カテゴリー

スポーツ

2021年12月 2日 (木)

IOC 不明の中国テニス選手と再びテレビ電話で対話と発表(2日)NHK

IOC=国際オリンピック委員会は2日、中国の前の副首相との関係を告白したのち、行方が分からなくなっていると伝えられている女子プロテニスの彭帥選手と、先月に続き再びテレビ電話で対話したと発表しました。
IOCは「多くの人や組織と同じ懸念を共有している」などとしています。
中国の女子プロテニスの彭選手をめぐっては、共産党最高指導部のメンバーだった張高麗前副首相から性的関係を迫られたことなどを告白したとされる文書がSNS上に投稿され、その後、行方が分からなくなったと伝えられています。

IOCは、先月21日にバッハ会長が彭選手と30分間にわたって対話したことを明らかにしていましたが、2日、再びテレビ電話で対話したと発表しました。IOCは、彭選手の幸福と安全について「多くの人や組織と同じ懸念を共有している」などとしたうえで、来年1月に個人的に会うことで合意していると強調しました。

さらに、彭選手を取り巻く状況については、中国のスポーツ団体とともに対応にあたっているとして「私たちは政府や、ほかの組織の経験に基づいた『静かな外交』を用いている。これは、こうした人道問題を効果的に進めるための最も期待できる方法だ。私たちの行動は彼女の個人的な状況を懸念し、サポートし続けることを意味している」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211202/k10013372141000.html

2021年11月27日 (土)

ヤクルトが20年ぶり日本一 セ球団9年ぶりの栄冠―プロ野球(27日)時事

プロ野球セ・リーグを制したヤクルトは27日、ほっともっとフィールド神戸で行われた日本シリーズ第6戦でパ・リーグ王者のオリックスに延長十二回2―1で勝ち、対戦成績4勝2敗で20年ぶり6度目の日本一に輝いた。セ球団の日本一は9年ぶり。

<プロ野球ポストシーズン2021>

 前年まで2年連続の最下位に沈み、今季リーグ優勝を果たしたチーム同士の対戦。ヤクルトは第1戦を落としてから3連勝。第5戦に敗れた後、敵地で悲願を遂げた。高津臣吾監督は就任2年目で初栄冠。オリックスは25年ぶりの日本シリーズ制覇を逃した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112700575&g=spo  

2021年11月23日 (火)

所長ら10人賭けゴルフ 中日本高速の子会社、一人500円(23日)

中日本高速道路の子会社で料金徴収業務をしている「中日本エクストール名古屋」(名古屋市)は23日、津営業所(津市)の所長と社員計10人が10月に賭けゴルフをしたとして、所長を文書で、他の9人を口頭で、それぞれ注意したと明らかにした。
同社の担当者は「賭博罪に当たり、やってはならない行為だ」と謝罪。賭け金が1人500円ずつと少額で反省しているとして刑事告発はしないとしている。三重県は当時、新型コロナウイルス対策で少人数での行動を求めていた。
同社によると、10人は10月14日、同県志摩市のゴルフ場で開催したコンペで賭けて優勝者を予想した。誰も的中せず返金されたという。外部から通報があり調べていた。
https://www.sankei.com/article/20211123-S5FM6UDB3ZLHBICFMI2VV6FVX4/

2021年10月23日 (土)

31歳元巨人投手を暴行容疑で逮捕 和歌山(23日)産経

和歌山北署は23日、交際女性の顔を殴ったとして暴行容疑で、プロ野球巨人の元投手で無職の宮本武文容疑者(31)=住所不定=を現行犯逮捕した。岡山県の倉敷高からドラフト2位で巨人入りし、平成24年に引退した。「殴っていない」と否認している。
署によると、かつて宮本容疑者はラウンジを無許可で営業したとする風営法違反容疑で逮捕され有罪判決を受けるなど逮捕は5回目という。
今回の逮捕容疑は23日午前3時50分ごろ、交際女性の自宅で顔面を拳で2回殴ったとしている。容疑者は酒に酔っていたといい、トラブルがあったとみて調べている。
https://www.sankei.com/article/20211023-YE3ZC3XGQROV7IXJ2DUJH2G4OQ/

2021年9月 7日 (火)

強制わいせつ容疑で元力士逮捕 女児に裸画像要求―警視庁(7日)時事

女児(12)に裸の画像を送らせたとして、警視庁少年育成課は7日、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、元力士の三浦公大容疑者(20)=東京都板橋区大山金井町=を逮捕した。容疑を認めているという。

大相撲の十両貴源治が大麻使用 当初「痛み止めオイル」「グミ」と弁明―警視庁捜査

 逮捕容疑は、力士だった3月10~20日、アプリを通じて知り合った女児に裸の画像を撮影させ、自分のスマートフォンに送信させた疑い。
 同課によると、2人は自分の容姿をアニメキャラクターのようなアバター(分身)に置き換えるアプリで知り合った。三浦容疑者は16歳の女性として振る舞っていたという。女児と両親が3月、警察署に相談して発覚した。
 同課や日本相撲協会ホームページによると、三浦容疑者は大相撲で序二段46枚目の魁舞翔として活動していたが、先月退職したという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090701005&g=soc

2021年9月 6日 (月)

大相撲 宮城野部屋 白鵬ら全員 秋場所休場 力士コロナ感染で(6日)NHK

大相撲の宮城野部屋で新たに力士1人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。
宮城野部屋での感染は新十両の北青鵬に続いて2人目で、日本相撲協会は今月の秋場所について、部屋に所属する横綱 白鵬などの力士全員を休場させることを決めました。
宮城野部屋では、今月1日に新十両の北青鵬の新型コロナウイルスの感染が確認されたため、同じ部屋に所属する横綱 白鵬などの力士もPCR検査を受け、全員が陰性でした。
しかし5日、相撲協会が秋場所に向けて他の部屋の力士などすべての協会員を対象とする2回目のPCR検査を行った結果、宮城野部屋に所属する幕下以下の力士1人の感染が新たにわかったということです。
相撲協会は、感染症の専門家の意見を聞いて協議した結果、白鵬など宮城野部屋の力士18人全員を今月12日の秋場所初日から休場させることを決めました。白鵬は進退をかける意向を示して出場した、ことし7月の名古屋場所では全勝で45回目の優勝を果たしていました。
日本相撲協会の芝田山広報部長は「今回、新たに力士が陽性だったということでいろいろ計算するとどうしても場所の途中までかかってしまう。力士が稽古場で稽古をしている中ではどうしようもない。残念ながら宮城野部屋は全員休場という結果になりました。」と説明しました。
一方で秋場所の開催については「緊急事態宣言は延長になりそうだが、催しについての無観客は言われていない。通常どおり5000人規模での開催を予定している」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210906/k10013247121000.html

2021年9月 5日 (日)

「一目見たい」沿道に人垣 密集回避呼び掛けも―東京パラマラソン〔パラリンピック〕(5日)時事

東京パラリンピックの陸上マラソン男女計5種目が行われた5日、都内の沿道には雨の中、早朝から多くの人が詰め掛けた。大会組織委員会は新型コロナウイルス対策で沿道の観戦自粛を求めており、ボランティアらが「密集状態は危険です」「声援は控えて」と呼び掛ける中、観客は時折、興奮で声を上げながら、拍手で選手を応援した。

マラソンの道下が金メダル バドミントンの梶原も―東京パラ

 発着地点の国立競技場周辺で、「小3の長男が車いすラグビーを観戦し刺激を受けた。自分も見たいと思った」と話したのは、渋谷区の40代の女性会社員。「あまりいないと思ったが、結構いた」と人の多さに驚いた様子だった。
 埼玉県川口市から訪れたという主婦(62)は「大会の雰囲気を感じたくて来た。車いすマラソンに感動し、熱いものが込み上げた。自分も何かを頑張りたい」と語った。
 繁華街・銀座でも人垣ができた。夫婦で来た中央区の男性会社員(60)は「せっかくの日本開催。観戦自粛と言われても、やはり見たかった。競技に取り組む姿は美しい」と熱っぽく語った。
 浅草の雷門前では、肩が触れ合わんばかりの距離で多くの人が観戦。選手が通過するたびに大きな拍手が起きた。沿道で、選手への感謝のメッセージを頭上に掲げた団体職員の男性(48)は「コロナ禍だからこそ、選手らが来日してくれたありがたみが分かった。大会をやって本当に良かった」と話した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090500141&g=soc

2021年9月 3日 (金)

パラマラソン、監視カメラで密検知 観戦自粛強く要請(3日)日経

東京パラリンピックのマラソンが大会最終日の5日、都内で開かれる。五輪では暑さ対策として札幌市での開催となったのに対し、パラは都心部のコースを選手たちが疾走する。本来なら多くの人がコース脇で応援するところだが、大会組織委員会は新型コロナウイルスの感染対策として沿道での観戦自粛を強く呼びかけており、監視カメラを使った密集回避策なども講じる。
パラマラソンは国立競技場(東京・新宿)をスタート。皇居周辺のほか、浅草や日本橋、銀座など、都内の名所を駆け抜ける。
障害の状況に応じてクラスは①「視覚障がい」②「上肢切断・上肢機能障がい」③「車いす」に分かれる。①はロープでつながる伴走者「ガイドランナー」も参加する。③は「レーサー」と呼ばれる競技用車いすを使い、時速およそ30キロで疾走する。
五輪のマラソンは、暑さ対策として開催地が札幌市へ移転された。パラリンピックは9月開催で暑さへの懸念は少ないとして、当初の予定通り都内で開かれることになった。
各クラスは午前6時半から同50分に順次スタートする。広範なエリアを対象に、場所によっては長時間の交通規制が行われる。「中央通り」や「靖国通り」などの幹線道路は、午前4時半から最長で約6時間にわたって規制される。
懸念されるのが都心部の広範囲のコース沿道に観衆が集まり、感染リスクが高まってしまうことだ。組織委はチラシなどを配布し観戦の自粛を強く要請している。
運営には計5500人のスタッフが携わる。折り返し地点など人が集まりそうな7カ所を重点的に監視し、密回避の呼びかけなどをする。また、常時監視カメラやSNS(交流サイト)の情報をチェックし、密集する場所を特定、現場で注意喚起する。
コース周辺の地元住民は複雑な心境を吐露する。浅草の仲見世通りで土産物屋を経営する稲葉和保さんは「選手たちにはがんばってほしい」と前置きした上で「(感染対策で)人も集まらないし、何と言っていいものか……」とコロナ禍で幻と消えたオリパラ特需に肩を落とす。
東京・神保町で古書店を営む高山肇さんは、大会延期前から地元商店街周辺のバリアフリー化などを呼びかけてきた。「観衆が集まれないのは残念だが、パラマラソンをきっかけに車いすでも訪れやすい街にしていきたい」と話した。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE0155W0R00C21A9000000/

2021年8月24日 (火)

東京パラも緊急事態で決行 感染拡大続けば菅政権へ打撃〔パラリンピック〕(24日)時事

菅政権は24日開幕の東京パラリンピックも、東京五輪に続き、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言下で決行した。感染拡大を防ぐため国民に行動制限を求める一方、五輪やパラリンピックを「特別扱い」する対応は、宣言の効果を一層弱める恐れがある。医療逼迫(ひっぱく)が深刻になれば、宣言が9月12日の期限で解除できない事態に陥り、政権へのさらなる打撃は必至だ。

宣言中の解散に慎重 コロナ対策優先―菅首相

 菅義偉首相は24日夜のパラリンピック開会式に出席。これに先立つ自民党役員会で「感染対策を徹底する。世界中から集まるパラアスリートには大いに活躍していただき、共生社会の実現、心のバリアフリーを世界に伝えたい」と訴えた。五輪と同じく、原則無観客となったことを踏まえて競技の現地観戦は控える見通し。
 焦点は、9月5日のパラリンピック閉幕後に宣言解除に向けた環境が整うかだ。首相は解除の前提を「国民の命と健康を守ることができる医療提供体制の確保」と説明しており、医療体制強化に全力を挙げる。同時に感染者急増を抑え込むため、宣言を根拠に飲食店の酒類提供停止、大型商業施設の人数制限などを求めている。
 政府は東京五輪が国内の感染拡大につながったとの見方を否定しているが、専門家は国民の緩みにつながったとみている。政府のコロナ対策分科会の尾身茂会長は「五輪開催が人々の意識に与えた影響があったか、なかったかという議論でいえば、私たちはあったと思う」と指摘。パラリンピックにも同様の懸念がある。
 各地で入院できない自宅療養者が増え続けているものの、政権に大会中断の考えは事実上ない。感染抑制と大会開催の「二兎(にと)を追う」姿勢を堅持する。感染収束の見通しが立たず宣言再延長となれば、首相が目指す自民党総裁再選や衆院解散・総選挙の戦略も狂いかねない。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021082400643&g=soc

パラのコロナ対策、委託業者の対策カギ 対応きめ細かく(24日)日経

東京パラリンピックが24日開幕する。五輪では新型コロナウイルス感染拡大の影響で、会場などに出入りする委託業者の感染報告が相次いだ。パラは原則無観客で開催されるが、重症化するリスクを抱える選手も多く、徹底した感染対策が求められる。
大会組織委員会は五輪と同様、選手に毎日検査を求め、行動範囲を宿泊先と競技会場、練習場に制限する「バブル方式」を採用する。
五輪と異なるのは、車いすなど競技で使う支援機器の...
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り681文字
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE20BCY0Q1A820C2000000/

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 新型コロナウイルス禍関連 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ