30日午前11時45分ごろ、茨城県神栖市波崎の住宅で、死後数カ月が経過した女性の遺体を茨城県警神栖署員が見つけた。署は、身元の確認を急ぐとともに事件性の有無を調べている。
署によると、遺体は住宅1階の和室にあり、大きな外傷はなかった。住宅には高齢の母親と娘(63)が2人で暮らしていたとみられ、母親と連絡が取れていない。署は娘から事情を聴く。
神栖市の職員から「最近姿を見ない高齢者の女性がいる。確認してほしい」と110番通報があった。
https://www.sankei.com/article/20220630-RAHLEVTMCRP2POAKTUD7B5KHKY/