しました。
 「ぴあ」は運営を請け負っているバスケットボールの「Bリーグ」のチケットサイトとファンクラブの受付サイトに、先月7日から15日の間、不正アクセスが確認されたと発表しました。その結果、最大でおよそ15万5000件の個人情報が流出した恐れがあるということです。
 個人情報には、「氏名」と「住所」のほか「クレジットカード情報」も含まれていて、すでにクレジットカードの不正利用が630万円分、確認されています。
 「ぴあ」は不正利用された分については全額を補償するとしていて、当面、クレジットカードでのチケットの購入は停止するということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3037989.html

| トラックバック (0)

LINE、捜査協力1200回線超(25日)産経

無料通信アプリ運営のLINE(ライン)は24日、犯罪捜査の過程で平成28年7~12月に国内外の捜査機関から利用者情報の開示請求が1719件あり、事件への関与が疑われる人物や被害者の電話番号など計1268回線分の情報を提供したと発表した。
 同社が捜査協力件数を公表したのは初めて。これまで社内的にはまとめていたが、透明性の確保が「利用者の安心、安全にとって必要不可欠」だと判断したという。
 LINEによると、請求に応じたのは58%分の997件。請求1件に複数回線が含まれた例があり、開示した回線総数が多くなった。
 国内捜査機関からの要請が9割弱の1500件を占め、海外は台湾や韓国など計8カ国・地域だった。
http://www.sankei.com/affairs/news/170425/afr1704250005-n1.html

| トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

コミュニティーサイト通じ“性的被害”児童過去最多(20日)テレビ朝日

 ツイッターやLINEなどを通じて性的被害などに遭った児童の数が去年、過去最悪となっていたことが分かりました。
 警察庁によりますと、去年、全国でコミュニティーサイトを通じて性的被害などに遭った18歳未満の児童は1736人で、統計を取り始めた8年前と比べて約2.2倍と過去最多を更新しました。このうちみだらな行為をされた児童が662人と最も多く、次いで児童ポルノの被害者が563人と多くなっています。最も幼い被害者は9歳の女の子で、裸の画像を送らされていました。被害者が利用していたものではツイッターが446人で最も多く、前年から倍増しています。他には124人がLINEで、54人がフェイスブックを通じて被害を受けています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000099032.html

| トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

「新年度にマイナンバーの更新必要」呼びかけるメールに注意を(10日)NHK

実在するマイナンバーの運営団体を装い、「新年度に伴い、マイナンバーの更新が必要」と持ちかけて個人情報をだまし取ろうとするメールが、今月に入ってから相次いで見つかっていて、運営団体では、問題のメールを受け取っても個人情報を入力しないよう呼びかけています。
 問題のメールは、マイナンバーを運営する「地方公共団体情報システム機構」を装い、タイトルは「マイナンバー新年度更新手続きについて」となっています。
 そして、「新年度に伴い、マイナンバーの更新が必要」などとして偽のウェブサイトに誘導し、ここにアクセスすると氏名や住所などの個人情報を入力するよう求められるということです。
 マイナンバーは、実際には新年度に更新などの必要はなく、何者かが個人情報をだまし取る狙いでメールを送りつけていると見られます。
 このメールは、今月に入ってから東京・足立区と茨城県守谷市に「不審なメールが届いた」と相次いで情報が寄せられ、マイナンバーの運営団体では、ほかにもメールが出回っている可能性があると見て情報収集を進めています。
 これまでのところ「個人情報を入力してしまった」といった被害は確認されていないということで、運営団体では、問題のメールを受け取っても、偽サイトにアクセスしたり添付ファイルを開いたりしないよう呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170410/k10010942601000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

| コメント (0) | トラックバック (0)

生徒が教員用ファイル無断閲覧 学習用と校務用PC接続状態(10日)共同

長崎県内の公立中学校で、一部生徒が校内の学習用パソコン(PC)を使い、教員用ファイルに保存された生徒の成績などを複数回無断で閲覧していたことが7日分かった。校務用PCのサーバーと各教室のPCが接続した状態だったことが原因。学校の情報管理のあり方が問われそうだ。
 同校によると、事態が発覚したのは3月24日。当時中1の男子生徒が教室のPCで教員用ファイルを閲覧しているところを、他の生徒から報告を受けた教員が発見。学校側の聞き取りに対し、生徒はそれまでにテストの成績などを複数回見たことを認めた。
 同校が調べたところ、校務用PCのサーバーと1~3年の全教室、特別教室にあるPC19台すべてが接続した状態だった。当時中3の男子生徒が教室のPCで教員用ファイルを閲覧できることに気付き、中1生徒に手順を教えたらしい。中1生徒は一部情報をUSBメモリーに保存し持ち出していた。さらなる外部流出は確認されていないという。
 2人は教員が撮影した学校行事の画像や生徒の成績を興味本位で見たと話し、反省しているという。
 発覚後、同校は校務用PCと学習用PCを遮断したが、教員用のファイルには全学年の成績のほか、通知表、教師による生徒の所見など個人情報が多く含まれていた。
 校長は「なぜ接続したままだったのか原因は特定できていないが、生徒が成績などの情報を閲覧できる状態だったことは学校側の責任」と話した。地元の教育委員会は「地元の他の小中学校ではこうした問題はなかったことを確認したが、大変な問題だと受け止めている」としている。
 県教委は今後、各市町教委に情報漏えいやシステム点検について注意喚起する文書を出す予定。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2017/04/08093053050954.shtml

| トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

警視庁、ネット脅迫の摘発3割増 16年、過去最多(7日)共同

   
      

 昨年1年間に警視庁が摘発したサイバー犯罪のうち脅迫事件は123件で、前年と比べて28.1%の急増となったことが7日、同庁サイバーセキュリティ対策本部のまとめで分かった。統計を取り始めた2001年以降で最多。会員制交流サイト(SNS)へのしつこい書き込みなど、インターネットを使ったストーカー行為の増加が背景にあるとみている。
 東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた女子大学生が刺されて一時重体となった事件では、逮捕されたファンの男が、女子大学生のツイッターに誹謗中傷する書き込みを頻繁にしていたことが判明した。

https://this.kiji.is/222972101413193204?c=39546741839462401

 

| トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

水樹奈々さんにツイッターで殺害予告の男性を不起訴(30日)TBS

人気声優で歌手の水樹奈々さんに対し、ツイッター上で「殺す」などと書き込んだとして逮捕・送検された32歳の男性について、東京地検は不起訴としました。
 東京地検が29日付けで不起訴処分としたのは、滋賀県に住む無職の男性(32)です。男性は、先月、ツイッター上で「水樹奈々をぶっ殺す」などと書き込み、所属事務所に警備の強化をさせるなどした威力業務妨害の罪に問われていました。
 東京地検は、不起訴の理由を明らかにしていませんが、「証拠関係を総合的に考慮して、あえて起訴しなかった」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3015922.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

盗撮サイト実質経営者実刑判決(23日)NHK

福岡市内で盗撮された女性の動画をインターネットで配信したなどとして摘発されたグループの実質的な経営者に対し、福岡地方裁判所は執行猶予のついた懲役3年の判決を言い渡しました。
沖縄を拠点にした「盗撮サイト」の運営グループが去年、摘発された事件で、実質的な経営者の森本憲被告(49)は、▼盗撮された女性の動画をインターネットで配信したほか、▼わいせつな動画をパソコンに保存したとしてリベンジポルノ防止法違反などの罪で起訴されました。
裁判で、被告は起訴された内容を認め、検察は懲役4年、罰金250万円を求刑していました。
22日の判決で福岡地方裁判所の丸田顕裁判官は、「被害者らにとって耐えがたい情報を不特定多数の者に拡散させた極めて悪質な犯行だ。被告は、犯行の実行行為には関与していないが、サイトの開設や代金回収など果たした役割と得た利益は大きい」と指摘し、懲役3年、執行猶予3年、罰金250万円を言い渡しました。
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20170322/4883591.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

預金を自動で不正送金 警視庁、ウイルス被害を確認(17日)日経

警視庁は16日、インターネットバンキングの預貯金を自動で不正送金する新型コンピューターウイルス「ドリームボット」の被害を国内で初めて確認したと発表した。同庁などは利用者が感染しているかどうかを確認できるサイトを開設し、注意を呼びかけている。
 同庁によると、ドリームボットは大手銀行を含む国内3行のサイトに対応。感染者がサイトに接続すると、ワンタイムパスワードの入力を求める偽の画面が表示される。入力すれば預貯金が犯人側の口座に自動で送金されてしまうという。
 同庁は今年、ドリームボットに感染した人の口座から預金が不正送金された被害を確認した。被害額は明らかにしていない。ウイルス付きメールを開いた際に感染したとみられる。
 被害拡大を防ぐため、同庁は一般財団法人「日本サイバー犯罪対策センター」(JC3)と連携し、JC3のホームページ上に、自分のパソコンが感染していないかを確認できるコーナーを開設した。情報セキュリティー大手のトレンドマイクロによると、ドリームボットが添付されたメールは今年2月だけで約20万通発信されたという。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H2Z_W7A310C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

DeNAサイト2万記事に盗用か 画像不正は最大74万件(13日)共同

 IT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は13日、運営する計10の情報サイト(キュレーションサイト)でずさんな管理が発覚し休止に追い込まれた問題で、第三者委員会による調査報告書を発表した。全体で37万本超の掲載記事のうち盗用など著作権侵害の疑いのある記事が最大5.6%あったと推計、不正が記事2万本程度に広がっていた可能性が判明した。
 医薬関係の法令に違反し、薬の効果や安全性に誤解を招きかねない記事も10本存在したと認定。掲載した画像のうち最大で74万7643件に複製権を含む著作権侵害の疑いがあることも明らかにした。
https://this.kiji.is/213830616337252355?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など) | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、自殺 公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強姦、放火、わいせつ) | 家族関係に起因する事件簿 | 少年関連事件(被害も含) | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯