別人を装って、静岡県庁の爆破予告の手紙を送った疑いで 京都府の59歳の男が逮捕されました。
脅迫の疑いで逮捕されたのは、京都府京丹後市の派遣社員の男(59)です。
派遣社員の男は、5月初旬、別の人物を装い、静岡県の川勝平太知事あてに「静岡県庁を爆破させる」などと書いた手紙を送り、脅迫した疑いが持たれています。
事件は、ゴールデンウィーク明けの5月6日、手紙の存在に気づいた静岡県の職員が警察に通報。手紙の差出人を調べたところ、派遣社員の男が浮上したということです。
この男は6月14日、別の事件で京都府警に逮捕され、釈放された16日午後、静岡県警が逮捕したということです。警察は、派遣社員の男の認否を明らかにしていません。
手紙には、川勝知事を批判する内容も書かれていたということで、警察が詳しい動機などを調べています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/72385?display=1