スポーツ

2018年2月15日 (木)

ハンマー頭にあたり生徒死亡、検証委が“再発防止”提言へ(15日)TBS

群馬県の高校のグラウンドで、陸上競技用のハンマーが頭にあたり男子生徒が死亡した事故で、検証委員会が初会合です。
 去年12月、群馬県立藤岡中央高校のグラウンドで、陸上部の男子生徒が投げたハンマーが頭にあたり、サッカー部2年の大広一葉さん(17)が死亡しました。この事故について、原因の調査などを行う県の検証委員会が設置され15日、はじめての会合が開かれました。
 検証委員会には陸上競技の専門家らが参加し、事故当時の状況などについて県から報告を受けたあと、現場を視察しました。検証委員会は今後、再発防止策などを取りまとめ、県に提言する予定です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3293365.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【平昌五輪】 中傷投稿1万件、殺害予告も…カナダ選手SNS炎上問題 IOCが異例の呼び掛け(15日)産経

平昌五輪・ショートトラック女子500メートル決勝で繰り上げ銅メダルを獲得したカナダ人選手のSNSが、韓国の一部ネットユーザーから殺害予告を含む多数の中傷投稿により炎上した問題で、国際オリンピック委員会(IOC)は選手に敬意を払うよう異例の呼びかけを行った。カナダ側でも代表選手の安全確保に乗り出すなど波紋を広げている。
 発端は13日に行われたショートトラック女子500メートル決勝で、韓国の崔●(=王へんに民)禎(20)=チェ・ミンジョン=とカナダのキム・ブタン(23)がレースで激しく競り合い接触。崔●(=王へんに民)禎は2位でゴールしたが、ブタンの体を押したと判定され失格となり、ブタンが繰り上がって銅メダルを獲得した。
 これに韓国の一部ネットユーザーが猛反発。朝鮮日報(日本語電子版)によると、ブタンのインスタグラム(写真共有アプリ)にはレース後1時間で1万件の中傷コメントが殺到したという。ブタンはアカウント非公開の措置を取った。
 ロイター通信などによると、投稿の中には「おめでとう、dirty medal(汚いメダル)」などの非難や、ナイフの絵文字とともに「If I find you,you will die(見つけたら殺す)」との殺害予告まであったという。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

【平昌五輪】 “前科”のあるオランダ選手が侮辱ポーズ? 4年前の事件を根に持つ韓国国内で批判が殺到(13日)産経

 平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子1500メートルで銀メダルを獲得したシンキー・クネフト(オランダ)が表彰台で、優勝した林孝峻(韓国)に向けて“中指”を立てて侮辱したとの疑惑が浮上し、韓国国内で批判が殺到している。
 0秒07差で敗れた10日の競技後のセレモニーで、クネフトは林の右側に立って肩を組み、右手に平昌五輪の公式マスコット「スホラン」のぬいぐるみを持っていた。韓国の英字紙、コリア・タイムズなどに掲載された写真では、クネフトの右手の中指が立てられ、林を指しているように見える。
 韓国国内で批判がわき上がると、クネフトは翌11日に行われたメダル授与式の際、「中指を立てているように見えたかもしれないが、わざとではない。写真だと印象が悪いが、意図的ではない。僕はただメダルを持っていただけだ」と弁解したという。
 しかし写真が撮られたのはメダル授与式の前日のセレモニーで、まだメダルは与えられていない。「メダルを持っていただけ」というクネフトの弁明と矛盾する。しかもクネフトには、韓国国民がいまだに根に持っている“前科”があることから、簡単には疑惑は晴れない。

続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

ショートトラック斎藤慧が薬物陽性 暫定出場停止 選手村を退去 (13日)日経

【平昌=金子英介】日本オリンピック委員会(JOC)は13日、平昌で記者会見し、スピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧選手(21、神奈川大)が競技会とは別のドーピング検査で禁止薬物の陽性反応が出たと発表した。斎藤選手は12日に選手村を退去した。
 斎藤選手は「全く身に覚えがない」と故意による摂取を否定しているが、禁止薬物が体内に入った経緯を証明できないため、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の暫定的な平昌五輪出場資格停止措置を受け入れた。
 JOCによると、斎藤選手は韓国入りした4日夜にドーピング検査を受け、7日にA検体、10日にB検体から禁止物質「アセタゾラミド」の陽性反応が出た。同物質は体重を落とす利尿作用があるほか、筋肉増強剤の隠蔽に使用されるため禁止薬物に指定されているという。大会後にCASから正式な裁定が下される。違反が確定すれば冬季五輪の日本選手では初めてとなる。
 記者会見した斎藤泰雄・日本選手団長(JOC副会長)は「このような事態に至ったことは極めて残念」と話した。若手有望株の斎藤選手は今回が初の五輪代表。リレーの補欠でこれまで出番はなかった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26822810T10C18A2CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

事故2日前も無免許疑い 書類送検の大砂嵐(9日)日経

長野県内での車の追突事故を巡り、道交法違反(無免許運転)の疑いで書類送検された大相撲の十両大砂嵐(25)=大嶽部屋=が事故の2日前にも無免許運転した疑いがあることが分かった。長野地検が8日、明らかにした。
 長野県警が今月7日に書類送検した容疑には、1月3日に同県山ノ内町で有効な運転免許証を持たずに乗用車を運転したほか、同1日に同県中野市内で無免許運転した疑いも含まれている。
 捜査関係者らによると、大砂嵐は1月3日、山ノ内町で追突事故を起こしていた。
 師匠の大嶽親方(元十両大竜)によると、1日は午前中に東京都江東区の大嶽部屋で年頭のあいさつなどが行われ、大砂嵐も参加した。昼すぎに解散し、長野県に行くことは伝えられていなかった。大嶽親方は「元旦に今年1年、誠実に頑張ろうという話をした。本当にがっかりだ。相撲協会の処分を待つだけ」と声を落とした。
 日本相撲協会は検察の処分後、臨時理事会を開く予定。協会は現役力士の自動車やバイクの運転を禁じており、無免許の疑いも重なり、大砂嵐には厳しい処分が科される可能性もある。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26709720Y8A200C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

大砂嵐を書類送検 無免許運転の疑い(7日)日経

大相撲の大砂嵐(25)が乗った車が1月に長野県内で別の車に追突した事故で、県警は7日、大砂嵐を道交法違反(無免許運転)の疑いで書類送検した。
 捜査関係者らによると、大砂嵐は1月3日、長野県山ノ内町で別の車に追突する事故を起こした。有効な運転免許証を所持していなかったとみられる。
 大砂嵐は事故後、日本相撲協会に「妻が運転していた」などと説明。県警に対しても運転を否定したが、その後「自分が運転していた」などと容疑を認めたとみられる。防犯カメラなどの映像でも、本人の運転と確認できたという。
 協会は事故を受け、大砂嵐の初場所休場を発表。当初は事故の報告を受けていなかったことも明らかにした。協会の内規では、現役力士の車の運転は禁じられている。
 協会の鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)は大砂嵐の処分に関し、検察の処分決定後に判断するとしている。
 大砂嵐はエジプト出身で大嶽部屋所属。アフリカ大陸からの初の力士で、2012年の春場所で初土俵、13年の九州場所で新入幕を果たした。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26624780X00C18A2CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

【大相撲】 無免許運転疑いの大砂嵐関、長野県警が立件へ聴取(30日)産経

大相撲の大砂嵐関(25)が乗った車が長野県内で別の車に追突した事故で、県警は30日、道交法違反(無免許運転)容疑での立件に向け、東京都内で大砂嵐関の聴取を始めた。同乗していた妻についても聴取、当時の状況を詳しく調べる。捜査関係者が明らかにした。
 大砂嵐関は1月3日、同県山ノ内町で、無免許のまま車を運転した疑いが持たれている。県警は、有効な運転免許証を所持していなかったとみて書類送検する方針。
 大砂嵐関は追突事故後、日本相撲協会に「妻が運転していた。事故が起き、妊娠中の妻をかばおうと運転席に移った」などと説明。県警に対しても当初は運転を否定していたが、その後「自分が運転していた」などと容疑を認めたとみられる。防犯カメラなどの映像でも、本人の運転と確認できたという。
 事故判明後の21日、取材に応じた大砂嵐関の代理人弁護士は、車を運転していたのはエジプト人の妻で、旅行で長野県を訪れたと説明した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180130/afr1801300027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

親方らに賠償求め提訴 力士傷害事件の被害者(25日)共同

大相撲春日野部屋の傷害事件で、兄弟子だった元力士(24)から暴行を受けた弟弟子の男性(22)が、春日野親方(元関脇栃乃和歌)と元力士に3千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴していたことが25日、分かった。親方には元力士に対する監督責任があったとしている。提訴は昨年3月22日付。
 訴状などによると、男性は2014年、元力士から顔を殴られたり腹を蹴られたりし、顎の骨を折る全治1年6カ月の重傷を負った。
 親方は、別の力士を通じて通院を指示したとした上で、「事件を隠蔽する意図はなかった」と反論。元力士も「暴行の発端をつくった男性にも過失がある」と主張している。
https://this.kiji.is/328999245086901345?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

春日野部屋、傷害事件を公表せず 顔殴り、弟弟子に後遺症(24日)共同

大相撲の春日野部屋に所属していた力士(23)が弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、2016年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定していたことが24日、関係者への取材で分かった。同年3月、日本相撲協会理事に就任した春日野親方(元関脇栃乃和歌)は事件の存在を公表していない。新たな不祥事が発覚したことで、元横綱日馬富士関暴行事件に揺れる角界の体質が改めて問われそうだ。
 春日野親方は現在も相撲協会理事で、広報部長として情報発信も担っている。共同通信の取材に「(力士は)辞めてますから」と述べ、公表する必要はないとの考えを示した。
https://this.kiji.is/328838686747919457?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

大相撲の大砂嵐関「自分が運転」 長野県警、映像でも確認(23日)共同

大相撲の十両でエジプト出身の大砂嵐関(25)=本名アブデルラフマン・シャーラン=が乗った車が長野県内で別の車に追突した事故で、大砂嵐関が県警に「自分が運転していた」などと述べ、容疑を認めたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。防犯カメラなどの映像でも、本人が運転していたことが確認できたという。
 県警は、有効な運転免許証を所持していなかったとみて、道交法違反(無免許運転)の疑いで近く書類送検する方針。
 捜査関係者らによると、大砂嵐関は1月3日、同県山ノ内町の奥志賀高原スキー場近くで、無免許のまま車を運転した疑いが持たれている。
https://this.kiji.is/328469883736081505?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯