宮城県警と東北厚生局麻薬取締部は、大麻取締法違反(所持)の疑いで、仙台市泉区八乙女、会社役員、鈴木竜馬容疑者(52)と、同区八乙女中央、会社員で長男、龍成容疑者(28)を逮捕した。
逮捕容疑は14日、共謀し、仙台市宮城野区のマンションの部屋で、乾燥大麻約37グラムを所持したとしている。
県警によると、部屋では大麻を栽培していた形跡があるという。
https://www.sankei.com/article/20220617-KSUQNLM4QVPSZICHV3YFWWCH34/