スポーツ

2017年2月26日 (日)

サイクリングイベント参加の女性 崖下に転落 重体(26日)NHK

26日正午ごろ、静岡県西伊豆町で開かれたサイクリングのイベントに参加していた44歳の女性がコースの県道から崖下に転落し、意識不明の重体になっています。警察がイベントの安全管理も含め、事故の原因を調べています。
 26日正午ごろ、西伊豆町宇久須で開かれたサイクリングのイベント中に、女性が県道から崖の下に転落したと、主催者側から消防に通報がありました。 警察によりますと、転落したのは東京・大田区の44歳の会社員の女性で、ドクターヘリで病院に運ばれましたが、頭や体を強く打っていて意識不明の重体だということです。
現場の県道は下り坂のカーブで、女性はおよそ20メートル下に転落していたということです。 このイベントは東京・青梅市の団体が開いた「南伊豆グランフォンド」と呼ばれる大会で、26日はおよそ400人が参加し、女性は自転車で110キロを走るコースに出場していたということです。 警察は女性がガードレールに衝突し、その弾みで崖の下に転落したと見て、イベントの安全管理も含め、事故の原因を調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170226/k10010891041000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

きょう東京マラソン 五輪に備えテロ対策など警備強化(26日)NHK

26日開催される国内最大規模のマラソンレース、東京マラソン。ことしからゴール地点が大会関係者以外の利用も多い東京駅前となり、警視庁などは3年後の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、テロ対策などへの警備を強化しています。
 今回もおよそ3万6000人が参加する東京マラソン。警視庁などは、3年後の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて取り組んでいるテロ対策の実践の場と位置づけ警備を強化して臨みます。
 このうちスタート地点の東京都庁前では、警備犬を出動させ、爆発物などの不審物の捜索を徹底するほか、出場するランナーの手荷物検査も厳重に行われます。
 また、レース中は、ランナーと一緒に走りながら警戒する警察官、「ランニングポリス」が装着するカメラから送られる映像や音声をチェックするなどして不審な動きがないか確認していきます。
 さらに、今回の大会からゴール地点となる東京駅前では、大会関係者のほか一般の利用者も多いことから例年より警察官を増強するほか、カメラが付いた大手警備会社のバルーンを使用し、上空からも警戒に当たる予定です。
 26日は、レースに伴って長時間、通行止めとなる道路もあり、警視庁は、コースの近くに向かう場合はホームページにある交通規制情報などを確認するよう呼びかけています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170226/k10010890281000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

東京駅前・都庁など不審物捜索…東京マラソン(25日)読売

 26日に行われる東京マラソンを前に、警視庁は25日、スタート地点の東京都庁(東京都新宿区)や、今大会からゴール地点になるJR東京駅前(千代田区)で不審物がないか確認した。
 都庁前ではこの日午後1時から、同庁新宿署員ら約30人と警備犬3頭が特設スタンド周辺などを捜索。同庁のレスキュー部隊も出動し、都庁舎屋外の高所を見回った。一方、皇居を望むJR東京駅前の行幸通りでも、警備犬が周辺の植え込みを入念に調べた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170225-OYT1T50078.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

トライアスロン強化選手が事故死 自転車走行中、崖下に(21日)朝日

 21日午後1時45分ごろ、宮崎県綾町南俣の県道で、自転車で走行中の愛媛県今治市の会社員小林大哲さん(24)が道路から崖下に転落し、ドクターヘリで病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡した。日本トライアスロン連合(東京)によると、小林さんは一昨年、23歳以下のトライアスロン日本選手権で優勝。国際大会の強化指定選手で、宮崎市を拠点に合宿中だった。
 宮崎県警高岡署によると、現場は片側1車線の緩やかな右カーブの下り坂。小林さんは自転車で走行中、車体が道路左側のガードロープに接触。小林さんは路肩の崖から数十メートル転落した。署で事故原因を調べている。
 同連合によると、小林さんは国内ランク10位。ナショナルチームのメンバーで、合宿練習は9~23日の予定だった。
http://www.asahi.com/articles/ASK1P6J2MK1PTNAB00H.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

種田仁元野球選手に罰金刑 免停中に速度超過 (11日)産経

一関区検(岩手県一関市)は11日までに、運転免許の停止中に無車検・無保険の車を運転しスピード違反をしたとして、道交法違反などの罪で、プロ野球中日や横浜(現DeNA)で活躍した無職、種田仁・元選手(45)=仙台市=を略式起訴した。昨年12月27日付。一関簡裁は1月6日、罰金51万5千円の略式命令を出した。
 区検によると、種田元選手は昨年11月21日、岩手県一関市の道路で、免停中にもかかわらず、車検と自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)が切れた乗用車を、法定速度の時速50キロを超える72キロで運転したとしている。
 種田元選手は平成2年に中日に入団。独特の打撃フォームで活躍し、20年に現役を引退した。http://www.sankei.com/affairs/news/170111/afr1701110026-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【巨人軍野球賭博】巨人・笠原元投手ら野球賭博事件 「中胴元」30代男を逮捕へ 警視庁(11日)産経

プロ野球巨人の元投手らによる野球賭博事件で、笠原将生元投手(26)=賭博開帳図利幇助(ほうじょ)などの罪で有罪判決=らが客として関与した野球賭博を主催していた疑いが強まったとして、警視庁組織犯罪対策4課が賭博開帳図利容疑で、複数の胴元を束ねる「中胴元」の30代男を立件する方針を固めたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 組対4課は胴元がピラミッド型の組織を形成し、収益が上納されていたと断定。最上部に「大胴元」として指定暴力団関係者がいるとみて、詰めの捜査を進める。
 捜査関係者によると、中胴元の男はプロ野球の試合などを対象に、大学院生の男(41)=賭博開帳図利罪で有罪判決=ら複数の「小胴元」から賭け金を集め、手数料を取って野球賭博を主催した疑いが持たれている。笠原元投手は客として大学院生の男に現金を賭けていた。
 野球賭博をめぐる公判での検察側の冒頭陳述などによると、大学院生の男はかつては客として野球賭博に参加していたが、平成26年6月ごろには自らも胴元として賭博の申し込みを受けるようになったという。
 中胴元の男は、このころから試合の対象チームの実力差を調整する「ハンデ」を大学院生に送付していたとみられる。大学院生は共通の知人を通じるなどして、ハンデを笠原元投手ら客に送付し、野球賭博を受け付けていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170111/afr1701110001-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

番長・清原和博氏がTVで激白 現役時代に『グリーニー』使っていた! 集中力アップの「興奮剤」 子供の話には涙ぐむ…(30日)産経

覚せい剤取締法違反で5月に有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏(49)が、29日に放送されたTBS系「ニュースキャスター 超豪華! 芸能ニュースランキング2016決定版」で、現役時代に「グリーニー」と呼ばれる興奮剤を使用したことを告白した。「グリーニー」は米野球界で興奮剤を指す俗称。日本のプロ野球では2007年から禁止薬物に指定されている。(サンケイスポーツ)

 衝撃の告白だった。現役時代の薬物使用について問われた清原氏は「『グリーニー』というものを使用していました」と認め、集中力が高まると外国人選手から勧められたことがきっかけだったと明かした。
 「グリーニー」は米野球界で興奮剤を指す俗称。大リーグでは2006年から禁止薬物に指定された。日本のプロ野球では06年にドーピング検査が試験的に導入され、07年から本格的に実施。同年に興奮剤も禁止薬物に指定された。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

サーキット場でタイヤ直撃 重体だった女性が死亡 宇都宮(4日)NHK

先月、宇都宮市のサーキット場で、競技に出場する車から外れたタイヤが当たり、意識不明の重体となっていた女性が4日、死亡しました。
 先月20日、宇都宮市の「日光サーキット」でタイヤを滑らせて車を走らせる「ドリフト競技」に出場する車からタイヤが外れ、コース脇にいた大会の出場チームのスタッフで埼玉県本庄市のピアノ講師、鈴木祥子さん(35)の背中に当たりました。
 鈴木さんは意識不明の重体となり病院で手当てを受けていましたが、4日午前に死亡しました。これまでの調べで、タイヤと車体などをつなぎ留める部品が折れていて、警察は事故の原因を調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161204/k10010794641000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

日ハム・斎藤佑樹がミニバン横転事故現場に遭遇 男性運転手を無事に“救援”し安堵「あんな光景初めて…無事でよかった」(23日)産経

日本ハム・斎藤佑樹投手(28)が22日、有原航平投手(24)とともに、「応援大使」を務める北海道美瑛(びえい)町の観光スポット「青い池」などを訪問。その行程で車で移動中、別の車がスリップして横転している現場に遭遇し、人命救助を行った。正義感あふれる背番号18は、その後のトークショーで目標に、自身初の2桁勝利を宣言。2連覇を目指すチームの救世主となる。(サンケイスポーツ)

 小雪が舞い、気温マイナス1度と冷え込んだ美瑛町。北海道の市町村を1年ごとに担当して支援する「応援大使」として同町を訪れた斎藤が、人助けに一役買った。
 「びっくりしました。あのような光景は初めて見ました。無事でよかったです。よかったです」
 小学校など町内を1日かけて回ったイベントの終了後。驚きの表情を浮かべながら、当時の状況を振り返った。
 衝撃的なシーンに遭遇したのは、斎藤が「せっかくだから行きたい」と熱望していた、名所「青い池」に車で向かう道中だった。目的地の直前で、反対車線を走っていたミニバンが、凍結した路面でスリップ。180度回転して、路肩の溝に転落した。まさかの光景に、有原と乗っていたワゴンを飛び出し、事故車両の元へ。真っ逆さまの状態で、携帯電話で助けを求めていた男性を発見し、ドアを開けて救い出した。斎藤らの素早い行動のおかげで、大きなけがはなく済んだという。

続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

元中日、種田容疑者を道交法違反容疑で逮捕(22日)読売

岩手県警は22日、住所不定で元プロ野球選手の会社員種田仁容疑者(45)を道路交通法違反(無免許・速度超過)の疑いで逮捕したと発表した。                                

 

 発表によると、種田容疑者は21日午後3時20分頃、同県一関市の県道で、無免許で制限速度(時速50キロ)を超えてライトバンを運転した疑い。
 種田容疑者は中日や横浜などで活躍した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161122-OYT1T50004.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ |  警視庁管内 体感治安度数 | お知らせ | その他事件・事故(行方不明など) | ストーカー事件・DV | スポーツ | ネット犯罪 | パソコン・インターネット | ブロガー掲示板 | マスコミ関係 | 一般ニュース(季節、話題、政治) | 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、自殺 公妨など犯罪全般) | 不祥事案 | 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 | 人物紹介 | 偽札・偽造・模造 | 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) | 凶悪事件(強盗、強姦、放火、わいせつ) | 家族関係に起因する事件簿 | 少年関連事件(被害も含) | 振り込め対策編 | 振り込め詐欺 | 暴力団関係、 銃刀法違反事件 | 来日外国人犯罪 | 東京都関係ニュース | 検察、地検特捜部 | 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) | 海外ニュース(事件、政治、経済等) | 災害(地震など)・火災・遭難・天災 | 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) | 皇室関係 | 窃盗事件 | 脅迫・恐喝・略取・誘拐 | 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース | 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) | 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) | 裁判 | 詐欺(特殊詐欺) | 警察関係ニュース(行政も) | 贈収賄事件・横領等知能犯