カテゴリー

« 盗品の真ちゅう売却容疑でロシア人逮捕(6日)産経 | トップページ | 侮辱罪厳罰化が施行 ネット中傷の抑止力に(7日)時事 »

2022年7月 7日 (木)

USB紛失問題の尼崎市、稲村市長退任へ 昨年末から周囲に相談、今秋の市長選立候補せず(7日)共同

兵庫県尼崎市の稲村和美市長(49)が、任期満了に伴う今年11月の市長選に立候補せず、3期目の今期限りで退任する意向を固めたことが6日、関係者への取材で分かった。財政健全化に一定の道筋を付けたと判断したとみられる。市長選の後継候補には、同市の前教育長で文部科学省教育DX推進室室長補佐の松本真氏(42)が有力視されている。
 関係者によると、稲村氏は昨年末ごろから、ごく近い支援者らに相談し、今春に意向を固めて6月市議会の閉会時に表明する予定だった。しかし、直前に全市民分の住民基本台帳データなどを記録したUSBメモリーが一時紛失する事案が発生し、第三者委員会の設置など対応に当たるため、延期していた。近く正式に表明する見通し。
 稲村氏は奈良市出身で、神戸大大学院を修了後、証券会社勤務を経て2003年の兵庫県議選(尼崎市選挙区)で初当選。2期目の10年11月、白井文前市長の事実上の後継指名を受け、当時全国最年少の女性市長として38歳で初当選した。
続きを見る
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202207/0015447834.shtml

« 盗品の真ちゅう売却容疑でロシア人逮捕(6日)産経 | トップページ | 侮辱罪厳罰化が施行 ネット中傷の抑止力に(7日)時事 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盗品の真ちゅう売却容疑でロシア人逮捕(6日)産経 | トップページ | 侮辱罪厳罰化が施行 ネット中傷の抑止力に(7日)時事 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ