スポーツ

2018年12月 7日 (金)

貴ノ岩が引退へ 付け人の弟弟子に暴行 (7日)日経

大相撲の冬巡業先の福岡県内で4日夜に、付け人の弟弟子に暴力を振るった平幕貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身=が責任を取り、引退する意向を固めたことが7日、分かった。関係者が明らかにした。
貴ノ岩は2017年の元横綱日馬富士による傷害事件の被害者。元日馬富士は事件の引責で同年11月に引退した。
 5日に日本相撲協会の聴取を受け、付け人が忘れ物について言い訳をしたことが理由で、宿舎のホテルで平手と拳で4、5発殴ったと説明したという。付け人からも事情を聴いた日本相撲協会は今後、貴ノ岩の処分を検討するとしていた。
 貴ノ岩は傷害事件後、17年11月の九州場所から2場所連続で全休。18年3月の春場所から十両で復帰し、9月の秋場所では再入幕を果たした。11月の九州場所は東前頭6枚目で6勝9敗と負け越した。
 貴ノ岩は鳥取城北高への相撲留学のため来日。元貴乃花親方(元横綱)が師匠を務めた貴乃花部屋に入門し、09年初場所で初土俵を踏んだ。12年名古屋場所で新十両、14年初場所で新入幕。元貴乃花親方の相撲協会退職に伴い、18年10月に千賀ノ浦部屋に移籍した。〔共同〕https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38658460X01C18A2CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

「言い訳に腹立て」貴ノ岩、付け人の頬を殴る(5日)読売

日本相撲協会は5日、モンゴル出身の幕内貴ノ岩関(28)(千賀ノ浦部屋)が冬巡業先の福岡県行橋市内の宿舎で、付け人の弟弟子(23)を殴る暴力事案があったと発表した。
 相撲協会の説明によると、貴ノ岩関は4日夜、宿舎の自室内で、付け人が忘れ物の言い訳をしたことに腹を立て、平手と拳で4~5回頬を殴ったという。5日に行橋市で行われた巡業に付け人が遅刻し、顔が腫れていたため、協会関係者が事情を聞いて問題が発覚した。
 貴ノ岩関は帰京し、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)とともに相撲協会の事情聴取を受け、殴った事実を認めた。協会は冬巡業の休場と都内の千賀ノ浦部屋での謹慎を言い渡した。近く付け人からも事情を聞いた上で、理事会で処分を検討する。

(ここまで317文字 / 残り215文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181205-OYT1T50083.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

»元マラソン代表 原裕美子被告、なぜ万引き繰り返し 心情告白(29日)TBS

 万引きを繰り返し、来週、裁判で判決を受けるマラソン元日本代表、原裕美子被告がJNNの単独インタビューに応じました。
 「やらないように気をつけて、財布だけ持って、お店に行ったのに、なんで入れちゃったのかなって」(マラソン元日本代表 原裕美子 被告)
 こう語るのは、マラソン元日本代表の原裕美子被告。世界選手権に2度出場するなど、活躍してきました。しかし、去年11月、栃木県のコンビニで化粧品などを万引きした罪で、執行猶予付きの判決を受け、わずか3か月後に群馬県のスーパーで菓子などを万引きしたとして、逮捕・起訴されました。万引きを繰り返してしまうのは、マラソン選手に課される厳しい体重制限がきっかけだったと言います。
 「(現役時代)何か月間も自分が食べたい物を我慢させられていたので、本当に異常なくらいに食べ物に対する執着心というか」(マラソン元日本代表 原裕美子 被告)
 高校卒業後、実業団に入り、マラソン漬けの日々を送っていた原被告。監督からは、「とにかく減量すること」を求められ、原被告は水すらも飲むことを制限され、十分に食べることができない反動から、たくさん食べては嘔吐を繰り返す、摂食障害を患っていたのです。
 「食べ吐きをやめたら、また体重管理で怒られると。そういうつらさから逃げるために、どんどん食べ吐きがひどくなっちゃって、万引きをしてしまった」(マラソン元日本代表 原裕美子 被告)
 さらに、「成績を残さなければならない」という重圧から逃れるように、菓子などの食料の万引きを繰り返すようになったといいます。
 「辛さを忘れたくて、とってしまう。いけないことと分かっていても、やめられなかった」(マラソン元日本代表 原裕美子 被告)
 原被告は医師から盗みや万引きを止められない“窃盗症”と指摘されたことから、現在は、同じような依存症に悩む人たちを支援する施設に通っています。さらに事件後、“窃盗症”の事情なども理解したうえで雇ってくれた千葉県の会社で、事務職として勤務しています。
 「信頼できる人に少しずつ話すようにしたんですね。そうしたら、どんどん私を応援してくれる方が増えてきて」(マラソン元日本代表 原裕美子 被告)
 「今は万引きはしなくなった」という原被告。食べて吐くことも少なくなったといいます。
 「自分を応援してくれた人を傷つけないように、私は再犯しないようにする」(マラソン元日本代表 原裕美子 被告)
 判決は来月3日、言い渡されます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3536790.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

元ジュビロ選手ら3人逮捕、山形 傷害の疑い(21日)共同

飲食店で男性客を蹴ってけがをさせたとして、山形署は20日、傷害の疑いで、NPO法人山形フットボールクラブ職員の後藤篤志容疑者(43)=山形市=ら3人を逮捕した。後藤容疑者は1994年、Jリーグのジュビロ磐田に選手として所属していたという。
 他に逮捕されたのは、会社役員三沢大介容疑者(39)=同市=と、同クラブ職員横山彰容疑者(44)=同市。後藤容疑者と三沢容疑者は一部否認、横山容疑者は否認している。
 逮捕容疑は10月14日午後9時50分ごろ、3人で共謀し、山形市内の飲食店で客として居合わせた男性(42)を蹴るなどの暴行を加え首や脚にけがを負わせた疑い。
https://this.kiji.is/437606132003423329?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

野球ボール当たり高2男子が死亡 熊本、練習中に頭を直撃(19日)共同

 熊本県警は19日、熊本市西区の県立熊本西高校で18日、硬式野球の練習試合をしていた2年の男子生徒(16)の頭にボールが当たり、19日に死亡が確認されたと明らかにした。死因は外傷性くも膜下出血だった。
 熊本南署によると、18日午後1時40分ごろ、高校の男性教諭から「投手が投げたボールが打者の頭に当たり意識がない」と119番があった。
 高校などによると、現場は学校のグラウンドで、県内の別の学校と練習試合をしていた。男子生徒は右打者でヘルメットを着用。死球を避けようとしたが、左側頭部に当たったとみられる。https://this.kiji.is/437105140014810209?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

»悪質タックル問題、警視庁「指示の会話なかった」(14日)TBS

日大アメフト部の悪質タックル問題で、内田前監督と井上前コーチが反則行為を指示した根拠の1つとされた会話について、警視庁が実際にはなかったとみていることが分かりました。
 この問題は今年5月のアメリカンフットボールの試合で、日大の宮川泰介選手(20)がパスを投げ終えた関西学院大学の選手に背後からタックルし、全治3週間のけがをさせたものです。
 日大の第三者委員会の報告書はタックルの直後、内田正人・前監督が井上奨・前コーチから「やりましたね」と声を掛けられ、「おお」と応じたとしていて、この会話が2人が反則行為を指示した根拠の1つだとしていました。
 しかし、警視庁が200人を超える部員や関係者に聞き取りを行ったところ、こうした会話があったことは確認できなかったということです。
 警視庁は、今月中にも2人を傷害の疑いで書類送検する方針ですが、立件はされない見通しです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

幕下力士が物損事故 大嶽部屋、酒気帯び運転か(10日)日経

日本相撲協会は10日、福岡市博多区の福岡国際センターで記者会見し、大嶽部屋所属の幕下力士が9日未明に福岡県内で酒気帯びの疑いで乗用車を運転し、ガードレールに車をぶつける物損事故を起こしたと発表した。同乗者やけが人はおらず、力士は運転免許証を所持していたという。協会は力士の車、バイクの運転を禁止している。
力士は当初、警察や師匠の大嶽親方(元十両大竜)に対し、運転は認めたが事故を起こしたことは否定。ただその後の相撲協会による聞き取りで事故の事実を認め、9日に再び警察の事情聴取を受けた。
相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は警察の捜査を踏まえて対応を検討するとし「協会としてもコンプライアンス(法令順守)の研修を徹底している。非常に残念な思い」と話した。八角理事長(元横綱北勝海)は「発表した通り」と述べるにとどめた。事故を起こした力士は大相撲九州場所(11日初日・福岡国際センター)を休場する。
大嶽部屋では元幕内大砂嵐が長野県で無免許運転したとして2月に道交法違反の罪で略式起訴され、3月に引退していた。会見に同席した大嶽親方は「言葉にならないくらいショック。本当に申し訳ない」と謝罪した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37612460Q8A111C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

元女子マラソン日本代表に論告求刑 万引事件、前橋地裁支部(29日)産経

群馬県太田市内のスーパーで菓子などを万引したとして、窃盗罪に問われた世界選手権女子マラソンの元代表選手、原裕美子被告(36)の論告求刑公判が29日、前橋地裁太田支部(奥山雅哉裁判官)で開かれた。弁護側の最終弁論を経て結審の予定。
 弁護側は過食と嘔吐を繰り返す摂食障害によって食べ物への欲求が高まり、判断力や自らの行動、衝動を制御する能力に影響していたと主張。被告は公判で起訴内容を認め「万引できないようバッグを持たずにスーパーへ行ったが、上着に違和感を覚え、お菓子を服の中に入れてしまったことに気付いた」と話した。
https://www.sankei.com/affairs/news/181029/afr1810290007-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

元幕内 大砂嵐 また無免許運転か 道交法違反容疑で警察が捜査(27日)NHK

大相撲の元幕内 大砂嵐がことし4月、静岡県内の高速道路を、無免許で制限速度を超えて運転していた疑いがあるとして、警察が道路交通法違反の疑いで捜査していることが、捜査関係者への取材でわかりました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

駅伝負傷選手はいずりに賛否…監督棄権も伝わらず どうすればよかったのか?(24日)産経

福岡県で21日に開催された全日本実業団対抗女子駅伝予選会の2区(3・6キロ)で、負傷した岩谷産業の選手がたすきをつなぐため、四つんばいになって競技を続けたことが賛否の議論となっている。選手に称賛が集まった一方で、主催者には「やめさせるべきだった」との批判も寄せられている。
 選手は、中継所まで約200メートルのところで突然倒れた。両手と両膝をついて四つんばいになり、アスファルトの上を進んだ。両膝はすれて血がにじみ、その様子を見守った次走者の同僚選手は涙で目を潤ませた。
 レース後、負傷した選手は右脛(すね)の骨折で全治3~4カ月と判明。岩谷産業は、監督が棄権を申し出ていたことを明かし「誠に遺憾であり、大会運営の改善を願う」とするコメントを発表した。
 なぜ棄権できなかったのか。主催者の日本実業団陸上競技連合によると、負傷選手に監督らが触れ、介抱するなどした場合は棄権になる。ただ、この大会では車での伴走は認められておらず、監督らはコースから離れた部屋で中継を見ていた。異変に気づいた監督はすぐに主催者側に「止めてくれ」と棄権の意思を伝達。コースの担当者に連絡し、選手の意思確認に向かった。
続く downwardleft

https://www.sankei.com/life/news/181023/lif1810230035-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 密輸・密売関係(外国人含む) | 密輸関係(外国も含む) | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯