カテゴリー

« 「見かけたら通報を」 高速道での落下物、10年で6割減 珍しいトラブルも(26日)共同 | トップページ | 全日空機 大きく揺れ 客室乗務員が骨折 運輸安全委が調査へ(26日)NHK »

2022年6月26日 (日)

事件遺族「時間が必要」 被告の変化に期待―富山交番襲撃4年(26日)時事

2018年に富山市の奥田交番で警察官が刺殺され、奪われた拳銃で小学校の警備員が射殺された事件は、26日で発生から4年。「時間が必要だと思う」。亡くなった警備員中村信一さん=当時(68)=の妻は、事件について語ろうとしない被告の今後の変化に期待する。
 強盗殺人罪などの罪に問われた元自衛官島津慧大被告(25)の控訴審判決で、名古屋高裁金沢支部は今年3月、当初から拳銃を奪うことを意図していたとして警察官への強盗殺人罪の成立を認め、殺人と窃盗の罪にとどまるとした一審判決を破棄、審理を地裁に差し戻した。被告の弁護側は判決を不服として上告している。
 島津被告は精神鑑定で「自閉症スペクトラム障害(ASD)」と診断され、一審判決はその影響が一定程度あったと認定した。一審で黙秘を貫いた被告は、出頭義務のない控訴審に現れなかったが、差し戻し審が開かれれば再び出廷することになる。
 中村さんの妻は、現在の被告の精神状態を推し量り、事件と向き合うことは「まだ無理だと思う」と話す。それでも、「名前だけでもいい。とにかく自分の言葉で答えてくれたら」と望んでいる。
 被告のASDは支援を受ければ改善する余地があると公判で指摘されており、「少しでも早く人の気持ちを理解できるようになり、私たちの悔しさ、悲しさを分かってほしい」と願う。
 「たとえ10年後、20年後だろうと、いつか私たちの気持ちに応えてくれると信じている」。最近になって「より近くなった」という信一さんの存在を感じながら、変化を待ちわびている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062500411&g=soc

« 「見かけたら通報を」 高速道での落下物、10年で6割減 珍しいトラブルも(26日)共同 | トップページ | 全日空機 大きく揺れ 客室乗務員が骨折 運輸安全委が調査へ(26日)NHK »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「見かけたら通報を」 高速道での落下物、10年で6割減 珍しいトラブルも(26日)共同 | トップページ | 全日空機 大きく揺れ 客室乗務員が骨折 運輸安全委が調査へ(26日)NHK »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ