カテゴリー

« 2022年9月20日 (火) | トップページ | 2022年9月22日 (木) »

2022年9月21日 (水)

2022年9月21日 (水)

😢警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日 単位レベル)
検挙率がダウン
【治安うんちく】
2_20220921213301 Img_20220909_135357  警察の最大の責務は犯罪の抑止―だが起きてしまったら大事なのは犯人の検挙である。その警察力のバロメーターの一つが検挙率だ。それが落ちている。
 …… …… …… ……
 警察庁によると令和4年8月現在の刑法犯検挙率は42.0パーセントで、前年同期より4.0ポイントもダウンしている。
 罪種別では殺人や強盗などの凶悪犯が最も高く86.0パーセント。これに粗暴犯の82.0パーセント、風俗犯の81.2パーセント、知能犯の47.5パーセントと続くが、認知件数の最も多い窃盗犯は37.0パーセントどまりなのである。
 体感的に受ける不安が大きい凶悪犯のなかで、強制性交は8.3ポイントも下がり82.6になったのをはじめ、強盗は7.5ポイントダウンの91.7パーセント、これまで100パーセントに近かった殺人は2.2ポイントも下がり92.4パーセント。特にひどいのは放火犯―なんと6.5ポイントダウンの78.1パーセントで凶悪犯の中で最も低い。
 問題は刑法犯認知件数が最も多い窃盗犯は、4.9ポイントも下がり37.0パーセントと4割にも満たない。中でも乗り物盗はわずか9.0パーセントなのである。
 一方、知能犯は最も認知件数の多い詐欺が4.6ポイントもダウンして44.2パーセントだった。
 驚きは通貨偽造事犯が前年より70.7ポイントもアップして90.3パーセントになったことだ。
 最近は、防犯カメラが検挙件数増加に貢献していると言われているが、防犯カメラが無かった時代—昭和の時代より検挙率が落ちているというのは何故か?
 その解答は、ここでは控えておこう。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】(警察察庁標語)

(う)まい話しを信用しない
(そ)うだんする
(つ)られて返事しない
   すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

特殊詐欺に回線提供疑いで9人逮捕 被害数十億円か(21日)産経
【独自】有名居酒屋店主を逮捕 “国内最大”詐欺電話番号販売業者トップ バラエティ番組にも出演(20日)TBS
780万円の詐欺被害 京都の中国人留学生 中国の警察名乗る男から(17日)産経
「個人情報悪用された」防犯協会職員をかたり1418万円詐取 千葉(16日)産経
「俺は国税だから大丈夫」給付金詐欺、起訴内容認める(15日)産経
給付金詐取容疑で男再逮捕 リーダー格か、4回目(15日)産経
「2、3日で返す」息子かたり1500万円詐取 千葉県警、男を逮捕(15日)産経
特殊詐欺「予兆電話」の音声公開 埼玉県警(15日)産経
寝屋川市議ら起訴 コロナ融資詐欺―福岡地検(13日)時事
ワクチン接種装い委託料詐取疑い 東京の医師逮捕、警視庁(11日)共同

 

« 2022年9月20日 (火) | トップページ | 2022年9月22日 (木) »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ