カテゴリー

« 2022年7月29日 (金) | トップページ | 2022年7月31日 (日) »

2022年7月30日 (土)

2022年7月30日 (土)

😢警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日 単位レベル)
あの当時は……
【治安うんちく】
2_20220730211301 Img_20220716_112042  東京・八王子市内のスーパー「ナンペイ」で、アルバイトの女子高生ら3人が射殺された事件―30日で27年が過ぎたが犯人は未検挙のままである。
 事件のあった平成7年と言えば、刑法犯認知件数が178万件を超え、検挙率は42.2㌫止まり。そして以降は認知件数が増加し続け同14年には285万件を超えるなど戦後最多を記録している。一方検挙率も6年間下降線をたどり、同13年には19.8㌫とこれまた最悪の状態になるなど、犯罪情勢は歴史的にも最悪の時代だった。
 当時、公私ともに話し相手だった警視庁捜査1課の小山金七刑事(故人)が言っていた言葉を今でも忘れることができない。
 「現場から立ち去った白い車なんだよなぁ」
 そし彼は犯行時間帯に現場に立ち尽くすこと100回 ……
 現在のように防犯カメラがあり、ドライブレコーダーがあったら ……と思うと、歴史を感じる。
 「金ちゃん、あの当時は大変でした。そのうち俺もそっちへ行くからね。待っててよ」
  …… …… …… ……
 警察庁によると令和4年上半期の殺人の認知件数は418件で、前年同期よりわずか1件の減少だが、過去5年間では最も少ないのである。
 ところが検挙人員になると351人で9人の増。中でも少年の検挙者は25人もいて、しかも前年より13人と倍増している。
 認知件数のランキングは大阪が圧倒的に多く64件。これに東京の36件、神奈川の33件、埼玉の32件、北海道と千葉、愛知の各21件と続く。北海道は前年より15件も増え、大阪も10件増えている。まったく発生がなかったのは山形、富山、長崎の3県。
 一方、検挙率は前年より3.3ポイントダウンして91.9㌫だった。
 ランキングは岩手の200㌫、福岡の137.5㌫、大分と宮崎の各133.3㌫、兵庫の125.0㌫と続くが、東京をはじめ宮城、栃木、石川、岡山、高知、佐賀など21都県が100㌫だった。
 低かったのは大阪の60.9㌫、青森の66.7㌫、静岡の69.2㌫、京都と広島の各71.4㌫と続いている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】(警察察庁標語)

(う)まい話しを信用しない
(そ)うだんする
(つ)られて返事しない
   すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

詐欺容疑で受け子の男逮捕 「おばあさんから受け取った」(30日)共同
https://www.kanaloco.jp/news/social/case/article-927568.html

「普段より厳しい表情」に気づき声かけ 特殊詐欺防ぎ表彰(30日)共同
警察官名乗り「逮捕されます」 横浜市の男性、約4500万円被害(29日)朝日
フィッシング詐欺の報告 4~6月は26万件余りで過去最高(29日)NHK
大津の85歳女性が500万円詐取被害 男ら、実在する息子の情報を下調べか(29日)共同
「国際ロマンス詐欺」防ぐ 滋賀銀行員2人がお手柄(28日)産経
今年6月までの特殊詐欺、神奈川で増加 対策しても止まらない被害(28日)朝日
免税品「転売ヤー」横行 SNSで応募「小遣い稼ぎ」に(24日)産経
コンビニ店員親子が2度目の詐欺被害防止(22日)産経
「イエメンに送金したい」 国際ロマンス詐欺被害を防ぐ 銀行員に感謝状/岩手・盛岡市(21日)TBS
虚偽申請でコロナ給付金100万円詐取疑い、配管工の26歳男逮捕 滋賀(21日)共同

« 2022年7月29日 (金) | トップページ | 2022年7月31日 (日) »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ