愛知県警犬山署は1日、愛知県扶桑町高雄中郷の自宅で、同居する父親の顔を蹴り下顎を骨折するけがをさせたとして、傷害の疑いで、長男の自称会社員、森谷匠容疑者(24)を逮捕した。父親の孝幸さん(50)は搬送先の病院で死亡した。署は傷害致死容疑でも調べる方針。
逮捕容疑は6月30日午後10時20分ごろ、自宅で孝幸さんと口論になり、顔を蹴ってけがをさせたとしている。
署によると、森谷容疑者は「間違いありません」と認めている。森谷容疑者が「父親と口論になり顎を蹴った」と119番した。
https://www.sankei.com/article/20220701-E4BTOAU2AJI5FLQ353SOXFIGZY/