カテゴリー

« 😢警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 😢警視庁管内体感治安レベル2 »

2022年9月 6日 (火)

😢警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日 単位レベル)
不起訴の理由を明らかにすべきだ
【治安うんちく】
2_20220906205101Img_20220825_162845_20220906205301  警察が検挙して検察庁に送致しても不起訴になる例が多すぎる。
★警視庁への納品めぐり詐欺容疑で逮捕の男性 不起訴に 東京地検(30日)NHK
★20代女性らにわいせつ行為…逮捕された男性、不起訴に さいたま地検、理由を明らかにせず(30日)共同
★「諸般の事情を考慮」男性刺傷事件で工藤会幹部らを不起訴(20日)TBS
★37歳長男を拘束 保護責任者遺棄致死事件 母と妹は不起訴 川崎(13日)NHK
★総務省接待問題 当時の課長を改めて不起訴に 東京地検特捜部(12日)NHK
★飲食店の更衣室で現金盗んだ疑いで逮捕 巡査を不起訴 東京地検(9日)NHK
  …… …… …… ……
 法務省によると令和4年上半期(6月)に検挙され検察に送致された人員は7万6564人。このうち起訴されたのは2万1734人で、不起訴は4万1188人と半数以上を占めている。
 中でも刑法犯は4万3469人のうち起訴は8900人で不起訴は2万8772人と起訴の3倍以上は不起訴なのである。
 例えば強姦・集団強姦にいたっては12人のうち不起訴が12人で起訴は無かった。ところが道路交通法等違反は2万4220人のうち起訴は9606人で不起訴は8725人と刑法犯とは逆になる。
 一方、特別法犯は8855人のうち起訴の3228人に対して不起訴は3691人と半々なのだ。
 不起訴の報道では「検察は理由を明らかにしていない」とある。警察の立件の脆弱性が問題なのか国民には分からないままであり、素人の考えになるが、これでは再犯者は減らない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】(警察察庁標語)

(う)まい話しを信用しない
(そ)うだんする
(つ)られて返事しない
   すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

コンビニまでタクシー?「ピンときた」警官、特殊詐欺の受け子逮捕(6日)産経
https://www.sankei.com/article/20220906-YH3IC6VMGFPRHJYI3D5YMTI7QE/

「ニセ札注意」電話かけてきたニセ警官? 1千万円と金塊盗まれる(4日)朝日
新潟五泉市で市職員かたる不審電話、特殊詐欺の前兆か(3日)共同
特殊詐欺のラスボスは中国人 「受け子」に日本人を利用する狡猾手口(3日)産経
通話をAIで解析、特殊詐欺を防止 船橋市と千葉県警、NTT東連携(2日)産経
郵便局・タクシー会社とタッグ“啓発ポスター”などで詐欺被害防止 大阪府警東淀川署(2日)TBS
旅先で知り合った女性に「入院して金が必要」…125回にわたり計1700万円詐取(1日)読売
「どうしても200万円を」聞き取れない小さな声 ピンときた銀行員(31日)朝日
「詐欺じゃないですか」中学生と警備員に感謝状 警視庁(31日)産経

« 😢警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 😢警視庁管内体感治安レベル2 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 😢警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 😢警視庁管内体感治安レベル2 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ