生後7カ月の息子を自宅に放置して長時間外出したとして、札幌・白石署は4日、保護責任者遺棄容疑で、札幌市白石区平和通6丁目北、無職、其田夢花容疑者(25)と、同居する内縁関係で北海道テレビ営業局社員、上前高志容疑者(47)を逮捕した。男児にけがや体調不良はなかった。逮捕容疑は2日午後8時半ごろから翌3日午前4時半ごろまで、自宅に男児を置き去りにして外出したとしている。
署によると、2人は居酒屋などに出かけていた。2人とも容疑を認め、其田容疑者は「スマートフォンのアプリで息子の状況が分かるようにしていた」と話している。過去にも放置して出かけたという趣旨の供述もしているという。
先に帰宅し、鍵をなくした其田容疑者が警察に通報して発覚。当時はKDDI(au)の通信障害の影響で、上前容疑者と連絡がつかない状態だった。署員らが窓ガラスを割って室内に入り、布団の上で泣いていた男児を発見した。
https://www.sankei.com/article/20220705-5YXRC3QKO5LADIXML6SXZ3JSWM/