茨城県警は6日、盗品の真鍮(しんちゅう)を売却し金をだまし取ったなどとして、詐欺などの疑いで、ロシア国籍で住居、職業不詳のゼムスコフ・アレクセイ容疑者(46)を逮捕したと発表した。
逮捕容疑は5月6日、茨城県石岡市の金属加工会社から盗まれた真鍮を、群馬県伊勢崎市の古物買い取り会社に売り約2235万円をだまし取ったとしている。逮捕は5月30日。真鍮を盗んだ窃盗罪と合わせて、起訴された。
また、令和元年10月、石川県白山市の金属リサイクル会社に侵入し、500万円相当の大型トラック1台、銅線約8・9トン(354万円相当)を盗んだとして、窃盗などの疑いでも今月4日に逮捕していた。
一連の事件で、他に数人が関与した疑いがあるとみている。
https://www.sankei.com/article/20220706-6FUGIHU32ZJMLJFTLU6CATUI5Y/