大阪府警は4日、枚方署長の榎原(えばら)章人警視(59)を警務部付とする人事を発令した。「不適切な言動による職場への影響が確認された」とし、事実上の更迭。府警は言動の内容は明らかにしていない。
府警警務部によると、6月末に情報提供があり、調査の結果、署長の職務を継続させるのは不適当だと判断した。「詳細を調査し、厳正に対処する」としている。榎原警視は令和3年3月から枚方署長を務めていた。
後任の枚方署長には、刑事部理事官だった西川和幸警視(53)が同日付で着任した。
https://www.sankei.com/article/20220704-SHWLI6JH2NOSNNRR64RIMPJBGI/