東京都文京区の東大前で1月、大学入学共通テストの受験生ら3人が刃物で刺された事件を巡り、東京地検は1日、殺人未遂や威力業務妨害などの罪で当時、高校2年生だった男(18)を起訴した。名古屋家裁が6月22日に少年審判を開き、検察官送致(逆送)を決定していた。今後、公開の法廷で審理される。事件当時は17歳で、改正少年法で実名報道が可能になる「特定少年」には当たらない。
家裁は「無差別に通行人を鋭利な刃物で突く極めて危険な行為に及んだ」として刑事処分が相当と判断していた。
共通テストが実施された1月15日、受験に訪れた千葉県の高校3年だった男女と、通りかかった70代男性を刃物で刺し、東京メトロの東大前駅で着火剤を投げるなどした疑いで家裁送致された。刺された3人は重軽傷を負った。
https://www.sankei.com/article/20220701-NXJ7DJRXOVIXJFHWZ7RQILCLOU/