千葉県警松戸署は29日、高校バレーボール部の練習中に女子部員の顔にボールをぶつけたとして、傷害の疑いで東京都港区南青山、県立松戸高教諭で部の顧問、国安鉄太郎容疑者(50)を逮捕した。署によると容疑を一部否認している。女子部員は顔に1週間のけが。
逮捕容疑は5月2日午前8時15分ごろ、同校の体育館で女子部員の顔にバレーボールを複数回投げつける暴行を加えたとしている。署によると、練習中にミスをした女子部員に憤慨し、至近距離から投げていた。母親が2日夕に署に相談し、本人が夜に被害届を出した。
県教育委員会は22日付で容疑者を戒告の懲戒処分としていた。県の聞き取りには「体罰の認識が甘かった」と話したという。
https://www.sankei.com/article/20220629-3ILXZXZ7DRJ3TP3ZKMRU2QLP2I/