兵庫県公安委員会は17日、特定抗争指定暴力団「山口組」(神戸市灘区)を暴力団対策法に基づき指定暴力団に再指定し、官報に公示した。11回目の指定で、期限は23日から令和7年6月22日までの3年間。
兵庫県警によると、山口組は日本最大の指定暴力団で、構成員は今年3月時点で約4千人。1都1道2府40県に勢力が及ぶ。
山口組を巡っては、平成27年に一部の直系組長が離脱し神戸山口組を結成して以来、抗争状態が続いている。今月も神戸市北区の神戸山口組組長宅が銃撃されるなど抗争とみられる事件が相次いでいることから、県警は「近隣住民に危害が及ばないよう、引き続き警戒していく」としている。https://www.sankei.com/article/20220617-WW63I4G2MRMU7HXWVTHH6VVPKY/