スポーツ

2018年6月18日 (月)

延岡学園バスケ部選手が試合中審判殴る 判定不満、没収試合に(18日)西日本

九州高校体育連盟は17日、長崎県大村市で同日開かれた全九州高校バスケットボール大会の男子準決勝で、延岡学園高(宮崎県延岡市)の選手(15)がファウルを宣告した20代の男性審判員の顔を拳で殴る暴力行為があったと発表した。審判員は口を10針縫うけがを負った。選手は失格処分、試合は没収試合となり、同校は敗退した。長崎県警大村署は傷害や暴行に当たる可能性もあるとして、関係者から事情を聴いた。
 長崎県高体連などによると、暴力行為を行ったのは1年生の留学生。福岡大大濠(福岡市)が78-66でリードしていた試合終了40秒前、ファウルを宣告した副審に近づき左顔面を1回殴った。副審は後頭部から倒れ、会場は騒然となった。
 大会関係者によると、選手は途中出場後、3回続けてファウルを宣告され「判定に不満で殴りかかったようだった」という。
 署によると、事情聴取の際、選手は署内で負傷した審判員に直接謝罪した。審判員は「(選手の)将来もあるし、バスケットボールを嫌いになってほしくない」との趣旨の言葉を掛け、事件化を望まない意向を示したという。
 延岡学園高は全国高校総合体育大会(インターハイ)の優勝経験もある強豪校。5月の宮崎県高校総体で優勝、インターハイ出場を決めており、九州高体連は全国高体連などに報告。今後、処分を検討するとみられる。
 同校の佐々木博之教頭は「負傷した審判の方にただただ申し訳ないとの思い。できるだけ早く学校として直接謝罪したい」と話し、18日に会見を行う予定。
 暴行の場面は会場で撮影された動画がインターネット上に拡散している。長崎県高体連の後藤慶太バスケットボール専門部長は「試合中の暴力行為は絶対にあってはならず大変遺憾だ」と語った。=2018/06/18付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/425432/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

高校野球の強豪校 高知高校野球部で暴力行為(17日)NHK

高校野球の強豪校で、ことしのセンバツ大会にも出場した高知市の高知高校の寮で2年生の野球部員が1年生の部員7人に暴行を加え、けがをさせていたことがわかりました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

阪神 盗撮のスコアラーを契約解除(15日)NHK

プロ野球・阪神は女性のスカートの中を盗撮したとして、宮城県の迷惑行為防止条例違反の罪で略式起訴され、裁判所から罰金50万円の略式命令を受けたスコアラーの山脇光治元選手について15日付けで契約を解除しました。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

大相撲 傷害容疑の貴公俊を起訴猶予 大阪地検(13日)NHK

大相撲の春場所中に、付け人に暴力を振るったとして書類送検された貴乃花部屋の力士、貴公俊(たかよしとし)について、大阪地方検察庁は、13日付けで起訴猶予にしました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

大阪府警、貴公俊を書類送検 付け人傷害容疑、示談成立(7日)朝日

大相撲貴乃花部屋の力士、貴公俊(たかよしとし、21)が今年3月、自身の付け人に暴行したとされる問題で、大阪府警が貴公俊を傷害容疑で書類送検していたことがわかった。捜査関係者が明らかにした。
 捜査関係者によると、貴公俊は今年3月18日の春場所エディオンアリーナ大阪)8日目の取組後、支度部屋で自身の付け人に対し、複数回殴るなどした疑いがある。
 理由について、自分の出番が近づいていたのに、土俵下に向かうよう伝えるタイミングが遅いことに腹が立った、などと説明したという。場所後に告発状が出され、府警が捜査していた。ただ捜査関係者によると、示談が成立しているため、府警は起訴などの厳しい処分は求めていないとみられる。
 この問題が発覚後、貴公俊は春場所を休場し、1場所の出場停止の処分を受けた。貴乃花親方は暴行問題の監督責任などを理由に、最も低い階級「年寄」へ降格していた。

https://www.asahi.com/articles/ASL6672SZL66PTIL01T.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

野球部員に不適切な行為 40代の男性コーチ解任 群馬・前橋工業高校(4日)産経

 群馬県立前橋工業高校(前橋市石関町)で硬式野球部の40代の男性の外部コーチが部員に不適切な行為をしていたことが分かった。2月下旬以降に発覚し、同校は関係者に聞き取り調査を実施。県高校野球連盟と県教育委員会に報告し、3月上旬までにコーチを解任した。同校は「部員のプライバシーを守るため」として、行為の内容を明らかにしていない。
 同校によると、コーチは部員らの下宿先で不適切な行為をしたという。行為発覚後、高田●(=勉の口の中の縦棒とその下のノをつなげる)校長らが部員や保護者に経緯を説明した。
 コーチは同校OBで、昨年5月に就任。生活指導にも携わっていた。部員はけがはなく、部活動にも参加しているという。
 桑原忠副校長は「大変残念だ」としながら、「夏の大会に向けチーム一丸となって頑張りたい」と話した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180604/afr1806040029-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

【アメフット】関学選手側が告訴状提出 傷害容疑で警視庁に 内田正人前監督と井上奨前コーチ(31日)産経

 日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で、負傷した関西学院大の選手側が、内田正人前監督と井上奨前コーチについて、傷害容疑の告訴状を警視庁調布署に提出したことが31日、関係者への取材で分かった。
 関係者によると、反則行為となる危険なタックルをした日大の宮川泰介選手については、寛大な処分を求める数千人分の嘆願書を出したという。告訴状の提出を受け、警視庁は捜査を本格化させるとみられる。28日には捜査員が日大の施設を訪れ、日大関係者から聞き取りをしていた。
 問題は6日の両校の定期戦で発生。パスを投げ終えて無防備な状態だった関学大の選手が背後からタックルされて、腰などにけがをした。
 日大の選手は22日に記者会見を開き、前監督や前コーチから「相手をつぶせ」などの指示を「けがをさせろ」と解釈したと説明した。前監督と前コーチは、反則やけがをさせることまでは指示していないとの考えを示していた。
http://www.sankei.com/affairs/news/180531/afr1805310018-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

関東学生連盟が日大アメフト部前監督らを厳重処分へ(29日)テレビ朝日

アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が危険なタックルをした問題を巡っては、関東学生アメフト連盟が29日、臨時理事会を開いて内田前監督らに対する処分を決めます。「除名」を含む厳しい処分が検討されていて、連盟は夜に記者会見を開く予定です。
 連盟の関係者によりますと、29日に開かれる臨時理事会では、内田前監督と井上前コーチに対して除名や資格剥奪(はくだつ)などの厳しい処分を検討するということです。2人の他にも、別のコーチやタックルをした選手も処分の対象となる可能性があります。連盟は臨時理事会の後に記者会見を開き、処分の内容について説明する予定です。
 林芳正文部科学大臣:「(日大の対応は)迅速だったとは言えないのではないか。速やかに事実の全容の解明、究明が行われることを強く望みたい」
 一方、林文科大臣は学生連盟の規律委員会や日大の第三者委員会による早急な事実解明を求め、日大の理事会が責任を持って対応することが必要だとしました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000128318.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

日大“悪質タックル” 警視庁が関係者から聞き取り(29日)テレビ朝日

アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が危険なタックルをした問題で、警視庁の捜査員が日大の本部を訪れて関係者から聞き取りを行っていたことが分かりました。
 捜査関係者などによりますと、28日に警視庁の捜査員が東京・千代田区にある日大本部を訪れ、日大の関係者から聞き取りをしていたことが分かりました。今後の本格的な捜査に向けての準備とみられます。この問題を巡っては、けがをした関西学院大学の選手側が大阪府警に提出した被害届が警視庁に移されていました。今後、タックルをした宮川泰介選手や内田正人前監督、井上奨前コーチなど関係者から事情を聴くほか、関連する資料の提出などを受けて傷害の疑いを視野に捜査する方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000128317.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

日大再回答「真実と思えず」、関学会見 定期戦は中止(27日)日経

日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、関西学院大アメフト部は26日、兵庫県西宮市のキャンパスで記者会見を開き、内田正人前監督らの指示が確認できないとする日大の再回答書について「多くの矛盾があり、真実とは到底認識できない」との見解を明らかにした。日大との定期戦を当面取りやめるとし、捜査機関による真相究明を要請。両大学の亀裂は決定的となった。
続くdownwardleft
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31014320W8A520C1AC8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) | 国防関係 国際紛争 自衛隊 | 家族関係に起因する事件簿 | 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯