ニュース

2008年9月27日 (土)

☆毒ヘビ輸入は野放し状態、(27日)

東京都渋谷区のマンションで毒ヘビ51匹を飼育していた港湾作業員の男(41)に、毒ヘビなどを販売した調布市小島町のペットショップ「黒い森」経営、阪東直樹容疑者(37)(動物愛護法違反容疑などで逮捕)が、「毒ヘビは正規の通関手続きを取ってエジプトやケニア、米国から輸入した」と供述していることがわかった。毒ヘビの多くの種は、輸入や譲渡が法的に規制されておらず、警視庁幹部は「このままでは闇取引が横行し続ける」と話している。 同庁幹部によると、阪東容疑者は2004年に黒い森を開店。毒ヘビをはじめ毒グモやサソリなど、マニア向けの動物を専門に扱い、これまでに約1億円を売り上げたという。毒ヘビはインターネットを通じて海外のブローカーに発注し、航空便や船便などで輸入していたという。コブラなどの毒ヘビは、動物愛護法で特定動物に指定されている。環境省によると、飼育や保管には抗毒血清を用意するなどして都道府県知事の許可を受ける必要があり、事実上、家庭では飼育できない。このためマニアらは闇取引で入手しているが、同法には輸入や譲渡自体を規制する条文はなく、阪東容疑者も毒ヘビを店内で無許可で飼育していた容疑で逮捕された。絶滅危惧種を保護する種の保存法や、外来生物から生態系を守る外来生物法は、種によって輸入や譲渡を禁じたり、規制したりしているものの、約700種ある毒ヘビのうち、該当するのはタイワンハブなど7種だけ。このため、国内で毒ヘビがどの程度飼育されているのかも把握できないのが実情だ。東京税関によると、動物の輸入を許可する税関でも、種の保存法などに抵触しない毒ヘビを水際で押収するのは不可能。環境省の担当者は「事件後、毒ヘビの輸入などを規制できないのかという問い合わせが多く寄せられている」と漏らしている。阪東容疑者は、港湾作業員宅で見つかった51匹を含め、100匹以上の毒ヘビを、店内で売ったり、宅配便を使ったりして全国のマニアに販売したと供述しており、同庁では販売先の特定を急いでいる。

(2008年9月27日14時35分  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆立山 初冠雪  (27日)

立山 初冠雪 秋本番の朝

初冠雪を記録した立山連峰=富山県立山町で2008年9月27日午前9時44分、本社機から小松雄介撮影
Logo_mainichi1_4 http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆メラミン問題、中国輸入品に検査命令(27日)

メラミン検出を受け、厚生労働省は26日、中国から輸入される牛乳や乳製品、これらを原材料とする加工食品について、食品衛生法に基づく検査命令を出した。輸入業者は国登録検査機関の検査を受け、メラミンが含まれていないことを確認しなければ、輸入できなくなる。一方、厚労省は、中国本土以外の12か国・地域から輸入される牛乳・乳製品やこれらを原料とする加工食品についても、メラミンの検査を始めた。25日に全国の検疫所に指示した。対象は、中国から乳製品などが入った可能性のある韓国、台湾、香港、タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、インド、バングラデシュ。検疫所でサンプルを抜き取る抽出検査を実施し、メラミンが検出されれば、業者に回収・廃棄を命じる。

2008年9月27日  読売新聞)

丸大食品の自主回収対象4商品からメラミン検出

 大手食品会社「丸大食品」(大阪府高槻市)が有害物質メラミン混入の可能性がある商品を自主回収している問題で、同社と大阪府、高槻市は26日、回収対象の6商品のうち、4商品から37~0・8ppmのメラミンを検出した、と発表した。中国での問題発覚後、国内で流通していた食品からメラミンが検出されたのは初めて。府などは「直ちに健康に悪影響があるレベルではない」としているが、丸大食品は、回収対象商品すべての製造を中止した。高槻市は食品衛生法に基づく回収命令を出す方針。発表によると、4商品は、市販用の「グラタンクレープコーン」「クリームパンダ」「抹茶あずきミルクまん」と、業務用「クリームパンダ」。検出値は、市販用クリームパンダが最も高く37ppm(高槻市検査分)、次いで、業務用クリームパンダ36・6ppm(大阪府検査分)、グラタンクレープコーン14ppm(丸大食品検査分)など。他の回収対象である市販用の「角煮パオ」と「もっちり肉まん」からは検出されなかった。原料として中国の現地工場で使用された、中国の大手乳製品メーカー「伊利」の牛乳についても検査したところ、6月12日と8月1日製造分から12~10ppmが検出された。 丸大食品は、グラタンクレープコーンの検出濃度から、原料の牛乳には41・2ppmが含まれていたと推定。同社は「これまでに中国で発表された最高濃度の8・6ppmを超えるもので、原料の牛乳は極めて高濃度だった」としている。昨年4月以降、伊利の牛乳を原料に製造された6商品は計約35万袋出荷されたが、自主回収できたのは約8500袋分にとどまり、残りは大半が消費されたとみられる。

続きを読む "☆メラミン問題、中国輸入品に検査命令(27日)"

| コメント (0) | トラックバック (2)

☆ 世界遺産:推薦候補に佐渡など5件(27日)

Logo_mainichi1 文化庁は26日、世界文化遺産に国内から推薦する候補を記載する「暫定リスト」に「金と銀の島、佐渡」(新潟県)など5件を追加すると発表した。他に提案されていた27件は見送った。ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会が登録抑制傾向にあることなどを踏まえ、自治体からの公募は打ち切る。観光振興を狙った自治体などの「世界遺産ブーム」も区切りを迎えそうだ。自然遺産を含めリスト記載は計14件となる。追加5件のうち、百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(大阪府)は、構成資産の陵墓を宮内庁が管理し、文化財指定されていない。文化庁は国指定文化財であることを推薦の条件にしてきたため同等とみなすことに問題がないかどうかなどを確認後、記載する。他4件は年内にも記載、同委員会に提出する。ただ文化庁は5件について「記載済みの候補と比べ、国際的評価を得るまでの道のりは相当遠い」と厳しく評価。佐渡は「鉱山遺跡を中心に、世界遺産の石見銀山(島根県)と統合した形での登録を目指すべきだ」とし、北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道、青森県、岩手県、秋田県)は「4道県以外の遺産と組み合わせるのが推薦の条件」とした。記載を見送った27件のうち、阿蘇(熊本県)など5件は「カテゴリー1a」に分類。「価値の証明作業が相当程度進展した段階で改めて審議すべきだ」とした。「1b」の4組8件は他候補と統合して登録を目指すよう求めた。「カテゴリー2」の17件は「現状テーマのままでは記載できない」との位置付け。足利学校と足利氏の遺産(栃木県)など3件は、学校だけを抜き出して「1b」に入れた。国内候補は当初、文化庁が独自に選定していたが、06年度に公募方式が始まった。世界各国の暫定リストには計約1470件の候補が記載されている。【加藤隆寛】http://mainichi.jp/select/today/news/20080927k0000m040072000c.html

続きを読む "☆ 世界遺産:推薦候補に佐渡など5件(27日)"

| コメント (0) | トラックバック (2)

2008年9月26日 (金)

☆たばこ:顔認証機能の自販機、顔しかめ買えた(27日)

Logo_mainichi1_4 福島県喜多方市内で9月中旬、たばこを持っていたとして県警喜多方署に補導された市内の無職少年(17)が、顔認証機能付き自販機でたばこを買ったと話していることが分かった。「顔をしかめたら買えた」と話しているという。顔認証機能付き自販機は、機械のカメラに客の顔を撮らせ、しわや骨格などから大人かどうかを自動的に識別してたばこ販売する。県警少年課によると、少年は顔をしかめるようにして機械に顔を認識させ、大人と誤らせたらしい。8月に補導された別の少年数人も同様の手段で、たばこを買ったと話しているという。県たばこ販売協同組合連合会によると、顔認証機能付き自販機は7月に財務省の認可を受けた。しかし雑誌の顔写真などで買える場合もあり、同連合会は9月、問題点を指摘する意見書を財務省に提出した。一重靖夫会長は「年配の男性が丸刈りのため、子供と判断されて買えなかったという話も聞いた。顔認証機能の精度に問題があるのではないか」と話した。【神保圭作】http://mainichi.jp/select/today/news/20080927k0000m040143000c.html

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆「偽ヴィトン」で2000万円荒稼ぎ 経営者夫婦ら逮捕 警視庁 (26日)

Banner_logo_051_3  偽のルイ・ヴィトン製品を販売目的で所持したとして、警視庁築地署は商標法違反の現行犯で、横浜市港北区富士塚の会社経営、川村雅昭(63)▽川村容疑者の妻、由美子(54)▽東京都大田区池上の自営業、小阪市エ門(64)-の3容疑者を逮捕した。川村容疑者は「平成17年11月ごろから、約3年間で2000万円ほど売り上げた」と供述している。 調べでは、川村容疑者は16日、東京・銀座と神田で経営する婦人服販売店で、「LOUIS VUITTON」のロゴを模したバッグや財布、携帯ストラップなど計29点を販売目的で所持した。また、小阪容疑者も24日、経営する大田区池上の販売店で“偽ヴィトン”の財布など11点を所持した。ルイ・ヴィトン・ジャパンからの通報を受け、同署が調べていた。川村容疑者は小阪容疑者から偽ブランド品を仕入れ、本物なら定価で6万7200円する財布を、1万2800円などの大幅に安い価格で販売。川村容疑者は「小阪容疑者に誘われて店に置いてみたら、売れた。前もってコピー製品(偽物)であることは客に説明していた」などと供述している。
 同署はルイ・ヴィトンの他にも、カルティエやブルガリ、シャネルなど有名ブランドの偽造品約40点を押収しており、余罪を追及している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/181734/

| コメント (0) | トラックバック (2)

☆児童ポルノ販売容疑 福島県の男逮捕 山口県警(26日)

Banner_logo_051_2  山口県警岩国署は26日、インターネットオークションで児童ポルノを販売したとして児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで、福島県郡山市安積町の会社員、入江正恭容疑者(28)を逮捕した。 調べでは、入江容疑者は5月4日から6月1日にかけて、兵庫、山口、福岡各県の計3人に女子児童のわいせつな画像を記録したDVDなど計48枚を1万4000円余りで販売した疑い。5月初旬、岩国署のサイバーパトロールで児童ポルノDVDの販売を発見、捜査していた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/181820/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ダイエットブーム、今度はバナナ テレビで特集、品薄に(26日)

Logo1 「日本人が最も食べている果物」のバナナが、品不足になっている。朝にバナナを食べるダイエット法がワイドショーなどで取り上げられ、ブームの引き金になった。消費は世界的に伸びており、品薄が続く可能性がある。 セブン&アイ・ホールディングスによると、傘下のイトーヨーカドーなどでは20日から売り上げが大きく伸び、一部では品切れも。「入荷を増やすよう求めているが、なかなか応じてもらえない」という。ライフコーポレーションでも売り上げが前年比約7割増の勢いだ。東京都内の食品スーパー担当者は「売り場に人だかりができ、遅い時間にはバナナが消える」と話す。 きっかけは、朝食をバナナに変える「朝バナナダイエット」。昨年から書籍やインターネットで紹介されていたが、今年から度々テレビで取り上げられ、「その都度、売り上げがはね上がった」(伊藤忠商事)。19日にTBS系列で放送された特集番組では、歌手の森公美子さんが「7キロ減量した」とされ、ブームに火を付けたようだ。 輸入量首位の米ドール日本法人の出荷量は6月以降、前年比25~27%の高い伸び。2位の住商フルーツは「予測の2~3倍の発注があり、すべてに応じられない」状況で、9月の出荷量は前年比約3割増になる見込みだ。バナナの消費は他の輸入市場の中東や豪州、アジアでも経済成長を背景に増えている。「ブームが続けば、他国分を日本に持ってくるしかないが、大量には難しい」(ドール)という。(斎藤徳彦) http://www.asahi.com/national/update/0925/TKY200809250340.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆<エチオピア誘拐>被害者は「日本人女医」 外交筋明かす(26日)

Logo_mainichi1 【パリ福井聡】国際医療支援団体「世界の医療団」(本部・パリ)の日本人女性とオランダ人男性と見られる医療スタッフ2人がエチオピア東部で誘拐された事件で、エチオピアの首都アディスアベバの外交筋は25日、「2人は日本人女医とオランダ人男性看護師」と述べた。AFP通信が報じた。
【関連】エチオピア誘拐:身代金目的が頻発 外国人狙い

 同外交筋は「2人は22日、干ばつ被害が深刻化している(ソマリアとの国境地帯の)ファディガラドル村を訪れ、誘拐された」と述べた。関係者によると、2人はその後、国境を越えソマリア中部のグラエル地方に連れ去られたことが確認されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000149-mai-int

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆任意同行中の中国人、車の扉開け逃走 東京入管 (26日)

Banner_logo_051 東京入国管理局は25日、入管難民法違反(不法残留)の疑いで任意同行中の中国人の男(40)が逃走したと発表した。
 同入管によると、男が逃走したのは同日午後1時ごろ。宇都宮市内で男に任意同行を求め、ワンボックスカーで東京入管(東京都港区)に向かっていた途中、港区内で後部座席に座っていた男が後部の扉を開けて逃走した。当時、車内には運転手を含め職員3人がいた。職員2人が後を追ったが行方を見失ったという。
 男は平成17年1月、短期ビザで日本に入国。期限の17年2月7日を過ぎても、不法に日本国内に滞在していた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/181472/

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯