カテゴリー

スポーツ

2020年7月10日 (金)

広島などで活躍 ジャクソン投手を大麻所持容疑で逮捕 (10日)NHK

プロ野球の広島でリリーフとしてリーグ3連覇に貢献し、今シーズンからロッテでプレーしていたジャクソン投手が、自宅で大麻を所持していたとして警察に逮捕されました。ロッテとの契約は9日解除されていて、調べに対し認否を保留しているということです。
逮捕されたのはプロ野球の広島におととしまで所属し、今シーズンからロッテに加入していた投手のジャクソン・ジュニアランディー容疑者(32)です。
警察によりますと、ジャクソン投手は今月7日、千葉市美浜区の自宅で大麻を所持していたとして、大麻取締法違反の疑いが持たれています。
ジャクソン投手が大麻を所持しているという情報をもとに広島県警が今月7日、千葉の自宅を捜索したところ、液状に加工された「大麻リキッド」が見つかり、10日未明、広島市南区の駐車場で逮捕したということです。
調べに対し、「何も話したくない」と認否を保留しているということで、警察は詳しい入手経路などを捜査することにしています。
ジャクソン投手はおととしまで3年間、広島でリリーフとして活躍し、リーグの3連覇にも貢献しました。
今シーズンから所属していたロッテとの契約は、本人からの申し出で9日までに解除されています。

大リーグ ブルワーズにも所属

逮捕されたジャクソン投手はアメリカ出身の32歳。150キロを超える速球が持ち味でプロ野球の広島で平成28年からおととしまでの3年間プレーし、リリーフとしてチームのリーグ3連覇に貢献しました。
その後、大リーグのブルワーズに所属した後、今シーズンはロッテに加入し、ここまで7試合の登板で3ホールド、1セーブ、防御率3.86の成績を残していましたが、球団は9日、本人からの申し出で契約を解除したことを明らかにしていました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012507451000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

2020年6月29日 (月)

「監督がパワハラ」と提訴、奈良 県立高の元サッカー部員(29日)共同

 奈良県立山辺高サッカー部で元Jリーガーの興津大三監督からパワーハラスメントを受けたなどとして、元男子部員2人が興津監督と、同部と提携する食品会社「天平フーズ」(奈良市)に計約1100万円の損害賠償を求め、29日までに奈良地裁に提訴した。元部員の父親2人と弁護士が奈良県庁で記者会見し明らかにした。提訴は10日付。
 訴状などによると、同部は同社運営のサッカースクールと提携し、監督と部員は寮で生活している。18年6月以降、監督からの暴言や無視、夜中の呼び出しがされるようになり、2人は退寮を余儀なくされた。うち1人はストレスによる適応障害と診断されたとしている。
https://www.47news.jp/national/4961823.html

2020年6月16日 (火)

路上で女性に性的暴行か 社会人サッカー選手を容疑で逮捕 警視庁(16日)産経

路上で女性に性的暴行を加えたとして、警視庁新宿署が強制性交容疑で、社会人サッカーチーム「東京ユナイテッドFC」の所属選手、河野哲志容疑者(23)を逮捕したことが16日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、河野容疑者は東京都内の路上で、深夜に帰宅途中の女性に性的な暴行を加えた疑いが持たれている。今月14日に逮捕された。
 チームのホームページによると、東京ユナイテッドFCは東京23区に拠点を置き、関東サッカーリーグ1部に所属している。河野容疑者はディフェンダーだった。
 産経新聞の取材に、チームの担当者は「事実関係が確認できておらず、クラブとしてのコメントを出す予定はない。ただ、(逮捕の容疑について)本人としては、自身の認識と違いがあると聞いている」と話している。https://www.sankei.com/affairs/news/200616/afr2006160022-n1.html

2020年6月 5日 (金)

五輪のコロナ対策 秋以降に検討(5日)NHK

来年に延期された東京オリンピック・パラリンピックでの新型コロナウイルスへの対策について、大会組織委員会は、具体的な対策の検討はことし秋以降に始めることを明らかにしました。
これは4日、大会組織委員会で広報責任者を務める高谷正哲スポークスパーソンが報道陣の取材に応じ明らかにしました。
この中で、高谷氏は、来年の東京大会での新型コロナウイルスへの対策について「ウイルスや世の中の状況は不透明かつ様々な観測が存在しており、最大の課題だと認識している」と述べました。
そのうえで「来年の状況が今よりも明らかになっているだろう」として、具体的な対策の検討はことし秋以降に始めることを明らかにしました。
一方、東京都の小池知事が東京大会の簡素化を検討していると明らかにしたことについては「すでにサービスレベルの水準を最適化、合理化する施策や、延期によるコスト削減の検討を明示しているので、その方向で準備が進んでいるのは間違いない。その作業をどのような表現にするかは組織として決めて伝えていきたい」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200605/1000049817.html

2020年6月 4日 (木)

巨人 坂本選手・大城選手、新型コロナ陽性判定(4日)TBS

 プロ野球の巨人は3日、坂本勇人選手と大城卓三選手に新型コロナウイルスの陽性判定が出たことを発表しました。
 巨人は先月末、選手や監督、コーチら希望者218名に対し、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を実施。その後、選手やスタッフ計4名に感染後に回復したことを示す抗体が確認されました。
 2日の夕方、この4名にPCR検査を実施したところ、3日の午前に坂本勇人選手と大城卓三選手の陽性が判明。その後、2人は都内の病院に入院しました。巨人は4日までに、1軍の選手や監督・コーチなど全員のPCR検査を行います。
 NPB(日本野球機構)の井原事務局長は、現時点で19日のシーズン開幕に影響はないと話しています。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3994974.html

2020年6月 3日 (水)

巨人 坂本と大城が新型コロナウイルスに感染 (3日)NHK

プロ野球の巨人は主力の坂本勇人選手とキャッチャーの大城卓三選手が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
巨人は3日、14年目の31歳、坂本選手と3年目の27歳、大城選手が新型コロナウイルスに感染していることが、確認されたと発表しました。
球団では先月末に選手やスタッフを対象に行った、新型コロナウイルスに感染したことがあるかを調べる抗体検査を実施した結果、4人に新型コロナウイルスの感染歴を示すとされる抗体が確認されたということです。
そして4人のうち、坂本選手と大城選手は2日、PCR検査を実施した結果、3日午前、「陽性」と確認されたということです。
団によりますと、2人は3月下旬以降、味覚やきゅう覚の異常など体調に問題はなく、検査から2週間前までさかのぼった2人の日常の行動を確認したところ、坂本選手は先月29日に知人と昼食を取った1回、大城選手は先月28日にチームメート2人と夕食を取った以外は、外食も夜の外出も一切していないということです。
プロ野球では今月19日のシーズン開幕に向けて、2日から練習試合が始まり、坂本選手は4番・ショート、大城選手は7番・キャッチャーでともに先発出場していました。
2人の感染確認を受けて午後2時から、東京ドームで予定されていた西武との練習試合は中止となりました。
また、保健所が2人の選手との濃厚接触者について特定を急いでいますが、球団では念のために幅広く検査を受けるべきだと判断した、26人について3日、都内の医療機関でPCR検査を受けさせることを決めました。
続きを読む

2020年5月22日 (金)

五輪開催の条件焦点 IOC会長「21年無理なら中止」(22日)日経

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2021年夏に開催が延期された東京五輪について、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は21年に開催されなければ、中止になるとの見解を示した。世界的な感染終息は見通せず「第2波」の懸念もあるなか、どのような条件を満たせば開催が可能なのかが今後の焦点となる。
バッハ会長は20日、英BBCのインタビューで「毎年、主要なスポーツ(イベント)のスケジュールを変更するのは不可能だ。選手たちを不安なままにすることもできない」などとして、21年に開催できなければ中止とする見解を示した。
大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は21日の記者会見で、バッハ会長の発言について「直接聞いたわけではないので、コメントしない」と述べる一方、「当然、コロナ対策を講じながら五輪・パラリンピックを行っていくと思っている」との見通しを示した。
新型コロナの感染が広がったことを受け、開催を今年7月から1年先に延期した東京五輪では、選手や観客の感染防止対策が不可欠となる。
五輪には200を超える国・地域から1万人を超える選手と、900万人超の国内外の観客が集まる。大会組織委員会は感染対策を柱の一つと位置づけ、競技会場ごとのサーモグラフィーの設置など、安全な観戦方法の検討を進めている。
国内の新規感染はピーク時より大幅に減っているものの、今後の「第2波」「第3波」が警戒されている。選手や医療関係者からは、感染の心配をせずに開催するには「ワクチンの開発が前提」との声も上がる。
バッハ会長はBBCインタビューで、ワクチン開発が開催条件となるかどうかについて「(専門家を)信頼し、助言に基づいて適切な時期に適切な判断をしなければならない」と話すにとどめ、明言しなかった。
東京五輪に参加するには、各競技団体の定める予選を通過したり、出場枠を争うポイントが設定された大会で上位に入ったりする必要がある。大会を開催するには、公正、公平な選考を行うに十分な期間を確保しなければならない。
続きを読む

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59399890R20C20A5CR8000/

2020年5月19日 (火)

五輪エンブレムがコロナ 組織委、風刺画の取り下げ要求(19日)朝日

 東京五輪の大会エンブレムと新型コロナウイルスをかけ合わせたデザインが日本外国特派員協会の月刊誌に掲載され、大会組織委員会は19日、協会側にデザインの取り下げを求めたことを明らかにした。組織委は「著作権法上の著作権の侵害にあたる」としている。

 掲載されたのは、協会の会員向け月刊誌「NUMBER1 SHIMBUN」の4月号の表紙。毎月1日に発行され、4月号は新型コロナの特集号だった。表紙は、五輪のエンブレムに似た図柄で、新型コロナを意味する「COVID―19」の文字が記され、ツイッターでは「露骨すぎ

組織委は「大会エンブレムに依拠したデザインであるのは明らかだ」として「著作権の侵害にあたる」と指摘。18日までに協会側に口頭やメールで対応を求めたという。担当者は「新型コロナによって、多大な被害が世界中でもたらされているなか、多くの人々やアスリートに配慮を欠いた行為で遺憾」としている。法的措置など具体的な要求の中身については明言していない。

 表紙をデザインしたのは東京在…

残り:210文字/全文:660文字

https://www.asahi.com/articles/ASN5M5GKLN5MUTIL03T.html

2020年5月15日 (金)

東京五輪追加費用、IOCは8億ドル負担(15日)TBS

 IOC=国際オリンピック委員会は、来年夏に延期された東京オリンピックで、最大8億ドルの追加負担を見込んでいることを明らかにしました。
 IOCは14日、ビデオ会議形式の理事会を開いて、東京オリンピックを延期したことで発生する経費について協議し、IOCとして最大8億ドル、日本円でおよそ856億円を負担することを承認したということです。IOCが具体的な金額を明らかにしたのは初めてですが、8億ドルのうち6.5億ドルを大会運営費に、1.5億ドルを国際競技団体などの支援にあてるとしています。
 延期による追加費用は総額でおよそ3000億円とも言われていますが、IOCの負担分以外は日本側が負担することになります。理事会後の記者会見で、バッハ会長は8億ドル以上負担する考えは示しておらず、金額面で日本側と折り合えるのかが注目されます。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3979915.html

2020年5月13日 (水)

大相撲 新型コロナ感染の力士が死亡 28歳(13日)NHK

日本相撲協会は、先月、新型コロナウイルスに感染し入院していた大相撲の高田川部屋に所属する三段目の勝武士が13日新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなったことを発表しました。28歳でした。大相撲で新型コロナウイルスに感染した力士が亡くなったのは初めてです。
亡くなったのは、高田川部屋に所属する三段目の勝武士、28歳です。
日本相撲協会によりますと、勝武士は、発熱やけん怠感のほか息苦しさなどの症状を訴え、先月8日から都内の病院に入院し、その後、新型コロナウイルスに感染していることが確認されていました。
その後、症状が悪化して、先月19日から集中治療室で治療を続けていました。
日本相撲協会によりますと、13日午前0時半に新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなったということです。
大相撲で新型コロナウイルスに感染した力士が亡くなったのは初めてです。
勝武士は、去年2月に行われたNHK福祉大相撲で相撲の所作や禁じ手などを力士2人がユーモアを交えて実演する「しょっきり」を披露し、会場を沸かせていました。

八角理事長「粘り強く耐えた」

日本相撲協会の八角理事長は「このたびの訃報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方の傷心を察しますと、慰めのことばも見つかりません。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200513/k10012428091000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PRのページ  警視庁管内 体感治安度数 お知らせ その他事件・事故(行方不明など)及び自殺 ストーカー事件・DV スポーツ ネット犯罪 パソコン・インターネット ブロガー掲示板 マスコミ関係 一般ニュース(季節、話題、政治) 一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般) 不祥事案 交通事故・渋滞・取締・統計・規制 人物紹介 偽札・偽造・模造 公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など) 凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ) 国防関係 国際紛争 自衛隊 家族関係に起因する事件簿 密輸・密売関係(外国人含む) 密輸関係(外国も含む) 少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係 振り込め対策編 振り込め詐欺 暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出 来日外国人犯罪 東京都関係ニュース 検察、地検特捜部 殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む) 海外ニュース(事件、政治、経済等) 災害(地震など)・火災・遭難・天災 生活関連事件(生安部の事件 風営法等) 皇室関係 窃盗事件 脅迫・恐喝・略取・誘拐 航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース 薬物事犯(覚せい剤、大麻等) 街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等) 裁判 詐欺(特殊詐欺) 警察関係ニュース(行政も) 贈収賄事件・横領等知能犯

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ