カテゴリー

« 中国機、連日の太平洋往復 情報収集機、沖縄―宮古島間通過(24日)共同 | トップページ | 東京地検、国際医療センター係長ら起訴(24日)時事 »

2022年6月24日 (金)

岩手・不来方高バレーボール部員自殺 県教委、元顧問を懲戒免職(24日)共同

岩手県立不来方高(矢巾町)3年の男子バレーボール部員新谷翼さん=当時(17)=が2018年に自殺した問題で、県教委は24日、新谷さんに暴言を繰り返す不適切な指導があったとして、当時の部顧問で県総合教育センターの研修指導主事の男性(45)を懲戒免職にした。県教委は主事の言動と自殺の因果関係は認定しなかった。
 教職員課の八重樫学総括課長は「(因果関係を)議論したが、判断は難しかった」と述べた。不適切な指導が自殺につながったとする第三者委員会の報告書は、重く受け止めたという。
 県教委によると、主事は18年度、新谷さんに「脳みそ入ってるのか」「プレーは一番下手」といった言動を繰り返した。18年度以前も新谷さんを含む複数の生徒に「使えない」「バカ」などと言っていた。
 バレーボールを顔面に投げ付けるなどの行為は「体罰と判断できなかった」として、処分対象にしなかった。
 主事は、県教委の聞き取りに「気合を入れる意味で言ったが、うまく発言すべきだった」と話したという。遺族に謝罪はしていない。
 新谷さんの父聡さん(55)は「新たな被害者が出ることを防ぐことはできた。ただ、(もっと前に)正しい判断があれば、翼が犠牲になることはなかった。無念で仕方がない」との談話を出した。
https://kahoku.news/articles/20220624khn000043.html

« 中国機、連日の太平洋往復 情報収集機、沖縄―宮古島間通過(24日)共同 | トップページ | 東京地検、国際医療センター係長ら起訴(24日)時事 »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国機、連日の太平洋往復 情報収集機、沖縄―宮古島間通過(24日)共同 | トップページ | 東京地検、国際医療センター係長ら起訴(24日)時事 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ