昨年7月、抵抗できない状態の同僚女性市議に無理やり性行為をしたとして滋賀県高島市の万木豊市議(58)が準強制性交容疑で書類送検された事件で、大津地検が嫌疑不十分で不起訴の結論を出したことが23日、関係者への取材でわかった。
被害に遭ったと名乗り出ていた万木市議の同僚の中川あゆこ市議(42)は、「追加捜査もなく残念な結果となった」と話し、検察審査会に審査を申し立てるとしている。
https://www.sankei.com/article/20220623-6OSDDC435FJD7EWO2P76LIBERQ/